トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ キカイダー 

ぼくらのキカイダー ぼくらのキカイダー♪
最近の特撮やアニメには、ゆりかご会成分が不足しているよね!

魂ウェブ商店よりS.H.フィギュアーツ キカイダーが発売されました! …だいぶ前に
(受注期間:2014年4月25日~2014年6月29日迄、商品は2014年9月25日より発送)


パッケージ
SHF_Kikaider_01.jpg

高さはS.H.フィギュアーツの通常パッケージと同サイズですが、横幅、厚みなどがない小型なクローズドタイプになっています。
お洒落で良デザインなパッケージイラストですね。


SHF_Kikaider_02.jpg

70年代の特撮ヒーロー好きにはたまらないアイテムとして発売されたキカイダー!
左右非対称なボディはもちろんのこと、むき出しとなったメカディテールの再現もなかなかのもの。


SHF_Kikaider_03.jpg

当時のママゴン(笑)らPTAから苦情が殺到したというグロテスクなメカ丸出しの頭部。
赤い半身となる頭部にはクリアパーツ仕様のフード内部にぎっしりとメカディテールが詰まっています。
劇中スーツとは機械部品の配置などに違いがありますが仕方なし! S.H.フィギュアーツサイズを考えればじゅうぶんな出来ですね。

首の後ろ側のスーツのだぶついた感じが実に素晴らしい!
目はもう少し泣き目にしたほうが、よりキカイダーらしさが増したんじゃないかな。

撮影環境のせいでクリアパーツのフードが薄曇って見えますが、実際は透明度の高いクリアパーツが使用されています。


SHF_Kikaider_04.jpg

右脚スネにある縦の黄色いラインに塗装忘れ(?)があるのが残念ですね。
未塗装のスネラインにはモールドが彫られているので塗装箇所のアタリは簡単に付きます。
チョイチョイッと追加塗装してしまうのも手かもしれませんね。


SHF_Kikaider_05.jpg

メカニカルな部分いろいろ
頭部前方にある機械部品なんかは割と似せて造形されているんですよね!いいぞ!


SHF_Kikaider_06.jpg

頭部を外したところ。

なんだか分からないけど、おかしな遊び心が加えられている頭部と首を繋ぐレッド&ブルーなジョイント。
どうしてしまったんだ?バンダイ!

こんなんやってスネの塗装忘れてたら世話ないやん(笑
でも、こんな遊びはあっていい!


SHF_Kikaider_07.jpg

肩のジョイントはスイング式になっているため可動域は広め。
体の前で手をクロスさせるキカイダーの必殺技 「電磁エンド」 の再現には不可欠な可動ギミックです。


SHF_Kikaider_08.jpg

上腕にはロール軸可動が仕込まれています。
右上腕は黄色ライン上、左上腕はメカディテールの上部で腕の回転が可能になっています。
元デザインの有効活用といったところでしょうか、見た目も損なわないイイ仕込み。


SHF_Kikaider_09.jpg

付属品
開き手×2、持ち手×2、手刀タイプ×2、開き手×2
開き手は大きく開いたものと、自然な開きの2タイプが付属しています。

パッケージの状態で握り手×2が付属。
セット内容的にハンドパーツしかないのは寂しいですが、専用の武器とかもないので仕方ありませんね。


SHF_Kikaider_10.jpg

キカイダー / 仮面ライダー1号

一緒に並べても違和感のないサイズになっています。
いいですねー、いい競演です!


SHF_Kikaider_11.jpg

サッ


SHF_Kikaider_12.jpg

シュッ


SHF_Kikaider_13.jpg

…アルゴリズム体操の類ではない


SHF_Kikaider_14.jpg

右手上げからの~


SHF_Kikaider_15.jpg

ファイティングポーズ


SHF_Kikaider_16.jpg


SHF_Kikaider_17.jpg

ダブルチョップ!


SHF_Kikaider_18.jpg

電磁エンドッ!


