トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 ザ・ワールド・セカンド 

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険よりザ・ワールドのカラーバリエーション ザ・ワールド・セカンドが発売となりました。
基本、ノーマル版のザ・ワールドと変わらないので簡単にいきます。

パッケージ
sas2ND_The_World_01.jpg


sas2ND_The_World_02.jpg

黄色メインのカラーリングだったノーマル版とまた違った印象です。 当たり前です('A`)
白といっても白じゃないんですよね。 なんて表現したらいいんだろう?


sas2ND_The_World_03.jpg

付属品はノーマルと同様
開き手×2、人指し指を突き出しタイプの右手、叫び顔。
デフォルトで握り手、いつもの台座が付属。

WF2010夏に無料配布される擬音パーツの優先引換券もクレイジー・ダイヤモンドに引き続き封入。
無駄無駄プレートは、ザ・ワールド・セカンドにのみ付属となっています。


sas2ND_The_World_04.jpg

通常顔の比較
セカンドの顔のほうが引き締まって見えます。 撮影時に微妙な角度がついちゃったかな?


sas2ND_The_World_05.jpg

叫び顔の比較
なんか、セカンドのほうがカッコよくみえるなぁ


sas2ND_The_World_06.jpg

カラーリングのせいか冷酷な感じにも受け取れますね。


sas2ND_The_World_07.jpg


sas2ND_The_World_08.jpg


sas2ND_The_World_09.jpg

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄


sas2ND_The_World_10.jpg

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄


sas2ND_The_World_11.jpg

もともとザ・ワールド自体、出来がいいので色にさえこだわらなければセカンドでもじゅうぶん満足いくと思います。
目のプリントがズレたものが多いようなので、店頭で購入する人は目のプリントに注意するといいかもしれません。
叫び顔はパッケージに隠れてしまっているので外から確認する事はできませんが…
※商品の選別で周囲に迷惑をかけないよう!


という事で
sas2ND_The_World_12.jpg

今回の塗装ハゲは首('ω`;) …毎度、毎度、ホントにもう この塗装ハゲも飛呂彦の指定かー? チクショー ベランメェ ニャロー
さて、どうしてくれよう


目のプリントと塗装の精度がもう少しあがってくれると更にナイスなシリーズになると思うんですけどね…
以上、ザ・ワールド・セカンドでした。

次弾はジョジョの奇妙な冒険からは仗助、キン肉マンからはウォーズマンの発売となります!
どちらも楽しみです。

to be continued




■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 ザ・ワールド・セカンド (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 東方仗助 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 キラークイーン (あみあみ)
■超像可動 キン肉マン ウォーズマン 1P (あみあみ)
■超像可動 キン肉マン ウォーズマン 2P (あみあみ)
[ 2010/04/30 02:27 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(3)

一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 第五部 B賞 ディアボロ's スタンドフィギュア 

一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 第五部 黄金の風 A賞 ジョルノ・ジョバーナ&ゴールド・エクスペリエンス フィギュア …えぇい長い!
に引き続きB賞 ディアボロ's スタンドフィギュアのご紹介です。


パッケージ
jojo5_B_01.jpg

個人的には、こちらが今回のくじの大当たり商品です。


jojo5_B_02.jpg

大きさは約24cm(台座含む)
ポーズの違いがあるので数字で見ると差異が出ますが、キラークイーン(約26cm)とほぼ同等の大きさ。
※キラークイーンが簡単に引っ張り出せない所へ入り込んでしまっているため、実際に並べた訳ではありません。


jojo5_B_03.jpg

大胆なポージングですね。 尻の突き出し具合がなんというか… キング・クリムゾン2:50

台座はキラークイーンと同様の石畳。
今後も一番くじが続くのか分かりませんが、実はボスキャラ(B賞枠)がズラリと並ぶようにできているのでは?という疑惑が…


jojo5_B_04.jpg

カッコよさという点では、各部のボスキャラの中で上位にくるとは言いがたいですね。
ただ、純粋な見た目の不気味さでいえばNo.1かもしれません。


jojo5_B_05.jpg

かぶりもの(?)と体の模様が若干、ミスタとかぶってます。


jojo5_B_06.jpg


jojo5_B_07.jpg

額に、もう1つ顔をつけるとか凄いセンスだなと改めて思いますね。
一方で、やはり同じくジャンプ黄金期を支えた漫画家の1人である ゆでたまご先生はキャラの額にママにく ('A`)

