トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新2号 

力を望んだわけではない
しかし彼には力が与えられた
引き換えに人としての未来を奪われて
ならば戦おう
この赤い両手は悪を砕くためにある


S.H.フィギュアーツの昭和ライダー展開より仮面ライダー新2号です。
新1号とほとんど変わらないのでサラリといきます。


パッケージ
MaskedRider_Shin2gou_01.jpg


MaskedRider_Shin2gou_02.jpg

ボディの1本ラインに赤いグローブ、ブーツが特徴の2号。
ちょっとしたカラーの違いでだいぶイメージが異なるなと、あらためて実感します。

可動範囲等は新1号と一緒。
ボディはつや消しだった新1号と違い半光沢という感じでテラテラとした色味になっています。


MaskedRider_Shin2gou_03.jpg

頭部のカラーは1号のものよりも薄く、サイドの >>> モールドがシルバーで塗装されています。
マフラーも新1号のつや消しとは異なり、やや光沢あり。

何で新1号と質感を変えるようなカラーに変更したのだろう。 謎です。


MaskedRider_Shin2gou_04.jpg

ベルト内部の羽と羽の隙間が白に変更(新1号は黒)
周辺のリベットはシルバー一色の塗装になっています。


MaskedRider_Shin2gou_05.jpg

もっとも違いの分かりやすいのはグローブでしょうか。 新1号はベルト止め、新2号はチャック式のグローブになっています。
シワのより方にも違いが見られますね。 地味に頑張ってるなー


MaskedRider_Shin2gou_06.jpg

付属品
別タイプマフラー、ライダーキック用エフェクトパーツ
ポーズ手(手刀タイプ 親指曲げ)×2、開き手×2、持ち手×2、手刀タイプの手×2

パッケージの状態で握り手×2、別タイプマフラーが装着されています。
新1号で付属した剣がなくなった変わりにポーズ手(左)が追加されました。


MaskedRider_Shin2gou_07.jpg

ライダーキック用のエフェクトパーツは、新1号に付属するものよりも色がやや薄めになっています。
形状は一緒。


MaskedRider_Shin2gou_08.jpg


MaskedRider_Shin2gou_09.jpg

ライダァァァァ(タメ)


MaskedRider_Shin2gou_10.jpg

パァァァァンチ!


MaskedRider_Shin2gou_11.jpg


MaskedRider_Shin2gou_12.jpg

エフェクトパーツをハメ込んだら足に傷付いた…('ω`;)
傷が付かないよう、取り付けがしやすいようにもっと形状考えれ!


MaskedRider_Shin2gou_13.jpg

ダブルライダーってだけでテンションが上がる。


MaskedRider_Shin2gou_14.jpg

昭和の雑な感じで


MaskedRider_Shin2gou_15.jpg


MaskedRider_Shin2gou_16.jpg

新1号のリペ、リデコ商品なので新鮮味はありませんが、揃ってナンボのダブルライダーの片割れなだけに押さえておきたい一品。
出来も悪くないですしね!意外にもグローブの造型まで変えてくる辺りがニクイです。

初期 : ライン(太)&シルバー
後期 : ライン(細)&ホワイト

登場話数、登場作品によって違いの多い2号ライダーですが、私の抱いている新2号のイメージは上記のような感じ。
特に太いラインは旧2号のイメージが強いので、ラインは細いやつのほうがよかったなぁ。
あとはラインのカラーは新1号と新2号とで統一してもらいたかったというのが正直な所(できれば白で)

発売済みとなっている1号、2号、アマゾン、参考出品ながらも魂ネイション2011でお目見えしたV3、ストロンガー。
そして姿の見えないライダーマン、Xライダー…

何ですか?この装着変身みたいな流れ('A`)
ライダーマンとXの音沙汰がないまま旧1号、旧2号、桜島1号発売!とかの流れになったら危険な兆候。



仮面ライダー新2号でしたー!





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新2号 (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー新1号 (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾン (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ スカイライダー (あみあみ)
スポンサーサイト

スーパーロボット超合金 特捜戦隊デカレンジャー デカレンジャーロボ 

スーパーロボット超合金 特捜戦隊デカレンジャーよりデカレンジャーロボのご紹介です!


パッケージ
SR_DekarangerRobo_01.jpg

JUDGMENT!!! 箔押し印刷が煌びやかなパッケージとなっています。


SR_DekarangerRobo_02.jpg

四肢のデザイン・カラーリングが異なる、いかにも戦隊といったロボです。
全身のあちらこちらに使用されているクリアパーツが凄く効果的。
アクションフィギュアに発光ギミックは必要ないわ!というタイプの人間ですが、これは是非とも光らせてみたい!


SR_DekarangerRobo_03.jpg

劇中のものとは比にならないくらいにスタイリッシュですねー
黒の成型色のままになっているお尻のパーツはガンメタ系で塗装したほうがいいですかね?
黒でいいんでしたっけ?


SR_DekarangerRobo_04.jpg

肩のスイング、引き出し式のヒジ、腰、足首など各所、可動域を広げる処理がなされています。


SR_DekarangerRobo_05.jpg

ゴーグルのクリアパーツの色味が濃いので分かりにくいですが目もしっかり塗装されています。


SR_DekarangerRobo_06.jpg

パトストライカー

胸のクリアパーツ内に造型されたメカディテールが素晴らしい!
パトライトのくるくる回る回転灯のようなものも確認できます。


SR_DekarangerRobo_07.jpg

パトジャイラー

特にギミックはありません。


SR_DekarangerRobo_08.jpg

パトレーラー

付属のシグナルキャノンを収納する事はできませんが、サイドハッチを引き出す事が可能です。


SR_DekarangerRobo_09.jpg

パトアーマー

ジャッジメントソード(収納形態)は取り外しが可能。
小さなパトライト部にもクリアパーツが使用されているのがニクイですねー!


