トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースカル 

魂ウェブ商店限定より発売、2010年5月分発送商品 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースカルです。
(受注期間2009年12月11日~2010年3月15日)

劇場版『仮面ライダー×仮面ライダーW & ディケイド MOVIE大戦2010』内の1エピソード 仮面ライダーW ビギンズナイトに登場した、
仮面ライダースカルがS.H.フィギュアーツの仲間入り。
W素体キャラが猛烈な勢いでラインナップされかなりの大所帯に。


パッケージ
KamenRider_Skull_01.jpg


KamenRider_Skull_02.jpg

仮面ライダーWに登場するライダーたちはシンプルな格好よさがありますね。
登場するライダーっていっても、よく考えたらシンプルなのが1体コロコロ色が変わってるだけでした('ω`;)

肩や脚の付け根がかなり緩め。 ロストドライバーは、ちょっとポロリが激しいですね。
ついでに知らぬ間にか外れて無くなってしまう可能性の高いヒザパーツは接着! ヒザの接着は購入後のお決まり作業。
…肩の緩いのはどう対処しよう

※ガイアメモリには自作ロゴマークを入れてあります。 製品版とは異なりますのでご注意ください。


KamenRider_Skull_04.jpg

付属品
帽子2種(つばに切れ目あり、切れ目なし)、マフラー2種(垂れた状態、風になびいた状態のもの)
スカルマグナム
武器持ち手×2、お前の罪を数えさせる手×2、開き手×2、表情違いの開き手(帽子用?)×2


KamenRider_Skull_03.jpg

ロストドライバーの半身(スロットのない側)のベルトには、ちゃんとディテールが施されています。
…完全にロゴマークのサイズがデカい('A`)


KamenRider_Skull_05.jpg

画像がへぼくて申し訳ありませんが、Cアイはクリアパーツで複眼処理もされています。
帽子はかぶってたほうが私好み (n'ω')ポッ

背面、襟元には2箇所マフラー固定用に溝状の切り欠きが施されています。
割とマフラーがきちっとハマッてくれるので、動かしていてもずれたりする事はありません。


KamenRider_Skull_06.jpg

お好きなタイプをチョイスしてー


KamenRider_Skull_07.jpg

通常タイプと、つばに切れ込みのあるタイプの帽子。 お好みでー


KamenRider_Skull_08.jpg


KamenRider_Skull_09.jpg

スカルマグナムもしっかり塗装されています。


KamenRider_Skull_10.jpg


KamenRider_Skull_11.jpg


KamenRider_Skull_12.jpg


KamenRider_Skull_13.jpg

さぁ、お前の罪を数えろ!


まだ劇場版のビギンズナイトを観ていないのですが後々、映画を観た際にカッコいい!欲しい!買っておけばよかった!と、
大騒ぎする可能性があるというのと、デザインが好みだったという事で劇場版の視聴前に先行して購入しました。
いやぁ、カッコいいです。 特に大きな不満点もなし。
不満を上げるとしても上で書いた足の付け根や、肩関節がゆるいというくらいのものです。

ちょっと心配に感じるのは、長期に渡ってのディスプレイに関してですね。
以前、リボルテックのよつばに帽子をかぶせディスプレイしていた所、ものの見事に帽子と髪の毛が癒着ッ!
という経験上、スカルのディスプレイにも気をつけたい所。

スカルは帽子だけでなく、マフラーも癒着してしまう可能性があるので何かしらの対策をとっておいたほうが賢明かもしれません。
特にこれからの季節、段々と暑さが増してきますので、短期間のディスプレイにも注意を払う必要があるかも。


…それはそうと
○月分まとめて送料お得キャンペーンの商品に組み込まれず、単品受注品になってしまったのは仕方ない… 仕方がないけれどもー

2010年5月まとめて送料お得キャンペーンのライジングイクサの3日後に送ってくるとか嫌がらせっぽいぞーッ!
ライジングイクサの発送が月末なら、スカルの発送は月初にもっていくとか、中旬にもっていくとかーー! わなわな


さぁ、お前の罪を数えろ!

以上、魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースカルでした!

キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~前編~ 

キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~前編~ のご紹介です。

以前、紹介したミニフィギュアコレクションEX ジョジョの奇妙な冒険 Vol.1 第2部 戦闘潮流編とは別シリーズ扱い???
ともかく、第2部のデフォルメキャラの出来がよく気に入ったので購入! 今回はシリーズ第3部キャラクターの立体化です。
…それにしてもスターダストクルセイダースとか、戦闘潮流って呼び名はいつまで経っても馴染めないな

【記事リンク】
キャラヒーローズジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~中編~
キャラヒーローズジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~後編~


パッケージ
CH_jojo3-1_01.jpg

箱の大きさは高さ約7cm、幅、奥行き 約4.5cmと、ミニフィギュアコレクションと一緒。
なぜ、第2部のものと商品名が違うのかは謎です。


■空条承太郎
CH_jojo3-1_02.jpg

てめーは俺を怒らせた
黒ガクラン版での立体化。 ガクランの風になびいてる感じやズボンのシワも上手く再現されています。
色までは塗られていませんがベルトも2本着用。
多少ですが首を左右に動かす事ができます。



■スタープラチナ
CH_jojo3-1_03.jpg

全身がクリアブルーになっています。
少し濃い目の水色が綺麗なんですが、薄暗い場所で見ると青を通り越して黒っぽく…
こちらも多少、首を動かす事が可能。 無理に動かそうとしてネジ切ったりしないよう注意!



■空条承太郎+スタープラチナ
CH_jojo3-1_04.jpg

台座同士、組み合わせが可能になっています。
組み合わせといっても、台座同士が干渉しないよう造形されているだけなんですけどね。



■花京院典明
CH_jojo3-1_05.jpg

妙に優しい顔をした花京院。
花京院の足元から伸びたハイエロファントグリーンがそのまま台座になっています。



■ハイエロファントグリーン
CH_jojo3-1_06.jpg

全身緑のクリアパーツ。 これなんかは色のイメージそのままって感じです。
画像だと分かりづらいかもしれませんが、ちゃんと全身にスジのようなモールドが細かく入っています。



■花京院典明+ハイエロファントグリーン
CH_jojo3-1_07.jpg

こちらも台座同士で組み合わせる事が可能。
前から見るとハイエロファントが花京院にモロかぶりになってしまうので横から。 …う~ん

主人公キャラたちがちょっと微妙ですが、ここからが本領発揮です。



■偽テニール船長
CH_jojo3-1_08.jpg

シブイねェ…
まさかのラインナップに驚く! そしてシブイ



■ダークブルームーン
CH_jojo3-1_09.jpg

全身クリア(台座含む)
もう、これを最後に立体化の機会はないのでは?とも思えるドマイナーキャラ。
背びれや、ウロコ模様もちゃんと再現されています。



■ストレングス(&フォーエバー)
CH_jojo3-1_10.jpg

エテ公。 目がパッチリして顔が可愛すぎだ!
台座の大型貨物船にクレーンがあるのがニクイ。



■J・ガイル
CH_jojo3-1_11.jpg

両腕とも右腕、歯ボロボロ、顔に斑点(ちゃんと造形されています)、肌の色が肌色ですらない。 …どこの妖怪人間だ?と
台座のコブラも塗装してほしかった所。 ズボンの白い塗料が垂れちゃってるのも残念だー



