トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ サジタリウス・ゾディアーツ 

魂ウェブ商店限定のS.H.フィギュアーツ サジタリウス・ゾディアーツです。
(受注期間:2013年2月6日~2013年4月9日)


パッケージ
SHF_SagittariusZodiarts_01.jpg

S.H.フィギュアーツのゾディアーツお馴染みとなっているパッケージデザイン。
他ホロスコープスと同様にマントが付属するため、ブリスターは2段重で通常のS.H.フィギュアーツより厚みのあるサイズです。


SHF_SagittariusZodiarts_02.jpg

天ノ川学園の理事長、我望光明が変身。
先に発売されたホロスコープスも造形や塗装が細かく素晴らしく、評価の高いものとなっていますが、
今回発売されたサジタリウスも非常に素晴らしい出来栄えになっています。
情報量が多く、見ていて飽きないので素の状態で飾っていてもイケる! さすが理事長。

塗装の良さに加え、惜しみなく使用されたクリアパーツ、かなり細部にまでこだわった造形には目を見張るものがあります。
全身のプロポーションもバランスが取れていて悪くないと思います。

黒をベースにしたボディに金色、要所要所に使用された赤と銀色のワンポイントが物凄く映えて見えます。
胸の射手座マークと羽(?)パーツのグラデーションも非常に美しい。


SHF_SagittariusZodiarts_03.jpg

くいしばっているかのような口も、歯にきちんとスミ入れが施されているので雰囲気はばっちり。
頭部の弓のような形の王冠にある12個の赤丸パーツにはクリア素材が使われています。 豪華!


SHF_SagittariusZodiarts_04.jpg

後頭部にある鎖帷子状の髪の毛(?)パーツは軟質素材になっているので首の可動に支障はありません。
残念なことに工場での組み立て時に折り曲がった状態で取り付けられてしまったようで、内側に折れグセがついてしまっています。

腰から垂れたベルト状のパーツ、尻尾パーツも軟質素材です。


SHF_SagittariusZodiarts_05.jpg

背中のパーツは付属品扱いとなっているため各自で取り付ける必要があります。
取り付け部の形状は鍵穴のような形。

テリーマンの説によると地球を活動させたり停止させたりする鍵穴。
………なのさ!


SHF_SagittariusZodiarts_06.jpg

左腕に装着された弓 「ギルガメッシュ」 も背中パーツと同じく付属品扱いです。
こちらも自分で取り付ける必要があるのですが、これがどうしようもないほどポロポロとよく外れてくれます(´・ω・)
ギルガメッシュは開閉ギミックあり。


SHF_SagittariusZodiarts_07.jpg

こちらは右腕。


SHF_SagittariusZodiarts_08.jpg

腰から垂れたベルト状のパーツにはいて座を含む12正座のマークが描かれています。

左上 : 獅子座、蠍座、射手座
右上 : 双子座、牡羊座、牡牛座
左下 : 乙女座、水瓶座、魚座
右下 : 天秤座、山羊座、蟹座

順番はメチャクチャ?


SHF_SagittariusZodiarts_09.jpg


SHF_SagittariusZodiarts_10.jpg

上腕、太もも、ヒザ、ふくらはぎ、かかとにある突起状の装飾パーツには小さな穴が…
このこだわりは一体??? しかし、こういう細かいところのこだわりを徹底してくれるのは非常に嬉しい!
もっとこだわれ!


SHF_SagittariusZodiarts_11.jpg

付属品 その1
背中パーツ×2、弓(ギルガメッシュ)
開き手A×2、開き手B×2、ゾディアーツスイッチ持ち手(右)、ゾディアーツスイッチ

その他、パッケージの状態で握り手×2が装着。


SHF_SagittariusZodiarts_12.jpg

付属品 その2
マントパーツ(前)、マントパーツ(後)、マントパーツ×2(右腕)、マントパーツ×2(左腕)



さっそく、マントの装着状態へ…

SHF_SagittariusZodiarts_13.jpg

マントを装着させるためには背中パーツ、肩パーツ、ギルガメッシュを取り外します。
ギルガメッシュのみマントを装着した後、再度本体へ取り付けることになります。


SHF_SagittariusZodiarts_14.jpg

マントなし状態がカッコよすぎるので、こちらはイマイチに感じます。
というよりもマント姿はダディ校長が1番!


