トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

魂ウェブ商店限定 S.I.C. 仮面ライダーディエンド 

魂ウェブ商店限定 S.I.C. 仮面ライダーディエンドです。
(受注受付期間 2010年11月30日~2011年1月17日)



パッケージ
sic_Diend_01.jpg

付属品の少なめな限定品によく見られる簡素なタイプのパッケージです。


sic_Diend_02.jpg

頭部のプレートと脚部側面部にクリアパーツが使用されています。 シグナルポインターはメタリックレッドでの塗装処理。
可動はS.I.C. Vol.51 仮面ライダーディケイドとほぼ一緒です。
ディケイドでもそうでしたが、足首を前方へ倒すためスネ下部のクリアランスが大きく取られています。
角度によってはかなりエグれて見えますね。

これぞS.I.C.ッ!というアレンジはありませんがカッコいい!


sic_Diend_03.jpg

脚のクリアパーツ内部にはメカメカしいディテールが施されています。
ディケイドの曇ったようなクリアパーツと違い綺麗なクリアになっています。


sic_Diend_04.jpg

付属品
ライダーカードシール(※使用済み)、ディエンドライバー
ライダーカード×7(予備2枚含)、カード取り出しプレート
各種ハンド×5

パッケージの状態で握り手×2が装着。
カードシールはディエンド、デルタ、歌舞鬼、イクサ、ファイナルアタックライドの5種です。


sic_Diend_05.jpg

頭部側面の数字はアルファベット26文字に対応 (A=1、B=2、C=3、D=4 …… X=24、Y=25、Z=26)
4 9 5 14 4 = D I E N D


sic_Diend_06.jpg

肩のパーツは上下のみ可動。
前後へ振る事ができればもう少し腕の可動が自由になった気も…
まぁ、あまり気にならない。


sic_Diend_07.jpg

腰のカードホルダーは開閉が可能です。


sic_Diend_08.jpg

カードは3枚まで収納する事ができます。


sic_Diend_09.jpg

ディエンドライバーは銃口を引き出す事によってカードの装填が可能となっています。
うーん、素晴らしい!


sic_Diend_10.jpg


sic_Diend_11.jpg


sic_Diend_12.jpg


sic_Diend_13.jpg


sic_Diend_14.jpg


sic_Diend_15.jpg

ディケイドと。
やはり2体が並ぶと絵になりますなー


sic_Diend_16.jpg



付属品含む内容物と価格とを比較すると正直、高いです!
このセット内容だったら4千円台前半におさめてもらいたいというのが正直な気持ち。
ディケイド(コンプリートフォーム換装ギミック付き)と値段が変わらないですし…

ただ、ディエンド自体は物凄くカッコよくじゅうぶんお勧めできる出来になっていると思います!
受注が締め切られてしまっているので、今更お勧めもクソもないのですが…
購入の機会があれば是非、手に取ってみてくださいませー! 結構なお宝だと思いますよ。

付属するライダーカードの面々も発売済みとなっているキャラたちばかりなので、ディエンドで召還させて遊ぶ事もできますね。
※歌舞鬼を除く

しれっと歌舞鬼カードが付属していますが、これは発売フラグと取っていいのかッ?



魂ウェブ商店限定 S.I.C. 仮面ライダーディエンドでした!





■S.I.C. Vol.51 仮面ライダーディケイド (あみあみ)
■S.I.C. Vol.58 仮面ライダーW ヒートメタル&ルナトリガー (あみあみ)
■S.I.C. Vol.59 仮面ライダーW ファングジョーカー&仮面ライダースカル (あみあみ)
[ 2011/04/29 23:48 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)

キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない ~前編~ 

ジョジョの奇妙な冒険 第1部から第3部までのキャラを一通り網羅したキャラヒーローズもついに第4部へと突入~!

