トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラ コンボ 

S.H.フィギュアーツより仮面ライダーオーズの最終形態、プトティラ コンボが発売されました!
このプトティラ コンボをもってTVシリーズ登場のオーズのコンボは終了!かな?
さすがに紫目の暴走タトバとか… ないですよね? THNさん?

では


パッケージ
KamenRider_OOO_Putotyra_01.jpg

タトバからプトティラまでTVシリーズに登場したコンボ全7形態、全て統一されたサイズで出揃いましたね。
サイズにバラツキがないというのも、なかなか気持ちがいいもんです。

裏面メッセージ(オーズに限っては歌ですね)は 「プテラ!トリケラ!ティラノ!プ ト ティラーノ ザウルース!!」
プ ト って… 気が抜けます('A`)


KamenRider_OOO_Putotyra_02.jpg

序盤から独特のフォルムをもったコンボがちょこちょこ登場していただけに別段、最終(最強)フォームという気がしませんね。
各コンボ同様、ただの一形態といった感じ。

紫メタリックとホワイトパールでの塗装が綺麗です。


KamenRider_OOO_Putotyra_03.jpg

顔はかなりの二枚目。 襟元に干渉してしまうのでアゴを引いた状態で顔の向きを変更するのは厳しいでしょうか。
最後の最後にきて足首にダイキャストが使用されています。

しかし、これはもうヒーローの足じゃないっ!


KamenRider_OOO_Putotyra_04.jpg

シリーズ通してオーラングサークルに頑張りが見られましたね。
ベルトのコアメダルは異なる色で再現。 タジャドルだけ手抜きだったのは何故?
肩アーマや、前腕アーマーは、それぞれプテラノドンとトリケラトプスを模したデザインになっているんですね。

前腕のアーマーは回転させる事ができます。
ヒジを曲げる時は前腕アーマーと上腕が干渉しないよう、アーマーの向きを変えてあげる必要があります。


KamenRider_OOO_Putotyra_05.jpg

背面の羽は軟質素材です。 やたらと簡単に取り外す事ができたのですが…
太ももの横を覆うサイドアーマーは跳ね上げる事が可能です。 かなり大胆に大股開きさせる事ができますね。


KamenRider_OOO_Putotyra_06.jpg

肩アーマーのワインドスティンガー(という名前らしい)も簡単に取り外せちゃいました。
タジャドルのエフェクトパーツセットのように、後に拡張用パーツセットの販売があるかもしれませんね。
…ないかもしれませんね。


KamenRider_OOO_Putotyra_07.jpg

付属品
メダガブリュー(バズーカモード / アックスモード)、オースキャナー
開き手×2、持ち手×2、持ち手×2、持ち手×2

パッケージの状態で握り手×2が装着されています。

…というか、何ですか?この持ち手の嵐は?
内1種がオースキャナー用というのは分かるのですが、手首の内側が四角く切り欠かれているのがアックス用?
そうでないもう1種の切り欠きなしの手首はバズーカのグリップ持ち用? ワカラン


KamenRider_OOO_Putotyra_08.jpg

メダガブリュー (アックスモード / バズーカモード)

クリアパーツが使用され、なかなか雰囲気が出ています。
メダルをガブリといく口の開閉ギミックがないのは残念ですね。

アックスモードはバズーカのグリップが付いてる側の柄を持つのが正しいらしいです。
簡単に言っちゃえば短く持て!


KamenRider_OOO_Putotyra_09.jpg

バズーカモードは印象が薄いですねぇ


KamenRider_OOO_Putotyra_10.jpg


KamenRider_OOO_Putotyra_11.jpg


KamenRider_OOO_Putotyra_12.jpg

プトティラは暴走してこそ。
悲しいかなオーズ系はどれもデザイン上、オーラングサークルが邪魔をして前屈姿勢が取れないんですよね。


KamenRider_OOO_Putotyra_13.jpg

グゴゴゴゴ と地面から取り出す。


KamenRider_OOO_Putotyra_14.jpg

振りかぶってー


KamenRider_OOO_Putotyra_15.jpg

ダイナミックチョップ!


KamenRider_OOO_Putotyra_16.jpg


最終(最強)フォームって好みのものが少ないのでスルーしてしまう事が多いのですが、プトティラはサクッといっちゃいました。
まぁ正直な所、プトティラ コンボもデザインに惹かれて購入したという訳ではなかったのですが…
手にとってみてはじめて気付くデザインとかも往々にしてあるので、実際に手にしてみないと良さは分からないものですねー
結構、気に入っちゃいました。

使い分けが微妙(というか、どう使い分けたらいいのかが分からない)な武器の持ち手を2種付属させるなら、
暴走時に敵味方関係なく襲い掛かる風のグワッと開いた手が欲しかった所。(S.I.C.によくある感じの)

あと少し気になったのが前腕アーマーのロール可動。
個体差かもしれませんが、固着でもしてるのか?というくらい動きが重く動かそうとするとヒジの関節パーツがきしむ事、きしむ事。
破損でもしたら、それこそ面倒だし股関節もギチギチと音を立てていたので、まとめてグリスを塗りこんで解決!

それはそうと、簡単に外す事ができる背中の羽、接着もされていないワインドスティンガーが気になりますね。
大きい羽、尻尾、伸ばした状態のワインドスティンガー、氷エフェクト、この辺をセットにした拡張パーツの発売とかあるんでないのー?
それらを装着しても耐えられるようダイキャストが使用されているとか。 恐竜系カンドロイドも手付かずのままだし。
さて、どうなりますやら。



以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラ コンボでした。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラ コンボ (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー龍騎&ドラグレッダーセット (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾン (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカイザ (あみあみ)

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ ウヴァ 

仮面ライダーオーズから魂ウェブ商店限定品としてグリードの面々が商品化が決定!
その第一弾となるウヴァさんが到着ー!
(受注期間:2011年4月5日~2011年6月10日)


パッケージ
Greed_UVA_01.jpg

ベースはオーズシリーズの各コンボと同じになっています。
透明の窓の部分に描かれているのは各グリード固有のマークなんでしょうか?

裏面の台詞は 「俺たちの名はグリード。欲望だ!」


Greed_UVA_02.jpg

所々、有機体っぽい意匠を残しながらも見事に甲冑と融合させたアーマーデザインがイカス!


