トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

疾走サイドバッシャー 

疾走サイドバッシャーのご紹介です。


SideBasshar_01.jpg

カイザのイメージで言えば黄色と黒でOKな感じがしますが、本当は黄色じゃなく薄いゴールドなんですよね。
カウルやライトにクリアパーツが使われていないのも残念、紫色でもろベタ塗り。

ギミック等は特に何もなし、タイヤがコロコロするくらいです。


SideBasshar_02.jpg

マフラーなどのパーツがメッキというのも個人的にはつらい所。


SideBasshar_03.jpg

逆サイドから。


SideBasshar_04.jpg

ステアリング周りはそれっぽく造形されていていいですね。
テールランプ、ウインカーもクリアパーツが使用されておらず塗装処理。
スマートブレインのロゴマークや、SB-913Vのマークなどはしっかり入っています。
サイドカー内部(矢印部分)に間仕切りがしてあるので、サイドカーに他フィギュアを乗せるには改造する必要ありです。


SideBasshar_05.jpg

装着変身のカイザと。


SideBasshar_06.jpg

フィギュア&バイクのサイドバッシャーはサイズが小さすぎ、SRHFのものは大きすぎ。
09年9月現在で、装着やS.H.フィギュアーツにピッタリのサイズとなると疾走サイドバッシャーの一択ですね。


SideBasshar_07.jpg


SideBasshar_08.jpg

S.H.フィギュアーツのザビーを乗せてみました。
装着変身より背が高く、足が長くなっている分バイクのステップへの収まりが悪いかなと思っていましたが、
装着変身のカイザより楽に乗っかってくれました。 サイズ的にも問題はなし。
股関節引出し式のカブトライダー凄し。




■SRHF 03 仮面ライダーカイザ&サイドバッシャー (ちょびっとだけ)
SideBasshar_09.jpg

一番目立つフロントのカウルスクリーン部、ヘッドライト部の紫がかったクリアパーツが美しい。
ウインカー、テールランプなどにもクリアパーツが使われていたら嬉しかったんですけどね。


SideBasshar_10.jpg

装着変身のカイザを乗せてみました。 …やっぱりバイクがデカイ('A`)
SRHF同梱のカイザフィギュアが、700円ソフビやS.I.C.に近いサイズなので装着変身とサイズが合わないのは当たり前なんですが。


SideBasshar_11.jpg

ただバトルモードに変形させると、装着変身の小サイズがサイドバッシャーの大きさをイイ感じに際立ててくれるような気がします。
サイズ違いを都合よく脳内で補完してしまう図々しさよ…('ω`;)


SideBasshar_12.jpg

これは本当に良く出来たバイク玩具。
サイドバッシャーのフロントマスクにもバッテンがあるのが分かりますね。


- 画像追加 (10/11) -
SideBasshar_14.jpg

SRHFサイドバッシャーにS.H.フィギュアーツを乗せるとこんな感じです。


SideBasshar_15.jpg


SideBasshar_16.jpg


SideBasshar_17.jpg


SideBasshar_18.jpg


SideBasshar_13.jpg

装着、S.H.フィギュアーツにサイズで合わせるなら疾走サイドバッシャーになると思いますが、
私個人としては多少のサイズ差には目を瞑ってでも、SRHFのサイドバッシャーをお薦めしたいですね。

一番いいのは、S.H.フィギュアーツでカイザ&サイドバッシャーを発売してくれる事なんですけどね。
もちろん、サイドバッシャーは変形できるものを。

軽く2種ご紹介しましたが、どちらのサイドバッシャーもサイドカーに他キャラを乗せられないという共通した問題点が…
SRHFは変形ギミック優先で仕方がないとしても、疾走の方はねぇ... サイドカー付きのバイク玩具としてどうなんだろ?

SRHF サイドバッシャー(詳細)はまた別の機会にご紹介できればと思います。


疾走サイドバッシャーのご紹介でした。
スポンサーサイト

リボルテック No.075 ネオゲッター1 

「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」よりネオゲッター1のご紹介です。
同シリーズNo.074のゲッタードラゴンと同時発売。


パッケージ
Neo_Getter1_01.jpg


Neo_Getter1_02.jpg

ゲッターの1号機 = 赤というイメージが強いですがネオゲッターは蒼。 色がどうとか関係なくカッコイイ。
ただ 「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」作品内での活躍は全く覚えていません('A`)
あの作品は1話、冒頭の無印ゲッター1大活躍だけで満足です。


