トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 エコーズACT2&エコーズACT3 

超像可動 広瀬康一&エコーズACT1と同日発売となった、エコーズACT2&エコーズACT3のご紹介です。

基本、ひと月に1体発売という販売形態をとっているメディコス 超像可動。
スタンドと本体が揃うのに月をまたがなくてはならなく、毎度モヤモヤ、ヤキモキとさせられますが、
本体キャラとスタンドが、まとめていっぺんに発売される今回のようなのもたまには良いもの!

発売を心待ちに、モヤモヤしている時もまた楽しかったりするので今まで通り月1体ペースでオッケー、オッケーなのですが。
金銭的な…フガフガ …問題もあるので。


パッケージ
sas20_EchoesACT2_ACT3_01.jpg

サイズは康一くん&ACT1と同様の幅広パッケージです。
【記事リンク】 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 広瀬康一&エコーズACT1



■エコーズACT2
sas20_EchoesACT2_ACT3_02.jpg

これまた小さいサイズで頭から足までで約3.5cm
首と尻尾の付け根にジョイントを使用。

尻尾の付け根のジョイントって左右に振る事はできないのかなぁ?
尻尾の向きを変えたくて動かそうとするんですけどびくともしなくて… 動かない仕様かしら? ご購入者の方の情報提供 求ム!

尻尾の付け根のジョイントは左右に振る事が可能!
(コメントにて情報を提供していただきました、ご協力ありがとうざいます!) - 2011年1月31日 追記 -


sas20_EchoesACT2_ACT3_03.jpg

鼻先のモールドがちょびヒゲのようです。


sas20_EchoesACT2_ACT3_04.jpg

付属品(エコーズACT2関連)
ベンダブル方式の尻尾、握り手×2、擬音パーツ×2(ベゴン文字 / ドジュウ文字)

パッケージの状態では開いた手が装着されています。


sas20_EchoesACT2_ACT3_05.jpg

付属品(エコーズACT2&ACT3共通)
小サイズのディスプレイ台座(6穴)×2
支柱×2、U字型アーム付きの支柱、L字型の支柱(長、短)1本ずつ


sas20_EchoesACT2_ACT3_06.jpg

肩の接続はボールジョイントで、ヒジ関節はありません。
※肩のボールジョイントは超像可動で使用されている共通関節パーツ クロノスジョイントではありません

横方向へ、かなり大きく広げる事ができます。


sas20_EchoesACT2_ACT3_07.jpg

脚は付け根の部分でロールさせる事が可能です。
ヒザ関節はなし。


sas20_EchoesACT2_ACT3_08.jpg

擬音パーツ
ベゴン文字のほうは球体、ドジュウ文字は円板状のもの、それぞれ異なる形状で立体化されています。
背面側に取り付け用の穴があり、付属品の支柱にさしてディスプレイする事が可能。


sas20_EchoesACT2_ACT3_09.jpg


sas20_EchoesACT2_ACT3_10.jpg

ぶん投げー


sas20_EchoesACT2_ACT3_11.jpg

こっちも、ぶん投げー


sas20_EchoesACT2_ACT3_12.jpg

ご主人様と。



■エコーズACT3
sas20_EchoesACT2_ACT3_13.jpg

首に前後(上下?)の可動部があり、肩・ヒジ・股関節・ヒザ・足首にクロノスジョイントが使用されています。
康一くんではオミットされてしまった、つま先に可動部あり。


sas20_EchoesACT2_ACT3_14.jpg

脚の可動の妨げにならないよう、腰巻きパーツ(前面部)を前方へ動かし可動域を確保する事が可能。

それにしても、腰にこんな突起があったなんてッ!…何度も、何度も、何度も、何度も読み返している漫画なのに


sas20_EchoesACT2_ACT3_15.jpg

付属品(エコーズACT3関連)
開き手×2、手刀タイプの手×2、交換用頭部(口をあけたタイプのもの)

パッケージの状態で握り手が装着されています。


sas20_EchoesACT2_ACT3_16.jpg

口をあけたタイプの頭部
この塗装のヨレヨレ具合はいくらなんでも…('A`)

アル中で禁断症状の出た中国の女工さんに当たったに違いないッ('ω`;)


sas20_EchoesACT2_ACT3_17.jpg

手首のジョイント部に ミクロマン・figma・リボルテック式 の可動が設けられています。
表情付けが豊かになるので、今後チビキャラ商品化の時は是非ともデフォで採用してもらいたいですね。


sas20_EchoesACT2_ACT3_18.jpg

ご主人様と比較


sas20_EchoesACT2_ACT3_19.jpg

脚の可動はヒザ・足首共に物凄く渋いです。
また、股関節は可動させたい方向へクロノスジョイントの向きを調整するのが凄く大変で、かなりイラが溜まります。

どちらにせよ腰巻きパーツに干渉してしまうので、脚を大きく開くような大胆なポーズをつける事はできないと思いますが、
股関節の処理は康一くんと同様の仕様にしてほしかったです。


sas20_EchoesACT2_ACT3_20.jpg

私の所にきたACT3は右肩のジョイント(胴体側の軸)がピクリとも動きませんでした S・H・I・T!ヽ(`Д´)ノ
お湯につけて温めてから徐々に動かして対処。

冬場など樹脂が冷えたりする場合によくあるそうなので、同様の症状がみられる方は、
取扱説明書の 可動部が固い場合は? の項をよく読んで対処しましょう!(自己責任でお願いします)


sas20_EchoesACT2_ACT3_21.jpg


sas20_EchoesACT2_ACT3_22.jpg


sas20_EchoesACT2_ACT3_23.jpg

ACT2&ACT3


sas20_EchoesACT2_ACT3_24.jpg


贅沢な勢揃い。
個人的には、ちょっとACT3が残念だったかな?
もう少し、下半身の可動に力を入れてもらいたかったというのが正直な感想。 …あ、あと塗装。
腰巻きパーツの関係で左右に大きく脚を開く事は無理だとしても、ヒザの可動範囲がもう少しばかり広ければ、
力強く踏ん張ったポーズがサマになるんじゃないかなぁ。

康一くんで使用されていた股関節の処理をACT3にも採用、逆にACT3の可動付きハンドパーツを康一くんにも採用!
と、そんな感じで2体の良い所をそれぞれに使用したら、もっと良くなったんじゃないでしょうか。
ヒザの可動は康一くん、ACT3どちらも渋いのであれですが…

