トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おかしいのキター! 

EURO 2012を観戦するため昨晩の8時頃に就寝、試合開始時間に起床、試合終了後に一眠り、10時過ぎに職場から電話…
ごめんなさい、お休みさせてください('ω`;)
うぅむ、おかしい、私の計算では余裕で仕事に赴く事が可能なはずだったのだが… どう考えても寝すぎだろう


そんなワケで急に休みとなった本日、魂ウェブ商店から発売されたS.H.フィギュアーツ 仮面ライダーなでしこを開封!


nadeshiko_01.jpg

のっけから何て格好だ?って画像ですが…
よーく見ると


nadeshiko_02.jpg

股関節のジョイントの向きが変!
組み立て時に間違いやすそうなパーツではあると思いますが、またか?と...

↓これとか
【記事リンク】・魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースカルクリスタル

メーカーさんのサポートに頼る事になるかもしれないので、ビニールや保護テープは付けっぱなし。


nadeshiko_03.jpg

なでしこのお尻を撫で回しながらパーツ構成をチェック! …していたら、お尻のパーツが簡単に外れました。
ネジが見えたら勝ったも同然!(何の勝負かは不明)

もうサポートの必要はなし!ビニールは取り払います。


nadeshiko_04.jpg

ネジ留めされている穴の入り口部分と、お尻パーツにある軸の部分とで接着がされていたようです。
ピンの位置や形状だけでも、ご参考までに。

個体差があると思うので、中には強固に接着されているものがあるかもしれません。
無茶な力をかけて分解しないようご注意を!
また分解、改造をおこなう方は自己責任でお願い致します。


nadeshiko_05.jpg

バラリ


nadeshiko_06.jpg

股関節のジョイントを引き抜いて正しい向きへ。
いちいち、このポーズになる事について疑問を抱いてはいけない!


nadeshiko_07.jpg

オナったー!
ナオったー!

たった1つ、パーツの取り付けを間違うだけで不良、交換の対象に。
たった1文字、入れ替わるだけで非常に変態チックな発言に。

気をつけよう!組み間違えとパンチミス


スポンサーサイト

木星の色なんぞ知らん 

jupiter_07.jpg

ホワッチャー


jupiter_08.jpg

Jupiter Ready!


jupiter_09.jpg

ホォォォォォォォォ


jupiter_10.jpg

ワチャーッ!


ジュピターはじめました 

先日、発売されたS.H.フィギュアーツの仮面ライダーメテオ。
全身に散りばめられている天体パターンの塗装など、かなり目を見張るものがあり結構カッコいい!

本体の出来は素晴らしいのですが、モジュールを取っ換え引っ換えして遊ぶ事のできるフォーゼと比べて、
プレイバリューの点から見劣りする所も。

そんなワケでメテオギャラクシーを発動した時のエフェクトパーツでも作れないものかなぁと…
全部、ありもので(笑


jupiter_01.jpg

家にあったガシャポンの玉っころ。
100円のガシャポン? 今は200円になってるのかな? HGシリーズよりも小さいサイズのものです。


jupiter_02.jpg

こいつをタミヤの薄刃のこぎりでカット。


jupiter_03.jpg

手首のジョイント差込み穴にはガンプラのポリキャップを使用。(何の、何処のパーツかは不明)
ポリエチレンに使用可能なボンドで、ガシャポンの玉の内側に強固に接着します!
あ、ポリキャップを接着した側のカプセルに穴開けも。


jupiter_04.jpg

玉っころの接着!

球体状に接着してしまうと、内側には手出しできなくなってしまいますからねー
なので、球体の内側へ接着したポリキャップが外れてしまう事がないよう、とことん強固に!