Neo_Getter1_03.jpg

付属品
プラズマサンダー、オリジナルマシンガン、オリジナルナイフ、ナイフホルダー
チェーンナックル(左手)、チェーンナックル(右手)、チェーンナックルエフェクトパーツ
ショルダーミサイル×2、武器持ち手×2、開き手×2

その他、ディスプレイベース、リボコンテナ、リボチップ(10P)が付属。


Neo_Getter1_04.jpg

ジョイント
首(6mm)、肩、ヒジ(8mm)、胸内部(10mm)
股関節、ヒザ、足首(10mm)、可動式のふくらはぎカバー接続部(6mm)
ショルダーミサイル本体の可動部(内部)、ミサイル可動部(6mm)


Neo_Getter1_05.jpg

ショルダーミサイルの展開
本体を起こして、内部に収納されているミサイルを引き出し180度回転。 前方へ倒して完了!

こういうジョイントの使い方にはいつも感心する。


Neo_Getter1_06.jpg

オリジナル武器となるナイフは付属するナイフホルダーを装着し、腰にマウントする事が可能。


Neo_Getter1_07.jpg

オリジナル武器のマシンガンとナイフ。
武器の持ち手は、それぞれの武器専用の造形となっています(右手はマシンガン用、左手はナイフ用)

※逆に持たせる事も可能ですが、その場合はフィッティングの状態が変わります。あらかじめご了承ください。(パッケージ説明より)


Neo_Getter1_08.jpg

チェーンナックル用ハンドは右手が握り手、左手が手刀タイプの平手となっています。
別箇付属のオプションハンドとは接続部の形状が異なる為、他手首と交換はできません。
マシンガンを持たせた状態で、チェーンナックルを発射するというアンポンタンな事ができない。 …残念、でもない。

エフェクトパーツは左右どちらでも取り付け可能。


Neo_Getter1_09.jpg


Neo_Getter1_10.jpg


Neo_Getter1_11.jpg

プラズマサンダーは右手の平にある接続穴にて固定。


Neo_Getter1_12.jpg


Neo_Getter1_13.jpg


武器やエフェクトパーツ的な付属品が多いので遊んでいて楽しいです。
ショルダーミサイルの展開は差し替えで再現!というような逃げに走らずにジョイントを効果的に使う所が素晴らしい。
メジャー所のゲッター1号機は出し切ってしまった感があるので今後のゲッター枠がどうなるか気になる所。
とりあえず無印ゲッターの2、3から順に補完していってくれると嬉しいのですが。

…と、思ったらまだゲッターアークが残っていました。
…と、思ったら更にゲッターロボ號も残ってました。


以上、リボルテック No.075 ネオゲッター1でした。





■リボルテック No.075 ネオゲッター1 (あみあみ)

リボルテック No.074 真(チェンジ!!)ゲッターロボ -世界最後の日- ゲッタードラゴン 

よつばのDX夏休みセット以来になるでしょうか? リボルテックの新作を買うのが随分と久しいように感じます。 
購入自体は、昨年末のトイザらスのセールでリガードのまとめ買い以来になりますね。
という事で、メーカーが一時シリーズを休止、シリーズ復帰を経てから初の新作リボルテック購入になります。

では、OVA作品 「真(チェンジ!!)ゲッターロボ -世界最後の日-」よりゲッタードラゴンのご紹介です。


パッケージ
Getter_Dragon_01.jpg

唯一、店頭買いをする近所の使いものにならないトイザらスは取り扱っていないし、
もっぱら通販で玩具を購入している私はパッケージが大幅に変更されていた事に驚き!


Getter_Dragon_02.jpg

原作漫画でもあったように、恐竜帝国の生き残りに乗っ取られたり何かと悪役にされやすいドラゴンですが、
メインカラー赤+水色の胸(脇)+黄色い派手なパンツというTV版の派手なヒーローカラーよりカッコイイですね。
ライガー、ポセイドン成分がどっかいっちゃってますが…


Getter_Dragon_03.jpg

付属品
ゲッタービームの反射エフェクトパーツ、ゲッタービーム付きの頭部
マッハウイング×2、ゲッタートマホーク×2、ゲッタートマホーク(ブーメラン状態)
武器握り手×2、開き手×2

その他、ディスプレイベース、リボコンテナ、リボチップ(10P)が付属します。


Getter_Dragon_04.jpg

ジョイント
首(6mm)、肩、ヒジ(8mm)、胸内部(10mm)
股関節、ヒザ、足首(10mm)、可動式のふくらはぎカバー接続部(6mm)


