トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

石ノ森ストア限定 フィギュアーツZERO タブー・ドーパント 

S.H.フィギュアーツZEROで展開(クレイドール除く)している園咲ファミリー最後の1人。
タブー・ドーパントが石ノ森ストア限定で発売されました。
(受注期間:2011年02月25日~2011年04月07日)


パッケージ
ShFz_Taboo_Dopant_01.jpg

石ノ森ストア限定 S.H.フィギュアーツZERO共通のパッケージとなっています。


ShFz_Taboo_Dopant_02.jpg

独特なデザインをしているゆえ浮かせるようディスプレイするのが基本となっています。


ShFz_Taboo_Dopant_03.jpg

塗装の塗り分けは細かくいい感じです。


ShFz_Taboo_Dopant_04.jpg

なんとも痛々しい頬の縫い痕。
撮影技術の関係で少し肌の色のピンクが濃く出てしまっているかもしれません。


ShFz_Taboo_Dopant_05.jpg

頭部にパイルダーオンしている像。
本来だと像が両手で髪の毛を掴んでいるんですよね。

うーん、髪の毛はもう少しシャープな造型をしてもらいたかった…


ShFz_Taboo_Dopant_06.jpg

襟の後ろの仮面のような装飾はかなり細かくて素晴らしい!


ShFz_Taboo_Dopant_07.jpg

布状のものが巻きついたような右肩と、髑髏の装飾物をあしらった左肩。
左の手の平の目玉(?)も再現。


ShFz_Taboo_Dopant_08.jpg

胸の虫の飾り(ゴキ)も抜かりありません。
その周辺の塗料の飛び散りは一体何ッ!と思ったのですが、よく資料を確認したら身体に黒いシミのような斑点があるんですね。
もう少しボカシ気味に点を打ってくれていたら完璧だったのに!


ShFz_Taboo_Dopant_09.jpg

スカート(?)に突き刺さっているボルトは素晴らしい!
撮影中にそのボルトが1本ポロッと抜け落ちたのにはビックリしましたが。

スカート先端の目玉は表面をクリアパーツで覆ったら凄い質感がよくなりそう。


ShFz_Taboo_Dopant_10.jpg

付属品
タブー・ドーパント専用台座、本体用の支柱、破壊光球、光球用の支柱。


ShFz_Taboo_Dopant_11.jpg

専用台座はガイアメモリのマーク+台詞


ShFz_Taboo_Dopant_12.jpg

光球と一緒にディスプレイするとこんな感じになります。


ShFz_Taboo_Dopant_13.jpg

光球だか何だかよく分からん物体に…


ShFz_Taboo_Dopant_14.jpg

園咲一家が勢揃いー! やっぱり揃うと嬉しいなぁ

霧彦さんは… (-人-)ナムー


ShFz_Taboo_Dopant_15.jpg


同シリーズのミックさんがあんまりにもあんまりな出来だったので不安ばかりが先に立ちましたが、これはなかなか良い出来かと。
欲を言えば、やっつけ感丸出しな髪の毛の造型がもう少し何とかなっていれば…といった所でしょうか。
その他の部分はかなり細かく造型、塗装が施されているので意外と見栄えは良いと思います。

手を加えるとしたらピンクのベタ塗りになってしまっている顔の塗装かな?
多分、このピンク顔の上に紫でシャドー吹きをしてあげたら凄く質感がよくなるのではないかな。
多分ッ!

今回付属している支柱とは別に、もう少し高い位置で飾る事のできる支柱が付いてたら良かったかもしれませんね。
本体の出来は結構、雰囲気出ているのであんま不満はないなぁ。



石ノ森ストア限定 S.H.フィギュアーツZERO タブー・ドーパントでした!
冴子さんのサイン欲しかったな。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW サイクロンジョーカー (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新1号 (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ アンクスタンドセット (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ シャウタコンボ (あみあみ)
スポンサーサイト

魂ウェブに色々ときましたが 

ミラーナイトさんのセット内容に凄い不安を覚えるのは私だけでしょうか?

