トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

年末のご挨拶 

今年も残すところわずかです。
チンタラチンタラと更新を続けて気付けばもう大晦日。 カッコイイ風に言っちゃうとNew Years Eve!

玩具で言うと、2009年はS.H.フィギュアーツや超像可動をはじめとするアクションフィギュア関連が凄かったかなと。
キャラで言うならばジョジョの年!
S.H.フィギュアーツは限定多すぎ、手抜き多すぎという難点がありますが人気キャラの出し惜しみをしてる感じもなく、
割とユーザーの要望に応えているかのような商品展開で良い感じ。 そしてお手頃プライス
超像可動なんか、まさに2009年の1月からはじまり12月まで月イチペースでガッチリって感じで。

逆にちょっと寂しい感じがしたのがS.I.C.と超合金魂ですかね。
S.I.C.は年末の限定エンペラー、極魂のファイズ勢でなんとか持ち直したもののトータルで見るとちょっと盛り上がりにかけた印象。
現状発表されている来年以降の商品も換装ギミックがトンチンカンだったりとおかしげな方向へ向かっているのも気になる所。

超合金魂は今まで培った技術を活かしての仕切り直し元年といった感じでラインナップ的にはちょっと物足りなさを感じましたね。
その辺は今の技術でどんどん作り直せという人と、まだ出してないものがあるだろう!という人とで見方が変わるかもしれませんが。

………え~、ビッグオーしか買ってない私が偉そうに言ってみました('ω`;) 


相変わらずのタラタラしたブログですが来年もよろしくお願いします!
みなさまにとって2010年が素晴らしい年になります様に
ビッグオーしか買ってないやつが心よりお祈りしております。

魂ウェブ商店限定 S.I.C. 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム 

何を血迷ったか最強・最終フォームがWEB限定として商品化、発売となりました。
(受注受付期間 2009年8月11日~10月5日)

では、ご紹介。


パッケージ
sic_Kiva_Emperor_01.jpg

S.I.C.の限定商品にしては随分とボリュームのあるパッケージです。


sic_Kiva_Emperor_02.jpg

豪華絢爛、煌びやかで鮮やかゴージャスすぎる程の装飾です。
Vol.50のキバとは全くの別物になっていますね。

ややヒザのアーマーパーツ(爪になってる部分)がモッサリとした印象を受けます。
S.I.C.アレンジなら凶悪なまでに尖らせてくれた方が感じが出たんじゃないかな。


sic_Kiva_Emperor_03.jpg

付属品いろいろ
ザンバットソード、タツロット、キバットバットⅢ世(タイプA、B、C)、キバットバットⅢ世 タイプC用ジョイント
開き手×2(武藤敬司っぽいやつ)、開き手×2、武器持ち手×2

各フエッスル
ブロン、ドラン、ウェイクアップ、ガルル、バッシャー、ドッガ、タツロット、ウェイクアップ小(ザンバット斬発動用)
ウェイクアップ大(ザンバット用)


sic_Kiva_Emperor_04.jpg

体中のあちらこちらにコウモリを模した装飾がなされているんですね。


sic_Kiva_Emperor_05.jpg

おまけ的なタツロット&左腕に装着状態のタツロット。


sic_Kiva_Emperor_06.jpg

フエッスルは、クリアパーツにちょいちょいと色を乗せただけという感じでかなり大雑把な印象です。


sic_Kiva_Emperor_07.jpg

背中のブラッディウイングはこんな感じで取り付け。
ブラッディウイング装着用の背面アーマーが上下に動き、かつウイング自体も左右へ可動させる事ができるので、
かなり躍動的な表情付けをする事ができます。

ウイングはPVC製で造形自体大きめという事もあり、自立すら困難?と思いきや本体足首のダイキャストが効いているんでしょうか、
意外と安定していますね。
本体が軽いクセにやたらとコケまくるVol.51 ディケイドは一体…


sic_Kiva_Emperor_08.jpg


sic_Kiva_Emperor_09.jpg


sic_Kiva_Emperor_10.jpg

ウェイクアップ!!  ピ~ピロ ピ~ピロ ピ~ピロリ~


sic_Kiva_Emperor_11.jpg

ジャキンッ!


sic_Kiva_Emperor_12.jpg

ズシャッ! 