Greed_UVA_03.jpg

前面のような煌びやかさはありませんが、背面にも羽を背負った虫らしい意匠があります。


Greed_UVA_04.jpg

頭部、胸部、ベルトにクリアパーツが使用されています。

背面の羽(?)はグラデーション塗装がされています。
昆虫らしさ溢れる触角や、頭部のハサミ(?)は軟質素材なので破損を気にすることなくガシガシ遊べます。


Greed_UVA_05.jpg

やや丸顔すぎるのか正面から見るとアレレレレ?という微妙なお顔。
頭部のハサミの角度もちょっと違和感がありますね。 もう少し寝かせ気味で左右に広がるような感じが良かったな。

多用されているクリアパーツが、体の部位ごとに違う色味で塗装されたメタリックと相まって非常に綺麗ですね。
また、あちらこちらに装飾されている小さな○がきちんと塗装されているのもすんばらしい!


Greed_UVA_06.jpg

右手の甲に装備されたツメは軟質素材ではないので取扱いには気をつけたい所。


Greed_UVA_07.jpg

付属品
魂STAGE ACT.4一式、スタンドベース用エフェクトパーツ(セルメダル)×2
開き手×2、ポーズ手(右)、メダル持ち手(右)

パッケージの状態で握り手×2が装着されています。


Greed_UVA_08.jpg

ウヴァさん付属のセルメダル / アンク スタンドセット付属のセルメダル

アンク スタンドセットとは別形状となっているセルメダル。
枚数的にはどちらが上なんでしょうか。

ウヴァさん付属のセルメダルもアンク スタンドセットのものと同様で、台座に差し込むのが前提の仕様となっています。
底面に凸パーツの出っ張りがあるので、平坦な場所に置くと斜めを向いてしまうためイマイチ遊び勝手がありません。

以前にも別の記事で書きましたが、S.H.フィギュアーツZEROと同じような台座への接続方法なら台座に固定できる他、
好きな場所へメダルを配置する事もでき自由度が広がると思うのですが…
底面の凸パーツを切り飛ばしてしまってもいいんですけどね。(追記 - 2011/8/28 -)


Greed_UVA_09.jpg

右手の甲のツメパーツは手首を交換すると共に付け替える必要があります。 ちょっとメンドイ


Greed_UVA_10.jpg

その他、特殊な手首パーツとして付属するのはメダルの持ち手。
魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ ライドベンダー&メダルセット のセルメダルを持たせて遊べます。

こうなるとコアメダルも欲しくなってきますなー


Greed_UVA_11.jpg

これで9枚…


Greed_UVA_12.jpg

うぉぉぉぉーっ!

完全復活の時ではありませんがメダル化、一時離脱してからの復活時に 「俺の実力だ」 と言い放ったウヴァさんが愛おしい。


Greed_UVA_13.jpg


Greed_UVA_14.jpg


Greed_UVA_15.jpg

800年ぶりだ、俺の本当の力

伊達さん、後藤さんのダブルバースを相手に 「虫けらが」 と言い放ったウヴァさんがたまらなく愛おしい。


Greed_UVA_16.jpg

うーん、ウヴァさんにセルメダルはよく似合う!


何ですか?このウヴァさんのカッコよさは?
クリアパーツ使用率といい、メタリック塗装の色味分けといい、細部まで施された塗装といい… バンダイどうしたん? 
正面から見た時の顔に若干の違和感は感じるものの、それ以外の不満はありません!
逆に言えば、顔がどうにかなってればこの価格帯のフィギュアとしては完璧とも言える出来になったのではないでしょうか。
まぁ、その決定版と呼べるものが出そうで出ないのが、バンダイらしいといえばバンダイらしくもあるのですが。

無理くり更なる要求を突きつけるとするならば、左手のオプションが少ないという点ですかね。
残り3人のグリードが届くのが俄然、楽しみになってきました!

ウヴァさん 「バンダイさん、出来の安定してきたアーツをいっぱい発売して凄いな!」
オールバック形態の超スマイル ウヴァさんがたまらなく愛おしい。



魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ ウヴァでした。





■S.H.フィギュアーツ アンクスタンドセット (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーバース (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラ コンボ (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー龍騎&ドラグレッダーセット (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新1号 (あみあみ)

比奈ちゃんと比奈ちゃんと比奈ちゃん 

児童向け雑誌 てれびくん恒例となっている仮面ライダーオリジナルDVDが届きましたー。


Hyper_DVD_01.jpg

「仮面ライダーオーズ 超バトルDVD クイズとダンスとタカガルバ」 というタイトルが示す通りクイズあり、ダンスありのDVD。

ストーリーはあってないようなものなので詳しくは割愛!
クイズはストーリー中に突然、挿入され話しの流れが中断してしまうのでちょっと鬱陶しい気も。
訳の分からん理由から開始されるダンスレッスン …は比奈ちゃんのボディがエロ(略 なんならもっとエロくても(略
イクササイズの足元にも及ばないインパクトのダンスですが、比奈ちゃんがなかなかエロ(略 で、ピーピー(規制)なのであり!

戦闘時にはメダルをアームに使用するか、レッグに使用するかの選択のほか、何メダルを使用するかの選択も可能で、
選択したメダルによって異なる展開(4パターン)を迎えるという凝った仕様。
短い時間内で、いかにカンガルーメダルを魅せるかという事からでしょうか?本編で使用しているどのメダルよりも、
魅せ方が上手かったりするのがなんとも(笑
タカトラガルの蹴り技連発なんかは普通にカッコいい!

なんというか 「仮面ライダーオーズ 超バトルDVD 比奈ちゃんと比奈ちゃんと比奈ちゃん」 といった感じ。


Hyper_DVD_02.jpg

これは、応募用紙付きのてれびくん(8月号)を購入したら付録として付いてきたカンガルーメダル。
無性に鳴らしてみたい衝動に駆られています。


うーん、振込みに行くのが面倒くさい!



スタチューレジェンド 噴上裕也 

前弾発売となった同シリーズ ハイウェイ・スターの本体キャラである噴上裕也が発売!
4部に登場するキャラを制覇するかの如くマニアックなラインナップを組んでいるメーカーの本気っぷりがうかがえます。
ジョジョ好きな私にとっては大歓迎な事この上ないメーカーさんですが、単独商品で噴上って…


パッケージ
SLegend05_YuyaFungami_01.jpg

メディコス・エンタテインメントさんから発売されている超像可動シリーズの通常パッケージに近いサイズになっています。
今後もよほど大胆なポーズを取ったキャラとかでない限りパッケージのサイズは統一してほしいです。


SLegend05_YuyaFungami_02.jpg

ハイウェイ・スターのパッケージと比較。
フィギュアのサイズ的には、ほとんど差がないにも関わらずこのパッケージの差。


SLegend05_YuyaFungami_03.jpg

何故にハイウェイ・スターのパッケージはこんなにも無駄にデカくしてしまったのだろう?


