トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ スタンド&エフェクトセット 

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツと同時発売されたスタンド&エフェクトセットです。


パッケージ
KamenRider_Fourze_StandEffect_01.jpg

通常のS.H.フィギュアーツよりも一回り大きいサイズとなっているパッケージ。
ベースステイツ、モジュールセット同様、窓を取り囲んでいるライン(緑)が箔押しされています。


KamenRider_Fourze_StandEffect_02.jpg

セット内容
ロケットモジュール用エフェクト、ドリルモジュール用エフェクト台座(大 / 小)
スタンドベース、支柱×2、クリップ基部×2、クリップ×2


KamenRider_Fourze_StandEffect_03.jpg

ドリルモジュール用エフェクト

魂STAGE ACT.5のような形状をした大きいサイズのベースと、小さいサイズのもの2種が付属。


KamenRider_Fourze_StandEffect_04.jpg

フォーゼ ベースステイツ付属のドリルモジュールの先端部を差し込む事ができるというだけ。


KamenRider_Fourze_StandEffect_05.jpg

ガッチリ、しっかりと安定させる事ができるかといわれるとそうでもない…('A`)
通常時は瓦礫型のめくら蓋で穴を塞いでおくとかして、通常スタンドの支柱を取り付ける穴とかあってもよかったかも。


KamenRider_Fourze_StandEffect_06.jpg

ドリル用エフェクト 小。
省スペースタイプなのが意外と嬉しい!


KamenRider_Fourze_StandEffect_07.jpg

ランチャーで発破をかけ、ドリルで掘削、マジックハンドで瓦礫をどけ、盗撮!


KamenRider_Fourze_StandEffect_08.jpg

ロケットモジュール用エフェクト

ロケットモジュールのバーニアノズルを外し噴射エフェクトを取り付けます。
差し込み穴が緩めなのか噴射エフェクトが簡単に外れてしまいます。
エフェクトパーツ自体に結構な重量があるので、もう少し安定感をもった状態で取り付けができれば良かったなと…


KamenRider_Fourze_StandEffect_09.jpg

大きさ、重量的にも片手で保持するのは難しいです。
本セットには支柱が2本付属してくるので、素直にその内の1本を使用して飾りましょう!


KamenRider_Fourze_StandEffect_10.jpg


KamenRider_Fourze_StandEffect_11.jpg

大気圏だって突破してー♪


ディスプレイをメインとしたセット内容となっているスタンド&エフェクトセットでしたー!
遊びに重きを置いたモジュールセットと比べると、いささか地味な感じがしますね。
噴射エフェクトは迫力があっていいと思うんですが、取り付け穴が緩いのでポーズ決めの際の取り回しが地味に面倒でした。
まぁ、軸を太らせるなり簡単に解決できる問題ではありますが。

ドリルモジュールエフェクトは第1話で印象的だったロケット&ドリルのポーズで飾りたいという人向けたピンポイントなベースだし、
噴射エフェクトもバーニアノズル付き造形になっているので汎用性はないし。 万人向けな商品ではないかなぁ。

もちろんロケット&ドリルのポーズで飾りたいという人、ロケットモジュールの噴射エフェクトがお目当て!
という人にはおススメできるセットになっていると思います。


画像別に紹介しませんでしたが、スモークがかったスタンドベース(ラメ入り)も面白みに欠けますね。
仮面ライダー部の旗と同じデザインにするとかー
うーん






S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ モジュールセット01 

仮面ライダーフォーゼ ベースステイツと同時発売となったモジュールセット01です!


パッケージ
KamenRider_Fourze_ModuleSet01_01.jpg

やや小ぶりとなっているパッケージサイズ。
ベースステイツのパッケージ同様、窓を取り囲むように配置されたライン(青)が箔押しになっています。


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_02.jpg

セット内容
マジックハンドモジュール、カメラモジュール、ランチャーモジュール、レーダーモジュール
アストロスイッチ5種(マジックハンド OFF / マジックハンド ON / ランチャー ON / カメラ OFF / カメラ ON)

アストロスイッチ各種にはタグが付いているので切り取る必要があります。
マジックハンド(OFF)は05A、マジックハンド(ON)は05Bといった具合にタグに番号が振られているので、
開封した時のパーツチェックもしやすいですね。



■マジックハンドモジュール
KamenRider_Fourze_ModuleSet01_03.jpg

ロール回転軸が6箇所、関節部が3箇所あり。


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_04.jpg

先端のハサミは開閉が可能。


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_05.jpg

関節のテンションが緩すぎる事もなく、グネグネとよく動いてくれます。
ただ、それを支えるフォーゼ本体の肩やヒジの関節がマジックハンドの重量に負けてしまうかも。


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_06.jpg

マジックハンドスイッチ ON / OFF


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_07.jpg


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_08.jpg

弦太朗キャッチャー



■カメラモジュール
KamenRider_Fourze_ModuleSet01_09.jpg

カメラは良い質感で塗装されています。


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_10.jpg

ファインダーは開閉が可能なほか、回転させる事もできます。


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_11.jpg

カメラスイッチ ON / OFF
画像からでは形状の差が分かりにくいですかね。


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_12.jpg


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_13.jpg


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_14.jpg

REC


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_15.jpg

てってれー



■レーダーモジュール
KamenRider_Fourze_ModuleSet01_16.jpg


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_17.jpg

レーダー部は展開させる事が可能です。


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_18.jpg

よぉ、賢吾!

レーダースイッチはONとOFFの形状に違いがないためフォーゼ本体 ベースステイツに付属するものを使用。
モジュールセット01のセット内容には含まれません。



■ランチャーモジュール
KamenRider_Fourze_ModuleSet01_19.jpg

特にこれといったギミックはありません。
フォーゼ本体に装着する時には足首パーツも取り付けてあげる必要があります。


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_20.jpg

ミサイルは取り外す事が可能(…無理から外したとも)
ちゃんとミサイルが造形されていて、ぶっ放した状態も再現できればよかったんですけどね。


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_21.jpg

ランチャースイッチ OFF / ON

何でランチャーだけONとOFFが左右入れ替わってんだよ! 統一しろよ!
…考えなしに画像を編集するとこうなります('ω`;)


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_22.jpg


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_23.jpg

レーダーとセットで。


KamenRider_Fourze_ModuleSet01_24.jpg


フォーゼ ベースステイツ本体にも2種のモジュールが付属しているので、それだけでもじゅうぶん遊ぶ事ができますが、
モジュールセットを購入する事でさらに遊びの幅が広がります。
手元において置くと、何の気なしにモジュールを取っ替え引っ替えしてしまう中毒性も?

下手をすると初回購入特典にでも回されてしまいそうな小物系アイテムが一般で販売されたのは嬉しい所。
(ここまで、しっかりとした作り込まれたものが特典という事もないと思いますが)

後はどこまできちんと補完してくれるのか?という問題だけですかね。
いくつかは魂ウェブ商店に回されるのかなぁ。


エレキステイツにはフードロイドのバガミール、ファイヤーステイツにはポテチョキンが付属するそうで、
小物系アイテムの充実さにぬかりなし! S.H.フィギュアーツ内においても一段と小物類が賑やかなシリーズになりそうです。
…バイクや敵キャラの充実もよろしくお願いしたいですなー



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ モジュールセット01でした!