注)私はゆでたまご先生、及びキン肉マンが大好きです!


jojo5_B_08.jpg


jojo5_B_09.jpg


jojo5_B_10.jpg

本当、不気味。

前回の四部くじのインパクトが強すぎたせいなのか、キャラクターのせいなのか、
キラークイーンと比べてしまうとちょっと物足りなさを感じます。
ボディの赤い部分がそうなんですが、成型色丸出しでシャンプーの容器のような安っぽいプラスチッキーな質感なのも残念。

ただ、この大きさともなると結構な迫力があるので、キングクリムゾンの残っているコンビニを見つけたら、
くじにチャレンジしてみるのも面白いと思います。
ハズれたとしても、五部の下位賞のストラップ、ノート、グラスは実用性が高いので是非ともー


一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 第五部 B賞 ディアボロ's スタンドフィギュアのご紹介でした。

一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 第五部 A賞 ジョルノ・ジョバーナ&ゴールド・エクスペリエンス フィギュア 

一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 第五部 黄金の風より
A賞 ジョルノ・ジョバーナ&ゴールド・エクスペリエンス フィギュアのご紹介です。


パッケージ
jojo5_A_01.jpg


jojo5_A_02.jpg

ジョルノの頭頂部までの高さが約17.5cmといった所 (台座含む)
フィギュア自体はプライズ品 DX組立式ポージングフィギュアより少し大きめかな。
プライズはプライズで大きさがマチマチなのでなんとも言いがたいですが…


jojo5_A_03.jpg

台座単体だとこんな感じ。


jojo5_A_04.jpg

台座、フィギュアとは別に透明の支柱が付属されていて、背景ベースとフィギュアを支柱で固定するよう組み立てます。
組み立てる際はナランチャの最期を思い出しつつも豪快にグサグサと!


jojo5_A_05.jpg

リアル等身のキューピーちゃんがギャングをやるとこうなる!というような顔。
装飾品のてんとう虫や靴は大胆にも黄緑。

組立式ポージングフィギュアに続き制服の色がオレンジです。 オレンジが飛呂彦公式カラーなのかー?


jojo5_A_06.jpg

ゴールド・エクスペリエンス 全然、ゴールドじゃなくてイカスー
前頭部のかまぼこ型の出っ張りが、張り出しすぎてるような気がしないでもありません。

色といい、テカリといい葛餅っぽい。


jojo5_A_07.jpg

2体並ぶとゴールド・エクスペリエンスの葛餅のような地味な色もありかな?と思えるから不思議です。


jojo5_A_08.jpg

前回、第四部の一番くじ同様、A賞なのに微妙にハズレ感がただようアイテムです('ω`;)
と、いっても個人的に欲しいと思う大当たりが毎回、B賞のほうに充てられてるってだけの話しなんですけど。

フィギュア本体の出来を見ると、DX組立式ポージングフィギュアと同等のレベルという感じで、
ディモールトベネ!と絶賛できるほどのものではないように思います。
ただ、台座に飾るとこれがまた印象が変わるもので青とグレーの背景にフィギュアがよく映えます。

出来栄えは微妙な感じですが、ゴールド・エクスペリエンスのピンク部分がやたらと存在感を発揮しまくるので、
他のジョジョグッズと一緒に飾っても埋もれる事はなさそうです。

以上、一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 第五部 A賞 ジョルノ・ジョバーナ&ゴールド・エクスペリエンス フィギュアでした。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーギルス 

平成仮面ライダー第二弾 仮面ライダーアギトより仮面ライダーギルスが商品化ー
魂ウェブ商店でのマシントルネイダーを除いた、S.H.フィギュアーツ本商品としては約10ヶ月ぶりのアギトキャラになります。

色々な作品からの商品化が進んでいるS.H.フィギュアーツですが、延々と同作品内のキャラばかり続くのではなく、
時々、思い出したかのように発売からしばらく間の空いた作品の補完をしていくというのが中々ニクイですよね。
発売するかも?という期待を持たせつつ間を空けて、ユーザーが痺れを切らす前に出すみたいな。