■セット内容
・本体
・ミラーナイフ
・ディフェンスミラー
・交換用頭部(レッドアイVer.)
・岩
・交換用手首(左×4種、右×3種)
・ディフェンスミラー用手首(左右)

もしやレッドアイ絡みで付属するのは頭部だけ?
胸や腕もレッドVer.のものがないと物凄く中途半端なんですけどぉぉ('ω`;)
ついでにいえば指先が尖った手首パーツも(手首に関しては交換用手首内に含まれているのかもしれませんが)


>可動・造形・オプションパーツ、全てを再現した至高のミラーナイトです。
全然、再現されていないようですが…

発売までに何とかなっている事を願う!



眠い、寝る


スタチューレジェンド ハイウェイ・スター 

ディ・モールト ベネのスタチューレジェンドにてハイウェイ・スターが発売されました!
前3作はジョジョの奇妙な冒険 第3部のキャラが発売されましたが、今回は第4部キャラからの立体化となります。


パッケージ
SLegend04_Highway_star_01.jpg

比較用の物を何か置いておけばよかったんですがパッケージのサイズがとにかくデカイです。
ホント意味のないデカさ。

縦23cm、横幅16cm、奥行き16cm


SLegend04_Highway_star_02.jpg

中身はこんな感じ。
ブリスターのスカスカ具合を見ていただければ、いかにパッケージサイズだけが無駄にデカイかが分かると思います。
何じゃこりゃ?

ポージングが前かがみという事もあり、先に発売されたヴァニラ・アイスや影DIOと比べてもフィギュア本体のサイズは小ぶり。
…にも関わらず今までで1番デカイパッケージ('ω`;)
パッケージも一緒に保存しておく私にとっては邪魔以外の何物でもない。


SLegend04_Highway_star_03.jpg

スタチューならではといったポージングのチョイスですね。
カラーリングは個人的に不満はなし! というか、このカラーリングでベネ!


SLegend04_Highway_star_04.jpg

尻の突き出し具合、ひねり具合がジョジョっぽいです。


SLegend04_Highway_star_05.jpg

筋骨隆々という程、ゴツイ体躯でもなくどちらかというと細身な体型になっています。
超像可動と並べる分にはちょうどいい太さ、サイズになっていると思います。


SLegend04_Highway_star_06.jpg

頭部のスライス状になっている部分に、ちょっとした動きが見られますね。


SLegend04_Highway_star_07.jpg

網目(?)になっている部分で塗装精度の悪い部分も見当たりますが、まぁそんな気になるほどでもないかなぁ。
画像で見ると雑さが際立ってしまうんですよね。


SLegend04_Highway_star_08.jpg

顔はかなり男前。
影DIOもそうでしたが、肩の分割線の処理はどうにかしてほしかった部分ですね。
ボディの網目にあわせて分割するとかはできなかったのかな? ガシャポンでもここまで大胆な分割の仕方はしないと思うんだけど…


SLegend04_Highway_star_09.jpg

右腕の上腕、左手の前腕部がスライス状になっています。


SLegend04_Highway_star_10.jpg

脚は左スネの部分がスライス! 爪の塗装とかは細かくてイイ!
足も地面にベタ足ではなく、かかとが少し浮いているというのがイイですね。


SLegend04_Highway_star_11.jpg

安定性には欠けますが台座なしでも自立させる事は可能です。


SLegend04_Highway_star_12.jpg


SLegend04_Highway_star_13.jpg

鎖骨のラインにあわせるかのように分割線を配置しているようにも思えるんですけどねぇ…
もうちょっと何とかならんもんか。


SLegend04_Highway_star_14.jpg

追跡開始!


超像可動と並べるに相応しいサイズなのは素直に嬉しいですね。
ただ、2011年8月発売予定の噴上裕也と近接して並べる事ができるのかどうか?という点で台座のサイズ・形状が気になる所。
そして相変わらずプライズのような味気のないという点でも台座の出来はう~ん…
今回のハイウェイ・スターに関していえば、意味なくデカイパッケージサイズも個人的にはマイナス。
それ以外に関しては概ね満足!

