トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スーパーロボット超合金 グレンダイザー 

スーパーロボット超合金 ダイナミック系ロボ グレンダイザーが発売!
【記事リンク】・魂ウェブ商店限定 スーパーロボット超合金 グレンダイザー&スペイザー


パッケージ
SRC_Grendizer_01.jpg

マジンガーZ、グレートマジンガーのパッケージより厚さは薄め。 その分、微妙に横幅が広くなっています。


SRC_Grendizer_02.jpg

Zやグレートで物凄く違和感のあった平べったい腹部がグレンダイザーではだいぶ緩和されたよう感じます。
太くした腹部に合わせて全体のプロポーションを調整したのかガッシリした体型になっています。

ダイナミックプロ系ガレージキットの原型を手掛けているT・O・P! 渕知信氏の監修のおかげでしょうか。
けっこう好みのアレンジをする原型師さんなので、機会があれば1度、渕氏の手掛けたガレキも作ってみたいものです。


SRC_Grendizer_03.jpg

頭部は小さいながらもしっかりとした造形で塗装も問題ないように思います。
目は小さく、ややツリ目といった顔つき。

この悪人顔はどうだろうか?と思いつつも購入しましたが、実際手に取ってみるとあまり気にはなりませんでした。
とはいえ、やはり好みが分かれるところかもしれません。 どっちだ?(笑


SRC_Grendizer_04.jpg

塗装は概ね良好!


SRC_Grendizer_05.jpg

足の裏もしっかりと造形されています。


SRC_Grendizer_06.jpg

前腕のクラッシャーはボールジョイントで接続されています(2枚分)
ボールジョイント接続のおかげで、ヒジを曲げたときに上腕部と干渉しないよう避けてくれます。
ナイスギミック!


SRC_Grendizer_07.jpg

可動域を拡大させることができる引き出し式腹部。


SRC_Grendizer_08.jpg

足も引き出しが可能になっています。 接地性はかなり優秀。


SRC_Grendizer_09.jpg

付属品
ダブルハーケン×2(連結式)、スクリュークラッシャーパンチ発射エフェクト×2、スペースサンダーエフェクト
持ち手×2、開き手×2、平手×2、ディスプレイ用ジョイントパーツ(魂STAGE対応)、スクリュークラッシャーパンチ×2

その他、パッケージの状態で握り手×2が装着されています。


SRC_Grendizer_10.jpg

背面には同シリーズ共通となるジョイント機構 「クロスオーバージョイント」 が搭載!
クロスオーバージョイントの位置的な問題なのか、ハーケンの刃(鎌)が背面でV字型になっていません。



せっかくなので、コンビネーションクロスさせてみます。

SRC_Grendizer_11.jpg

首の後方への可動は優秀なので余裕で正面を向かせることができます! いい感じ!
今後、発売されるであろう各スペイザーが俄然、楽しみになってきますね。


SRC_Grendizer_12.jpg

黄色の丸の部分にディスプレイ用のジョイントパーツ差し込み口があります。
差し込みさえしっかりしていれば、そうそう抜けてしまうこともなさそう。

グレンダイザー本体にそれなりの重量があるので簡単に抜けてもらったら困りますけどね...


SRC_Grendizer_13.jpg

各種オプションハンド。
持ち手の内側には、ダブルハーケンの柄をはめ込むための溝があるのですが保持力はイマイチ。
しかも全然、握っているようには見えない手の形状('A`) これはいただけない。


SRC_Grendizer_14.jpg

スペースサンダーエフェクトの取り付けは、通常のツノとの交換式。

見慣れたパーツを1つ外すだけでこんなにも別人に!!!
ツノを外しただけで頭部中央のトゲトゲが急に凶悪なモノに見えてくるから不思議だ(笑


SRC_Grendizer_15.jpg

メッキ加工されたハーケンの刃(鎌)。
もともと本体の肩に装着されていたハーケンの刃(鎌)をダブルハーケンの柄に取り付けることもできます。
…といっても、やっぱり見た目重視なほうを使いますよね(笑


SRC_Grendizer_16.jpg

甲児くん / 鉄也くん / 大介さん

サイズ差を忠実に再現してしまうと大変なことになってしまうので、こんなもんでいいと思う。
それにしてもグレートの手の色がヒドイ。


SRC_Grendizer_17.jpg

スクリュークラッシャーパンチ。
クラッシャーの内側にちゃんと手の造形がされているのがニクイ!


