トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

魂ウェブ商店限定 S.I.C. ギルスレイダー&ダークホッパー 

魂ウェブ商店限定のS.I.C. ギルスレイダー&ダークホッパーです!!
(受注期間:2012年6月25日~2012年9月10日)


パッケージ
sic_GillsRaider_DarkHoppaer_01.jpg


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_02.jpg

パーツの差し替えによるコンパチ仕様となっているので表面、裏面それぞれに2種のバイクが印刷されています。



バイクはギルスレイダーに換装された状態でパッケージされていますが、あえて丸裸な所からスタート!

sic_GillsRaider_DarkHoppaer_03.jpg

という事で、これがギルスレイダー・ダークホッパーの芯ともなるパーツ全外し状態のものです。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_04.jpg


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_05.jpg


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_06.jpg

メーター周りやエンジン部やらは普通のバイクらしいメカ造形です。
フロントフォーク辺りは機械と生物が融合したようなアレンジになっています。
ちゃんとワイヤー (ブレーキ、クラッチ) があるのが芸が細かくて好き。

リアフェンダーの裏側はもろに生物ちっくでグログロしいです。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_07.jpg


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_08.jpg

シフトペダルや、ブレーキペダルが可動式となっています。
妙な所に変なこだわりを感じます。 …が、こういうのはとても嬉しい!

その他のバイクギミック
・タイヤの転がし
・可倒式スタンド
・ハンドルと連動してフロントタイヤが左右に切れる(※ほとんど切れません)


では、まずギルスレイダーへ換装

sic_GillsRaider_DarkHoppaer_09.jpg

ギルスレイダー用の換装パーツ一式
デモンズテール×2、エンジンアンダーカバー、フロントアッパーカウル、サイドパーツ(金色のやつ)
ギルス搭乗用の握り手×2

ダークホッパーに換装した場合、まるまる余るパーツです! ウガーッ



■ギルスレイダー
sic_GillsRaider_DarkHoppaer_10.jpg

禍々しさ溢れるアレンジです。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_11.jpg


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_12.jpg

リアタイヤが小さすぎ (…だと個人的に思います) で、車高が低いのにデモンズテールがリアタイヤに被ってしまうので、
見た目の印象からも重心が下に寄りすぎて見えてしまいます。

オフロード車をベースにしたバイクのアレンジにしては、何だか納得のいかないバランス。
響鬼さんの凱火や、オーズのライドベンダーに合いそうな低重心バランスです。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_13.jpg

フロントのギルスアイはメッキ加工となっていて非常に綺麗。
奥まった所にあるので確認しにくいかもしれませんがギルス・ストーンはクリアパーツとなっています。
エンジンアンダーカバーは虫っぽい生物アレンジが強め。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_14.jpg

リアサイドにあるデモンズテールにもクリアパーツを使用。
デモンズテール内側にはマフラーが造形されています。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_15.jpg

ギルス搭乗


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_16.jpg

やっぱりこれじゃ車高が低すぎると思います ('ω`;)


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_17.jpg

ステップへの脚の収まり具合はギリギリなんとかってレベルでしょうか。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_18.jpg

格好悪くはないですけどねー。 というかカッコいいですよ!


続いて、ダークホッパーへ換装

sic_GillsRaider_DarkHoppaer_19.jpg

ダークホッパー用の換装パーツ一式
マフラーパーツ×2、エンジンアンダーカバー、フロントアッパーカウル、サイドパーツ×2
アナザーアギト搭乗用の握り手×2

ギルスホッパーに換装した場合、まるまる余るパーツたち… ガルルルル



■ダークホッパー
sic_GillsRaider_DarkHoppaer_20.jpg

こちらもギルスレイダー同様に、生物的に禍々しい雰囲気を醸したナイスアレンジとなっています。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_21.jpg


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_22.jpg

フロントアッパー、エンジンアンダーカバー、マフラーはギルスレイダーよりもスッキリ見えます。
逆にエンジンのサイドのカバーパーツが横に大きく張り出していて、どことなくデブい印象を受けます。

パーツを大きく造形し盛り盛りしちゃうので、太めでガッシリとした体型になるケースが多いS.I.C.ですが、
やたらめったらパーツの肥大化をせず、細くまとめつつ大胆なアレンジ!というのも見てみたいです。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_23.jpg

フロントカウルは精悍な顔立ちで非常にカッコいい!
ギルスレイダー状態ではサイドパーツで覆われ、隠れていたエンジン正面部にマフラーの取り付け穴があります。
バッタの脚を模したマフラー後部には、生物的な意匠を盛り込んだ排気口が造形されています。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_24.jpg

フロントのクリアパーツの下には紋章が造形。 イカス!