ザンバットソードは刃が赤くなってるものと差し替えできればよかったんですけどね。
武器の持ち手とソードの柄の太さのアンバランスさ故、武器の保持はイマイチ。 S.I.C.らしいです。


sic_Kiva_Emperor_13.jpg


sic_Kiva_Emperor_14.jpg

ザンバットソード
専用ウェイクアップフエッスル装着状態(左)、取り外した状態(右)

スライド可動するザンバットバットが、これまたゆるくて勝手にスライドしまくります。
なので、S.I.C.パッケージで本体等に巻きついているソフト針金をよじって隙間にかませて半固定状態にしています。


sic_Kiva_Emperor_15.jpg


sic_Kiva_Emperor_16.jpg


キバに限った話しではありませんが個人的に最終(最強)フォームというものにあまり魅力を感じないんですよね。
単純にあちこちのパーツが肥大化するとか、金キラするとか、武器が巨大化するとか...('ω`;)
ゴテゴテしてないノーマル形態のがスマートで格好よくはないかね?という感じなんです。
(S.I.C.アレンジとはまた別の話し)

んなもんでエンペラーフォームもさして思い入れのあるキャラではないし、喜び勇んで購入した訳ではなかったのですが、
そんな私から見ても正直格好良いと言わざるを得ない出来!
格好いいかなぁ…?というキャラがまさかの変貌を遂げるという、まさにS.I.C.ならではの醍醐味ですね。

同じ限定品でもネガ電王、ネガタロス、超クライマックス辺りと比べると凄い充実っぷりです。
それだけに、これが限定品ってのはもったいないなというのが率直な感想。

この出来栄えを見てしまうと他のキバライダーの商品化も是非!というわがままを言いたくなってしまいますね。
ダークキバ、イクサ、サガ辺りもサラリと出してくれると嬉しいのですが。 劇場版のは大きさとか色々とあるので…

初期のキバの各3フォームはあまり欲しくゴニョゴニョ…
ガルル、バッシャー、ドッガが欲しかったりするので各フォームとのセットならば余裕で買いますが。
イマジン+ライダーで発売を連発した電王並みに嫌がられそうではありますが。


以上、魂ウェブ商店限定 仮面ライダーキバ エンペラーフォームでした。





■S.I.C. Vol.50 仮面ライダーキバ (あみあみ)
[ 2009/12/29 22:17 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)

DX組立式ポージングフィギュア ~ゴールド・E・レクイエム~ 

最近、やたらと各メーカーがジョジョキャラを立体化してきていますね。
んでは、バンプレストのプライズ品からDX組立式ポージングフィギュア ~ゴールド・E・レクイエム~(彩色版)のご紹介。


パッケージ
DX_Figure_GE_Requiem_01.jpg


DX_Figure_GE_Requiem_02.jpg

なぜ緑?
どこで、どうして、どうやって、どうなってこの色に落ち着いたのかッ!


DX_Figure_GE_Requiem_03.jpg

額には5部のキーアイテム、矢の先端のような造形。
漫画って適当に読んでるもんですね、立体化されてはじめて気付く事が多いです。

丸こい後頭部を見るとなんとなくゴールド・Eの面影が。
前腕のマイナス型のモールド?のくぼんだ部分は指先同様、水色で塗装されています。


DX_Figure_GE_Requiem_04.jpg


DX_Figure_GE_Requiem_05.jpg


DX_Figure_GE_Requiem_06.jpg

塗装が雑よね。 プライズだとこんなもんですかね。


DX_Figure_GE_Requiem_07.jpg

コトブキヤのジョルノと。
レクイエムの大きさが大体14.5cm、ジョルノが12.5cmといった所なのでジョルノと並ばせてもさほど違和感はないです。
大きくハート型に開いたジョルノの服と、レクイエムの逆さまに造形されたハートの比が面白い。