SRC_Grendizer_18.jpg

エフェクトパーツはマジンガー武器セットに付属するものと一緒。


SRC_Grendizer_19.jpg

スペースサンダー


SRC_Grendizer_20.jpg


SRC_Grendizer_21.jpg


SRC_Grendizer_22.jpg


SRC_Grendizer_23.jpg


SRC_Grendizer_24.jpg


SRC_Grendizer_25.jpg


マジンガーZ、グレートマジンガーに続き無事発売!
プロポーションや塗装は良好! 久し振りに動かした関節が緩々なマジンガーZ(初版)と比べると、関節テンションもちょうどいい具合。
見た目とアクションの両立に成功している引き出し式関節(肩・腹部・足首)の仕込みっぷりが凄くいいです!
引き出し式関節のおかげもあってか非常によく動くのですが、股関節の可動の狭さとアゴが引けないのは残念ポイント。
いくら他がよく動いてもアゴが引けないとポーズが決まりきらないんですよねー...

とりあえずグレンダイザー単体としたら付属品も満足いく内容だし、各スペイザーの発売までじゅうぶん遊べます。
いつスペイザーが発売されるのかは知りませんが(笑
…た、高そうだな('A`)


なにやら真ゲッター1、マジンカイザーとダイナミック系ロボの動きが活発になってきましたが、グロイザーXの発売はあるのか!



スーパーロボット超合金 グレンダイザーでした。




スーパーロボット超合金 特捜戦隊デカレンジャー デカレンジャーロボ 

スーパーロボット超合金 特捜戦隊デカレンジャーよりデカレンジャーロボのご紹介です!


パッケージ
SR_DekarangerRobo_01.jpg

JUDGMENT!!! 箔押し印刷が煌びやかなパッケージとなっています。


SR_DekarangerRobo_02.jpg

四肢のデザイン・カラーリングが異なる、いかにも戦隊といったロボです。
全身のあちらこちらに使用されているクリアパーツが凄く効果的。
アクションフィギュアに発光ギミックは必要ないわ!というタイプの人間ですが、これは是非とも光らせてみたい!


SR_DekarangerRobo_03.jpg

劇中のものとは比にならないくらいにスタイリッシュですねー
黒の成型色のままになっているお尻のパーツはガンメタ系で塗装したほうがいいですかね?
黒でいいんでしたっけ?


SR_DekarangerRobo_04.jpg

肩のスイング、引き出し式のヒジ、腰、足首など各所、可動域を広げる処理がなされています。


SR_DekarangerRobo_05.jpg

ゴーグルのクリアパーツの色味が濃いので分かりにくいですが目もしっかり塗装されています。


SR_DekarangerRobo_06.jpg

パトストライカー

胸のクリアパーツ内に造型されたメカディテールが素晴らしい!
パトライトのくるくる回る回転灯のようなものも確認できます。


SR_DekarangerRobo_07.jpg

パトジャイラー

特にギミックはありません。


SR_DekarangerRobo_08.jpg

パトレーラー

付属のシグナルキャノンを収納する事はできませんが、サイドハッチを引き出す事が可能です。


SR_DekarangerRobo_09.jpg

パトアーマー

ジャッジメントソード(収納形態)は取り外しが可能。
小さなパトライト部にもクリアパーツが使用されているのがニクイですねー!