■ハングドマン
CH_jojo3-1_12.jpg

ボディは薄茶色のクリア、台座はクリアパーツにシルバー塗装で鏡をイメージ。
鏡の表面に足先(鏡の外に飛び出していない部分)のモールドが掘り込まれています。
モールドで鏡の中から出現しきっていない足先を表現、台座込みで全身像の再現をしているというのだから凄い!
鏡に「中の世界」なんてないんですけどね… ファンタジーやメルヘンじゃないので


「マン・イン・ザ・ミラーッ!!」 …イルーゾォ(´・ω・`)
 
ハングドマン辺りから、敵のスタンド能力の謎解き要素が加わって面白さが増した気がします。
カッコいいなぁ。



■ザ・サン
CH_jojo3-1_13.jpg

見たままです( ・ω・)
まさか、太陽を模したフィギュアを所有する事になろうとは…
原型製作した人も、まさか太陽を模したフィギュアの原型をする事になろうとは… と思ったに違いない。
アラビア・ファッツはハブられてしまうのかー



■イエローテンパランス(&ラバーソール)
CH_jojo3-1_14.jpg

マンホールが台座になっているのですが、よく見るとTRGと文字が造形されています。
もしやと思い漫画で確認したら、まさか、まさかのTRGの文字再現ッ。
…まぁそのTRGに何か意味があるのか学のない私には分からないのですが('ω`;)

プレステ 格闘ゲームのラバーソールの挑発は異様に腹が立ちます。



■呪のデーボ
CH_jojo3-1_15.jpg

頭脳がまぬけ。
全身の傷跡が凸と凹で再現されてるのが凄いですね(主にミミズ腫れっぽい凸傷、もしくは大似田厚傷)
似てるかどうかという点では、ちょっと微妙かな。



■エボニーデビル
CH_jojo3-1_16.jpg

タ○キン
本来のスタンド像が、乗り移った人形の後方に隠れてしまい食われ気味な感じですが雰囲気出てていいです。
アギーッ アギッ アギッ アギ アギッ メーン!



■タワーオブグレー(&グレーフライ)
CH_jojo3-1_17.jpg

本体のグレーフライとセットでの立体化。
グレーフライの舌にはクワガタの形をしたへこみが、タワーオブグレーには伸びた口針が造形されています。
タワーオブグレーが、某玩具メーカーの家庭で作れる虫の形をしたグミキャンディーみたい。

…虫やザリガニにそっくりなグミとか、本当に気色悪いと思う。



■空条ホリィ
CH_jojo3-1_18.jpg

母親のホリィさんに発現した謎スタンド。
DIOの呪縛に対する抵抗力がないためいろいろな病気を誘発。 呪縛を解き母(ジョセフにとって娘)を助けるためエジプトへ。
花京院もメロメロでした。



■シークレット
CH_jojo3-1_19.jpg

我々は…この箱に見覚えがある… このブ厚い鉄の箱を知っている
百年ぶりに大気を吸った この棺桶を!


DIOの棺桶です。
台座にはJoJo's Bizarre Adventureの文字。
棺桶にはDIOのネーム入り、周囲にフジツボがびっしりと付着、内部はちゃんと2重構造と原作通りの棺桶が再現されています。



■肉の芽
CH_jojo3-1_20.jpg

ときめきモールの予約先着500BOX限定でもらえる肉の芽(台座付き)


CH_jojo3-1_21.jpg

肉の芽本体の先端から触手(周囲に4本あるやつ)までの長さが約3.5cm、中央から伸びる細い針状までを含めると約6cm
1/1サイズと言ってしまってよい大きさだと思います。


以前発売されたミニフィギュアコレクションEX 第2部と比べると若干、台座の作りがおざなりになってしまっている感がありますが、
その代わりに、これでもか?というくらいマイナーなキャラが立体化されているので、これまた大事なお宝になりそう。
特にラバーソールをはじめとする立体化に恵まれないキャラたちの出来が非常に素晴らしい。

今回の前編に含まれたキャラのラインナップを見るに、原作のストーリーに沿った形で立体化がされているようですね。
あくまでも私の勝手な予想ですが、次弾は中編となってエジプト上陸(ミドラー&ハイプリエステス)辺りまでの立体化を済ませ、
後編でエジプト9栄神からDIO、ザ・ワールドで締めという感じになるのではないかなと。


キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~前編~のご紹介でした!

【記事リンク】
キャラヒーローズジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~中編~
キャラヒーローズジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~後編~





■キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~前編~ (あみあみ)

ひどい… 

先日、バンダイの本社で開催された『超合金新ブランド発表会』、8・9月新製品内覧会で、
撮影禁止で展示されていたというS.I.C.の詳細が明らかになりました。


6Riders.jpg


- 公式HPにある詳細 -


2010年9月発売予定「S.I.C. Vol. 55 仮面ライダーストロンガー&電波人間タックル」の商品化にて、
シリーズで遂に「栄光の昭和7人ライダー」が全て完結。
それを記念し、これまで商品化された6人の昭和ライダーが再びセットで登場。

仮面ライダー1号・2号(新1号・新2号Ver.のリペイント)の新たな彩色と、6人をディスプレイ可能な、
原型師オリジナル新規台座が付属するDX仕様。


ご注文受付開始  2010年5月25日(火) 16:00~ 受付終了未定
商品発送予定   2010年10月予定

セット内容
 ・仮面ライダー1号(新1号Ver.彩色)
 ・仮面ライダー2号(新2号Ver.彩色)
 ・仮面ライダーV3
 ・ライダーマン
 ・仮面ライダーX
 ・仮面ライダーアマゾン
 ・ディスプレイ用新規台座

販売価格:26,250円



だ、そうです。


新1号、新2号のリペイントセット販売、V3&ライダーマン再販、X&アポロガイスト再販(するほどか?)、アマゾン&ジャングラー再販。
内覧会の情報を聞いた時は、こんな感じで順次発売されていくくらいかな?と。 まぁ、ちょっと変化球を加えたとしても
新1号、新2号リペイントセット、V3&ライダーマンセット、X&アマゾンセットと、微妙にセット内容を変えた再販かな?
なんて事を予想していましたが、6体セットだそうで…
予想を越えた展開が待っていました。

しかも1号、2号は新1号、新2号へリペイントという嫌な部分の予想だけが当たっているという('ω`;)


というかですね、ストロンガーの購入を機にこれから集めましょうっていう人にとってはいいかもしれませんが、
最初期からこっち、ずーーーーーーーーーーーーーっと7人ライダー揃い踏み、新1号、新2号の発売というのを夢見、
地味に買い続けながら待っていた身にもなってくださいよ!と。

全部持ってる人間からしたらV3からアマゾンまでがまったくの余分。
新1号、新2号欲しいがために、この値段というのはちょっといくらなんでも… 

新規のお客さん用に「6体セット 台座付き」
もう既に持ってる人には「新1号、新2号セット」、「台座」を別売りで! それくらいの配慮をせんかっ!うつけがっ!
S.H.フィギュアーツのファイナルアタックライドキャンペーンといい新規にしか優しくないぞっ!馬鹿者め!