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_25.jpg

アナザーアギト搭乗


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_26.jpg

ギルスよりは乗せやすいかな。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_27.jpg



sic_GillsRaider_DarkHoppaer_28.jpg

はぁぁぁぁ、木野さんカッコいい。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_29.jpg

ダークホッパーおしまい。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_30.jpg

最後に2台で。


ギリギリで許容できる範囲かなという感じではありますが、個人的にバイクの車高が低すぎなのが気になりました。
S.I.C.では車高がベッタベタなバイクが多いですが、ベースマシンがオフロードなバイクに限ってはもう少し全高は高めでいいかと。

ギルスレイダーはフロントパーツがスポスポと抜けやすく、デモンズテール(右側)のポロリが尋常じゃありませんいです。
一方のダークホッパーはフロントのパーツは抜けやすいものの、マフラーの取り付けは全く問題なくポロリの心配はゼロ!

※ 追記 ※
デモンズテールですが、本体の取り付け箇所をよく確認してみた所、3つある取り付け穴のうちの1つにバリのようなものが残っており、
綺麗な円形に穴が抜けきれていないのを発見いたしました。
そのバリを削り取ってデモンズテールを押し込んだ所、購入時よりもしっかりハマるようになりました。 めでたし!
デモンズテールを取り付けても車体から押し戻されるような感じがする人は確認してみてくださいませ!

改造・改修・補強等は自己責任でお願いします。


存在感あるギルスレイダー、シャープな印象のダークホッパー
ポロリが異常なギルスレイダー、ポロリの心配がないダークホッパー
当該キャラを乗せにくいギルスレイダー、乗せやすいダークホッパー

乗せにくい、乗せやすいに関しては本体であるギルス(脚の機構)側の問題もあるので一概には言えませんが、
大体こんな感じでしょうか。 2種の比較なら個人的にはダークホッパーに軍配を上げたいです。


今回は車高に違和感を覚えたもののギリギリ許容できる範囲ですみました。
ただ、コンパチ仕様という事を踏まえて考えるとちょっと恐ろしくもあります。
芯(素体)ともなるバイク自体に問題があるとなると、一気に2台ものバイクがポンコツ化するという事ですからね。 ((((;゚Д゚))))

今後もコンパチ仕様での販売が続くとなると、そのたびに戦々恐々としそうです。
っていうか、余剰パーツがもったいないからコンパチ仕様なんてもんはヤメレー。



魂ウェブ商店限定 S.I.C. ギルスレイダー&ダークホッパーでした。 おしまい!






[ 2012/11/27 23:59 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(2)

カプセルQフロイライン よつばとしろとくろのどうぶつ フィギュアコレクション1 

カプセルQフロイラインとは
海洋堂が満を持しておくる、フィギュア業界の飛躍と活性化を見据えた新プロジェクトです
カプセルベンダーという広域な販売展開で、より広く多くのユーザーが手に取る製品を目指します (公式HPより)

…だそうです。
その第1弾となるのは 「化物語Vol.2」 と、今回ご紹介する 「よつばとしろとくろのどうぶつ」 です!

第1弾にして2点同時発売というのもややこしければ、第1弾にして化物語Vol.2というのがまたややこしい…
そして記事と関係のない化物語に食いついている私もややこしい ('ω`;)
化物語Vol.1はパイロット版として発売中だそうでー

では


YOTSUBA_01.jpg

コミック 『よつばと!』 のスピンオフ絵本 『よつばとしろとくろのどうぶつ』 を題材によつばと動物たちを立体化!
1回400円のカプセルトイ、全5種となっております。
…画像を見れば分かる事を文字に起こしてみました。



■よつばとホルスタイン
YOTSUBA_02.jpg

原型:よつば(村田明玄氏) / ホルスタイン(松村しのぶ氏)


YOTSUBA_03.jpg

原作で競演しているだけに、絵本 『よつばとしろとくろのどうぶつ』 を読んだ事のない私にもなんとなく馴染みある組み合わせ。



■よつばとダルメシアン
YOTSUBA_04.jpg

原型:よつば(BOME氏) / ダルメシアン(松村しのぶ氏)


