トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魂ウェブ商店限定 ULTRA-ACT ウルトラの母 

きらめく星の彼方から いのち届ける流れ星
花咲く大地を守るため はげまし歌うウルトラの母~


魂ウェブ商店限にてULTRA-ACT ウルトラの母が発売されました。
(受注期間:2013年6月25日~2013年9月4日迄、商品の発送は2013年11月22日)


パッケージ
Mother_of_Ultra_01.jpg

ウインドウなしのクローズドパッケージ。


Mother_of_Ultra_02.jpg

ULTRA-ACTでは初となる女性キャラ。
筋骨隆々なアレンジがなされるULTRA-ACTにおいて女性的なフォルムをどのように表現するのか気になっていましたが、
線の柔らかい優しげなフォルムが上手く出ていると思います。

特に角ばったように盛り上がっている男性ウルトラ戦士の太ももと見比べるとその差は一目瞭然。


Mother_of_Ultra_03.jpg

平成Ver.の頭部です。
キツめの顔をした平成Ver.は、どうもウルトラの母イメージと異なりますね。 いまだに慣れません。

頭部にある、おさげ(銀十字勲章)の角度が接着の段階で左右ズレているのが気になります… ('ω`;)


Mother_of_Ultra_04.jpg

胸部・腹部にある銀のポッチの数は作品によって5つあったり、6つあったりするようです。


Mother_of_Ultra_05.jpg

付属品
マザー光線再現パーツ、交換用頭部(昭和Ver.)、タロウバケツ
握り手×2、開き手×2、支柱用嵌合パーツ、バケツ取っ手(手首あり / なし)
※タロウバケツには取っ手(手首なし)を取り付けてあります。

パッケージの状態で手刀タイプの手×2、平成Ver.の頭部が取り付けられています。


Mother_of_Ultra_06.jpg

昭和ver.の頭部。
やはり、ウルトラの母といったらこの優しい顔です! かわいらしい。


Mother_of_Ultra_07.jpg

交換用頭部の取り付け部の仕様が今までとは変わっています。
首側がボールジョイントの受けになっていた従来のものから、一軸のジョイントを差し込むタイプへ。


Mother_of_Ultra_08.jpg

マザー光線エフェクトは手首パーツを外し、手首のジョイントへ直接取り付けます。
エフェクトそのものは綺麗ですが、手首ジョイントが透けて見えてしまうのが残念。


Mother_of_Ultra_09.jpg

ディスプレイ用のジョイントパーツ接続ギミック。

上部にマントの取り付け部らしきメクラ蓋がありますが、接着されているのか取り外しが困難だったので無理に外すのは諦めました。
取扱説明書でも触れられていないし、マントも付属しないし…


Mother_of_Ultra_10.jpg

タロウバケツ

手首が付いた取っ手と、手首なしの取っ手の2種を差し替え。
バケツの中の水は取り外しが可能です。


Mother_of_Ultra_11.jpg

別売り商品 ULTRA-ACT ウルトラマンタロウに持たせることが可能です。

かつて発売された 「ウルトラ超合金 ウルトラマンタロウ」 にもタロウバケツが付属されていましたが、
バンダイのバケツに対する思い入れは一体どこからくるものなのか?


Mother_of_Ultra_12.jpg

ケン&マリー


Mother_of_Ultra_13.jpg

「ウルトラマン物語」 に登場した幼少期のタロウが発売されるようなことはあるのでしょうか?


Mother_of_Ultra_14.jpg


Mother_of_Ultra_15.jpg


Mother_of_Ultra_16.jpg

可動に関しては腕を水平にするのにコツがいるものの、一般的なULTRA-ACT準拠といったところでしょうか。


Mother_of_Ultra_17.jpg

マザー光線


Mother_of_Ultra_18.jpg

ウルトラショッピング


Mother_of_Ultra_19.jpg

ウルトラ介抱


Mother_of_Ultra_20.jpg

やっぱり昭和Ver.のほうがいいなぁ


ULTRA-ACT初の女性キャラとなったウルトラの母ですが、女性らしい体型が再現されたイイ出来だと思います。
特に昭和Ver.頭部の出来がイイ。

ただ付属品に不満点あり!
タロウバケツが付属するのは嬉しいですが、本来それは肝心なマントが付属してこそ言えるもの。
ウルトラの父は付属品でしっかりフォローされていますし、別売り商品扱いとはいえ6兄弟にはブラザーズマントととした、
マント化の商品展開がされているだけに母だけマントなしというのはキツイ。