んで新1号、新2号目当てで無理をして購入すると、それからしばらくして通常ナンバリングで新規素体の新1号&新サイクロンとか、
昭和勢Ver.2みたいなのをしれっと発売するとか、そういうオチが待ってるんだろう?
騙されるかーッ!

くっそー イデ発動 しろ! イデ発動!


………はっ!わたくし少々興奮してしまいました。


なんだかな...

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーライジングイクサ 

魂ウェブ商店限定 2010年5月分発送商品よりS.H.フィギュアーツ 仮面ライダーライジングイクサです。
(受注期間2010年1月29日~2010年3月8日)


パッケージ
RisingIxa_01.jpg


RisingIxa_02.jpg

細かなディテールや塗装など随分と頑張ったなーと。


RisingIxa_03.jpg

付属品
イクサカリバー(カリバーモード/ガンモード)
イクサライザー(グリップ付きガン形態/通常形態)、フエッスロット左右2種
イクサナックル、イクサナックル取り外し時再現用イクサベルト、武器持ち手×2、開き手×2

その他、デフォルトで握り手×2が付属。


RisingIxa_04.jpg

体中を走る赤いライン部にもちゃんと細かくモールドが彫られていて凄く雰囲気が出てます。
背中中央上部の逆三角形と両サイドの扇状の所、あとはベルト背面側の四角パーツは追加塗装しよ!


RisingIxa_05.jpg

イクサライザー(ガンモード)は開閉可能。
スカウターモードの再現もできますね。


RisingIxa_06.jpg

通常形態のものも開閉可能になっています。


RisingIxa_07.jpg

見なさい イクサの新たなる力を。


RisingIxa_08.jpg

カチャッ 1(パッ) 9(ペッ) 3(ポッ) 『ラ・イ・ジ・ン・グ』


RisingIxa_09.jpg


RisingIxa_10.jpg

うぉぁああぁあ イクサライザーのあまりの威力で後方へすっ飛ぶ名護さん。 しかも変身解除。

名護さんは最高です。


RisingIxa_11.jpg


RisingIxa_12.jpg

2丁拳銃ついで... 背中にイクサカリバーを背負ったデビルメイ名護さん。


RisingIxa_13.jpg

イクサナックル、取り外し時再現用の半身バックルはノーマルイクサのものと同じ。


RisingIxa_14.jpg


RisingIxa_15.jpg


カッコいいですね。 ディテールの密度もさる事ながら、塗装も綺麗で満足。
…まぁ、多少塗装の省かれてしまった箇所は自分で追加塗装を。

ちょっと不満なのは顔!というかマスク部。
頬がこけてるというかなんというか、マスク中央部から後方へ向かって流れるラインの角度が付きすぎて切れ込みすぎというか、
もう少し丸みを持たせたラインのほうがそれっぽくなったような気がします。
アゴの先端まで長いのも、ちょっと違和感を感じますね。

…お手軽に修正する良い方法はないもだろうか? まぁ、その辺は追々...

結局、最後は不満が出て終わってしまった('ω`;)
顔以外の箇所は、ほとんど文句のつけどころがないほど良い出来だと思います。


魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーライジングイクサでした。

リボルテック No.089 ゲッター號 

リボルテック No.089 ゲッター號のご紹介です。
ゲッターロボ號はTVアニメ版と漫画版とありますが、今回商品化されたものは漫画準拠のものになっています。


パッケージ
Getter_Go_01.jpg


Getter_Go_02.jpg

マッチョでどっしりとした体系でカッコいいです。(画像は前期型)
個人的な好みの問題から主に前期型、ロケットブースターは下ろした状態でー

以前ご紹介した No.074 ゲッタードラゴン、No.075 ネオゲッター と比べると一回り以上大きい。
このゲッターを手にしてしまうとゲッタードラゴンやネオゲッターのチビこさ、細っこさが非常に残念に思えます…
発売済みのものに大きさを合わせて、ゲッター號をチビこくされても、それはそれでイヤーンなんですが...


Getter_Go_03.jpg

付属品
ソード・トマホーク、対メタルビーストハンドカノン、ハンドカノン用 弾丸×5、後期型ヘッド、エフェクト型ベース
武器持ち手×2、開き手×2、プラズマソード、弾丸ホルダー、後期型用 腕部カノン×2
※プラズマソード、弾丸ホルダーはオリジナルの武装です。

その他、リボコンテナ、リボチップ(10P)が付属。


Getter_Go_04.jpg

いつものV字型の台座、支柱、ジョイントに加え、飛行ポーズ用のアタッチメントが付属。


Getter_Go_05.jpg

ロケットブースターの可動。

背中は漫画版でもドリルが付いてたり、付いていなかったり…
2基のブースターの間に何か別のパーツが付いてたり、付いていなかったり…
その都度、違う描かれ方をしているのでどれが正解なのか分かりません。 山口氏のアレンジという事でいいんでしょうかね?


Getter_Go_06.jpg

左画像 : マスク部にゲッター特有デザインの甲羅模様を残したような前期型。
右画像 : アラスカ戦線で故障、修理をした際にマスク部がクチバシのような形状へ変更。
       中央のツノが長く、瞳が描かれるようになった後期型。


Getter_Go_07.jpg

左画像 : カノン砲なし(前期型)
右画像 : カノン砲あり(後期型) 付属品の後期型用 腕部カノン砲を取り付けて再現。


Getter_Go_08.jpg

オリジナル武装のプラズマソード。 前腕のパーツと差し替え。 左右お好きな方の腕にー
刃先は180度展開する事ができます。


Getter_Go_09.jpg

オリジナル武装の弾丸ホルダー。


Getter_Go_10.jpg

漫画では合わせた両拳を左右に開いていく事で、拳と拳の間から光状の剣が出現していましたね。
…アニメ版は知らないです。


Getter_Go_11.jpg

柄の部分がただの棒でやっつけっぽいけど、漫画版の光の剣よりカッコいいので問題なし。


Getter_Go_12.jpg

ゲッター復活 (後期型)
付属の飛行ポーズ用アタッチメント付きの台座を使ってみました。 …画像では、ほぼ隠れてますが('A`)
専用アタッチメントへ胴体を挟み込むので塗装とかが心配ですが、安定した状態でディスプレイする事ができそうです。

顔のみ後期型になっていて、腕はカノン砲なしの前期型のまま。 剴が地上の號たちと合流するまではこの形態でした。


Getter_Go_13.jpg

ま、復活しても割と早い段階でまた壊れちゃうんですが… ('ω`;)


Getter_Go_14.jpg


Getter_Go_15.jpg

対メタルビーストハンドカノンは中央部が可動式になっています。


Getter_Go_16.jpg

装填


Getter_Go_17.jpg

ちゃんとハンドカノンに装填できます。

ゲート跡の処理が甘い弾丸を押し込んだら取れなくなりました。 ほじくり出すのが大変なので注意!