DX_Figure_GE_Requiem_08.jpg

ゴールド・Eは16.5cmくらいあるので立たせて並べると見栄え的にちょっと厳しいですね。



おまけ
DX_Figure_GE_Requiem_09.jpg

コトブキヤのジョルノ&ゴールド・Eに付属してくるブラックサバス。 4cmほどの大きさながら素晴らしい出来です。
メディコスの超像可動シリーズも擬音パーツやめて、発売が厳しそうなキャラもの付属にシフトしてくれないかな。


色に関してはやはり好みの分かれる所でしょうか。
石膏のような無彩色版もあるので腕に覚えのある方はそちらをベースに自分好みのカラーに塗るというのもありかもしれませんね。

岸辺露伴(ピンクver.)、イギー(初期顔、後期顔)、ジョルノ、ゴールド・E・レクイエム(色違い?)、ブチャラティと、
今後も同DX組立式ポージングフィギュアでジョジョキャラの立体化が続いていくようなので中々、楽しみです。

また、その他にも矢型のボールペン(チャリオッツ、ブラックサバス)もプライズ化の予定だそうで。
一番くじでは5部が決定!MANGA REALIZATIONではバオーが発売と飛呂彦キャラの立体化の勢いが凄いです。
加速のしすぎで一巡してしまいそうなので、ちょっと一旦、落ち着かせろと。


以上、DX組立式ポージングフィギュア ゴールド・E・レクイエムでした。




■DX組立式ポージングフィギュア -ゴールド・E・レクイエム- 彩色版 単品 (あみあみ) 
■DX組立式ポージングフィギュア -ゴールド・E・レクイエム- 2種セット (あみあみ) 

魂ウェブ商店限定 超合金魂 GX-48 ビッグオー専用 拡張パーツセット 

超合金魂 GX-48 ビッグオーの拡張パーツセットのご紹介です。
(受注受付期間 2009年8月11日~10月5日)


拡張パーツセットの到着によってようやく取り外し可能だったモビーディックアンカーの射出口(?)やグリフォン格納ギミックが、
本領発揮される事になります。


パッケージ
bigo_ex_01.jpg

配送されてきたのを見た第一印象 デカッ! → よく確認 薄っ! → 手にとって 軽っ!

GX-48 ビッグオーのパッケージには神の名においてこれを鋳造する――の文句が印刷されており、
拡張パーツセットのパッケージには汝ら、罪なしと本体パッケージの文句の続きが…('ω`;)

まぁ本体発売前から拡張セットの予約受付をしてましたからね…
にしても抜け抜けとこんなんされると何だかちょっぴり腹が立つぅぅ!罪なしじゃねぇぇぇ!


bigo_ex_02.jpg

薄さは違えど、他は本体商品のGX-48と同じ寸法。 チグハグな大きさじゃないのでこういうのはとても嬉しい。


bigo_ex_03.jpg

セット内容 その1(ちょっと画像が小さくて分かりづらいかもしれませんが…)

Oサンダー用の腕×2、エクストラヘッド、アーキタイプヘッド、アンカーチェーン×4
手首(手刀)×2、手首(Oサンダー用)×2、グリフォン用ディスプレイパーツ
ディスプレイスタンド、グリフォン、エフェクトパーツ(光弾) 最小×2、小×2、中×2、大×2


bigo_ex_04.jpg

セット内容 その2
エフェクトパーツ(リング)×2、ディスプレイスタンド接続パーツ
センター支柱(拡張ディスプレイ用)、拡張ブリッジ(長×2、短×2/本体ディスプレイ用)、サイド支柱(拡張ディスプレイ用)
アンカー(アーム展開)×4、アンカー(安定翼展開)×4
アンカー(角錐)×4、エフェクトパーツ(リング)用アーム×4 以上!

