トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

S.I.C. Vol.69 仮面ライダー旧2号 

通常ナンバリング商品としては前弾 Vol.68 仮面ライダー新1号 に続いて、またも昭和ライダーから立体化!
最新作、S.I.C. Vol.69 は 仮面ライダー旧2号 となります。


パッケージ
sic69_MaskedRider2_01.jpg

Vol.68 仮面ライダー新1号から装いも新たに生まれ変わったヘッダーなしパッケージがそのまま採用。
今後の標準な形として継続していくんでしょうかね。

パッケージ中央には2号らしい太く白いラインが描かれています(新1号のパッケージには2本のラインが描かれています)
…今ごろになって気が付きましたがちゃんと考えられたデザインになっていたようです(笑

それはともかく 「力の2号」 と書いてあるアレから感じるセンスのなさ… せっかくのパッケージデザインをぶち壊していますね。
凄くかっこ悪いと思います(´・ω・`)


原型 : 安藤賢司氏


sic69_MaskedRider2_02.jpg

煌びやかで派手だった新1号と比べると大人しく、トーンが抑えられ全体的に暗めなカラーリングになっています。
元のカラーリングからして地味めではありますが...

基本となる素体は新1号と同じものが使用されていますが、体の部位ごとで新造パーツが多く使われているようです。
肩のサイズがやや大袈裟すぎな気がしないこともありませんが、上半身がマッチョ化されているのでカラーリング以外の部分でも、
新1号との違いを感じることができる造形になっています。


sic69_MaskedRider2_03.jpg

頭部は少し青みがかった濃いグレーといった色味。
全体が暗いので仕方ないのかもしれませんが細かなモールドなどは少し確認しづらい感じがします。
触角は生物的アレンジが加えられた新1号と異なり、今までのS.I.C.でもよく見かけたタイプの造形になっています。


sic69_MaskedRider2_04.jpg

コンバーターラングにクリアパーツが使われていますが、あまり目立たないですね。
マフラーは取り付け基部で回転、ジョイント部でスイングさせることが可能なので表情付けの自由度は高いです。
取り付け基部が背中側に固定されてしまっているため、マフラーを体の前側に垂らすことができないのが残念ですね。

背面のモリモリな筋肉表現がカッコいいです。


sic69_MaskedRider2_05.jpg

ベルトや脚など。 控えめですが足の裏にもモールドがきちんとあります。

足の裏のモールドが顔に見えるんですが。
うーむ、どこかで見たことがあるような





…と考え込むこと数分

sic69_MaskedRider2_06.jpg

こいつでしたー(笑


sic69_MaskedRider2_07.jpg

コンバーターラング (裏面) と本体はボールジョイントで接続されています。
腕の動きに合わせてコンバーターラングを可動させることができます。

画像では上下にスライド可動させてみました。


sic69_MaskedRider2_08.jpg

付属品 その1
交換用頭部、マフラー、ライダーパンチエフェクトパーツ、ライダーキックエフェクトパーツ
手刀タイプ手×2、開き手×2、持ち手×2、シャッター閉じ状態のバックル

その他、パッケージの状態で握り手、通常タイプの頭部が装着。


sic69_MaskedRider2_09.jpg

付属品 その2
専用台座、狼男


sic69_MaskedRider2_10.jpg

ゾル大佐の変身した狼男フィギュアは豪快に舌ベロを出したやられ造形。 一文字に思いっきりのされてしまったのでしょう。


sic69_MaskedRider2_11.jpg

専用台座には支柱取り付け用の穴が設けられています。
魂STAGE (別売り) のセットに含まれる支柱を使用することで安定した状態でディスプレイすることが可能!

