トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 吉良吉影 

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第4部から ようやく吉良吉影が発売になりましたー!

ジョジョの4部へ突入したのはいいんですが、ザ・ワールドのカラバリや抜け補完のジョセフ、DIOの覚醒版と寄り道が多くて、
4部シリーズが進まない事、進まない事。 いやー長かったー …気がする。


では


パッケージ
sas16_Kirayoshikage_01.jpg

キラークイーンと同様に猫ドクロの模様が描かれたパッケージになっています。


sas16_Kirayoshikage_02.jpg

黄色ザ・ワールドに対する黄色DIOと同じように、スタンドと本体のメインカラーが同色。白いスーツ姿の吉良です。
多くの方のイメージだと吉良の服の色はピンクとか紫になるのでしょうか?

ズボンにボリュームがありすぎて、ちょっと上半身とのバランスが悪いようにも感じますね。
病院のスリッパのような色の靴も凄い。 塗装は綺麗で問題なし!


しかし、冷静に考えるとこのシリーズって凄いですね。
サラリーマン、不良学生、老人と犬のセットって…


sas16_Kirayoshikage_03.jpg

ズボンの裾が前方へ流れてる所なんかジョジョっぽさが出てて良いですねー
第3部の承太郎の裾はいつもこんな感じでしたね。
スーツの袖口から出てるシャツとか芸が細かいです。


sas16_Kirayoshikage_04.jpg

付属品
携帯電話、腕時計、ネクタイ、カバン、サンジェルマンの袋、シアーハート・アタック、交換頭部(川尻ヘッド)
各種手首×7

パッケージの状態で握り手×2、別Ver.のネクタイが付属しています。
その他、いつもの台座+クリップアームが付属。


sas16_Kirayoshikage_05.jpg

同シリーズを購入している方ならご存知だと思いますが、商品の収まっている黒ブリスターです。
この黄色矢印の所に腕時計が入っているのが分かりますでしょうか? 見事に黒のブリスターと同化して気付きにくいと思います。

腕時計は物凄く小さなパーツとなっているので紛失しやすいと思われます。
パッケージに戻して保管されるという方はチャック付きの小袋などに入れて保管したほうがいいかも。
また、これから購入を考えている人は開封時、ブリスターの上蓋を外した際の衝撃で腕時計をすっ飛ばさないようお気をつけください!

※開封時にブリスターボムを発動してしまい、飛んで消えた腕時計を散々探し回ったにも関わらず発見ならず…('ω`;)
 よくよく見たら黒いブリスターに擬態していただけで、実は腕時計は弾け飛んですらいなかったという経験者より('A`)


sas16_Kirayoshikage_06.jpg

吉良ヘッド / 川尻ヘッド
原作の吉良の顔(初期)ってボスらしくもなく、カッコいいというわけでもなくといったイメージだったんですけどね。
なんか、川尻顔と比べると初期の吉良顔のほうがカッコよく見えます。


sas16_Kirayoshikage_07.jpg

どちらも雰囲気が出てていいですね。 似てます。


sas16_Kirayoshikage_08.jpg

腕時計


sas16_Kirayoshikage_09.jpg

第2の爆弾 シアーハート・アタック
キャタピラもちゃんと造形されています。


sas16_Kirayoshikage_20.jpg

いつも付属する台座の他にクリップアームが付属。
同シリーズ ジョセフ・ジョースター&イギーに付属していたものと同じです。


sas16_Kirayoshikage_10.jpg

サンジェルマンの袋
こういう小物は嬉しいですね。


sas16_Kirayoshikage_13.jpg

不気味さ全開です。


sas16_Kirayoshikage_11.jpg

携帯電話&カバン


sas16_Kirayoshikage_12.jpg

カバン専用の持ち手なのかな?小指に引っ掛けてカバンを持たせる事ができます。 安定感という点では微妙。
携帯電話はかなり大きめでトランシーバーのよう。 時代を感じさせますね。
というか、手もデケー


sas16_Kirayoshikage_14.jpg

キラークイーンッ!


sas16_Kirayoshikage_15.jpg


sas16_Kirayoshikage_16.jpg

あ、いかん!川尻になってからシアーハートって使ったっけ?


sas16_Kirayoshikage_17.jpg

「もしもし 俺、俺だよ! 俺ッ!」

詐欺には気をつけてください。


sas16_Kirayoshikage_18.jpg


4部の主人公キャラ×2、敵ラスボスキャラ×2が発売されるまで随分と待たされましたが、それだけにかなり満足いく出来栄え。
ただ左股関節と比べ、右の股関節はパーツが干渉してしまい可動に制限を受けているような感じがあります。 …私のだけかなぁ?
あまり問題のないようなレベルかもしれませんが上手い事、脚を閉じる事ができないんですよね... 困った。

初期の吉良、川尻浩作でがらりとイメージが変わるので2体購入してそれぞれで飾るというのもありかもしれませんね。
個人的にはあまりやってほしくありませんが2NDカラーを待つのもいいかも。
※2NDが出るという確証はありません

緑のスタープラチナとか有り得ない! と言いながら緑のスタープラチナがお気に入りになったり、
キラークイーンはピンクだ! と言いながら白いキラークイーンを平気で受け入れたり...
実際に商品を手にすると元々持っていたイメージが飛んでしまう事が多々あるこのシリーズ。
絶対に川尻顔のほうがいいなと思っていましたが、断然、初期吉良の顔のほうが気に入ってしまいました。
不気味カッコよさがナイス! …初期吉良って言い方もあれですが

小物の付属品多数なのであまり贅沢注文するのもなんですが、叫び顔は欲しかったですね… 特に川尻ヘッドの叫び。
表情豊かなキャラは、億泰みたいに顔のバリエーションを増やしてくれると嬉しいな。





sas16_Kirayoshikage_19.jpg

VS 重ちー
吉良吉影は静かに暮らせない

若干、絶対に振り返ってはいけない重ちーになってる気がする。



以上、超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 吉良吉影でした!





■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 吉良吉影 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 キラークイーン (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 ザ・ハンド (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 虹村億泰 (あみあみ)
スポンサーサイト
[ 2010/10/30 00:17 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(2)

2周年! 

ブログをはじめてから2年が経過しました!ヽ(´ー`)ノ  …ひと月以上前に('ω`;)
と、同じような事をブログ開設1年目の時にも書いたような。

単なる暇つぶしのつもりではじめたブログですが、よくもまぁ飽きずに続いているなと。
2年経った今でも続いている = 2年経った今も暇なまま …そう考えると恐ろしいものがありますが。

暇、暇、言ってる割には更新のペースが遅かったりもしますが、そこは1つ温かい目で!
という事で、今後とも宜しくお願い致します。

                                                        いちの

ULTRA-ACT バルタン星人 

ULTRA-ACTシリーズで発売になったバルタン星人です。


パッケージ
Alien_Baltan2_01.jpg

特にパッケージには表記されておりませんが、初代に比べやや細身の体系になった2代目のバルタン星人です。

ウルトラシリーズ中に数多く出演しその都度、微妙に細部の造形やカラーリングが異なっている星人ですが、
やはりバルタン星人と言われ、真っ先に思い浮かぶのは青みがかった初代バルタンですね。
スマートな2代目も嫌いではないですが。

本当、凄いデザインですよね。


Alien_Baltan2_02.jpg

全身、茶色系な2代目バルタンとしてはじゅうぶんイメージに近い造形、カラーリングになっていると思います。
肩口から頭の先までのひょろ長さがいい感じ。


Alien_Baltan2_03.jpg

顔の塗装のカスれ具合が少々オーバーすぎるかな。 もう少し、シルバーが残っていても良かったかもしれませんね。
腹部のシワ、ヨレた感じがまた素敵。


Alien_Baltan2_04.jpg

付属品
破壊光弾エフェクトパーツ×2、ミニバルタン星人×6

以上!やや内容の寂しい付属品です。


Alien_Baltan2_05.jpg

ミニバルタン。
大きさ約1.4cm 小さいです。


Alien_Baltan2_06.jpg

本体と比較。
可愛らしいですね。 

どうせなら20億3千万体付属してほしかったですねー 嘘です。
…20億3千万は初代バルタンでのエピソード内に出てきた数か。

2代目が復讐にきた時、バルタンの生き残りってどのくらいの数いたのでしょう?