誤飲時用のためかガシャポンの玉に穴が開いていたのでパテで埋め、全体をペーパーがけ。
「のみこまない」 「くちにいれない」というモールドも一緒に削り落としました。


jupiter_05.jpg

試しにホワッチャーに取り付け。
軽いので自立も問題なし、腕や肩の関節が重さに負ける事もなさそうです。

このままの状態だと色的にマーズっぽいですね。
…果たして木星のような塗装なんてできるのだろうか('ω`;)


という事で、あとは塗装だけ。
では半年後にー


- 6月26日 追加 -
半年間、待てなかったので試し塗り(笑

jupiter_06.jpg

ボカすように濃淡が付けられるか試しただけなので、全体的にオレンジ色が残ったままですが...
うむ、いけそうな気がしてきた。

ちゃんと埋まっていなかったパテ埋め箇所を処理し直し~


新サイクロン再開しました 

長らく放置してあったガレージキットの新サイクロン号ですが、再び手をつけはじめました!

ホイールパーツの合いが悪く、隙間ができてしまう問題をどう解決するか頭を悩ませていたのですが、
とりあえず手を動かせばどうとでもなるかなぁと… というか、手を動かさない限りどうにもならんと(笑

New_Cyclone_05.jpg

タイヤ&ホイールのパーツ構成はこんな感じになっていまして、D3パーツ(タイヤの内側)にD4パーツを接着。
ところがD4パーツ自体にある歪みのせいか、D3パーツと形状が上手く合わず('A`)

D4パーツの一方を接着しようとすると、パーツの歪みの分だけその逆側が浮いてしまうと。
時計で例えると12時の位置を接着しようと面を合わせると、その逆側(6時方向)のパーツが見事に浮いてしまう。
そんなイメージ。

これをどうするかで、半年以上放置です(笑


New_Cyclone_06.jpg

んなもんで、D4パーツをデザインナイフで4分割してそれぞれ接着!強制的に矯正、露骨な肋骨、憎き肉片
隙間をパテで埋めて塗装!

…放置 半年... 作業 1日('ω`;)


ただ、タイヤ&ホイールを塗装していてちょっとした問題発生!
私、ガレージキットのレジン複製で使用される離形剤をなめてました。 いとも簡単に塗装が剥がれてしまいます。
かなり丹念にクレンザーで洗浄したのですが、それでも剥がれてしまう!おそるべし離形剤ッ!

1.離形剤はがしを購入
2.中性洗剤に漬け置き
3.洗浄し直し
4.全部

うーむ…


New_Cyclone_07.jpg

では、また半年後にー!(`・ω・́)ゝ


ジョジョとグリコの奇妙なコラボ 

ジョジョの奇妙な冒険 25周年を記念したグリコとのコラボ企画が全国の各コンビニではじまってまーす!

・オリジナルピンズが当たるキャンペーンその1 「ドロリッチ」×「ジョジョ」奇妙なコラボキャンペーン
・25周年切手、25周年メモリアルパネルが当たるキャンペーンその2 グリコアイス ジョジョ25周年キャンペーン
・対象商品2つ購入でメモリアルカードがもらえるキャンペーンその3 「ジョジョ25周年」 メモリアルカードプレゼント

以上、なんと3キャンペーンが同時進行!! ゴゴゴゴゴ


アイスが欲しくて何店舗か回ってきたので、そのついでにお菓子を購入!

jojo_card.jpg

仗助と露伴をもらってきましたー!


カードの絵柄は全部で16種(スタンダード)
その他、各コンビニエンスストア限定のカードが4種類ずつあるようです。

・1部 限定4種 … セブンイレブン
・2部 限定4種 … デイリーヤマザキ、スリーエフ、ココストア、セーブオン
・3部 限定4種 … ファミリーマート
・4部 限定4種 … サークルKサンクス
・5部 限定4種 … ローソン
・6部 限定4種 … ミニストップ

以上のようになっているそうでー。
他にセブンイレブンのみ、承太郎と仗助(スタンダード)の背景が★ではなく擬音が入っているVer.違いになっているみたいです。
フルコンプリートしようとすると全42種という事ですね。

×2 = 84個のお菓子の山というのは結構キツい、せめてお菓子1つでカードが1枚もらえるのであれば…

ちなみにアイスは3本買ってきましたが全てハズレでしたー
集める人は頑張ってください!


いけない事ですよ 

ヤフオクでジョジョグッズを検索していたら、どこかで見た事のある画像が…
って、私んとこの画像が使われてますやん。 toy_なんとか という人に!