だーかーら、最初っから支柱も付属させとけ!っつってんだろ(怒り
…セット内容に入れておいてください(反省


sic69_MaskedRider2_12.jpg

クラッシャーを開いた交換用の頭部。
精巧に造形されているんだか、グッチャグチャなのか分からん(笑


sic69_MaskedRider2_13.jpg

ベルトのバックルはシャッター閉じのものと交換することが可能です。


sic69_MaskedRider2_14.jpg

ハンドオプションいろいろ
握り手 / 手刀 / 開き手 / 持ち手

持ち手を活躍させることができる日を心待ちにしております。 バイクでしょ? グリップを握らせるための持ち手でしょ?ん?ん?


sic69_MaskedRider2_15.jpg

ライダーパンチ用のエフェクトは2パーツ構成。
前腕に上下から挟み込むようにして固定。

新1号のエフェクトパーツに殴ったあとの衝撃波を追加した感じの造形になっています。 造形そのものは… 微妙。


sic69_MaskedRider2_16.jpg

ライダーキック用のエフェクトパーツの2パーツ構成です。
パンチ用のエフェクトと同様、該当部位へ挟み込んでの固定となります。


sic69_MaskedRider2_17.jpg

新1号と。

こうやって並べるとやはり違いが如実に出ますね。 地味ながらコンバーターラングの違いがデカい!
平坦な表面にモールドが入っただけの新1号と、モールドに沿って筋肉が隆起した旧2号。
大きく張り出した肩との相乗効果で上半身のマッチョっぷりが際立ちます。


sic69_MaskedRider2_18.jpg

初期の固定モデルだったころのS.I.C.みたいでイイ!
やはり、やられ怪人は足元に必要だ! 支柱もなー(念押し


sic69_MaskedRider2_19.jpg


sic69_MaskedRider2_20.jpg


sic69_MaskedRider2_21.jpg


sic69_MaskedRider2_22.jpg


sic69_MaskedRider2_23.jpg


sic69_MaskedRider2_24.jpg


新1号と同素体を使用しているということもあるため感想も同じようなものになってしまいますが、やはりプロポーションには不満あり。
脚が長すぎるゆえ体型そのものがアンバランスという不満点は今回の旧2号ライダーも一緒。
ただし細身だった新1号と違い、上半身にボリュームが増した分だけ旧2号から感じる不自然さは和らいでいるように思えます。

逆にボリュームアップを図った上半身に不自然さを感じる部分が生まれてしまったよう感じたのもまた事実。
肩のサイズを大きくしすぎたのが問題か、これがまたバランスを損ねてしまう要因の1つに…
見る角度によっては問題なくも思えるのですが、まるで大きなタマを付けたような肩がどうにもこうにも不恰好。
上手くバランスを取るというのは難しいんだなと…

ほか、個人的にはカラーリングもちょびっと不満。
メタリックな新1号と並べるには自然なカラーチョイスなのかもしれませんが、そのメタリックカラーが旧2号で採用されたのが地味に嫌。
いっそのことメタリックは新2号に任せると割り切り、今回の旧2号はもっとすすけた色でいってほしかったのが本音ですね。

不満だらけになってしまったような気もしますが、単純に新1号を使い回したという感じを受けなかったのは好印象。
今後、1号や2号では多くのバリエーション展開がお目見えすると思いますが、それぞれに違いを持たせた造形を望みたいものです。
ということで新サイクロンの発売を早く! V3とライダーマンも!!



S.I.C. Vol.69 仮面ライダー旧2号でした。





魂ウェブ商店で予約が開始された S.I.C. 仮面ライダーシン に物申したい!
何ですか、あのつまらない造形は? アレンジも何もあったものじゃないです。

全然スーパーじゃない、どこら辺がイマジネイティブなのかさっぱり分からない、超合金の使用も少ない(たぶん)
つまり、あれはS.I.C.と呼べるものではない! とっとと受注ページを引っ込めてやり直してくれー
S.I.C. HERO SAGA Vol.4 の表紙のやつがほしいです。
[ 2014/04/30 01:50 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)

魂ウェブ商店限定 S.I.C. 仮面ライダーザビー 

魂ウェブ商店より発売されたS.I.C. 仮面ライダーザビーが到着!
(受注期間:2013年9月25日~2013年11月13日、商品の発送は2014年2月21から)