Alien_Baltan2_07.jpg

ちゃんと自立するのがエライ!


Alien_Baltan2_08.jpg

ランナーから切り離したら、やはり収納すべきはハサミの中。


Alien_Baltan2_09.jpg

ここを可動させないでどうする!という部分であるハサミはちゃんと開閉させる事が可能。

ハサミの中に怒りの静まった王蟲がッ!(画像右)
こんなもんがハサミの中にあるというのをはじめて知りました。


Alien_Baltan2_10.jpg

破壊光弾はハサミ内部にある謎の物体に取り付けて再現。


Alien_Baltan2_11.jpg

フォフォフォ


Alien_Baltan2_12.jpg

スペルゲン反射孔は、差し替え式ではなく観音開き式になっている胸部を手動で開閉しての再現。
勝手にパカパカと開いてしまう事もないし、差し替える手間がない事を考えると可動軸の取り付け部の見栄えは許容範囲内。

取扱説明書だとスペルゲン反射孔になっているんですけど、反射鏡とどちらが正しいのでしょう?
ずっと反射鏡で通してきたのですが。


Alien_Baltan2_13.jpg

スペルゲン反射鏡なんてものを付けてしまったために、八つ裂き光輪という思いきり痛そうな技をくらう羽目に…
しかも二枚におろされた体それぞれをスペシウム光線でご丁寧に… 南無


Alien_Baltan2_14.jpg

ウルトラマン80に出てきた豚ッ鼻バルタンさんのような華麗なアクションもこなせそうな優秀な可動。
ただ、ゼロもそうでしたが脚を左右に大きく広げるのは厳しいですね。

股関節ジョイントの受け側を削り広げると可動範囲が増すようなので、時間のある時にでも改修してみたいと思います。


Alien_Baltan2_15.jpg

キエテ コシ キレキレテ


Alien_Baltan2_16.jpg

キミノ ウチュウゴ ハ ワカリヅライ


Alien_Baltan2_17.jpg


フォフォフォフォ 中々、楽しいです。
顔のシルバー成分が少なめでカスれすぎてしまっていますが、よく動くし造形も悪くないと思うので満足。
しかし、なぜ2代目がチョイスされたのだろう?

その内、初代やバルタン星人Jr.なんかも商品化されるんでしょうかね?
初代発売の際には魂ウェブでクリア版の分身バルタンが発売されそうな…
歴代バルタンをずらりと並べたい気持ちもありますが、ここは同じ個体(星人)のものを連発せずに幅広く攻めていってほしいです。


やっぱり敵キャラはいいなぁ。


初代バルタンのエピソードが混ざったゴチャゴチャな内容になってしまいました。 すいません('ω`;)
以上、ULTRA-ACT バルタン星人でした。




■ULTRA-ACT バルタン星人 (あみあみ)
■ULTRA-ACT ウルトラマンメビウス (あみあみ)
■ULTRA-ACT ザムシャー (あみあみ)
[ 2010/10/25 00:00 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(0)

色褪せ!なの? 

バンダイ主催のイベント 『TAMASHII Feature's Vol.1』 での会場記念商品として発売され、
後日、WEB受注された仮面ライダークウガ ライジングマイティ(WEB受注分)が届きました。

何でもイベント会場で購入した人たちの前腕部の色が褪せてきているとか何とか、かんとか~
WEB通販で購入した人の到着分は最初から色が薄いとかどうとか、こうとか~


D_Kuuga_RisingMighty_01.jpg

開封してみましたが、やっぱり薄いですね。
色が褪せてこうなったのか? 元々、薄い色のものなのか? …元々、薄いというにはあまりにも薄すぎると思いますが

地味に肩アーマーの色も薄い色味になっていますね。


D_Kuuga_RisingMighty_02.jpg

デジカメのせいなのか、撮影後の画像を見る限りでは許容範囲内じゃない?とも思えるような微妙な色の差にしか見えませんが、
肉眼で見るとボディと前腕の色の濃さの違いはかなりのもの。 実物はライアっぽいピンクような色味になっています。


D_Kuuga_RisingMighty_03.jpg

右腕のほうは塗装がまだら状に… ナンジャコリャ


D_Kuuga_RisingMighty_04.jpg

マイティもボディと前腕とで色が違っていますが、ライジングマイティほど違和感は感じません。
初版のものを購入してディスプレイケース内で飾っていましたが、購入時と比べて退色したという事もないようです。

というか、この画像を見る限りだとライジングマイティも違和感なく見えると思います。 …が、実物はピンクっぽい残念な色です。


D_Kuuga_RisingMighty_05.jpg

ボディの色が全然違うので、比較した意味がありませんでした('ω`;)


D_Kuuga_RisingMighty_06.jpg

肩に塗装ハゲ発見 カッコいい!


とりあえず何もしないで置いておこう。

キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~後編~ 

キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~後編~です。

【記事リンク】
キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~前編~
キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~中編~


パッケージ
CH_jojo3-3_01.jpg

ラスボスらしく、キャラヒーローズでも後編までお目見えしなかったDIO様とザ・ワールドがメインとなったパッケージです。
※DIOは中編のシークレットとして立体化されています。

今回も全15種+シークレット。



■DIO
CH_jojo3-3_02.jpg

ジョジョらしい腰の入ったポーズ。
台座には瓦礫と時計台があしらわれています。

時計台は全体がきちんと造形されているわけではありませんが、花京院がメッセージを託し破壊したものに近い作りになっています。
まさに、その時計台そのものなのかもしれませんが…
時計の針がさしているのが5時15分じゃないのが悔やまれますねー



■ザ・ワールド
CH_jojo3-3_03.jpg

なかなか珍しい、思いきった配色のザ・ワールド。
全身はクリアパープルにシルバー系の塗装がされています。 にしても、唇の自己主張が凄い!



■DIO + ザ・ワールド
CH_jojo3-3_04.jpg

台座同士の組み合わせ。
DIOの台座の向き次第で違ったパターンでの組み合わせ方ができます。


CH_jojo3-3_05.jpg

公式HPでの組み合わせ画像を見る限り、ザ・ワールドからDIOが半身出ているこの状態が正しいようですが。



■ホル・ホース&皇帝
CH_jojo3-3_06.jpg

スタンドの拳銃はクリアパーツ。
このサイズのフィギュアで手の爪まで再現する必要があるのかー? と、購入したこっちが疑問に思ってしまうくらいの、
細部にまで対するこだわり。 す、凄い!