SR_DekarangerRobo_10.jpg

パトシグナー

サインボードを展開する時は肩パーツから前腕部へ付け替えておこないます。
エンブレムだけではなく○×マークにも付け替え可能なら良かったですね。

ボードパーツは最初、がっちりハマっているので取り外しにくいかもしれません。 破損に注意!
ウチのは抜き差しを繰り返す内にこなれてきました。


SR_DekarangerRobo_11.jpg

付属品 その1
ジャッジメントソード、シグナルキャノン、シグナルキャノンエフェクトパーツ、ジャイロワッパー
開き手×2、ソード持ち手×2、シグナルキャノン持ち手(右)、ジャイロワッパー持ち手(左)、サムズアップ(左)

パッケージの状態で握り手×2が装着されています。


SR_DekarangerRobo_12.jpg

付属品 その2
パトストライカー、ガトリングパーツ(左)×2、ガトリングパーツ(右)×2、グリップパーツ×2

こちらは同シリーズ ゴーカイオーとの連動用の付属品。


SR_DekarangerRobo_13.jpg

ゴーカイオーとの連動用のためゴーカイジャー仕様になってるパトストライカー。
タイヤのコロコロギミック等はありませんが、細かな塗装やクリアパーツの使用等、造りは非常に素晴らしいです。


SR_DekarangerRobo_14.jpg

パトストライカー分解


SR_DekarangerRobo_15.jpg

ゴーカイオーとの連動で使用するのはボンネット部分、フロントサイドパーツ&グリップを組み合わせたもの
リアサイドパーツとなります。


SR_DekarangerRobo_16.jpg

ゴーカイオーにパトストライカーのボンネットパーツ、リアサイドパーツを装着。
また各ハッチにガトリングパーツを装着。


SR_DekarangerRobo_17.jpg

パトストライカーのフロントサイドパーツとグリップを組み合わせた2丁拳銃を持たせれば…


SR_DekarangerRobo_18.jpg

完成!デカゴーカイオー!!


SR_DekarangerRobo_19.jpg


SR_DekarangerRobo_20.jpg

悪くないですねー



■ブーストエフェクト
SR_DekarangerRobo_21.jpg

スーパーロボット超合金 1周年記念 「スーパーエフェクトキャンペーン」 のキャンペーン品。


SR_DekarangerRobo_22.jpg

特典がなくなり次第終了という事なので、欲しい方はお早めに!



SR_DekarangerRobo_23.jpg

という事でデカレンジャーロボに戻ります!


SR_DekarangerRobo_24.jpg


SR_DekarangerRobo_25.jpg

シグナルキャノンの銃口カラー(赤・黄・青)に合わせた塗装が施されているエフェクトパーツ。
飛び出した薬莢も造型してあるこだわり! ただイマイチ迫力不足('ω`;)


SR_DekarangerRobo_26.jpg

体の正面で銃を両手で構える事ができるとは… 恐るべし


SR_DekarangerRobo_27.jpg


SR_DekarangerRobo_28.jpg

背景の色のせいでエフェクトパーツが見えにくいですが、こんなガリアンちっくな事も。 キュィィーン
ボトムズのローラーダッシュとかにも合いそうなエフェクトパーツですね。


SR_DekarangerRobo_29.jpg


SR_DekarangerRobo_30.jpg

これカッコよすぎでしょうよ!
バンダイの商品でありがちな小頭で細身、スタイリッシュな方向へ向かうアレンジが良い具合に活きていますね。
もしかしてスーパーロボット超合金とスーパー戦隊系ロボの相性はバツグン?
ゴーカイオーと比べると本体ギミックも少なく、造り自体がシンプルなので動かしていて全くストレスを感じないのも◎
またオマケ要素ながらもゴーカイオーと連動する付属品が付いてくるのもポイント高し。

クリアパーツも効果的に使われ、極小のS.P.Dエンブレムの塗装も非常に綺麗。
サインボードの○×マークがないのが残念ではありましたが、そんな小さな不満が吹き飛ぶ出来ですね。
飾っておくだけでもカッコいいし、何よりも動かして楽しい!