スタチューレジェンド全体にいえる事ですが、価格が高いというのが収集するのにネックになってくる印象は否めないですね。
それでいて、ここ最近は露骨にカラーバリエーションを連発してきているので尚更。
ジョジョ好きでも購入にまで至るかどうか、というキャラが多く商品ラインナップに含まれているのでセカンドカラーの発売というのも、
うなずける部分ではありますが、あんまり連発されてもね(しかも値引きの効かないWEBショップで)ORICON STORE グギギ
カラーリングが自分好みでないという場合はしばらくの間、様子見をしてセカンドカラー待ちというのも1つの手かも。

今現在、発表されている彩色されているサンプルを見る限りは違和感のあるキャラはいないのでカラーリングに対しての、
違和感というのは個人的にはないのですが、同シリーズ内でもサイズ差が微妙にマチマチな感じがするのが…
変態ラインナップが魅力的なのでメーカーさんには是非とも頑張ってほしいのですが、諸々の面の安定感のなさから、
不安を感じつつの購入になっているという部分は正直ありますね。



以上!スタチューレジェンド ハイウェイ・スターでした!





■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 ハイウェイ・スター (あみあみ)
■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 噴上裕也 (あみあみ)
■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 支倉未起隆(ヌ・ミキタカゾ・ンシ) (あみあみ)
■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 虹村形兆&バッド・カンパニー (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第二部 ジョセフ・ジョースター (あみあみ)

キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない ~後編~ 

キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ~前編~ に続き ~後編~が発売されましたー!

【記事リンク】 キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない ~前編~



パッケージ
CH_jojo4_2_01.jpg

味方サイドのキャラが多めだった前編と比べると、敵キャラが多めなラインナップとなっている後編。
例によって例の如くマニアックなキャラまで立体化!

全15種+シークレット



■岸辺露伴&ヘブンズ・ドアー
CH_jojo4_2_02.jpg

ヘブンズ・ドアーはクリアパーツで立体的に再現。
台座は本のページをベースにしているんでしょうかね。 ロール状に変化が付けられているのもポイント高し!



■ジョセフ・ジョースター&静・ジョースター(アクトン・ベイビー)
CH_jojo4_2_03.jpg

赤ん坊が透明になってビックリといったジョセフの表情がいいです。
ジョセフのヒゲ、赤ちゃんのサングラスに色を付けたいですねー。 もちろんヒゲはうん○色。



■音石明
CH_jojo4_2_04.jpg

首のリング(?)、腕や脚の輪っか状になっている装飾物、手首の「←AC」、「DC→」もしっかりと再現されています。
何よりギターのヘッドにペグが6個造型されているというのが凄い!
造型した人は頭がおかしいのではなかろうか?(褒め言葉)

造型師の方に 「万雷の拍手をおくれ世の中のボケども」 と言われたら拍手せざるを得ない。
ドリュデ ドリュデ



■音石明のスタンド
CH_jojo4_2_05.jpg

大人の都合で 『音石明のスタンド』 という名称になっているレッド・ホット・チリペッパー。
本体と台座とで異なる色のクリアパーツを使っているのがニクイ!



■虫喰い&ラット
CH_jojo4_2_06.jpg

耳が虫に喰われたように欠けている所から「虫喰い」と名付けられた鼠のスタンド使い。
当然、耳の欠けは再現されています。

劇中でもう一匹登場した耳の欠けていない鼠の名前が 「虫喰いでない」 というネーミングも凄い。


CH_jojo4_2_07.jpg

砲台のようなスタンド 『ラット』 はもっとメカニカルにギラギラとした色でも良かったかと。
アップで見ると可愛い虫喰い。 アポロチョコが食べたくなってくる色の組み合わせです。



■杉本鈴美&アーノルド
CH_jojo4_2_08.jpg

地図上には存在しない小道にいる幽霊。
愛犬アーノルドと郵便ポストの3体セットです。
原作ではアーノルドの喉元にはパックリとあいた傷口があるのですが、流石にそこまでの再現はなし。 再現されても困る!