SHF_SagittariusZodiarts_15.jpg

マントを装着したホロスコープスではお馴染みですが、ほぼ無可動の固定フィギュアと化します。
他のホロスコープスよりも足の開き(特にヒザの部分)の制限がきついのでバランスを取らせるのは1番困難かもしれません。

頭部の王冠パーツなど、コケたら確実に逝ってしまいそうな細いパーツが数多くあるだけに取り扱いには気をつけましょう!


SHF_SagittariusZodiarts_16.jpg

背面の射手座マーク。


SHF_SagittariusZodiarts_17.jpg

装飾物が多めなデザインとはいえ可動に支障をきたすほどではないよう思えるのですが、正直なところ可動はイマイチ。


SHF_SagittariusZodiarts_18.jpg

肩にある鳥の羽のような装飾パーツと背中のパーツが干渉し合ってしまうので、思うようなポーズを取らせることが難しい。
ヒジ関節の可動域の狭さもちょっと…(´・ω・)


SHF_SagittariusZodiarts_19.jpg

首や下半身などは特に問題なく動いてくれるのですが、肩・ヒジと問題が腕に集中してしまっています。


SHF_SagittariusZodiarts_20.jpg

それ以前にコレといったポーズが思い浮かばない…


SHF_SagittariusZodiarts_21.jpg


造形のよさとアクション性の両方を兼ね備えるというのは難しいことなんだろうなぁ…
というのをホロスコープス購入のたびに思います。

今まで発売されたホロスコープスのいずれも見た目はいいのに可動に問題ありという印象があります。
ただ単純に可動範囲が狭かったり、可動の扱いやすさ自体に問題があったり様々ですが…
そういう意味では今回のサジタリウスも今までのものと近い感じを受けます。

ただ、いくら可動に難があろうとS.H.フィギュアーツで発売されるのとZEROで発売されるのとでは大違い。
ここだけはS.H.フィギュアーツ本筋で発売に踏み切ってくれたことを喜ばしく思いたいですね。
もちろん細かな造形や塗装など商品自体の出来もいいのですが、アクションフィギュアとして発売されたというところに価値がある。
そんな商品!

ポロポロと簡単に取れてしまう、またクルクルと簡単に回転してしまいまるで安定性のないギルガメッシュですが、
それこそ背中パーツの取り付け穴のような鍵穴形状にしておけばよかったのではないか?と
どれだけパーツのポロリがなくなるかは分かりませんが、少なくともやたらと回転してしまうことは防げたのではないかな…



魂ウェブ商店限定 サジタリウス・ゾディアーツでした。 おしまい!
アポトロスエフェクトが付属していればなー




スポンサーサイト

ROBOT魂 <SIDE AB> ビランビー 

虫ロボ好きが歓喜するROBOT魂 <SIDE AB> にて魚顔ロボなビランビーが発売されました!

- 最初に -
ビランビーを撮影する直前に、デジカメが苦手とする紫色の被写体の撮影をおこなっていました。
実物商品に近い色を出そうと試行錯誤しデジカメの設定を変更したのですが、そのままの状態で撮影を開始してしまったため、
画像、画像で色合いがまちまちになってしまいました。(途中で気付いて設定を直しました)
以上のことから製品の色に関してはあまり参考になりません。 ご了承のうえご覧ください。

では


パッケージ
R143_Virunvee_01.jpg

R-Number 143 <SIDE AB> ビランビー。
どういうわけだか、劇中の中盤から後半にかけて登場したオーラバトラーという印象が強いビランビー。
実はかなり早い段階から活躍しているんですよね。 アレン搭乗のビランビー (ビルバインにより撃墜) のイメージが強いせいかな?
撃墜されたあと両手を大きく広げ、画面左下へ消えていくアレンはちょっと面白い(笑

オーラ・コンバーターを背負った状態で収められているため厚みのあるパッケージとなっています。


R143_Virunvee_02.jpg

全高 約17cm (頭部のトサカを含む)
前半の主役機であるダンバインの全高が約13cm強(ツノ含まず)なことを考えると迫力のある大サイズ。
比較画像は後ほど。


R143_Virunvee_03.jpg

ほぼ全身一色で塗り分け箇所の少ないオーラバトラーなだけに特に塗装云々に関した不満はありません。
塗装には問題はないのですが、肩、背中、腰、太ももの裏側、ふくらはぎ、足のツメなど、いたるところのパーツのゲート痕が酷く、
えぐれ・白化した部分が多数あります。 工場の人に手もぎ禁止令を出してください!! 手でもぎ取っているとしか思えん!