S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ 

微妙な顔のフォーゼが…

KamenRider_Fourze_22.jpg


KamenRider_Fourze_23.jpg

残念スイッチ、オン!



では
S.H.フィギュアーツより現在、絶賛放映中の仮面ライダー フォーゼより、基本フォームとなるベースステイツが発売されましたー!


パッケージ
KamenRider_Fourze_01.jpg

フォーゼのボディカラーである白がメインに使われたパッケージ。
ウインドウを囲むような形で配置されているカッパー(?)のラインは箔押になっています。


KamenRider_Fourze_02.jpg

新ライダーがお披露目されると同時に巻き起こる 「何だこれ?」 というライダーファン恒例の行事がありますが、
電王で 「ナンジャコリャ?」 と思ったきり、キバ、ディケイド、W、オーズは割とすんなりデザインを受け入れる事ができたんですよね。
そんな私が数年ぶりに体験した 「何だこれ?」 なライダーです。 …もう見慣れちゃいましたが

ボディカラーは真っ白ではなく、ややクリーム系が混じったような色合い。
モールドには薄紫系のカラーでスミ入れされています。

頭部が大きすぎるのか、上半身の胸パーツの横幅が足りないのか? 微妙にアンバランスな体型にも見えます。
肩パーツは、もう一回り大きいサイズでもよかったかも。

細身で脚が長いスタイル良すぎなプロポーションより好みな体型なんですけど、これはこれでチグハグなような…
上半身の胸パーツ上部(鎖骨の辺り)の横幅が足りなく、肩回りがスカスカして貧弱に見えるのが原因かなぁ?
太ももの筋肉ラインとかは結構好きなんですが。


KamenRider_Fourze_03.jpg

目が離れすぎているため微妙に似ていない顔。
作中に登場するフォーゼや、ボーイズトイのFMCSとの顔を比較した画像を見かけますが確かにS.H.フィギュアーツのは残念な出来…
ただ、手元にきたもので遊んでいると画像で見ていた時ほどの違和感は感じません。

汚れとか、歪みとかも画像で見ると酷さが際立つんですよね。


KamenRider_Fourze_04.jpg

フォーゼドライバー

右レバーが可動するほか、アストロスイッチの差し替え交換が可能になっているという凝った作りのドライバー。
ただ、そのレバーを握らせる事が可能なハンドオプションは付属しません。
※アストロスイッチ関係は後ほど


KamenRider_Fourze_05.jpg

アストロスイッチの○、×、△、□に対応・連動している手足のマーク。


KamenRider_Fourze_06.jpg

付属品
ロケットモジュール、ドリルモジュール、開き手(指差し)×2、開き手×2、ドリルスイッチ(ON)

パッケージの状態で握り手×2
フォーゼドライバーには各スイッチ(ロケット / ランチャー / ドリルスイッチ(OFF) / レーダー)が装着されています。


KamenRider_Fourze_07.jpg

フォーゼドライバーにあるアストロスイッチ取り付け用の穴は、部位ごとに4つの異なる切り欠きがしてあります。
またアストロスイッチの取り付け軸も、ドライバーの切り欠きに合わせた形状で造形されているので、
スイッチを所定の場所以外へ装填するというお遊びは出来ません。


KamenRider_Fourze_08.jpg

ロケットモジュール、ドリルモジュールなどを装着する際には前腕や、膝下パーツを引き抜く必要があります。
もろに関節パーツに負荷が掛かるので、モジュール交換時の破損にはご注意を!


KamenRider_Fourze_09.jpg

ロケットモジュール

ちょっと、黒々としすぎなスミがくどいですかね。
腕の取り付け部には、フォーゼの前腕パーツがちょびっとだけ造形されています。


KamenRider_Fourze_10.jpg

ドリルモジュール

こちらもスミの色が濃すぎてくどいです。
先端のドリル部は回転が可能!


KamenRider_Fourze_11.jpg

タイマンを張らせてもらうぜ!

…怠慢 (ボソ


KamenRider_Fourze_12.jpg

さすがにウンコ座りレベルまでお尻を落とす事はできませんが、弄りやすい事もあって可動はかなり優秀!


KamenRider_Fourze_13.jpg


KamenRider_Fourze_14.jpg

モジュール遊びが楽しい。


KamenRider_Fourze_15.jpg

マシンマッシグラーと (DXパワーダイザー&マシンマッシグラーのものです)

電王のマシンデンバードからこっち、バイクフィギュアの出来に関してはちょっと残念なのが続いていますね。
頑張れ!ボーイズトイ!

とは言え、並べるとやっぱり映えるなぁ。


KamenRider_Fourze_16.jpg

ちょっと窮屈ですがイケてない事もない!
FMCSのマシンメテオスターも買ってこよ


KamenRider_Fourze_17.jpg

S.H.フィギュアーツでもマシンマッシグラーが発売されそうな感じですが、果たして…


KamenRider_Fourze_18.jpg


KamenRider_Fourze_19.jpg

丸大 仮面ライダーフォーゼ フィッシュソーセージ!


KamenRider_Fourze_20.jpg

そして、ウインナー!


KamenRider_Fourze_21.jpg


顔の再現と上半身のプロポーションが微妙ですがイイですねー、コレ。
動かしやすさがあるのかポーズを取らせて遊んでると凄く楽しいです。
遊ぶ時の注意点としては、モジュール交換の際のパーツの引き抜き&気付くと取れている事があるドライバーのスイッチかな。

そこまで頻繁にスイッチが外れてしまうという事もないのですが、魂STAGEで小脇を挟んでいる時に干渉し外れる事が何度か…
関節パーツの破損、小さなパーツの紛失には注意をしたほうがよさそうです。

顔がしっかりとしていたら物凄く評価の高いものになっていたんじゃないかなぁ…
私の場合は顔にプラスして、上半身の貧弱さも気になったポイントでしたが。
胸パーツの幅を横に広げすぎると、今度は上半身が逆三角形なマッチョ体型になってしまうとかそんな理由もあるのかな?



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツでした!