【記事リンク】 キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない ~後編~

では


パッケージ
CH_jojo4-1_01.jpg

第4部=緑 というイメージがあるのは何故でしょう?私だけ?
ちなみに第2部=青、第3部=黄色

全15種+シークレット



■東方仗助
CH_jojo4-1_02.jpg

今まで立体化された仗助フィギュアの中でダントツに仗助らしい表情をしてる気がします。
台座にはアンジェロ岩。 こういった小技が楽しいシリーズですね。



■クレイジー・ダイヤモンド
CH_jojo4-1_03.jpg

クリアパープルにシルバー塗装されたクレイジー・ダイヤモンド。
躍動感のあるポーズがカッコいい!表情もいいですね。 お気に入り。



■仗助 + クレイジー・ダイヤモンド
CH_jojo4-1_04.jpg

シリーズでお馴染みの台座組み合わせギミックです。
台座同士を組み合わせるとキャラ同士がかぶってしまいます。
が、普通にディスプレイして鑑賞する分には別段問題はないかな?



■虹村億泰
CH_jojo4-1_05.jpg

ヤンキーフェイス+おとぼけフェイスって感じでしょうかね。 億泰っぽくていいです!
ちゃんと右腕に 『億』 左腕に 『BILLION』 の文字が書かれています。
台座には、ザ・ハンドのガオンで削り取られた地面の穴があります。



■ザ・ハンド
CH_jojo4-1_06.jpg

脅威の右手と削り取った空間エフェクトがクリアパーツになっています。
億泰同様に台座の地面には削り取られた穴あり!

超像可動はこのシルバー&ブラックで欲しかったー!



■億泰 + ザ・ハンド
CH_jojo4-1_07.jpg

こちらも台座の組み合わせが可能!



■広瀬康一
CH_jojo4-1_08.jpg

物凄く腹が立つのはなぜだろう?
フィギュアを手にして腹が立つという感想もあんまりだと思いますが(笑
ディスプレイ台座は割れたエコーズの卵。



■エコーズACT1、2、3
CH_jojo4-1_09.jpg

クリアグリーンがベースとなったエコーズたち。
上手い事、3体がまとまってますね。



CH_jojo4-1_10.jpg

いけ!僕のフィンファンネルたちッ!!

※台座の組み合わせはできません



■山岸由花子(ラブ・デラックス)
CH_jojo4-1_11.jpg

黒髪にはアクセント?で銅褐色のようなカラーが施されています。
台座(背面側)にちゃっかり辻綾のシンデレラがッ!! おそるべし!キャラヒーローズ



■小林玉実(錠前 / ザ・ロック)
CH_jojo4-1_12.jpg

悪そうでいて小物臭ただよう表情の玉実です。
これまた台座に細かなこだわり、康一くんを騙す際に使用した猫袋あり (画像右:分かるでしょうか?)



■間田敏和(サーフィス)
CH_jojo4-1_13.jpg

間田の立体化って他メーカーじゃ本当あり得ん!地味ながらサーフィスの存在感がいいです!
…敏和って名前だった事はすっかり忘れてました。



■虹村形兆(バッド・カンパニー)
CH_jojo4-1_14.jpg

台座に造形されている兵士は10体。
基本的にジョジョに登場する兄貴は総じてカッコいい。

※兄貴(4部)= 形兆、兄貴(5部)= プロシュート、兄貴(6部)= エルメェス



CH_jojo4-1_15.jpg

兄弟で。



■矢安宮重清(ハーヴェスト)
CH_jojo4-1_16.jpg

まんま重ちーです!イイ!
台座と頭の上で計13体のハーヴェストがいます。
台座はクリアパープルに塗装が施されています。



■トニオ・トラサルディー(パール・ジャム)
CH_jojo4-1_17.jpg

これまた、そのまんまなトニオさん。
4部の頃の絵柄はデフォルメと相性がいいのかしら?
パール・ジャムもイカしてます! 色的にあまり美味しそうではないけど



■支倉末起隆(アース・ウインド・アンド・ファイヤー)
CH_jojo4-1_18.jpg

216歳、マゼラン星雲から来た宇宙人(自称) ヌ・ミキタカゾ・ンシ(本名?)というワケの分からん人物。
制服のボタン(?)、飾りの細かさもさることながら、ミステリーサークル+鉄塔という台座のこだわりが凄い!
鉄塔の裏面には鋼田一豊大もいます。 スゲェ!