■大柳賢(ジャンケン小僧)&ボーイ・Ⅱ・マン
CH_jojo4_2_09.jpg

ジャンケン構え中ですね。
画像だとちょっと分かりにくいかと思いますが、唇が分厚く盛られて特徴的なたらこ唇が再現されています。


CH_jojo4_2_10.jpg

横から見た時のボーイ・Ⅱ・マンがペラペラなのが残念。



■噴上裕也
CH_jojo4_2_11.jpg

「HIGH WAY」 「SPEED KING」 全ての文字は再現されていませんが、首のスカーフにはそれらしき文字のモールドがあります。
十の字に切れ目の入ったような独特な学生服も凹みモールドで再現。
ハイウェイ・スターは追跡時のスライス、足跡マーク状態のものが再現されています。

アゴのHとSの文字にスミ入れしたほうがいいかしら。



■ハイウェイ・スター
CH_jojo4_2_12.jpg

今回のセミシークレットとも言うべき扱いとなっているのはハイウェイ・スター。
ボディの模様が前面のみで背中側が塗装されていないのが残念ですねー


CH_jojo4_2_13.jpg

輪切り状になった頭部と脚。

個人的にハイウェイ・スターのカラーリングは紫意外は考えられなかったんですが緑色も何気にカッコいい。
Highway StarDeep PurplePurple と、なんの捻りもなく紫のイメージをもってるだけなんですが('ω`;)



■宮本輝之介(エニグマの少年)
CH_jojo4_2_14.jpg

ドマイナーキャラも立体化!というキャラヒーローズの本領を発揮するに相応しいキャラ。
と、思いきや同じくジョジョフィギュアを発売しているディ・モールト ベネからも発売されるとか...

こちらはハイウェイ・スターと違い背面もきちんと塗装されています。
台座には原作でエニグマが発動した時の交差する手の模様が彫られています。 変態台座その1(褒め言葉)



■エニグマ
CH_jojo4_2_15.jpg

エニグマはどんなカラーリング何だろう? そんな想像すらした事ないキャラ。
ムーディー・ブルースみたいな目なんですね。

台座には、やはりエニグマが能力を発動した時の模様が彫られています。
こちらの台座はエニグマと東方朋子が交差。 変態台座その2(褒め言葉)



■吉良吉影&シアー・ハート・アタック
CH_jojo4_2_17.jpg

デフォルメされている分、気色の悪さが抑えられて見えますね。
シアー・ハートの塗装は物凄く投げやりな… 小さなシリーズですし、これはこれでアリなような気もしますが。



■キラー・クイーン
CH_jojo4_2_18.jpg

お馴染みのポーズでの立体化です。
クリアピンクにホワイトの塗装が薄っすらと乗っている感じです。
肩、前垂れ、手の甲にある猫髑髏の装飾はかなり頑張っているかと。


CH_jojo4_2_19.jpg

吉良吉影とキラークイーンは台座の組み合わせが可能になっています。



■川尻浩作(吉良)&ストレイ・キャット(第1形態)
CH_jojo4_2_20.jpg

ツンツン頭の川尻。
原作での髪の描かれ方が凄いテキトウなので実際に立体化しようとすると、意外と造型師泣かせな髪型のような気が…
猫草として誕生したばかりのストレイ・キャットですね。

ネクタイの模様の頑張りに拍手を送りたい。


CH_jojo4_2_21.jpg

川尻とキラー・クイーン台座も組み合わせる事が可能です。



■川尻早人&ストレイ・キャット(第2形態)
CH_jojo4_2_22.jpg

ランドセルに詰め込んだストレイ・キャットが空気弾を発射するヒトコマ。
そういえばサラッとストレイ・キャットの風貌が変わったけど、どのタイミングで変わったんだ?