魂ウェブ商店限定 S.I.C. 仮面ライダー幽汽 

突如、思い出したかのようにS.I.C.ラインナップに投入される電王シリーズ。
イベント展示での人気・存在感から商品化への運びとなったのでしょうか?
劇場作品 「さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」 より仮面ライダー幽汽が魂ウェブ商店にて発売!
(受注期間:2011年8月25日~2011年10月25日)


パッケージ
sic_MaskedRider_Yuuki_01.jpg

一頃のコハナ&ナオミや、NEW電王ストライクフォームの豪華なパッケージは何処?
見た目的にも、なんとも寂しげなモノクロなパッケージです。


sic_MaskedRider_Yuuki_02.jpg

原型:安藤賢司氏、五島純氏

仮面ライダー幽汽 ハイジャックフォームの状態でパッケージングされています。
ベースとなっている素体は電王シリーズで使用されている優秀なもの。

何これ、凄いカッコいい!


sic_MaskedRider_Yuuki_03.jpg

電仮面のゴーグル部(?)はクリアパーツが使用されています。 かなり濃いのでパッと見だとベタ塗りに見えます。
後頭部から垂れているデンレール、首周りに巻かれているデンレールは軟質素材。
ベルトのバックルにはクリアパーツが使われています。


sic_MaskedRider_Yuuki_04.jpg

オーラアーマーはS.I.C. Vol.48 仮面ライダー牙王&キンタロスイマジンの牙王のものが流用されています。
ハイジャックフォームの大きな特徴でもある左腕(付属している手首の形状は開き手)
手首はボールジョイント接続となっているので可動に問題はありませんが、形状的な問題からヒジ可動域にやや制限があります。
コートは軟質素材で再現されています。 穴が空いていたり、先端が千切れていたり。
腰の両サイドにあるサヴェジガッシャーのホルスターは、電王系ライダーお馴染みのもの。

こういうボロボロになったマントとかに物凄く惹かれるものがあるんですが、何でだろう?


sic_MaskedRider_Yuuki_05.jpg

電王ライダーではお馴染みの太もも装甲。
スネアーマー、足首リングにダイキャストが使用されています。
その他、ダイキャストは手首のリングにも使われてます。

足首リングは下にずり落ちてくるのが難点。 接着してしまったほうが見た目も良くなりそうですね。


sic_MaskedRider_Yuuki_06.jpg

左腕の爪は可動させる事が可能。 2本爪は手の甲に接着されています。


sic_MaskedRider_Yuuki_07.jpg

付属品 その1
サヴェジガッシャーソードモード、鞭、剣、サヴェジガッシャー(ソード、ロッド、アックス、ガン)
開き手(右)、武器持ち手(右)、コマ大×2、コマ小×2


sic_MaskedRider_Yuuki_08.jpg

付属品 その2 (スカルフォーム用 交換パーツ)
肩パーツ×2、頭部、マフラー、左腕


sic_MaskedRider_Yuuki_09.jpg

大小それぞれ2つずつ付属するコマ。
違いはコマの芯 先端部に取り付け用の軸が付いているか否か。

芯の先端に軸が付いているコマは、左手の平にある穴へ取り付ける事が可能になっているという具合。


sic_MaskedRider_Yuuki_10.jpg

鞭は軟質素材で、全体が骨っぽい造形になっています。 …真さんが引っこ抜きたくてウズウズしてしまいそうな
持ち手部分の髑髏が細かい造形でスゲぇカッコいいー!

いつも武器の保持に弱点のあるS.I.C.ですが、付属の持ち手との合いもよくしっかりと保持してくれます。


sic_MaskedRider_Yuuki_11.jpg

幽汽の身長ほどもあるサイズで造形されたサヴェジガッシャーは迫力満点!
こちらも持ち手でしっかりと保持する事が可能!



ハイジャックフォームからスカルフォームへ

sic_MaskedRider_Yuuki_12.jpg

スカルフォームへの換装は頭部、マフラー、肩パーツ、左腕をまるっと交換。
肩パーツを交換するため胸のアーマーを外す必要があります。


sic_MaskedRider_Yuuki_13.jpg

せっかくなのでマフラー取り付け前に画像を撮っておきました。
原型師の安藤氏が電王シリーズで入れている隠し文字があるんですが分かりますかね?
渦巻きや、◎の形に彫られたモールドがそうなんですが、暇な人は探してみてください。

画像上(胸アーマー):G A O h
画像下(肩アーマー):G a O H

隠し文字モールドがそのままな所からも牙王のパーツを流用しているのが分かりますね。
五島さんも遊びで入れちゃえばよかったのに。



■仮面ライダー幽汽 スカルフォーム
sic_MaskedRider_Yuuki_14.jpg

スカルフォーム用の左手の指先には爪が造形されており悪魔・幽霊・亡者風なイメージが表現されています。
マフラーのカラーが変わり、上下で色が統一されたのが原因か引き締まってみえますね。
ここまでガラッとイメージが変わるものなのか…

2体購入しておくんだったー 懐に余裕がないんだったー くっそー


sic_MaskedRider_Yuuki_15.jpg

顔が微妙に歪んでるぅぅぅ グヌヌ
スカルフォーム用頭部の裾(下側)がやけに左右に膨らんでいるのが気になっていたのですが、これって正面から見た時に、
額の髑髏の装飾と合わせてクロスボーンマークになるという狙いかな? …素敵すぎる。

肩アーマーの先端部には髑髏の造形が施されています。 …恐竜やワニの鼻先に見えない事もない。


sic_MaskedRider_Yuuki_16.jpg



サヴェジガッシャーソードモード、鞭、剣と全て共通の持ち手を利用するのですが、どの武器もちゃんと保持できます。
持たせた武器が手の中でグルグル回らないってステキ。


sic_MaskedRider_Yuuki_17.jpg


sic_MaskedRider_Yuuki_18.jpg


sic_MaskedRider_Yuuki_19.jpg


sic_MaskedRider_Yuuki_20.jpg


sic_MaskedRider_Yuuki_21.jpg


sic_MaskedRider_Yuuki_22.jpg


sic_MaskedRider_Yuuki_23.jpg


sic_MaskedRider_Yuuki_24.jpg


sic_MaskedRider_Yuuki_25.jpg


sic_MaskedRider_Yuuki_26.jpg


sic_MaskedRider_Yuuki_27.jpg


sic_MaskedRider_Yuuki_28.jpg


イベントでの展示で、ひときわ目を引いた仮面ライダー幽汽が期待を裏切らない出来栄えでの発売!
可動の優秀な電王シリーズに関しては、アレンジや造形そのものにビビッときたらまずハズレなし。 そんな感じでしょうか。
他の電王キャラと比較すれば下半身のコートや、ハイジャックフォーム時の左ヒジなど可動範囲に制限もありますが、
もうそれは仕方なし! …デザインがデザインだもの
スマートなようで、マッチョという絶妙さがたまらなくカッコいいです。

残念な所といえばスカルフォームの顔が歪んでいる所と、付属する手首の種類が少ない所くらいでしょうかね。
うーむ、カッコいい。


一般販売されていた時は、あまりにも連発されすぎて軽くウンザリ・ゲンナリもした電王シリーズですが、
地道とはいえ、ここまで着々とキャラが出揃ってくるといっその事全キャラ制覇を目指してほしくもなりますね。
あれ?以前にも同じような事を書いた気が…

電王ライダーで残っているのはNEW電王ベガフォームと、G電王くらい?
個人的にはテディが欲しいんですけどねー!あとマシンデンバード!! 是非っ!是非!是非、是非、是非っ!!!
コハナ&ナオミまで発売したんだ!いけるっ!



以上!魂ウェブ商店限定 S.I.C. 仮面ライダー幽汽でした。



sic_MaskedRider_Yuuki_29.jpg

あぁぁ、あなたは!!

・・・人違いだと思います。






[ 2012/01/28 06:09 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(2)

ワンフェス2012[冬]限定版 クレイジー・ダイヤモンド・セカンド抽選ッ! 