■吉良吉廣(アトム・ハート・ファーザー)
CH_jojo4-1_19.jpg

写真のおやじ。
写真の周りにある小さなポツポツは、億泰が刺した画鋲の穴でしょうかね。
前面にあるのは糸かな?



■空条承太郎
CH_jojo4-1_20.jpg

キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ~前編~ の承太郎より似てますねー。
超像可動もそうでしたが、1発目の承太郎は失敗する傾向にあるのでしょうか?
台座の背面側にはイルカが造形されています。



■承太郎 + スター・プラチナ(キャラヒーローズ 第3部 ~前編~)
CH_jojo4-1_21.jpg

キャラヒーローズ (略) ~前編~ のスター・プラチナと台座の組み合わせが可能です。
オラッ



■シークレット
CH_jojo4-1_22.jpg

スター・プラチナです。
ボディのクリアパープルが非常に綺麗です。
どうせならスタープラチナ・ザ・ワールドのポーズを取ったやつが良かったなぁ

シークレットをなくしてくれたら、もっといいのになぁ



CH_jojo4-1_23.jpg




■アクア・ネックレス
CH_jojo4-1_24.jpg

カルワザオンライン(旧ときめきモール)のWEB販売1,000BOXの予約特典です。
クレイジー・ダイヤモンドのドララァによりビンに閉じ込められたアクア・ネックレス。
スタンドはビンの中、本体は石と一体化(仗助の台座のアンジェロ岩) なんとも不憫な形での立体化となった片桐安十朗…



CH_jojo4-1_25.jpg

怖ッ!
タイガーマスクに出てきたゴルゴダクロスに似ている!


今回よりシリーズも第4部がスタート。
毎度の事ながら、マイナーなキャラを押さえジョジョ好きにはたまらないラインナップになっています。
また遊び心ある台座なども非常に楽しいシリーズですね。

第4部は前編・後編の2回に分けて発売という事らしいですが、後編にはどんなキャラがねじ込まれてくるのでしょうか?
目玉はやっぱり今回、前編で登場しなかった吉良&キラー・クイーンでしょうか?
私個人としては梨央ちゃんのパンティーの扱いが気になる所! さて



以上 キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない ~前編~でした!
【記事リンク】 キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない ~後編~





■キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない ~前編~ (あみあみ)

スタチューレジェンド ザ・フール 

RAHや超像可動シリーズにより、ここ最近でグンとフィギュア化率の高まったジョジョの奇妙な冒険ですが、
ここにきて更にディ・モールト ベネという新規(?)メーカーが参入!

その第1弾として発売となったザ・フールです。


パッケージ
SLegend01_TheFool_01.jpg

パッケージに印刷された肉球が可愛らしいです。

メディコス・エンタテインメントより発売されている超像可動の穴を埋めるような商品ラインナップから、
ディ・モールト ベネとメディコスに何かしら関係があるのでは?とも言われていましたね。

企画・製造・販売元がディ・モールト ベネ
販売代理店メディコス・エンタテインメントと記載されています。


SLegend01_TheFool_02.jpg

砂のスタンドとは思えないほど、思い切りのよいカラーリングです。
このカラーは、このカラーでありな気もします。


SLegend01_TheFool_03.jpg

可動は後ろのタイヤが回転するだけ。 ほぼ完全な固定立体もの。


SLegend01_TheFool_04.jpg

フィギュア単体で見ると値段の割に小さく思えるでしょうか?
塗装は各所グラデーションが効いていてなかなか重厚なイメージになっています。


SLegend01_TheFool_05.jpg

肉球♪


SLegend01_TheFool_06.jpg

ポップなカラーリングな DX ソフビフィギュア ザ・フール (笑瓶 似)と比べるとかなり二枚目。
お尻のダクト?、後輪のパーツ、腕のパイプ等々、メカメカしいデザインをしたスタンドなのが分かりますね。