R143_Virunvee_04.jpg

うむ、やっぱり魚顔だ。
頭部トサカのクリアパーツが凄く綺麗です。
パーツに隠れてしまって確認が難しいですが襟足にもクリアパーツが使用されています。


R143_Virunvee_05.jpg

特徴あるコックピットハッチの形状もしっかりと再現!

オーラ・ソードの鞘の取り付け基部はボールジョイントでの接続となっています。
一軸のピンを差し込むだけのダンバイン、ビルバインと違い可動範囲が向上し、且つ抜けを防止するナイスな仕様です。
前腕部のツメもボールジョイント接続になっていますが、ここはありがたみを感じるほど効果はないかな?

そしてこれまた特徴的な股間。
ショット・ウェポンは何を思って設計したのだろうか... メカデザインをした宮武氏&いづぶっちーの問題か(笑


R143_Virunvee_06.jpg

オーラ・コンバーター。
重量も控えめで、可動部のテンションも悪くありません。
跳ね上げたオーラ・コンバーターが自重でさがってきてしまうようなことはありません。


R143_Virunvee_07.jpg

羽の先端はボールジョイント接続。
基本構造はダンバインやビルバインと同じですが、羽パーツ先端の角度のつき方が今までのものとは逆になっています。
羽を大きく広げた状態をキープする分には何の問題もありませんが、取り付け基部のパーツ角度の影響で可動範囲に制限があり、
羽そのものの向きを変更しないと閉じた状態を再現することができません。


R143_Virunvee_08.jpg

そんなわけで、収納状態を再現するために羽の向きを変更したのがコレ。
ちょっと手間ですねー。 くるっと反転させるだけなんですが。


R143_Virunvee_09.jpg

本体とオーラ・コンバーターを繋ぐ動力パイプは軟質素材。
オーラ・コンバーターの上げ下げをおこなっても動力パイプが途切れてしまうようなことありません。
動力パイプに関して 「うわっ!見栄え悪っ!」 という心配はご無用!
『Yujin MASTER ACTION 鉄巨神』 、『メガハウス リミテッドモデルアクション バッシュ』のどこへも繋がっていない動力パイプ…
途切れた動力パイプが露出したときほど惨めに感じることもありませんからねー('ω`;)

ちなみに動力パイプは8mmほど長さに余裕をもってオーラ・コンバーター側の穴に収まっています。


R143_Virunvee_10.jpg

コックピットハッチ下部には横ロール可動が追加されています。
デザイン的に入れることができそうと思った所には惜しみなく可動を追加してくるこの姿勢。 ナイスです。
ダンバインやビルバインはしゃあない。


R143_Virunvee_11.jpg

コックピットハッチの開閉ギミックは今回も健在です。
パイロット不在なところも一緒。


R143_Virunvee_12.jpg

背面には 「魂STAGE ACT.5(別売り)」 を取り付けることができる穴がアッー!でアッ――!でウホッ!することができます!
差し込みの穴が浅く非常に緩いので保持力はまるでなく、ほとんどその意味を成していません。

お腹を下にした飛行ポーズを取らせておきたいダンバイン系に対して、この位置にジョイント穴があること自体が個人的に???
上から吊るす格好になってしまうので、取り付け穴の保持力の強弱関係なしにこころもとないよう感じます。
開発に携わっている方たちは安定してディスプレイできる方法の検討、見直しを や ら な い か。


R143_Virunvee_13.jpg

有機的なデザインの関節部。
足首を含むツメの可動範囲は驚異的ともいえるレベルで接地性は抜群。
ツメの折りたたみに関しては変態レベル。


R143_Virunvee_14.jpg

付属品
5連装オーラ・ランチャー×2、4連装オーラ・ショット、羽(大小)×2
オーラ・ソード(鞘)、オーラ・ソード
5連装オーラ・ランチャー用持ち手×2、武器の持ち手×2、抜刀用ハンド(右)、開き手(左)

武器の持ち手はオーラ・ソード、4連装オーラ・ショットと兼用。
※その他、パッケージの状態で握り手×2が装着されています。


R143_Virunvee_15.jpg

オーラ・ソードは鞘に収めることが可能。
持ち手との相性もよく、しっかりと握らせることができます。

ダンバイン、ビルバインに付属した斬撃エフェクトパーツを取り付けることはできません。 残念!