袋詰めはあんまりだと…


bigo_ex_05.jpg

取り扱い説明書は立派。 設定画やら劇中アニメ画像やらが記載されています。


bigo_ex_06.jpg

異なるタイプの3ヘッドを比較。
GX-48付属のノーマルヘッド(左)、エクストラヘッド(中央)、アーキタイプヘッド(右)
個人的にはエクストラヘッドが好みかな。

※拡張パーツセット2種のヘッドを装着した場合、耳のパーツが干渉してしまうため本体のコックピット開放ギミックは再現できません。


bigo_ex_07.jpg

グリフォン
平たいというか薄っぺらいというか、ん~板チョコを想像していただければ分かりやすいかも。
底面を含め、綺麗に塗装されています。


bigo_ex_08.jpg

やはり指先真っ直ぐなこの手刀タイプの方が劇中イメージに近く違和感なし。


bigo_ex_09.jpg

Oサンダーの展開
ハンドパーツを取り外し、手首のジョイントとOサンダー用の手首を交換。
ストライクパイルを押すと内部の砲身が前方へせり出しカバーが開きます。
が!開くのは左下の画像くらいまで。 あとは自分でカバーの開き具合を調整。
(右下画像は手首のジョイントとOサンダー用手首)

ボタンか何かに連動してバネとかでガチャコン!とアームカバーが4方向へ開くのかと思ってたよーヽ(`Д´)ノ


bigo_ex_10.jpg

内部メカはこんな感じ。
元の状態へ戻す時は、砲身を後方へスライドさせてから各カバーをそれぞれ閉じます。


bigo_ex_11.jpg


bigo_ex_12.jpg

内部メカ先端の方にある溝にエフェクトパーツ(リング用)アームを取り付け、リングや光弾のエフェクトパーツを好みで取り付け。

※光弾のエフェクトパーツは根元が細くなっているので取り付け、取り外しの際は破損に注意!
 特に1番長いタイプの光弾エフェクトパーツが細いので気をつけよー!


bigo_ex_13.jpg


bigo_ex_14.jpg

結構、雰囲気出ます。


bigo_ex_15.jpg

モビーディックアンカー関連のパーツ


bigo_ex_16.jpg

アンカーは角錐タイプ、安定翼展開タイプ、アーム展開タイプの3種類。


bigo_ex_17.jpg

拡張パーツセットのディスプレイスタンドに全て収納した状態。


bigo_ex_18.jpg

こちらはGX-48に付属するディスプレイスタンドの四隅に拡張ブリッジ&接続パーツを取り付けたもの。
なお拡張ブリッジを取り付ける際に外すパーツはディスプレイスタンド裏側(各四隅、矢印の部分)に取り付ける事が可能。
※ディスプレイスタンド上面のプレートもグリフォンディスプレイ用のものに変更してあります。


bigo_ex_19.jpg

連結して全てディスプレイするとこんな感じになります。


bigo_ex_20.jpg

無駄なく全てのパーツが… と思いきやグリフォンディスプレイ用のプレートと交換したノーマルプレートのやり場が…


bigo_ex_21.jpg

フェイスオープン!超兵器ヘッド

1番期待してたOサンダーが寂しい出来でちょっとガッカリですね。
そしてたいして期待していなかったモビーディックアンカーが、ポーズ付けやディスプレイさせた際に意外な活躍を。
ただ値段がね… 量販店とかなら、スタンダード(?)な超合金魂が一体買えてしまう値段ですからね。
そう考えると値段の割にはちょっと…という感じですかね。


以上、魂ウェブ商店限定 超合金魂 GX-48 ビッグオー専用 拡張パーツセットでした。





■超合金魂 GX-48 ビッグオー (あみあみ)
[ 2009/12/23 04:04 ] 超合金魂 | TrackBack(0) | Comment(0)

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ ジークイマジン 

魂ウェブ商店12月分発送の商品、S.H.フィギュアーツよりジークイマジンのご紹介です。
(受注受付期間 2009年8月11日~10月5日)



パッケージ
SIEG_01.jpg


SIEG_02.jpg

白ボディに薄い水色でシャドウ吹きのような塗装が施されています。
ヒザのパーツは簡単に外れてしまうので、なくしてしまう前に接着してしまう事をお勧めします!(但し自己責任で)