Getter_Go_18.jpg


Getter_Go_19.jpg

上でも書きましたが、ずっしりとボリュームのある体系でカッコいいです。
ロケットブースターに隠れがちな背中のディテールもバッチリ、手抜きなし。
モールドも細かく全体的に密度が濃ゆいですね。

ただ手首や、ヒザのパーツがすっぽ抜けやすく、折角のオリジナル武装を取り付けてもポロ、ポロ、ポロ、ポロと…
前期、後期共通の前腕部に取り付けるパーツすらも緩々。 なんとも悲惨な個体を引いてしまったようで…
弾丸ホルダーからも弾丸がポロ、ポロ… こっちは仕方ないか。

瞬間接着剤で軸を太くするだけで、簡単に解決はしますが実にもったいない。
あとは、何だろう …まぁ、毎度の事ですが汚ない塗装だなと('ω`;)

今後、背中にローターを背負ったアニメ版のゲッターがホビージャパン限定で!という事があったりするんでしょうかね?
それこそ誌上限定でも構わないので、そろそろ無印のゲッター2とゲッター3をー!!


リボルテック No.089 ゲッター號でした。




■リボルテック No.089 ゲッター號 (あみあみ)

超像可動 キン肉マン ウォーズマン 2Pカラー 

超像可動 キン肉マンシリーズの第2弾となる ウォーズマンが発売となりました。
黒を基調としたアニメカラー(1P)と、茶色を基調とした漫画原作版カラー(2P)の2種同時発売です。


パッケージ
sas_Kin02_WarsMan_01.jpg

ウォーズマンに関しては原作版カラー、アニメカラーどちら共いけるクチですが原作カラーの2Pを購入。


sas_Kin02_WarsMan_02.jpg

肩のアーマーは、もう一回りくらい大きくてもいいかと…
小さすぎなのが原因か上半身がボリューム不足で、やけに貧弱に見えます。
フォローを入れた言い方をすれば超人オリンピック前半時のスマート体型。

黄色のラインと赤く塗装されたスネ部も、ちょっとイメージとは違うんですよね。
なぜ原作版がこの配色になっているんだろう? 原作カラーは茶、黒、白の3色でいい。

しかし、ウォーズマンのデザインは本当にシンプルでカッコいい。
初登場となった超人オリンピックで、決勝戦の決着がつくまでコーホーという呼吸音のみで通したという魅せ方も良かったですね。


sas_Kin02_WarsMan_03.jpg

付属品
表情違いの開き手(3種)×2、ベアークローハンド×2
ウォーズマンスマイルヘッド、素顔ヘッド、

ロビンマスクはノーマルのマスク、ヒビ割れマスクを交換する際に、前面のマスク部だけを付け替えましたが、
ウォーズマンは頭部を丸々交換するタイプです。

画像にはありませんが専用ディスプレイ台座(マッスルリング)も付属します。


sas_Kin02_WarsMan_04.jpg

キン肉マンシリーズに付属する台座(マッスルリング)の上に敷く事のできるリングシート。
上の画像のもの2枚の他に無地のものが3枚付属します。


sas_Kin02_WarsMan_05.jpg

見る角度によっては誤魔化しがきくのですが、ちょっと頭が小さすぎる印象。


sas_Kin02_WarsMan_06.jpg

左からノーマル、ウォーズマンスマイル、ニコライ(素顔)

全体的に頭部が小さく、丸顔な印象を受けます。 どちらかというとアニメ版の顔に近いのかもしれません。
もっと面長なイメージなんだけどなぁ… キン肉マン二世でのウォーズマンイメージが定着しちゃってるのかな?
原作でも年中、マスクが飛んで素顔をさらしてたけど、まさか本当にオプションヘッドとして付属させるとは。

超人レスリング 東ヨーロッパチャンピオンとして活躍していたミハイルマン(かっこ悪い/後のウォーズマンの父親)が、
ずっとチャンピオンでいたい!もっと強くなりたい!老いる事のない体が欲しい!と、戸愚呂弟のような考えを持った挙句、
機械の体が欲しい!と、星野鉄郎のような事を言いだし、自身の体を機械化すべくチェコへ…
無事に機械化の手術を成功させ戻ってきたミハイルマン(かっこ悪い)にナターシャ(後のウォーズマンの母親)が駆け寄り抱きつくと、
パカという間抜けな擬音と共に、拍子抜けするほど簡単にマスクが外れ落ち素顔(ウォーズマンと同じ顔)をさらすと。
しかもそのマスクは改造手術前のミハイルマン(かっこ悪い)の顔がそのまま造形されているという、変な所へのこだわりっぷり。

その後、2人の間に子供が生まれどうのこうの~という、ウォーズマンの幼少期から超人レスラーになるまでの過程が描かれた、
ウォーズマン誕生秘話のようなものがアナザーストーリーとして書き下ろされましたが、それを読むと
すぐに外れるマスク、素顔が一緒 と、ウォーズマンがいかに父親のポンコツ遺伝子を受けついでしまったかが分かります。
と、いうより女性に抱きつかれたくらいのショックでマスクが簡単に外れてしまうというボディって…
レスラー以前に、私生活をおくるのにさえ支障をきたしそうなポンコツボディへと弱々しく改造されています。

ハッ!ちょっと脱線! しかも普通にバレ (ネ、ネタバレ注意!)

以上の外伝は、生誕29周年記念に出版された『肉萬 ~キン肉マン萬の書~』またはジャンプコミックス『キン肉マン37巻』に、
ウォーズマンビギンズ 仮面の告白!として収録されているので是非一読を! 燃えます。

では、フィギュアの紹介へ。


sas_Kin02_WarsMan_07.jpg

超人師弟コンビ
やっぱり頭が小さすぎてバランスがおかしいですよね?


超人師弟対決
sas_Kin02_WarsMan_08.jpg

あ――っと世紀の超人師弟対決 最初にしかけたのは 超人未開の地ソビエトでその実力を見出されたファイティングコンピューター
ウォーズマンだ――ッ! ブレーンバスターでロビンマスクを投げ飛ばす――っ!


sas_Kin02_WarsMan_09.jpg

まだウォーズマンの攻撃は終わらない 連続攻撃でロビンの右足にヒザ十字をきめた――っ!


sas_Kin02_WarsMan_10.jpg

しかしロビンマスクもやられっ放しでは終わらない―っ 飛びつきのチョークスリーパーでウォーズマンの首をしめあげる―っ!
角度で誤魔化せると思ったけど、いまいちチョークスリーパーがかかってるように見えないのが残念だ―――ッ!


sas_Kin02_WarsMan_11.jpg

意識が朦朧とするウォーズマンをそのまま空中に投げ あとを追うようにロビンマスクもジャンプをする―っ!
ヨロイを着ている分ロビンマスクの落下速度が勝った――ッ!! 凄い理論だが ゆでだから の一言ですべてが片付く――っ!
そのまま首に両足をひっかける―っ! ロビンマスク ついに伝家の宝刀を抜いた―――っ!

さすがのウォーズマンも動けない―っ! ロビンマスク勝利か――ッ!!



おお ウォーズマンが生き返った!


sas_Kin02_WarsMan_12.jpg

あ~~~~っと いつも無表情なウォーズマンが笑った――っ!!