SLegend01_TheFool_07.jpg

超像可動と比較。
ちょうどいい大きさのような、気持ち小さいような…


SLegend01_TheFool_08.jpg

イギーと


SLegend01_TheFool_09.jpg


アクションフィギュアが好きで、ガシガシ動かしたい人にしたら物足りなく感じるかもしれませんね。
…固定フィギュアなので仕方ありませんが。
サイズやら価格については、まぁ人それぞれという事で。

私個人としてはアクションフィギュアである超像可動も一通り動かしたらディスプレイケースへ直行!飾りっぱなしという人なので、
超像可動で発売されなかったキャラの補完としてはありがたいシリーズだと思います。
(注:そういうシリーズなのかは分かりません!)

超像可動でも再現が難しそうな、ジョジョならでは!という奇怪なポーズをしたキャラの立体化が向いているシリーズでしょうか?
影DIOやハイウェイ・スターのポーズなどはこのシリーズ向きって感じがしますね。
今後発売される人物系キャラや、超像可動で立体化されなかったキャラに期待!


商品のあちらこちらに粉みたいなものが付着していたんだけど、あれは?





■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 ザ・フール (あみあみ)
■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 ヴァニラ・アイス (あみあみ)
■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 影DIO (あみあみ)
■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 ハイウェイ・スター (あみあみ)
■ハイスタンダードスタチュー スティール・ボール・ラン ジャイロ・ツェペリ ノーマルバージョン (あみあみ)

figma 仮面ライダースティング 

毎月、順調にリリース(延期も)の続くfigma『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』シリーズより
仮面ライダースティングが発売!

では


パッケージ
06_KamenRider_Sting_01.jpg

毎度の事ですがDRAGON KNIGHT未見のため、全くといいほどスティングを知りません!
という事で仮面ライダーライア扱いでご紹介!


06_KamenRider_Sting_02.jpg

やけに暗いピンクだなという印象でしたが、あらためて確認してみるとかなり劇中スーツに近い色合い。
いつの間にか、もっとピンク、ピンクしたイメージが刷り込まれていたようです。 なぜだろう?


06_KamenRider_Sting_03.jpg

龍騎ライダーズの特徴の1つでもある頭部の格子状のラインですが、先に発売となったウイングナイトなどと比べると、
はみ出しもなく綺麗に塗装されています(…個体差もあるかもしれませんが)

逆に各ボディアーマーの金色の塗装の雑さがちょっと目立ってしまいます(…個体差もあるかもしれませんが)

バックルの紋章は相変わらず綺麗でいいですね!


06_KamenRider_Sting_04.jpg

付属品
オプションハンド×8、エビルバイザー、エビルウィップ、アドベントカード(ファイナルベント)
その他、figma台座&アーム、収納袋とお馴染みのものが付属。

ドラゴンナイトと同様、基本的に左手首は握り手以外のものに交換する事がありません。
左ハンドパーツは他キャラの予備としてー(要塗装)

※パッケージではエビルバイザー、エビルウィップは盾型召還機、ムチという表記になっています。


06_KamenRider_Sting_05.jpg

ライアの特徴でもある辮髪状の頭部飾りは取り付け軸が短く、緩め。
ポロリ発生率が高めです。 これも個体差でしょうか?