Getter_Dragon_05.jpg

マッハウイングは肩パーツの穴(矢印)に取り付けます。


Getter_Dragon_06.jpg

ゲッタービーム付き頭部と、ビーム反射エフェクトパーツ。
全般的にそうですが、リボルテックのビーム系エフェクトは被弾しているようにも見えるから困る…
ただ、これ以上どうやって上手い事、再現したらいいのか?と問われると答えられない …なので、これでいいと思う。 ナンダソリャ


Getter_Dragon_07.jpg

トマホークブーメランは付属のスタンドに取り付け、指ではじいてあげると結構な勢いで回転します。
撮影の小道具的に使ったりする分には面白く重宝しますが、果たして普通にフィギュアで遊ぶ人にとって必要なのかは疑問。
ただ、意味もなく幾度とクルクル回転させて遊んでしまう私のような人もいると思うので、必要なんだろうと思う。 ナンダソリャ


Getter_Dragon_08.jpg


Getter_Dragon_09.jpg

エフェクトパーツとの着弾点がズレてるような気もするが、気にしない。


Getter_Dragon_10.jpg


Getter_Dragon_11.jpg


Getter_Dragon_12.jpg

リボルテックシリーズ、各ゲッター新旧揃い踏みでの大きさ比較。
単体、単体でポーズ付けが違ってしまっているので、正確な大きさの比較にはなっていませんが参考までに。

久し振りに真ゲッターを引っ張り出したら、強固にブリスターに張り付くくらいベタついていました('A`)
そして、ゲッター1と真ゲッターを2個づつ購入してる私…
一体、何をしたくて複数購入したのか、未開封の状態で押入れの中に潜んでいました。





折角、引っ張り出してきたので

Getter_Dragon_13.jpg

久しぶりだなぁぁ じじぃぃぃぃぃ!

私の中の流竜馬ボイスが完全に神谷さんから、石川さんへとチェンジ!!された作品。
TV版よりも漫画原作に近いワイルドな風貌の竜馬がイカす。
ボロボロのロングコート、ベルト代わりの鎖、リョウマニウム合金製マフラー、じじぃ&隼人との噛み合わない会話 …最高です!

俺に分かるように説明しろォォ!!  …作品について語るのはいいから玩具の説明をしろォォ!!


ゲッター1や真ゲッターの頭と首が一体化したもので遊んでみると思いの他、顔の向きが決まらずに結構ストレスが…
ドラゴンのように頭が単独で可動させられるというのは大きな強みだなと実感。 確実にポーズが付けやすくなっていますね。
ライガーやポセイドンも欲しい!といきたい所ですが、とりあえず無印のゲッター2とゲッター3を早くー!

ホビージャパン 2009年11月号にてブラックゲッタードラゴンが誌上限定通販決定!との事なので、購入予定の方はお忘れなく!
私は本体は別にどうでもいいけど(いいのか?)、付属のゲッターレーザーキャノン(正式名称?)が欲しいので購入ッ!

購入するのも久し振りなら、いじり遊ぶのも久し振りだったリボルテックですが独特の可動に相当、戸惑いました。
リボって、こんなに難易度高いもんでしたっけ?


リボルテック No.074 真(チェンジ!!)ゲッターロボ -世界最後の日- ゲッタードラゴンでした。





■リボルテック No.074 真(チェンジ!!)ゲッターロボ ゲッタードラゴン (あみあみ)

S.H.フィギュアーツ ゼクトルーパー(シャドウ隊員Ver.) 

仮面ライダーザビーの取り巻きやられキャラでお馴染み、ゼクトルーパー(シャドウ隊員Ver.)が発売されました。


パッケージ
ZECTROOPER_01.jpg


ZECTROOPER_02.jpg

いかにも普通の人間がヘルメットとアーマーを着込んでいるという感じが再現されています。
スラッとした体系のライダーと並べた時にイイ感じで差別化されて◎


ZECTROOPER_03.jpg

付属品
マシンガンブレード、武器持ち手×2、開き手×2


ZECTROOPER_04.jpg

ベルトのバックルにはZECTの文字、左肩にはゼクトマークと手を抜かなかったこだわりが嬉しい。
精鋭部隊、シャドウである証の金色ラインも綺麗。


ZECTROOPER_05.jpg

マシンガンブレードは通常の手首の交換と同じ要領で付け替え。
グリップが可動式になっているので劇中でお馴染みなマシンガンブレードを両手で構えたポーズが取れます。


ZECTROOPER_06.jpg

走れ!働きアリ

いつもの馴染みあるダイキャストを使用した足首でなく、ボールジョイントの接地性イマイチな足首。
個体差かどうか分かりませんが、引き出し式の股関節はかなり緩めなので何かしらの処置が必要かも。