康一くん&エコーズACT1と比べると、付属品に若干の物足りなさを感じるのと、製品の出来という点でマイナスな所もありますが、
ひとセット揃ったという満足感はかなり大きいです!
でも、可動やサイズにこだわりのある人からすると、やはりお高めに感じてしまうかなぁ…


超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 エコーズACT2&エコーズACT3でした。





■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 エコーズACT2&ACT3 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 広瀬康一&エコーズACT1 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 東方仗助 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 虹村億泰 (あみあみ)
スポンサーサイト
[ 2011/01/30 07:35 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(4)

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 広瀬康一&エコーズACT1 

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第4部より広瀬康一&エコーズACT1が発売となりましたー。
また、同時にエコーズACT2&ACT3も発売されたので康一くん&スタンド3体がひと月で揃うという豪華な月。


パッケージ
sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_01.jpg

2体セットという事で、少し幅のあるパッケージとなっています。



■広瀬康一
sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_02.jpg

パッケージ越しに見た第一印象は小っさ!大きさは約9cmくらい

小さいサイズながらも、肩関節や股関節など仗助や億泰と同様の処理がされています。
つま先の可動はオミット。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_03.jpg

相変わらず出来の良い顔です。
学生服は仗助や億泰と比べるとシンプルですね。

仗助、億泰、吉良に続き、康一くんの靴も大流行中の杜王グリーン!(勝手に命名)


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_04.jpg

付属品(広瀬康一関連)
背負いカバン、学生カバン(手さげタイプ)
色々なタイプのハンドオプション×8、交換用頭部


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_05.jpg

付属品(広瀬康一&ACT1 共通)
小サイズのディスプレイ台座(6穴)×2
支柱×2、U字型アーム付きの支柱、L字型の支柱(長、短)1本ずつ。

カバンを背中に背負うと接続用の穴が隠れてしまいます、そんな時にはU字型アーム!そんな、メーカーの配慮がニクイ!


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_06.jpg

通常サイズの分割式ディスプレイ台座との比較。
小さいです。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_07.jpg

交換用の頭部

むむ、口のスミいれが途中で途切れてる。直しておこう


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_08.jpg

首の接続ジョイントは前後への可動はなく、固定になっています。
手首にボールジョイントは使われていません。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_09.jpg

背負いカバンは一部抜き差しできる部分が設けられてます。
先に上下共に接着されている肩掛けに腕を通して背負わせ、接着されていない箇所で固定するといった感じ。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_10.jpg

カバンのフル装備。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_11.jpg

仗助とボクらの億泰と。
もっとアンバランスになるかと思っていましたが、サイズも、バランスも良い感じです。
3人一緒に並べても違和感ありません。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_12.jpg

ついでにバッファローマンも登場!
同じシリーズとは思えないサイズの違い。

リュウタロスがキンタロスよりデカイとかね… ハッ!別メーカーの話しッ


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_13.jpg

足首の接地性はかなり渋めですね。



■エコーズACT1
sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_14.jpg

頭の先から、尻尾のジョイント部までのサイズが約3cmほど。
かなり小さなフィギュアです。

首と尻尾の付け根にジョイントを使用。
腕は上下へ可動させる事ができます、微妙ですが左右へ開く事も可能。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_15.jpg

かなり細かい所まで塗り分けられている事に感心。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_16.jpg

ヒジ関節が仕込まれていないのでポーズはイマイチ決まりきらないかな?と思いましたが結構、表情付けできて楽しい!
なんか可愛い。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_17.jpg

付属品(エコーズACT1関連)
ベンダブル方式の尻尾、握り手×2、擬音文字パーツ×2
卵の殻


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_18.jpg

左からバッファローマン、仗助、康一、ACT1

本当に小さいので紛失には要注意!


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_19.jpg

ベンダブルの尻尾を装着。
中にワイヤーが入っているので、自由なポーズをとらせる事が可能です。

取扱説明書にも記載されていますが安全性を考慮した仕様上、ワイヤーは先端部までは通っておりません(先端から2cmほど)


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_20.jpg

エコーズ誕生!

卵の殻パーツ底面に開いている穴へL字型の支柱を通し、ディスプレイ台座へ固定します。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_21.jpg

ビシッ!


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_22.jpg

バギ!


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_23.jpg


康一、ACT1共にサイズが小さいのですが不思議と割高感は感じませんねー。
私自身、こういうこまごまとしたものが好きという事もあるのかもしれませんが。

康一 + ACT 1+ 擬音 + 卵の殻 を小さな台座にまとめて飾った時の密度が良い感じ。
可動の面では通常サイズのものに比べ、若干劣ってしまう部分もありますが仕方なし。
仗助や億泰と並べても違和感がない、それだけでも満足!

2月、3月はキラークイーン、吉良吉影のセカンド版発売で小休止。
4、5、6月で超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第4部と締めとなります(予定の上では)
残りの連中が発売されるのが楽しみです。

このサイズで、これだけの出来のものが商品化できるなら間田(後期型)と玉美(後期型)もいけますね!!
他にもヌケサク、フィリップス上院議員、ペリーコロ、エンポリオ …ぎゃぁぁ、一般ウケがよく売れそうなものがない('A`)
個人的に、フィリップス上院議員とペリーコロとかは割と本気で欲しいんですが。


ワンフェス限定版の抽選販売、当たらないかなぁ。


超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 広瀬康一&エコーズACT1でした。





■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 広瀬康一&エコーズACT1 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 エコーズACT2&ACT3 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 キラークイーン・セカンド (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 吉良吉影・セカンド (あみあみ)
[ 2011/01/29 01:07 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(2)

休日出勤とキン肉マン 

ワンフェスの開催日に休日出勤命令が出てしまいましたヽ(`Д´)ノ
例年通りなら足を運ばないイベントなのですが、今回はいくつか欲しい商品があったので遊びに行く予定でいたのに、
そんな時に限って、このザマですよ('A`)

個人ディーラーさんのものが買えないのが痛いよぉ。
友人に押し付けて頼んでみようかな。

メディコスの超像可動のバッファローマンと康一くんセットはネットでの抽選販売分に願いを託し、
その他ネットで販売を予定している商品に関しては、その争奪戦にのぞむ事になりそう。
休日出勤する条件として 途中サボるよ と社会人にあるまじきポンコツな発言で念を押してきたので争奪戦開始と共にサボる!
ついでに今日も午後から半休使ってサボり! …何がついでなのかさっぱりですが有給がいっぱい余ってるので問題なし!