それを見たキン肉マン おわ~~気色わる~~~!! と、とても心に愛があるとは思えないあまりにも正直な発言――っ!
ビビンバ本人を目の前にして くだけて醜いビビンバさんの顔が~~っ!! と発言したミートはちょっとどうかしてるレベルだ―ッ!
さらに顔に怪我を負ったビビンバを 腐ったドブ川 と同列に語ったママも相当なもんだ―――っ!!
キン肉星の人間はあまりにも正直すぎる―っ!


sas_Kin02_WarsMan_13.jpg

ウォーズマン ロビンマスクの肩の上にのった―っ! あ~~~っとエルボースタンプだ~~~!!
ロビンマスクのツノにエルボーを落とさないよう細心の注意を払いながらエルボースタンプの集中砲火だ―っ!!


sas_Kin02_WarsMan_14.jpg

あ――っと脱出不可能のアリ地獄ホールド パロ・スペシャルがロビンマスクにきまった――――っ!
これはウォーズマンの勝利は決定的か――ッ!!


sas_Kin02_WarsMan_15.jpg

しかしパロ・スペシャルはロビン一族に伝えられる一子相伝の技という後付け設定のお陰でロビンマスク難なく脱出に成功―ッ!!
※オリジナルホールドの使い手は、そのホールドのいちばんの返し手でもある(バッファローマン談)

ここでロビンマスクのフェイバリット タワーブリッジだ―――ッ!!
それにしてもタッグフォーメーションAの威力に全く説得力がないと思うのは私だけだろうか―――っ!


sas_Kin02_WarsMan_16.jpg

あ――っとウォーズマンにとって苦い経験を持つ禁断の技 ダブルレッグスープレックスがきまる―――ッ!
案の定 ウォーズマンのマスクがはがれ落ちた~~~っ!!
ウォーズマン立ち上がれない―ッ

2度とリングに立てない体になったはずのロビンマスクがこの記事の主役を破って勝利だ―――っ!


sas_Kin02_WarsMan_17.jpg

ロビンマスク 師弟対決に勝利するも 祝福の拍手をおくらない観客に動揺――っ!
自分の弟子相手にあんな酷い技をくらわせたんだから当然だ―――ッ!!


sas_Kin02_WarsMan_18.jpg

あ――っとさすがは変態ジョンブル すかさず高感度アップ作戦だ―――っ! 超人博士の異名はダテじゃない―!
ロビン戦法 紳士のフリをしろ!

ウォーズ 「………………だ…誰かオレの顔をみて笑ってやしないか?」
ロビン   「チッ うすのろ野郎(ボソッ)」

観客席から惜しみない拍手が両者に送られています

ロビン   「ニヤリッ」


そしてここにきて こんな事を一生懸命に書いてる自分に疑問を抱きはじめた――ッ! しかしもう完全に手遅れだ―っ!
たまにはこんな内容の記事があってもいいだろうと必死に自分に言い聞かせる――――っ!!

そしてゆでたまごは連載中のかったるい展開の究極の超人タッグをどうにかして盛り返せ――――ッ!
働くゆでは絵も上手くなって頑張っているというのに 働かないゆではブログやツイッターで吉○家に喧嘩売ってる場合じゃない―ッ
自分が書いてる漫画の設定すら忘れるのに 何年も前の○野家の件を本当に覚えているのか~~~!
最早、働かないゆで ではなく 遊んでるゆで にしか見えない~っ!

そうは思わんか? のぅミートよ。


sas_Kin02_WarsMan_19.jpg

いやぁ、実に楽しい。
ジョジョにしろキン肉マンにしろ、やはり絡ませる相手が発売されると一気に遊びの幅が広がりますね。
フィギュアの出来は、頭、肩の大きさ、カラーリングと微妙に不満が残りますが、可動に関しては妨げになるような装飾物もなく、
ストレスなく動かせます。 とにかく動かしていて楽しい。

顔を自分好みに改造できればいいんですが、そこまでやるとなるとかなり手間がかかりますかね。 …そこまでの技術はないし。
気になる黄色のラインや、赤の塗装部分は白で塗装し直すというのも手かもしれません。
まぁ、塗装し直すのも手間ですが。

キン肉マンシリーズの次弾は8月発売予定のバッファローマンまでと、ちょっと長いお預けですね。
フェニックス、ソルジャー、ラーメンマン、悪魔将軍、ブロッケンJr.、アシュラマン、ネプチューンマンと続いていくようで、
これからも楽しみなシリーズになりそうです。

ロビンマスク、バッファローマン、ラーメンマン、ネプチューンマンとウォーズマンと絡ませるのに相応しいキャラが、
商品化予定の中に多く見られます(商品化済み含む)
これからも超像 ウォーズマンが活躍しそうです。  象の超人が欲しいなぁ

キン肉マンを知らない人には全く伝わらない内容満載ですが超像可動 キン肉マン ウォーズマン 2Pカラーの暴走記事おわり!




■超像可動 キン肉マン ウォーズマン 1P (あみあみ)
■超像可動 キン肉マン ウォーズマン 2P (あみあみ)
■超像可動 キン肉マン ロビンマスク 1P (あみあみ)
■超像可動 キン肉マン ロビンマスク 2P (あみあみ)
[ 2010/05/16 21:17 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(2)

S.I.C. HERO SAGA 仮面ライダー電王SPECIAL(同梱) S.I.C. 仮面ライダー電王 ウイングフォーム 

HOBBY JAPAN発行のS.I.C. HERO SAGA 仮面ライダー電王SPECIALに同梱するフィギュア
仮面ライダー電王 ウイングフォームが我が家に降臨されたのでご紹介。


パッケージ
sic_WingForm_01.jpg

箱型パッケージですが前面の表紙部分が開閉式になっています。
表紙部を開くと、強力すぎるほどの粘着力をもったボンド?で背表紙を貼り付けられたS.I.C. HERO SAGAが出てきます。
肝心のS.I.C.はパッケージの中 …の段ボールケースの中 …のS.I.C.専用パッケージの中 ……厳重です。


sic_WingForm_02.jpg

で、これがS.I.C.のパッケージ。
限定用の地味パッケージですね。


sic_WingForm_03.jpg

中のブリスタートレイ?は3段重です。
上段(画像左上):本体、ハンドパーツ、デンガッシャー等の小物類
中段(画像右上):ウイング本体に取り付けるウイングパーツ
下段(画像左下):ウイング本体と専用台座関連のパーツ

と、こんな感じ。


sic_WingForm_04.jpg

どこをどう見てもカッコいいと思えなかったウイングフォームが、カッコよくアレンジされています。
劇中スーツの野暮ったさみたいなものが消えてますね。 シャープな印象で◎


sic_WingForm_05.jpg

付属品その1
デンガッシャーA、ブーメランモード用の刃先、デンガッシャーB(ホルダー取り付け用 / ブーメランモード用 )
デンガッシャーC、アックスモード用の刃先、デンガッシャーD
ディスプレイ用台座、支柱、ホールドパーツ
開き手×2、武器持ち手×2、ライダーパス

※便宜上、ABCDと勝手にアルファベットを振っています。


sic_WingForm_06.jpg

付属品その2
ウイング本体、ウイングパーツ×2、ウイング装着用の穴開き背中パーツ。

※画像奥のウイングパーツは本体に装着してあります。 …私の都合で


sic_WingForm_07.jpg

羽をイメージしたような肩パーツの流れ具合がいい感じ。
金色も好みの色合いでナイス。


sic_WingForm_08.jpg

ブーメラン、アックスモード共に腰マウント用の小さい刃先と専用の刃先とを交換。
デンガッシャーB(ブーメランモード用)はデンガッシャーAとの接続用の穴に角度がついています。


sic_WingForm_09.jpg


sic_WingForm_10.jpg


sic_WingForm_11.jpg

二刀流


sic_WingForm_12.jpg


sic_WingForm_13.jpg

降臨!