私のブログでも度々ご紹介しているメディコス・エンタテインメントの超像可動 ジョジョの奇妙な冒険シリーズ。
その 「超像可動 クレイジーダイヤモンド 2ND(1stカラー版 仗助の笑顔パーツ付き)」 がWF限定品として発売されるという事で、
インターネット上での先行予約へ申し込みぃぃぃぃ! …していたのですが
[ 2012/01/26 22:30 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(0)

S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイシルバー 

S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャーより、追加戦士となるゴーカイシルバーです。


パッケージ
GokaiSilver_01.jpg

先日、記事にもした同シリーズ ゴーカイイエローに続き、箔押し無しとなったパッケージ。
ゴーカイレッド、ブルー、グリーンで派手にいきすぎてしまったのでしょうか?
パッケージに掛かる費用をギンギンに削減だー!


GokaiSilver_02.jpg

関節等、基本的には既発売となっている他のゴーカイメンバーと変わりありません。
追加メンバーとは言え、造形的にもさほど違いはありませんね。
目立つ所では頭部、襟、前腕の袖口、ブーツの形状くらいでしょうか。

バンダナ巻き風の頭部デザインがイカス! いかにも下っ端な海賊って感じ。
ドジ、ボーダーシャツ(線は太め)、いつもデッキブラシで甲板掃除というイメージ。 …まるで小学生のような発想だ('A`)


GokaiSilver_03.jpg

顔は二枚目。
ゴーグル部はゴールドっぽい塗装(茶褐色分多め)で再現。 結構、雰囲気の出てる色合いだと思います。


GokaiSilver_04.jpg

付属品
ゴーカイスピア、ゴーカイスピア(ガンモード)、ゴーカイセルラー、レンジャーキー、指差し手(右)、ポーズ手×2
開き手×2、スピア持ち手×2、ガンモード用の持ち手×2、レンジャーキー持ち手(右)、ゴーカイセルラー持ち手(左)

その他、パッケージの状態で握り手×2を装着。


GokaiSilver_05.jpg

ゴーカイセルラー / レンジャーキー

ゴーカイセルラーには特にこれといったギミックはなし。


GokaiSilver_06.jpg

ゴーカイスピア

他メンバーはレンジャーキー(キーモード)のモバイレーツへの装填や、ダリンへの装填ギミック、
サーベル、ガンへのシリンダー(キー付き / なし)交換ギミックがありましたが、ゴーカイスピアにはそのテのギミックはなし。
レンジャーキー(キーモード)も付属しませんし、ゴーカイスピアにもキーの挿入口がありません。
さらっと後発商品で劣化さすなー!

スピアの刃は取り外しが可能! 刃の向きを変えて付け直す事でアンカーモードに…
これはゴーカイシルバー ゴールドモードの発売予定ありと見ていいのかな?
※取扱説明書には記載されておりません。


GokaiSilver_07.jpg

ゴーカイスピア(ガンモード)

こちらもスピア同様、ギミックらしきものはありません。
手首とグリップの形状の合いが微妙で、いまいちビシッと保持してくれないのが残念な所。


GokaiSilver_08.jpg

ゴーカイチェンジ!


GokaiSilver_09.jpg

ゴォォォォォカイィシルバァァァァ!


GokaiSilver_10.jpg


GokaiSilver_11.jpg


GokaiSilver_12.jpg

使用頻度が少なかったのが残念でしたね。


GokaiSilver_13.jpg

ゴーカイスピアも付属の持ち手との相性はイマイチかなぁ… 微妙に緩いです。


GokaiSilver_14.jpg


GokaiSilver_15.jpg


GokaiSilver_16.jpg


GokaiSilver_17.jpg


GokaiSilver_18.jpg


追加メンバーという事もあり、初期のメンバーである5人とは付属する武器に大きな違いのあるゴーカイシルバーですが、
レンジャーキーの装填ギミックがオミットされてしまっているのが、ちと残念でした。
キー回しの再現はともかく、差し込みの再現くらいは… と思ってしまいますね。

レンジャーキー(キーモード)を付属品に追加して、武器に挿入口の穴を開けるだけだし…
製造上の都合があるのかもしれませんが。


造形は、いつも通りの戦隊系なので感想もいつもと一緒! ちょっと細すぎ、脚長すぎ、胸の厚みなさすぎ。
ゴーカイシルバーに限った所では、武器の持ち手の合いがイマイチなのが残念な所かな。
完全に個体差レベルですが、私のは左手首を交換しようとするとジョイントごと引き抜けてしまう大問題を抱えています!('A`)

マスクの作りはシャープだし、全体的に色合いが引き締まって見えるので凄くカッコいいと思います。
というか、ゴーカイシルバーって元デザインからしてカッコいいのね(玩具を買って気付くパターン

ゴーカイスピアの仕様からして、ゴールドモードの発売もありそうですが、魂ウェブ商店扱いになるのかな?
どう見てもカッコいいとは思えないので(好きな方ごめんなさい)購入は見送りたい所ですが、ダリン付属とかだったらタマランなぁ…


ゴーカイメンバーも残り1人!アイムの発売を待って全員集合という事になります。
楽しみですなー



以上、S.H.フィギュアーツ 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイシルバーでした!






スタチューレジェンド 音石明&レッド・ホット・チリ・ペッパー 

ジョジョの奇妙な冒険 4部キャラが続々発売されているスタチューレジェンドより 音石明&レッド・ホット・チリ・ペッパーです!


パッケージ
SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_01.jpg

スタンド使い本体とスタンドがセットとなっているため幅の広いタイプになっています。
以前、発売された同シリーズ ハイウェイ・スターのように無駄に厚みを取っていない省スペースパッケージが収納に優しい!

パッケージには音石明の代名詞ともいえるギターのマークが散りばめられています。


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_02.jpg

大胆にも仗助たちの前に姿を現した時の音石ポーズでしょうか。
スタチューレジェンドらしいグラデーション塗装が施されていて、なかなか質感がいいです。

ただし、私のは右腕と右胸のグラデーションの濃淡の差がキツすぎて全く違う色味になっていまっています('ω`;)


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_03.jpg

髪の毛の造形などは非常に素晴らしい!

カラーリングは Adventure Battle Card が元になっているのかな?
それにしてもオレンジ色のタイツというのは…

っていうか、このオレンジはトニオさんの靴の色の使い回しだろう!(言いがかりです)


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_04.jpg

真正面からでは分かりにくいですが横から見ると左脚を前方へ、右脚は後ろへ引くという造形になっています。
意外にも前後への動き(幅)があるので、微妙に斜めにした状態がお気に入り。 斜めディスプレイをおススメ!


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_05.jpg


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_06.jpg

大槻ケンヂです。 首と首輪の境い目の塗装を綺麗に直したいなぁ
その他の塗装箇所は細かく丁寧に塗られていて、特に気になるような所はありませんでした。


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_07.jpg

「←AC」「DC→」 のアクセサリーの再現もバッチリ!