ほんでもってコレ。
いつの間にやら発売されていたので今日、帰り際に買ってきました。

Niku24.jpg

ゆで いい加減にしろ!

現在連載中の漫画でもあるので、ネタばれ的なものを書くのは控えますが内容があまりに酷すぎです。
怪我したロビンが鎧の上から包帯巻いてるッ!さすが奇行子!とかそんなレベルじゃありません。

以前、ゆでは好きなように書け、つじつまは俺たちが合わせる という感じの肉ファンの書き込みをネットで見かけましたが、
どうやら、ゆでに好き勝手に書かせると、つじつまを合わせる所の騒ぎではなくなってしまうらしいです…
究極の超人タッグ編というシリーズそのものが、対消滅で消えてなくなったらいいのに。

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツEX ガードチェイサー 

魂ウェブ商店限定のS.H.フィギュアーツEX ガードチェイサーです。
(受注期間 2010年09月28日~2010年11月10日)


パッケージ
SHF_GuardChaser_01.jpg


SHF_GuardChaser_02.jpg

マシントルネイダー、ギルスレイダーに続きポピニカの復刻版として発売となりました。
マーキングの追加や変更、また細部の追加塗装によりポピニカのDXガードチェイサーと比べ、劇中のものに近くなっています。
【記事リンク】 ポピニカ DXガードチェイサー


SHF_GuardChaser_03.jpg

テールランプはクリアパーツなどを使うなどして、新規に手を加えてもらいたかった所。
受注ページで後方からの画像を載せていない時点で、こうなるであろう予想はついておりましたが…('ω`;)


SHF_GuardChaser_04.jpg


SHF_GuardChaser_05.jpg

リアのテールランプ脇にある穴はポピニカのDXガードチェイサーの名残りですね。
※装着変身のGS-03<デストロイヤー>を装備ボックスへ収納した際、収まりきらない刃先を外へ逃がす穴です。

これは塞いでほしかったなぁ。


SHF_GuardChaser_06.jpg

特殊装備ボックスの開閉ギミックはポピニカから変更ありません。
リアバック上部(画像左下)も開閉可能となっています。


SHF_GuardChaser_07.jpg

付属品
専用の魂STAGEが一式。


SHF_GuardChaser_08.jpg

ベースにはG3&ガードチェイサー、SAULのロゴマークが印刷されています。



S.H.フィギュアーツ版とポピニカ版の比較をしてみます。
※以下、左画像がS.H.フィギュアーツ版、右画像がポピニカ版となります。
SHF_GuardChaser_09.jpg

フロントカウルの POLICE の文字サイズが大きく変更され劇中に近くなっています。


SHF_GuardChaser_10.jpg

グリップ、ハンドルバー、レバーなどの塗り分けが細かく。


SHF_GuardChaser_11.jpg

センターコンソールも細かく塗り分けられています。
ディスプレイパネル右下にある丸型スイッチの、上下左右への方向キーマークが塗装されています。これはナイス!

タンクの青いラインの幅やRも変わっていますね。
中央のパーツも赤とシルバーで追加塗装されています。


SHF_GuardChaser_12.jpg

フロントのブレーキキャリパーも塗装が追加。
カウルの両サイドにあるエアインテークはガンメタから明るめのシルバーへと変更。


SHF_GuardChaser_13.jpg

タンク横には SAUL のロゴマークが追加。…ちょっと小さいかな?
タンクとシートの間(?)にあるカウルパーツにもブラックで追加塗装。
エンジン部の塗装も異なりますね。


SHF_GuardChaser_14.jpg

リアの特殊装備ボックスの POLICE 文字の位置が劇中のものにあわせ変更されています。
仮面ライダーアギト 超全集に掲載されている設定画通り再現するとポピニカ版の位置が正解。

別の資料でも確認しようと思ったのですが、樹海という名の押入れから引っ張り出す事ができませんでした('A`)


SHF_GuardChaser_15.jpg

スイングアーム回りも細かい塗り分けがされています。
ちょっとした塗装でもガラッと印象が変わるものですね。


SHF_GuardChaser_16.jpg

リアバック上部の文字が変更されていますね。
エマージェンシーシグナルの色が薄いピンクのように… これはカッコ悪い('ω`;)


SHF_GuardChaser_17.jpg

リペ・リデコと分かっていてもやはり残念なシール。
ポピニカ版よりかは幾分マシになっています。


SHF_GuardChaser_18.jpg

ハンドルは固定のままですが、タイヤを左右に振る事ができるようになっています。
ハンドルと連動して可動しないのが残念ですね。


私が気付いた所での変更点はこんな所でしょうか。



SHF_GuardChaser_19.jpg

ポピニカ版にあった武器類の収納ギミックは生きていますが、アーツに付属する武器類が大きすぎるので収納はできません。
S.H.フィギュアーツのG3に付属する武器を頑張ったが故の悲劇。

雰囲気だけでも味わいましょう!


SHF_GuardChaser_20.jpg

???


SHF_GuardChaser_21.jpg

アギトのメインライダー3人のバイクが揃いました!
ギルスレイダーはメタリックの違和感が尋常じゃないのでベンチ送りに… ポピニカ版が現役続行中です。


SHF_GuardChaser_22.jpg


なんだかんだとアギト関連のポピニカが全車復活を遂げました。
武器を収納したり、引っ張り出したりというのが妙に楽しいバイク玩具なので、そのギミックの効果が薄れてしまったのが残念ですね。
GX-05<ケルベロス>をリアバックに搭載させるための専用パーツは欲しかったなぁ。

リアの武器収納ボックスを大く変更し、バイク本体のテールランプ&ナンバープレート辺りはしっかり新規で作り起こし……
そこまでやると、もはや復刻の域を超えてしまいますが。

ポピニカ版よりも細部が劇中のものに近く、よりリアルになっているという点で不満はありませんが、
まぁポピニカ版のガードチェイサーを持っている人は、わざわざ買い直す必要もないかな?という感じ。

G3マイルドが発売されたら、ポピニカ版 ガードチェイサーは尾室さん用にしよ。
という事で、あとはダークホッパー待ち! ダークホッパーと水のエルが出るまではアギトコンプとは言わせない!