ちょっと俳優の大沢たかおさんに似てる。



■ハイプリエステス&潜水艦
CH_jojo3-3_07.jpg

潜水艦のライトが照らしてる海底の岩場が雰囲気を出していますね。
潜水艦の色がもっと濃い青だったら、深海を進んでるって感じがさらに増したかもしれないですね。
ハイプリエステスもいい出来。

あくまでも原作内でお目見えしたキャラクターチョイスなのか、ミドラーが立体化されなかったのが残念です。



■オインゴ(クヌム神)
CH_jojo3-3_08.jpg

画像では、ほぼ確認できないと思いますが着ているTシャツには OINGO というロゴが入っています。
手に持っているオレンジの爆弾が手袋の色と同色なのがもったいないですね。

台座は肉まん。 b (*´∀`) d ウソです



■ボインゴ(トト神)
CH_jojo3-3_09.jpg

中編のラインナップに加わっていたエンヤ婆同様、元が元だけにデフォルメという感じはないですね。

台座はブルドックの頭。 b (*´∀`) d ウソです



CH_jojo3-3_10.jpg

組み合わせ可能な台座ではありませんが、せっかくなので兄弟揃って撮影。



■ダニエル・J・オービー&オシリス神
■ダニエル・J・バービー&オシリス神
■ダニエル・J・ダービー&オシリス神
CH_jojo3-3_11.jpg

グッド!
今回のラインナップでのお気に入り。
テーブルの上のトランプ、手に持ったチップ、椅子まで作ってある細かさがグッド!



■アレッシー&セト神
CH_jojo3-3_12.jpg

台座とセト神はクリアパーツになっています。

付属の小冊子や公式HPのものと比べて、顔の凹凸モールドが潰れてしまったか…
アレッシーの顔から滲み出るいやらしさが半減して、二枚目と言って押し通せてしまいそうな端正な顔立ちになっています。 残念。



■マライア&バステト女神
CH_jojo3-3_13.jpg

足がグンバツなら、お乳もグンバツ ウホホー
台座の岩にはしっかりコンセントが造形されています。 シュールよのォーー

「ビチグソがッ!」 フェイスでの立体化でなくホッとしました。



■アヌビス神withチャカ
CH_jojo3-3_14.jpg

アヌビス神は刀から立ち昇る妖気のような姿で再現されています。 上手いですね。
残念ながら床屋のカーンはラインナップの選考から漏れてしまったようです。



■ペット・ショップ&ホルス神
CH_jojo3-3_15.jpg

中編で立体化されたイギーと同様に可愛らしいデフォルメになっています。
ホルス神は口を大きく開けて、手にツララのミサイルを持っています。
※撮影技術的な問題から大変、見難い画像になっております。 ご勘弁を。

焼きとうもろこしの焦げ目のような塗装だけで、こんなにも羽らしい再現ができるのかッ!という驚き。
ちゃんと羽の造形もされていますけどね。



■テレンス・T・ダービー
CH_jojo3-3_16.jpg

ダービーの弟。 兄のダービー同様、顔にアザのような模様があります。
手に持っている花京院の人形の作りが凄い。

上着の袖口の模様が露伴先生っぽいですね。
オインゴ、ボインゴ兄弟と違って、こっちの兄弟は仲が悪いので一緒の撮影はなし!



■アトゥム神
CH_jojo3-3_17.jpg

手の返し具合がジョジョっぽくていいですね。
こんなマイナーなキャラを単独で立体化してしまうのが、このシリーズの凄さ。



■テレンス・T・ダービー + アトゥム神
CH_jojo3-3_18.jpg

台座同士の組み合わせが可能になっています。
組み合わせるとアトゥム神が花京院人形の首元に手をかざすような感じになります。



■ヴァニラ・アイス
CH_jojo3-3_19.jpg

前、中、後編だけで3部キャラを網羅しきれるのか?という枠の問題からクリームの口の中にヴァニラを造形して1枠で済ませる。
というのが私の予想だったんですが、見事に外れました。
単独での立体化です。

アクセサリー類も細かいですね。 顔色の悪さから見て吸血鬼化したあとのヴァニラに違いない。



■亜空の瘴気クリーム
CH_jojo3-3_20.jpg

大口を開けた迫力あるクリームです。
壁に丸い ガオン! 穴があるだけでなく、壁と床そのものが球体でくり抜かれたように ガオン! 再現されているのが素晴らしい。
自分の胴体を飲み込んでいるのもいいですねー

口の中にヴァニラという私の予想が外れてくれて心底、良かったなと。
これもお気に入り。



■シークレット
CH_jojo3-3_22.jpg

付属の小冊子の画像を見る限り、パロスペシャルをかけてるピンクダークの少年にしか見えません。
…部も違ければ、漫画も違いますが。


何が出るかな 何が出るかな

























てってれー♪
CH_jojo3-3_23.jpg

じじぃでした。
クリアパーツを上手く使ってテレビのモニターを再現。 残念ながら、ネコドラくんはいません。

おケツがぷりっぷりでセクシー。 でも、じじぃ



■DIOの館
CH_jojo3-3_24.jpg

ときめきモールでのWEB販売500BOX限定の予約特典です。
建物の高さ約3.5cm、横幅が約3.2cm、奥行きが約2.8cm (横幅と奥行きは台座の裾の部分で計測)
小さいながら壁のヒビや、生い茂った草木までしっかりと作られています。
館の端っこにケニー・Gがいるのがポイント高いです(約1cm)

ただ、他所では絶対に立体化されないようなキャラまでしっかりと網羅してるのが売りの1つとも言えるこのシリーズで、
500BOXという数量限定の特典に、いちキャラを含めてしまうのはいかがなものだろう?


前、中、後編 と続いたキャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部もこれにて終了~!
相変わらずのマイナーキャラの立体化や、手を抜かない姿勢が見てとれる造形が素晴らしいですね。
このままスタンド編に突入して4部、5部へと続くと思いきや、今度は1部が商品化されるそうでこれまた楽しみ。

立体化のかなわなかった家出少女、スージーQ(婆)、ローゼス、シェリー、フィリップス上院議員、その他諸々の方々を、
キャラヒーローズEX ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~しぼりカス編~ として是非!


というか、このテのトレフィグを集める人は、全種コンプしたいという人が多くを占めていると思うんですが、
WEB限定特典って収集しようとしている人を逆に遠ざけてしまっているという事はないのかな?
シークレットはともかくWEB特典まで含めたコンプとなると、かなり敷居が高くなってしまうような…
欲しい人全員が手にできるような上手い方法を考え出してほしいですね。 いっその事、平等にWEB特典はなしでも?



以上、キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~後編~ でした!

【記事リンク】
キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~前編~
キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~中編~





■キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース -後編- (あみあみ)
■キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ファントムブラッド (あみあみ)

こびとづかん? 

スーパーのお菓子売り場でヘンテコなものを見つけたので買ってみました。
パッケージに こびとづかん と書いてある全10種のラムネ入りの食玩です。


こんなの
kobito_01.jpg

ブラインドBOXではなかったので、バリエーションの異なる3種をチョイスしてみました。
全10種中、8種類は1番左のような人型タイプ。


kobito_02.jpg

フィギュアと一緒に背景用のカードが1枚付属されていて、このようにして飾るようです。
こいつは ツチノコビト と名前(種類?)らしいです。


kobito_03.jpg

こびとを口にくわえた犬。
パッケージには ガルシア と書かれています。 犬の名前でしょうか?


kobito_04.jpg

シボリオオチチ という名(種類?)のこびとらしい。


kobito_05.jpg

ツチノコビト (上から)


…なんだか、さっぱり理解できません。
あまりにも理解不能なのでパッケージに載っていたアドレスから公式サイトを覗きにいってみました。
【リンク】 こびとづかん公式HP

10年くらい前の作り!という感じのHPが出てきました。
しかし公式HPを見ても何がなんだか理解できません。

各種書籍やDVDが発売されているようなので Amazon の商品ページを見てみる事に。
絵本のレビューでは随分と好評のようで子供にも人気とか。



結局、何がなんだか分かりませんでした。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー2号 (THE FIRST Ver.) 