SLegend05_YuyaFungami_04.jpg

「エニグマの少年」にて怪我から復帰した時のヒトコマが立体化されています。
ちょっと顔が上を向きすぎているような気がしますね。


SLegend05_YuyaFungami_05.jpg

カッコよくて美しいですね。


SLegend05_YuyaFungami_06.jpg

ひかえ目に言っても


SLegend05_YuyaFungami_07.jpg

ミケランジェロの彫刻のようです。


SLegend05_YuyaFungami_08.jpg

画像をよく見ると分かると思いますが左耳が「虫喰い」のように…('ω`;)
小さな部分なので、手元で実際に見る分にはほとんど気になりませんが。


SLegend05_YuyaFungami_09.jpg

詰襟の装飾品の再現もバッチリ!


SLegend05_YuyaFungami_10.jpg

リボンのように結んだネクタイ?の独特なフォントや模様なども原作通りに再現されています。
ネクタイ裏面も折り返された部分の縫い目にモールドが彫ってあったり、芸が細かいですね。

この裏面の再現は、あるのと無いのとではだいぶ印象が変わってくるんじゃないでしょうか?
隠れる部分だからといってモールドも何もなく、塗装もせずという手抜きをしないのは素晴らしい!
いいぞ!原型師さん!


SLegend05_YuyaFungami_11.jpg


SLegend05_YuyaFungami_12.jpg

横顔がお気に入りです。


SLegend05_YuyaFungami_13.jpg

ハイウェイ・スターと。
台座同士が干渉しあってしまうので、どうしても離れた状態で飾る事になってしまいますね。


SLegend05_YuyaFungami_14.jpg

同じような前屈ポーズですが片方は上を向き、片方は目線を落とし気味というコンビ。
なかなか撮影が難しい。


SLegend05_YuyaFungami_15.jpg

無理やりアクションフィギュア用のディスプレイ台座を使用してみる。
こんな感じのポーズも動きがあっていいかも。


SLegend05_YuyaFungami_16.jpg

噴上裕也がつま先立ちをしているので台座を使用しない状態ではバランスを保つのが難しいです。
というか絶対にコケます。


スタチューレジェンドの人物キャラはこれで3体目。
前2体は何となく顔の塗装がヤボったかったり、分割線が気になるといった所がありましたがここへ来て、
ようやくパッと一見しただけで印象を損ねてしまう大きな不満点のない商品が発売された気がします。

フィギュア自体の出来はイイと思うので、あとはカラーが気に入るかどうかでしょうか。
地味な黒学生服が気に入らないという人はセカンドカラーを待ってみるというのもあり? …噴上のセカンドカラーなんて出るかなぁ?

本体・スタンドキャラを発売するなら、それぞれ台座を連結式にするとか、一方の商品には2体を1台座で飾る事が可能な、
専用の台座をセット内容に入れてくれるとか、そんなディスプレイに優しい商品仕様を取っていただければありがたいかなと。

うーん、形兆の兄貴が楽しみだ!



以上、スタチューレジェンド 噴上裕也でした!おしまい。





■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第四部 噴上裕也 (あみあみ)
■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ハイウェイ・スター (あみあみ)
■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第四部 支倉未起隆(ヌ・ミキタカゾ・ンシ) (あみあみ)
■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第四部 虹村形兆&バッド・カンパニー (あみあみ)
■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第四部 トニオ・トラサルディー (あみあみ)

ミニプラ ゴーカイホー 

米を買い出しにスーパーへ行ったら売っていたので、つい買ってしまいました。
ミニプラ ゴーカイオー ~必殺ゴーカイホーVer.~

goukai_01.jpg

以前に発売されたものと比べ、ランナーの成型色が各ゴーカイマシンに合わせたカラーに変更され、
立派なゴーカイホーやエネルギー砲弾が各マシンに付属するという、最初っからこれで出してくれ!仕様となっているもの。






んで、以前に購入したゴーカイオーが今現在どうなっているかというと

goukai_02.jpg

パテ埋め以後、全く変化しておりませんッ!
当たり前ですが(当たり前でいいのか?)ミニプラ 海賊合体ゴーカイマシンも組んでみただけで手をつけていません。
ミニプラ 豪獣神も購入しましたが積んでおります …詰んでます('ω`;)


10月に発売されるスーパーロボット超合金 ゴーカイオーを買ったが最後、完成しないような気すら…
合体・変形は魅力的なのでゴーカイオーだけでも完成させたいんですけどね。





■ミニプラ 海賊戦隊ゴーカイジャー 海賊合体ゴーカイオー ~必殺ゴーカイホーVer.~ BOX (あみあみ)
■ミニプラ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイマシン BOX (あみあみ)
■ミニプラ 海賊戦隊ゴーカイジャー 海賊合体 豪獣神 BOX (あみあみ)
■スーパーロボット超合金 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイオー (あみあみ)
■スーパーロボット超合金 特捜戦隊デカレンジャー デカレンジャーロボ (あみあみ)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ シャウタ コンボ 

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズシリーズも佳境に入ってきました。
と、思ったらエフェクトパーツセット・CLAWs・グリード勢・劇場版に登場したコンボ等まだまだ残っていますね。
一先ずTVシリーズに登場した各コンボが出揃うって感じでしょうか。

という事で、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ シャウタ コンボのご紹介!


パッケージ
KamenRider_OOO_Shauta_01.jpg

それぞれコンボの特性に合わせたカラーリングをしているので、並べるとなかなか綺麗なんですよね。 このパッケージ。
裏面メッセージはお馴染みのソング 「シャチ!ウナギ!タコ!シャッ シャッ シャウター!シャッ シャッ シャウター!!」


KamenRider_OOO_Shauta_02.jpg

顔がアゴにかけて先細ってしまっている印象がありますが、それ以外は悪くないかな。
可動は接地性の悪い足首、頭部可動の微妙さゆえアゴ引きがイマイチ、腹部前傾イマイチという馴染みとなっている不満点あり。
NEW電王(トリロジーVer.)関節を採用するだけで優秀な可動足首になると思うのですが、それすら採用されません。