ZECTROOPER_07.jpg

ザビー 「B小隊、C小隊は左右から援護! A小隊はブレードで接近戦に備えろ!」
隊 員. 「小隊もクソも予算の都合で我々3人しか… しかもブレードは完全に手抜きされています!」
ザビー 「…………」


ZECTROOPER_08.jpg

隊 員. 「あぁぁぁ 隊長が無言のまま、かかとで地面をガリガリしてる!」


ZECTROOPER_09.jpg

ザビー 「…ふぅ パーフェクトもハーモニーもないんだよ」
隊 員. 「隊長がやさぐれた~」 南無!


ZECTROOPER_10.jpg

クロックアップの戦いに巻き込まれて弾け飛ぶシャドウ 南無!


ZECTROOPER_11.jpg

隊 員. 「最後くらい、我々の活躍を!」 ズダダダダダ!!



- 数分後 -
ZECTROOPER_12.jpg

隊 員. 「……………」 南無!


全体的な塗装が綺麗なのが良い、特にアーマー類の塗装が渋くていいですね。
ただ、やはりどうしても納得のいかない所は出てきてしまうもので…
まず、股関節ゆるゆるで自立が困難! …は、簡単に対処できるから置いておくとしても
足首はいつものS.H.フィギュアーツ準拠のものを採用しておくれと。 今回、採用されてるボールジョイントはイマイチ頼りないっす。
んでもって、マシンガンブレードのブレードの手抜き。
劇中でもあまり使ってたイメージはないけど、やはりそこはちゃんとしてほしかったな。


とりあえず3体購入しましたが、お金に余裕があったら(余裕があった試しがありませんが…)、更にメンバーを増やしたいなと。
そんな、たくさんあって楽しいアイテムですね。

一般の隊員Ver.や、白いやつ(名前知らん)辺りの発売はどうなるのか?
発売されたらされたで、その都度、複数買ってしまいそうで怖いんですが...
特にファイズのライオトルーパー。 発売された日には何体、いってしまうのだろうか?(((( ;゚д゚)))


以上、S.H.フィギュアーツ ゼクトルーパー(シャドウ隊員Ver.)でした。





■S.H.フィギュアーツ ゼクトルーパー(シャドウ隊員Ver.) (あみあみ)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーザビー 

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーザビーのご紹介です。

装着変身シリーズで未発売のまま終わったカブトライダーズの補完がされていたS.H.フィギュアーツですが、
ここにきて、主役級のキャラ(カブト、ガタック)を除く準レギュラーな面々もS.H.フィギュアーツで発売されていく流れに。
やはり同シリーズでキャラが揃うというのは嬉しいもんです。


パッケージ
THEBEE_01.jpg


THEBEE_02.jpg

発売済みのカブトライダーズに見られたO脚がほとんど気にならないレベルになっています。
物凄く地味な箇所ながら腹部が新規で造形。

カラーリングはオレンジ成分なし、ほぼ黄色。
発売前にサンプル画像で出ていたスズメバチちっくな色合いが良かったな ・・・残念。

アゴの先端の塗装が省かれていますね。


THEBEE_03.jpg

付属品
ザビーゼクター(ニードル展開)、ザビーゼクター、開き手×2
装着変身に付属していたザビーぜクター(ニードル展開Ver./短小)と違い大きく造形されているので見栄え良し。

付属する手首の数の少なさに涙。 これからこれが標準になるんでしょうか?
そしてイマイチ使い所の分からないザビーゼクター…


THEBEE_04.jpg

装着変身ザビーと比較。
やっぱ、黄色、黄色してるよりちょっとオレンジがかってた方がカッコいいと思う。
電王以前の装着変身とでは、やはり大きさの差に違和感を感じます。

※押し入れの奥からライダーフォーム換装用パーツを取り出そうと思いましたが軽く挫けました。
  マスクド好きなのでマスクド&ゼクトロンで飾ってたんですよね。 ザビーとドレイクはマスクドの方がカッコイイよね?ね?ね?


THEBEE_05.jpg

CAST OFF!


THEBEE_06.jpg

CHANGE! WASP!