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_08.jpg

画像左:音石
画像右:明

白タイツだったら完全に熊川哲也。


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_09.jpg

弦が1本、1本造形されているギター。 作り込みが細かいです。


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_10.jpg

画像上段:トレモロアームは可動式になっています。
画像下段:ギターシールド(ケーブル)の行方は、上着の内側に潜んでいるミニアンプ!これは細かい!


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_11.jpg

ドリュデ ドリュデ ドリュデ ドリュデ ドリュ ドリュ


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_12.jpg

うっとり


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_13.jpg

「万雷の拍手をおくれ世の中のボケども」


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_14.jpg

なんだか音石が凄くカッコいいんですが… このキャラがこんなにカッコよくていいのでしょうか?



続いてレッド・ホット・チリ・ペッパー

SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_15.jpg

音石明のものとは別にチリペッパー用のディスプレイ台座と支柱が付属します。

個体差かもしれませんが、チリペッパー用の支柱の差し込み穴がキツキツでした。
ご購入を検討している方は差し込み時にはお気をつけください!


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_16.jpg

ベース色となるイエローの上にゴールド(クリアオレンジ?)で薄吹き、オレンジでスミ入れといった感じでしょうか?
尻尾だけ濃淡が薄くレモンイエロー丸出しになっているのが残念。


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_17.jpg

なかなか似てるんじゃないでしょうか。
関節を仕込んで全身フル可動させるには、腹部や股関節、左脚がキモとなりそうですねー
肩・ヒジ・手首辺りは割と簡単に関節が仕込めそう!

チリペッパーって頭突きザウルス(名前は知りません)に似てますよね。


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_18.jpg

躍動感あるポーズで立体化されています。


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_19.jpg

今にも飛び掛っていきそうな。
うむ、カッコいい!


SLegend10_OtoishiAkira_Chilipepper_20.jpg


いや、いや、いや、いや、これはちょっと音石明を侮ってましたね。 凄くカッコいい!ナンジャこりゃ
スタチューレジェンドも段々とクオリティに安定感が見えてきましたね。
モノによっては分割線の処理がぞんざいだったり、小物を支える支柱が丸出しだったりと細かな不満が出るものもありますが、
ヴァニラ・アイスのように見本から著しく劣化するという事は減ってきている気がします。 いいぞ!頑張れ!

あとは毎度、毎度、書いている事ですが付属する黒の台座! こいつだけは本当に何とかしてくださいとー
しかも今回は音石用、チリペッパー用と楕円形の台座が2種付属。
音石の台座をちょっと大きくして、チリペッパーも1つの台座上に一緒に飾れるようにしたらいいでしょうがッ! ゴゴゴゴゴ
ディスプレイケースを圧迫しまくる黒台座には辟易…
まぁ、チリペッパーを単品で好きな場所へ配置し、飾れると考えれば悪い面ばかりでもないのですが。

エニグマ(2012年4月中旬 発売予定)では黒台座から一転、凝ったディスプレイ台座に変更されているなど、
ようやく味気ない黒台座の呪縛から解き放たれる事ができるのかな? …エニグマだけだったり


スタチューレジェンド 音石明&レッド・ホット・チリ・ペッパーでした。
いやぁ、それにしても音石カッコいいなぁ。 …実質2体セットという事もあって、ちょっと値が張りますけどね(笑






魂ウェブ商店限定 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイイエロー 

海賊戦隊ゴーカイジャーよりゴーカイイエローが魂ウェブ商店より発売!
(受注期間:2011年8月5日~2011年10月3日)

女性キャラの2体が限定販売の枠へ回されてしまったゴーカイメンバー(2012年1月20日現在)
シンケンジャーでは殿と源ちゃん以外のキャラ全てが、どういう形にせよ限定品としての販売となってしまいましたが、
それから比べると一般での販売品が大幅に増え、買いやすく、手に取りやすくなりましたね。

通常販売品として売っていける!という判断に値するくらいシンケン勢の注文が好調だったのでしょうか?
…それとも、ただ現行放映中の戦隊というだけの優遇処置なのか。
戦隊に関しては今後の販売形態にも注目!

では、紹介。


パッケージ
GokaiYellow_01.jpg

ゴーカイレッド、ブルー、グリーンではキンキラな箔押しが使用された、見た目も眩しい煌びやかなパッケージだったのですが、
今回は普通の印刷に変更されてしまいました…

1番キンキラが好きなキャラなのに。 イエローと金で箔の色がかぶるから?


GokaiYellow_02.jpg

ゴーカイジャーシリーズでは、初回生産分を購入するとゴーカイダリン(別箱)がもらえるというキャンペーンが実施されてきましたが、
ゴーカイイエローには、通常の付属品としてゴーカイダリンが同梱されています。
その分、箱の厚みが相当分厚くなっています。


GokaiYellow_03.jpg

関節などは、ゴーカイジャー男性キャラがベースとなっているので基本的な構造に大きな違いはありません。
男性キャラ、女性キャラを区別すべく身長差もしっかり再現されています。
脚が長すぎる男性キャラのヒョロヒョロ体型よりも、女性キャラのほうが全体的なプロポーションが人間に近しく、
バランスが取れているように思います。

劇中スーツのような光沢あるテラテラした質感を狙ったんですかね、薄めの黄色にパール吹きされたような素材が使用されています。


GokaiYellow_04.jpg

メット、胸部、腕、関節、スカートと各部位ごとで微妙に色味が異なっています… まぁ、実際そこまで気にはなりません。
が、右足のつま先だけ完全なレモンイエローになっているのは許せんッ! 個体差か?


GokaiYellow_05.jpg

付属品 その1
ゴーカイサーベル(双剣)、ゴーカイサーベル(ノーマル / ワイヤー付き)、ゴーカイガン
モバイレーツ、レンジャーキー(キーモード / レンジャーモード)、キー付きシリンダー(サーベル用 / ガン用)、交換用スカート一式
平手×2、ゴーカイサーベル持ち手×2、ゴーカイガン持ち手×2、レンジャーキー持ち手(右)、モバイレーツ持ち手(左)
ポーズ手×2、ポーズ手(右)

その他、パッケージの状態で握り手×2、サーベル、ガンにはキー無しのシリンダーが装着されています。


GokaiYellow_06.jpg

付属品 その2
ゴーカイダリン 1セット

ゴーカイブルー、グリーンの特典のものとカラーリング以外は特に違いはありません。
もちろん舵輪の回転ギミックや、レンジャーキーの装填・回転ギミックもあります。


GokaiYellow_07.jpg

戦隊シリーズ 女性キャラでお馴染みのスカート換装。
2つのパーツで構成された見栄え重視のスカートと、3パーツからなる可動重視のスカートはお好みでー

【記事リンク】
魂ウェブ商店限定 侍戦隊シンケンジャー シンケンピンク らと同様の処理です。 ご参考までに。


GokaiYellow_08.jpg

レンジャーキー

レンジャーモードは男仕様に。 …まぁ、大した問題ではない。
キーモードはモバイレーツ、ゴーカイダリンへの装填が可能! お馴染みのギミックですね。


GokaiYellow_09.jpg

ゴーカイサーベル / ゴーカイガン

前3キャラに付属するサーベル、ガン同様にキー付きシリンダーに交換する事が可能です。


GokaiYellow_10.jpg

ゴーカイサーベル(ワイヤー付き)

劇中でのアクションが印象的なワイヤー付きのゴーカイサーベルは1本のみ付属。
割と硬めなワイヤーが使用されているのでバランスを取ってあげれば、振り回してるポーズで飾れない事もありません。
…が、やっぱり狙った表情を付け、空中へ浮かせた状態で固定するというのは難しいですね。

グリップはサーベル用の持ち手にしっかりとハマってくれます。


GokaiYellow_11.jpg

ゴーカイサーベル(双剣)

派手な見た目とは裏腹に、意外と印象の薄い武器。
グリップ部が細すぎるのか、やや保持力に問題あり。 プラプラします。


GokaiYellow_12.jpg

ゴーカイチェンジッ!