以上、魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツEX ガードチェイサーでした。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーG3 (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーG3-X (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーギルス (あみあみ)

魂ウェブ商店限定 ULTRA-ACT ダークロプスゼロ 

魂ウェブ商店にて受注販売されたULTRA-ACT ダークロプスゼロです!
(受注期間 2010年9月28日~2010年11月10日)

劇場版作品 『ウルトラマンゼロ 超決戦!ベリアル銀河帝国』 の上映(2010年12月23日~)に先駆けてリリースされた、
DVD作品 『ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』 に登場したダークロプスゼロがULTRA-ACTで登場。

DVD作品のウルトラマンゼロVSダークロプスゼロを観てから注文しようと思っていたのですが、なんとDVDの1巻(全2巻)が、
発売される前に魂ウェブ商店で受注を締め切ってしまうという事態。…もう少し、受注の締め切りとか考えてよ。
多分DVDを見れば欲しくなるだろう、という事からチャッチャと注文。ピンときたらドンと行け!

では


パッケージ
Darklops_Zero_01.jpg

魂ウェブ商店のロゴなどがなく、まるで通常商品。
と、思いきやパッケージ裏面にしっかりと魂ウェブのロゴが入っていました。


Darklops_Zero_02.jpg

ベースは発売済みとなっているウルトラマンゼロと一緒です。
色はカッパーというのでしょうか?ブラック、シルバー、カッパーの配色が絶妙でかなりカッコいいです。
胸アーマー、上腕アーマー部のメタリックレッドが悪役さを増しています。


Darklops_Zero_03.jpg

顔の中央の一つ目はクリアーレッドのパーツ上にホワイトで大胆な塗装処理。
う~ん、ここはもう少しボンヤリと発光しているような感じに処理してほしかったかなぁ、発光目も大きすぎるし。

いつもは塗装のカスレが多く見られるULTRA-ACTですが今回はかなり綺麗な仕上がりになっています。


Darklops_Zero_04.jpg

付属品
ゼロスラッガー×2、ディメンジョンコアパーツ、ゼロスラッガー取り外し頭部
手刀タイプの手×2、開き手×2、握り手×2
武器持ち手×2、開き手×2、握り手×2

中段3種のハンドパーツはダークロプス(量産型)、下段3種がダークロプスゼロのものとなっています。
ダークロプス(量産型)は手の甲にモールドが施され、指の先端がツメ状にとがっています。

何故かパッケージの状態で本体に取り付けられているのがダークロプス(量産型)の握り手という不思議。
ちなみにパッケージ裏面画像のダークロプスゼロは右手が量産型、左手がノーマル手首を装着しているというアンポンタン仕様。


Darklops_Zero_05.jpg

ウルトラマンゼロの目つきが悪すぎて、悪役が2体並んでいるようにしか見えません。


Darklops_Zero_06.jpg

頭部アップ。
やっぱりこの一つ目はいただけないなぁ…


Darklops_Zero_07.jpg

ディメンジョンコアを取り付け / ダークロプス(量産型)の手のアップ

ディメンジョンコアは、発射時の印象から紫色というイメージだったのですが… 青でいいのかな?


Darklops_Zero_08.jpg

武器はゼロスラッガーのみ。


Darklops_Zero_09.jpg


Darklops_Zero_10.jpg

第1ラウンド


Darklops_Zero_11.jpg

ダークロプスゼロの圧勝!


Darklops_Zero_12.jpg

第2ラウンド

ダークロプスメイザー発射!


Darklops_Zero_13.jpg

当たらなきゃ意味ねぇぜ!

いちいち挑発的な悪たれウルトラマン。


Darklops_Zero_14.jpg

第1ラウンドでウルトラマンゼロを時空の狭間へと送り込んだディメンジョンストーム


Darklops_Zero_15.jpg

同じ手は通用しねぇぞ!

流石に発射までの予備動作がかったるいので2度目は通用しないらしい。


Darklops_Zero_16.jpg


ウルトラマンゼロのカラバリなので新鮮さという点ではイマイチですが、渋いカラーリングが妙にカッコよい。
ただ1点、残念なのはやっぱり一つ目の処理でしょうか。
ダークロプス(量産型)の手首が付属してきたのは逆にビックリしましたね。
量産型の手首が付属する旨を明記した上で受注をとっていたら、複数注文した人もいたんじゃないでしょうか。

今回のダークロプスゼロはカラバリなので仕方ないかとも思いますが、やはり股関節の可動は渋め。
5月発売予定のウルトラマンレオまでに何とかしてほしいなぁ。
いや、今すぐにでも!


以上、魂ウェブ商店限定 ULTRA-ACT ダークロプスゼロでした。





■ULTRA-ACT ウルティメイトゼロ (あみあみ)
■ULTRA-ACT カイザーベリアル (あみあみ)
■ULTRA-ACT ウルトラマンティガ マルチタイプ (あみあみ)
■ULTRA-ACT ウルトラマンティガ スカイタイプ (あみあみ)
■ULTRA-ACT ティガダーク (あみあみ)
[ 2011/01/27 00:44 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(4)

バンダイ先輩、そんなカンパばっか集めて誰か妊娠でもしたんスか! 

プレミアムバンダイ 魂ウェブ商店の限定品6月分のおまとめが凄い事になってますねー。
画面をスクロールしないと全商品が見れないほどいっぺんに出すのヤメレー!
…といっても、個人的には6月分で購入を迷っているのはアーツ関連だけなのでまだ楽と言えば楽なのですが、
仮にその他諸々のシリーズも収集していたらと思うと軽く脱落コース…

S.H.フィギュアーツのクレイドールは買うとしても、シンケンブルーとシンケングリーンは悩むなぁ…
なんとか黒子くらいは追加で付属させてはもらえないものでしょうかね。

…って、何気なく魂ウェブの発売スケジュール見てたら、1月の通常商品販売分よりも6月の限定のほうが数が多いのね('A`)
もうちょい、なんとかならんもんか。


ついでに何かがおかしいS.H.フィギュアーツのシャドームーンもなんとかならんもんかと画像をいじくり回してみる。

ShadowMoon.jpg

画像右が、せめてこれくらいにならないかなぁと願いを込めていじくり回した結果(画像編集ソフトを使いこなせないので雑ですが…)

違和感があったのは腰の細さ、長さばかりかと思っていたのですが、実はつり上がった太ももアーマーの角度ではないか?
という結論に至り、太ももアーマーの角度を修正。
そう思いながら最終的に首、上半身、腹部、腰、太ももの幅増しをして、腹部、股関節部、太もも、スネの長さを短めに。
首は太くしないほうが良かったかも。

発売済みのBLACKの体系に合わせるとか、可動面、素体とのすり合わせなどを考慮しながらの造形となると、
もちろん妥協しなくてはいけない部分というのも出てきてしまうと思いますが、もうちょい頑張ってほしいなぁ。

ハイレグ気味につり上がった太ももアーマーの角度を変えるだけで、だいぶマシになるような気がするのですがいかがなもんでしょう?




魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーエターナル  

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーエターナルです。
(受注期間 2010年08月06日~2010年11月08日)

発送が2011年01月20日からと 『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』 のDVD / BDの発売に合わせるニクさ。
ただDVDを観てフィギュアが欲しくなったという人にとっては、とっくに受注が締め切られてしまっているためどうしようもできないという、
生殺し状態の人を生み出す限定品! それを忘れてはいけない…('A`)


パッケージ
KamenRider_Eternal_01.jpg

フィギュア本体と付属品のエターナルローブが2段重になっているため、通常のパッケージよりも厚みがあります。
裏面の一言メッセージは 「俺は新しい街の希望だ。間違ってはいない」 です。


KamenRider_Eternal_02.jpg

上で書いた2段重はこんな感じになっています。


KamenRider_Eternal_03.jpg

ボディ全体に塗装されているパールホワイトがやたらと白く出ちゃっていますが、実物はもう少し温かめ?な白になっています。
関節を全て白で統一してくれたのはいいのですが、手首のジョイントまで白にしなくても…

超像可動のジョセフなんて義手となっている腕、義手でない腕で左右のジョイントの色を変えてるんですよ!
そういう、購入ユーザーが思わず おぉっ! となってしまう、こだわり方1つで評価はガラッと変わると思うんですけどね。

全身にあるマキシマムスロットは、いい感じにボディのボリュームアップに貢献!


KamenRider_Eternal_04.jpg

ツノパーツはCアイと一体のクリアパーツで成型、顔の出来は悪くないと思います。

が、ツノに問題点があり。
長さ、角度など相変わらずのバンダイオリジナルの変なアレンジが入っている上、力任せに引きちぎったかのようなゲート跡が酷く、
その周囲のリタッチ?が雑で、白の塗料が物凄く乱暴にボテボテと塗りたくられています。
Oシグナルがただの丸いポッチな残念仕様なのも画像の通り。


KamenRider_Eternal_05.jpg

ブルーメタリックで塗装されたファイヤーパターン。
色が薄かったり、モールドにそって塗装されていなかったり…

もういい!自分で塗るッ!今後は取扱説明書と一緒にカラーレシピを毎回、入れておくように! キィィィヽ(`Д´)ノ


KamenRider_Eternal_06.jpg

付属品
武器持ち手×2、サムズダウン用の手(左手)、エターナルエッジ
ポーズ用手×2、開き手×2

パッケージの状態で握り手×2が装着されています。思いっきり画像に入れ忘れましたが他にエターナルローブが付属。

元々、付属する予定のなかったサムズダウン用の手を追加してくれたというのは素直に嬉しいのですが何故か片手だけ…


KamenRider_Eternal_07.jpg

付属の武器持ち手ではエターナルエッジのトリガー部に指をかける事ができません。
こういう細かな部分の再現が可能か否かは小さい事ながらも凄く重要だと思います。


KamenRider_Eternal_08.jpg

エターナルローブ装着。
PVC製で、肩を覆うよう造形されてしまっているため腕の自由度はかなり下がります。


KamenRider_Eternal_09.jpg

腕を前方へ出す分には幾らか可動させる事もできますが、左右へ大きく開く事ができません。
素立ち、もしくは素立ち状態+腕可動でちょっとした表情付けをするといった使い方がメインですね。

癒着する可能性もあるので、装着したまま長期に渡ってディスプレイするのは危険かもしれません。


KamenRider_Eternal_10.jpg

Cアイの周りに影を入れてみました。
デジカメで撮影してみてびっくり!かなり水戸華之介。

実際、手元にあるものを見ると物足りない程度にしか影がついてないのですが…


KamenRider_Eternal_11.jpg

Cアイに影を入れた他にガイアメモリを塗装して、ロゴマークを入れました。
※製品とは異なりますのでご注意ください。


KamenRider_Eternal_12.jpg


KamenRider_Eternal_13.jpg

決めポーズ合戦。

さぁ、お前の死神のパーティータイムの罪を踊りながら数えて楽しみな!


KamenRider_Eternal_14.jpg

ふぅ 休憩


KamenRider_Eternal_15.jpg


どこか何かが違っていて、欲しい何かが付属しないという言ってみればいつものS.H.フィギュアーツ。
本体にしろ、付属品にしろ、あと少しだけこだわりをもって再現するだけでグッと印象の良いものになると思うのですが…
まぁ、毎度、毎度の事なんですけど('ω`;)

あ、いかん!S.H.フィギュアーツ全般に対する不満になってる!
誤解のないよう書いておきますが決してエターナルの出来が悪いというワケではありません。
微妙に似てない部分はあるけどカッコ悪くはない。そんな感じ。
カゲッ!カゲッ!カゲッ!ギュッギュ―ン♪ 並みにマントをひるがえしてアクションしていたキャラだけに、
エターナルローブはもう少しアクションポーズを取らせやすい形状にしてもらいたかったかなぁ。

本体・付属品共に申し分なく、ユニコーンのエフェクトパーツが付いてたら完璧だったのに!
と、そんなワンランク上のレベルで不満を漏らせる日はくるのでしょうか?


放送終了後もW(ダブル)の商品化が進んでいますが、園咲家の一員からクレイドールとスミロドンの発売も決定しましたね。
発表のない所で言うと残りはタブーのみ。…ミックさんがZEROでの発売というのが物凄く残念です('ω`;)
園咲家が一段落ついたらサイクロン、ヒート、トリガー、メタル、ルナのAtoZドーパントに期待!