06_KamenRider_Sting_06.jpg

肩アーマーの取り付け基部はこんな感じ(画像左)
ボディへの取り付け部で一応は前後へ可動させる事は可能になっていますが、かなり可動域に制限があります。
腕を前に突き出せないのがかなり痛い。


06_KamenRider_Sting_07.jpg

エビルバイザー
裏側に設けられたグリップにて保持。

残念ながらアドベントカードを装填できる可動ギミックはなし!


06_KamenRider_Sting_08.jpg

エビルウィップ
3パーツから構成されています。
先端部の取り付け軸を回転させる事で多少、表情を変える事ができます。
グリップ部の取り付け軸が物凄く緩くポロリが多発(鬱陶しいので即接着!)


06_KamenRider_Sting_09.jpg


06_KamenRider_Sting_10.jpg


06_KamenRider_Sting_11.jpg

これといって印象的なポーズが思い出せません。


06_KamenRider_Sting_12.jpg

FINAL VENT


06_KamenRider_Sting_13.jpg

ハイドべノン 5000AP


06_KamenRider_Sting_14.jpg


シリーズ通して共通ボディを使用しているので、安定感のあるクオリティになっています。コレジャナイ率低し!
ただアクションフィギュアとしてみると触っていてポロリポロリとパーツが取れてしまうのがイマイチでしょうか。
元のキャラからして付属させるべきものが少ないので仕方のない所かもしれませんが、ちょっと付属品が寂しいですね。

龍騎と共闘した時に放ったWドラゴンクローファイヤー再現用にコピーベント ドラゴンクローをですね…
おぉぉ DRAGON KNIGHTのスティングの記事って事を忘れていたぞ!

DRAGON KNIGHTは龍騎の戦闘シーンの使い回してるというのを聞いたんだけど、全てが全て使いまわしじゃないのかな?


出来のいいシリーズなので毎月、楽しみにしているんですけど発売日が延期しまくりなのはどうにかならんでしょうか?
通販でのまとめ発送分の組み換え要望の連絡するの面倒なんですよねー






06_KamenRider_Sting_15.jpg

どうでもいいですけど、これ見てフェニックス一輝の師匠を思い出したのは私だけでしょうか?
こんな感じのお面を付けてた気が。


figma 仮面ライダースティングでした!





■figma 仮面ライダースティング (あみあみ)
■figma 仮面ライダーストライク (あみあみ)
■figma 仮面ライダートラスト (あみあみ)
■figma 仮面ライダーセイレーン (あみあみ)

S.I.C. Vol.57 仮面ライダーW サイクロンジョーカー 

S.I.C.シリーズに仮面ライダーWが登場!
基本の基本フォームともいえるサイクロンジョーカーが発売となりました。


パッケージ
sic57_CycloneJoker_01.jpg

らしいカラーリングを用いたパッケージです。

いつものS.I.C.とは違い、やたらとスッキリとした印象を受けたのですが開封してその原因が判明。
なんと!毎回、毎回、開封するたび邪魔くさくて仕方がなかったS.I.C.のソフト針金がないッ!
あの針金ってキツキツで縛られてると跡が残っちゃったりするんですよねー。
本当、なくなって良かった。 今後も針金なし仕様でお願いします。


■仮面ライダーW サイクロンジョーカー
sic57_CycloneJoker_02.jpg

元デザインがシンプルなだけにイマジネイティブしにくそうな仮面ライダーW。
大きく目立った所ではストレートな線で現されていた中央のセントラルパーテーションに変化を持たせたというくらいのアレンジ。