KamenRider_OOO_Shauta_03.jpg

額のオークォーツはクリアパーツではなく塗装での再現。
シャチ(頭部)、ウナギ(胸部・腕部)のメタリック塗装はなかなか良い発色具合をしています。


KamenRider_OOO_Shauta_04.jpg

オーラングサークルの塗装が綺麗です。 タコのマークで天さんの太陽拳を思い出した。
ベルトのメダルもちゃんと色分けされています。 メダルの色はもっと濃くても良かったかも。
右肩には 「-」 、左肩には 「+」 のマークが入っています。


KamenRider_OOO_Shauta_05.jpg

付属品
電気ウナギウィップ(手持ち用)×2、電気ウナギウィップ(ポーズ用2種)×2
開き手×2、電気ウナギウィップ持ち手×2、オースキャナー用持ち手×2

いよいよもってメダジャリバーが付属しなくなりましたね。
というか電気ウナギウィップが、うねってる回虫にしか見えません…('A`)


KamenRider_OOO_Shauta_06.jpg

ポーズ用の電気ウナギウィップは2種類付属します。
腕を曲げた際に取り付ける丸みを帯びた形状をしたものと、腕を伸ばした際に取り付ける直線的な形状のもの。

電気ウナギウィップは軟質素材なので取り替えなくともある程度、しなりが効いてくれちゃいます。


KamenRider_OOO_Shauta_07.jpg

取り付け部はこんな感じ。
撮影していても電気ウナギウィップがスッポ抜けてしまうような事はありませんでした。


KamenRider_OOO_Shauta_08.jpg


KamenRider_OOO_Shauta_09.jpg

横顔がカッコいいですね! というか上半身はカッコいい!!
…下半身で全てぶち壊しだよ! なんだよタコって! 吸盤の自己主張が激しすぎ('ω`;)


KamenRider_OOO_Shauta_10.jpg

スーイ スイー


KamenRider_OOO_Shauta_11.jpg


KamenRider_OOO_Shauta_12.jpg


KamenRider_OOO_Shauta_13.jpg


KamenRider_OOO_Shauta_14.jpg

スキャニングチャージ!


KamenRider_OOO_Shauta_15.jpg


KamenRider_OOO_Shauta_16.jpg

ウネウネしたタコレッグがないので一気にトドメ!


KamenRider_OOO_Shauta_17.jpg

せいやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!


凄くいまさらかもしれませんがオーズってトラクローやカマキリソードのように自身の一部を武器として使用する事はあっても、
特有の手持ち武器っていうのがないんですね。 タジャスピナーとメガダブリューくらい?
そんな事もあってかオーズ系キャラの付属品はどれも控え目。 …まぁ、付属させるべきものがないんだから仕方ありませんが。
そんな中、腕曲げ用と伸ばし用の2種の電気ウナギウィップが付属する等の配慮は嬉しい所ですね。

これでオクトバニッシュ再現用のタコ足でも付いていれば言う事なしなんですが、さすがにそれは無茶な注文らしい。
それでもオクトバニッシュ後のキメポーズ用の手首くらいは。
…同シリーズの仮面ライダー龍騎やナイトのようなサービス感溢れるセット内容がデフォなシリーズなら、もしかしたら?

玩具の出来とは別の話しですが、オーズ系はどのコンボも印象薄くて遊びづらい。 それが私にとっての1番の欠点!



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ シャウタ コンボでした。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ シャウタ コンボ (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラ コンボ (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー龍騎&ドラグレッダーセット (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイレッド (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ TIGER&BUNNY ワイルドタイガー (あみあみ)

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーファイズ アクセルフォーム 

S.H.フィギュアーツよお前もか…

人気キャラなのに何故か限定品に回される事の多い仮面ライダーファイズ アクセルフォーム。
どうせ、また限定だろう という皮肉半分な予想を覆す事なく案の定、魂ウェブ商店から限定品として発売となりました!
(受注期間:2011年02月25日~2011年05月10日)


パッケージ
FAIZ_Axel_Form_01.jpg

ブラックをベースとしたパッケージになっています。
シルバーベースにすると通常アーツの1番オーソドックスなタイプ(初期の頃の地味なやつ)になってしまうからでしょうか?
実際、フォントのカラーがそんな感じの色になってるし。

パッケージ裏のメッセージは 「コンプリート…スタートアップ」


FAIZ_Axel_Form_02.jpg

ボディがつや消しのブラックになっていて、より劇中のイメージに近くなっています。
むっちりパツパツ感がいい感じ!


FAIZ_Axel_Form_03.jpg

ノーマルのファイズとは異なる形状をしているアルティメットファインダー内のモールドもきちんと再現されています。
細かな塗り分けの再現はともかく、フルメタルラング内部の造型は劇中のものに近いんじゃないでしょうか?
前腕部から取り外しが可能なファイズアクセル。 バンドの部分は手首側との一体造型となっています。


FAIZ_Axel_Form_04.jpg

フルメタルラングはボールジョイント接続。 肩との干渉が抑えられていいです。 (画像:右上はフルメタルラングの裏面)
腰の左右にはファイズショットとファイズポインターが取り付けられるようになっています。


FAIZ_Axel_Form_05.jpg

若干、浮いてしまうのは仕方ありませんがフルメタルラングを閉じる事も可能。
先端部(?)のフィンのようなモールドもしっかりと入っています。


FAIZ_Axel_Form_06.jpg

付属品
ファイズエッジ、フォンブラスター×2(ファイズポインター装着/無し)、ファイズアクセル(メモリー付き)
ファイズフォン、ファイズポインター(キックモード)、バックル(ファイズフォン無し)、バックル(ファイズフォン&メモリー無し)
開き手×2、武器持ち手、ファイズショット(持ち手一体型)

以下がパッケージの状態で装着されているもの。
握り手×2、ファイズポインター(ベルト装着タイプ)、ファイズショット(ベルト装着タイプ)
バックル(ファイズフォン&メモリー有り)、ファイズアクセル(メモリー無し)

ファイズアクセル(メモリー付き / メモリー無し)が追加されただけで、ファイズ(ノーマル)の付属品と内容は変わりません。


FAIZ_Axel_Form_07.jpg

このメモリー付きファイズアクセルの使い道に困る…


FAIZ_Axel_Form_08.jpg

Start Up!


FAIZ_Axel_Form_09.jpg

ふぉんふぉん

ファイズの溜めポーズは総じて難易度が高い。


FAIZ_Axel_Form_10.jpg

ダッシュ!


FAIZ_Axel_Form_11.jpg


FAIZ_Axel_Form_12.jpg

ふんっ!


FAIZ_Axel_Form_13.jpg

次!


FAIZ_Axel_Form_14.jpg

はぁっ!