S.H.フィギュアーツより 仮面ライダーTHE FIRST版 仮面ライダー2号が発売されました。


パッケージ
MaskedRider2_First_01.jpg

パッケージ裏の一言は 「ケリをつけるぞ」 です。


MaskedRider2_First_02.jpg

頭部からのぞく後ろ髪の色がFIRST版では黒になっています(NEXT版は茶色)


MaskedRider2_First_03.jpg

NEXT版はダメージ痕やリジェクションによる汚し塗装が施されていましたが、FIRST版はダメージを負う前の綺麗なマスクを再現。
背中とグローブにショッカーのマークが印刷されているのは嬉しい追加変更点。


MaskedRider2_First_04.jpg

付属品
マフラー(垂れ)、マフラー(なびき)
開き手A×2、手刀タイプの手×2、開き手B×2

パッケージの状態では握り手×2が装着。

マフラーは1号とはまた違う表情で造形されています。


MaskedRider2_First_05.jpg

パッケージされていた状態のもの / 腰のベルトパーツの向きを上下入れ替えたもの

パッケージの状態だとベルト脇にあるパーツ(エナジーコンバーター?)のモールドの向きが劇中のものとは逆になっています。
調べてみたところ背面側のベルトのバックルの向きも逆になっているのが確認できました。

という事で、腰パーツの上下を入れ替えて装着しなおしました(画像右)
これでモールドや、背面のベルトのバックルの向きがまともに!
…なっているんですけど、腰パーツの上下の向きを変えてしまうと股関節パーツとの合いに妙な違和感が出てしまうような。

向きを変える前の状態(画像左)だと、腰パーツのツナギ部分でネジ穴が隠れるよう造形されているようにも見えるし…
とは言え、裾の広がり具合の感じだと画像右のほうが自然に見えるし(2号のツナギは上下一体なので裾もクソもないんですが)

腰のパーツの上下の向き自体はネジ穴が隠れるようになっている画像左のものが正解で、
モールドの向きと腰パーツ背面のバックルの向きだけが間違っちゃったとか? …そんな事ってあるのかなぁ?
……う~ん、分からん!

このモールドと背面側のベルトのバックルの向きの間違いはNEXT版の時からですね。


MaskedRider2_First_06.jpg

どう見てもNEXT版の頭部にしか見えません…
 
MOVIE REALIZATIONでも FIRST と NEXT 2種が発売されましたが、あれはあれで両方共FIRST版の白ライン頭部なんですよね。
…もう、ヤダ('ω`;)


MaskedRider2_First_07.jpg

女の取り合い開始!


MaskedRider2_First_08.jpg


MaskedRider2_First_09.jpg

一文字のぐるぐる回転キック


MaskedRider2_First_10.jpg

炸裂!


MaskedRider2_First_11.jpg

仲直り


MaskedRider2_First_12.jpg


MaskedRider2_First_13.jpg


MaskedRider2_First_14.jpg

ライダァァァァァダブルキィィィィィィック!


もう、あれこれ書くのも面倒です。
ちゃんと再現されていません! 以上!

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー2号 (THE FIRST? Ver.)でした。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー1号&サイクロン号 (THE FIRST Ver.) 

S.H.フィギュアーツの第一弾として発売された仮面ライダー1号(THE NEXT)の別カラーバージョンとなる、
仮面ライダー1号(THE FIRST Ver.)と、その専用マシン サイクロン号をまとめて紹介。



■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー1号(THE FIRST Ver.)
MaskedRider1_First_01.jpg

S.H.フィギュアーツがシリーズを開始してから、しばらくは手を出さずスルーを決め込んでいたんですが、
うっかり、こいつの元となったNEXT版 1号、V3、ショッカーライダーを購入してしまったために…

と、自分のつけている過去の買い物リストを眺めていたら、S.H.フィギュアーツ収集の呼び水となったのは、
実はNEXT 1号、V3、ショッカーライダーではなくNEW電王だった事が判明!

NEW電王を予約したのをきっかけに、その5日後にNEXT 1号、V3、ショッカーライダーを購入('A`)
そのあと当時、どこにもなかったNEXT 2号を探しだして購入('A`)
その4日後にカブトとコーカサスを購入('A`)
さらに3日後にキックホッパー&パンチホッパーを購入('A`)

……私がよくやってしまう悪しきパターン。
この後追い一気収集の状態に陥った場合に、最も危険な対象商品となるのがガンダム!


S.H.フィギュアーツ収集の最初期アイテムのリペイント版だけに、ちょっとした懐かしさを感じて脱線!
そんな年数経ってないんですけど、随分と昔のような。

パッケージ裏の一言は 「俺はただ、美しいものを守りたいだけだ」 です。


MaskedRider1_First_02.jpg

NEXT版と比べて大きな変更点というのは頭部とカラーリングくらいですかね。
完全に好みの問題になりますが、私はこの鮮やかなブルーが好きなのでFIRST版のほうが好みです。


MaskedRider1_First_03.jpg


MaskedRider1_First_04.jpg

付属品
マフラー(垂れ)、マフラー(なびき)
開き手A×2、手刀タイプの手×2、開き手B×2

パッケージの状態では握り手×2が装着されています。


MaskedRider1_First_05.jpg

正気に戻るシーン。
五代雄介だったら 「青くなった…」 と言うに違いない。


MaskedRider1_First_06.jpg

初期モノとは思えない可動を持つ素体ですね。


MaskedRider1_First_07.jpg

ライダァァァァーッ…


MaskedRider1_First_08.jpg

パーンチッ!


MaskedRider1_First_09.jpg

ライダァァァァーキィィィィック!


MaskedRider1_First_10.jpg

しゅたっ!

武器を持って振り回すというライダーじゃないだけあって、付属品にやや寂しさを感じます。
本体がカラーバリエーション的なものだけに、付属品だけでも何かプラスアルファになるものが欲しかったですね。
NEXT版と異なる形状のマフラーでも付属してくれば、それぞれまた違った表情が出せたと思うんですけど。

…というか、FIRST版の発売時にはサイクロンの発売が決定していたのにバイク用の握り手がつかないとか('A`)

個人的には相当、カッコいいと思うんですが、なんだか売れ行きのほうイマイチらしいそうで… 
NEXT版を持ってるから要らん!という事なのでしょうか? それとも映画が面白くない微妙だったせいでしょうか?
カッコいいアレンジのデザインだし、劇中アクションもそれなりに満足いくものだったしイマイチ盛り上がりに欠けるのは何故かしら?
やっぱり映画後半の恋愛、純愛なウエンツ物語が超ダルかった微妙な感じだから?
まぁ正直、映画はあまり ピー(自主規制) ですね('ω`;)



■S.H.フィギュアーツEX サイクロン号(THE FIRST Ver,)
MaskedRider1_First_11.jpg

白を基調に赤い文字のパッケージが妙にカッコいいです。


MaskedRider1_First_12.jpg

ベースとなった元車はマシンハードボイルダー(スカルボイルダー)同様、HONDAのCBR1000RR。
ただし、ハードボイルダーの元車になったCBRとは年式に違いあり。 サイクロンは2005年式(多分)


MaskedRider1_First_13.jpg

仮面ライダーの専用マシンとはいえ、ゴテゴテとしたデコレーションで飾っていないので非常にシンプルです。


MaskedRider1_First_14.jpg

各ギミック
・ハンドルと連動して左右にタイヤがきれる。
・リアのサスペンション可動。
・スタンドの可動。
・タイヤころころ。


MaskedRider1_First_15.jpg

画像(左上) : ちょっとフロントカウルが尖りすぎかな。
画像(右上) : メーターの再現はなし。 トップブリッジ周辺の細かい塗り分けもされていません。
画像(左下) : マフラーの色は、もっとエグイくらい濃いほうが雰囲気が出たんじゃないかなと思います。
画像(右下) : さすがにフロントフェンダーのカーボン表現の再現はされておりません。
         が、驚くべきはブレーキディスクのフローティングピンが塗り分けられている事。 こういう細やかさをもっと随所に!