ダイキャストは使用されておりません。 手首、足首のリング状の装飾にダイキャストが使用だそうでー
…全然、気が付きませんでした('A`)
S.I.C.(スーパー・イマジネイティブ・超合金)のイマジネイティブと超合金分が少なく、最早ただのS(スーパー)です。
唯一残っているスーパーが何なのかもわかりませんが…


sic57_CycloneJoker_03.jpg

頭部サイド部分の段差はやや有機的なアレンジ具合です。
サイクロンサイドは色の具合もあって芽キャベツに見えなくもない。


sic57_CycloneJoker_04.jpg

付属品(サイクロンジョーカー、エクストリーム共用)
各種ハンドパーツ、ガイアメモリ(ジョーカーメモリ、サイクロンメモリ、ルナメモリ、ヒートメモリ、プリズムメモリ)


sic57_CycloneJoker_05.jpg

マフラーはS.I.C. Vol.55 仮面ライダーストロンガー同様、可動軸の付いたジョイントで処理。


sic57_CycloneJoker_06.jpg

ダブルドライバーは左右へ展開する事が可能です。


sic57_CycloneJoker_07.jpg

ガイアメモリの装填も可能でメモリの抜き差しを再現する事ができます。
またマキシマムスロットへの装填も可能になっています。


sic57_CycloneJoker_08.jpg



■ジョーカーエクストリーム
sic57_CycloneJoker_09.jpg

サイクロンジョーカーの必殺技 ジョーカーエクストリーム再現用パーツです。


sic57_CycloneJoker_10.jpg

他、魂STAGE一式+ジョーカーエクストリームディスプレイ用ジョイントが付属します。


サイクロンジョーカーから腕、脚、胸パーツやらを外し、再現用の半身パーツにゴチャゴチャと付けていきます。



sic57_CycloneJoker_11.jpg

ジョーカーエクストリーム!

…格好悪いです('A`) 再現するのも面倒い
パーツの組み換えはよく考えられてるなぁと思いますが。


sic57_CycloneJoker_12.jpg

専用のジョイントはこんな感じでー



■サイクロンジョーカーエクストリーム
sic57_CycloneJoker_13.jpg

ほぼ丸々交換です。


sic57_CycloneJoker_14.jpg

劇中では格好悪い最強フォームがS.I.C.だと割と格好良くなる法則発動!
サイクロンジョーカーと同様、灰汁が強いほどのアレンジはありません。


sic57_CycloneJoker_15.jpg

クリスタルサーバー部は光に当てるとそれらしく色が反射する仕様。 なかなかイイ感じ。
(画像右下が分かりやすいかな)


sic57_CycloneJoker_16.jpg

ビッカーシールド、プリズムソード


sic57_CycloneJoker_17.jpg

ビッカーシールド、プリズムソード共にガイアメモリを装填する事が可能です。


sic57_CycloneJoker_18.jpg

エクストリームメモリの変形は再現されておりません。
エクストリームメモリを分離してサイクロンジョーカーエクストリーム用ダブルドライバーへ取り付け。


sic57_CycloneJoker_19.jpg


sic57_CycloneJoker_20.jpg

持ち手の形状がいまいち合っていないわ、シールドは重すぎるわで相変わらず武器類の保持については駄目駄目。


sic57_CycloneJoker_21.jpg


sic57_CycloneJoker_22.jpg

ちなみに共通のボディ素体となるのがコレ


sic57_CycloneJoker_23.jpg


発売済みのS.I.C.平成ライダーらと並べるには、これくらい抑え目のアレンジでちょうどいいのかな?
個人的にはもう少し思い切ったアレンジの加わったWも見てみたかった気がしますが。

前弾のVol.56 仮面ライダークウガのように体系そのものが気持ち悪いという事もないので、その辺の不満はなし。
フォームチェンジ(換装)をメインに考えられ作られているようなので、今後発売されるフォームと組み合わせる事で、
楽しさが増すシリーズになるかもしれませんね。

全フォームで飾りたいという人はサイクロンジョーカーだけでも4セット購入?
…さすがにその辺の販売の仕方は上手いですな。


S.I.C. Vol.57 仮面ライダーW サイクロンジョーカーでした!






■S.I.C. Vol.57 仮面ライダーW サイクロンジョーカー (あみあみ)
■S.I.C. Vol.58 仮面ライダーW ヒートメタル&ルナトリガー (あみあみ)
[ 2011/04/10 23:17 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)