ゲ────ッ!今まで外側を覆っていたのはオーバーボディで中から新しいボディが現われたー!!
しかも何故か、元のサイズよりも中身の方がデカイー!
(ゆでたまご先生の作品ではよくある事です)


THEBEE_07.jpg

ボディから伸びてる銀色の肩パーツが固定されてしまっているので可動範囲を狭めてしまっています。
装着変身では腕の可動の妨げにならないよう、肩パーツも可動式になっていたのに… 退化すんな!


THEBEE_08.jpg


THEBEE_09.jpg


THEBEE_10.jpg

ライダースティング!!


THEBEE_11.jpg

俺の使命はカブトの抹殺だ


THEBEE_12.jpg

マシンゼクトロンと。
大きさ的な問題はなし。 仮面ライダー -乗り物 - カテゴリであらためてご紹介したいと思います。


THEBEE_13.jpg

黄色すぎな色合いと、肩パーツが固定になってしまったのが残念です。
S.H.フィギュアーツのスラリとした体系によく合うデザインなのか、シンプルでかなりカッコいいです。

一緒に発売されたゼクトルーパーと絡ませるもよし、色々なザビー資格者を想定して遊ぶのもよし。
序盤に出てきた雑魚ライバルキャラという程度でしか認識していませんでしたが、もしかしたら結構、遊べるキャラだったのか?

…さて、アゴの先端を塗ろう。


以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーザビーでした。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーザビー (あみあみ)

超合金魂 GX-48 ビッグオー 

超合金魂よりビッグオーが発売となりましたー!待ってましたー!

おもちゃショーなどで某MAX合金より展示されていたビッグオーを見てカッコいいなとは思っていましたが、
本放送時には全くその存在を知らず、その後もアニメなどを見る機会がありませんでした。
スーパーロボット大戦Zに参戦していたのをきっかけにハマり、某MAX合金での正式な発売を待っていたのですが...

発売元が違えど、がっしり、どっしり、ずんぐりロボに目がないので小躍りしながら即予約!
という、どうでもいい前置きは置いておいて

ビッグオー ショウターイム!


パッケージ
bigo_01.jpg


bigo_02.jpg

セット内容
・取扱説明書(ビッグオーのストーリーや作品概要、デザイナーであるさとうけいいち氏と開発スタッフのインタビューなどが掲載)
・ビッグオー本体
・ブリスター
 上下2段になっており上段には各種付属品、下段はディスプレイパーツが収められています。
 上段の付属品は腕パーツ×2、握り手×2、可動タイプの手首×2
 キャノンパーティー用パーツ×2、ミサイルパーティー用パーツ

本当に必要最低限のものだけという感じです。 …手刀がないけど


bigo_03.jpg


bigo_04.jpg

このずっしりとした重量を再現するかのような色合いがたまりません。
実際、結構重たいんですけど。


bigo_05.jpg

顔、顔、顔
アゴが襟に当たってしまうので、下を向かせた状態で横方向へは向けません。


bigo_06.jpg

ヒジ関節部のカバーを押し込む事によって可動範囲を拡張する事が可能。
右画像の状態まで腕を伸ばす事ができます。


bigo_07.jpg

首周りのパーツを上に引き上げ、コックピットの開放状態を再現。


bigo_08.jpg

・キャノンパーティー(画像:左)
 胸パーツを上部へスライドさせると砲身のせり出していない状態のキャノンパーティーが造形されています。
 そこへ付属のキャノンパーティー用パーツを取り付け砲身のせり出した状態を再現。

・ミサイルパーティー(画像:右)
 ミサイルパーティーはノーマル腹部のカバーと差し替えで再現します。

キャノンパーティーは胸パーツのスライドと連動して… というわがままは言いません。
せめて引き出し式にして欲しかった。


bigo_09.jpg

・サドンインパクト
 ストライクパイルを後方へ引いてロック。
 手首を押し込むとバチコンとストライクパイルが作動します。


bigo_10.jpg

ディスプレイスタンド …寂しい


bigo_11.jpg


CAST IN THE NAME OF GOD, YE NOT GUILTY.
(我、神の名においてこれを鋳造する。汝ら罪なし)

ビッグオー アァァァァクション!


bigo_12.jpg


bigo_13.jpg

やはり微妙に指が曲がっているので決まらない。
魂ウェブ商店で発売される拡張パーツセットの絡みであろうと、通常パッケージから手刀を抜くとは('ω`;)


bigo_14.jpg


bigo_15.jpg

バイバイ! ドーン!