GokaiYellow_13.jpg

ゴーカイイエロー!


GokaiYellow_14.jpg

サーベルをくるくる回すようなイメージで。

ゴーカイメンバーの中では、実はルカが1番態度が悪いのでは?と思ったり...


GokaiYellow_15.jpg


GokaiYellow_16.jpg


GokaiYellow_17.jpg


GokaiYellow_18.jpg


GokaiYellow_19.jpg


GokaiYellow_20.jpg


GokaiYellow_21.jpg


GokaiYellow_22.jpg


イイ!背が縮こまった分、S.H.フィギュアーツ特有のヒョロヒョロ具合がなくなって、かなり印象の良いプロポーション!
襟やブーツ等、元スーツの形状も影響しているのかシンケンジャーの女性メンバーよりもバランスがいいように感じます。
可動は足首がもう少し動いて接地性が増してくれれば尚良し。

付属品も大量のハンドオプションや小物類、各キャラ特有の武器が付いてくるのがいいですね。
ただ、何でワイヤー付きのサーベルを1本しか付属させないのか?と。
それに対するフォローなのか、ゴーカイピンクにワイヤー付きサーベルが付属する旨が商品ページに追記されましたが、
相も変らず締め切り後になってからの追加・変更告知…

1本しか付属しないワイヤー付きサーベルに対しての追加措置としては、非常に喜ばしい対応ではありますが、
もう少し早め、早めの告知はできないものなんでしょうかね。
不足分(?)が追加されて文句を言うとか何なんだ?という話しでもあるのですが(笑

そもそも最初からイエローに2本付属しておけという人。
ピンクに付属するなら、付属するでその告知は早めにしてくれという人。
追加で付属してくれるだけでありがたいという人。

人によって受け取り方に違いがでてきそうですが、受注期間中に明記されている商品の情報が不確かというのは困り者。
ワイヤー付きサーベルが1本しか付属しないと知って、ゴーカイイエローを2体購入した人とかもいたでしょうに...


TV本編もクライマックスを迎えつつありますが、S.H.フィギュアーツの展開としても残りキャラがあと2体と大詰めを迎えています。
寧ろ、戦隊全員を集めてる人にとっては全員集合するここからが本番とも?
ゴーカイシルバー用のダリンと、ゴーカイガレオンバスターの扱いは如何に!



魂ウェブ商店限定 海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイイエローでした!






ULTRA-ACT ジャンボット 

ULTRA-ACTよりウルティメイトフォースゼロのメンバー、ジャンボットが発売されました!
変形ギミックはオミットし、可動重視のアクションフィギュアとしての立体化です。


パッケージ
Jean-Bot_01.jpg

グレンファイヤー以降で使用されている冴えないパッケージ。
横幅や高さなどは通常のものと変わりないサイズですが、ジャンボットの形状ゆえ少し厚みが取られています。


Jean-Bot_02.jpg

鋼鉄の武人と称されるロボットなだけに、なめらかな曲線を描く造形のウルトラ系とは違いメカメカしい作りになっています。
単純に比較すれば劇中スーツとはだいぶ異なる色ですが、メタリックの光沢が美しく非常にカッコよい仕上がり。
ULTRA-ACTにしては塗装も綺麗。


Jean-Bot_03.jpg

ツノ(?)や、額、アゴ周りがシルバー系で塗装され顔の白と区別付けがされています。
劇中だと全体的に白一色のような気もするのですが… (あれ微妙に色分けがされているようにも見えるんですよね)
顔全体が真っ白だと間延びして見えるので、引き締まって見えるこれもありかなと。


Jean-Bot_04.jpg

背面のバーニアも特有の青白いカラーで再現されています。
ヒジの関節にはダイキャストを使用。


Jean-Bot_05.jpg

脚はヒザ、足首、つま先がダイキャストになっています。
他のULTRA-ACTにはない重量感たっぷりな仕上がり。

塗装こそされていないものの、足の裏のバーニアもちゃんと造形されています。


Jean-Bot_06.jpg

肩のシールドは取り付け基部がボールジョイントになっているので、腕の可動の妨げにはなりません。


Jean-Bot_07.jpg

腰(背面)の白いパーツを外した所に魂STAGEとの接続部が設置されています。


Jean-Bot_08.jpg

付属品
バトルアックス(刃)、バトルアックス(柄)、ジャンブレード
武器持ち手×2、ジャンナックル用エフェクトパーツ

その他、握り手×2が付属。


Jean-Bot_09.jpg

右腕前腕部のシールドを外し、ジャンブレードの刃先パーツを取り付け。
ノーマル状態とは逆向きにシールドを付け直します。


Jean-Bot_10.jpg

ジャンナックルは左前腕部を取り外し、ヒジと前腕部の間にエフェクトパーツをかませる形で再現します。
エフェクトパーツはヒジの接続ピンに差して取り付けますが、関節全体をしっかりと覆うようにハメ込むので、
取り付け時の安定感はかなり高め。


Jean-Bot_11.jpg

エフェクトパーツの矢印部がロール回転します。 装着後に簡単に腕の向きを変更できるのが嬉しい!



「叫べ、ナオ! ジャンファイトと!」




Jean-Bot_12.jpg

ジャンボー!


Jean-Bot_13.jpg


Jean-Bot_14.jpg

ダイキャストが使用され重量たっぷりなだけに背面で支えるのは厳しいですね。
接続部はスーパーロボット超合金のように股下にあったほうが魂STAGEの使い勝手が良くなったかも。


Jean-Bot_15.jpg


Jean-Bot_16.jpg


Jean-Bot_17.jpg

噴射エフェクトのグラデーションが鮮やかで綺麗です。

OVシリーズ 「ウルトラマンゼロ外伝 キラー ザ ビートスター」 の2巻でリトラが思いっきり地面に叩きつけられてましたね。
あれは痛い!


Jean-Bot_18.jpg

バトルアックスは柄に刃先パーツを取り付け。


Jean-Bot_19.jpg

必殺…


Jean-Bot_20.jpg

風車ッ!