パッケージ
sic_MaskedRider_Thebee_01.jpg

縦に細長い薄型パッケージ。
過去に東映ヒーローネットから発売された十面鬼ゴルゴス、G3マイルドらと同じくらいの幅、厚みですかね。
それを縦に長く伸ばしたような感じ。

原型:安藤賢司氏


sic_MaskedRider_Thebee_02.jpg

仮面ライダーキックホッパー&パンチホッパーの発売を皮切りに、久方ぶりに再開された 『仮面ライダーカブト』 シリーズより、
劇中では主役の仮面ライダーカブトに次いで登場した仮面ライダーザビーが発売となりました。

『仮面ライダーカブト』 シリーズ第1弾のVol.52 仮面ライダーカブトから4年ほどの期間を空けての発売となります。
当時の素体をベースにしているとはいえ、現行商品と比べても特別見劣りするといったことはありません。


sic_MaskedRider_Thebee_03.jpg

まんまスズメバチといった顔つき。
コンパウンドアイはクリアパーツ仕様で内部、また表面にモールド処理が施されています。
クリアパーツが濃いため内部のモールドを鮮明に確認することは、ちょっと難しいですね。


sic_MaskedRider_Thebee_04.jpg

基本カラーは黄色と黒という組み合わせ。
黄色(金色?)部は、オレンジの色味が強く出ていて個人的に凄く好みな色。
ただ、オレンジ色の強い胸部・前腕部に対して、脚部は黄色が強めなど体の部位によって色の差があるのが残念です。

胸部や背中にある溝には細かなモールドが彫られディテールアップがなされています。
肩アーマー下部の羽を模したような装飾はクリアパーツ仕様。
また肩アーマーは跳ね上げが可能で腕の可動を阻害しないよう設計されています。


sic_MaskedRider_Thebee_05.jpg

ザビーゼクターやらベルトやら。


sic_MaskedRider_Thebee_06.jpg

付属品
交換用ザビーゼクター、ライダースティングエフェクト
開き手×2、持ち手(右)、ポーズ手×2

その他、パッケージの状態で握り手×2、ザビーゼクター(展開)が装着されています。


sic_MaskedRider_Thebee_07.jpg

銃の持ち手のような形状のもの(上段右)、“何か”の持ち手(下段左)という謎チョイスなオプションハンド。
今回のセット内容に含まれる、この謎手… ワケ分からん。


sic_MaskedRider_Thebee_08.jpg

ザビーゼクター(展開)
特にこれといったギミックはありません。


sic_MaskedRider_Thebee_09.jpg

ライダースティングエフェクト
エフェクトパーツはかなり大型のクリア成型。 エフェクトパーツはザビーゼクターとの差し替え式。


sic_MaskedRider_Thebee_10.jpg

交換用ザビーゼクター
羽は可動させることができます。


sic_MaskedRider_Thebee_11.jpg

ザビーゼクター(展開 / 交換用)、ライダースティングエフェクトは左前腕の接続ピンへと取り付けます。
交換用のザビーゼクターの腹部にも取り付け穴が設けられているので、前腕へ取り付けることができるようになっています。

…いいからマスクドフォーム用のガワをよこせ!


sic_MaskedRider_Thebee_12.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_13.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_14.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_15.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_16.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_17.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_18.jpg

ライダースティング


sic_MaskedRider_Thebee_19.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_20.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_21.jpg

エフェクトパーツのサイズが災いして肩アーマーに干渉しがち。
1本のピンのみで取り付けるので変に負荷を与えてしまうと、あっさりと接続ピンが破損してしまうかも。
エフェクトを装着した状態での取り回しには注意したほうがいいかもしれません。


sic_MaskedRider_Thebee_22.jpg


アレンジに関しては控えめですねー。
…っていうのは今後のお約束として 『仮面ライダーカブト』 シリーズが発売されるたびにつぶやくことになるんでしょうね。
シリーズの途中でアレンジの方向性を大幅に変更されても困りますが(笑