パッケージ
GILLS_01.jpg

落ち着くモノクロパッケージ。
変な色とか付けずに全部これでいいと思う…


GILLS_02.jpg

マッチョな感じの生物系ライダー。
全体的な作りもアナザーアギトに近いですね。 カッコいいです。


GILLS_03.jpg

付属品
ギルスクロウ×2、ギルスヒールクロウ×2、デモンズファングクラッシャー開口タイプ頭部(ギルスアントラーは短縮時)
ギルスフィーラーは先端パーツ、延長パーツ、接続部パーツの3種類×2のセットになっています。
平手×2、開き手×2、軽く握った手×2

軽く握った手は、武器の持ち手のような感じのもの。
ギルスフィーラーの持ち手、兼ギルスレイダー用のものでしょうか?
その他、デフォルトで握り手が×2


GILLS_04.jpg

デモンアイズ、ワイズマン・オーヴ(額中央)、メタファクター(ベルト中央)はクリアパーツ。
ショルダーシェル(肩パーツ)のボコボコした質感が素晴らしい。
背中のモッコリと出っ張った感じの造形も良いです。


GILLS_05.jpg

ギルスアントラーは通常時、短縮時共に頭部パーツから取り外し可能なので好きな組み合わせでー
画像にはありませんが、デモンズファングクラッシャー開口タイプの頭部に短縮ギルスアントラーも再現可。


GILLS_06.jpg

ギルスクロウは差し替えでロングタイプのものと交換できます。


GILLS_07.jpg

ギルスクロウ同様の差し替えでギルスフィーラーも再現。


GILLS_08.jpg

ギルスフィーラーは先端パーツ、延長パーツ、接続パーツの3種で構成。
延長パーツを2つ繋げるとかなり長くなります。 お好みでー

パーツの接続部が外れやすいという事もなく、柔軟性があるので意外と遊べます。


GILLS_09.jpg

ギルスヒールクロウも差し替えで、短いタイプと長いタイプのものと再現。


GILLS_10.jpg

アギト関連になると大活躍する3怪人。


GILLS_11.jpg

ガスッ


GILLS_12.jpg

ネリチャギ


GILLS_13.jpg

ドスッ


GILLS_14.jpg

ぐぉぉおおお


GILLS_15.jpg

ピョン


GILLS_16.jpg

シュタッ! ドーン!


GILLS_17.jpg

装着変身に対しては、若干大きめなサイズだったギルスレイダーもS.H.フィギュアーツにはちょうど良い感じの大きさになっています。
ギルスレイダーの色がちょっと鮮やかすぎですね。
S.H.フィギュアーツブランドで発売するなら、魂フィーチャーズで参考出展されていたメタリック、メタリックしていたカラーよりも、
全体のカラーをくすませたような暗めなトーンの色味のものが欲しいなぁ。


以上、大変よい出来で、ギルス大好きな私にとって非常に嬉しい満足いくギルス製品となりました。
平成ライダーの中でも武器の類を持たない、肉弾戦ライダーなので付属品の寂しさが心配でしたが、
差し替え用の小物パーツが豊富なので付属品の物足りなさというのも特に感じませんでした。

個人的にハズレと思われる個体を引いてしまったのが残念(エリ部分の金色のハゲハゲ、手首パーツの塗装めくれ)
これは商品自体の出来がどうの~ではなく質の問題ですね。
そんなハゲまくり商品ばかりではないと思うので完全にハズレ個体だったという事で…('ω`;)
※塗装ハゲは修正済み …目立たない程度には修正できていると思います。
 ついでに股関節がガチガチと音を立てていたので破損する前にリップクリームすりこみ済み!


以降のG3-X、G4、エクシードギルス、G3他、まだ未情報のままのアギトのバーニング、シャイニングフォームも期待!
あ、できれば水のエルも欲しいです。 三体くらい買います! 出してください! お願いします! ありがとう!

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーギルスでしたー! …着々とタンスの奥へ引越しが進む装着変身たち...