2014年3月発売予定のウルトラマンレオ(リニューアルVer.)でもマントは付属しないようですし、
その辺も含めマントの別売りには期待したいところです。

それ以外にはあまり不満なところはありませんね。
このレベルなら同じ女性キャラでもある 「ユリアン」 や 「ウーマンベス」 にも期待が持てそう。
…まず発売されるかどうかのほうが心配されるキャラですけどね(笑



魂ウェブ商店限定 ULTRA-ACT ウルトラの母でした。




スポンサーサイト
[ 2013/11/29 20:01 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(0)

魂ウェブ商店限定 ULTRA-ACT ウルトラマンジョーニアス(アニメカラーVer.) 

魂ウェブ商店より発売されたULTRA-ACT ウルトラマンジョーニアス(アニメカラーVer.)です!
(受注期間:2013年5月24日~2013年8月4日、商品は2013年10月26日発送)

実写版スーツでもある銀色と赤をベースにした通常カラーVer.も同時発売されました。


ということで円谷プロのアニメ作品でもある 『ザ☆ウルトラマン』 より ウルトラマンジョーニアスです。


~♪
Ultraman_Joneus_01.jpg


~♪
Ultraman_Joneus_02.jpg


~♪
Ultraman_Joneus_03.jpg


~♪
Ultraman_Joneus_04.jpg




~♪
Ultraman_Joneus_05.jpg


~♪
Ultraman_Joneus_06.jpg


~♪
Ultraman_Joneus_07.jpg


~♪
Ultraman_Joneus_08.jpg

………

では


パッケージ
Ultraman_Joneus_09.jpg

中身の見えないタイプのパッケージです。
パッケージ自体は通常カラーVer.と同一のものが使用されているようです。


Ultraman_Joneus_10.jpg

通常カラーVer.のパッケージとの差別化のため 「アニメカラーVer.」 のシールが貼られているのが特徴。
劇中の変身アイテムであるビームフラッシャー型という洒落たことをしています。 …バンダイのくせに(笑


Ultraman_Joneus_11.jpg

ULTRA-ACT特有のマッチョ体型がなかなかハマっています。
欲を言えばもう少し細マッチョなら、もっと自然に見えたかもしれません。
他の実写キャラとの兼ね合いも考えると仕方ないところかもしれませんが、気持ち上半身の筋肉を抑え目にしてほしかったです…


Ultraman_Joneus_12.jpg

顔は細面でアニメ寄りの造形になっています。
額のアストロスポットはクリアパーツ!


Ultraman_Joneus_13.jpg

ボディはパールっぽい白で塗装されています。
塗装の精度は悪くありません。


Ultraman_Joneus_14.jpg

付属品
プラニウム光線(光線タイプ)、プラニウム光線(球タイプ)、スターシンボル(赤 / 黄色)、支柱用嵌合パーツ
平手×2、開き手×2、アストロビーム再現ポーズ手×2

その他、パッケージの状態で握り手×2、スターシンボル(緑)が装着されています。


Ultraman_Joneus_15.jpg

オプションハンドいろいろ


Ultraman_Joneus_16.jpg

プラニウム光線は光線状(タイプB)のものと球状(タイプA)の2種が付属。
どちらにも手の造形が施されています。

光線状になっているプラニウムのトゲトゲが痛いです!


Ultraman_Joneus_17.jpg

スターシンボル(カラータイマー)は3色が付属。
裏面の凸パーツを本体の胸に差し込み固定しますが安定性はイマイチで、すぐにポロリしてしまいます。
紛失しないよう注意が必要!!


Ultraman_Joneus_18.jpg

ULTRA-ACTではお馴染みのディスプレイ用のジョイントパーツ接続。
実写スーツと違い背面のヒレがないので取り外しにくいです。

と思いきや、画像左の黄色の丸で囲ってある部分を押してあげるとメクラ蓋が浮き上がり取り外しが楽になる親切設計。
…バ、バンダイのくせに(笑


Ultraman_Joneus_19.jpg

セブンと比較。

同じ赤でもだいぶ色味が異なります。 朱色と言ったらいいのかな?
あえてアニメカラーVer.を選んだ身としては、この色の差別化は嬉しい!