といことでアレンジはいつもの 『仮面ライダーカブト』 シリーズ同様でメカメカしいディテールアップにとどまっている感じ。
使い回されているパーツが多いので見所は、ほぼ頭部・上半身に限られてしまいますがキックホッパー&パンチホッパーと比べ、
シャープな造形で見た目的にもスマートな印象があります。
好みの問題もあるかとは思いますが、個人的にはシリーズ内では1番カッコいいと思います。

マスクドフォームへの換装仕様なら本当に言うことなかったんですけどねー
「マスクド換装パーツセット」 ってなものを発売してもいいのよ!
仮面ライダードレイク、サソードの商品化も忘れずにお願いします。



魂ウェブ商店限定 S.I.C. 仮面ライダーザビーでしたー!




[ 2014/02/24 01:48 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)

S.I.C. Vol.68 仮面ライダー新1号 

シリーズ誕生から今年で15年を迎えるS.I.C.より、発売されていそうで今まで発売のなかった仮面ライダー新1号が発売!
(正確にはS.I.C. SPECIAL SET ~6人の改造人間~ にて魂ウェブ商店よりVol.14のリペイント版として新1号が発売されています)


パッケージ
sic68_MaskedRider1_01.jpg

上でも少し触れたS.I.C.生誕15周年の絡みもあるのでしょうか? パッケージも装い新たに生まれ変わり、
長年、続いていたヘッダー付きウィンドウサックからヘッダー部がなくなった完全なボックス形パッケージになっております。

原型:安藤賢司氏


sic68_MaskedRider1_02.jpg

新規の造形、新アレンジが加えられ最近のメインである平成ライダーらと並べても遜色ないプロポーションになっております。
トーンが抑えられ落ち着きある塗装のVol.14の1号と異なりメタリックカラー、クリアパーツがふんだんに仕様された新1号。
非常に煌びやかで派手な見た目となっています。

Vol.14のは旧1号仕様なので、それと比べれば煌びやかで当たり前なんですが…


sic68_MaskedRider1_03.jpg

触角はクリアパーツ仕様で、アンテナっぽさが排除された生物的なアレンジとなっています。
人によって賛否の分かれそうなポイントかもしれませんね。


sic68_MaskedRider1_04.jpg

胸部コンバーターラングにも一部クリアパーツが使用されています。 薄っすらと見える内部メカがカッコいい!
マフラーは取り付け基部やジョイントを利用し向きを変えたり、跳ね上げたりと表情を変更することは可能ですが、
取り付け部が背中にある固定穴なため、マフラーをコンバーターラング前に垂らしたりすることはできません。


sic68_MaskedRider1_05.jpg

前腕部など左右でモールドの入り方が異なっています。
上腕、コンバーターラング、脚なども左右でモールドが違っていたりします。


sic68_MaskedRider1_06.jpg

今回の商品のちょっとした目玉。
従来のものと違い、関節のジョイントを覆うようにカバーパーツが装着されています。
カバーパーツには腕のラインなどが造形されており、ヒジを曲げた際にサイドラインが途切れてしまわないよう工夫がなされています。


sic68_MaskedRider1_07.jpg

肩、腕、脚のサイドラインはクリアパーツ仕様。
ボディ部のみ塗装でラインが再現されています。


sic68_MaskedRider1_08.jpg

コンバーターラングの裏側にはボールジョイントが内臓されています。
決めポーズを再現する際に胸部をスライドさせることで、自然な形で腕を前方へ突き出すことが可能になっています。


sic68_MaskedRider1_09.jpg

付属品 その1
交換用頭部、マフラー、ライダーパンチエフェクトパーツ、ライダーキックエフェクトパーツ
手刀タイプ手×2、開き手×2、持ち手×2

パッケージの状態で握り手×2が装着されています。


sic68_MaskedRider1_10.jpg

付属品 その2
専用台座、イカデビル


sic68_MaskedRider1_11.jpg

底面に取り付け用のピンなどはないため、好みの位置に配置することが可能です。


sic68_MaskedRider1_12.jpg

初期に販売された固定モデルではお馴染みだった台座キャラですね。
蜘蛛男、ショッカーライダー、ドクトルGのようにライダーに倒された後といったグログロしい造形ではありません。