AtoZ かなり面白いですよねー。ヒートのネエちゃんの太ももと須藤元気に夢中な1時間!
ただ、私の知ってる格闘家 須藤元気はもういない… もういないわぁぁぁ


魂ウェブ商店限定 仮面ライダーエターナルでした。マントは自作しようかな。





■仮面ライダーW(ダブル)FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ コレクターズパック (Blu-ray Disc) (あみあみ)
■仮面ライダーW(ダブル)FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ 通常版 (Blu-ray Disc) (あみあみ)
■ネット版 仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZで爆笑26連発 (あみあみ)
■仮面ライダーW(ダブル)RETURNS 仮面ライダーエターナル (Blu-ray Disc) (あみあみ)

シャドームーンきたー 

S.H.フィギュアーツでシャドームーン発売の発表がされましたね ('A`)
('A`) ('A`) ('A`) ('A`) ('A`) ('A`) ('A`) ('A`) ('A`) ('A`)

>現在、銀色は劇中に近づけるべく、試行錯誤を重ねているので最終商品では銀の色味が変更になる可能性があります。

色も大事だ!色も確かに重要だ!このまま試行錯誤を繰り返して劇中に近づけるよう頑張ってくれ!
だが、色より何より、まず先に試行錯誤すべき所があるだろー
メーカー的に体系はあれでよしとなっているのか… 信じられん


('A`)



DXサウンド カプセルガイアメモリEX ガイアメモリ コンプリートセレクション 

プレミアムバンダイにて受注された「仮面ライダーW(ダブル)」のドーパントメモリ35本がセットになった、
DXサウンド カプセルガイアメモリEX ガイアメモリ コンプリートセレクションが届きましたー!

・受注期間 2010年8月1日~2010年8月9日 … 2010年12月発送分(2011年1月発送へ変更)
・受注期間 2010年8月10日~2010年9月17日 … 2011年2月発送分


パッケージ
GaiaMemory_CompleteSelection1_01.jpg

縦48cm×横幅53cmちょいと、すっげぇデカイです。
小さめの麻雀卓くらいデカイ! デッケェのか小さいのかどっちだ!

パッケージには園咲家の面々が印刷されています。


GaiaMemory_CompleteSelection1_02.jpg

裏面はR・ナスカが逆ハーレム状態に。


GaiaMemory_CompleteSelection1_03.jpg

内箱。


GaiaMemory_CompleteSelection1_04.jpg

オープン! どーん! これはテンションが上がる。


GaiaMemory_CompleteSelection1_05.jpg

窒息する危険があるので開封後はすぐに捨ててくださいという、非常にデンジャラスな袋に封入されているのは生体コネクタシール。
※開封後、袋はすぐに捨ててください!


GaiaMemory_CompleteSelection1_06.jpg

ボタンは本体とメモリ先端の2箇所。
ボタンを押すと 「ドーパント名」 、 「変身音」 の2種が交互に再生されます。
ボタンを長押しすると 「ドーパント名」 が再生された後、少し間を空けてから 「変身音」 が再生されます。

本体のボタンと先端のボタンがちゃんと連動しているので、本体ボタンを押して 「ドーパント名」 を再生し、
先端ボタンを体に押し当てて 「変身音」 を再生させるという劇中通りの一連の流れを再現する事も可能です。

テラー、タブー、クレイドール、ナスカ、スミロドン、ウェザー、ユートピア、ダミーは汚し塗装がされていません。
そういうものなのかな。画像下の1番右のものは汚し塗装が施されているメモリ。


GaiaMemory_CompleteSelection1_07.jpg

テラー / タブー / クレイドール



GaiaMemory_CompleteSelection1_08.jpg

ナスカ / スミロドン / ウェザー



GaiaMemory_CompleteSelection1_09.jpg

マスカレイド / マグマ / ティーレックス



GaiaMemory_CompleteSelection1_10.jpg

マネー / アノマロカリス / コックローチ



GaiaMemory_CompleteSelection1_11.jpg

スイーツ / バイラス / バイオレンス

バイオレンスが永井豪ちっくです。



GaiaMemory_CompleteSelection1_12.jpg

アームズ / バード / アイスエイジ



GaiaMemory_CompleteSelection1_13.jpg

トライセラトップス / ライアー / パペティアー



GaiaMemory_CompleteSelection1_14.jpg

インビジブル / ナイトメア / ビースト

ナイトメアの絵柄が凄い好き。メモリをデザインした人って誰なんだろ?



GaiaMemory_CompleteSelection1_15.jpg

ダミー / イエスタディ / ゾーン



GaiaMemory_CompleteSelection1_16.jpg

エッジ / エナジー / ジュエル

エッジとエナジーは商品の受注時にはシークレットとされ詳細が伏せられていました。
ん?エッジなんて出てきたっけ?と自分の記憶力の無さに…('ω`;) 最終回を視聴し直して納得!

まぁ、他にもこんなの出てきたっけ?というキャラがいたりするんですが…('A`)
事細かな詳細を載せた本格的なものとまではいかなくとも、全ドーパントを網羅した小冊子みたいなものが欲しかったかも。



GaiaMemory_CompleteSelection1_17.jpg

オールド / ホッパー / ジーン



GaiaMemory_CompleteSelection1_18.jpg

ユートピア

星新一氏(新潮文庫)の挿絵にありそうなモダンな雰囲気の図柄です。



GaiaMemory_CompleteSelection1_19.jpg

ケツァルコアトルス

これも受注時にはシークレット扱いになっていました。
値段が値段なんだから付けてくれても… などと思いながら注文しましたが、本当に入っているとは嬉しい誤算。

これはシークレットにしないで、受注時に商品のウリとして公表しておくべきだったのでは?と思ってしまいますねー。
購入したからこそ、そんな呑気な事を言っていられるのですがケツァルコアトルス付きというのは嬉しいサプライズでした。


GaiaMemory_CompleteSelection1_20.jpg

かなり気合の入った作りになっています。
上部の羽パーツはメモリから取り外す事が可能。


GaiaMemory_CompleteSelection1_21.jpg


大きさ、パッケージの作り、中身を見てもかなり満足度が高いです。
メモリに貼られているシールは、端がめくれているものや、ゴミ?(異物)の上から貼り付けられたようなポッチなどがありましたが、
大きく曲がって貼られていたりといったものは特になし。
異物の上からの貼り付けなどがなければ完璧だったんですけどねー。もう少し頑張ってくれれば…非常に惜しい。

現在、受注中のコンセレ2も注文してしまいそうだ…
これは変にテンションが上がってしまう。

S.I.C.でもS.H.フィギュアーツでもいいからドーパントをジャンジャン商品化しておくれ!一緒に飾りたいので。


以上、DXサウンド カプセルガイアメモリEX ガイアメモリ コンプリートセレクションでしたー!