手にとって動かしてみるまでは、あまり動かせないという印象でしたが若干ながらも腹部が可動する事に加え、
引き出し式の股関節、ヒザ関節のお陰で結構ダイナミックなポーズも取れたりします。
塗装の色合いもイイ感じ。
これは完全に個人的な意見になってしまいますが、ストライクパイルはメッキじゃない方が良かったなと。

あとは販売方法ですかね?
通常パッケージに入っていていいであろう手刀形状の手首を付属させずに、グリフォン収納ギミックはきっちりと詰め込んでるとか、
拡張パーツセット購入ありきな商品仕様なのがどうにもこうにも...(通常パッケージにグリフォンは付属しません!ビックリです)
そのクセ、WEB限定の拡張パーツセットの宣伝紙1枚も封入されていないという。 商魂逞しいのか、逞しくないのか。

ともあれ、通常ナンバリング 超合金魂 GX-48 ビッグオーとしては満足のいくものです。
という事で、早くビッグデュオを出してください。


以上、超合金魂 ビッグオーでした。





■超合金魂 GX-48 ビッグオー (あみあみ)
[ 2009/09/20 19:34 ] 超合金魂 | TrackBack(0) | Comment(0)

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ キンタロス 

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツよりキンタロスのご紹介です。
(受注受付期間 2009年6月1日~7月3日)


パッケージ
Kintaros_01.jpg

キンタロスの首後ろ側のモフモフしたファーのパーツが出っ張っている分、通常のものよりも分厚いパッケージになっています。
通常パッケージとモモタロスDX版パッケージの中間くらいの厚みかな?


Kintaros_02.jpg

黒ボディに金色が映えて綺麗。


Kintaros_03.jpg

付属品
手刀×2、武器持ち手×2、開き手×2、キンタロスアックス
イマジンの付属品としておなじみのペーパークラフトは三角帽子と風呂桶。

残念ながらキンちゃんにはコーヒーが付いていません。 …付けろよー('A`)


Kintaros_04.jpg

同シリーズ モモタロスとの大きさ比較。
キンタロスの方がモモタロスよりも頭半コ分くらい大きいです。
ガッチリとした体系なのでかなりの存在感。


Kintaros_05.jpg

ついでなので装着変身 アックスフォームとの比較。
うむ、憑依しない方が強そうだ。


Kintaros_06.jpg

むんっ!土俵入り
肩のファーが干渉してしまうので、かなり動きに制限が… 残念


Kintaros_07.jpg

すり足、すり足
股関節は引き出し式になっています。
股関節のボールジョイントが硬めなのか、動かすたびにギチギチと音を立てるのでヒヤヒヤします。


Kintaros_08.jpg


Kintaros_09.jpg


Kintaros_10.jpg

マックスファクトリーのdi:stageを使ってデンライナー再現 (※ハナの頭は挿げ替え)
キャラが揃ってくると、こうして並べるだけでも楽しい。
di:stageの買い足しはもとより、テーブルセット欲しさにモモタロスDXセットを追加購入したい衝動に。

ちなみにデンライナーのスキンは2ちゃんねるのディスプレイ・台座スレッドから頂いてきたもの。 製作者様に感謝!
ナオミコーナーはfigma公式HPのdi:stageレジセットのものです。


限定なのがもったいない出来だと思います。 まぁ、限定品で手を抜かれたらたまったもんじゃないですけど…
S.H.フィギュアーツの限定(電王補完シリーズ)に関して言えばNEW電王、幽汽、ガオウとハズレというハズレはないですが、
今回のキンタロスも中々の出来栄えで○
肩の可動がちゃんと確保されていて、コーヒーカップが付属していれば◎ そんな出来だと。

今後も更にNEW電王・ベガフォーム、リュウタロス、ジークと電王の補完が魂ウェブ限定にて続きますが、
このまま良質な商品のリリースに期待!
んでもって、ここまで揃うとなるとナオミが欲しい!

…なんでモモタロス、ウラタロスと手を抜いてしまったんだか('ω`;)


以上、魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ キンタロスでした。

1周年! 