Ultraman_Joneus_20.jpg


Ultraman_Joneus_21.jpg

可動は従来のULTRA-ACT準拠といった感じですね。


Ultraman_Joneus_22.jpg

飛行ポーズで正面を向けないのは、やはりいただけない。
先に発売されているリメイク版のウルトラマンで可能だったことが何故できなくなってしまうのか?


Ultraman_Joneus_23.jpg


Ultraman_Joneus_24.jpg


Ultraman_Joneus_25.jpg


Ultraman_Joneus_26.jpg


Ultraman_Joneus_27.jpg


正直、子供心にアニメでウルトラマンはないだろう… という思いがあったのか(そこら辺の記憶すら定かではない)
リアルタイムでは、あまり熱心に見ていた記憶はありません。
印象に残っているのはOP主題歌、劇中に登場する可愛くないピグモン、ビームフラッシャーの玩具(笑

昭和なおっさんとしてULTRA-ACTで、ザ☆ウルトラマンだけないというのもなんだし… という気持ちで購入しましたが、
これは買っておいてよかったと思える一品。
そんなレベルの私でも満足いく出来なだけに、もともとザ☆ウルトラマン好き!ジョーニアス好き!という人にしてみたら、
相当、この商品は響くものがあるんじゃないかな?と。

他のULTRA-ACTと並べることを考えて通常版の赤 / 銀を購入するか、確実に1人だけ浮くであろう赤 / 白ボディを購入するか、
2種のカラーを発売することでユーザー側に選択の余地を委ねた売り方もナイス!
2種類とも買え!というのがメーカーの本音だったり(´・ω・`)


他のウルトラマンはよく再放送してたんだけど、ザ☆ウルトラマンは再放送とかにも巡りあった記憶がないんだよなぁ…
機会を見つけて1度じっくりと本編を鑑賞してみたい作品です。



魂ウェブ商店限定 ULTRA-ACT ウルトラマンジョーニアス(アニメカラーVer.)でした。




[ 2013/11/10 00:30 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(0)

ULTRA-ACT ウルトラマンタロウ 

ULTRA-ACT よりウルトラマンタロウが発売されましたー! …だいぶ前に


パッケージ
Ultraman_Taro_01.jpg

ULTRA-ACTのデフォパッケージです。


Ultraman_Taro_02.jpg

ウルトラマン No.6! ということでテレビシリーズ同様にウルトラ6兄弟の大トリを飾ることとなったウルトラマンタロウ。
9月に発売予定のウルトラセブン(リメイクVer.)が残っているとはいえ、これでひとまず6兄弟が勢揃いです!

昭和の7人ライダー、マジンガー御三家に続きウルトラ6兄弟もコンプですよ!
今までの出し渋り病は一体なんだったのか?と。 あのバンダイが大盤振る舞いをしています。 不吉です!


Ultraman_Taro_03.jpg

顔は似ているような、似ていないような。
試作サンプル時のものと比べると微妙に精悍さが失われてしまっているような気がします。


Ultraman_Taro_04.jpg

軟質素材の胸プロテクターの金のポッチは細かく塗り分けがされています。
初期装備で腕に装着されているのはキングブレスレット。


Ultraman_Taro_05.jpg

付属品
ストリウム光線再現エフェクトパーツ、交換用 胸プロテクター、ブレスレットランサー、キングブレスレット
交換用左腕(タロウブレスレット)交換用左腕(ブレスレットなし)、カラータイマー(赤)、ディスプレイ用ジョイント
開き手(右)、ブレスレットランサー持ち手(右)、キングブレスレット持ち手(右)、平手×2、開き手×2

その他、パッケージの状態で握り手×2、カラータイマー青が装着されています。


Ultraman_Taro_06.jpg

ハンドオプションいろいろ

ブレスレットランサー、キングブレスレットの持ち手の保持力は良好! 文句なし。
光線のカラーリング再現が難しいのは分かりますが、なんぼなんでもこの色は…

ムック、ガチャピン、ムック、ガチャピン、ムック、ガチャピン、ムック! ポンポポンポポン ポンキッキー!!