SHF_Kikaider_19.jpg


我が家に届いてから約2カ月…(´・ω・`)
放置していたらサイドマシーンの発送日が近づいてきた (もう届いている人も) ので慌てて記事に(笑


造形や可動は文句なしの出来になっていると思います。 あえて厳しい目で見るなら塗装がやや雑かなという感じ。
付着したゴミ (塗料のダマ?) の上から塗装されている箇所があり、指でぬぐったらゴミが取れると同時に塗装がハゲたのが2箇所。
小さいハゲ傷なのでリタッチすれば誤魔化しが利きそうですし、致命的なまでの不良・不具合ではないので個人的には許容範囲内。
プロポーションも良好、スタイルを崩すことのない可動になっているので商品自体は非常に満足のいくものになっています。


サイドマシーン、ハカイダー(2014年10月発売済み)、白いカラス、キカイダー01とキカイダー系キャラの発売が決定していますが、
01の愛車 ダブルマシーンは発売されるのか? ブルー、 レッド、シルバーのハカイダー部隊は揃うのか?
ビジンダー、ワルダーといった微妙なところの発売はどうなるのか? 宇宙人ロボットは? 影法師ロボットは? アクアラングマンは?
キ○ガイバトは?と100%出ないものも含め、その先がどうなるのか楽しみでもあり、また恐ろしくもあり。

個人的にはキカイダー以外の70年代特撮ヒーローにもスポットを当てた幅広い商品展開に期待です。
ぜひともアクマイザー3、変身忍者 嵐、キョーダインをー!!! 特にアクマイザーは何としても! ガブラちゃんが欲しいんやで~
あ、イナズマン忘れてた。 ウデスパー萌え~!
って、斜め上をいってロボコンがシリーズ化したり …しないよね?(笑




S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新1号&新サイクロン号セット 

先日、記事にもした 「新サイクロン号」 と同日発売された 「仮面ライダー新1号&新サイクロン号セット」 のご紹介です!


パッケージ
SHF_MR1_and_NewCyclone_01.jpg

過去S.H.フィギュアーツでライダーとバイクがセットになったものでは 「仮面ライダーギャレン&レッドランバス」 がありますが、
パッケージサイズはそちらと、ほぼ同等の大きさとなっております。


SHF_MR1_and_NewCyclone_02.jpg

そっくりそのまま中身を取り出すとこんな感じ。
仮面ライダー新1号本体、オプション類、エフェクトパーツ、バイク本体と4つのブリスター別に封入されています。
※確認しにくいかもしれませんがライダーキックエフェクトパーツは新1号の後ろに収まっております。



■新サイクロン号
SHF_MR1_and_NewCyclone_03.jpg

ヘッドライト構内に青の塗装が施されていない初期型の新サイクロン号。
先にご紹介した新サイクロン号と同じくマットで落ち着いた色合いの乳白色がベースカラーとして使われています。

劇場版で活躍したほか、テレビ劇中での出番は68話以降。
74話より後期カラーが採用となっているので、この前期カラーの出番は意外と少なめ。


SHF_MR1_and_NewCyclone_04.jpg

作りそのものは後期カラーVer.と一緒ですね。


SHF_MR1_and_NewCyclone_05.jpg

簡単にサラッといきます!


SHF_MR1_and_NewCyclone_06.jpg


SHF_MR1_and_NewCyclone_07.jpg

初期のS.H.フィギュアーツ バイクフィギュアと比べるとステップやペダルの造形にも力が入っていますね。
細部へのこだわりを見せはじめてくれたのが素直に嬉しいです。 もっとガンバロー!


SHF_MR1_and_NewCyclone_08.jpg

付属品
ウイングパーツ×2、予備ハンドル×2、後輪用スタンド

本体付属のハンドル、予備ハンドルともに硬質パーツとなっています。
付属品の内容は後期カラーVer.と一緒です。


SHF_MR1_and_NewCyclone_09.jpg

ウイング装着!


SHF_MR1_and_NewCyclone_10.jpg

前期カラーVer. / 後期カラーVer.

見て分かるとおりフロントカウルの塗装 (赤いラインの位置、ヘッドライト構内の塗装の有無) に違いがあります。


SHF_MR1_and_NewCyclone_11.jpg

残念ポイントとして挙げられる3箇所。
1. 黄色の丸で囲ってあるところ (左画像) の赤いラインの塗装 (正しくは右画像のようなラインの取り方をしています)
2. 青の矢印 (右画像) ウイング取り付け部の塗装が本体色と同じ (正しくは黒)
3. 緑の矢印 (右画像) フロントフェンダーが前に出すぎ (正しくはフェンダーの先端部がもっと引っ込んでる)


以上、後期カラーVer.とほとんど差がないので駆け足でのご紹介になりましたが新サイクロン号でした!
よろしければ後期カラーVer.の新サイクロン号の記事とあわせてご覧ください。