■シークレット
CH_jojo4_2_23.jpg

川尻浩作(吉良)の後期ヘッドとでも呼ぶのでしょうか、オールバックスタイルです。
片手に携帯、片手にカバンという最終決戦時の姿ですね。

こちらも小さいながらネクタイの模様を頑張っています。


CH_jojo4_2_24.jpg

シークレットの川尻もまたキラー・クイーン台座との組み合わせが可能になっています。


CH_jojo4_2_25.jpg

キラー・クイーンと。
フィギュア用のターンテーブルにでも乗せてディスプレイしたらいいかもしれない。
…クルクル回られても鬱陶しいだけかもしれない。



■乙雅三&チープ・トリック
CH_jojo4_2_26.jpg

カルワザオンラインの予約特典です。(WEB販売分:800BOX、おみせdeツーハン分:200BOX)
極力、塗料の使用数を減らすように!という努力がうかがえますね。 かえって地味にまとまって見えるから困る。
乙雅三の営業スマイルが素敵です。


CH_jojo4_2_27.jpg

背中にとり憑いているチープ・トリックが中々ラブリー。


CH_jojo4_2_28.jpg

チープ・トリックは乙雅三から取り外す事ができます。
また首と腰の部分をロール可動させる事ができるので、意外とポーズの変更が効きます。


CH_jojo4_2_29.jpg

超像可動の露伴先生にとり憑かせてみたり。


CH_jojo4_2_30.jpg


第3部では前、中、後編と3回に分けて発売されたキャラヒーローズですが、第4部は前編、後編の2回で終了。
登場キャラが多く、枠が取れそうな部のような気もしたんですが意外と立体化させるのに向いてるキャラは少なめ?

前編で出たエコーズACT1、2、3を1体ずつにバラけさせたり、台座の一部として登場した鋼田一豊大辺りを、
単独で立体化するとかすれば、前、中、後編の3部構成でいけたんじゃないかなぁ。
億泰のオヤジや、噴上裕也の取り巻き女3人組とかもラインナップに加えたり …と、マイナーキャラ好きが妄想。

何だかんだいっても、前、後編だけでもじゅうぶんマイナーなキャラが立体化されてはいるんですけどね。
4部のキーアイテムである弓と矢は結局、出てこなかったのがちょっと残念!


そんなこんなで、お次は3部、4部という流れのままに第5部へと突入するようです。
4部と同じく前編、後編で発売を予定していたようですが前、中、後編の3回に分けての発売となるそうです。
ブチャラティチームもさる事ながら、暗殺チームの面々が非常に楽しみです!

【記事リンク】 キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない ~前編~



以上、キャラヒーローズ ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない ~後編~ でした。


魂フェスティバル2011前夜祭 

明日7月16日~17日に東京(秋葉原)で開催されるバンダイコレクターズ事業部主催のイベント、
『魂フェスティバル2011 超合金の夏・ロボットの夏』 の情報が出ていたので気になった所をチラホラと。
※テキストのみで画像はございません


■スーパーロボット超合金
・デカレンジャーロボ

シンケンジャー、ゴーカイジャー共にスーパーロボット超合金とS.H.フィギュアーツが同時進行されている流れ的に、
S.H.フィギュアーツ デカレンジャーが予定されているという事も?


■S.I.C.
・仮面ライダー(スカイライダー)
・仮面ライダースーパー1

超期待!スカイライダーは前期カラーなのがかなり嬉しい!
後期カラーは東映ヒーローネット辺りで発売されそうな嫌な予感がしない事も…('A`)
スーパー1は前情報一切なしだったので、かなり驚きですね! ファイブハンドがカッコいい!
展示されている後ろのイラストがバダー&バギブソンなんですがぁぁぁ!これはッ!

昭和ライダー始動!という事らしいですが相当、年代モノになってきた初期可動の昭和ライダーを新規で!という事もあるのかなぁ。
ちょっと楽しみになってきました。


■S.I.C.極魂
・サイドバッシャー
・ウルフオルフェノク

ファイズ好きにはたまらんですね。


■ULTRA-ACT
・ウルトラマンアグル(V2)
・ミラーナイト

ミラーナイト(レッドアイ)の体育座りがイイ! 担当の人は分かってらっしゃる!
ただボディ(シルバー部)の塗り分けされたガンメタの濃さが強すぎな気も…


■S.H.フィギュアーツ
・仮面ライダー新2号
・仮面ライダーV3

・仮面ライダーゾルダ
・仮面ライダー王蛇

・仮面ライダー電王 クライマックスフォーム

・仮面ライダーオーズ タカジャバ(書籍の誌上通販)
・ロストアンク
・仮面ライダーオーズ ブラカワニ

昭和ガンバレー! ゾルダ、王蛇はミラーモンスターの扱い(セットか否か)が不明…
クライマックスは超クライマックスと分けて発売するような事がないようにしてもらいたいですねー