SIEG_03.jpg

付属品はティーカップ一式、ティーカップ用の持ち手、握り手のみとやや寂しい感じ。

パッケージ裏(受注時サンプル)の画像はノーマル(?)な開き手を付けたジークが載っていますが、
商品の開き手はジークらしく優雅に振る舞うような表情つきの開き手になっています。
また今までのイマジン勢に付属していたペーパークラフトはありません。


SIEG_04.jpg

顔アップ。 目のメタリックブルーが綺麗です。


SIEG_05.jpg

装飾品系の可動箇所いろいろ。
あちこち結構動いてくれるので装飾品が可動の妨げになるような事はありません。


SIEG_06.jpg

飲み物系の小物はイマジンごとに付属したりしなかったり…


SIEG_07.jpg


SIEG_08.jpg


SIEG_09.jpg

オムツを履いてるみたいですね。


SIEG_10.jpg

今から君は私の姫だ

やはり世界は私のために…


SIEG_11.jpg

バチコーン!


SIEG_12.jpg

降臨…満を持して

装着変身ちっちぇー

全体的に可動が緩い印象。 脚を動かしていると簡単に付け根のジョイントからポロッと外れてしまうのがちょびっと不満。
考えようによっては可動部がギチギチで動かした途端にねじ切れるというよりも、緩めの可動部を自分で調整しながら
硬さのセッティングができる方がマシなのかな…

って、緩すぎず、硬すぎずという丁度いい塩梅でのセッティングで出荷するという事はそんなに難しい事なのかー!
というか大体、脚がポロリしやすいのはただの個体差で他の人は大丈夫なのかー! ワー! ぎゃー!

それにしても電王のメインのライダーがまるで発売されていないシリーズでイマジン勢、劇場版ライダー、
果てはハナと脇を固めるキャラが着々と発売されていっているこの状況というのも中々の異様な気が…

その内、シルバラ、ゴルドラなんかも発売されたりするのでしょうか? 楽しみです。


以上、魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ ジークイマジンでした。

デジカメ電池切れ 

diary_01.jpg

とーちゃーん!すごい!いっぱいとどいたー!

いっぱい!

どれかひとつでなく!

は―― あそびほうだいだー

でもとーちゃんが いちどにあけたらだめって ぜったいいう

さいしょのはどれにしようかなー



…一度に全部、開けてみました。

ここまでドッチャリ(私の購入ペースではじゅうぶん山盛り)と届くというのもあり難味がないというかなんというか。
1つの玩具を遊び倒して次へ!という気持ち半分、ほぼ通販で購入する私的には送料の面で財布に優しいなという気持ち半分。

とりあえず胸中央部に塗装ハゲがあったS.H.フィギュアーツ、サソードはメーカー返品のため後回し。
流石にあの紫メタリックを綺麗にリタッチ修復はできそうもありません('A`)


100%どれかサラっとトばす思いますが、気の向いた所からボツボツとご紹介できればと
とっとと紹介しろ!と思われるでしょうがタイトル通りで…

よーいやさー!

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダードレイク 

仮面ライダーカブトの準レギュラーキャラの補完シリーズ?に仮面ライダードレイクが登場です。
では


パッケージ
DRAKE_01.jpg

ディケイド、ディエンドのようにキャラに合わせたパッケージカラーにしなくとも、このモノクロパッケ統一でいいよね。


DRAKE_02.jpg

可動域は説明せずともシリーズ通して同じようなもんですね。
ただドレイクはボディが特異な形状なので仕方がないのですが、右肩の可動域が少々びみょうです。

画像だと各アーマー部のカラーが茶褐色成分多めに見えますが、実際に手に取って見るとそれほど濃くはありません。


DRAKE_03.jpg

付属品
ドレイクゼクター、ドレイクゼクターの持ち手、開き手
その他、デフォルトで握り手が付いています。


DRAKE_04.jpg

装着変身ドレイクと比較。

※ザビー同様、マスクド形態の方が好きなのでこの状態でディスプレイしておりました。
 押し入れからパッケージ一式引っ張り出しましたが換装させるのが面倒だったのでこのままの状態での比較です。