【記事リンク】 ・ S.H.フィギュアーツ 新サイクロン号



■仮面ライダー新1号
SHF_MR1_and_NewCyclone_12.jpg

薄いグリーンメタリックのマスクが印象的な新1号ですが、今商品はマットな塗装が施された新1号になります。
実際に劇中で何話辺りで使用されていたカラーなのか本などで調べてみましたがよく分かりませんでした。
…途中で調べるのが嫌になっあlgだlgだじゃお


SHF_MR1_and_NewCyclone_13.jpg


SHF_MR1_and_NewCyclone_14.jpg


SHF_MR1_and_NewCyclone_15.jpg


SHF_MR1_and_NewCyclone_16.jpg

付属品
剣、ライダーキック用エフェクトパーツ、交換用マフラー
持ち手×2、開き手×2、ポーズ手(右)、手刀タイプの手×2

パッケージの状態で握り手×2、別タイプのマフラーを装着。


仮面ライダー新1号も基本的に以前発売されたメタリック マスクのものと一緒です。
よろしければ仮面ライダー新1号の記事とあわせてご覧ください。

【記事リンク】 ・ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新1号


SHF_MR1_and_NewCyclone_17.jpg

新サイクロン号とセットの新1号 / 以前発売された単品版の新1号

マスクのほかはコンバーターラングの色味に違いがあります。
新サイクロンとセットとなった今回の新1号は彩度が落ちた渋めのカラーリングになっています。


SHF_MR1_and_NewCyclone_18.jpg

同じ新1号でもマスクの塗装がメタリックかそうでないかでガラリと印象が変わるものですね。


SHF_MR1_and_NewCyclone_19.jpg

搭乗!


SHF_MR1_and_NewCyclone_20.jpg

やっぱカッコえぇわぁ~


SHF_MR1_and_NewCyclone_21.jpg

前期カラーと後期カラーで!

………
………………
一文字~!

ダブルライダーで颯爽とキメたかったのですが、久し振りに触った新2号の脚がプランプランに… グハッ


SHF_MR1_and_NewCyclone_22.jpg

股関節部のジョイントにクラックが入っていました。 真一文字に
…一文字なだけに クックッ (´・ω・`)

みなさまの一文字は真一文字になっていませんか? 私のが超絶劣化してしまったのでしょうか...


SHF_MR1_and_NewCyclone_23.jpg

とりあえず応急処置を施して一文字復活!


SHF_MR1_and_NewCyclone_24.jpg

イイネー イイネー!
ダブルライダー、ダブルサイクロン イイヨー!


SHF_MR1_and_NewCyclone_25.jpg

でも、一文字が無茶できないので終わり(笑


出来は後期カラーVer.の新サイクロン同様、じゅうぶん合格点を上回るレベルのものとして仕上がっていると思います。
バイクそのもののディテールにも気を使った出来になっているなという感じがしますね。
特にフロントへと接続されたワイヤーケーブル、ペダル、ステップなどといった細かな造形は非常にGood!

細かな不満を挙げるとするならば上でも書いた残念ポイントの3箇所。
あと付属パーツのウイングも後部に黒のラインがなかったり、下面にメッキ (シルバー) 塗装がされていないところかな。
それ以外は本当によく出来たバイクフィギュアとなっているので、どんどんオススメしちゃいたい一品ですね。

後期カラーを2台揃えてもよし、前期、後期と1台ずつ揃えるのもよし!
好みの問題になってしまいますが前期カラーも渋くてオススメです (劇中での出番は少ないですが)
後期カラーを2台で並べたほうがしっくりとくると考えると… うーん、甲乙つけがたいですね。
マットなマスクの新1号も渋くてカッコいいですし、計3台いっちゃってもいいんじゃないでしょうか?(笑



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新1号&新サイクロン号セットでしたー!




S.H.フィギュアーツ 新サイクロン号 

S.H.フィギュアーツより仮面ライダー1号の愛車 新サイクロン号が発売されましたー!
今回ご紹介するのは第74話から登場した後期カラーVer.の新サイクロン号 (単品版) です。
※同日発売で初期カラーの新サイクロン号 (新1号とのセット) も発売。


パッケージ
SHF_NewCyclone_01.jpg


SHF_NewCyclone_02.jpg

渋いデザインの旧サイクロンとは一転、大きく丸みを帯びたフロントカウルが特徴の新サイクロン号。
乳白色ベースの車体に赤いラインと、旧サイクロンとほぼ同じカラーリングでありながら印象はガラリと変化。
当時の子供たちのハートをがっちりキャッチしたであろう、カッコいいデザインになっています。

ライト溝内に塗装された青に映えるヘッドライトがイカすー!