SR_DekarangerRobo_10.jpg

パトシグナー

サインボードを展開する時は肩パーツから前腕部へ付け替えておこないます。
エンブレムだけではなく○×マークにも付け替え可能なら良かったですね。

ボードパーツは最初、がっちりハマっているので取り外しにくいかもしれません。 破損に注意!
ウチのは抜き差しを繰り返す内にこなれてきました。


SR_DekarangerRobo_11.jpg

付属品 その1
ジャッジメントソード、シグナルキャノン、シグナルキャノンエフェクトパーツ、ジャイロワッパー
開き手×2、ソード持ち手×2、シグナルキャノン持ち手(右)、ジャイロワッパー持ち手(左)、サムズアップ(左)

パッケージの状態で握り手×2が装着されています。


SR_DekarangerRobo_12.jpg

付属品 その2
パトストライカー、ガトリングパーツ(左)×2、ガトリングパーツ(右)×2、グリップパーツ×2

こちらは同シリーズ ゴーカイオーとの連動用の付属品。


SR_DekarangerRobo_13.jpg

ゴーカイオーとの連動用のためゴーカイジャー仕様になってるパトストライカー。
タイヤのコロコロギミック等はありませんが、細かな塗装やクリアパーツの使用等、造りは非常に素晴らしいです。


SR_DekarangerRobo_14.jpg

パトストライカー分解


SR_DekarangerRobo_15.jpg

ゴーカイオーとの連動で使用するのはボンネット部分、フロントサイドパーツ&グリップを組み合わせたもの
リアサイドパーツとなります。


SR_DekarangerRobo_16.jpg

ゴーカイオーにパトストライカーのボンネットパーツ、リアサイドパーツを装着。
また各ハッチにガトリングパーツを装着。


SR_DekarangerRobo_17.jpg

パトストライカーのフロントサイドパーツとグリップを組み合わせた2丁拳銃を持たせれば…


SR_DekarangerRobo_18.jpg

完成!デカゴーカイオー!!


SR_DekarangerRobo_19.jpg


SR_DekarangerRobo_20.jpg

悪くないですねー



■ブーストエフェクト
SR_DekarangerRobo_21.jpg

スーパーロボット超合金 1周年記念 「スーパーエフェクトキャンペーン」 のキャンペーン品。


SR_DekarangerRobo_22.jpg

特典がなくなり次第終了という事なので、欲しい方はお早めに!



SR_DekarangerRobo_23.jpg

という事でデカレンジャーロボに戻ります!


SR_DekarangerRobo_24.jpg


SR_DekarangerRobo_25.jpg

シグナルキャノンの銃口カラー(赤・黄・青)に合わせた塗装が施されているエフェクトパーツ。
飛び出した薬莢も造型してあるこだわり! ただイマイチ迫力不足('ω`;)


SR_DekarangerRobo_26.jpg

体の正面で銃を両手で構える事ができるとは… 恐るべし


SR_DekarangerRobo_27.jpg


SR_DekarangerRobo_28.jpg

背景の色のせいでエフェクトパーツが見えにくいですが、こんなガリアンちっくな事も。 キュィィーン
ボトムズのローラーダッシュとかにも合いそうなエフェクトパーツですね。


SR_DekarangerRobo_29.jpg


SR_DekarangerRobo_30.jpg

これカッコよすぎでしょうよ!
バンダイの商品でありがちな小頭で細身、スタイリッシュな方向へ向かうアレンジが良い具合に活きていますね。
もしかしてスーパーロボット超合金とスーパー戦隊系ロボの相性はバツグン?
ゴーカイオーと比べると本体ギミックも少なく、造り自体がシンプルなので動かしていて全くストレスを感じないのも◎
またオマケ要素ながらもゴーカイオーと連動する付属品が付いてくるのもポイント高し。

クリアパーツも効果的に使われ、極小のS.P.Dエンブレムの塗装も非常に綺麗。
サインボードの○×マークがないのが残念ではありましたが、そんな小さな不満が吹き飛ぶ出来ですね。
飾っておくだけでもカッコいいし、何よりも動かして楽しい!


合体・変形・大掛かりなギミックといったものは、ボーイズトイのDXシリーズにお任せ!
スーパーロボット超合金にはこれからもアクション性とデザインアレンジの妙で頑張ってもらいたいです。
※ただしアレンジはスーパー戦隊系ロボに限って!アニメ系はなるべく劇中作に似せる方向でお願いします。

来年発売予定のマジキングも画像を見る限り、頭のおかしいレベルでカッコよさそうですしね。
今後の戦隊ロボも要チェックですなー



以上、スーパーロボット超合金 特捜戦隊デカレンジャーよりデカレンジャーロボでした。





■スーパーロボット超合金 特捜戦隊デカレンジャー デカレンジャーロボ (あみあみ)
■(特価品)スーパーロボット超合金 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイオー (あみあみ)
■スーパーロボット超合金 魔法戦隊マジレンジャー マジキング (あみあみ)
■スーパーロボット超合金 侍戦隊シンケンジャー シンケンオー (あみあみ)

ULTRA-ACT ミラーナイト 

劇場版やOVシリーズでの活躍がめざましいウルトラマンゼロの新たな仲間、ミラーナイトがULTRA-ACTで発売されました。
商品化の第一報で目にした姿が体育座りというインパクトだったミラーナイト!
スタッフ正気か? …っていうか、体育座りすげぇ! と期待せずにはいられずに発売まで待ってました。
完全なレッドアイVer.を再現できない事にイラッとも('ω`;)


パッケージ
MirrorKnight_01.jpg

グレンファイヤーより採用されている新デザインのパッケージです。
んー、初期パッケージ好きだったんだけどなぁ。


MirrorKnight_02.jpg

劇中本編よりも筋肉が強調された細マッチョな体型になっています。
腹筋など強めのアレンジが加わっていますが、くどすぎるほどのものではないように感じます。
劇中通りのいかり肩は再現されているのですが、腹部が細すぎるので上半身の逆三角形がキツすぎに見えますね。
競泳の選手みたいです。


MirrorKnight_03.jpg

目立つほど大きな塗装カスれ、跳ね、ハゲという箇所は特に見当たりません。 綺麗に塗装されていると思います。
赤 / 銀のウルトラ系の塗装カスれは何なんでしょうか?