通常時の背中パーツ(穴なし)と、ウイング装着用の背中パーツ(穴開き)を差し替えてウイングを装着させます。
雑誌に掲載された作例と比較すると流石に大味になった印象はありますが、じゅうぶん満足できるレベルだと思います。


sic_WingForm_14.jpg

歯車の造形といい、重なった羽の感じといい中々イカス。
背面ウイング本体の左右への伸び具合、というか立ち具合?を見ると、どうしても志村けんの白鳥のチュチュが頭をよぎります('ω`;)


sic_WingForm_15.jpg

羽の可動


sic_WingForm_16.jpg

背面側から見た可動   …やはり志村けんのあの姿がちらつく


sic_WingForm_17.jpg

折りたたんだ状態も中々カッコいい。


sic_WingForm_18.jpg

専用のディスプレイ台座はいたってシンプルなもの。
羽の破損等を考えたらディスプレイ台座は必需品ですね。 この専用ディスプレイ台座でも心もとないかも。


sic_WingForm_19.jpg

S.I.C. HERO SAGA 書籍分の値段を差し引いて考えても、フィギュア自体の値段はちょっと高めな気がしますが、
満足度はかなり高いです。
特別、好きなキャラというわけでもなく、あまり思い入れのあるキャラじゃありませんでしたが買って正解だったなと。

MOOKの内容はホビージャパンに掲載されていた電王編(全11エピソード)、キャラクター紹介(SAGAに登場したキャラの作例)、
アイテムリスト(電王関連のみ)、電王の作品解説。 と、電王SPECIALの名の示す通り電王づくしの一冊になっています。
原型師のスケッチや、メーカー担当者のインタビュー、対談記事などもないので内容的にはちょっと物足りないかもしれません。
ですぞ。

魂ウェブ商店でナオミ&コハナ(受注期間:2010年4月30日~未定)
東映ヒーローネットで仮面ライダーNEW電王(受注期間2010年5月1日~2010年6月14日)と電王コンプリートへ向けて
着々と商品化が進んでいますが、やたらと映画化されその都度、新キャラが誕生しているのでコンプへ向けて進んでいるんだか、
進んでいないんだか分かりませんね。 …果たしてコンプする時はくるのでしょうか? というか電王に終わりはあるのでしょうか?


うぅむ、ディスプレイケースにウイングフォームを飾ろうとしたのはいいけれど…
デカすぎる装飾品ってのは、それはそれで中々厄介だ。 1度ちゃんと整理整頓しないとだわ。

S.I.C. HERO SAGA 仮面ライダー電王SPECIAL(同梱) S.I.C. 仮面ライダー電王 ウイングフォームでした。




■S.I.C. HERO SAGA 仮面ライダー電王 SPECIAL S.I.C.電王ウイングフォーム付録 (あみあみ)
[ 2010/05/15 03:12 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(2)

ファイナルアタックライドキャンペーン 

ライダーのS.H.フィギュアーツ購入すると、仮面ライダーディケイドのディメンションキックを再現できるエフェクトパーツや、
専用の取り付け軸、特製の魂STAGEがもらえるとか何とかかんとか というキャンペーン。


- 公式HPにある詳細 -


【対象商品:S.H.Figuarts仮面ライダーシリーズ全アイテム】
新商品を買ってGETするのはもちろん、
この機会に買いそびれていたアイテムを買うのもよし!
ゼクトルーパーをもりもり集めるもよし!

このキャンペーンにあわせて特別再販売も実施。
貴方の仮面ライダーコレクションがさらに充実すること間違いなし!


【貰えるアイテムは下記の2種類!】
[ 第一回 ]
 2010年5月22日(土)~ファイナルアタックライド エフェクトパーツ&専用取り付け軸
[ 第二回 ]
 2010年6月26日(土)~S.H.Figuarts特製魂STAGE

※景品が無くなり次第キャンペーン終了となります。
※キャンペーンの内容、特典内容は一部変更になる場合があります。
※お取扱のない店舗もございます。店舗にてご確認下さい。


FAR_Campaignjpg.jpg



ショップによっては再販商品のみがキャンペーンの対象になっていて、新製品に関しては対象外だったり。
また再販商品の中でもキャンペーン対象商品のものと、そうでないものがあったり、新商品を優先するショップもあったりと、
対象商品の扱いに関しては店によってマチマチなようですね…
※元々は再販品にのみ特典が付くキャンペーン

5月、6月に発売する商品に関しては新商品、再販商品問わず キャンペーン対象 って帯をくっつけて、
特典をパッケージ内に放り込んでくれていれば、それが1番分かりやすく理想的な形になったと思うんですけど。
初回特典の台詞つき台座みたいな感じで。 
ただ、そうすると既に店頭にある在庫品の扱いに関して問題が発生… 難しいもんです。

何も買いそびれてないし、ゼクトルーパーはもりもり集めちゃったし、予約したショップはキャンペーンの対象外だし、
私には、あまり関係のないキャンペーンのようです。

…くれよッ!俺にも特典くれよッ!
キャンペーン全員参加でワイワイさせろよッ!


なんだか、ちょっと寂しい (´・ω・`)

C.O.R.M DXマシンゼクトロン 

C.O.R.Mからマシンゼクトロンです。
以前から、ちょいちょいザビーやドレイクの紹介記事内でお目見えしていますがあらためて。


MachineZectoron_01.jpg

カラーリングといい、デザインといいシンプルでカッコいいです。
残念ながらマシンゼクトロンもカブトエクステンダー同様、ハンドルは固定。

※製品版は別売りのC.O.Rを固定するためのジョイントパーツや、スタンドを兼ねる大型のステップが付いています。


MachineZectoron_02.jpg


MachineZectoron_03.jpg

細部も割と忠実に再現されています。


MachineZectoron_04.jpg

カブトエクステンダーにもついていたC.O.R搭乗用のジョイントと大型のステップですが、こんな感じでついています。
外したパーツを元々付いていた場所に置いただけですが、雰囲気だけでも伝われば。
…どれだけ邪魔くさいかが分かると思います。


MachineZectoron_05.jpg

ハンドル回りは軟質素材でグリップはちょっと太目。
フロント、サイド、リアにZECTのマーク。 …自己主張の強い組織です。


MachineZectoron_06.jpg

カブト、ザビー、ドレイクそれぞれのカウルのフードパーツと虫型ミサイルが付属します。


MachineZectoron_07.jpg

カラーリング的にもマシンゼクトロンはザビーが1番しっくりきます。


MachineZectoron_08.jpg

リアのコンテナを左右に開き、虫型のミサイルをセット。
コンテナ内のパーツ上部にあるボタンを押すとミサイルが発射!