合体・変形・大掛かりなギミックといったものは、ボーイズトイのDXシリーズにお任せ!
スーパーロボット超合金にはこれからもアクション性とデザインアレンジの妙で頑張ってもらいたいです。
※ただしアレンジはスーパー戦隊系ロボに限って!アニメ系はなるべく劇中作に似せる方向でお願いします。

来年発売予定のマジキングも画像を見る限り、頭のおかしいレベルでカッコよさそうですしね。
今後の戦隊ロボも要チェックですなー



以上、スーパーロボット超合金 特捜戦隊デカレンジャーよりデカレンジャーロボでした。





■スーパーロボット超合金 特捜戦隊デカレンジャー デカレンジャーロボ (あみあみ)
■(特価品)スーパーロボット超合金 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイオー (あみあみ)
■スーパーロボット超合金 魔法戦隊マジレンジャー マジキング (あみあみ)
■スーパーロボット超合金 侍戦隊シンケンジャー シンケンオー (あみあみ)

ス-パーロボット超合金 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイオー 

スーパーロボット超合金より海賊戦隊ゴーカイジャーのロボ ゴーカイオーが発売されました!


パッケージ
SR_Gokaioh_01.jpg

シルバーの箔押し印刷 豪快!! の文字が一際目を引くパッケージ。

パッケージ裏面には、ひと月遅れで発売となる同シリーズ デカレンジャーロボとの合体ギミックが紹介されています。
デカレンジャーロボと連動するとは… 知らなかった


SR_Gokaioh_02.jpg

カラフル極まりない派手派手さは戦隊ロボならでは。
合金玩具としては小サイズな部類に入るのでしょうが、それなりに重量感もあります!
何よりも合金玩具でネックになりがちな可動域の狭さというのが感じられないのがいいですね。 よく動いてくれます。


SR_Gokaioh_03.jpg

アクションフィギュア寄りの玩具となっているため、ゴーカイマシンからの変形・合体ギミックはありません。
変形や合体を楽しみたい人はボーイズトイのDXゴーカイオー、もしくはミニプラ ゴーカイオーでー


SR_Gokaioh_04.jpg

腰部のフロントとサイドアーマーは、ガンダム系の玩具やプラモデルで採用されている跳ね上げ式の可動となっています。
また頭部両サイドにある飾りや、肩上部のゴーカイガレオンも可動させる事が可能。
首、腰、足首は引き出しが可能となっています (股関節部も引き出し式といっていいのかな?)

首を引き出そうとすると頭部のジョイントごと引き抜けてしまいがち('ω`;)


SR_Gokaioh_05.jpg

顔に関してのみ言えば塗装は綺麗…ではないかな? ※単に私のがハズレっぽい気もします。
小さいだけに自分で塗ってしまうのも楽なので余裕の許容範囲内です。


SR_Gokaioh_06.jpg

ボディ右サイドのゴーカイジェット&ゴーカイマリン


SR_Gokaioh_07.jpg

こちらはボディ左サイドのドンさんマシン&ゴーカイトレーラー

いずれも小さな海賊マークまで塗装されているという、なかなか優秀な出来栄えです。 素晴らしい!


SR_Gokaioh_08.jpg

ゴーカイガレオン内側にはモールドがびっしり。
外側のディテールもちゃんとしてますね。
隠れがちな場所ですが、しっかとモールドが彫られているので追加塗装をしてディテールアップしてもいいかもしれません。


SR_Gokaioh_09.jpg

背面のゴーカイダイヤルは回転させる事が可能です。
針が上を向いた箇所でカチッとロックされるのがイイ! 細やかな心配りを感じます。


SR_Gokaioh_10.jpg

ゴーカイケンはサイドアーマーに装着する事が可能。
またゴーカイケンを取り外した際の見栄えを重視し、ジョイントを基部ごと外してしまう事も可能になっています。


SR_Gokaioh_11.jpg

付属品
各ゴーカイマシン用の砲弾パーツ、砲撃エフェクトパーツ、ゴーカイホー、ゴーカイケン2種(グリップガードあり / なし)
開き手×2、武器持ち手×2、ディスプレイ用ジョイントパーツ

その他、パッケージの状態で握り手×2が装着されています。


SR_Gokaioh_12.jpg

各ゴーカイマシンのハッチは開閉させる事が可能で、そこへ砲弾パーツを装着する事でゴーカイスターバーストを再現できます。
但し胸部のゴーカイガレオンのみハッチ開閉式ではなく差し替え式となっています。


SR_Gokaioh_13.jpg

ハッチ裏面にちゃんとモールドがあるのがイイですねー!