MirrorKnight_04.jpg

顔、胸、前腕部にクリアパーツを使用。
首の横側のシワの造型がイイ! 凄く雰囲気が出てます。


MirrorKnight_05.jpg

付属品 その1
ミラーナイフ エフェクト付きハンド(右)、ディフェンスミラー用手首×2、交換用フェイスパーツ(レッドアイVer.)、岩
平手×2、開き手×2、指差しハンド(左)、両手一体型手首


MirrorKnight_06.jpg

付属品 その2
ディフェンスミラーパーツ×6


MirrorKnight_07.jpg

レッドアイVer.
フェイス部前面のみを交換します。

本来は目だけでなく、胸、前腕部と黄色部分が全て赤に変化し、指先が尖った状態が正しいのですが、
今回レッドアイを再現できるのは頭部のみ ヽ(`Д´)ノ

頭部のみ赤というのは、キャラクターデザインの後藤正行氏の描いたラフスケッチ ミラーナイト色変え-A案に近いですね。


MirrorKnight_08.jpg

グレンファイヤーよりULTRA-ACTで採用されている魂STAGEとの連動ギミックである接続部も設けられています。
ウルトラマンガイア(V2)で付属したような取り付け専用のジョイントパーツは無し!


MirrorKnight_09.jpg


MirrorKnight_10.jpg

首の可動域が尋常じゃありません。
なんとなくウルトラセブンのシルエットポーズ。


MirrorKnight_11.jpg

あれこれ説明するよりも見てもらったほうが早い!可動が凄いです。
組んだ両腕の内側にヒザが収まるなんて…

付属品の岩は、尻の収まり具合が絶妙で座り心地バツグン!


MirrorKnight_12.jpg

ベリアル様の闇に侵されて湖底に引き篭もったミラーナイト。

目が赤く発光と聞くと、イコール暴走みたいなイメージが強いですけどね。
いい子だから森へお帰り ラン ラン ララ ラン ラン ラン♪


MirrorKnight_13.jpg

ミラーナイフ


MirrorKnight_14.jpg

両手撃ちしていたので、左手用も欲しかったです。


MirrorKnight_15.jpg

シルバー…


MirrorKnight_16.jpg

クロス!


MirrorKnight_17.jpg

6つのパーツから構成されているディフェンスミラー。
十字の先端部や、パーツ同士を接続するピンなど細いので破損にはご注意を!


MirrorKnight_18.jpg

圧巻です!


MirrorKnight_19.jpg

ディフェンスミラー専用の手首と交換、先端の軸をディフェンスミラー裏側の穴へ差し込み固定します。
ただ、この専用の手首の取り付けが非常にシビアなのが困り者。


MirrorKnight_20.jpg

ディフェンスミラー専用手首のエフェクト軸の太さは、魂ASTAGEの取り付け軸(先端部分)と同じ3mm径になっています。
んなもんで、手首を交換するより魂STAGEに直接くっつけたほうが手っ取り早いかもしれません。


MirrorKnight_21.jpg


可動域の広さと、付属するディフェンスミラーの迫力は本当に凄いですね。
体育座りを再現させるために岩を付属させるなど気が利いているなとは思うのですが、肝心の本体に関して、
レッドアイVer.を再現できるのが頭部のみと、凄く中途半端になってしまっているのが本当にもったいない!
(交換用のレッドアイVer.のフェイスはオマケで付いてきたくらいに思っておいたほうがいいのかな)

ディフェンスミラーの専用手首のはめ込み難さも問題ありだと思います。
あとはミラーナイフのエフェクトが右手分しか付属しないとか、シルバークロスのエフェクトが付属しないとか…
あれ?結構、不満があるなぁ('ω`;)
可動に関しては申し分ない出来なんですけどね。

OVシリーズ 「ウルトラマンゼロ外伝 キラー ザ ビートスター」 も発売され盛り上がりの見せるウルトラマンゼロですが、
ウルティメイトフォースゼロのメンバーもジャンボットの発売をもって勢揃い!
4人揃うのが楽しみですね。



ULTRA-ACT ミラーナイトでした。





MirrorKnight_22.jpg

ブツブツ





■ULTRA-ACT ミラーナイト (あみあみ)
■ULTRA-ACT ジャンボット (あみあみ)
■ULTRA-ACT ウルトラマンアグル(V2) (あみあみ)
■ウルトラマンゼロ外伝 キラー ザ ビートスター STAGE I 鋼鉄の宇宙(Blu-ray Disc) (あみあみ)
■ウルトラマンゼロ外伝 キラー ザ ビートスター STAGE II 流星の誓い(Blu-ray Disc) (あみあみ)
[ 2011/11/26 14:24 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(0)

スタチューレジェンド トニオ・トラサルディー 

着々とジョジョの奇妙な冒険 第4部キャラの補完が続くスタチューレジェンドよりトニオさんが発売されました!


パッケージ
SLegend08_TonioTrussardi_01.jpg

サイズは超像可動の最もオーソドックスなものと比べやや幅あり、厚みありといった具合。
パッケージにはイタリア料理店「トラサルディー」を思わせる背景が描かれています。
またパッケージのマークにはトニオさんのコック帽に付いているT字(+字?)のアクセサリーをモチーフとしたマークが印刷。


SLegend08_TonioTrussardi_02.jpg

シェフという事もあり、ほぼ全身清潔感のある白が使用されています。
さすがのヒロヒコもシェフの着衣におかしげなカラーを指定するという事はしなかったかー!
とはいえ、もし仮にセカンドカラーが発売する事になったら何色になるんだろう?という興味も…


SLegend08_TonioTrussardi_03.jpg

ベースカラーが白なのでグラデーション塗装の効果も高いですね。


SLegend08_TonioTrussardi_04.jpg

にっこりと微笑んだような表情がトニオさんらしくていいです!


SLegend08_TonioTrussardi_05.jpg

意外にも筋肉隆々なトニオさん。
靴はオレンジ色、靴紐がエメラルドグリーンという配色になっています。
パールジャム(オレンジ)、トニオさんの首元のスカーフ(エメラルドグリーン)とカラーを使い回せるという点で、
靴のカラーが決まったような気がしないでもない。 どちらのカラーが先に決定したのかは分かりませんが。

娼婦風スパゲティを持っている手ですが、トレーから突き出た棒が手の平に思いっきり突き刺さっているという非常にお粗末な造り。
細かな部分で、見えにくい箇所ですがこういう所をいかに処理するかで出来に関する満足度に違いが出てくると思うのですが…


SLegend08_TonioTrussardi_06.jpg

娼婦風スパゲティから飛び出したパールジャム。
いいですねー、クリアパーツも効果的に使われていると思います。



と、ここまで紹介した所で若干、前のめりになっているような気がしてならなかったトニオさんの足首をどうにかできないものかと…

SLegend08_TonioTrussardi_07.jpg

ぎにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

スタンド攻撃を受けているッ! ・・・違う!無理に足首をグリグリしていたら寒さも相まってポッキリとー


SLegend08_TonioTrussardi_08.jpg

クレイジー・ダイヤモンドッ! 直すッ!