バイクに対して拘りがあるのか無いのか… 力の入れ所の基準がまったく分からん!
メーターはシールでもいいので付属してほしいですね。


MaskedRider1_First_16.jpg

ここはちょっと… と思った所。
・サイドの肉抜き丸見えマフラー('A`)
・センター出しのごんぶとなマフラー。 これははいくらなんでも太すぎ。 車のタイコみたい。

テールカウルとマフラーの隙間にある白いパーツも見栄えを損ねていますね。


今まで何台か単車を乗り継いできていますが、単車を購入をすると同時にいつもモリワキのマフラーも購入しています。
こんな煌びやかなチタンマフラーではなく、ショート管と呼ばれる地味めなやつなんですけどね。
そんなモリワキ大好きユーザーな私から一言。

こんなテキトー極まりない造形をした人間は、1回、モリワキに叱られてしまえ! ガルルルル


MaskedRider1_First_17.jpg

付属品
軟質素材のハンドルパーツ(左右)、クリアのスタンドベース

パッケージの状態ではハンドルパーツはプラ製のものが装着されています。

クリアのスタンドは、ハードボイルダーに付属してきた黒のものと比べ数段いいですね。
コケた時の破損防止用という意味合いでの軟質のハンドルパーツ付属なんでしょうか?
非常に気の利いたナイスな付属品だとは思いますが、ライダーを乗せるための肝心な専用手首を付属させないで、
一体、何を付属させているんだ?と… それ以外の感想が出てきません。

付属させるべきものの優先順位がどこかおかしいと思う。


MaskedRider1_First_18.jpg

1号を乗せた感じは悪くないと思います。
ただ、やはり専用の握り手くらいは付属しくれとしか…

ちなみに私はクラッチレバーには人差し指と中指の2本掛けをするタイプです。


MaskedRider1_First_19.jpg


MaskedRider1_First_20.jpg

やっぱりこの手では、ハンドルにふんわりタッチという感じにしか見えませんねー


MaskedRider1_First_21.jpg


サイクロン自体は致命的な欠点というほどのものもなく、パッと見の印象だけで言えばよい出来と言ってもいいのではないでしょうか。
細部の追加塗装、自作デカール等でメーターや、ステッカー類の再現をすればさらに劇中に近い雰囲気になると思います。

細部の細部まで、実車と比べるとなると異なる所しか出てこないような気がするので、そこまではチェックしません。
さすがにそこまで再現するのは最初から不可能だと思っているので、本当に細かな部分はスルーしますが、
太すぎるセンター出しマフラー、肉抜き丸見えなマフラー等のパッと見て分かりやすい箇所はもう少し力を入れてもらいたいですね。

ともあれ、サイクロン自体大崩れした造形ではないと思うのでディテールアップするだけで大化けしそうです。
決して悪くはないんだけど、どこか肝心な何かがヌケてる。 最近のS.H.フィギュアーツはそういうのが多い気がします。

それはそうとマフラーを直したいんだけど、どこからバラしていけばいいんだ?これは。


以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー1号(THE FIRST Ver.) & S.H.フィギュアーツEX サイクロン号(THE FIRST Ver.)でした。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー1号(THE FIRST Ver.) (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツEX サイクロン号(THE FIRST Ver.) (あみあみ)

S.I.C. 仮面ライダーストロンガー 首の可動化&頭部(目)発光改造 

先日、発売となったS.I.C. 仮面ライダーストロンガーの首を可動化させてみました。
ついでに可動化させた際に死んだ発光ギミックも復活させてみました。
【記事リンク】 S.I.C. Vol.55 仮面ライダーストロンガー&電波人間タックル

S.I.C.の仮面ライダーストロンガーですが、頭部(目)と胸部に発光ギミックが搭載されている関係で首の可動がなくなっています。
それに加え、私のは棚の上に飾っていたところスイッチオフの状態にも関わらずボヤーッとした光を発するように…('A`)
どんだけ繊細なんだ?このホタル奇械人は!

という事で勝手に発光してしまう状態だけでも直そうと散々いじってみましたが、一旦は発光がおさまるものの、
気がつくと再び発光しているという事が何度も続き、いよいよ我慢の限界がきたので発光ギミックを潰して首を可動化させました。


sic55_Stronger_Kai_01.jpg


sic55_Stronger_Kai_02.jpg

首、首、首、首


- 最初にお断り -
発光ギミックとの格闘中、怒りでムキーッとなった状態で切り刻みはじめてしまいました。
完全にノープランなまま手をつけた改造なので、かなり行き当たりばったりです。
しかも肝心な画像を撮影していなかったり、参考になるかどうかかなり怪しいです('ω`;)



購入時のストロンガーの頭部(首)を前方へ押すように傾けると、首の背面側下方にボディへと繋がる配線が見えると思います。
そこの配線をカットしてしまいます。
下の画像は配線をカットした後、頭部(首)を引っこ抜いた状態からの説明になります。

sic55_Stronger_Kai_03.jpg

頭部と首とをカット。
頭部内にパテを詰めて、パテの硬化後にボールジョイントの受けパーツをはめ込み。
頭部下側は、ヘルメットの淵を残すようカット(頭部内に詰めたパテとの段差は2mmくらい)

使用したボールジョイントは HOBBY BASE(イエローサブマリン)から発売されている関節技です。

・大サイズ×4(ボールジョイント6mm径)
・中サイズ×6(ボールジョイント5mm径)
・小サイズ×4(ボールジョイント3mm径)

というセット内容で500円ほど。 今回、使用したのはボールジョイント5mm径の中サイズ。



お次は首 
sic55_Stronger_Kai_04.jpg

首のパーツはそのまま流用。
首パーツ(画像右)の白マフラーの黒くなっている所が、首の可動を妨げるよう出っ張りが造形されていた部分です。 そこをカット。

※書いている本人ですら理解に苦しむ分かり難い説明になってしまったので画像を追加('ω`;)
sic55_Stronger_Kai_17.jpg

元々の首の造形は画像左のような感じで造形されていました。(真上から見たイメージで)
このピンクの外へ張り出した部分が画像右のボディ矢印部に干渉して首の可動を妨げるので、それをカットしてあげるという事です。


sic55_Stronger_Kai_18.jpg

画像左の接続軸(赤矢印の部分)にも出っ張りがあり、画像右の切り欠き(黄色矢印の部分)にハマるようになっています。
これも首可動の邪魔になるので切り飛ばしてしまいます。