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーギルス (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーG3-X (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーG4 (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーエクシードギルス (あみあみ)

くじ引いてきました 

一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 第五部 黄金の風の取り扱いコンビニがポツポツと出はじめていたようなので、
引いてきました。

1bankuji5_01.jpg

背景がゴチャゴチャしててすみません。

- 戦果 -
A賞 ジョルノジョバーナ&ゴールドエクスぺリエンス フィギュア(×2)
B賞 ディアボロ's スタンド フィギュア(×1)
C賞 ミスタの弁当箱(×1)
D賞 アバッキオ's スタンドクロック(×3)
E賞 携帯ストラップ(×9)
F賞 ハードカバーノート&シール(×6)
G賞 グラス(×3)

25回分引いて以上のような結果でした。

四部の時は目当てのものが当たらず苦戦をしいられましたが、今回はかなり早い段階で上位の賞が出てくれました。
にも関わらず、くじを引き続けストラップ地獄に陥ってしまった訳ですが…('ω`;)

なんだろう?グラスが全然出ませんでした。 そしてアバッキオ出すぎ!
ボチボチと個別に紹介記事載せていきます。

ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムF91 

劇場版 機動戦士ガンダムF91より主役機ガンダムF91がROBOT魂にて発売となりました。

ターンX、ターンAが発売されROBOT魂に興味を持ちましたが、ガンダム関連に手を出したらマズイ事になるー!という思いから
ガンダム関連グッズはROBOT魂に限らず今の今までずっと触れないよう、気にしないよう、購入しないようにしていました。
が、7月発売予定のデナン・ゲーに完全に心を奪われてしまい、とうとうガンダムにひれ伏す時がきてしまいました。
元々、シリーズの中でもF91(クロスボーンのMS)好きという事もあり、それならば是非ともデナン・ゲー登場作品の主役機も!
とROBOT魂デビューが前倒しという形になりました。

前置きが長くなりましたが、そういう事から今まで発売されたものと可動の面、その他諸々で比較する事ができません。
ご容赦を。


パッケージ
R059_Gundam_F91_01.jpg

店頭でよく見かけてはいましたが、あらためて手にとってマジマジ見ると…('ω`;)
かっこ悪いけど味があるパッケージですね。ね。ね。

が、肝心なのはパッケージではなく中身なのだー


R059_Gundam_F91_02.jpg

手にとった第一印象は小さい。
ちょこちょこと塗装が省かれているのは残念ですがカッコイイです。


R059_Gundam_F91_03.jpg

付属品
ビームランチャー、ビームライフル、ビームシールド、ビームサーベル×2
フェイスオープン時頭部、ビームランチャーマウント用パーツ、ビームシールド接続パーツ
肩部フィン×2、脚部スラスター×2
ヴェスバー用持ち手×2(角度付き)、ビームライフル持ち手×2、開き手×2、ビームサーベル持ち手×2

デフォルトで握り手×2


R059_Gundam_F91_04.jpg

通常時の頭部アンテナは軟質素材。 意外とシャープに見えたのでグニャっとなってビックリ。


R059_Gundam_F91_05.jpg

ビームシールドに接続用パーツを取り付けたものと、シールドジェネレーターを差し替えてシールドの発生状態を再現。
接続用パーツの基部がボールジョイントになっているのでグリグリ動きます。


R059_Gundam_F91_06.jpg

ランチャー用のマウントパーツにビームランチャーを装着。
背面腰アーマーのパーツと、ランチャー用マウントパーツを差し替え。


R059_Gundam_F91_07.jpg

フェイスオープン時頭部。
こちらのアンテナは硬質素材なので取り扱いに注意!


R059_Gundam_F91_08.jpg

肩のフィンは左右それぞれに取り付け。
脚部スラスターは、ふくらはぎパーツと交換。


R059_Gundam_F91_09.jpg

スペースアークから発進直後のミサイルを避けつつのUターンが印象的。


R059_Gundam_F91_10.jpg

重なった2機をまとめて撃墜したのも印象深いですね。 画像と関係ないけど。


R059_Gundam_F91_11.jpg


R059_Gundam_F91_12.jpg


R059_Gundam_F91_13.jpg


R059_Gundam_F91_14.jpg

ボディ下側に魂STAGEを取り付ける穴ッコがあるので、バランスをみながらクリップで挟んだりという手間がないのが◎
ポーズを変えようと思って、本体を取り外すと魂STAGEの可動ジョイントが股ぐらからぶら下がっている事が多々…

グネグネと可動するテンタクラー・ロッド型の支柱を採用したラフレシア台座を!