YOTSUBA_05.jpg


YOTSUBA_06.jpg

ちょっと違う



■よつばとシャチ
YOTSUBA_07.jpg

原型:よつば(村田明玄氏) / シャチ(松村しのぶ氏)


YOTSUBA_08.jpg

シャチでっけぇ、よつば小っちぇぇ!(よつばのサイズは2cmちょい)


YOTSUBA_09.jpg

片手をシャチのヒレに差し込んで取り付け!
よつば、いい顔してます。



■よつばとアビシニアコロブス
YOTSUBA_10.jpg

原型:よつば(村田明玄氏) / アビシニアコロブス(松村しのぶ氏)


YOTSUBA_11.jpg

今回のラインナップの中では1番よつばらしい顔をしてるかな。


YOTSUBA_12.jpg

芋ようかんの上に腰をかけているようです。



■よつばとミナミコアリクイ
YOTSUBA_13.jpg

原型:よつば(村田明玄氏) / ミナミコアリクイ(松村しのぶ氏)


YOTSUBA_14.jpg

アリクイってこうやって手を返すようにして歩くのかな?と思い、画像検索をしたら仮面ライダーアマゾンばりに、
ポーズを決めたアリクイが(笑

目の前で立ち上がられると結構、怖いかも


YOTSUBA_15.jpg

よつばの首はボールジョイント式なので動かす事ができます。


YOTSUBA_16.jpg

よつばが小さいから守れなかった


YOTSUBA_17.jpg

おしまい


松村しのぶ氏が手がけているだけあって動物の出来は文句なしです。
ただ、アリクイやアビシニアコロブスのよつばが困り顔や、泣き顔といった表情に見えてしまうのが…
イマイチ浮かない顔をしているというか… 目の上のラインのせいでしょうか?
個人的にはシャチのちびっこいよつばと、アリクイのよつばがお気に入り! …全5種どれもハズレなしだと思いますが。

カプセルトイや箱モノでのフィギュアが少なくなってきた今時分、さぁこれから!とばかりに展開をはじめるあたり海洋堂らしいですね。
割と低価格帯で展開のはじまったアクションフィギュアも、だんだんと高騰を見せ決してお安いものではなくなってきた中、
こうやって手軽に集められるフィギュアというのもいいものですね。



カプセルQフロイライン よつばとくろとしろのどうぶつでしたー!

ところでカプセルトイ、プラモデル、ソフビフィギュアとよつばの商品化が急に目立ちはじめたのは何故?
…できる事ならよつばとリボルテックの続きも!!




HDDが飛んだよ~ ラララ♪ 

昨晩、HDDがすっ飛んでしまいました…

システム用HDDとデータ保存用HDDとの2台体制を取っていたのですが、データ保存用のHDDは以前からあまり調子がよろしくなく、
PCの使用中に突然、認識しなくなる事も。

ケーブルの接触不良が起こっているのか、ケーブルを抜き差しすると普通に認識するようになるそのHDD。
ケーブルの抜き差し後、そのまま何の問題もなく使える事がしばらく続く時もあれば、次にPCを起動した時には、
当たり前のように認識しなかったりという、おかしな挙動を見せたりも。

そんなワケで昨晩、HDDを認識しなくなった時も電源を落とし、いつも通りPC内部のケーブル周りをゴチョゴチョといじって起動!
したのがよくなかったのか、起動しなおしたらOS入れなおせ!的なメッセージが表示(えぇぇ、意味がわからん。

調子の芳しくなかったデータ保存用のHDDはともかく、システム用のHDDまで巻き添え?…という事態に陥ってしまい、
OSの入れ直し、各種ソフトの入れ直しをやっております ('ω`;)

現在、データ保存用のHDDは完全に沈黙してしまったので、HDD1台体制にて復旧中。
ブログに関する所だとデジカメの画像取り込みソフト、画像編集用のソフト、稀に使うホームページ編集ソフトを入れれば終わりかな。

