トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

月刊ホビージャパン誌上限定通販 リボルテック ゲッタードラゴン “ブラックVer.” 

ホビー誌 月刊ホビージャパンにて受注された誌上限定通販のゲッタードラゴン“ブラックVer.”が届きました。


Getter_Dragon_Black_01.jpg

配送用の段ボールとは別に梱包用の箱が使用されています。 期待が高まります。


パッケージ
Getter_Dragon_Black_02.jpg

てってれー♪
中身の商品パッケージは通常販売されたNo.074 ゲッタードラゴンと同じもの('A`)
特に○○限定 ブラックVer.とかのシールも貼られていません。


Getter_Dragon_Black_03.jpg

ブラックVer.という名の通り、黒を基調にしたオリジナルカラー仕様になっています。
敵っぽいダークな雰囲気がプンプン出ていますが、元になったゲッタードラゴン自体が悪…


Getter_Dragon_Black_04.jpg

付属品
ゲッターレーザーキャノン、マッハウイング×2、開き手×2、武器持ち手×2、限定品オリジナルの包帯ヘッド
その他、ディスプレイベース、リボコンテナ、リボチップ(10P)、デフォルトで握り手が付属します。

通常版に付属していたゲッタートマホーク等は限定版には付属せず。


Getter_Dragon_Black_05.jpg

2種ヘッドの比較。
包帯ヘッドは注文時には付属するというのを知らなかったので嬉しいオマケ。 記憶喪失中の竜馬イメージ?
通常版ヘッドは色も相まって日曜の夕方6:30の憂鬱タイムに放送している国民的アニメの… うわっ!やめろ!貴様、長谷川ッ!!


Getter_Dragon_Black_06.jpg

本体より大きいゲッターレーザーキャノン。
ゲッターレーザーキャノンを目当てに購入した人も多いのではないでしょうか。


Getter_Dragon_Black_07.jpg

カッコイイ!


Getter_Dragon_Black_08.jpg

本体に持たせる際には、1度ゲッターレーザーキャノンをばらし武器用の持ち手を装着させる必要があります。


Getter_Dragon_Black_09.jpg

以下、限定版オリジナルの包帯ヘッドでー


Getter_Dragon_Black_10.jpg


Getter_Dragon_Black_11.jpg


Getter_Dragon_Black_12.jpg

レーザーキャノンが相当大きいので迫力があります。


Getter_Dragon_Black_13.jpg


Getter_Dragon_Black_14.jpg

No.074 ゲッタードラゴンに付属のトマホーク。


Getter_Dragon_Black_15.jpg

散々、ゲッターレーザーキャノン推しのような事を書いておきながら言うのもなんですが…
ゲッターは銃器よりも凶悪感丸出しのトマホークのほうが似合うと思います。


Getter_Dragon_Black_16.jpg

黒いゲッター勢揃い。
ただのカラーバリエーションでも並べてみると、それなりに見栄えがよくて驚く。

ブラックVer.の元となった商品No.074のゲッタードラゴンが何体いてもありな機体なので、本体のカラーリングなどは弄らず、
付属する武器のみ違うという方が個人的には嬉しかったり。
まぁ、それをやってしまうと付属品が違うというだけで限定品とかふざけるな!という人も出てきそうですが...
中々、難しいものですね。

それにしてもボテッとした塗装はもう少しどうにかならんものか… こまごまとしたカラーリングのグレンダイザーが心配です。

以上、ホビージャパン誌上限定通販 リボルテック ゲッタードラゴン “ブラックVer.”でした。





■リボルテック No.074 真(チェンジ!!)ゲッターロボ ゲッタードラゴン (あみあみ)
■リボルテック No.085 グレンダイザー (あみあみ)

リボルテック No.075 ネオゲッター1 

「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」よりネオゲッター1のご紹介です。
同シリーズNo.074のゲッタードラゴンと同時発売。


パッケージ
Neo_Getter1_01.jpg


Neo_Getter1_02.jpg

ゲッターの1号機 = 赤というイメージが強いですがネオゲッターは蒼。 色がどうとか関係なくカッコイイ。
ただ 「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」作品内での活躍は全く覚えていません('A`)
あの作品は1話、冒頭の無印ゲッター1大活躍だけで満足です。