なんとブログをはじめてから1年が経過していた模様ヽ(´ー`)ノ …4日ほど前に

一番最初の記事でブログをはじめるにあたり 『のんびり、まったり、だらだらと~』 などと書いておりましたが、
そちらはまさに公言した通りにのんびりと...('ω`;)

そんなこんなで知らない間に2年目へと突入していましたが、今後ともよろしくお願い致します。
                                                     
                                                            いちの

魂ウェブ商店限定 S.I.C. ネガタロス 

魂ウェブ商店より2009年5月29日~7月3日の期間、注文受付をしていたS.I.C. ネガタロスイマジンのご紹介。


パッケージ
sic_Negataros_01.jpg

いつもと同様、色気のない限定パッケージ。


sic_Negataros_02.jpg

各アーマー部(?)にクリア素材が使用されていますが、塗装がベタ塗りすぎてクリア素材である意味ほとんどなし。
ダイキャストは使われていません。 …Super Imaginative ClearParts


sic_Negataros_03.jpg

付属品は武器保持用の持ち手(左右)、開き手(左右)、ネガタロスォード。
劇場版 仮面ライダー電王を観ていないので分かりませんが、絡ませられるような小物系のモノはないのかな?
電王の通常ナンバリング商品は付属する小物類が多いので、それと比べると少し寂しい。


sic_Negataros_04.jpg

顔アップ
凄く大雑把な歯の造形… なんかリアルに汚らしい色での汚し塗装です。


sic_Negataros_05.jpg

結構、カッコイイ。


sic_Negataros_06.jpg


sic_Negataros_07.jpg


sic_Negataros_08.jpg

第一印象は汚らしい('ω`;)
塗装がはみ出してるとか、塗料の飛び散りがあるとかそういう汚らしいではなく、
全体的に粉っぽいというか、埃っぽいというか、数ヶ月間ケースにも入れず放置した後のようなホンマもんの汚らしさ。
…まぁ、塗装のはみ出しとかも汚らしいんですけどね。
ナンジャコリャ!

限定品だから値段がちょいとお高めになってしまうのは分かるけど、やっぱりちょっと割高な感じは否めないかな。
造形とか悪くないしカッコイイとは思います。


魂ウェブ商店限定 S.I.C. ネガタロスイマジンでした!
[ 2009/09/12 01:49 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 モハメド・アヴドゥル 

超像可動シリーズ第8弾は先月発売となったスタンド(マジシャンズレッド)の本体キャラ モハメド・アヴドゥルです。


パッケージ
sas08_Muhammad_Avdol_01.jpg

着込んでいる服の幅の分でしょうか、承太郎と同じく幅の広いパッケージになっています。


sas08_Muhammad_Avdol_02.jpg

ジョジョ(第三部)のカラーリングというと、プレステの格闘ゲームのカラーがイメージとして定着してしまっている私でも、
特に違和感を感じない良いカラー。
コトブキヤカラーですね。


sas08_Muhammad_Avdol_03.jpg

いつも通り「振り返ってはいけない小道」がたくさん。
アヴドゥルの別表情Ver.も付属します。


sas08_Muhammad_Avdol_04.jpg

擬音パーツはオラオラゴゴゴゴ 有名所2種。
二股ジョイントも付属。


sas08_Muhammad_Avdol_05.jpg

通常フェイス(左)とニヤリフェイス(右)
原作では承太郎にブ男呼ばわりされたアヴドゥルですが、超像可動では承太郎の方が断然ブ男。
妙にキリッとしたイケ面造形です。

アクセサリーは軟質素材


sas08_Muhammad_Avdol_06.jpg

ス・・


sas08_Muhammad_Avdol_07.jpg

ドン


sas08_Muhammad_Avdol_08.jpg

ムウン!


sas08_Muhammad_Avdol_09.jpg

『魔術師の赤』


sas08_Muhammad_Avdol_10.jpg

チッ♪ チッ♪ YES I AM!


sas08_Muhammad_Avdol_11.jpg

チッ♪ チッ♪


sas08_Muhammad_Avdol_12.jpg

発売を重ねるごとに良くなっていっているシリーズですね。
以前にも書いたような気がしますが、二股ジョイントを付属させる事でスタンド使い本体キャラスタンド擬音パーツで、
ディスプレイできるようにする等、メーカーさんの頑張りがうかがえるのがいいですね。
成長性-Aと言ってもいいんではないでしょうか?

このまま長期シリーズ(持続性-A)としてジョジョキャラを網羅していってほしいです。

…並べない!まだ並べないぞ!ジョセフとイギーが揃うまでは並べんっ!!