当たり前ですが、バックアップは取っておかないと駄目ですね。
むおぉぉ、大事な エロペグ 仕事で使用する文書の数々が…

クウガ熱く蘇れ 

こいつの続きです。


sic56_Kuuga_kai_05.jpg

とりあえず肩は放っておいて前腕に取り掛かりました。
前腕アーマー部の太さが気になっていたので細く、細く。

イメージ的に太さはこんなもんでいいかなぁと思いますが、このままではくびれたラインが上手く出てなくて棒っぽい。
もう少し調整する必要がありそうです。


sic56_Kuuga_kai_06.jpg

うむ、棒だ…

前腕を削った分、手首のリングパーツがデカく見えてしまうのはどうしよう。
やはり大きさを合わせるべきか、このまま Super Ichinonative Chogokin と言い張ってしまうのもありかもしれない(笑


[ 2012/11/08 22:01 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(4)

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ ヴァルゴ・ゾディアーツ 

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ ヴァルゴ・ゾディアーツです!
(受注期間:2012年6月5日~2012年8月7日)


パッケージ
Virgo_Zodiarts_01.jpg

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ準拠の装丁になっているパッケージ。
既に発売されているホロスコープスの面子同様、マントパーツが付属するため中のブリスターは2段重ね。
また、ヴァルゴの特徴でもある大きな翼が収められている分、横幅も増しボリューム感あるサイズになっています。


Virgo_Zodiarts_02.jpg

物語の序盤から登場していたホロスコープスの幹部クラス(?)
ホロスコープスメンバーの中で1人だけ浮いてしまっている全身ピンクが目に痛い。
クリアパーツがふんだんに使用されているので、非常に派手やかで見た目にも豪華!

本編のスーツカラーはもう少し赤みの強いピンクのようですが、雰囲気が出ているのでこれでもじゅうぶんかと。
…あらためて本編と見比べてみるまで何の違和感も感じずにいたし('ω`;)
……スカートのスソの部分にも乙女座のシンボルマークが入ってるって今更、気付いたし。


Virgo_Zodiarts_03.jpg

真っ白けに見える翼ですが、薄いピンクでシャドー吹きがされています。
羽の造形が細かくて、なかなか素晴らしい出来!

ちなみに、翼と後ろ髪パーツは本体から外された状態でパッケージされています。


Virgo_Zodiarts_04.jpg

頭部は軟質の素材なのでポッキリ折れてしまう事がない安心仕様!
頭頂部や後ろ髪の結び目(?)にもクリアパーツが使用されています。
また、後ろ髪の取り付け基部はボールジョイントになっているので自由に動かす事が可能です。

頭部の巻きっぷりがなんとも… カラーリング的にもアラレちゃんが棒で突きそうな


Virgo_Zodiarts_05.jpg

全身の至る所に施されている装飾の黒ラインは正直、たまげたとしかいいようのない細かい仕事っぷりです。
胸の部分のラインがちょっと乱れていますが、もうこりゃ仕方がないなと...
左手に持っているアーマー先端部のチェーン(?)は軟質素材です。


Virgo_Zodiarts_06.jpg

アーマーは左手の甲にある軸へ取り付け。
左手用の交換用手首にも同様の軸が備え付けられているので、手首の交換と共にアーマーを取り付ける必要があります。

手首パーツとの一体造形になりますが、アーマーの握り部がしっかりと作られ塗装されている事に感激!
こういう所で手を抜いてしまわないのは素晴らしいと思う! もちろん交換用の左手パーツ全てに握り部の造形があります。


Virgo_Zodiarts_07.jpg

翼もジョイントで接続。
ジョイント部で向きや角度を変える事は可能ですが翼自体の形状が固定なので、見た目が大きく変化するというのは望めないかも。
大きく開く事が可能な翼だったらよかったのですが… 開いた状態の翼が付属でも可!


Virgo_Zodiarts_08.jpg

翼を外した背面 & スカートを外した脚。

つま先可動部辺りにある金色のデコレーションとか本当に細かい!
脚のふくらはぎにくっついている白いパーツは軟質素材。
ハイヒールを履いているだけに接地性が悪そうですが、見た目より安定性は高いです。