画像は当方の私物ですので~
だってさ、よくもまぁヌケヌケと… ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

ダボがッ


udesper_03.jpg

サッカー日本代表の最終予選、EURO2012とサッカーづくしですなぁ


画像のウデスパーは、この記事の内容と全く関係ありません。

- 記事の日付修正 -
時間を操るスタンド使いの攻撃か?
記事の更新日付がなぜか6月13日になっていたので12日に修正!時間はテキトー


ULTRA-ACT ブラザーズマント 

ULTRA-ACTシリーズ 記念すべき第1弾、発売となったウルトラマン付属のブラザーズマントが単品商品として発売です!
…と、いってもウルトラマンに付属したブラザーズマントが、そのままの形で別途商品化!というワケではなく、
造形が見直され、可動化、軽量化と、よりアクションフィギュア向け商品としてパワーアップしての商品化となっております。

今後、発売されるであろう6兄弟の分も含め、多めに店頭に並ぶだろうと高を括っていたらゾフィーもろとも売り切れ…('ω`;)
ようやく近場のイオンで売ってるのを発見ー! …して、買ってきたのはいいけどamazonで在庫が復活してたー

では


パッケージ
Brothers_Mantle_01.jpg

結構、厚みのあるパッケージとなっています。
窓のようなものはないのでパッケージ越しに中を確認する事はできません。


Brothers_Mantle_02.jpg

マントは3分割で構成されています。
硬質のプラ素材が使用されているので、見た目に反して軽め。


Brothers_Mantle_03.jpg

シワにそって薄くシャドー吹きされていて、なかなかイイ感じの質感になっています。


Brothers_Mantle_04.jpg

可動部を上から。


Brothers_Mantle_05.jpg

横から。


Brothers_Mantle_06.jpg

横へ跳ね上げ。


Brothers_Mantle_07.jpg

後方へ。


Brothers_Mantle_08.jpg

中央のマントは後方への跳ね上げのみ可能で、左右へ可動させる事はできません。
また、両サイドのマントと比べると、跳ね上げ可能な角度が少し控えめになっています。


Brothers_Mantle_09.jpg

フルオープン!

3枚のマントパーツの重なりあう部分を避けるよう展開してけば、かなり大きく広げる事が可能です。
…ここまで広げてしまうと最早マントとは呼べない、別の何かになってしまいますが(笑


Brothers_Mantle_10.jpg

肩部はアーマーのような造形が施された外側(可動式)と、その内側(造形のみ非可動)との2重構造になっています。
外側部分を可動させ、浮いた時に隙間ができないよう、内側にも造形を施したというのは分かるのですが、
これがフィギュア本体の腕(肩周り)の可動をかなり阻害します。

ここは可動よりも、見栄えを重視したといった所でしょうか。


Brothers_Mantle_11.jpg

付属の台座。

光の国をイメージしたカラーリングの台座になっています。
支柱は直線タイプのものが1本付属します。

ディスプレイ時には転倒防止用として、是非とも使用したいものなので非常に助かる付属品です!
魂STAGEって、わざわざ買い足すの面倒なんですよねー。
んなもんで、付属品としてセットに含まれているのはとても好ましい! ULTRA-ACTにしろ、アーツにしろデフォでお願いしたいくらい。


Brothers_Mantle_12.jpg

フィギュア本体への接続部は、上下にスライドさせる事が可能で高さ調節できるものになっています。
また角度を調整する事も可能。


Brothers_Mantle_13.jpg

こんな感じ。


Brothers_Mantle_14.jpg

ちょっとボリューム盛りすぎだろう!というくらい大袈裟な造形にも感じますが、ハッタリが効いていて凄くカッコいいです。


Brothers_Mantle_15.jpg

ノーバ

マントのポジション調整具合によっても変わってきますが、重なり具合に違和感が出てしまう事も…


Brothers_Mantle_16.jpg

正面から見ると悪くないんだよなぁ…


Brothers_Mantle_17.jpg

マントの不自然な重なりや、可動部が上手く隠れる角度で見ると異様なほどカッコよくなりますね。


Brothers_Mantle_18.jpg

う~ん… 可動部はやっぱり気になる部分かも...