R059_Gundam_F91_15.jpg

脇のレール上をスムーズにスライドしてくれるので、ヴェスバーを動かすのが楽しキモチイイです。
グリップを引き出す際に砲身を伸ばしますが、ちゃんとロックがかかるのでそちらも好印象。
ヴェスバー用の角度付き手首は付属するものの、実際にグリップを握らせようとすると本当ギリギリ握ってるという感じ。
まぁ、仕方ないかな。


以上、自身初のROBOT魂となるF91でしたが思っていたより良いですね。 足首の可動がイマイチかな。
デナン・ゲーの発売を待たずしてターンAとターンXが欲しく… ハッ!これだからガンダムに手を出すとマズイって...

最初に書いたようにガンダムの玩具に関しては見ないよう、見ないようにしていたもので今までプラモデル他で立体化された、
F91とは比べる事ができません。
なので、ROBOT魂しか持っていない自分がキッパリ言い切っていいものかどうか疑問ですが、出来は非常に良いと思います。
いや、個人的には、じゅうぶん満足のいく出来栄え と逃げておこう。

省かれた塗装を追加してあげるとか、スミ入れしてあげるとかすればもっとよくなるかもしれませんね。
本命はクロスボーン・バンガードのMSのほうでしたが、相当お気に入りです。
という事で、デナン・ゲーに続くクロスボーンのMSにも期待!


ROBOT魂 ガンダムF91でした。



R059_Gundam_F91_16.jpg

STAND UP TO THE VICTORY♪




■ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムF91 (あみあみ)
■ROBOT魂 <SIDE MS> デナン・ゲー (あみあみ)
[ 2010/04/19 00:10 ] ROBOT魂 | TrackBack(0) | Comment(2)

組立式DXポージングフィギュア ~ブローノ・ブチャラティ~ 

バンプレストのプライズ 組立式DXポージングフィギュア ~ブローノ・ブチャラティ~です。
彩色版と無彩色版の全2種。

パッケージ
DX_Figure_Buccellati_01.jpg

ブチャラティが印刷されたパッケージです。


DX_Figure_Buccellati_02.jpg

パッケージに載っている画像では、顔は正面を向いているのですが…
ホワイトスネイクにディスクを抜かれてポカーンとなってしまったブチャ


DX_Figure_Buccellati_03.jpg

目の下側の線がドラゴンボールっぽい。


DX_Figure_Buccellati_04.jpg

あ!ヘリだ!


DX_Figure_Buccellati_05.jpg

節子
ビチビチやねん


DX_Figure_Buccellati_06.jpg

コトブキヤのスティッキー・フィンガーズと。 …かなり大きさに差がありますが


DX_Figure_Buccellati_07.jpg

というか、同一シリーズのジョルノと並べても微妙に大きさに違いがッ!
せめて同じシリーズくらい並べた時に違和感のないようにしてよ。

と、思ったら
・DX組立式ポージングフィギュア(ジョルノ)
・組立式DXポージングフィギュア(ブチャラティ) って名称も統一されてない! 間違え?


DX_Figure_Buccellati_08.jpg

チーム勢ぞろい。
ミスタ、アバッキオ、ナランチャはコトブキヤの。 アバッキオとか肌の色がクリーム色でヤバイ。


DX_Figure_Buccellati_09.jpg


正直、ちょっと相当、ガッカリな出来ですね。
何がどうして、どうなって製品版の顔が上を向いてしまったのか分かりませんが、とにかくどの角度から見たらいいのか…
私は弄ってる内に首が引っこ抜けたので、顔が正面を向くように首のダボをさし直しました。
(首の後ろ側に若干隙間が出来てしまうけど、完全に正面限定と割り切って)

歴代ジョジョもプライズ化されるようですが、ちょっとそちらの方の出来も心配になってきますね。
ジョジョ出しておけば買うんだろ? というのが見え隠れするような、やっつけ感丸出しなのは勘弁でー

以上、組立式DXポージングフィギュア ~ブローノ・ブチャラティ~でした。




一息つけるはずの4月が… 

3月の魂ウェブ商店の限定てんこ盛りを乗り越え、5月はS.H.フィギュアーツの乱れ撃ち。
その合間にあたる4月は一息つけるかな?と思っていましたが、パソコンのディスプレイがおかしな事に…('A`)
黄色いです… なんか全体的に

撮影した画像を編集するにも、まともに色が出ているのか分からない状態です。
まだバトルホッパーとアクロバッター記事にしてないのにーーーー!
そして、また余計な出費がーーーーーーー!