DRAKE_05.jpg

折角なのでゼクターも比較。
左が装着変身に付属のもの、右がS.H.フィギュアーツ付属のものです。 大きさがかなり違いますね。

一昔前の玩具といって侮る事なかれ、装着変身のゼクターが割と馬鹿にできない良い出来栄えです。
ちなみに装着変身はグリップオンリー、またグリップへの差し替えでゼクター形態、シューティング形態と3パターンの再現が可能。
S.H.フィギュアーツは… 差し替えもなければ、シューティングモード用のゼクターが別箇付属という事もありません。

…完全になめてるな …なめてるだろ? …なめてるに違ぇねぇぞ こりゃ! …なめるなーっ! ワナワナ


DRAKE_06.jpg

CAST OFF!


DRAKE_07.jpg

CHANGE DRAGONFLY!

【再】
ゲ────ッ!今まで外側を覆っていたのはオーバーボディで中から新しいボディが現われたー!!
しかも何故か、元のサイズよりも中身の方がデカイー!
(ゆでたまご先生の作品ではよくある事です)


DRAKE_08.jpg


DRAKE_09.jpg

流石は現行のアクションフィギュアです。 装着変身と違って部品がポロポロする事もなく遊べます。
と油断していると簡単に右肩のアーマーがキャストオフします。 …もうね('ω`;)


DRAKE_10.jpg


DRAKE_11.jpg

ライダーシューティング

上でも少し触れましたが、S.H.フィギュアーツには通常展開状態のドレイクゼクターしか付属してこないので装着のゼクターで代用。
ガッチリと保持はできませんが、開き手に丁度いい具合に収まるのがなんとも。


DRAKE_12.jpg

お前の言う事は正しい! だが気にくわない!

…どこのチンピラの言いがかりですか?トンボさん


DRAKE_13.jpg


DRAKE_14.jpg

風は気まぐれ 好きな場所に吹き抜けるだけです。


現行放送以外の脇役とも言える準レギュラーライダーを発売してくれる流れは大変嬉しいのですけどね。
なぜ、こうも決めポーズ用の手首が付属しないとか、決め技用のパーツが付属しないとか微妙な不満点を残してしまうのか...
発売を重ねるごとにそんな感じの不満点が残る商品リリースが増えているような気がします。

どの商品にも多少の不満はあって当たり前だとは思いますが、この先、痒い所に手が届くというか、バンダイ分かってるな!
というような感じに良い方向へ軌道修正していって欲しいですね。

以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダードレイクでした。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダードレイク (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーサソード (あみあみ)

更新サボり中 

ここの所、バタバタとして… というほど忙しい訳ではないのですが('ω`;)
車の買い替えなんぞしようかな?などと思っておりましてメーカーのHPや色々なサイトを見て回ったりしております。

今までの愛車、全てが全てエコとは言い難くオゾン層破壊マシンと呼ばれるような車ばかりだったので、
今度は地球に優しいエコカーなんかに乗っちゃったりしようかなと。

やっと週末をむかえたのでディーラーをのぞきに行こうかと思いきや急な仕事…
今日、明日、明後日とぷちバタバタです。

よつばのとーちゃん(パンツマン)よろしく自宅で間に合う仕事なので、あしたにでも現実逃避の時間を作って更新を!

あしたっていつのあしたよ?

あしたって今さッ! …いや、あしたはあしたです。


そんな訳でサボり中の言い訳でした。
言い訳もクソもこれくらいの更新サボりは平常運転なんですけどね。


では仕事に戻ります。 ハァ

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 DIO 

スタープラチナのカラーバリエーション発売というインターバルを経て、ジョースター家因縁の男、DIOが発売となりました。
1ヶ月じらされたー。

では


パッケージ
sas10_Dio_01.jpg

パッケージは承太郎やアヴドゥルと同じく幅の広い近距離パワータイプ。
開封したら中に入っていたのがヌケサクだった …という人はいませんね。


sas10_Dio_02.jpg

ザ・ワールドと色がかぶり気味。 濃い目の黄色に黒シャツでコントラストがはっきりとしています。


sas10_Dio_03.jpg

付属品いろいろ
道路標識、別表情ヘッド2種、人差し指突き出し手首、弾丸つまみ手首?、おかしげな開き手、ナイフ持ち手×2
握り手×2、道路標識の持ち手×2、開き手×2、秋刀魚ナイフ×6
あと画像にはありませんが、いつものディスプレイ台座