SHF_NewCyclone_03.jpg

全体の特徴をよく捉えたナイス造形だと思います。
乳白色の落ち着いたカラーリングがいい感じ。


SHF_NewCyclone_04.jpg

カウルにはクリアパーツが使用されています。
ビス状のモールドが施されているので、シルバーで追加塗装をしてあげれば5点止めのビスが引き立つかもしれません。
メーター類はシールでの再現となっています。


SHF_NewCyclone_05.jpg

立花レーシングのマークも綺麗にマーキングされています。
昔のバイクって感じのモコモコシート。 最近のバイクでもあるのかな?…最近のは知らんねん


SHF_NewCyclone_06.jpg

フロントには2本のワイヤーが繋がっています。
ざっくりとした作りなのは残念ですが、ここに手を入れてくれたのは凄く嬉しい!


SHF_NewCyclone_07.jpg

右サイドにあるキックペダルは固定式。
結構リアルに造形されています。


SHF_NewCyclone_08.jpg

リア
実際の新サイクロン号のブースターロケット下部には逆三角形の隙間 (排気口) があるのですが、そこまでの再現はならず。


SHF_NewCyclone_09.jpg

付属品
ウイングパーツ×2、予備ハンドル×2、後輪用スタンド

本体付属のハンドル、予備ハンドルともに硬質パーツです。


SHF_NewCyclone_10.jpg

ウイングの装着
取り付けに関して問題はまったくなし、装着状態もいいのでポロリの心配もいらなそうです。


SHF_NewCyclone_11.jpg

新サイクロン号の本体ギミックはいつものバイクフィギュアと同じ。
ハンドルと連動したタイヤの左右可動、可倒式スタンド、後輪サスペンションの沈み込みギミックの3点。


SHF_NewCyclone_12.jpg

車体の底面には凹穴があり別売りの 「魂STAGE ACT.4」 に対応しています。


SHF_NewCyclone_13.jpg

ウイリーやジャンプ状態でのディスプレイに役立ってくれそうです。


SHF_NewCyclone_14.jpg

ムオッホー! どうですか?この並び! これです!これを実現できる日を待っていたのです!
感動~~~ッ! ピャーッ ピャッ ピャッ!(狂


SHF_NewCyclone_15.jpg

無理なく搭乗させることができます。
サイズもいい感じではないでしょうか。


SHF_NewCyclone_16.jpg


SHF_NewCyclone_17.jpg

新サイクロンの素材は基本ABSなので重量的な問題もなし、搭乗ライダーの足でじゅうぶん姿勢を保持できます。
…とはいえ、あまり無茶なバランスでの姿勢保持は無理でしょうけど(笑


SHF_NewCyclone_18.jpg


SHF_NewCyclone_19.jpg


SHF_NewCyclone_20.jpg


SHF_NewCyclone_21.jpg

キュピーン


SHF_NewCyclone_22.jpg

スゲーカッコいい!


最近の劇場版 平成ライダーなどにも登場しているカラーリングなだけに、どの世代にも馴染みあるバイクですね。
特異な前傾姿勢のためアクションには不向きだった旧サイクロン号と比べ、さまざまなアクションをさせやすい新サイクロン号。
アクションフィギュアであるS.H.フィギュアーツを名乗るに相応しいバイクフィギュアになっていると思います。

劇中バイクの仕様が幾度となく変更され、どのバージョンに相当するのか判断が難しい昭和のバイク勢。
後期カラーの中で造形別に分けるとなるとライト後方のビスが2本、ウイング射出口下部の5本ビスがある、中期Ver.になるのかな?
これが後期Ver.になるとライト後方のビスが3本、ウイング射出下部のビスがなくなる。 …と、まぁこんな具合。
カラーリングの違いで分けるなら、ざっくりと前期、後期の2つでいいんでしょうけど(笑

ともあれ造形的にもよく出来た素晴らしいサイクロン号であることには間違いなし!
これは本郷用、一文字用と2台欲しくなるアイテムですね。
ぜひとも、この調子でライダーマンマシン、クルーザー、カブトロー、スカイターボ、Vマシン、ブルーバージョン、ヘルダイバー……
えぇーい、出てないの全部出して!

■ 新サイクロン号のバージョン違い云々について ■
私もすべて把握できておりません。 もし間違っているようでしたらコメント欄にてご指摘くださいませ。



S.H.フィギュアーツ 新サイクロン号でしたー!