黄色画面で見るルナトリガーのルナが、丁度良い黄色になってます!

蛮鬼さん 帰還 

sic_11_58.jpg

バンダイの修理・配送センターへ旅立った蛮鬼さんがお戻りになられました。 …2日ほど前に
という事で、中途半端なままになっていた記事に蛮鬼さんを追加いたしました。

魂ウェブ商店限定 S.I.C. 関東十一鬼 ~揃う精鋭 ~ 【闘鬼・蛮鬼】の紹介記事はこちら
[ 2010/04/09 16:00 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ルナトリガー 

仮面ライダーWより、基本フォームの残りルナトリガーが発売されました。
サイクロンジョーカー、ヒートメタルと比べても大きく異なるのは付属品と色くらいなので飛ばそうかとも思いましたがご紹介。


パッケージ
KamenRider_Double_LT_01.jpg

パッケージ裏面の台詞は 悪魔と相乗りする勇気、あるかな? です。


KamenRider_Double_LT_02.jpg

可動等、基本的な部分はサイクロンジョーカー、ヒートメタルと一緒です。

トリガー側ですがヒートメタルの赤ほど色のチグハグさはないものの、ボディの青に比べ脚の色が薄い感じがします。
色が薄くてメタリック分が少な目っていったほうが正しいかな …個体差でしょうか?
ルナの色は部位ごとでの色合いのチグハグさはありませんが、全体的に薄め。

※ガイアメモリに追加塗装、ロゴマーク入れと簡単にですが手を加えております。 製品版とは異なりますのでご注意ください。


KamenRider_Double_LT_03.jpg

付属品
トリガーマグナムは、ノーマルモードとマキシマムモードの2種
武器の持ち手×2、平手×2

同シリーズ、仮面ライダードレイクで通常展開状態のドレイクゼクターしか付属していなかった事を考えると、
2種の形態をちゃんと付属してくれた事に拍手! 塗装も手を抜いていると思われる所はありません。


KamenRider_Double_LT_04.jpg

LUNA!                             TRIGGER!


KamenRider_Double_LT_05.jpg


KamenRider_Double_LT_06.jpg


KamenRider_Double_LT_07.jpg


KamenRider_Double_LT_08.jpg

ルナセットには、脚がビヨーンエフェクトパーツが付属するのでしょうか?  …蹴りをいれてるように見えんッ!


KamenRider_Double_LT_09.jpg


KamenRider_Double_LT_10.jpg


KamenRider_Double_LT_11.jpg

本当に細かな箇所を除いてはサイクロンジョーカーやヒートメタルの色違いなので特に書く事もないですね...
今後もS.H.フィギュアーツのW関連商品でフォームチェンジという名の色違いVer.がワンサカ出てきますが、
メモリの特性を活かした印象に残るような戦闘を見せてくれると、今後発売のセット商品もすんなりと購入に踏み切れるのですが...
劇中の戦闘で印象に残るようなフォームチェンジの活用、活躍がないように感じるのは私だけでしょうか。

早々に基本フォームが揃い嬉しい限り。 ですが、あまり変わり映えしない商品の3体目ともなると流石に若干、新鮮味が('ω`;)
商品化スルーという展開よりはマシだとは思いますが。 ん~ワガママ♪



KamenRider_Double_LT_12.jpg

またまたガイアメモリの追加塗装とロゴマーク入れ。
ロゴマークが大きすぎな気がしますが、修正&プリントアウトが面倒なので今しばらくこのままでー

以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ルナトリガーでした!





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ルナトリガー (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW サイクロンセット (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ヒートセット (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーギルス (あみあみ)