Neo_Getter1_03.jpg

付属品
プラズマサンダー、オリジナルマシンガン、オリジナルナイフ、ナイフホルダー
チェーンナックル(左手)、チェーンナックル(右手)、チェーンナックルエフェクトパーツ
ショルダーミサイル×2、武器持ち手×2、開き手×2

その他、ディスプレイベース、リボコンテナ、リボチップ(10P)が付属。


Neo_Getter1_04.jpg

ジョイント
首(6mm)、肩、ヒジ(8mm)、胸内部(10mm)
股関節、ヒザ、足首(10mm)、可動式のふくらはぎカバー接続部(6mm)
ショルダーミサイル本体の可動部(内部)、ミサイル可動部(6mm)


Neo_Getter1_05.jpg

ショルダーミサイルの展開
本体を起こして、内部に収納されているミサイルを引き出し180度回転。 前方へ倒して完了!

こういうジョイントの使い方にはいつも感心する。


Neo_Getter1_06.jpg

オリジナル武器となるナイフは付属するナイフホルダーを装着し、腰にマウントする事が可能。


Neo_Getter1_07.jpg

オリジナル武器のマシンガンとナイフ。
武器の持ち手は、それぞれの武器専用の造形となっています(右手はマシンガン用、左手はナイフ用)

※逆に持たせる事も可能ですが、その場合はフィッティングの状態が変わります。あらかじめご了承ください。(パッケージ説明より)


Neo_Getter1_08.jpg

チェーンナックル用ハンドは右手が握り手、左手が手刀タイプの平手となっています。
別箇付属のオプションハンドとは接続部の形状が異なる為、他手首と交換はできません。
マシンガンを持たせた状態で、チェーンナックルを発射するというアンポンタンな事ができない。 …残念、でもない。

エフェクトパーツは左右どちらでも取り付け可能。


Neo_Getter1_09.jpg


Neo_Getter1_10.jpg


Neo_Getter1_11.jpg

プラズマサンダーは右手の平にある接続穴にて固定。


Neo_Getter1_12.jpg


Neo_Getter1_13.jpg


武器やエフェクトパーツ的な付属品が多いので遊んでいて楽しいです。
ショルダーミサイルの展開は差し替えで再現!というような逃げに走らずにジョイントを効果的に使う所が素晴らしい。
メジャー所のゲッター1号機は出し切ってしまった感があるので今後のゲッター枠がどうなるか気になる所。
とりあえず無印ゲッターの2、3から順に補完していってくれると嬉しいのですが。

…と、思ったらまだゲッターアークが残っていました。
…と、思ったら更にゲッターロボ號も残ってました。


以上、リボルテック No.075 ネオゲッター1でした。





■リボルテック No.075 ネオゲッター1 (あみあみ)

リボルテック No.074 真(チェンジ!!)ゲッターロボ -世界最後の日- ゲッタードラゴン 

よつばのDX夏休みセット以来になるでしょうか? リボルテックの新作を買うのが随分と久しいように感じます。 
購入自体は、昨年末のトイザらスのセールでリガードのまとめ買い以来になりますね。
という事で、メーカーが一時シリーズを休止、シリーズ復帰を経てから初の新作リボルテック購入になります。

では、OVA作品 「真(チェンジ!!)ゲッターロボ -世界最後の日-」よりゲッタードラゴンのご紹介です。


パッケージ
Getter_Dragon_01.jpg

唯一、店頭買いをする近所の使いものにならないトイザらスは取り扱っていないし、
もっぱら通販で玩具を購入している私はパッケージが大幅に変更されていた事に驚き!