Brothers_Mantle_19.jpg

カッコいいなぁ!(どっちだ?


劇中でのマントと異なり、だいぶ盛った形状になっているので好みが分かれそうではありますね。
私個人としてはULTRA-ACT自体(グレンファイヤー以降)、マッチョなアレンジが加わっているという事もあるので、
多少の盛り、盛り感はあっても、そこに違和感は感じないかなぁと...
そんな感じで造形的な面は許容範囲内ですが、マント前面部のチェーンが再現されていない事には不満あり!
あとは上でも書いた通り、角度によっては可動部が丸出しで見えたり、マントの折り重なる部分に不自然さが出てしまうのが、
ちょっと残念な所でしょうか。

わきわきとよく動くし、ポーズを取らせても可動部が自重に負ける事もないので、マントの可動フィギュアとしてはなかなか。
ただ、可動に関しても本体フィギュアの可動が死んでしまう肩(内側)の処理には不満が残りますね。


取扱説明書にも記載されていますが、着脱の際に本体フィギュアに傷を付けないように注意!
可動部にも硬質素材が使用されているのでパーツ同士が干渉した状態で無理に動かすと、可動部ごと破損する恐れもあります!
併せてご注意ください!
マントを装着したり外したり、年がら年中、動かして遊ぶ!という人には硬質素材マントというのは傷を付ける凶器となるかも。

大袈裟に盛ったマッチョアレンジに抵抗がなく、ディスプレイをメインにしている人に向いてるのかなぁ…
マッチョなマントっていうのも何ですが(笑


注意!)
・ULTRA-ACT ウルトラマン(2010年6月発売版)
・ULTRA-ACT ウルトラセブン(2010年12月発売版) 以上、2商品には対応していません。



ULTRA-ACT ブラザーズマントでした! 7月(2012年)には再販もされるそうです。




[ 2012/06/09 04:10 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(0)

S.H.フィギュアーツ マシンマッシグラー 

「ひさびさのバイク展開 キタ━━━━━━━━!!!!」
S.H.フィギュアーツ マシンマッシグラーのご紹介!


パッケージ
Machine_Massigler_01.jpg


Machine_Massigler_02.jpg

「宇宙」をテーマにしているフォーゼらしく、外見はまんまスペースシャトル。
マッシグラーというネーミングも主人公の弦太朗の性格がそのまんまって感じですね。

シンプルで結構好きなデザインです。


Machine_Massigler_03.jpg

左右にタイヤが切れ、前後輪の回転、可倒式スタンド、サスペンション等々
バイク玩具で必要不可欠なギミックは一通り押さえられています。


Machine_Massigler_04.jpg


Machine_Massigler_05.jpg

手を抜かれがちなメーター周り、ミラーはきちんと塗装されています。
エンジンやフレーム、マフラーの形状はベース車となっている 「XR」 にかなり忠実! ただ、このステップはいただけない。
チェーン周りにも頑張りが見受けられます。 ただ、このステップはいただけない。


Machine_Massigler_06.jpg

フロントカウルのスクリーン、ウインカー、テールランプはクリアパーツとなっています。

普通ならクリアパーツが使用されていて当然!な処理なんですが、メーカーがメーカーなだけにねー('ω`;)
ちゃんとクリアパーツが使われてる!シールじゃない?スゲー!とか思われちゃうってどうなんだろう…


Machine_Massigler_07.jpg

付属品
フラッシュモジュール差し替え用スイッチ(ON / OFF)、フラッシュモジュール、クリア台座
バイク搭乗用ハンド×2、交換用ハンドル(硬質パーツ)、ナンバープレート用ステッカー


Machine_Massigler_08.jpg

フラッシュモジュール スイッチON / OFF

別売り商品 「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ」 で使用可能なモジュールの交換用スイッチ付き。


Machine_Massigler_09.jpg


Machine_Massigler_10.jpg

劇中でいつ、どんな場面で、どのように使用したか全く記憶に無いモジュール…
ほとんどが、そんなモジュールばっかりですが('A`)


Machine_Massigler_11.jpg

搭乗!