FAIZ_Axel_Form_15.jpg

シュンッ!

ファイズでど派手な爆煙エフェクトっていうのも何ですが、灰を撒き散らす訳にもいかなかったので…


FAIZ_Axel_Form_16.jpg

Time out

Reformation


FAIZ_Axel_Form_17.jpg

やぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

アクセルクリムゾンの再現用に、このエフェクトパーツが付いたプライズをいっぱい確保しておくんだった。


アクセルフォームで使用した印象の強かった武器、ファイズショットばかりの画像で終了!
ブラックとシルバーという色のシンプルさがなんとも言えません! 地味なんだけど、その地味な色使いの勝利。
パワーアップするも制限が付いてるというのが、またいいんですよね。
んなもんだから、このあとの赤い最終フォームが余計カッコ悪… いや、やめておこう。

ボディ全体がつや消しブラックになっただけで質感がグンとアップしているように感じます。
つや消しになった事で股間のテカリがなくなってモッコリ感が減少して見えるような気も…
フルメタルラングを跳ね上げている分、ボリュームが上半身にいって全体のバランスが良くなってるのからかな。

それよりもファイズ3形態の最後の砦、アクセルフォームにギアボックスを付けんで何に付属させるんじゃい!
メモリー付きファイズアクセルなんぞいらんわい。
という事で、オートバジン発売の際には是非ともギアボックスの付属をお願いします。

しかし、本当にアクセルフォームはカッコいいなぁ。





どうでもいいですが
FAIZ_Axel_Form_18.jpg

輸送用のダンボールの印刷が物凄く斜めってるッ!
これは当たりか? 小銭や紙幣のエラー品のようにマニア間で高値がッ …という事はないですか?


どうでもよくない所で
FAIZ_Axel_Form_19.jpg

フルメタルラング内部の追加塗装、指先の塗装、足の裏の塗装。 ここらは手をいれたいと思います。



魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーファイズ アクセルフォームでした。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーファイズ (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカイザ (あみあみ)

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 ジョセフ・ジョースター 

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第4部も一区切り? という事で新たに第2部、第5部が同時展開でスタート!
その第一陣として、まずは第2部の主人公キャラ ジョセフ・ジョースターが発売となりました。


パッケージ
sas24_Joseph_Joestar_01.jpg

付属品の関係で妙に幅の広いパッケージになっています。


sas24_Joseph_Joestar_02.jpg

2部辺りだと着用している衣服が固定されていないので、人それぞれジョセフに対するイメージが異なるかもしれませんね。
個人的には服の上下、グローブまでもが同色なので少し地味すぎな印象を受けるかな。


sas24_Joseph_Joestar_03.jpg

正面顔は微妙に似ているんだか、似ていないんだかといった感じ。 角度によっては凄く似てる顔があります。
若かりし頃のマッチョなジョセフといった感じの筋肉の付き方。
ブーツのグラデーションは絶妙で皮っぽさが出ています。


sas24_Joseph_Joestar_04.jpg

軟質素材のマフラーは取り外す事が可能です。
取り外すと肩口に大きな穴っぽこが…('ω`;)


sas24_Joseph_Joestar_06.jpg

マフラーを外してしまうとますます地味に。


sas24_Joseph_Joestar_05.jpg

スタープラチナ 第4部Ver.で採用されていた肩のスイング機構が取り入れられています。


sas24_Joseph_Joestar_07.jpg

後の息子と比較。

超像可動内でも比較的、小柄なサイズとなっている仗助との比較ですがこれはないだろう('A`)
部ごとに分けてディスプレイしている私はさほどダメージはありませんが、歴代ジョジョで飾ろうと思っていた人には悲劇としか…

何て事をしてくれやがるんだコノヤロー なサイズ差です。
それにしても素立ちで正面から見た時の体のバランスの悪さといったらない… 股関節の細さとかね。
可動域確保のクリアランスが多めに取られているので仕方はありませんが。


sas24_Joseph_Joestar_08.jpg

付属品
ボーガン、鉄球発射後の弓、スレッジハンマー、アメリカンクラッカー、交換用頭部(シーザーのバンダナ付き、叫び)
開き手×2(兼クラッカーヴォレイ再現用)、ボーガン持ち手、開き手、スレッジハンマー持ち手、手刀タイプ×2、指差しハンド

パッケージの状態で握り手×2、バンダナなしの頭部が装着されています。


sas24_Joseph_Joestar_09.jpg

うーん、やっぱり正面は微妙だ。


sas24_Joseph_Joestar_10.jpg

別角度だと悪くない!


sas24_Joseph_Joestar_11.jpg

J の文字もきちんと再現されているアメリカンクラッカーの球体部分。
アメリカンクラッカー先端部の輪を、開き手の指へ通して取り付け。


sas24_Joseph_Joestar_12.jpg

スレッジハンマー中央部の木目調の再現が素晴らしいです。
持ち手との相性もばっちり!


sas24_Joseph_Joestar_13.jpg

ボーガンは鉄球ありと、鉄球発射後の状態の2種が付属。


sas24_Joseph_Joestar_14.jpg

ボーガンはやや重たいかな。ヒジの関節が負け気味です。


sas24_Joseph_Joestar_15.jpg

クラッカーヴォレイ!


sas24_Joseph_Joestar_16.jpg


sas24_Joseph_Joestar_17.jpg

馬 求ム!


sas24_Joseph_Joestar_18.jpg


sas24_Joseph_Joestar_19.jpg


sas24_Joseph_Joestar_20.jpg

実際、打ったのはこんな感じ。


sas24_Joseph_Joestar_21.jpg

波紋ッ!


sas24_Joseph_Joestar_22.jpg


sas24_Joseph_Joestar_23.jpg


sas24_Joseph_Joestar_24.jpg

相手を挑発する感じで。


sas24_Joseph_Joestar_25.jpg


3部、4部と多少のサイズ差はあれど同サイズでやってきたシリーズですが、20数体同じサイズでリリースし続けてきたのに、
何故、今更サイズの変更をおこなったのか? ちょっと意味が分からないですね。
今まで通りのサイズでも、やってできないものでもないと思うのですが…
ジョセフ、シーザーは今までと同等のサイズ、柱の男たちを今回のジョセフサイズにしたほうがしっくりくるような気がするのですが。
うーん、本当に分からん。

本体自体は、よく動くし楽しいです。 顔は似せるのが難しいのかちょっと微妙な表情に見える事も…
あぁぁ、遊んでいて意外と不満に感じたのはマフラーが結構、抜けやすい所かな?
これは個体差かもしれませんが、気が付くとマフラーが浮いてしまっている事がしばしば。

まぁ、サイズ差に関しては小さいキャラをそばに置かない、ポーズを付けて誤魔化す等々、個々人で対応をー
いちシリーズとして展開している以上、標準となるべくキャラのサイズは統一していただきたいのが本音。
もちろんデカいキャラ、小さいキャラはそれらしいサイズで (全部を全部ビタでサイズを合わせてとは申しませんが)


ワンフェスで展示されていたワムウも戦車馬時のようでしたし、付属品の内容を見るに対ワムウ戦のジョセフイメージなんでしょうか?
果たしてワンフェスで展示のなかったエシディシの運命やいかにッ!