Ultraman_Taro_07.jpg

ブレスレット装着、未装着時の再現をする手首パーツの付け替えは新マンと同じ方式です。

【記事リンク】・ ULTRA-ACT ウルトラマンジャック


Ultraman_Taro_08.jpg

カラータイマー交換ギミック。

私の購入したものはそうでもありませんが、カラータイマーが簡単に外れてしまうものが多いみたいです。
購入時に外から確認をしたところで外れやすいか、そうでないか判断できないので完全に運任せ?

楽に取り外しができ、且つ外れにくいという上手い装着方法はないものですかね。
キャラによってはカラータイマーがめり込んで取り出し困難というのもあるし… 難しいですね。


Ultraman_Taro_09.jpg

2種類の胸のプロテクター。

背面部側が分割されているおかげで、頭部を取り外すといった手間もなく楽に交換することが可能です。


Ultraman_Taro_10.jpg

プロテクターは胸に2箇所、背面部分に2箇所設けられた穴へ取り付け。
最後にカラータイマーを装着。

動かしているうちに簡単にプロテクターが浮いてきてしまいそうな造りですが、思っていた以上にしっかりと装着できます。


Ultraman_Taro_11.jpg

ブラザーズマント装着用の接続部とディスプレイ用ジョイントパーツの接続部。

ディスプレイ用ジョイントパーツ接続部を隠しているメクラ蓋のハマリが物凄く弱くポロリを連発します。
ウチのは新マンのメクラ蓋 (ブラザーズマント) のハマリも緩々…

カラータイマー同様、取り付け方法を改善していただきたい部分ですね。


Ultraman_Taro_12.jpg

教官。


Ultraman_Taro_13.jpg


Ultraman_Taro_14.jpg


Ultraman_Taro_15.jpg


Ultraman_Taro_16.jpg


Ultraman_Taro_17.jpg


Ultraman_Taro_18.jpg


Ultraman_Taro_19.jpg


Ultraman_Taro_20.jpg


Ultraman_Taro_21.jpg


Ultraman_Taro_22.jpg


Ultraman_Taro_23.jpg

ムック、ガチャピン、ムック、ガチャピン、ムック、ガチャピン、ムック!


Ultraman_Taro_24.jpg


Ultraman_Taro_25.jpg

不良とか不具合の類ではありませんが、タロウで最も痛いのがストリウム光線ハンドに付いたままになってしまうボールジョイント。
取り外しにくいんじゃー! アホー アホー!

ストリウム光線エフェクトの手首ジョイントに限っては交換式にせず、備え付けの固定ジョイントでもよかったのでは?


Ultraman_Taro_26.jpg

はやく大きくなりたーい!

記事にするのをモタモタしていたら、いつのまにやら放送が開始されていたウルトラマンギンガ。
…タロウが面白キャラになってるんですけど(笑

石丸博也さんボイスのタロウはあまり馴染めずにいましたが、コミカルなキャラとして演じられると妙に馴染み深く、
違和感なく感じてしまうのは、やはりジャッキー・チェンの日本語吹き替えの影響が大きいせいでしょうか。



腹部のシルバーに少し汚れがあったものの塗装全般は綺麗だと思います。
各関節部のテンションも悪くなく、緩々で素立ちさせることすら困難等々といった問題はまったくなし。

顔の造形やプロポーションは人それぞれ好みがあると思うので、不満に思う方もおられるかもしれませんが個人的にはOKかな。
(他のキャラもそうですが、もともとULTRA-ACT独自のムキムキマッチョ体型なアレンジが加わっちゃっていますし)

キャラ特有のプロポーション差異を前面に押し出してくれればそれに越したことはないんですが...
全体的なバランスが完全に崩壊してしまっているとか、体の部位、部位によってチグハグになっていることもありませんし、
いい出来なんじゃないかなと思います。


怪獣枠、星人枠というものが存在するのかは知りませんが、タロウと対峙させることができる敵キャラも一体くらいは欲しいですねー。
人気があるところだとタイラント、バードン、テンペラー星人辺りになるのかな?
私の予想ではウルトラマンギンガの発売にあわせて、タオルや工事現場ヘルメット付属のバルキー星人がくる!
発言に責任は持たない!(笑



ULTRA-ACT ウルトラマンタロウでした。




[ 2013/08/20 20:06 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。