Jean-Bot_21.jpg

全員集合!
造形自体に変化が大きく見られないウルトラ系よりも、各々が異なった造形のこやつらが先に出揃うとは思いもしませんでした。
…こうして見ると、だいぶ先行して発売となったゼロの出来が('ω`;)


グレンファイヤーの発売を機にプロポーションやギミックなどが見直され、常に上を目指す姿勢が見られる(ような気がする)
ULTRA-ACTシリーズですが、今回のジャンボットでもまた見事にやってのけてくれましたね。
今回はシリーズ初のダイキャストを使用という事で、見た目的にはあまり大きく変わった印象はないものの、
手にした時の重量感がなんともいえません。 今後のロボ怪獣にも期待が持てそうです。

ただ、その重さがアダとなってしまったのが股関節の緩さ。
軸を太らせるなど、ちょっとした事で対策はできますが脚のダイキャストの重量に耐えうるだけの硬さはほしかったですね。
他に重量関係でいえば、上でも書いた通り魂STAGEの安定性が心元ないという事でしょうか。
落としたらすぐにでも割れてしまいそうな薄いパーツが多い点も含め考えると、安心して飾るにはちょっと不安な面も。

その他、造形・可動・塗装などは文句なしの出来栄えで非常にカッコいいです!
…あ、ポーズ付け用の開き手が1種くらいはほしかったかも。


ジャンナイン(ジャンキラー)にも期待せざるを得ないですね。
当然、顔(目の色違い)は付属パーツの差し替えでお願いします! 目の色が異なるというだけで別キャラ扱いしなくていいので…
という事で、東映ヒーローネットさんは引っ込んでてください!お願いします。



ジャンボットでしたー!






[ 2012/01/17 19:44 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(0)

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 カーズ 

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第2部の敵キャラ カーズです!


パッケージ
sas29_Kars_01.jpg


sas29_Kars_02.jpg

頭巾を外し戦闘体制に入ったカーズです。
スネアーマーの形状からピッツベルリナ山での最終決戦時のものが立体化されているのが分かりますね。

サイズはジョセフとほぼ同じ大きさ。 原作に近いサイズで立体化されています。
眠りから覚めた時の描かれ方からして、もっとデカイ印象があったんですが意外と普通サイズなんですね。


sas29_Kars_03.jpg

口元は左の口角が上がっていて不敵な笑みを浮かべているような表情になっています。
額やピアスのアクセサリー類、ツノもしっかりと再現。


sas29_Kars_04.jpg

肩スイングは2部キャラではお馴染みの仕様となっていますね。
襷がけされた布が綺麗に可動部を隠しています。
前腕の腕輪やスネのアーマーはやたらと質感の良いメタリック塗装になっています。 凄くカッコいい!


sas29_Kars_05.jpg

戦闘体制に入ったカーズのメインギミック 髪の毛可動。
顔の脇の左右2箇所と背面側3箇所、頭頂部に近い位置に1箇所 計6箇所にジョイントがありグリグリと動かす事が可能!
ボリュームのある髪の毛ですがジョイントで保持できるレベルなので、髪に動きを付けた状態を保ってくれます。
ただ、髪の毛含む頭部全体を保持しなくてはならない首ジョイントの保持はやや弱いかもしれません。

ジョイントはイイ具合に髪の毛と同化しているようで、あまり目立ちません。


sas29_Kars_06.jpg

付属品
輝彩滑刀付き腕輪×2、石仮面(赤石なし)、石仮面(赤石、骨針あり)
ポーズ手×3、交換用頭部
手刀タイプの手×2、開き手×2、開き手×2

開き手は指が真っ直ぐ伸びたタイプのものと、指を曲げたタイプのものの2種類が付属。
パッケージの状態で握り手×2が装着されています。


sas29_Kars_07.jpg

いつもの中割れ透明台座も付属。
後ろ髪に干渉してしまうという配慮から、軸の先端部へ取り付けるL字型のアタッチメントが付いてきます。


sas29_Kars_08.jpg

頭巾をかぶった頭部。


sas29_Kars_09.jpg

輝彩滑刀はノーマルの腕輪との交換式。


sas29_Kars_10.jpg

頭巾をかぶった頭部と輝彩滑刀を装着。
変態度が増したような…


sas29_Kars_11.jpg

我らの第一の目的は「エイジャの赤石」のパワーを手に入れること…
行くぞ!


大袈裟なまでに大胆な動きを見せる2部キャラにとっては、脚を前方へ投げ出す(モモ上げ)のが苦手なのが痛い...


sas29_Kars_12.jpg

ナチスのロッジ強襲! ザギィ


sas29_Kars_13.jpg

VS シュトロハイム


sas29_Kars_14.jpg

ジョセフと赤石の奪い合い


sas29_Kars_15.jpg

頂点に立つ者は 常にひとり!

はじめて頭巾を外した時を再現できる右手が付属!
劇中でのたったひとコマを再現するためだけに付属された贅沢なオプションハンドです。

さすがに原作絵と全く同じポーズを取る事はできませんが、それは仕方なし… ポーズが無茶だもの。


sas29_Kars_16.jpg

勝てばよかろうなのだァァァァッ!!

正々堂々戦うと言いながら影武者を使ったり、女の脚をさすったり。 いきなり下衆くなってしまうカーズ様。


sas29_Kars_17.jpg


sas29_Kars_18.jpg

石仮面は、骨針を髪の毛や首に引っ掛ける事で取り付けが可能(取り付け専用の接続ピン等はありません)
仮面上部に3箇所のヒビ割れのような欠けがあり、そこに触覚がハマるようにすると顔にピッタリと合います。


sas29_Kars_19.jpg

グゥゥゥン


sas29_Kars_20.jpg

うろたえるんじゃあないッ! ドイツ軍人はうろたえないッ!


sas29_Kars_21.jpg

究極生命体 カーズ誕生


sas29_Kars_22.jpg


スイング機構のおかげで腕を前後へ振った時のポーズが自然にきまりますね。
胴体も腹部の可動は優秀なのでジョジョらしく曲げたり、ひねったりといったポーズも取りやすいです。

ただ、シーザーと同じで脚(太もも)を真っ直ぐ前方へ脚を投げ出すのは厳しいですね。
といっても、肌丸出しなカーズで股関節部に可動クリアランスを取りすぎると相当おかしく怪しげな造形になってしまいそうなので、
仕方ない所なのかな。

あとは足首の可動にクセがあるかなと。
つま先を上げる(?)方向への可動が厳しく、立たせた時に足首で調整するのが困難かな。

付属品は5部のブチャラティやミスタと比べて、やや物足りない感じもしますね。
これといって目玉となるような小物類がないキャラのせいもあるかもしれませんが。 …リスの手首とか
クリアパーツを使用した輝彩滑刀とかを付属しても面白かったかもしれませんね。

今までカーズは黒頭巾を装着していたほうが好きでしたが、今回これを買った事で髪を露出したカーズの魅力を発見!
カラーリング等でもそうですが、この色も意外とアリだなというような新たな発見ができる面白いシリーズですね。

ワムウやエシディシにも期待が高まります。



超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 カーズでした。






[ 2012/01/13 20:58 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(2)

ゼルダの伝説 

友人から新作ゼルダを借りて遊んでました。

時のオカリナ、ムジュラの仮面、トワイライトプリンセス辺りで遊んだ事がある人なら分かると思いますが、
ゼルダってプレイヤーをナビゲートしてくれる、ナビキャラなるものが冒険について回ってくるんですよね。
(携帯用のは知りませんが)