魂ウェブ商店限定 ウェザー・ドーパント 

魂ウェブ商店限定 ウェザー・ドーパントのご紹介です。
(受注期間 2010年08月27日~2010年10月18日)


パッケージ
WeatherDopant_01.jpg


WeatherDopant_02.jpg

ナスカ、R・ナスカに続き3体目の商品化となるドーパント。
仮面ライダーW勢が絶好調ですね。

複雑に入り組んだ情報量の多いデザインを見事に再現していると思います。


WeatherDopant_03.jpg

風神や雷神を思わせるような和風テイスト溢れるデザインや装飾の数々。
天候を操る事ができるという能力を有するキャラだけに、体のあちこちにそれらしき装飾がなされているのが面白いです。
右腕前腕上部が雷、背中に雲、足の装飾は風といった感じでしょうか?


WeatherDopant_04.jpg

肩アーマー内部の龍や、腰部の龍なども細かくて素敵!
少々シャドー吹きが雑で、龍の体全体にグレーのシャドーがかかってしまってしまっているものも多いようですね。


WeatherDopant_05.jpg

付属品
腰装着用のウェザーマイン、手持ち用のウェザーマイン
指差し手×2、開き手×2、武器持ち手×2

パッケージの状態で握り手×2が付属します。雷エフェクトパーツが欲しかった所です。



ここで急に思い立って追加塗装を施すべく分解
WeatherDopant_06.jpg

…したのはいいのですが、塗料切れのためここから先の作業に進む事ができず('ω`;)
一旦、元に戻して撮影続行!といきたい所ですが、面倒くさ… 


という事で、一旦休止!
ノープランなまま、手を動かすとこうなってしまうという良いお手本です!

つづきます('A`)



続き (2011年1月12日)
WeatherDopant_07.jpg

風神様が持っている袋のような装飾品の接続部はこんな感じ。


WeatherDopant_08.jpg

頭部の模様をそれっぽくブラックで追加塗装。


WeatherDopant_09.jpg

アゴの色も違っているようなので、モンザレッドとブラックを調合したもので塗装。

左右のこめかみ部分に音撃鼓のようなマークの装飾がありますが、本来は左右で模様が違っているようです。
左側頭部のものが劇中と異なっているようですが、どのような形状になっているか把握できなかったので今回は断念。


WeatherDopant_10.jpg

首回り、ボディ胸アーマー上部、肩アーマーの円もグレー+シルバーで追加塗装。
もっと濃くても良かったかもしれない。

肩アーマー前部にある月マークは薄くボカすように塗装。


WeatherDopant_11.jpg

背中側のグレー+シルバーの途切れる箇所はよく確認できなかったのでこんな感じだろう?とM字っぽく。
初心者マークのような装飾はゴールドで塗装。


WeatherDopant_12.jpg

腹部の斜めの黒いライン回りもグレー+シルバーで塗装。
その上の一段落ち窪んでいる所はスミ入れする感じで薄めにボカした程度。

とりあえず追加で塗装したのはこれだけ!


WeatherDopant_13.jpg


様々な装飾品の関係で可動に難がありますが、これは仕方なしですね。
かなり劇中に似た造形で個人的には満足!

W以外の商品展開も見たい所ですが、園咲家の面々は揃えてほしいなぁ。

石森プロのWEBサイト 石ノ森WEBサイト ~変身!~ ではS.H.フィギュアーツZEROブランドにてテラー・ドーパントが受注中です!
・受注期間 2010年12月17日~2011年2月7日
・発送予定 2011年5月末予定)

購入を検討されている方はお忘れないようにー!


魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ ウェザー・ドーパントでした。

ART WORKS MONSTERS クレイドール・ドーパント  

メガハウスより同社ネット通販サイト「メガトレショップ」限定で販売されたART WORKS MONSTERS のクレイドール・ドーパントです。


パッケージ
ClaydollDopant_01.jpg


ClaydollDopant_02.jpg

仮面ライダーWでドーパントのクリーチャーデザインを務めた寺田克也氏が原型監修、製作協力。
パッケージ側面には、寺田克也氏の描き下ろしたイラストが掲載されています。


ClaydollDopant_03.jpg

全高は台座を含めて20cmをちょっと切るくらいの大きさです。


ClaydollDopant_04.jpg


ClaydollDopant_05.jpg

正面


ClaydollDopant_06.jpg

サイド


ClaydollDopant_07.jpg

逆から


ClaydollDopant_08.jpg

受注時のサンプルは目の虹彩が大きく造形(塗装?)され可愛らしい顔つきだったんですが、製品版の瞳は小さく無機質な表情に。
サンプルでボテッとしていた唇はスッキリとした感じになっています。塗装の濃さのせいでしょうかね?
顔の輪郭自体ほっそりとしたようにも見えますね。

可愛らしい顔をしたサンプル、綺麗な顔付きになった製品版という感じでしょうか。
サンプルの顔が割と好きだったんだけど、こちらも悪くない。

怪人フィギュアをとっ捕まえて可愛いとか綺麗とか、私は何を言っているんだ?と('ω`;)


ClaydollDopant_09.jpg

紋章のような装飾もしっかりと造形が施され、塗装のはみ出しという問題もありません。素晴らしい!


ClaydollDopant_10.jpg

腕の先


ClaydollDopant_11.jpg

スカート内部の尻。
小さな分割画像にしない私なりの優しさ。


ClaydollDopant_12.jpg

台座はこんな感じ。


ClaydollDopant_13.jpg


ClaydollDopant_14.jpg

見る方向や角度によって結構、表情が変わってみえるのが面白い。


ClaydollDopant_15.jpg

横からの顔なんかは若干、寂しげな表情をしているようにも見えますね。


ClaydollDopant_16.jpg


このテの固定モデルというのも中々いいもの。
可動しないフィギュアに興味はない!という人にはお勧めできませんが、可動より造形!という方やクレイドール萌えな人は是非!
…そんな萌えがあるのかは知りませんが
きめきめなポーズをしているワケでもなく、言ってしまえば単なる素立ちですが頭の装飾や後ろへ大きく広がったスカートが、
かなりのボリュームを持っているので意外にも他のフィギュアと並べても見劣りする事無く存在感を発揮します。

イベントで直接、見たワケでないので分かりませんが、昨年の11月21日に秋葉原UDXで開催されたメガホビEXPO 2010で、
展示されていたものは製品版に近いものだったのかな?

