トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

玩具置き場の更新 (2016年9月17日)  

玩具置き場を更新しました。

sic72_KamenRiderGaim_Orange_s.jpg SHF_NewCyclone_s.jpg SHF_MR1_and_NewCyclone_s.jpg SHF_MaskedRider_X_and_Cruiser_s.jpg
SHF_Kikaider_s.jpg SHF_WhiteCrow_s.jpg
SLegend49_DeathThirteen_s.jpg SLegend50_Cioccolata_s.jpg
SRC_Grendizer_and_Spazer_s.jpg SRC_GiantRobo_s.jpg WS_Daitetshujin17_s.jpg WS_OneEight_s.jpg
CMC21_Kinnikuman_Kin_s.jpg CMC19_Kinnikuman_Zebra_s.jpg CMC15_Kinnikuman_Mariposa_s.jpg CMC17_Kinnikuman_Bigbody_s.jpg
CMCEX_AkumaShogun_Advent_s.jpg CMC13_The_Ninja_6Kishi_s.jpg CMC11_Junkman_s.jpg
SpiceSeed01_Buffaloman_s.jpg


長いことサボっていたので抜けが多々…(汗

CCP Muscular Collection Vol.11 ジャンクマン アドベントVer. (原作カラー)  

CMC Vol.11 ジャンクマン アドベントVer. (原作カラー) の紹介です!

CMCシリーズでは、お馴染みとなっているアドベント、ハイスペック、匠仕様の3グレードが発売。
また、いずれのグレードにも原作カラーと特別カラー (アニメカラー) の2カラーが用意されております。
各グレードの詳細は最後にまとめておきます。

では


パッケージ
CMC11_Junkman_01.jpg

いつものです。


CMC11_Junkman_02.jpg

燦然と輝くアドベントVer.の文字!3グレードの中でもっとも価格の安いバージョン(笑
ビバ!アドベント


CMC11_Junkman_03.jpg

ジャンクハンドは外された状態でパッケージ内に封入されています。
※見やすいよう商品を包んでいた透明袋は取り外してあります。


CMC11_Junkman_04.jpg

ジャンクハンド自体にそれなりの重量があるため、本体へ取り付けるとバランスが取りにくく立ちが悪くなります。
それを補うための下駄パーツが付属!
…なぜか凄く傷だらけ


CMC11_Junkman_05.jpg

『黄金のマスク編』 に登場した悪魔六騎士の1人。
両腕の大きなスパイクで相手をプレスする 「ジャンククラッシュ」 を得意技とする超人。
キン肉マンの旧シリーズではウォーズマンの体内、五重のリング1階にてロビンマスクと対戦。

ジャンクハンドのインパクトは大きいですが、その他がまるっきり地味な超人ですね。


CMC11_Junkman_06.jpg


CMC11_Junkman_07.jpg


CMC11_Junkman_08.jpg


CMC11_Junkman_09.jpg

「ジャンククラッシュ」 発動前のポーズなんでしょうかね。
フィギュアでは珍しいのけぞったポーズです。


CMC11_Junkman_10.jpg

少し雑な気もする顔の塗装。
ただのハゲたオッサンですな。


CMC11_Junkman_11.jpg


CMC11_Junkman_12.jpg

ジャンクマンの筋肉造形の見所は僧帽筋でしょうか。
腕の動きに連動し、中央に寄った筋肉の雰囲気が上手く出ていると思います。


CMC11_Junkman_13.jpg

ジャンクハンドは前後で分割されています。
ちなみにジャンクハンドの重量は1枚約30グラム。 右と左を合わせると60グラム。
本体の重量が約80グラムなので、ジャンクハンドがいかに全重量のウェイトを占めているかが分かります。

ソフビで四角の形をきっちり出すのは難しいらしいですね。


CMC11_Junkman_14.jpg

取り付け箇所はこんな感じ。
簡単に抜き差しできるのでペインマン戦の再現も楽々!