イベント会場限定で 「呼吸法矯正マスク&毛糸の帽子着用頭部付き○○カラーVer.」 を出すのはやめてください!
イベント会場限定で 「呼吸法矯正マスク&毛糸の帽子着用頭部付き○○カラーVer.」 を出すのはやめてください!
イベント会場限定で 「呼吸法矯正マスク&毛糸の帽子着用頭部付き○○カラーVer.」 を出すのはやめてください!
イベント会場限定で 「呼吸法矯正マスク&毛糸の帽子着用頭部付き○○カラーVer.」 を出すのはやめてください!
イベント会場限定で 「呼吸法矯正マスク&毛糸の帽子着用頭部付き○○カラーVer.」 を出すのはやめてください!



超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 ジョセフ・ジョースターでしたー!





■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第二部 ジョセフ・ジョースター (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第二部 シーザー・アントニオ・ツェペリ (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 スティッキィ・フィンガーズ (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 ブローノ・ブチャラティ (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 東方仗助・セカンド 宮沢模型限定版 (あみあみ)
[ 2011/08/11 23:20 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(2)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新1号 

誰よりも人間を愛した男
だが人間でなくなってしまった男
懊悩の果てに彼は悟った
人間でないがゆえに自分は人間の敵と戦えるのだと
そして男は変身する


S.H.フィギュアーツにて待ちに待った昭和ライダーが本格展開される事になりました!
当然、その第一弾となるのは仮面ライダー1号。

昭和ライダー、平成ライダーって簡単に分けてしまうけどBLACKや真さんら間に挟まれた連中の呼称が困るんですよね。
・1号、2号、V3、ライダーマン、X、アマゾン、ストロンガー
・スカイライダー、スーパー1
・ZX
・BLACK、BLACK RX
・真、ZO、J
・クウガ以降~

個人的にはこんな感じの区分けが1番しっくりくるのですが。
では


パッケージ
MaskedRider_Shin1gou_01.jpg

セット内容の関係で通常のパッケージより厚め。
裏面の台詞シリーズはなくなっています。


MaskedRider_Shin1gou_02.jpg

スーツの質感を出すために所々、入れられているシワの表現がナイスです。
頭部が大きめに造型されているので昭和ライダーならではといった野暮ったさが出ています!

東京おもちゃショー2009で展示された試作とは比べ物にならないくらいイイ出来になっていますね。
がんばれ!ロボコンのロボパーみたいな腕のはえ方をした展示試作品を見た時はどうなる事かと思いましたが…


MaskedRider_Shin1gou_03.jpg

マスク前面に打たれたリベットが再現されているのは地味にポイントが高いと思います。
ブーツのヨレたシワやファスナーの再現も素晴らしい!

触角パーツは硬質素材なので取扱いによる破損に注意が必要!


MaskedRider_Shin1gou_04.jpg

ベルトにあるポッチの回りがシルバーで塗り分けされているのも芸が細かい。


MaskedRider_Shin1gou_05.jpg

マフラーはボールジョイント接続です。
割と取り回しが利くのでマフラーにも表情がつけやすくなっていますね。


MaskedRider_Shin1gou_06.jpg

付属品
別タイプマフラー、ライダーキック用エフェクトパーツ、剣
開き手×2、武器持ち手×2、手刀タイプの手×2、ポーズ手(右)

パッケージの状態で握り手×2、別タイプのマフラーが装着されています。


MaskedRider_Shin1gou_07.jpg

まさかの付属品ですねー
…こんな剣を付属させるとは。 しかも、鷲の頭部までしっかりと作られてる


MaskedRider_Shin1gou_08.jpg

エフェクトパーツの取り付け。
あまりハマリ具合がよろしくないような気がしますが、もっとガッツリと足首をハメ込むものなのかな。


MaskedRider_Shin1gou_09.jpg

待てぃ ショッカー! みたいな


MaskedRider_Shin1gou_10.jpg

おのれ ショッカー! みたいな


MaskedRider_Shin1gou_11.jpg

戦闘員から奪い取った剣で。


MaskedRider_Shin1gou_12.jpg

ライダーパンチ!


MaskedRider_Shin1gou_13.jpg

ライダァァァァ (タメ)


MaskedRider_Shin1gou_14.jpg

パァァァァァンチッ!


MaskedRider_Shin1gou_15.jpg

トゥ!


MaskedRider_Shin1gou_16.jpg

くるん


MaskedRider_Shin1gou_17.jpg

ライダァァァァ (タメ)


MaskedRider_Shin1gou_18.jpg

キィィィィィィック!


MaskedRider_Shin1gou_19.jpg

テストゥード・オケアヌス男に炸裂!


MaskedRider_Shin1gou_20.jpg


付属すべき武器・小物類が多い平成ライダーと比べ、付属品が大人しめな昭和ライダーなだけにあれが付かない、
これが付かないといった不満は出にくいですね。
ボディのバランスの取り方も太すぎず、細すぎずでシンプルな1号ライダーのデザインを上手くまとめているように思えます。
足首の一軸ボールジョイント接続の接地性がイマイチという一点を除けば文句なしの出来!