超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 モハメド・アヴドゥルでした。
to be continued

この記事を見て うしろを振り向いた時 おまえは…
[ 2009/09/08 23:23 ] 超像可動 | TrackBack(1) | Comment(0)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド&仮面ライダーディエンド 

S.H.フィギュアーツより仮面ライダーディケイド、ディエンドのご紹介です。


■仮面ライダーディケイド
DECADE_01.jpg

目にやさしくないパッケージカラー。


DECADE_02.jpg

ディケイドらしいスーツを着込んでいる感が再現されていて、S.H.フィギュアーツ独特のひょろっこさは感じません。


DECADE_03.jpg

付属品
S.H.フィギュアーツ用 仮面ライダーカード(全11種×2)
ライドブッカー(ソード、ガン、ブックモード)
カード用持ち手、武器握り手、開き手

カードに印刷されている上段を1、下段を1として×2なのね。
このカードが2枚ついてくるのかと思ったぜ!


DECADE_04.jpg


DECADE_05.jpg


DECADE_06.jpg

劇中でのソードをシュワッとやるポーズがいかします。


DECADE_07.jpg

問題点いろいろ
分割線が目立ちすぎ&顎のライン真一文字すぎ&目ん玉つながりのおまわりさんすぎ。
パーツの構成上おかしくなったのか? これはちょっと酷い。
膝をちゃんと塗れぃ! ライドブッカー(ソードモード)刃の部分、塗装を省くんじゃないっ!

…武器の一部塗装省略とかは普通ならスルーされる所なんでしょうけどね


DECADE_08.jpg

そんな訳でディケイドの顔を分解してプチ整形をほどこしました。
分解後、中央をプラ板2枚で橋渡しして埋め、それぞれパーツをカット、繋がっていた目も中央でカットして形を整えました。


DECADE_09.jpg

これだけの作業でもだいぶ見れる顔になったかと。

<適当マゼンタ 調合レシピ>
■ Mr.カラー
・蛍光ピンク
・モンザレッド(少々)
・つや消しホワイト(少々)
・グレー(ほんのちょびっと)


WEB限定連発 → 店舗限定品発売 → 試作昭和ライダーのポンコツっぷり → 目の色が違うだけの商品2種がそれぞれ限定

と、酷い流れの中で発売されてしまっただけに、一気にS.H.フィギュアーツユーザーの不満が噴出した感が否めず、
余計に商品に対する評価が厳しくなってしまっているようにも感じますが、やっぱりあの顔はないよなぁと。

どのキャラとも絡ませられる事ができるライダーなだけに活躍頻度は高そうです。
FFRシリーズとの相性もいいですよ。


さて、膝とソードの省かれた塗装箇所に手をつけねば。




■仮面ライダーディエンド
DIEND_01.jpg

ディケイドといい、ディエンドといい外国の体によくなさそうなお菓子みたいな色です。


DIEND_02.jpg

ディケイド同様、ディエンドも発売時に顔の作りで色々言われていましたが、
私個人としてはディエンドの顔構造をイマイチ把握していないので何が悪いのかピンとこず…('A`)
首が埋まりすぎという不満は画像を見ても一目瞭然。


DIEND_03.jpg

付属品
S.H.フィギュアーツ用 仮面ライダーカード(全9種×2)
ディエンドライバー
カード用持ち手、武器握り手、開き手

ディエンドライバーは展開状態のみ。


DIEND_04.jpg

カブトの首ジョイントとディエンドの首ジョイントを交換して首が短いのを対処。
画像右 : ジョイントの短いのがディエンド標準のジョイント、長い方がカブト標準のジョイント。
パッと見ただけでも長さの違いがありありと分かります。


DIEND_05.jpg

付け替えるとこんな感じ。 簡単なので交換お薦め!
※交換される方は自己責任でお願いします。

ディエンドの首調整を目的にやった結果、カブトの首の長さがかなりイイ感じに。 効果絶大!
もちろんディエンドの首の長さもイイ感じになったと思います。

カブトライダーズの首が長いと感じる人は、ディエンドを複数買って交換を!


DIEND_06.jpg

カッコよくなった。


DIEND_07.jpg


DIEND_08.jpg

1番奥…


DIEND_09.jpg

よしたまえ!士


DIEND_10.jpg

ディケイド、ディエンドどちらも悪くはないんだけれども、何か物足りないというかなぜ手を抜く?という箇所があるのが残念ですね。
パッケージ裏面と100%同じものは無理だとしても、もう少し製品版の完成度を高めてほしかったですね。 特にディケイド。
分割線はともかく、顎のラインとかならどうにでもなったような気がするんですけど。


以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド&ディエンドでした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。