その他のギミックは、フロントにあるキバ状のパーツがコロコロ走行に連動して開閉するというもの。
開閉動作が小さいので、物凄く微妙なギミックにとどまっています。


MachineZectoron_09.jpg

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーザビーと。


MachineZectoron_10.jpg

ザビーには武器の持ち手的なハンドパーツオプションがないので、他のキャラの手首を利用しています。


MachineZectoron_11.jpg

問題ないですね。


MachineZectoron_12.jpg

劇中のマシンゼクトロン自体、キャストオフ機構がないので玩具に関してもギミックは控え目。
1台しか所有していないのでザビー専用マシンとして飾っていますがドレイク用、ヘラクス用に複数台買っておけば良かったなと。
ただ、フードパーツ目当てにC.O.R EX 劇場版 仮面ライダー3体セット(3ライダーのフードパーツ付属)を購入しないといけないのが…
※C.O.R サソードやキックホッパー&パンチホッパーセットにもそれぞれ専用のフードパーツが付属します。

バイクとキバの動きを連動させるためのギア状のパーツがタイヤ奥(フロントカウル内)に仕込まれているのですが、
それの煽りのためか、ハンドルが固定になってしまっているのがちょっと残念ですね。
ハンドルは切れなくとも、出来自体は悪くないのでたいして残念に思っていなかったりするんですが( ・ω・)


C.O.R.M DXマシンゼクトロンでしたー!

C.O.R.M DXカブトエクステンダー 

仮面ライダーカブト放映時に玩具展開していた C.O.R(CAST OFF RIDER)シリーズと絡めて遊ぼう!という事で、
C.O.Rと連動して展開していたバイク玩具 C.O.R.M(CAST OFF RIDER MACHINE) よりカブトエクステンダーのご紹介です。


■マスクドモード
KabutoExtender_01.jpg

通常形態であるマスクドモード
やや野暮ったくみえる箇所もありますが、ギミック優先なバイク玩具という事を考えればじゅうぶんな出来栄え。 塗装も綺麗です。
ハンドルは固定で左右に切る事はできません。 …というかフロントフォーク自体、タイヤに繋がっていません。

※製品版は別売りのC.O.Rを固定するためのジョイントパーツや、スタンドを兼ねる大型のステップが付いています。


KabutoExtender_02.jpg


KabutoExtender_03.jpg



KabutoExtender_04.jpg

ハンドルのグリップやブレーキレバー、シフトレバーなどは軟質素材。
グリップがちょっと太目なので、握らせたままの状態で飾っておくと手にクセがついちゃうかもしれません。



KabutoExtender_05.jpg

画像左 : C.O.Rフィギュア固定用のジョイントを外すとシートに大きな穴が!
画像右 : 本来はリアタイヤ手前、下側にあるネジ穴部分に大きなステップがくっついています。



KabutoExtender_06.jpg

S.H.フィギュアーツのカブトと


KabutoExtender_07.jpg

いい具合に乗せる事ができます。


KabutoExtender_08.jpg

ちょっとお尻が浮いちゃうかな。


それではこの玩具のメイン キャストオフ


KabutoExtender_09.jpg

リアの左ウインカーがスイッチになっています。
スイッチを押すとフロントカウルが弾き飛び、同時にエクスアンカーが前に突き出ます。
劇中では複数のパーツが分離し弾け飛んでいましたが、玩具ではフロントカウル左右2つのパーツのみが分離。

かなり勢いよくキャストオフします。

憎い あんちくしょうの顔めが~け~♪ …けものの血が騒いでも絶対にそんな事をしないように!  ルルルル・・・・



■エクスモード
KabutoExtender_10.jpg

フロントタイヤを左右に開き、エクスアンカーを挟み込むよう車高の調整をして完成! これは手動で。


KabutoExtender_11.jpg

フロントのタイヤが左右に分かれる事で事実上、3輪になり安定性アップ! スタンド要らず。


KabutoExtender_12.jpg

かっこ悪いよなぁ どう見ても…



KabutoExtender_13.jpg



KabutoExtender_14.jpg

劇中での活躍もほとんど印象にない。 ガタックエクステンダー跳ね上げたくらい?


KabutoExtender_15.jpg

まぁ、エクスモードで飾る事もないので問題なし。


KabutoExtender_16.jpg

S.H.フィギュアーツとの相性は悪くないですね。
やっぱりライダーはバイクがあってこそというのを再確認させられます。

シートにポッカリと穴が開いてしまったり、バイクが自立しなくなるなどの問題点がでてきてしまいますが、
ジョイントや、巨大なステップ(兼スタンド)が物凄く見栄えを悪くしているので、それらを外すだけでガラッと印象が変わります。
ステップが付いていたネジ穴を利用して、自作でスタンドを作ってもいいかもしれません。

ドライバー1本あれば簡単に分解、ジョイントやステップを外す事ができます。
が、それらをおこなう場合は自己責任でお願い致します。


以上、C.O.R.M DXカブトエクステンダーでした。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ヒートジョーカー&ヒートトリガー 

仮面ライダーW 基本フォーム カラーバリエーションセット商品の第2弾、ヒートジョーカー&ヒートトリガーです。


パッケージ
KamenRider_Double_Hset_01.jpg


KamenRider_Double_Hset_02.jpg

サイクロンのセットと同様、2段重構成。
上段に本体、下段に付属品が収納されてます。


KamenRider_Double_Hset_03.jpg

付属品
メタルシャフト(炎エフェクトパーツ付き)、ヒートのパンチをイメージしたエフェクトパーツ
トリガーマグナム(マキシマムモード)、トリガーマグナム(ノーマルモード)

付属手首
・ヒート    : 開き手、握り手(マグナム持ち用)、握り手(シャフト持ち用)の3種
・ジョーカー : 開き手、握り手(シャフト持ち用)の2種
・トリガー  : 開き手、握り手(マグナム持ち用)の2種



■ヒートジョーカー
KamenRider_Double_Hset_04.jpg

ロッソネロなカラーリングがカッコいい。 ミラニスタって感じです。

※ガイアメモリに追加塗装、ロゴマーク入れと簡単にですが手を加えております。 製品版とは異なりますのでご注意ください。


KamenRider_Double_Hset_05.jpg

HEAT!                              JOKER!


KamenRider_Double_Hset_06.jpg

エフェクト ヒートパンチ。
手の上にエフェクトパーツをかぶせるというものではなく、手首を外し軸に直接エフェクトパーツを取り付けます。
S.H.フィギュアーツ シャドウ隊員のマシンガンブレードみたいな交換方式ですね。


KamenRider_Double_Hset_07.jpg


KamenRider_Double_Hset_08.jpg

エフェクトパーツってあまり好きではなかったんですが実に楽しい。
固定フィギュアで使用されているエフェクトパーツと、アクションフィギュアで使用するエフェクトパーツとの違いでしょうか?
私の好き、嫌いの基準が適当なだけでしょうか?('ω`;)


KamenRider_Double_Hset_09.jpg

ちゃんと手の形が造形されています。 良いです!