もう1つ画像に撮り忘れました('ω`;) 標準装備でやんわりと開いた手が左右つきます。


sas10_Dio_04.jpg

標準装備の顔
半にやけ顔っていうんですかね。 微妙に片側の口角が上がっています。
この顔パーツだけ頭のハチマキがX字に巻かれています。 死ぬしかないなポルナレフッ!の時の顔イメージに違いない。


sas10_Dio_05.jpg

怒り顔というのか、睨み顔というのか。 口を結んでキリッとした感じの表情。


sas10_Dio_06.jpg

こっちが怒り顔? なんて表現するべきなんでしょう? ………悪人顔


sas10_Dio_07.jpg

首の装飾品は取り外しが可能。 装飾品なしの方がスッキリしていて好み。
同じような画像ばかりですね、スイマセン。


sas10_Dio_08.jpg

関係ない 行け 

フィリップス上院議員との車内のやり取りは、DIOの凶悪さが出ていて凄い好き。
セリフもポツリ、ポツリとしか言っていないんですけどね。 DIOならではの存在感です。


sas10_Dio_09.jpg

「ザ・ワールド」!! 


sas10_Dio_10.jpg

「ザ・ワールド」ッ! 時よ止まれ!


sas10_Dio_11.jpg


sas10_Dio_12.jpg

きさまが何秒動けようと関係のない処刑を思いついた……

ちゃんと右手の小指が立ってるのが細かい。
付属のナイフを1本、1本ベルトの隙間に差し込むのは結構つらいです。


sas10_Dio_13.jpg

細かい傷の表現や塗装など、素晴らしい道路標識。


sas10_Dio_14.jpg

両手持ちができた事に驚いた。


sas10_Dio_15.jpg

色々と誤魔化して(誤魔化しきれていません)なんとなくジャンプ・コミックス27巻の表紙ぽく。
付属品のご紹介の所でおかしげな手と書きましたが、どうやら27巻表紙の左手みたい。 …な気がしてならない。


sas10_Dio_16.jpg


やっとこさ、ザ・ワールドとDIOが揃ったー!
ジャケットを脱いだDIO様も欲しい所ですが、とりあえずバリエーション的なものが増えるよりも他キャラの充実を優先してほしいかな。
明(DIO)と暗(ザ・ワールド)という感じで同じような色合いでもそれぞれ存在感があります。
う~む、大変、格好よろしゅうございます。

超像可動シリーズも今回のDIO発売をもって一応、メディコスさんの初期ラインナップを果たしたという所でしょうかね。
ユーザーからの声が大きくジョセフ&イギーも発売される運びとなりましたが、予定では2010年の6月だそうで...
エジプトご一行が揃うのは、もうしばらく先になりそうです。

キン肉マンも超像可動シリーズに参入、またジョジョの奇妙な冒険は第4部がスタートとこれから更に盛り上がっていきそうです。

次の弾では空条承太郎・セカンドとして色違いバージョン(青)が発売となります。
初回生産分の特典として、黒版の承太郎ヘッド(新規作り起こし 2種)が付くそうなので確実に欲しい方はご予約を忘れずにー!
予約の際には特典がつくかどうかの確認も忘れずにー!

以上、超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 DIOでした。


to be continued





■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 DIO (あみあみ楽天市場店)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 空条承太郎・セカンド (あみあみ楽天市場店)
[ 2009/12/04 20:53 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(2)

S.I.C. Vol.51 仮面ライダーディケイド 

長らく電王の商品化が続き、ようやく仮面ライダーキバが商品化!と思ったらキバは通常ラインナップで1種、
魂ウェブ限定で1種(エンペラーフォーム)の発売で妙にあっさりと終了~ …なのかな?