sic68_MaskedRider1_13.jpg

専用台座は魂STAGEの支柱パーツを取り付けることが可能な穴が開けられている親切設計!
…ただし、支柱は付属しません(´・ω・`) ケチクセー


sic68_MaskedRider1_14.jpg

ハンドオプションいろいろ


sic68_MaskedRider1_15.jpg

交換用頭部はクラッシャーを展開したもの。
残念ながら中の人はいません…

変身者がマスクを装着するといった本来のものとは違う解釈でアレンジしたものなのかもしれませんね。
後ろ髪も造形されていないし。


sic68_MaskedRider1_16.jpg

エフェクトパーツは2パーツで構成されています。
前腕部を上下から挟み込んで固定します。


sic68_MaskedRider1_17.jpg

ライダーキックエフェクトパーツもパンチ同様の2パーツ構成。


sic68_MaskedRider1_18.jpg


sic68_MaskedRider1_19.jpg


sic68_MaskedRider1_20.jpg


sic68_MaskedRider1_21.jpg


sic68_MaskedRider1_22.jpg

暴走?

sic68_MaskedRider1_23.jpg

ガァァァァァァァ


sic68_MaskedRider1_24.jpg

我にかえる...


sic68_MaskedRider1_25.jpg


sic68_MaskedRider1_26.jpg


sic68_MaskedRider1_27.jpg

Vol.14のサイクロン号と


sic68_MaskedRider1_28.jpg

本商品に付属する謎の握り手ではVol.14 サイクロン号のグリップを掴むのは困難...


sic68_MaskedRider1_29.jpg

搭乗姿勢も誤魔化せばなんとか見れる!といったレベルですね。
やはり、ここは専用マシンでもある新サイクロン号に期待したいところですね。


sic68_MaskedRider1_30.jpg

おわり!


過去にS.I.C. Vol.7固定モデル、Vol.14可動モデル(旧1号)、Vol.46 FIRST版、MOVIE REALIZATIONでFIRST版、NEXT版、
と、多くの1号ライダーが発売されてきましたが15周年を記念してついに新1号ライダーが通常ナンバリング商品として登場!
S.I.C.本家で発売された1号ライダー(Vol.14)が発売から12年も経過しているだけに、ここ最近発売された平成ライダーと並べると、
見劣りしてしまっていたのも事実。 そんな中、新規素体を用いプロポーションや可動が向上した新1号ライダーの発売は嬉しい限り。

アレンジ自体は元のデザインから大きく崩すことはなく、細部にディテールを追加することでメカニック感をより強調した感じでしょうか。
もう少し生物的な意匠を全面に出した 「バッタ男」 的な新1号も見てみたかったところですが、現在発売されている平成ライダーとの
統一感みたいなものを考えると、これもありかなぁと…

個人的に凄くツボに入ったのがヒジ関節のカバーパーツ処理。 カバーパーツは腕ラインのことをよく考えたナイスな仕様だと感心。
逆に少し不満を感じたのはプロポーション。
Vol.14の1号と比較すれば飛躍的にプロポーションが向上しているのは言うまでもありませんが、プロポーションが良すぎな気も…
腰パーツ(パンツ部)が上にあがりすぎているのが原因なのか脚が長すぎ(お尻の位置が上すぎ)に感じます。
スタイリッシュにしすぎてアンバランスな体型になってしまうのは、個人的にはあまり好ましくありません。
その他、文句の付け所がないだけに、ちょっと気になってしまう部分ですね。


新1号の流れを汲み昭和ライダーの再アレンジ版のリリースが続くようですが2014年4月発売の旧2号(なんで新2号じゃないん?)や、
ホビージャパン誌上にお目見えした仮面ライダーV3、ライダーマンにも期待したいところです。
あと新サイクロンもね! ぜひ発売までこぎつけてくれぇ!



S.I.C. Vol.68 仮面ライダー新1号でしたー!




[ 2014/02/06 23:03 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)