R143_Virunvee_16.jpg

専用の手首を使えば抜刀ポーズも楽々。


R143_Virunvee_17.jpg

5連装オーラ・ランチャー。
こちらの専用手首も保持力バッチリで、しっかりと握らせることができます。
手首の形状自体は、握り手とほとんど変わりありません。


R143_Virunvee_18.jpg

逆手持ちさせるのもなかなか。


R143_Virunvee_19.jpg

4連装オーラ・ショット。
こちらはオーラ・ソードと兼用の持ち手を使用します。
兼用の手首とはいえ保持力に問題はありません。


R143_Virunvee_20.jpg

ダンバイン / ビルバイン / ビランビー

設定としてはダンバイン(全高:6.9メット)、ビルバイン(全高:8.8メット)、ビランビー(全高:9.2メット)
大体あってるんじゃないでしょうか(投げやり)


R143_Virunvee_21.jpg


R143_Virunvee_22.jpg


R143_Virunvee_23.jpg


R143_Virunvee_24.jpg


R143_Virunvee_25.jpg


R143_Virunvee_26.jpg

これは再現しないといけない気がした。


R143_Virunvee_27.jpg

うむ、カッコいい!


オーラバトラー特有の曲線もしっかりと再現されていて満足度の高い出来だと思います。
関節のテンション調整も悪くなく、取らせたポーズがすぐ崩れてしまうということもありません。
羽の取り付け部も緩すぎるビルバイン(通常カラー)、カチッとハマりすぎて動かすのがちょっと怖いダンバインと比較して、
取り付け、動かしやすさが向上しているような気がします。 左側の羽(小)だけ少し緩めでしたが…(´・ω・)

オーラ・ソードの取り付け基部をボールジョイントに変更するなど、遊びやすさが考慮されているのもグッド!
これでパーツをもぎ取ったかのようなゲート痕や、別売りディスプレイスタンドのジョイント保持力がしっかりしていれば…
造形や塗装、可動域などはじゅうぶん満足のいくレベルだっただけにそこだけは残念なところでしたね。
別売りのディスプレイスタンドに関しては、根本から仕様の見直しをしてくれるとありがたかったりもするのですが。


それはそうと、
本当にフォウが来たーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!
魂ウェブ商店の限定だけど仕方なーーーーーーーーーーーーーしッ!
値段は思っていた以上に高ーーーーーーーーーーーーーーーーいッ!
それ以前に限定品、多すぎーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!

トッド&トカマク機はなくなく断念せざるをえませんでしたがフォウは外せない!買います!買いますともー!



ROBOT魂 ビランビーでした!





いやいやいやいや、本当にちょっと限定品の数が多すぎません?
本気で追いきれなくなってきましたよ。 …だいぶ前から(笑
[ 2013/06/25 21:05 ] ROBOT魂 | TrackBack(0) | Comment(0)

何か変 

はい、そこ! 今頃プトティラかよ?とか言わない!

putotyra_01.jpg

デジカメ特有の症状とはいえ紫が綺麗に撮影できません…(´・ω・)
どう設定しても青が強く出てしまうというか、赤成分がどこかへいってしまうというのか何だか変な色合いに...

しかしS.I.C.のオーズシリーズはヤバイくらいにカッコいい。


スタチューレジェンド プロシュート&ザ・グレイトフル・デッド 

スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険よりプロシュートの兄貴が発売されましたー!


パッケージ
SLegend31_Prosciutto_01.jpg

プロシュートのスタンドであるグレイトフル・デッドとセットとなっているため、横に長く大きなパッケージとなっています。
また通常の厚さが薄めの紙パッケージと違い、ダンボール地が使われた頑丈仕様!
やっぱり兄貴はスゲェーやッ! …値段もなー!

パッケージには兄貴が首からさげているアクセサリーとグレイトフル・デッドの目玉のマークが描かれています。



■ プロシュート
SLegend31_Prosciutto_02.jpg

ポーズはジャンプコミックス53巻 『偉大なる死 その⑥』の扉が元になっているんですかね?