受注時のサンプル画像だけを見て購入に至ったので、最初は顔の違いに戸惑いましたが慣れてしまえばあっという間にお気に入り。
同じシリーズのクレインオルフェノクとエビ姐さんと一緒に飾ろう。

…もう少し安いと助かるんだけどなぁ 出来はいいんだけど('ω`;)



メガハウス ART WORKS MONSTERS クレイドール・ドーパントでした。

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 虹村億泰 

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第4部より虹村億泰が発売です。


パッケージ
sas18_NijimuraOkuyasu_01.jpg



sas18_NijimuraOkuyasu_02.jpg

目つきが鋭くキリッとした顔の億泰です。
第4部序盤で、人物の顔がリアル描写されていた時の億泰って感じですね。
もしくは、乙一氏の小説 The Book のカッコいい億泰。



sas18_NijimuraOkuyasu_03.jpg

髪の毛の細かい造形には毎度、驚かされる!
仗助にもあったピョコッと跳ねてる後ろ髪もちゃんと造形されています。シャツは紫色。
右腕には 『億』 左腕には 『BILLION』 の文字。

そういえば、何で兄弟揃って名前や服の装飾にお金を絡めているんでしょうね?
キャラ本体が守銭奴とか、スタンドがお金を操るとかそんなのでもないし…


sas18_NijimuraOkuyasu_04.jpg

長く垂れているベルトは軟質素材で、右側の腰に接着されています。
同4部キャラの仗助、吉良に続きまたもや緑色の靴! もしや 靴のムカデ屋 店主のスタンド攻撃ッ!

ちなみに億泰の靴下はシャツと同色の紫色、足首のジョイントにも紫が使用されています。
シャツと靴下の色を合わせるとはお洒落よのぉ


sas18_NijimuraOkuyasu_05.jpg

付属品
ポケットに手を入れる事のできるボンタンパーツ×2、学生カバン、別表情頭部
開き手×2種、人差し指突き出し手、持ち手、ポケット突っ込み用の手×2

その他、パッケージの状態で握り手×2が付属


sas18_NijimuraOkuyasu_06.jpg

いつもの分割できる台座+支柱と台詞付きプレート+L字型の支柱も付属

まああ~い


sas18_NijimuraOkuyasu_07.jpg

別表情の顔が良すぎる!こっちの顔で飾っておこうかな?
ナイス!メディコス!


sas18_NijimuraOkuyasu_08.jpg


sas18_NijimuraOkuyasu_09.jpg

アイスの味にご満悦な億泰。


ヤンキー対決!
sas18_NijimuraOkuyasu_10.jpg

グレートだぜ…億泰!


sas18_NijimuraOkuyasu_11.jpg

ズボンの交換は前後で分割して、専用のハンドパーツに付け替えておこないます。

交換の方式は承太郎と一緒ですが、承太郎と比べガッチリきっちり!ハマりが良いような気がします。
※個体差かもしれません。


sas18_NijimuraOkuyasu_12.jpg


sas18_NijimuraOkuyasu_13.jpg

億泰 「いくぜ、仗助!」
仗助 「…あぁ」



sas18_NijimuraOkuyasu_14.jpg

遅刻だぁ~~~~~っ!


sas18_NijimuraOkuyasu_15.jpg


sas18_NijimuraOkuyasu_16.jpg


sas18_NijimuraOkuyasu_17.jpg

付属の持ち手を使用すれば猫草を掴む事も可能。


sas18_NijimuraOkuyasu_18.jpg

オヤジ狩り


sas18_NijimuraOkuyasu_19.jpg


イイです!億泰 かなりのお気に入りになったかもしれん。
ヒザ関節の曲げ可動が渋いのと、塗装にハゲが多く見られるのが残念ですが…

4部序盤のイカツイ顔をした億泰も良いですが、何よりも別タイプ頭部のコミカルな顔の出来が素晴らしい!
そして、ここまでやられてしまうと更に贅沢を言ってみたくなるもので、できる事ならば4部の後期顔と言うんでしょうか、
目は大きく描かれているけれども、表情的には素という顔も欲しかったなと。

漫画でよくある初期の頃の絵柄と全然別物になってくるアレ。
何て言うんでしょうか、初期はリアルにリアルにと線が多く細かい絵柄だったのに描きこなれてくるっていうんですかね、
作者自身でデフォルメをはじめて絵が安定してくるアレ。
ジョジョだと絵的に1回落ち着くのが丁度、4部の中盤辺りで起きているような気がするんですよね。
んなもんで、4部の前半に登場した億泰と、後半に登場する億泰では顔の描き分けが別人に...
という事から、4部後半のヒロヒコ絵の億泰ヘッド(ほとんど、とぼけた顔に見えるやつ)も欲しかった~とそんな感じ。

キャラによって付属する表情パーツというのが変わってくるかもしれませんが、別表情は増えて困るものでもないので、
通常顔、叫び顔の他にもジャンジャン付属してほしいですねー
結構、付属する小物類が充実しているので価格的に難しいのかもしれませんが…

この際、色々な表情の詰まった各キャラの生首セットでも!小物セットとかも歓迎!
ロードローラーなんてものを出したメーカーだ!いけるッ! …はず!

今年からはディ・モールト ベネという取り扱いランナップが酔狂なメーカーも参入!(メディコスと関係あり?)
まだまだジョジョが熱そうです。

以上、超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 虹村億泰でしたー!





■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 虹村億泰 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 ザ・ハンド (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 広瀬康一 &エコーズACT1 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 エコーズACT2&ACT3 (あみあみ)
■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 ザ・フール (あみあみ)
[ 2011/01/03 23:56 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(6)

新年! 

あけましておめでとうございます。

今年も例によって例のごとく、ダラッダラしたペースでやっていきます。
よろしければお付き合いのほど宜しくお願い致します。

年明け一発目にダラダラペースを公言! …抱負? ねぇ、それ抱負?
挨拶の記事くらい元日の内にに間に合わせろって話しよね('ω`;)

                                         いちの


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。