Getter_Dragon_02.jpg

原作漫画でもあったように、恐竜帝国の生き残りに乗っ取られたり何かと悪役にされやすいドラゴンですが、
メインカラー赤+水色の胸(脇)+黄色い派手なパンツというTV版の派手なヒーローカラーよりカッコイイですね。
ライガー、ポセイドン成分がどっかいっちゃってますが…


Getter_Dragon_03.jpg

付属品
ゲッタービームの反射エフェクトパーツ、ゲッタービーム付きの頭部
マッハウイング×2、ゲッタートマホーク×2、ゲッタートマホーク(ブーメラン状態)
武器握り手×2、開き手×2

その他、ディスプレイベース、リボコンテナ、リボチップ(10P)が付属します。


Getter_Dragon_04.jpg

ジョイント
首(6mm)、肩、ヒジ(8mm)、胸内部(10mm)
股関節、ヒザ、足首(10mm)、可動式のふくらはぎカバー接続部(6mm)


Getter_Dragon_05.jpg

マッハウイングは肩パーツの穴(矢印)に取り付けます。


Getter_Dragon_06.jpg

ゲッタービーム付き頭部と、ビーム反射エフェクトパーツ。
全般的にそうですが、リボルテックのビーム系エフェクトは被弾しているようにも見えるから困る…
ただ、これ以上どうやって上手い事、再現したらいいのか?と問われると答えられない …なので、これでいいと思う。 ナンダソリャ


Getter_Dragon_07.jpg

トマホークブーメランは付属のスタンドに取り付け、指ではじいてあげると結構な勢いで回転します。
撮影の小道具的に使ったりする分には面白く重宝しますが、果たして普通にフィギュアで遊ぶ人にとって必要なのかは疑問。
ただ、意味もなく幾度とクルクル回転させて遊んでしまう私のような人もいると思うので、必要なんだろうと思う。 ナンダソリャ


Getter_Dragon_08.jpg


Getter_Dragon_09.jpg

エフェクトパーツとの着弾点がズレてるような気もするが、気にしない。


Getter_Dragon_10.jpg


Getter_Dragon_11.jpg


Getter_Dragon_12.jpg

リボルテックシリーズ、各ゲッター新旧揃い踏みでの大きさ比較。
単体、単体でポーズ付けが違ってしまっているので、正確な大きさの比較にはなっていませんが参考までに。

久し振りに真ゲッターを引っ張り出したら、強固にブリスターに張り付くくらいベタついていました('A`)
そして、ゲッター1と真ゲッターを2個づつ購入してる私…
一体、何をしたくて複数購入したのか、未開封の状態で押入れの中に潜んでいました。





折角、引っ張り出してきたので

Getter_Dragon_13.jpg

久しぶりだなぁぁ じじぃぃぃぃぃ!

私の中の流竜馬ボイスが完全に神谷さんから、石川さんへとチェンジ!!された作品。
TV版よりも漫画原作に近いワイルドな風貌の竜馬がイカす。
ボロボロのロングコート、ベルト代わりの鎖、リョウマニウム合金製マフラー、じじぃ&隼人との噛み合わない会話 …最高です!

俺に分かるように説明しろォォ!!  …作品について語るのはいいから玩具の説明をしろォォ!!


ゲッター1や真ゲッターの頭と首が一体化したもので遊んでみると思いの他、顔の向きが決まらずに結構ストレスが…
ドラゴンのように頭が単独で可動させられるというのは大きな強みだなと実感。 確実にポーズが付けやすくなっていますね。
ライガーやポセイドンも欲しい!といきたい所ですが、とりあえず無印のゲッター2とゲッター3を早くー!

ホビージャパン 2009年11月号にてブラックゲッタードラゴンが誌上限定通販決定!との事なので、購入予定の方はお忘れなく!
私は本体は別にどうでもいいけど(いいのか?)、付属のゲッターレーザーキャノン(正式名称?)が欲しいので購入ッ!

購入するのも久し振りなら、いじり遊ぶのも久し振りだったリボルテックですが独特の可動に相当、戸惑いました。
リボって、こんなに難易度高いもんでしたっけ?


リボルテック No.074 真(チェンジ!!)ゲッターロボ -世界最後の日- ゲッタードラゴンでした。





■リボルテック No.074 真(チェンジ!!)ゲッターロボ ゲッタードラゴン (あみあみ)