SLegend08_TonioTrussardi_09.jpg

真鍮線で修理!


SLegend08_TonioTrussardi_10.jpg

グラツィエ ジョースケサーン! ナオリマシター



という事で再開!

SLegend08_TonioTrussardi_11.jpg

コック帽を取り外す事もできます。


SLegend08_TonioTrussardi_12.jpg

脳天にポッカリと取り付け用の穴が空いてしまっていますが… はっ!エンヤ婆のスタンド攻撃ッ!

コック帽を取り外した時の髪の段差も違和感ありません。
自然な形に造型されているのでコック帽を取り外した状態もおかしさは感じられません。

学生時分、某ファミリーレストランの厨房でアルバイトをしていましたがバイト終わりはいつもこんな感じで髪に段差が付いていました。
どうでもいいですか?そんな情報は('A`)


SLegend08_TonioTrussardi_13.jpg

エプロンも取り外す事が可能になっています。
胸のボタンもしっかりと塗装されていますねー、素晴らしい。

しかし、コック帽とエプロンを外してしまうと最早、誰これ?な状態に。


SLegend08_TonioTrussardi_14.jpg

エプロンやコック帽を他キャラで使用するのはちょっと無理がありますね。


SLegend08_TonioTrussardi_15.jpg

エプロン無しでもコック帽さえかぶっていればトニオさんとして認識する事ができる。 不思議だ。


SLegend08_TonioTrussardi_16.jpg


SLegend08_TonioTrussardi_17.jpg


塗装も問題なく、造型もちゃんとトニオさんらしさが出ているのでその点は満足!
帽子やエプロンが外せるので、その時の気分次第で雰囲気を変えディスプレイできるというのもいいと思います。

ただ細かい所まで気の利いた造りになっているかというと、どうしても料理を運んでいる手の処理が気になってしまいます。
パーツ分割の仕方といい、結構大胆な処理をするメーカーだなと。

モッツァレッラチーズとトマトのサラダや、子羊背肉のりんごソースかけ等々も付属させ料理を交換式にするとかは駄目だったのかな?
それが可能であればトニオさんに持たせていない料理を使って億泰の ウンまああ~いっ ごっこができたのに。
超像可動の補完という以上に、互換性を持たせろというのはワガママでしょうか?('ω`;)

あとは相変わらずの味気ない黒い台座はどうにかならないかなぁ・・・と。
目立たせないようにするならクリアにするとか、そうでないならもっと凝った造りの台座にするとかしてほしいですね。
個人的には固定フィギュアの場合、台座もフィギュアの一部として見たいのでちゃんと造り込まれた台座にしてもらえると、
非常に嬉しいのですが。

ともあれ、トニオさん自体の出来はいいのでジョジョの第4部が好きな人にはお勧め!
今後も続々と4部キャラのリリースが続くので杜王町住人の充実が進みますね。



スタチューレジェンド トニオ・トラサルディーでした。





■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第四部 トニオ・トラサルディー (あみあみ)
■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第四部 音石明&音石明&レッド・ホット・チリ・ペッパー (あみあみ)
■スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第四部 宮本輝之輔 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 東方仗助・セカンド 宮沢模型限定版 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 虹村億泰 (あみあみ)

S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイグリーン 

海賊戦隊ゴーカイジャーよりゴーカイグリーンが発売されました!

一般発売、間をあけて魂ウェブ(2体まとめ発送)、またまた間をあけて魂ウェブ(2体まとめ発送)となったシンケンジャーと違い、
月イチペースでの発売の続くゴーカイジャーですが今月、発売となったのはドンさん。

では


パッケージ
GokaiGreen_01.jpg

さすがに3体目ともなると書くコメントもなくなってきます。


GokaiGreen_02.jpg

本体の造型、可動などもゴーカイレッド、ゴーカイブルーと変わりません。


GokaiGreen_03.jpg

塗装は特に問題なし!
各関節テンションは硬過ぎず、柔らか過ぎずで丁度いい塩梅でした。 個体差で当たりを引いたのかな?


GokaiGreen_04.jpg

付属品
ゴーカイサーベル、ゴーカイガン、交換用キー付きシリンダー(ゴーカイサーベル / ゴーカイガン)
指差し手(右)、モバイレーツ持ち手(左)、モバイレーツ、レンジャーキー(キーモード / レンジャーモード)、ナビィ
平手×2、ゴーカイガン持ち手×2、ゴーカイサーベル持ち手×2、開き手×2

パッケージの状態で握り手×2、サーベル、ガンにはキー無しシリンダーが装着されています。


GokaiGreen_05.jpg

ゴーカイガン、ゴーカイサーベル共にゴーカイレッドやブルーに付属するものと変わりなし。
シリンダーの差し替えギミックなども一緒です。


GokaiGreen_06.jpg

付属する事は前もって告知されてはいましたが、手元に届くまでその姿を確認する事ができなかったナビィ。
なぜかパッケージ(裏面)にも載っていません。

首と脚を左右に振る事ができ、翼は付け根のボールジョイント接続部で可動が可能になっています。
小さいながらも、色々なポーズを取らせる事ができるので楽しい。
塗装も綺麗です!

今後のS.H.フィギュアーツ 戦隊モノの展開は不明ですが、こういったマスコットキャラはどんどん付属させてほしいですね。
デンジ犬アイシーとか、リアルなチャウチャウフィギュアになってしまいますが。


GokaiGreen_07.jpg

どーする どーする?


GokaiGreen_08.jpg

ゴーカイチェンジ! はっ


GokaiGreen_09.jpg

ゴーカイグリーン!

肩をすぼめたような、このポーズの再現はS.H.フィギュアーツでは無理ッ! 雰囲気で


GokaiGreen_10.jpg

Ver.1


GokaiGreen_11.jpg

Ver.2

ピース手が付属しないのが悔やまれます。


GokaiGreen_12.jpg

らくがきんちょ らくがきんちょ♪

ドンさんのキメポーズはどれも難易度が高いですね。


GokaiGreen_13.jpg


GokaiGreen_14.jpg


GokaiGreen_15.jpg

ドンさんの変則的な戦闘方法が好きです。


GokaiGreen_16.jpg



■ゴーカイダリン
GokaiGreen_17.jpg

ゴーカイグリーン初回生産分を購入するともらえるキャンペーン特典。


GokaiGreen_18.jpg

レンジャーキーの装填ギミックや、舵輪の回転ギミックもそのままです。
ゴーカイブルーの特典 ゴーカイブルー専用 ゴーカイダリンと変わらないので細かい所は割愛!