あとは頭部と現物合わせして首回りにパテを盛ったり削ったり、全身とのバランスを見ながらボールジョイントの差込み穴を開けたり。
ストロンガーだから少し首が埋まっていたほうがいいとか、好みがあると思うので調整は個々にお任せ。

私のはもう一回り首を太く、アゴを引いた時に首の後ろに隙間があいてしまうのでその辺をさらに調整かな。
可動を確保しつつ、見栄えよくするのも難しい…


sic55_Stronger_Kai_05.jpg

首にボールジョイントを埋め込んで塗装。
塗装してしまえば、それなりに見えるものです。 と自分に言い聞かせる。


sic55_Stronger_Kai_06.jpg

首の可動は以上! …ほとんど説明になっていない気がしますが



続いて胸
sic55_Stronger_Kai_07.jpg

首をいじる前の画像ですねー
胸のパーツは、両脇と腹部下側から精密ドライバーを差し込みグリグリとこじ開けて取り外しました。
右脇 → 下腹 → 左脇 という感じでローテーションさせながらグリグリするのが良いと思います。

矢印の位置がピンで接続されてる所です(緑矢印のピンは折れました)


…って、撮影日時が9月27日! …放置しすぎです('A`)


sic55_Stronger_Kai_08.jpg

外した胸パーツ裏側をS字マークを残して塗装。


sic55_Stronger_Kai_09.jpg

塗装前 / 塗装後 (どちらもストロンガーは斜め向き)

画像だと微妙になっちゃいますね。


sic55_Stronger_Kai_10.jpg

こちらは塗装後(ストロンガー正面)のもの。
まぁ、Sの字を綺麗に光らせるこの処理はおまけみたいなものなので。



最後に頭部(目)の発光
sic55_Stronger_Kai_11.jpg

頭部のみ発光 / 胸のみ発光 / 両方発光

無ければ無いで全く困らない頭部の発光ギミックですが、せっかくなので復活させてみました。 やっつけですが。


sic55_Stronger_Kai_12.jpg

首を可動化させる前の画像です。
頭部LEDは黄色の矢印部でピン接続されています。
LEDの配線は赤いラインの部分、首の中心からやや後方に小さな穴が開いていてそこをボディまで通っているイメージです。
参考までに。


sic55_Stronger_Kai_13.jpg

頭部内側のスペースに自作電池BOX、LED、スイッチを配置して頭部(目)の発光を再現しようと思いましたが、
首を可動化させた時に、頭部内側の半分ほどをパテで埋めてしまったので限られたスペースしかありません。
なので、スイッチの設置は断念、単純に電池と端子の間に絶縁シート的なものを挟み簡易的に電源の切り替えをする事にしました。

スイッチを内臓した所で一旦、前面のマスクを外しオン・オフを切り替える訳ですからね。
絶縁シートを抜き差しするのと手間は変わらん。 …と、自分に言い聞かせます。

画像:右
・その辺にあった金具とプラ板(1mm)を組み合わせたものに、その辺にあった配線とLEDをハンダ付けしたテキトー電池BOX。
・薄いプラ板(多分、0.2mm)をカットして作ったテキトー絶縁シート。
・テキトーではない、ちゃんとしたボタン電池。

LEDは元の基盤(?)が大きいので小さくカットしました。
ボタン電池は CR1220 という型番(?)、直径12mm、3Vのもの。

それを頭部の空きスペースに詰め込みます。




















sic55_Stronger_Kai_14.jpg

ウォーズマン!
目玉は全く関係ありません。 …暇だったもので、つい。

テキトー電池ボックスやら電池やらを詰め込んでる内部スペースは、微妙に彫刻刀で削り広げています。


sic55_Stronger_Kai_15.jpg

絶縁シートを引っこ抜けばちゃんと発光してくれます。
※頭部内に配置した電池ボックス等は接着とかしていないので、いつでも取り外す事ができるようにしてあります。


sic55_Stronger_Kai_16.jpg


以上、行き当たりばったりで改造した首の可動と、頭部(目)の発光でした。
ハンダ付けをしたり、手間暇かけてやった割りに早々と頭部に詰め込んだものは取っ払ってしまいました(笑
頭部と首との接続部をもう少し上手く処理すれば、もっと頭部内側のスペースに余裕ができるかもしれません。
首の可動を活かしつつ、頭部(目)も発光させたいという人の何かの参考になれば…

頭部(目)の発光に関しては、首可動のついでにやったものなので、本当に適当です。
まぁ、やりようによっては首の可動と頭部(目)の発光を両立できますよって事でー

胸のLEDやスイッチ回りも全て分解してみたかったのですが、手を出すとまた面倒な事になりそうだったので今回は見送り。
という事で、どこをどういう風に配線が取り回されているのか全く把握できておりません。
私のは頭部のLED配線をカットしても、胸のLEDが生きていましたが全ての個体がそうだという保障もありません。
実際に改造、改修をしてみようという方は頭部はおろか、胸のLEDさえも死んでしまうかもしれないという事を念頭に入れて、
自己責任でおこなってください。
肝心な箇所の画像がなくて大変、分かり難かったかと思いますがご勘弁を。


注意!)分解、改造をおこなう方は自己責任でお願い致します。
     既に改修された方のやり方を参考に、自分なりに注意した方が良い箇所等をまとめました。


頭部のLED配線をカットしてからも暫くの間、胸のLEDはボンヤリと光っていたんですがいつの間にか直っちゃいました。
あのボンヤリ発光は一体、何だったんだろうか? ともかくS.I.Cはこういうギミック勝負じゃなくて、アレンジと造形でやっていこうよー


以上、S.I.C. 仮面ライダーストロンガー 首の可動化&頭部(目)発光改造でした。
[ 2010/10/09 08:00 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)

ULTRA-ACT ウルトラマンベリアル 足首の可動改修  

先日発売のウルトラマンゼロと絡ませていて、ベリアル様の足首可動の渋さからくる接地性の悪さというのを改めて思い知りました。
という事で、今更ではありますがディスプレイケースから引っ張り出したついでにいじってみました。

では


Ultraman_Belial_Kai_01.jpg

使用したのはHOBBY BASE(イエローサブマリン)から発売されている関節技 球体ジョイント(ダークグレイ)

・12mm径のジョイント×1
・10mm径のジョイント×4
・ 8mm径のジョイント×3
・ 6mm径のジョイント×3

というセット内容で500円ほど。

今回は8mm径ジョイントを使用。


Ultraman_Belial_Kai_02.jpg

ベリアルの脚からジョイントを引っこ抜いて、ピンバイスで足に穴(3mm径)を開けるだけ。
画像左側のは、元々ベリアルで使用されていたジョイントです。 形状だけでも参考にしてください。

※球体ジョイントが奥まで差し込めるよう、開口した穴の入り口周辺部だけデザインナイフで少し広めに削ってあります。


Ultraman_Belial_Kai_03.jpg

ジョイントの軸を真っ直ぐにした状態で穴に突っ込んでみました。
大体、開口した穴の角度は右画像のような感じです。

※ピンバイスでの開口作業でパーツを貫通してしまわないよう注意してください!