■ヒートトリガー
KamenRider_Double_Hset_10.jpg

んん~ ギターやトランペットを持たせたくなるカラーリングです。

※ガイアメモリに追加塗装、ロゴマーク入れと簡単にですが手を加えております。 製品版とは異なりますのでご注意ください。


KamenRider_Double_Hset_11.jpg

HEAT!                              TRIGGER!


KamenRider_Double_Hset_12.jpg


KamenRider_Double_Hset_13.jpg

人違い


くそぅ、ハカイダー カッコいいなぁ


KamenRider_Double_Hset_14.jpg

1番しっくりくるであろうヒートメタルで。


sas07_Magicians_Red_08.jpg



KamenRider_Double_Hset_15.jpg

結構、重量のあるエフェクトパーツ。


sas07_Magicians_Red_12.jpg



KamenRider_Double_Hset_16.jpg


sas07_Magicians_Red_14.jpg



KamenRider_Double_Hset_17.jpg

炎エフェクト付きのメタルシャフトには、メモリガジェット取り付け用の軸が設けられています。
サイクロン セットに付属する各ガジェットを取り付ける事が可能。

尚、ヒート セットに付属するトリガーマグナムはメモリガジェット取り付け用の軸はありません。

これまた番組内で使用したのをまったくもって覚えておりません… どれだけボケら~とTVを見ているのかがうかがい知れます('ω‘;)


KamenRider_Double_Hset_18.jpg


付属品の数でこそサイクロンセットには劣るものの派手なエフェクトパーツが付属するので遊び応えがあります。
撮影するにあたってサイクロンジョーカー、ヒートメタルを使用しましたが、
実際に触ってみるとサイクロン、ヒート両セットの4体は、先に発売された基本3フォームと比べて関節がだいぶ緩いですね。
今回のセットに関しても、ヒートの色味が体の部位ごとに違っちゃっているけど仕方ないのかな?

基本フォーム3体に加え、既に発売された基本からの派生フォームチェンジが4体。 今後、発売のルナセット2体を加えて計9体。
中間フォーム?のファングジョーカー、映画でのお祭り悪ノリフォームのサイクロンサイクロン、ジョーカージョーカー、
それにサイクロンジョーカーエクストリーム…………

その他、アクセル、スカル、マシンハードボイルダー…… アクセルの強化フォームも?


        *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *    もうどうにでもな~れ
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚


…本当にどうにかなりそうです。





KamenRider_Double_Hset_19.jpg

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ヒートジョーカー&ヒートトリガーでした。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW サイクロントリガー&サイクロンメタル (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ヒートジョーカー&ヒートトリガー (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ルナジョーカー&ルナメタル (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ファングジョーカー (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアクセル (あみあみ)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW サイクロントリガー&サイクロンメタル 

それぞれの特性を活かしたガイアメモリを使用する事で、体の色(半分)が変化するというフォームチェンジを持つ仮面ライダーW。

TV放送前にネタバレ画像を見た人たちが、基本3フォームの画像を利用して何通りものフォームをコラージュで作成して、
玩具を売る気満々だな等と揶揄したりしていましたが、そのまんま本当に商品化されちゃいましたね。 恐るべし


パッケージ
KamenRider_Double_Cset_01.jpg

2体セットになっていますが縦、横のサイズは通常商品のものと一緒。
通常のものよりも厚みがあります。 モモタロスDXセットみたいな感じ。


KamenRider_Double_Cset_02.jpg

中は2段重になっていて上段に本体が2体、下段に付属品が収納されています。


KamenRider_Double_Cset_03.jpg

付属品
マフラー(長)、マフラー(短)×2
メタルシャフト(長)、メタルシャフト(短)
トリガーマグナム(ノーマル)、トリガーマグナム(マキシマムモード)
スタッグフォン、スパイダーショック、バットショット、バットショット交換用頭部


付属手首
・サイクロン : 開き手、差し指、握り手(シャフト持ち用)、握り手(マグナム持ち用)の4種
・メタル   : 開き手、握り手(シャフト持ち用)の2種
・トリガー  : 開き手、握り手(マグナム持ち用)の2種



■サイクロントリガー
KamenRider_Double_Cset_04.jpg

※ガイアメモリに追加塗装、ロゴマーク入れと簡単にですが手を加えております。 製品版とは異なりますのでご注意ください。


KamenRider_Double_Cset_05.jpg

CYCLONE!                          TRIGGER!


KamenRider_Double_Cset_06.jpg

可動等は基本フォームと変わらないのでサクッといきます。



■サイクロンメタル
KamenRider_Double_Cset_07.jpg

※ガイアメモリに追加塗装、ロゴマーク入れと簡単にですが手を加えております。 製品版とは異なりますのでご注意ください。


KamenRider_Double_Cset_08.jpg

CYCLONE!                          METAL!


KamenRider_Double_Cset_09.jpg

こっちも、サクッといきます。



■スタッグフォン
KamenRider_Double_Cset_10.jpg

小さいですが、よくできています。


■スパイダーショック
KamenRider_Double_Cset_11.jpg

響鬼のディスクアニマルほどライダー自体と絡んだりはしていませんが、嬉しい小物です。


■バットショット
KamenRider_Double_Cset_12.jpg

バットショットは頭部パーツを交換する事によって、2種の形態を再現できます。
頭部のパーツは物凄く小さいのでなくさないよう注意! 特にブリスター開封時の衝撃には要注意です。


KamenRider_Double_Cset_13.jpg

メモリガジェットは付属のトリガーマグナム(ノーマル)に取り付けが可能。
ただ、劇中でこのような使い方をしたのを全く覚えてない('ω`;)


KamenRider_Double_Cset_14.jpg

劇中オープニングをイメージしたマフラー(長)の取り付け部。
通常のボールジョイント接続だけでは支えきれない大きさのため、ボールジョイントの上にフック状のパーツが設けられています。
フックをライダーの襟に引っ掛けるという取り付け方法のため、可動させる事はできません。


KamenRider_Double_Cset_15.jpg


KamenRider_Double_Cset_16.jpg

上手く重心を取れば自立できるみたいですが、魂STAGEを使用したほうが安全ですね。


KamenRider_Double_Cset_17.jpg


ヒートセットの炎エフェクトパーツ類の付属、ルナセットの伸び手等の付属品(付属する予定?)と比べると、
このセットに関しては、本体を活かせる付属品は少なめな気がしますね。 その分をメモリガジェットで補っているというか。
贅沢を言うならば、オープニング再現マフラーは垂れ気味の風になびくVer.のも欲しかったなぁ。

カラーバリエーションのものを単品で1体ずつチマチマと出されてもなんなので、
2体セット+小物やエフェクトパーツ付属というのは中々ナイスだと。
まんまと、メーカーさんの 思 惑 通 り になっている気がしないでもないですが('ω`;)

以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW サイクロントリガー&サイクロンメタルでした。


8月、9月発売商品の予約がはじまりましたね。 THE FIRSTの1号とか急に涌いて出てびっくり。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ マシンハードボイルダー (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー THE FIRST 仮面ライダー1号 (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーG3 (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーファイズ (あみあみ)