…あ!もう一点、不満な箇所を思い出してしまった。
腕と手のシルバーに同化するような色のボールジョイントが手首に使用されていたら文句なし!
隙間から覗く黒のジョイントが地味に目立ってしまうので、そこはマイナス。

できれば、あまり商品化される事のない新サイクロンをスパッ!と出しちゃってくれると嬉しいですねー
あとは適役としてショッカー戦闘員&幹部系キャラの怪人態や有名どころの怪人をポツポツと。
あれ、意外と欲しいものがたくさんあるなぁ。



以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新1号でした!
うーん、やっぱり昭和勢は、平成ライダーとはまた違う変なテンションの上がり方をしてしまう。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新1号 (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾン (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新2号 (あみあみ)

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ ライドベンダー&メダルセット 

魂ウェブ商店より発売された可変式バイク ライドベンダーのご紹介です!
と、言っても残念ながら商品化されたのは非変形のライドベンダー。 しかも自販機モードヽ(`Д´)ノ
(受注期間:2011年02月25日~2011年5月10日)


パッケージ
RideVendor_MedalSet_01.jpg

S.H.フィギュアーツ シンケンレッド(ゴールド)初回特典でもらえた黒子のようなモノクロパッケージ。

パッケージ裏面には 「あれっ?なんで変形しないんだよ?おい!変われって!」 という台詞が…
その台詞をそのまんまメーカーさんにお返ししたい気持ちでいっぱいです。


RideVendor_MedalSet_02.jpg

塗装はとても綺麗で申し分なし。
ただの置き物系アイテムなので可動箇所などは一切ありません。


RideVendor_MedalSet_03.jpg

投げやりなカンドロイドに脱帽… もうちょい何とかしてよ
メダル投入口などは雰囲気が出ていていいですね。
カンドロイド取り出し口、つり銭の取り出し口はクリアパーツが使用されていて、これまたいい雰囲気が出ています。


RideVendor_MedalSet_04.jpg

バイクモード時にフロントフォークにあたる箇所(斜めに突き出ている銀色のパーツ)が思いっきり肉抜きされているのが…('A`)


RideVendor_MedalSet_05.jpg

大きさはどうでしょ?こんなもん?若干デカイ?


RideVendor_MedalSet_06.jpg

付属品
セルメダル×10(3セット)、メダル持ち手×2(トラアーム)、メダル持ち手×2(カマキリアーム)


RideVendor_MedalSet_07.jpg

セルメダルに厚みがあるのは仕方ありませんね。


RideVendor_MedalSet_08.jpg

専用の持ち手が付属するだけあって、ちゃんとメダルを持たせる事ができます。


RideVendor_MedalSet_09.jpg

セルメダル 表 / 裏

タカセルだと分かるモールドの細かさにはちょっと驚かされました。


RideVendor_MedalSet_10.jpg

クワガタセル / カマキリセル / バッタセル


RideVendor_MedalSet_11.jpg

ライオンセル / トラセル / チーターセル


RideVendor_MedalSet_12.jpg

サイセル / ゴリラセル / ゾウセル


タカ、クワガタ、カマキリ、バッタ、ライオン、トラ、チーター、サイ、ゴリラ、ゾウ 以上の10枚が1枚のランナーにセット。
セルメダルがしっかりと再現されているのは正直ビックリです!

ここまでの再現をしておきながら、何故カンドロイドで手を抜いてしまうのか…
いやぁ、しかしこの細かさは凄いなぁ。


RideVendor_MedalSet_13.jpg

映司っ!金を貸せ!






それでは例のキメポーズ…






RideVendor_MedalSet_14.jpg

…は、もういいでしょ。 ポリポリ


本当にただの置き物なので、これ単体で遊べるかといったら全く遊べません。
ただ、置き物だというのを承知の上で購入しているので、そういった意味でダメージはなし!

置き物ならではという点でディテールを細かく、もっと完成度を高めてほしかったというのが正直な所…
カンドロイドの塗りなり何なりをしっかりと、カンドロイド取り出し口を開閉可能になっている等されていればホント理想的なのに。
(個人的には目立つ箇所にある肉抜き穴の処理も気になりますが)
こんな感じのディスプレイに幅を広げるような商品は嫌いじゃないので満足。


それはそうとオーズ関連は、こういったサイドメニュー的な商品展開が多いですね。
まぁ、タジャドルの羽やサソリなんかは最初からセットにして売っておけという話しなんですが…
グリード勢も通常のS.H.フィギュアーツで展開がなされ、商品化に際して幅広い扱いがなされているオーズシリーズ、
肝心なライドベンダー(バイクモード)を忘れないでほしいものです!



以上、魂ウェブ商店限定 ライドベンダー&メダルセットでした。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ ガタキリバ コンボ (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ ラトラーター コンボ (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ サゴーゾ コンボ (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タジャドル コンボ (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーバース (あみあみ)

S.H.フィギュアーツ アンクスタンドセット 

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ初回購入特典として付属したアンクが製品版として登場いたしました!


パッケージ
Ankh_StandSet_01.jpg

メインが腕という、かなり異質な玩具です。

アンクスタンドセットにも一言メッセージが記載。
「人間は欲望ひとつコントロールできない、自業自得だ」 …考えさせられますね('ω`;)


Ankh_StandSet_02.jpg

パッケージサイズは通常のもののちょうど半分の高さ、横幅や厚みはほぼ一緒です。


Ankh_StandSet_03.jpg

仮面ライダーオーズ タトバコンボの初回購入特典として付属したアンクとほぼ一緒。
カラーリングがより鮮やかになり、指輪や手の甲に金の塗装が追加されているのでかなり見栄えがよくなっています。


Ankh_StandSet_04.jpg

赤、黄色、緑のグラデーションが綺麗。


Ankh_StandSet_05.jpg

イイです!


Ankh_StandSet_06.jpg

タトバ初回購入特典アンク / アンクスタンドセット

羽の塗装は製品版に軍配が上がりますね。 ただ、赤い部分は特典版のほうが深みのある色で好き。
※自分で塗り足してしまった箇所があるので、初回特典のものとは多少異なっています。

手の甲の淵はガッツリと金で塗って良かったのか…


Ankh_StandSet_07.jpg

付属品
魂STAGEディスプレイ用セルメダル×2種、魂STAGE接続パーツ×2、メクラ蓋×2、魂STAGE支柱&台座
アイス持ち手、開き手、コアメダル持ち手、握り手

パッケージの状態では、人差し指を突き出したタイプのハンドパーツが装着されています。


Ankh_StandSet_08.jpg

セルメダルの裏面の突起を台座へ差し込んで固定します。

S.H.フィギュアーツZEROで採用されていた台座に凸パーツ、セルメダル裏面を凹としたほうがメダルの汎用性が上がったような…
メダル裏面がツライチになっていれば台座へ固定する事なく好きな場所へ置く事が可能になるし。