Ultraman_Belial_Kai_04.jpg

元のジョイントと比較。
球体ジョイントに変更すると数mm身長が高くなってしまいます。 …が気にしない。

ベリアル本体の脚のほうの加工はなし。 組み直せば完成!
ですが、元から脚に開いていた穴とのテンションを調整するために球体ジョイントの軸の部分を瞬間接着剤で太らせてあります。


Ultraman_Belial_Kai_05.jpg

実際に取り付けた状態です。


Ultraman_Belial_Kai_06.jpg

接地性が格段に向上しました。


Ultraman_Belial_Kai_07.jpg

M78私立ウルトラ学園、創立以来のワル というような事も可能に。


簡単な改修方法で済むので、足首の可動に難ありと思っている方はぜひ挑戦を!
足に穴を開けるという、本体に手を加えなきゃならない改修に抵抗がある方もおられるかもしれませんが効果は大きいと思います。

注意!)分解、改造をおこなう方は自己責任でお願い致します。
     既に改修された方のやり方を参考に、自分なりに注意した方が良い箇所等をまとめました。


以上、ULTRA-ACT ウルトラマンベリアル 足首の可動改修でしたー。
ホント、小ネタですが。




[ 2010/10/07 02:13 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(0)

ULTRA-ACT ウルトラマンゼロ 

光の国のニューカマー、セブンの息子、そして悪たれ。
ウルトラマンゼロがULTRA-ACTで発売となりました。


パッケージ
Ultraman_Zero_01.jpg

いつもの洒落た感じのパッケージです。
既に発売されているウルトラマン(初代)、ベリアル、ゴモラに比べ1番コンパクトなサイズとなっています。
ウルトラ系の標準的なパッケージサイズになりそう。


Ultraman_Zero_02.jpg

可動箇所の分割部に跨りながらも、ややこしい模様がきっちりと再現されています。
プロポーションに関する不満はちょっと首が長いかな?という程度。

平成三部作と呼ばれるシリーズ以降、カラフルなウルトラマンが増えていますがゼロもその流れを汲むボディカラーですね。
なんでも、スーツの造形中にボディカラーの変更があり青が追加されたとか(腹部の模様も微妙に変更かな?)
個人的には変更する前の赤とシルバー2色のほうがシンプルでカッコよかったと思います。 いかにもセブンの息子って感じだし。

しかし、父親であるセブンから特訓を受けたレオが師という設定は粋ですな。


Ultraman_Zero_03.jpg

ウルトラマン(初代)のように関節が緩いという事もなく、ベリアルのように足首の可動が狭く接地性が悪いという事もありません。
が、ベリアルと比べると股関節の可動がちょっと渋めになっていて、あまり大きく脚を開く事ができません。

胸から背中へ回り込んでいるプロテクターは軟質素材になっています。
またプロテクター自体可動させる事ができ、腕を水平状態まで上げると肩がプロテクター内に潜り込むよう設計されています。


Ultraman_Zero_04.jpg

付属品
ゼロスラッガー×2、ゼロツインソード、ゼロツインシュート再現用パーツ、ゼロスラッガー取り外し時の頭部、カラータイマー(赤)
手刀タイプの手×2、開き手×2、武器持ち手×2

パッケージの状態でゼロスラッガー付き頭部、カラータイマー(青)、握り手×2が装着されています。


Ultraman_Zero_05.jpg

ゼロスラッガー付き頭部 / ゼロスラッガー取り外し時の頭部

目はクリアパーツで再現。
ゼロスラッガー付き頭部の目は全体がイエローで、淵がオレンジで濃く再現されていますが、
ゼロスラッガー無しの頭部の目は全体がオレンジ色になっています。


Ultraman_Zero_06.jpg

カラータイマー(青) / カラータイマー(赤) / ゼロツインシュート再現


Ultraman_Zero_07.jpg

エメリウムスラッシュ


Ultraman_Zero_08.jpg

ワイドゼロショット
最近のはこんな感じよね。


Ultraman_Zero_09.jpg

ウルトラゼロキック

レオの弟子と考えると蹴り技もキマってみえますね。
でも、何か新しい技が欲しいという事でわざわざ採用したダブルニーキック(名前の通り両膝でかますキック)はかっこ悪いと思う。 


Ultraman_Zero_10.jpg

ゼロスラッガーの両手持ち


Ultraman_Zero_11.jpg


Ultraman_Zero_12.jpg

ゼロスラッガー


Ultraman_Zero_13.jpg

飛んでけー!


Ultraman_Zero_14.jpg

ゼロツインソード


Ultraman_Zero_15.jpg


Ultraman_Zero_16.jpg


Ultraman_Zero_17.jpg


Ultraman_Zero_18.jpg

ゼロツインシュート


Ultraman_Zero_19.jpg


胸部のプロテクターは上手い事、処理したなと感心ですね。
関節の緩さ等は解消され安定してポーズ付けしやすくなっていますが、股関節なんかはまだまだ可動範囲を広く取れそうです。
メーカーさんの頑張りに期待!
他の人からの不満の声をあまり聞かないので個体差だと思いますが、私のは上腕に設けられたロール軸の接続部分が緩く、
やたらスポスポと抜けてしまうので調整してあげる必要ありでした。

今冬にはウルトラマン45周年記念作品 『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』 が公開(2010年12月23日より)
そのプロローグとなるオリジナルDVDなどもリリース予定など、まだまだ今後も活躍の幅を広げていきそうなウルトラマンゼロですが、
早くもウルティメイトゼロやカイザーベリアル、魂ウェブ商店限定のダークロプスゼロなど予約が開始されているようで...
映画やDVDと同時進行で、早々と玩具の商品化も進めるフットワークの軽さはさすがの一言。
ただ、魂ウェブのダークロプスゼロくらいは、ゆっくりとDVD鑑賞してから購入か否か決めさせてー

ゼロは好きなウルトラマンなので盛り上がるのは大いに結構なんですが、こちらが盛り上がれば盛り上がるほど、
ウルトラ6兄弟+しし座兄弟の揃うのが遠のいていくような('ω`;)


ULTRA-ACT ウルトラマンゼロでした。 終わり





■ULTRA-ACT ウルトラマンゼロ (あみあみ)
■ULTRA-ACT ウルティメイトゼロ (あみあみ)
■ULTRA-ACT ウルトラマンベリアル (あみあみ)
■ULTRA-ACT カイザーベリアル (あみあみ)
■ULTRA-ACT ウルトラセブン (あみあみ)
[ 2010/10/05 22:05 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(0)

東映ヒーローネット限定 S.I.C. 仮面ライダーNEW電王 ストライクフォーム 

東映ヒーローネット限定 S.I.C. 仮面ライダーNEW電王 ストライクフォームが届きました!
(受注受付期間 2010年5月1日~2010年6月14日)


では、ご紹介!


パッケージ
sic_New_Deno_Strike_01.jpg

以前、ご紹介した魂ウェブ商店限定のコハナ&ナオミと同じタイプの豪華パッケージです。
【記事リンク】 魂ウェブ商店限定 仮面ライダー電王 コハナ&ナオミ

今後、S.I.C.の限定品全てがこのタイプのパッケージになるんでしょうか? 電王だけ?


sic_New_Deno_Strike_02.jpg

この金色はシャンパンゴールドっていうんですかね? 藍色のボディカラーに妙にマッチしていて綺麗です。
ただ、他の身体の部位と比べ太ももだけが、つや消しっぽくなってしまっているのが残念。
アレンジ具合は良い感じ。

個人的に装飾過多、装飾肥大なキャラはあまり好きではないのですが、NEW電王は何故かツボに入る造形をしているんですよね。


sic_New_Deno_Strike_03.jpg

肩のうねったデンレールのハッタリが効いていてカッコいい。
背面側のダクトのようなパーツの内部にもしっかりとモールドが彫ってあります。
S.I.C. 電王シリーズでお馴染みの隠し文字ですが、肩の装飾パーツ側面にゴチョゴチョっと NEW という文字があしらわれています。


sic_New_Deno_Strike_04.jpg

付属品
マチェーテディ、武器持ち手×2、開き手×2、ライダーパス
その他、パッケージの状態で握り手×2が付属します。
※デンガッシャー(ソード、ロッド、アックス、ガン)の4種は本体に装着済みなので画像には載っておりません。