GokaiGreen_19.jpg


GokaiGreen_20.jpg


ゴーカイブルーの五刀流サーベル、イエローの連結サーベル、ピンクの連結ガンと比べると付属武器の面で、
見劣りしてしまうゴーカイグリーンですが、やたらと出来のいいナビィが付属する事で相殺といった所でしょうか。
ゴーカイガレオンバスターやレンジャーキー入り宝箱(兼ナビィ台座)が付属すれば文句なしだったのですが、まぁ仕方なし。
カッコいいポーズを決めようとするよりも、適当にいじった自然なポーズが1番似合うので気負いなく動かして遊べますね。
・・・キメポーズは難しいですが

戦隊モノの特徴でもある豊富なハンドパーツは今回も健在。
初回購入特典であるゴーカイダリンも出来がよくディスプレイ映えしそうなので、迷っている人は特典が付属する今の内にー!


残る女性メンバーの2人は魂ウェブ商店待ち、追加メンバーのゴーカイシルバーを含め全員揃うのは年明け!
いやぁ、楽しみです。(ゴーカイイエロー、ピンクの受注は締め切られています)



S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイグリーンでした。





■S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイグリーン (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイレッド (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイブルー (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイシルバー (あみあみ)

S.I.C.極魂 Vol.20 仮面ライダーカイザ 

来年(2012年)2月に発売が予定されている同シリーズ サイドバッシャーに搭乗すべきカイザがいないと話しにならん!
という事で購入~!

オートバジンやマシントルネイダー、アギトなどバイクに関連した商品はいずれも購入はしていたのですが、
こうして記事にするのはVol.06のファイズ以来となります。

では


パッケージ
kiwami20_MaskedRider_Kaixa_01.jpg

相変わらずのポンコツロゴマークで安心します。


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_02.jpg

S.I.C.本家にて既に発売されているカイザですが、極魂化に伴い新たなアレンジでのリリース。
全体的に丸みを帯びたアレンジがなされていた本家カイザよりも、劇中のデザインに近い感じでしょうか(特に肩)

本家で賛否両論(多分、ほとんどが否)のあった顔も含め、個人的には極魂カイザのアレンジのほうが好みです。


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_03.jpg

エックスファインダー内部のグルグル模様もきちんと再現されているのですが、クリアパープルの塗装が濃すぎて確認しずらいです。
やっぱりカイザの肩はとがってたほうがいいですね。


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_04.jpg

付属品
カイザブレイガン(ブレードモード用)刀身、カイザブレイガン
フォンブラスター、カイザショット、カイザポインター、ホルダー
開き手×2、武器持ち手×2

その他、パッケージの状態で握り手×2が装着されています。


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_05.jpg

カイザフォン、カイザショット、ホルダー(カイザブレイガン)などなど
腰周りの各ツール類は全て取り付け、取り外しが可能です。


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_06.jpg

カイザポインターは腰へ取り付ける事ができます。
取り付け時の収まり具合を見るにこの向きで正しい気はするのですが、上下を逆にした状態が正しい向きのような…

取り扱い説明書に則った形で装着しています。


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_07.jpg

カイザポインターは差し替えなしで変形させる事が可能です。


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_08.jpg

当然、右足のホルスターへ取り付ける事も可能。


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_09.jpg

ファイズと比較

首が埋まり気味で、胴体が寸詰まっているためファイズよりも身長が低いちんちくりんな体型になっています。
スラッとスマートなイメージのカイザには程遠く不恰好です。


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_10.jpg

そんなワケで首と腹部のジョイントに詰め物をする簡単改修で身長を伸ばしました。


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_11.jpg

再度、ファイズと比較

断然、カッコよくなりました。
・・・むむ、今度はファイズの胴が長すぎるように見える。 ・・・気になる


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_12.jpg


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_13.jpg


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_14.jpg

本家よりも武器と持ち手の合いがいいです。


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_15.jpg

カイザブレイガンに刀身を取り付けてブレードモードに!


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_16.jpg


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_17.jpg

また、つまらぬものを切ってしまった…


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_18.jpg

ファイズでは再現されていなかった足の裏がきちんと再現されています。 いいよー!いいよー!


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_19.jpg

ゴルドスマッシュ!


kiwami20_MaskedRider_Kaixa_20.jpg


私の場合、カイザが欲しかった!というより、後日発売となるサイドバッシャーに乗せるために購入!という、
ついで購入だったので、あまり期待もしていなかったのですがアレンジも含めて非常にカッコいいですね。
本家S.I.C.でカイザを出し直すという事があれば、極魂Ver.で出してほしいくらい。
メモリなしカイザフォンと、手持ち用のカイザショットが付属し、指先塗装の省略がなければ文句なしといった感じ。

どこで、どうして、どうやって首が埋まって、腹部が寸詰まりになってしまったのか、そこはちょっと残念でしたね…
数分で改修できてしまうレベルの問題なのでさして文句もありませんが、最初からきちんとしているに越した事はないですからね。

S.I.C.本家を集めている身からするとラインナップに富んでいるようにも見えず、本家の焼き直しのような商品展開ばかりで、
低価格という以外、未だにシリーズとしての売りを感じる事ができないのですが、今後もずっとこんな調子なんでしょうかね?
もっとライダー以外の意外性あるキャラが発売されたり、と大胆な動きの見れるシリーズになると期待していたのですが…
まだまだ固定ファン獲得という段階なんでしょうか?