ライダーとバイクは揃ってなんぼ!というのがよく分かる両者のカラーリングとデザイン。
あまり劇中での活躍が見られないのが残念です。


Machine_Massigler_12.jpg

大きさも問題ないようです。


Machine_Massigler_13.jpg

バイク用の握り手がハンドルをしっかり握る事ができないので、安定性に欠ける所あり!


Machine_Massigler_14.jpg

バビューン!


Machine_Massigler_15.jpg


以前、発売となったハードボイルダーなどと比べるとかなり再現度は高い気がしますね。
エンジン周りなどベース車の 「XR」 に近い造形になっていますし結構、頑張っているかとー
まぁ、それでもバイク単体と考えるとお高めな金額設定だなとは思いますが。
バイクのサイズやディテールに目を瞑る事ができるなら、DXパワーダイザー(今なら安い)を購入するほうが遊びがいはあるかも?

ちょいと不満なのがバイク用の握り手。
レバーに指を2本掛けしている気の利いた造形の専用パーツにはなっていますが、ガッチリとハンドルをホールドしてくれません。
バイクに乗せポーズを変更しようとすると、いちいちハンドルから手を離してしまいます。 これが地味にストレス。

ハンドルをガッチリ握らせた状態から各部(足、腰、肩、ヒジ等)を調整できればポーズも決めやすく、転げ落ちたりもしないのですが、
ハンドルを握らせても専用手首がスカスカでグリップ力が無い為、すぐに手離してしまうので全身の微妙な角度調整が非常に億劫。
ウィリーやジャンプといった派手なポーズでディスプレイさせた時も、キャラ本体が身投げしてしまう事もなくなると思いますし、
バイクの専用手首は完全にハンドルを握り込むタイプにしたほうが絶対に遊びやすいかと思うんだけどな...

ウィリーやジャンプで思い出したけど、バイクの底面に魂STAGE用の穴とかあってもディスプレイに幅が出ていいんじゃないかなと。


…もう1つ思い出した。
フロントカウルの塗装が酷かったです(笑



S.H.フィギュアーツ マシンマッシグラーでした。




マシンマッシグラー手直し 

購入したマシンマッシグラー フロントカウルの塗装が酷い事になっていたので手直し。


Massigler_03.jpg

こんなもんでいいやレベル('ω`;)

実際、目で見て確認すると画像で見る以上にホワイトの色味の違いが丸分かりなのが…
Mr.カラーのホワイトを使用しましたが微妙に色合いが違う。 ぐむむ、ちょっと気になる


Massigler_04.jpg

普通のホワイトの他に、スーパーホワイトっていうのがあるけど違いは何だろう?


超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 J・P・ポルナレフ - 第5部 - 

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部シリーズより、同作品 第3部でもお馴染みJ・P・ポルナレフが発売されました!


パッケージ
sas33_J_P_Polnareff_01.jpg

超像可動シリーズきってのデカいサイズとなっています。
箱のあちこちがベッコベコにへこんでいましたが一体… スタンド攻撃かッ?


sas33_J_P_Polnareff_02.jpg

上に乗っているのは超像可動で1番オーソドックスなサイズのもの。
車椅子が付属するボリューム満点なセット内容になっているのですが、正直ここまで厚みは必要ないだろう?と(笑
パッケージに収めるパーツレイアウトが下手というか何というか… もっとスッキリ、コンパクトにできないものだろうか。


sas33_J_P_Polnareff_03.jpg

第5部の後半に登場したJ・P・ポルナレフ。
単独でギャング組織を追うも、ボスとの戦いでスタンド使いとしては 『再起不能』 になってしまったお姿が立体化されました!


sas33_J_P_Polnareff_04.jpg


sas33_J_P_Polnareff_05.jpg


sas33_J_P_Polnareff_06.jpg

ポルナレフよりもブチャラティチームの面々を早ぅ出せぃ!と思っていましたが、これなら寄り道してくれても全然OK!
というくらい気に入りました。 イカス!