既に何体もの電王キャラを購入し、その都度、本体へ装着させているにも関わらずデンガッシャーそれぞれのパーツが、
どこへ、どのような向きで装着すべきなのか未だに…('ω`;) 説明書頼みッ!


sic_New_Deno_Strike_05.jpg

マチェーテディ。
田吾作と契約した青鬼イマジン 天丼が変身した武器形態。
幸太郎と契約した青鬼イマジン テディが変身した武器形態。

グリップが太めに造形されていて、付属の持ち手でガッチリと握らせる事ができます。
今回は、武器が持ち手の中でクルクルと回ってしまうというストレスがありません!


sic_New_Deno_Strike_06.jpg

口が開閉可能なテディ。 カワイイ。


sic_New_Deno_Strike_07.jpg

挑戦してみましたが、なんとも決まりきらないポーズに…


sic_New_Deno_Strike_08.jpg

パチッ!パチッ! 「テディ」

指鳴らしハンドは付属させてほしかったですねー


sic_New_Deno_Strike_09.jpg

テディ   「カウントは?」
幸太郎 「10 …いや、5でいいや」


sic_New_Deno_Strike_10.jpg

テディ 「 5 」


sic_New_Deno_Strike_11.jpg

テディ 「 4 」


sic_New_Deno_Strike_12.jpg

テディ 「 3 」


sic_New_Deno_Strike_13.jpg

テディ 「 2 」

Full Charge!


sic_New_Deno_Strike_14.jpg

テディ 「 1 」


sic_New_Deno_Strike_15.jpg

テディ 「 ZERO 」

以上!


電王系のアレンジ具合が絶妙なのか、S.I.C.アレンジの加わった電王のライダーはどれもカッコ良くなりますね。
付属品に物足りなさは感じましたが、アレンジも良いしかなりの満足度!
これで指鳴らしハンドが付属して、マチェーテディを背中にかつぐ事ができる仕様だったら申し分なかったですね。
持ち手で武器をしっかりと持たせられるどころか、武器の重さに関節が負けて保持できないという事もないみたい(今の所)
…撮影し終わる頃には下半身と胴体の各部関節はグニョングニョンでしたが('ω`;)


通常ナンバリングで電王が連続リリースされた時は、 いい加減、もう電王はいいだろう! と嫌気にも近い思いがありましたが、
流石に、ここまでキャラを揃えてくるとなると 出すとこまで出しちゃってー! となってきますね。

現在、開催されている 「TAMASHII NATION 2010」 (2010年10月1日~3日迄)では電王シリーズ補完を謳って、
数々の作例が展示されているようなので、放っておいても本当に全キャラ商品化まで突っ切っちゃいそうな感じではありますが。
補完というからには当然、マシンデンバードもあるんですよね?ね?ね? お願いします!

…微妙に買わなきゃ良かった感漂うコハナ&ナオミですが、買っておいて良かった!となる日はくるか?




[ 2010/10/03 08:49 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)

あっさりショート 

先日、発売となったS.I.C. Vol.55 仮面ライダーストロンガー&電波人間タックルですが、
ストロンガーの首の可動を犠牲に、頭部と胸に発光ギミックが搭載されたというのは記事でご紹介した通り。
【記事リンク】 S.I.C. Vol.55 仮面ライダーストロンガー&電波人間タックル


その首の可動をなくしてまで搭載した発光ギミックがですよ!

もう一回言います。


その首の可動をなくしてまで搭載した発光ギミックがです!

ただ棚に飾っておいただけのストロンガーの発光ギミックが!

























スイッチオフの状態でボンヤリと薄暗~い光をはなっています('ω`;)


なんですか?このポンコツ奇械人
[ 2010/10/02 22:27 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ ナスカ・ドーパント 

魂ウェブ商店限定(2010年9月分おまとめ商品)からS.H.フィギュアーツ ナスカ・ドーパントです。
(受注期間 2010年5月28日~2010年7月20日)

まさか、こんなにも早々にドーパントの商品化があるとは予想もしておりませんでした。


パッケージ
NASKA_Dopant_01.jpg

それっぽいカラーリングです。
裏には 「私の街から、消えうせたまえ」「言っただろう。私もこの街を愛していると」 の台詞。


NASKA_Dopant_02.jpg

特徴的なダボッとしたパンツも見事に再現されております。


NASKA_Dopant_03.jpg

鮮やかな色合いのマフラーもしっかりと! グラデーションが綺麗です。


NASKA_Dopant_04.jpg

しっかりとした資料らしきものを持っていないので、ナスカの細部をマジマジと見るのは初かな。
可動は首(アゴが引けない)と足首の接地性が悪いのがちょいと難点。
パッケージの写真を見る限り、本来は口元のクラッシャーのようなパーツ(下アゴ部)が一段出っ張っているような感じなんでしょうか?

塗装は所々、オレンジの部分が薄く下地の青が透けてしまっているのが残念ですねー


NASKA_Dopant_05.jpg

付属品
剣、武器持ち手×2、開き手×2、開き手(表情違い)×2

パッケージの状態で握り手×2が付属。
※マフラーは本体装着済みなので画像にはありません。


NASKA_Dopant_06.jpg

マフラーはボールジョイント接続となっています。
左右には振れますが、後方へ跳ね上げるように可動させる事はできません。

背中にもナスカの地上絵みたいなの(有名な鳥っぽいやつ)があるんですね。 …マフラー広げて、ようやく気づいた('ω`;)


NASKA_Dopant_07.jpg

剣にもなんだかよく分からないデザインが施されています。


NASKA_Dopant_08.jpg


NASKA_Dopant_09.jpg


NASKA_Dopant_10.jpg

園咲家を離れたあとも、まだまだ活躍させてほしかったですね。


NASKA_Dopant_11.jpg


NASKA_Dopant_12.jpg

それっぽい炎のような羽エフェクトパーツと一緒に飾ったら映えそうです。
LOB ビランビーの羽がそれっぽく見えるかな?と思って押入れから引っ張り出そうとしましたが、ふすまを開けて5秒で閉めました。
…無理です、無理です!あんな中から探し出すのは('ω`;)


NASKA_Dopant_13.jpg


元デザインからしてカッコいいですし、またそれを見事に立体化していると思います。
アクションフィギュアとしてみると首や足首の可動域の狭さが凄く残念ですが、それ以外はあまり不満はありませんね。
飾り栄えするプロポーションは見事だと思います。
肩の可動も微妙なんですが、肩アーマーの接続部を内側へ隠して見栄えが良いという事でプラスマイナスゼロ。

こうしてライダー枠とは別に人気のあるキャラが商品化されていくのは本当に喜ばしいです。
この流れは今後とも続いていってほしい所ですね。

10月1日から開催されている 「TAMASHII NATION 2010」 では園咲家の面々が展示されているようですね。
関節が仕込まれているのを確認できたのはクレイドールだけですが、是非とも園咲家全員S.H.フィギュアーツZEROではなく、
S.H.フィギュアーツで発売してほしいなぁ。 テラードラゴンとかはS.H.フィギュアーツZEROでもいいけど。


以上、魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ ナスカ・ドーパントでした。






■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW サイクロンジョーカー (あみあみ)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。