これからに期待しつつ終わり!S.I.C. 極魂 Vol.20 仮面ライダーカイザでした。





■S.I.C.極魂 仮面ライダーカイザ
■S.I.C.極魂 サイドバッシャー
■S.I.C.極魂 ウルフオルフェノク
[ 2011/11/20 01:17 ] S.I.C.極魂 | TrackBack(0) | Comment(0)

形兆の兄貴とか新サイクロンとか 

以前、記事として書いた スタチューレジェンド 虹村形兆&バッドカンパニー にあった不具合ですが
(左腕の文字誤植 (誤)TRILLON → (正)TRILLION)
メーカーさんによる回収、交換のサポートを終え無事に形兆の兄貴が戻ってきました。

【記事リンク】 スタチューレジェンド 虹村形兆&バッド・カンパニー


Keicho_01.jpg

パッケージ、ブリスター、台座、バッド・カンパニー部隊は送らずに、形兆の兄貴のみ返送・交換という事だったので、
兄貴にはプチプチにくるまって旅立ってもらいましたが、きちんとした専用のブリスターに入れられ戻ってきました。


Keicho_02.jpg

肝心な文字の誤植ですが・・・


Keicho_03.jpg

ちゃんと直ってましたー(当たり前です)

EX合金の時のアートストームもそうでしたが、きちんと不良である事を認め誠意をもった対応をしてくれるのはありがたいことですね。





ついでなので新サイクロンの進捗なども

New_Cyclone_03.jpg

進んでねぇーヽ(`Д´)ノ
これでも表面処理だけはしっかりとやったんですが… 画像を見る限り、ちっとも進んでねぇーヽ(`Д´)ノ


New_Cyclone_04.jpg

塗装後にカウルのスクリーンをポン付けできるよう調整を済ませておきたかったので、そちらをやっていたのですが、
スクリーンパーツはカウルの形状に合わせて自分で切り出さないといけないと…
(左画像はライトとライダーの目のクリアパーツなんですが、スクリーンパーツもこんな感じになっています)

ビタでカウルの形状通りに切り出すのは無理だろう、なーんて思いながら作業をしましたが案の定、失敗!('ω`;)

が、しかーし!そんな事もあろうかと先にパテで型を取っておいたので全く問題なし!(右画像)VIVA!自分!
ヒートプレスでスクリーンを複製すれば何度、切り出しに失敗しても大丈夫!VIVA!VIVA!

取った型をサフ吹き → 表面処理をしてスクリーン複製 → スクリーンの調整
それが終わったら本格的にサイクロンの塗装へ移りたいと思います。



S.I.C. Vol.60 スカイライダー 

レッツゴー!飛べ飛べ高く 空をゆけー!

仮面ライダーストロンガーにて一旦シリーズを終了した仮面ライダーが原点回帰を掲げ再びテレビに復活。
そんなスカイライダーがS.I.C.シリーズにてようやくの発売! 散々、待たせやがって ンナローめ!


パッケージ
sic60_SkyRider_01.jpg

オーソドックスな昭和ライダーが単品で発売されると、ここまでこじんまりとしてしまうのか?というほど小さなパッケージ。
S.I.C.シリーズの一般販売商品としては珍しいサイズです。


sic60_SkyRider_02.jpg

原型:藤岡ユキオ氏
監修という名の人任せ:竹谷隆之氏 という事でいいのかな?

色の濃い前期カラーは 「初登場時のイメージを大事にしたい」 という竹谷氏チョイスによるもの。
ガッシリとした体型といい全体的な造りといい、同シリーズの仮面ライダーXに近いですね。
Xライダーを手掛けたのも竹谷氏&藤岡氏コンビだから当たり前なんですが。


sic60_SkyRider_03.jpg

アゴへ向かうにつれ極端に窪んでいるクラッシャーのアレンジはあまり好みではありませんが、横顔を見ると異様にカッコいい。
アゴが引けない首パーツとの兼ね合いなのかクラッシャーの窪みが気になったり、全く気にならなかったり。
角度によってはエラい格好良くも見えるし、どエラい不細工にも見えます。

劇中ではツルンと平らな腹部に腹筋のような意匠を取り入れてありますが個人的にはアリですね。
筋肉ムキだしな腕の造型もお気に入り。


sic60_SkyRider_04.jpg

これがなくては話しにならないという重力低減装置はもちろん可動式。
ベルト(トルネード)の中央はクリアパーツで、中に3枚羽の風車もきちんと造型されています。


sic60_SkyRider_05.jpg

残念なマフラーの取り付け軸とつま先。
首元の穴にただ差すだけなので、可動に関しては仮面ライダーWやストロンガーのような可動軸付きマフラーとは天と地ほどの差。
安藤氏の可動軸付きマフラーも可動ジョイント部の色がマフラーと同色でなかったり不満はありますが…

つま先可動を確保するためのクリアランス確保とはいえ、なんじゃこりゃ?な気持ち悪い隙間。
こんな造型になるなら、つま先の可動を潰してもらっても構わないっす。


sic60_SkyRider_06.jpg

付属のオプションハンドは開き手×2、セイリング・ジャンプ用の手×2、パッケージの状態で装着されている握り手×2の計6種。

寂しいです。


sic60_SkyRider_07.jpg

専用台座
ベース自体は魂STAGE ACT.5と一緒です。


sic60_SkyRider_08.jpg

支柱先端に取り付ける、3点支持のアームが付属。
矢印部のクリップはクリック式になっています。


sic60_SkyRider_09.jpg

実際に取り付けるとこんな感じ。
スカイライダーのベルト脇を左右から挟みこみ、後方からアッー!

左右から挟み込むクリップの長さが短い(小さい)のでガッチリ固定というほどの安定性はありません。
余裕を持って挟めるよう、もっと長めに造型されてればよかったんですけどね...
これでは挟み込むというより、つまんでる感じ。


sic60_SkyRider_10.jpg

変身!


sic60_SkyRider_11.jpg


sic60_SkyRider_12.jpg


sic60_SkyRider_13.jpg

可動は悪くないと思います。 ・・・もっと動かないものかと思っていたので。


sic60_SkyRider_14.jpg

なんだよー、この足('A`)


sic60_SkyRider_15.jpg

これで首の可動がもう少しなんとかなっていれば。


sic60_SkyRider_16.jpg

筑波 「博士、元気を出してください。 前の私には無かった力が今はあります!それも素晴らしい力だ。」
博士 「素晴らしい力?」
筑波 「いいですか博士、私は大空を飛べるのです。見てください・・・ セイリーング!ジャンプッ!
博士 「筑波君、君こそ仮面ライダーだっ!」

…博士は、何基準でライダー認定してるんだ?


sic60_SkyRider_17.jpg

トゥ!


sic60_SkyRider_18.jpg

仮面ライダーWのエフェクトセットとの組み合わせが気に入ったので、このままディスプレイする事に決定!


sic60_SkyRider_19.jpg


sic60_SkyRider_20.jpg

ちゃんと飛行姿勢が取れます。


sic60_SkyRider_21.jpg

私は悪を憎みます。バ○ダイと戦います!博士、元気を出して一緒に戦いましょう!