Ankh_StandSet_09.jpg

接続用のパーツを使用すれば、台座同士を連結する事が可能!
※魂STAGE ACT.4(別売り)に対応

台座同士の連結システムがあったなんて… (゚Ω ゚;)ハッ!!
かなり大量に買い込んであるのに、はじめて知った。


Ankh_StandSet_10.jpg

握り手


Ankh_StandSet_11.jpg

開き手


Ankh_StandSet_12.jpg

アイス持ち手


Ankh_StandSet_13.jpg

コアメダル持ち手


Ankh_StandSet_14.jpg

オーズと。


塗装に関しては特典とは比べ物にならないほど劇中のイメージに近くなっているのではないでしょうか。
特典のアンクも出来は悪くありませんでしたが、その辺はさすが製品版といった所ですね。

まぁ、腕と台座のセットでこの値段?という部分も無きにしも非ずな感じもしますが…
豊富な各種ハンドパーツがなかなか楽しく、オーズらしさ溢れるセルメダルの山とかが結構ツボなのでかなり満足!
贅沢を言えばアイス1本持ちの手が欲しかった所。

んでもって、何より喜ばしいのは販売方法!
エフェクトパーツや小物類は、今後こういう形で商品展開してくれると嬉しいんですけどね。
魂ウェブの変な亜種とセットになってるエフェクトパーツやらカンドロイドとか… 付き合いきれんッ(・ω・´)





Ankh_StandSet_15.jpg

夏らしい一枚で締め!



以上、S.H.フィギュアーツ アンクスタンドセットでした!





■S.H.フィギュアーツ アンクスタンドセット (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバ コンボ (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ シャウタ コンボ (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラ コンボ (あみあみ)

WF限定版 超像可動 キラークイーン・サード 

2011年7月24日に幕張メッセで開催されたイベント ワンダーフェスティバル2011[夏] メディコス・エンタテインメントブースにて、
限定販売された超像可動 キラークイーン・サードです。

会場での販売のほか、現地へ赴く事のできない人のためメディコス・エンタテインメント公式HPでも抽選販売がおこなわれました。
※会場での販売が2,000体、抽選販売が1,000体。


パッケージ
sas3RD_KillerQueen_01.jpg

パッケージには 2011 SUMMER WF限定版 と印字されています。
康一&エコーズたちには特にそういった表記はなかった気が。

パッケージと一緒に写っているビニール袋に入っているのはキラークイーンを購入するともらえる特典。
吉良吉影用の「川尻浩作(初期版)」頭部パーツ&シアーハート射出後のハンドパーツです。


sas3RD_KillerQueen_02.jpg

ジャンプコミックス ジョジョの奇妙な冒険 38巻の表紙でお馴染みな青いキラークイーン。
ピンクに次いで馴染みのあるカラーリングではないでしょうか。


sas3RD_KillerQueen_03.jpg

目もコミックスの表紙にあわせて変更されています。
アゥ!額のど真ん中にえぐれたような痕が…('A`)

基本、カラーリングの変更のみとなっていますが、ファースト、セカンドカラー共に塗装されていなかったヒジのポッチが、
金色で塗装されています。


sas3RD_KillerQueen_04.jpg

この猫髑髏の装飾はホント細かくてよい出来ですねー
ハッ!ベルト通しが金色で塗装されてしまっている…('A`)


sas3RD_KillerQueen_05.jpg

付属品
鉢植え、猫草(ストレイキャット/タマ)、茎、平手×2、ポーズ手×2、着火用ハンド
川尻浩作(初期版)の交換用頭部、シアーハート射出後ハンド

その他、握り手×2、専用ディスプレイ台座が付属します。


sas3RD_KillerQueen_06.jpg

ドグォオォンズ


sas3RD_KillerQueen_07.jpg

ファースト / セカンド / サード

カラーリングからくる印象の違いもあるでしょうが、目の描き方1つで雰囲気がガラッと変わるものですね。


sas3RD_KillerQueen_08.jpg

ストレイキャットも、それぞれキラークイーン本体と合わせたカラーリングになっています。


sas3RD_KillerQueen_09.jpg

カラバリのキラークイーンより、寧ろこちらがメイン!という人も多いのではないでしょうか?
川尻のツンツンヘッドを吉良吉影(ファースト)へ装着。

ちょっと顔の色は濃い目かな?


sas3RD_KillerQueen_10.jpg

先端の折れ曲がった独特なツンツンヘアーを見事に再現。
ヒィィ!左目の下にスミが入っていない…('A`)


sas3RD_KillerQueen_11.jpg

吉良吉影・セカンドに川尻ヘッドを装着。 …う~ん、こっちのスーツには合わないかなぁ
しかし顔の色が濃ゆい。 アブドゥルか?



sas3RD_KillerQueen_12.jpg

別人すぎる!あ、いや別人といえば別人なんですが。

仮面ライダーオーズでいうと左が刑事さん(お兄ちゃん)、右がアンク そんな感じ。


sas3RD_KillerQueen_13.jpg


sas3RD_KillerQueen_14.jpg

第2の爆弾 シアーハートアタック発射! コッチヲ見ロォ


sas3RD_KillerQueen_15.jpg

シアーハートアタック射出後のハンドはこんな感じで。


sas3RD_KillerQueen_16.jpg


キラークイーンのファーストカラー発売時にいただいたコメントへの返信で、シアーハート発射後の左手首について触れましたが、
まさかこんな形で付属する事になるとは…
川尻ヘッドもそうですが、さすがにイベントの限定品に付属というのは集めている人に対して厳しいのではないでしょうか。
一応、公式HPで抽選販売などの措置はとっていただいてはいますが…

今回は運良く公式HPでの抽選で当選し、無事入手する事ができましたが毎年、夏と冬に同じような思いをするかと考えるとゲンナリ。
土、日が仕事で潰れる事がままある私にとってイベントの限定はかなりキツイ…

当選メールに振込み時の注意として、送金者名入力時に名前の頭にメーカーさんから指示されたアルファベットを入力するよう、
指示がされていましたが、アルファベットで当選者を分け順次発送という形を取っていたのでしょうかね。
ちなみに私は当選アルファベットAで、ワンフェス翌々日には届いていました。 アルファベットは幾つ分くらい分類していたのだろう?

それはそうとワンフェスでの展示品・情報だと4部以降は2部、5部と続いていくようですね。
5部の暗殺チームからどれだけのキャラが発売されるか楽しみです。


さて、スミ入れと塗装をしよう。



WF限定版 超像可動 キラークイーン・サードでした。





■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 キラークイーン・セカンド (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 吉良吉影 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 ジョセフ・ジョースター (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 シーザー・アントニオ・ツェペリ (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 スティッキィ・フィンガーズ (あみあみ)
[ 2011/08/02 00:25 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(0)