オーズ系は上3品よりも各コンボやバースの展示で使用されていたエフェクトパーツが気になって仕方ないです。
エフェクトパーツセットとかないのかなぁ、欲しいな! 何かに付属するというバッタレッグはタカジャバに付くのかな?
…アギトのバーニング・シャイニングがないッ! ゴウラムもどっかに消えた('A`)


・腑破十臓
・ゴセイナイト
・ゴーカイイエロー
・ゴーカイピンク
・ゴーカイシルバー

十臓とゴセイナイトは隠し玉すぎる!


・ブルーローズ
・ロックバイソン
・スカイハイ
・ドラゴンキッド
・折紙サイクロン
・ファイヤーエンブレム
・TIGERバイク
・虎徹(S.H.フィギュアーツ ZERO)
・バーナビー(S.H.フィギュアーツ ZERO)

一気にラインナップを出してきましたねー
TIGER&BUNNYは短期間に畳み掛けてくるのかしら



超合金の夏・ロボットの夏という今回のイベントですが、肝心なメインのロボット系が知らないものばかりで、
結局、特撮系ばかりに偏ってしまいました。
超合金魂のゴッドシグマは欲しいけど、この時期恒例のイベントやらワンフェスの限定ものが…


tama.gif

参考出品さえれているものの、どこまでが商品化されるのでしょうか。
うーん、秋葉原行きたいなぁ


魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケングリーン 

魂ウェブ商店より発売となったS.H.フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケングリーンです。
シンケンブルーと同時受注、同時発送となっています。
(受注期間:2011年01月25日~2011年03月24日)


パッケージ
ShinkenGreen_01.jpg

同シンケンジャーシリーズに合わせた装丁になっています。
※殿だけは別格でキンピカ仕様


ShinkenGreen_02.jpg

「木」のモヂカラを操る侍。 序盤の不真面目代表 谷千明が変身。

本体のベースはシンケンレッドと同様。
【記事リンク】 S.H.フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケンレッド


ShinkenGreen_03.jpg

シンケンブルーのマスクは綺麗に塗装されていたんですが…
さすが限定品、塗装精度もアップしているな!と思ったのが甘かった。白いふちの塗装がヨレヨレ('A`)


ShinkenGreen_04.jpg

角ばった頭部はきちんと再現されています。
まん丸の頭部、とんがり頭部、角ばった頭部、ちょっとした差でも結構印象が異なるものですね。


ShinkenGreen_05.jpg

付属品
ウッドスピア、熊折神、熊折神(エンブレムモード)、シンケンマル、ショドウフォン
武器の持ち手、熊折神持ち手、ウッドスピア用の持ち手、ショドウフォン用持ち手、ポーズ手、開き手 等々
(オプションハンド 計9種)

パッケージの状態では握り手が装着されています。


ShinkenGreen_06.jpg

ウッドスピア
シンケングリーン固有の武器である長槍。
なかなか迫力あるサイズになっています。 プラ製で軽量なので保持に問題はなし!


ShinkenGreen_07.jpg

秘伝ディスクは取り外す事が可能ですが、回転ギミックはありません。


ShinkenGreen_08.jpg

熊折神は頭部が上下可動。
エンブレムモードは見たまんまです。


ShinkenGreen_09.jpg


ShinkenGreen_10.jpg

お馴染みの付属品 ショドウフォン。


ShinkenGreen_11.jpg

S.H.フィギュアーツ シンケンジャーの張った太ももはポイント高いですねー


ShinkenGreen_12.jpg


ShinkenGreen_13.jpg


ShinkenGreen_14.jpg

ウッドスピアの持ち手は専用のものが付属。
手の内側にスピアの柄の部分がハマる溝があるので安定して保持する事ができます。


ShinkenGreen_15.jpg


ShinkenGreen_16.jpg


ShinkenGreen_17.jpg


ShinkenGreen_18.jpg

突き!