CMC11_Junkman_15.jpg

上腕に巻かれたリングの上部。
何なん?なんで肌色なん?手抜きなん?塗装はちゃんとしてほしいものです。


CMC11_Junkman_16.jpg


CMC11_Junkman_17.jpg

ブーツ上部のメタリック塗装は重厚な色味でいい感じ。


CMC11_Junkman_18.jpg

上腕と前腕のつなぎ目 (リング部) で腕の向きを調節すれば補助パーツ (下駄) なしでも自立させることは可能です。
とはいえ、安定したバランスを保ち続けられるか?と問われるとやや不安。
ディスプレイ時は補助パーツ以外のフィギュアスタンドなり使用したほうがよさそうです。


CMC11_Junkman_19.jpg


CMC11_Junkman_20.jpg


CMC11_Junkman_21.jpg

目が細過ぎて、見る角度によっては目を瞑っているようにも…


CMC11_Junkman_22.jpg

ジャンク クラーッシュ!


悪魔六騎士を埋める1つのピースだと考えると絶対に必要になってくるキャラではあると思うのですが、
やはり単体だと、どうしても地味な印象は拭えませんね(笑
これはメーカーがどうとか、原型師がどうという話ではないですけど。

塗装ですが上腕リングがイマイチ納得いかん!というのを除けは他は概ね良好だと思います。
ちょっと特異なポージングであるため、人によって好き嫌いがハッキリと分かれるかもしれませんね。
まぁ1番の問題はマイナーキャラということで、人気超人と比較するとやや価格が高いというところでしょうか。
ジャンクマンクラスだと 「出してくれてありがとうございます」 レベルなのかもしれませんが…('A`)
他の悪魔超人も揃えてくれたら嬉しいんだけどなぁ。 チラッ
というか、ちゃんと発売してくれるんですよね? チラッチラッ




1番最初に少し触れたグレードについてです。

■ハイスペック
CMC11_Junkman_23.jpg

・ノーマルボディ、ダブルフェイス&胸スパイク付きのボディが2種付属。
・ジャンクハンドは平型とコの字型の2種が付属 (レジン製)
※ジャンクハンドはどちらのボディにも取り付けることできます。

このような仕様になっています。
当初はボディ2種のどちらかを選び、下半身パーツに取り付けるという交換式ということでしたが、
仕様の変更でノーマルボディ+下半身、ダブルフェイスボディ+下半身と実質2体セットでの販売になったようです。


■匠仕様
CMC11_Junkman_24.jpg

・ボディは医療業界でも使われているという素材を取り入れたブラッド成形仕様。
・ノーマルボディ、ダブルフェイス&胸スパイク付きのボディが2種付属。
・ジャンクハンドは平型とコの字型の2種が付属 (レジン製 + メッキ加工)
※ジャンクハンドはどちらのボディにも取り付けることできます。

こちらは初の成形材料の使用ということで150個ほどの生産。
前入金特典としてジャンクキューブ (コの字) でクラッシュされたロビンマスクの鎧が付属。


ダブルフェイス&胸スパイク付きボディから、ダブルフェイスと胸スパイクを取り払ったのがノーマルボディだったらよかったのに…
ここへきて、まさかの無理注文(笑


ちなみに今回のジャンクマンは、もともとの発送時期が2016年4月~6月予定。
実際に発送されたのはアドベントが4月末、ハイスペックが6月末辺りなので2グレードに関しては遅延なしですね。
匠仕様は8月上旬に発送されたらしいので、大体2CCPですね。
※単位 : 1CCP = 1カ月遅れ



CCP Muscular Collection Vol.11 ジャンクマン アドベントVer. (原作カラー) のご紹介でした~。



愛・おぼえていますか 

いや、僕…






skylark.jpg

・おぼえています!




Lynn_Minmay_01.jpg

PLAMAX リン・ミンメイを買いました。


Lynn_Minmay_02.jpg

1/20なので小さいのは覚悟していたけど…
細かいパーツに目のピントが合わぬヽ(`Д´)ノ


老いてがキテおる(´・ω・`)