Virgo_Zodiarts_09.jpg

ただ、長いスカート(硬め)が接地の邪魔になってしまうかも。
逆に言えばスカートを利用する事で、さらに安定性をもって立たせる事が可能とも。


Virgo_Zodiarts_10.jpg

付属品その1
杖(ロディア)、開き手×2、持ち手×2、ゾディアーツスイッチ用の持ち手(右)、ゾディアーツスイッチ

パッケージの状態で握り手×2が装着。
他、装着済みですが翼×2、後ろ髪パーツも付属します。


Virgo_Zodiarts_11.jpg

付属品その2
マントパーツ(右袖)1セット、マントパーツ(胴体)1セット、マントパーツ(左袖)1セット


Virgo_Zodiarts_12.jpg

マントを装着するのに翼パーツ、肩パーツ、背中パーツ、スカートを取り外す必要があります。


Virgo_Zodiarts_13.jpg

かなり大胆に脱がせます。 …が、中身がおっさんなのを忘れてはいけない
いつか破損してしまいそうで、そうそう頻繁にマントの交換はしたくないですね。


Virgo_Zodiarts_14.jpg

マント装着ヴァルゴは何かイマイチ。


Virgo_Zodiarts_15.jpg

翼に干渉してしまいあまり効果の感じられなかった後ろ髪の可動は、マント装着させてようやく生きてくる感じ。
マントを装着すると他の可動部が死にますが('ω`;)


Virgo_Zodiarts_16.jpg

背中には乙女座のシンボルマーク。


Virgo_Zodiarts_17.jpg


Virgo_Zodiarts_18.jpg

やはり、こっちの姿のほうがしっくりきます。


Virgo_Zodiarts_19.jpg


Virgo_Zodiarts_20.jpg

魔女っ子なりきりグッズのような武器です。


Virgo_Zodiarts_21.jpg

マハール マハリク パムホップン! ダークネビュラへ行っておしまい! シャランラ~


Virgo_Zodiarts_22.jpg

星に...願いを...

って、この人やってましたっけ?


Virgo_Zodiarts_23.jpg

ええぃっ!お願い ちよちゃんフィギュア(無地の台詞プレート付き)を発売するメーカーはおらんのか!


正直、可動の面(可動範囲の広さとかではなく、扱いやすさ)でイマイチな感じがします。
特に脚の可動の扱いにくさ、取り回しにくさはS.H.フィギュアーツ随一かも。
腕や肩の可動はそれなりで問題ないんですけどね(ヒジの曲がりはちょっと弱い)
あと、頭部がほとんど動かないというのがこれほどまでに致命的とは… というくらい

クリアパーツが多用され、細い線などもしっかりと塗装された仕上がり具合は満足いくもの。
見た目、マント着脱のプレイバリュー、仕上がり度は◎ アクション性△といった感じで印象はリブラ・ゾディアーツに近いかな。
言い出だしたらキリがありませんが、大きく開いた翼が欲しかったなと。


魂ネイション2012で展示されていた圧巻のホロスコープス勢揃いの画像は、私も某通販ショップのブログで拝見しましたが、
その大半のプレートに S.H.フィギュアーツZERO のロゴが付いててちょっとガッカリ。
既にキャンサー・ゾディアーツが、石ノ森ストア 限定として受注を開始(2012年10月29日~2012年12月28日)していますが、
参考出品として展示されている他の面々を見ると、発売に至らず終わってしまうのではないかと購入するにも踏ん切りが… ぐむー



魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ ヴァルゴ・ゾディアーツでした。





ワーオ、モジュールセット200円って…(2012年11月6日 現在)

S.I.C. クウガを直してみる 

S.I.C. VOl.56 仮面ライダークウガ(2体目)を安く購入する事ができたので、気になっていた体型をどうにかしようと、いじくり中!

1つのものに取り掛かりっきりになるとバランスの狂いに気付かず作業を続行してしまい、あとでギャー!という事になったりするので、
息抜きがてら写真撮影。


改修前
sic56_Kuuga_kai_01.jpg


改修後
sic56_Kuuga_kai_02.jpg

改修後といっても、まだまだ余裕で仕上げの前の前の前くらいなのですが(笑
とりあえず首を延長して、肩アーマーの位置を下げてみました。

ちょっとマッチョすぎですかね?
問題はどうやって丸太のような前腕をくびれさせるか…


それ以前に、早くも飽きがきてしまったという大問題も(えぇぇぇ
うぅむ、どうしよう。。。



・続き 11月4日

やはりマッチョ気味な体型が気になったので、さらに手直し。

sic56_Kuuga_kai_03.jpg

原因はいかり肩にあると見て、肩の軸を左右とも1ミリずつ詰めてみたのに…
いじった本人ですら、その差が分からんくらい微妙だ ('ω`;)


sic56_Kuuga_kai_04.jpg

肩アーマーの位置をもっと下げたほうがいいのだろうか、もうわけ分からん。
ドツボにハマった気がする。


[ 2012/11/02 00:55 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)