ShinkenGreen_19.jpg


ShinkenGreen_20.jpg


着実にメンバーが揃いつつあるシンケンジャー。
シンケングリーンも他のメンバー同様、小物類の付属が多く充実したセット内容になっています。
またオプションハンドも武器ごとに専用の手首が付属するなど、各武器をしっかりと持たせる事ができるのもいいですね。
決めポーズ用の専用手首などがついているのもポイント高し!

あとは女性メンバー、姉さん&ことはを残すのみ!
















ShinkenGreen_21.jpg

イオン限定でシンケンレッド(志葉薫)が発売されるとか何とか…
手に入れるのが厄介な店舗限定は勘弁してほしいなぁ('ω`;)
限定、限定ってやるのはいいけどイオンは毎回、店舗ごとに情報が不確定すぎなのが困るんだよなぁ…
ネットでも購入できるようにしてくだされ!



魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケングリーンでしたー!





■S.H.フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケンレッド (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケンゴールド (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ アンクスタンドセット (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新1号 (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ シャウタ コンボ (あみあみ)

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケンブルー 

S.H.フィギュアーツ、スーパー戦隊ヒーローシリーズ展開の第一陣となった 『侍戦隊シンケンジャー』 より、
シンケンブルーが発売されました!

先に通常商品として発売となったシンケンレッド、シンケンゴールドと違い、魂ウェブ商店限定としての発売。
また、『侍戦隊シンケンジャー』 として同時に受注受付されたのはシンケングリーンとなっています。
(受注期間:2011年01月25日~2011年03月24日)


パッケージ
ShinkenBlue_01.jpg

S.H.フィギュアーツ初期のモノクロパッケージと比べると随分と華やかになったものです。
シンケンレッドは豪華なキンキラゴールドが使用されていましたが、シンケンブルーは大人しめ。
これが 「殿」 と 「家臣」 の差なのか...


ShinkenBlue_02.jpg

「水」 のモヂカラを操る侍。 池波流ノ介が変身。

本体のベースはシンケンレッドと同様です。
【記事リンク】 S.H.フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケンレッド


ShinkenBlue_03.jpg

マスクの塗装はシンケンレッドよりも仕上がりが綺麗です。
「水」 文字中央部の切れ込んだ部分が、白で塗り潰されてしまっているのがちょっと残念!


ShinkenBlue_04.jpg

シンケンマルの取り付けギミックも、もちろん殿と同様。


ShinkenBlue_05.jpg

付属品
シンケンマル、龍折神(エンブレムモード)、龍折神、ショドウフォン、ウォーターアロー
武器の持ち手、龍折神持ち手、ウォーターアロー用持ち手、ショドウフォン用持ち手、見得きり手、開き手
(オプションハンド 計11種)

その他にパッケージの状態で握り手×2が装着されています。


ShinkenBlue_06.jpg

ウォーターアロー
大きいので迫力があります。 重量は軽めなので保持は楽々!
プラ製でシャープな仕上がりになっています。

後部レバーには引き出しのギミックがあり、弓を引いた状態を再現する事もできます。
秘伝ディスクは回転、取り外しが可能!あっぱれ!


ShinkenBlue_07.jpg

龍折神は頭部を上下に可動させる事が可能です。
エンブレムモードの裏面もしっかりとモールドが入っています。


ShinkenBlue_08.jpg

こういう小物系アイテムの充実は素直に嬉しい。


ShinkenBlue_09.jpg

共通アイテムのショドウフォン
細かく塗り分けられています。


ShinkenBlue_10.jpg


ShinkenBlue_11.jpg


ShinkenBlue_12.jpg

足首はボールジョイント接続ですが、よっぽど無茶な体勢じゃ限り接地性・安定性は保たれます。


ShinkenBlue_13.jpg


ShinkenBlue_14.jpg

弓引き。

ウォーターアローの引きレバーパーツは細いので、引いた状態でコケたりすると一発で逝ってしまうかも。
取扱いには注意したほうがいいかもしれません。


ShinkenBlue_15.jpg

シュバッ!