いかにも昭和といったシンプルなお姿のスカイライダーを過不足なく上手くS.I.C.アレンジしていると思います。
薄暗い前期カラーというのも個人的にはヒット!(竹谷氏曰く後で強化タイプの後期版カラーの発売もあるかも?との事)
アレンジや造型自体悪くないので、かなりお気に入りです。

マフラーの取り付けが差し込み式で表情を出しにくい点などは、せめて別バージョンのマフラーの付属させるとかして、
解消してほしかったですね。 特にセイリング・ジャンプ時の長めのマフラーとか必需!

細かな所ではアゴ引きが若干、弱い点。
最悪な所ではつま先可動のための、足真っ二つな点('A`)
台座のクリップが挟みにくい所や、個体差的な所では左手首がすっぽ抜けやすい点も…
個人的にはこの辺がちょっと気になった所ですね。

付属品少なめな昭和ライダーなので、手首やマフラー関連の種類は豊富にしてもらいたかったですね。
本当はスカイターボとセットで出して欲しかったんですけど。

このあともスーパー1、ゼクロスとおっさん歓喜な流れの昭和ラインナップが続くので非常に楽しみ!



以上、S.I.C. Vol.60 スカイライダーでした!





■S.I.C. スカイライダー (あみあみ)
■S.I.C. 仮面ライダースーパー1 (あみあみ)
[ 2011/11/15 00:41 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(3)

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 ブローノ・ブチャラティ 

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部シリーズ第2弾 ブローノ・ブチャラティです。


パッケージ
sas27_Blono_Bucciarati_01.jpg


sas27_Blono_Bucciarati_02.jpg

細めな体系がいかにも5部キャラっぽいです。 ちょっと首が長め。
服は暖色系の色味が強い、落ち着いた色合いのホワイトパール塗装になっています。

スーツの肩口パーツの丸く盛り上がり具合が個人的にツボにハマりました!


sas27_Blono_Bucciarati_03.jpg

顔も二枚目ですね。
スーツに付いたジッパーや、おたまじゃくし模様もバッチリ!
スーツの裾、ズボンの裾は軟質素材になっています。


sas27_Blono_Bucciarati_04.jpg

付属品
ジッパーパーツ、交換用頭部(叫び)
開き手×2、ポーズ手×4、ブレスレット、マリオ・ズッケェロ頭部

その他、パッケージの状態で握り手が装着されています。


sas27_Blono_Bucciarati_05.jpg

叫び顔はなんだかイマイチしっくりこないなぁ。


sas27_Blono_Bucciarati_06.jpg

ブレスレットはハンドパーツと前腕の間に挟み込んで取り付けます。
ハンドパーツ交換時のポロリ紛失にはご注意を!


sas27_Blono_Bucciarati_07.jpg

マリオ・ズッケエロの頭部。
頭部と首が一体造型されたものが付属すると思っていましたが、まさかの本体同様の可動式の首! 恐れ入りました。

生首とはいえジッパーで閉じられた口、鼻水のおかげでグログロしさはありません。
同じ生首状態でも威厳を損なう事のなかったDIOと、鼻水を垂らしたズッケェロ。 …格の違いか?


sas27_Blono_Bucciarati_08.jpg

ブチャラティの頭部と交換する事も可能です。
が、やはりズッケェロは生首状態で床に転がしておきたいですね。

ミスタやナランチャが発売されたら、絡ませ甲斐のある付属品としてさらにその価値がアップしそうです。


sas27_Blono_Bucciarati_09.jpg

真ん中割れのいつもの台座も付属しますが、今回は片側に穴が3つ空いている仕様となっています。
※支柱は2本付属します。


sas27_Blono_Bucciarati_10.jpg

ジッパーパーツは軟質素材になっています。
ディスプレイ台座(支柱)へ取り付けが可能。

縫い目とか細かい所まで造型されているのが素晴らしい!


sas27_Blono_Bucciarati_11.jpg

本来なら隠れてないといけない部分が見えてしまいますが仕方ありませんねー


sas27_Blono_Bucciarati_12.jpg

雰囲気アイテムとしてはじゅうぶんすぎるほど有能な付属品だと思います。


sas27_Blono_Bucciarati_13.jpg


sas27_Blono_Bucciarati_14.jpg

ブチャラティの青い髪に若干の違和感を感じていましたが、スティッキィ・フィンガーズと並べると悪くもないのでは?と
…不思議だ


sas27_Blono_Bucciarati_15.jpg


sas27_Blono_Bucciarati_16.jpg


sas27_Blono_Bucciarati_17.jpg


sas27_Blono_Bucciarati_18.jpg


sas27_Blono_Bucciarati_19.jpg


スティッキィ・フィンガーズ、ブチャラティ共に人気のあるキャラなだけに厳しい目で見る意見が多くなると思っていましたが、
かなり満足されている方が多いように思えますね(私も含めて)
不満の声が挙がってこない事が示すように出来のほうはバッチリ!

今までは双眼鏡や自動追尾弾など、ある程度限られたシチュエーションの再現しかできない付属品が多かったですが、
遊びの幅に自由を持たせられるズッケェロやジッパーパーツなどの付属品は付くのも楽しくていいですね。
うーむ、カッコいい!

店頭で選別などせずとも安心して通販で注文できるくらいに、塗装やアイプリの精度が上がってくれればッ!
赤スティッキィと、黒髪ブチャラティ(水色スーツ)はセカンドで発売されるのかな?


【超像可動 予定】
2011年11月 … 東方仗助・セカンド
2011年11月 … グイード・ミスタ&セックス・ピストルズ
2011年12月 … カーズ
2012年 1月 … 岸辺露伴&ヘブンズ・ドアー・セカンド

…ジョ、ジョルノさん?



超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 ブローノ・ブチャラティでした。





■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 ブローノ・ブチャラティ (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 スティキィ・フィンガーズ (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 グイード・ミスタ&セックス・ピストルズ (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 東方仗助・セカンド 宮沢模型限定版 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第二部 カーズ (あみあみ)
[ 2011/11/12 16:13 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(0)

待ちぼうけー 

先月末に発売された超像可動のブチャラティに不具合(通常頭部)がありメーカーへ連絡しました。
交換ではなく代替品を送ってくれるという事なのですが、いまだに届きません('A`)

交換品の発送は、ご返送品の弊社到着後約2週間程度を目安とさせていただいております。
- 「交換サポート対応について」より -

代替品の送付も交換サポートと同様に2週間くらいかかるものなのかな?