キバをすっ飛ばして発売されたVol.51では平成仮面ライダー10周年のお祭りライダー、仮面ライダーディケイドが登場となりました。
では


パッケージ
sic51_decade_01.jpg

らしいパッケージですね。


sic51_decade_02.jpg

ダイキャスト分は全てコンプリートフォームに持っていかれているのでノーマルフォームでのダイキャスト使用はヒザのみ。
Cアイ、額のシグナルポインター、ディケイドライバー中央部、肩アーマー、脚部にクリアパーツを使用。
肩や脚部のクリアは若干くすんだような色合い。 駄菓子屋さんに売ってる体によくないゼリー(イチゴ味)のよう。

脚のクリアパーツ内部にはメカメカしたモールドが造形されていますが、くすんだようなクリアパーツのためパッと見だと、
中に何かある!程度の抑え目な効果にとどまっています。 かえってそれがイイ!


sic51_decade_03.jpg

付属品(ノーマルフォーム/コンプリートフォーム共通)
ライドブッカー、ライドブッカーソードパーツ、ディケイドライバーホルダー、キバーラ
各種手首、ライダーカード(23枚 内2枚は予備)、カード取り出し用のプレート


sic51_decade_04.jpg

ライダーカードはプラ製の板に自分でシールを貼るようになっています。 セルフです。


sic51_decade_05.jpg

襟元にはDCDの刻印。 そしてオマケ的なキバーラ。


sic51_decade_06.jpg

ベルトのバックルを左右に展開すると、それに連動して中央ディケイドライバーが回転。 劇中同様の動きを再現しています。
S.I.C.でこういうギミックは珍しいかもしれない。


sic51_decade_07.jpg

ディケイドライバーにはカードが充填可能。 ライドブッカーには1枚だけ収納可能となっています。


sic51_decade_08.jpg


sic51_decade_09.jpg


sic51_decade_10.jpg

後ろ姿がマッチョでカッコいい。


sic51_decade_11.jpg

クウガ! アギト! リュウキ! ファイズ! ブレイド! ヒビキ!
カブト! デンオウ! キバ!



ファイナルカメンライドゥ!


sic51_decade_12.jpg

ディケイド!


sic51_decade_13.jpg


sic51_decade_14.jpg

コンプリートフォーム換装用パーツ一式
頭部、ヒストリーオーナメント、ケータッチ、脚部のパーツ あとは上でも紹介したライダーカード

ヒザから下はノーマルフォームと丸々交換です。


sic51_decade_15.jpg

太もも外側とヒザ下外側のパーツがダイキャスト製になっているので一気に重量感が増します。
そんなに悪くないかと。 ちょっと顔が丸っこいかな?


sic51_decade_16.jpg

ヒストリーオーナメント上部のパーツを外しライダーカードを収納させます。
が、上部パーツでライダーカードをしっかりと挟みこんでくれる訳ではないのが難点。

ちょっと伝わりにくいかもしれませんが(右画像)ライダーカードと押さえのパーツとの間に隙間ができてしまうので、
収納したカードが結構あばれます。 気付いたらライダーカードが紛失していたという事がないように注意!


以上、基本的にノーマルフォームと変わらんので可動ポーズ色々は割愛。


sic51_decade_17.jpg

ディメンションキック!


全体的に悪くはないと思うのですが、首から上がちょっと残念かな。
アゴを引く事ができなく、常に顔を前に突き出しているような状態なのが…
首が仮面ライダーBLACK RXっぽい形状な事も相まって、余計に物凄く姿勢の悪い人のようにみえます。
ただ、アゴが引けない云々に関しては小改造でなんとかなりそうなので手を加えてしまうのもありかと。 愛着湧くし。

次の弾では仮面ライダーカブトが発売予定という事で、TV版仮面ライダーディケイドに登場した平成仮面ライダーが勢揃いします。
早くずんらりと並べてみたいですね。


以上、S.I.C. Vol.51 仮面ライダーディケイドでした。





■S.I.C. Vol.51 仮面ライダーディケイド (あみあみ楽天市場店)
■S.I.C. Vol.52 仮面ライダーカブト (あみあみ楽天市場店)
[ 2009/12/02 02:00 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)