そのナビキャラが親切なのを通り越して、お節介レベルなのがなんとも('ω`;) …過去作のナビキャラも鬱陶しかったりするのですが。
見ていれば分かる事をくどくどと説明するわ、ダンジョンの謎解きは迷う事すら許さないというタイミングで即ヒント(ほぼ答え)…
わざわざナビキャラを呼び出すボタンが割り当てられているにも関わらず、勝手に出てきて答えを言うとかね。
呼んでねぇよ('A`)

迷って、迷って投げ出したくなる寸前に仕掛けの謎に気付き自力で解いた時の達成感?そういうものは皆無。
ダンジョンから開放され、息抜きとばかりにフィールドを探索・散策するといった楽しみもなし。
ただ、ひたすらあれを探せ!これを探せ!あっち行け!こっち行け!あれを集めろ!これを集めろ!というのが続くので、
やらされてる感がハンパないです。

…残念ですが途中で投げました。
クリアもしてない自分が言うのもなんですが、クリアするまで我慢が続かなかった人の感想として、
この度を越えた親切・お節介なシステムはゲーム自体から面白さを奪ってやしないかね?


S.I.C. Vol.61 仮面ライダースーパー1 

うなる鉄拳 飛竜拳 岩をも砕く パンチ パンチ パンチ
火を噴く 赤心少林拳 はがねも砕く キック キック キック

個人的にツボとなる昭和ライダー連続リリース中のS.I.C.より仮面ライダースーパー1が発売!!


パッケージ
sic61_MaskedRider_Super1_01.jpg

前弾Vol.60のスカイライダーに引き続き厚みのないパッケージとなってます。


sic61_MaskedRider_Super1_02.jpg

原型:藤岡ユキオ氏
監修:竹谷隆之氏

ライダーの鉄板デザインである泣き目とはうって変わって、スズメバチをモチーフとしたつり目のライダー。
首元に施された襟が仮面ライダーTHE FIRST(THE NEXT)に相通ずるものがありますね。
強化服という意匠が強い感じ。


sic61_MaskedRider_Super1_03.jpg

試作サンプル画像ではつり目の度合いが弱いかな?と思っていましたが、実際手に取ってみるとあまり気になりません。
スーパー1らしい顔つき、目つきになっていると思います。
もっと凶悪そうな目つきにアレンジされたスーパー1も見てみたかった気はしますが。


sic61_MaskedRider_Super1_04.jpg

肩・上腕・脚のラインがアーマーのようになっています。 大胆すぎないアレンジながら凄く効果的。
仮面ライダーブレイドのスネのような感じですね。

前腕グローブのヒモはチェーンで再現。
S.I.C.らしく勝手な解釈で 「ちゃんと意味を持った何かの役に立つ装飾」 という設定込みでのアレンジだったらなぁ...
と思いましたが、あんなヒラヒラに意味を持たせるのもキツイですね。

サイクロード(ベルト)のカバーは青のクリアパーツになっています。 何故、青がチョイスされたのかは不明。


sic61_MaskedRider_Super1_05.jpg

スカイライダーと違い、取り付け軸の他に可動部のあるマフラー。
発売のタイミングからいったら、ほぼ同時期に製作されていそうですが地味に仕様が異なっていますね。

そして今回も書かずにはいられない一言。
可動部とマフラーの色くらい合わせてください!


sic61_MaskedRider_Super1_06.jpg

付属品
パワーハンド×2、パワーハンド ヒジパーツ×2、冷熱ハンド×2、エレキハンド×2、レーダーハンド×2、レーダーアイ×2
開き手×2、ポーズ手×2

パッケージの状態で握り手×2が装着されています。


スーパー1の最大の特徴でもあるファイブハンドの交換ギミックですが、前腕部から各ハンドパーツに差し替える事によって、
劇中通りファイブハンドを再現する事が可能になっています。
いずれのハンドパーツも手首がボールジョイント接続となっています。


では、順に



■エレキハンド
sic61_MaskedRider_Super1_07.jpg

指先がコイル状にアレンジされたエレキハンド。
劇中に則った青のカラーで再現されています。
前腕部のフィンにダイキャストが使用!


sic61_MaskedRider_Super1_08.jpg



■冷熱ハンド
sic61_MaskedRider_Super1_09.jpg

大きく大胆なアレンジが施された冷熱ハンド。
左右の違いはカラーのみかと思いきや、地味に異なったデザインでアレンジされています。
アレンジ具合がS.I.C.初期のキカイダーシリーズや、ロボット刑事の武器類っぽいです。


sic61_MaskedRider_Super1_10.jpg


sic61_MaskedRider_Super1_11.jpg



■レーダーハンド
sic61_MaskedRider_Super1_12.jpg

レーダーアイを取り外すと不細工な造形が丸出しという事もありません。
装着時、発射時どちらの状態もちゃんと見れる造りになっています。 カッコいい!


sic61_MaskedRider_Super1_13.jpg



■パワーハンド
sic61_MaskedRider_Super1_14.jpg

パワーハンドは親指と他4本の指が可動(4本指は一体式)


sic61_MaskedRider_Super1_15.jpg

パワーハンドのみヒジパーツが付属。
ゴツくてカッコいいです。


sic61_MaskedRider_Super1_16.jpg


sic61_MaskedRider_Super1_17.jpg



sic61_MaskedRider_Super1_18.jpg


sic61_MaskedRider_Super1_19.jpg

ポーズ手のボールジョイントには角度が付けられているのですが、残念ながらあまり効果はなし。
軽めにジョイントを差して調整してあげないとスーパー1独特の手首を返すようなポーズを取らせる事はできません。


sic61_MaskedRider_Super1_20.jpg

指先までシュッと伸びた華麗なキックをするライダーなだけに、手刀タイプのオプションハンドも欲しかった所。


sic61_MaskedRider_Super1_21.jpg


sic61_MaskedRider_Super1_22.jpg


待たされた分だけの価値あり!
アレンジのしすぎで弄り壊す事もなく、といってアレンジに物足りなさも感じずといった絶妙な所で立体化されているので、
お世辞抜きにカッコいいです。
ファイブハンドの劇中元デザインが微妙なだけに思い切ったアレンジが活きてますね。
アーマーを着けているかのようなボディのサイドラインのせいで、太くなりそうな所もスーパー1らしいスマートな体型を維持していて◎

これで各ハンドパーツに交換用の手首オプションが付属していれば言う事なし。
エレキハンドには平手っぽいもの、レーダーハンドに開き手くらいは欲しかったですね。
あ、あとスーパーハンド用の手刀タイプの手首。

いやぁ、これはカッコいい。



S.I.C. Vol.61 仮面ライダースーパー1でしたー!




[ 2012/01/08 00:03 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(2)

福よ来い! 


あけましておめでとうございます!
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。


昨年末のデジカメポンコツ化による更新遅れ & 正月番組がこれっぽっちも面白くなく退屈 & 出かける予定なし
んなもんで、早い内に通常の更新へ戻りたいと思います。

それなりにガンバリマス。

                                         いちの