Bucciarati_01.jpg

教えてくれ五飛、俺はズッケェロの頭を装着したままあと何日待てばいい?





追記 - 2011年11月9日 -

ゲーッ!昨日、この記事を投稿する前にメーカーさんから代替品をお送りしましたよメールがきてたー!
そして、今日にはブチャラティが届いてたー!
な、なんというタイミングで・・・ 待ちぼうけーなんてタイトルで投稿したのが悪意に満ちているように見えてしまうではないか。

Bucciarati_02.jpg

うぅむ、カッコいい。
さ、写真撮影をしよ! といきたい所ですが、どうやら風邪っぴきらしく喉が痛いので寝ます!



[ 2011/11/08 20:44 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(0)

S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイブルー 

現行放送中のスーパー戦隊シリーズ 海賊戦隊ゴーカイジャーよりゴーカイブルーが発売されました。


パッケージ
Gokaiblue_01.jpg

ゴーカイレッド同様、これまた豪華なキンキラしたパッケージになっています。
結構、お気に入りなパッケージデザインです。


Gokaiblue_02.jpg

基本、ゴーカイレッドと一緒です。
キャラの造型が大きく異なるという事がないので、2人目にして特筆すべき事がなくなってしまいます。
戦隊シリーズ記事を書いていてツライ所。


Gokaiblue_03.jpg


Gokaiblue_04.jpg

付属品
ゴーカイサーベル、五刀流用ゴーカイサーベル(2本)、五刀流用ゴーカイサーベル(3本)
ゴーカイサーベル用 キー付きシリンダー、五刀流用ゴーカイサーベル キー付きシリンダー×5
ゴーカイガン、ゴーカイガン用 キー付きシリンダー、モバイレーツ、レンジャーキー(キーモード、レンジャーモード)
開き手×2、ゴーカイサーベル持ち手×2、ゴーカイガン持ち手×2、他×4

名乗り時のものが左右、指差しタイプ(右)、もう1種の左ハンドはモバイレーツ用の持ち手でいいのかな?
ワカラン!他×4です!
その他、パッケージの状態で握り手×2、サーベル、ガンにはキー無しタイプのシリンダーが装着されています。

この付属品のボリュームには圧倒されます。
早い段階(第4話)で五刀流エピソードをやっておいてくれたおかげですね。


Gokaiblue_05.jpg

ゴーカイチェンジ!


Gokaiblue_06.jpg

ゴーカイブルー!


Gokaiblue_07.jpg


Gokaiblue_08.jpg


Gokaiblue_09.jpg


Gokaiblue_10.jpg


Gokaiblue_11.jpg


Gokaiblue_12.jpg


Gokaiblue_13.jpg

五刀流ゴーカイサーベルにもレンジャーキーの差し替えギミックあり。


Gokaiblue_14.jpg

ノーマルのゴーカイサーベルと兼用の持ち手を使用し保持させますが、少々合いが悪く感じます。

ファイナルウェーブ!


Gokaiblue_15.jpg

五刀流…


Gokaiblue_16.jpg

ブルースラッシュ!


Gokaiblue_17.jpg

ゴォォォセイジャァァァァ!
シィィィンケンジャァァァァ!
マァァァジレンジャァァァァァァ!
ハァァァァァリケンジャァァァァァ!
ギィィィィィィンガマァァァァァァァン!
シャァァァァァイニングフィンガァァァァァァ!


うぅぅぅぅぅぅぅるせぇぇぇぇぇぇぇぇ 関ぃぃぃぃぃぃぃ!


スーパーロボット超合金 ゴーカイオーの特典 「スラッシュエフェクト」 を使ってみましたが、さすがに2枚使用すると重いですね。



■ゴーカイダリン
Gokaiblue_18.jpg

「S.H.Figuarts 派手に遊ぶぜっ!!ゴーカイダリン プレゼントキャンペーン」 第2弾。
ゴーカイブルーの初回生産分を購入した人への特典となっています。

またゴーカイグリーン初回生産分でもらえる、ゴーカイグリーン専用のゴーカイダリンもキャンペーン第2弾に含まれるそう。


Gokaiblue_19.jpg

ゴーカイレッド購入特典に引き続き素晴らしい出来となっているゴーカイダリンです。
シートと、舵輪やペダルの付いたパーツとで分割された構成。


Gokaiblue_20.jpg

劇中ではなかなかお目にかかる事のないシートの裏側。


Gokaiblue_21.jpg

レンジャーキー装填ギミックもあり!挿入口が回転するのでキーをひねって Let's Go! する事も可能です。
ゴーカイレッド購入特典同様、こちらも舵輪が軽快に回転します。


Gokaiblue_22.jpg


Gokaiblue_23.jpg

かなり大きいサイズとなっているので、全員分が揃うとなると相当スペースを食うかも。


Gokaiblue_24.jpg

ナンジャコリャ!凄い!これはカッコいい。


Gokaiblue_25.jpg

せっかくなのでマベちゃんとの初の共闘シーン。


Gokaiblue_26.jpg


上でも書きましたが変わり映えのしないキャラが続き、発売されればされるほど新鮮味が薄れていく戦隊モノですが、
増えていくたびにどんどんと高揚感が増すという不思議な魅力があります。
シンケンジャーのようにキャラ独自の武器を所持していないゴーカイジャーですが、劇中での武器の受け渡し再現などで、
取っ替え引っ替えしているだけでも結構遊べてしまいますね。

何よりも今回は番組の序盤で大きなインパクトを残した五刀流ゴーカイサーベルがドーンと付属する豪華さ。
まぁ、五刀流させてディスプレイしてしまうと他の4人の手持ち武器がゴーカイガンだけと寂しい事になってしまうのですが。
そこまで忠実にディスプレイする事もないとは思いますが。

ゴーカイダリンをズラッと並べたコクピット内部の再現ディスプレイなどにも期待が高まりますね。
早め、早めに各キャラのリリースが決定しただけにゴーカイガレオンバスターを付属させるべきキャラがいなくなってしまったような…
せっかくだから欲しいんだけどなぁ。



以上、S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイブルーでした。





■S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイブルー (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイグリーン (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイシルバー (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイレッド (あみあみ)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。