ShinkenBlue_16.jpg


ShinkenBlue_17.jpg


ShinkenBlue_18.jpg


ShinkenBlue_19.jpg


先に発売となった殿、源ちゃんでプロポーションの良さ、可動範囲の広さは折り紙付き。 折神だけに ナンチャッテ
加えて充実した小物類の付属が何とも嬉しいシンケンジャーシリーズですが、シンケンブルーもそれらをちゃんと引き継いでいて、
安心・満足な出来になっていると思います。
固有武器であるウォーターアローもしっかりとした作りになっていて、満足度はかなり高め。
※プロポーションに関して、もう少し上半身に厚みがあればもっと良かったと。 源ちゃんはお腹周りの肉

ただ弱点も…
スーパー戦隊シリーズのキャラ全てに言える事かもしれませんが、1体、1体揃ってくる喜びと共に失われていく新鮮味('ω`;)
あまり変わり映えのしないキャラが増えていくので、こればかりは仕方がない所ではあると思いますが…
(本体に手を加えようがない分、付属品に力が入っているものと思えばッ!)

とはいえ単体でも出来・セット内容が素晴らしいので、6人が勢揃いした時の満足度は計り知れないものがあるかもしれません。
全員揃うのが待ち遠しいですね!
















ShinkenBlue_20.jpg

『海賊戦隊 ゴーカイジャー』 キャラの販売が決定し、予約等々が開始されていますが、その他のスーパー戦隊キャラが、
発売されるという事はあるのでしょうか? きりょくで しょうりだ ダイレンジャーは是非とも欲しいです!



魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケンブルーでした。





■S.H.フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケンレッド (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケンゴールド (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイレッド (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイブルー (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイグリーン (あみあみ)

見せてもらおうか、TIGER&BUNNYというアニメの人気とやらを 

「凄い、通販サイトに5倍以上のアクセスがある」 … 凄かったみたいですね

「予約とはいつも2手、3手先を考えておこなうものだ」 … 予約できた人の余裕

「認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを…」 … 予約に失敗し自己反省する人

「僕にはまだ買える場所があるんだ、こんなに嬉しい事はない」 … 前向きな人

「興味がなければどうという事はない」 … ハナから興味がない人

「遅いっ!」 … ただ今、サーバーが大変混み合っております

「ちいっ!」 … 売り切れました。または予約終了しました。

「ええいっ!」 … 現在購入いただけません

「冗談ではない!」 … カートには入ったのに注文確定の画面で弾かれました

「全滅? 予定在庫が全滅? さ…3分ももたずにか…」 … もたなかったようですね

「寒い時代だとは思わんか」 … ヤフオクの出品を見て

「早い、早いよ。こういう時は慌てたほうが負けなのよね」 … ヤフオクで入札している人へ

「バンダイ ばんざーい!ばんざーい!」 … 崩壊(そのあと階段へ)



昨日、バンダイコレクターズ事業部(10月発売予定)の新商品の予約が解禁となりましたね。
なにやらTIGER&BUNNYをターゲットにした転売絡みの人も争奪戦に加わったようで、予約できなかった人が多数いるとか…
あちこちの書き込みを見るに、仮面ライダーオーズの主力商品だったオーメダル争奪戦 再び!というような雰囲気に。

Amazon限定の場合は店頭で~!というワケにはいきませんが、通常販売品は以前と比べるとだいぶ買いやすくなっていますし、
まだ予約・購入のチャンスはあるでしょう! 何だかんだ普通に買えるんじゃないのかな?
(S.H.フィギュアーツ TIGER&BUNNYの動向が読めない現状では、ちょっと無責任な発言かもしれませんが)

ただ相手がバンダイだからなぁ('ω`;)
S.H.フィギュアーツ初という購入者もたくさんいるだろうに、初っ端からカウンターを食らわせて不信感を与えるとは… 恐ろしい会社だ!
…そもそも、Amazon.co.jp (R) EDITION というやつと通常版との違いって何なんでしょ?


昨日は予約合戦に参加できず、かなり遅めに帰宅してからのんびりとジョーさん&ドンさんだけ予約完了!
どのキャラもそれくらい余裕があると楽で助かるんだけどなぁ。 さてナイトとライオトルーパーはどうすべ?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。