sas33_J_P_Polnareff_07.jpg

こちらが車椅子。
縫い目の跡が細かく、革製品っぽい質感が素晴らしいシートや背もたれ。
かなり凝った造りになっていて仕上がり具合も抜群!


sas33_J_P_Polnareff_08.jpg

車椅子の両サイドにあるブレーキレバーは可動式になっています。
可動軸となるピンは非常に細いので取り扱いには気をつけてください!


sas33_J_P_Polnareff_09.jpg

前部車輪の付け根は回転が可能で、向きを変更させる事ができます!
また、前部、後部車輪ともにタイヤが回ります。

何だ!このこだわりッ!


sas33_J_P_Polnareff_10.jpg

シートの下側には、付属の台座を取り付ける事が可能な接続穴が設けられています。
ダイナミックなアクションポーズにも耐えられますねー


sas33_J_P_Polnareff_11.jpg

ポルナレフ。
非常に細身で華奢な体つきとなっています。
特に塗装の荒さは感じられませんでしたが、眼帯パーツがきちんと顔に接着されておらず浮いていました。


sas33_J_P_Polnareff_12.jpg

なかなか男前。
顔パーツと髪の毛パーツの隙間がちょっと気になる所。


sas33_J_P_Polnareff_13.jpg

なんだか、よく分からんデザインの機械ムキ出しな義足。
ほぼ普通の人と変わらない見た目で復活したシュトロハイムを見ると ナチスの科学力は世界一ィィィィィィ なのも頷ける。


sas33_J_P_Polnareff_14.jpg

付属品
レイピア状になったハンド(右)、交換用頭部(叫び)
開き手×2、握り手(右)、血の滴った手首(右)、指差し(右)

パッケージの状態で握り手×2、通常頭部が装着。
その他、いつのも中割れ台座が付属します。

※付属品内の握り手は、別売り 『超像可動 シルバーチャリオッツ -第5部-』 に付属の矢を持たせる事が可能な穴開きタイプです。


sas33_J_P_Polnareff_15.jpg

叫び顔

眼帯下の右目は半分、瞑ったような感じで造形。


sas33_J_P_Polnareff_16.jpg

右手は前腕に取り付け穴があり、ハンドパーツに軸が付いてるタイプになっています。
左手の交換・取り付けは従来のものと一緒です。


sas33_J_P_Polnareff_17.jpg


sas33_J_P_Polnareff_18.jpg

車椅子に設けられた台座との接続穴のおかげで、動きのあるポーズもサマになります。


sas33_J_P_Polnareff_19.jpg

ほんの少し車椅子を傾けるだけで印象がガラリと変わります。


sas33_J_P_Polnareff_20.jpg


sas33_J_P_Polnareff_21.jpg


sas33_J_P_Polnareff_22.jpg

仮病~っ!!(仮病)


sas33_J_P_Polnareff_23.jpg

ただ車椅子に座らせておくだけでは勿体ないくらい、よく動くポルポル(仮病)


sas33_J_P_Polnareff_24.jpg

ブチャラティたち早くこないかなぁ… コロッセオで待機中(仮病)


sas33_J_P_Polnareff_25.jpg


いかん!これ想像以上に遊んでて面白い!
付属の車椅子の分、価格が高めですがそれはもう仕方ない!これは非常にイイもの。
車椅子に付いた台座用の接続穴が非常に効果的!台座を利用して角度を付けたりすれば、かなり動きのあるポーズで飾れます。
ポルナレフ自体もよく動くので、これは飾っても地味だろう?という最初に抱いた印象はどこかへ吹き飛びました。
発売が発表された時は、車椅子?アクションフィギュアで?と思ったんですけどね(笑

ポルナレフ絡みの小物類であるパソコン、矢、ココジャンボは、次弾のシルバーチャリオッツ -第5部-に付属するそうです。
チャリオッツも可動範囲が広そうなので楽しみ。


…ラーメン&ブロッケンJr.で超人オリンピックの再現とか、ジェロニモ&テリーでスーパーマンロードの再現とか
ああぁ、肉シリーズが続いていれば('ω`;)


超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 J・P・ポルナレフでしたー!




[ 2012/06/01 23:50 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。