SR_Gokaioh_14.jpg

ゴーカイスターバースト


SR_Gokaioh_15.jpg


SR_Gokaioh_16.jpg

砲撃エフェクトを取り付け! どーん!

雰囲気は出てるけど、ちょっと迫力不足かな?


SR_Gokaioh_17.jpg

トレーラー、マリンの砲弾パーツを取り外す時は、ふくらはぎ部にあるパーツ取り出し用のスイッチ(画像左)を押す事で、
砲弾パーツ裏面にある出っ張りを押し出しポロッと外れるという仕組み。

ハッチは閉めた時にパチンとロックされるので、勝手にパカパカ開いたりする事はありません。
が!なぜかドンさんマシン(前腕部)のみロックがかかるツメがありません。 なぜ?


SR_Gokaioh_18.jpg

ディスプレイ用ジョイントパーツを使用すれば、魂STAGEと連動させたディスプレイも可能です。


SR_Gokaioh_19.jpg

足首の引き出しが、かなり効果を発揮してくれますね。
重心も下半身に集中しているので、安定感があります。


SR_Gokaioh_20.jpg


SR_Gokaioh_21.jpg


■スラッシュエフェクト
SR_Gokaioh_22.jpg

スーパーロボット超合金 1周年記念 「スーパーエフェクトキャンペーン」 のキャンペーン品 第3弾です。
剣の刃先に差し込むだけのものなので、ある程度形状の近いものであればゴーカイオー以外でも使用可能だと思います。


SR_Gokaioh_23.jpg


SR_Gokaioh_24.jpg

雰囲気が出ていいです。


SR_Gokaioh_25.jpg

ズドーン!


可動、プロポーション、細かなディテールや塗装、どれをとってもじゅうぶんな出来だと思います。
恐らく私の個体のみの問題だと思いますが股関節、右脚付け根のジョイントが緩々だったのは残念でしたが。
太ももを上げようと脚の付け根(股関節部)を40度近く曲げた所で、急に保持力がゼロに等しくなってしまうと…('ω`;)
両足を接地させた状態でなら、まだふんばりが効いてくれて問題ないのですが空中ディスプレイという事になると、
片脚だけ宙吊りマリオネット状態。
シンケンオーは片ヒザの関節が緩々のぷらんぷらんだったし、どうもスーパーロボット超合金はついてないなぁ。

それはともかく次弾発売となるデカレンジャーロボと連動するという事でそちらのほうも俄然楽しみになってきました。
他にも連動可能なマジドラゴンや、風雷丸が発売されたりしたらもっと遊びの幅が広がりそうな気がしますが、
さすがにそれはDXゴーカイオーが現役でいるうちは無理でしょうかね。

スーパーロボット超合金が、シンケンオー、ゴーカイオー、デカレンジャーロボという流れで発売。
S.H.フィギュアーツもシンケンジャー、ゴーカイジャーと同じような流れで展開が進んでいる所を見ると…
アーツでゴーカイジャー勢揃い後に発売となる可能性の高いのはスペシャルポリス?



無責任な予想立てをした所で終わりっ! スーパーロボット超合金 ゴーカイオーでしたー





■スーパーロボット超合金 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイオー (あみあみ)
■スーパーロボット超合金 特捜戦隊デカレンジャー デカレンジャーロボ (あみあみ)
■スーパーロボット超合金 侍戦隊シンケンジャー シンケンオー (あみあみ)