黄色ヘア&黒スーツという地味めなカラーリング。
兄貴から連想するカラーとして多くの方がイメージするであろう無難なカラーチョイスになっているのではないかなと。


SLegend31_Prosciutto_03.jpg

独特なスーツの模様も塗装はバッチリ!
塗料が大きくはみ出していたり、飛び散っていたりということはありませんでした。
所々、擦ったようなところはありましたが…

あと下半身がちょっとペタペタ (ベタベタとまではいかない) してる ('ω`;)


SLegend31_Prosciutto_04.jpg

上半身のスーツと下半身のスーツで色の濃さにかなりの差があるよう感じます。
上半身の黒々とした色と比べて下半身の黒はかなり薄め。
※画像だと確認しにくいかもしれません。


SLegend31_Prosciutto_05.jpg


SLegend31_Prosciutto_06.jpg

肉眼で見る分にはさほど気にならないレベルかもしれませんが (実際、気になりません)、アイプリントの精度はうーん…
見る角度によっては目線の定まり具合が酷く、ペリーコロさん似になってしまいます。

後ろ髪を結んでいる紐は芸が細かくて素晴らしいですね。
アイプリントの精度、パーツの分割線、パーティングラインは諦めないと駄目なのだろうか…(´・ω・)


SLegend31_Prosciutto_07.jpg

首から下げているアクセサリーは軟質素材です。


SLegend31_Prosciutto_08.jpg

この画像だとスーツの上下で色の濃さが違うというのが確認できるかな?


SLegend31_Prosciutto_09.jpg

両足つま先立ちなプロシュートの兄貴。


SLegend31_Prosciutto_10.jpg

超像可動 ブチャラティと。

違和感を覚えるほどのサイズ違いではないと思いますがプロシュートのほうが一回り大きいです。



■ ザ・グレイトフル・デッド
SLegend31_Prosciutto_11.jpg

上手く関節を仕込んだらそのまま可動フィギュアとしていけちゃいそうな造形をしているグレイトフル・デッド。
全身にある目玉がいい感じに不気味さを演出しています。
欲を言えば頭部の目玉はもう少し目を細く、眼光鋭くといった感じがよかったです。

カラーリングはパールホワイト。
公式HPなどで使用されているサンプル画像だと紫がかったカラーリングになっています。
個人的にはそちらのほうが好み。


SLegend31_Prosciutto_12.jpg

3本の大きな指があるので安定して飾れそうな印象を受けますが、少しバランスを崩すだけで簡単に後ろへ倒れてしまいます。


SLegend31_Prosciutto_13.jpg

黄緑色の目玉というのは不気味さが増していいです!


SLegend31_Prosciutto_14.jpg

胴体から垂れた触手のようなパーツは軟質素材。


SLegend31_Prosciutto_15.jpg


SLegend31_Prosciutto_16.jpg

兄貴と。


SLegend31_Prosciutto_17.jpg

列車内での熱いバトル。


SLegend31_Prosciutto_18.jpg


SLegend31_Prosciutto_19.jpg


SLegend31_Prosciutto_20.jpg

グレイトフル・デッドッ!


SLegend31_Prosciutto_21.jpg

グレイトフル・デッドは濃い目の色で塗装されているほうが禍々しさが増していいかもしれない。


SLegend31_Prosciutto_22.jpg


兄貴好きなら買わずにはいられない!
睨みを利かせたプロシュートの兄貴の顔の迫力がいいです!

店頭購入ではないので同製品内でアイプリズレなどの個体差がどれだけあるのかは分かりませんが、
通販での購入にはちょいと勇気がいるところかもしれません。
これは毎度、毎度のことでスタチュー全般 (超像可動でも同じ) に言えることかもしれませんが…
実物を手に取ってみて、それでも尚アイプリントのズレが気になるというほどヒドイものはないとは思いますが、
微妙なズレも気になるという方は店頭での購入をお勧めします。

出来に関してこれといった不満もない2体ですが、グレイトフル・デッドが少しばかり倒れやすいところが残念でした。

もしセカンドカラーが発売されるなら
・緑ヘアー&紫スーツ(兄貴)
・濃い紫(グレイトフル・デッド) という組み合わせが見てみたいな。


暗殺チームの1人である、ホワイトアルバム(ギアッチョ)が何の前触れもなく突如として販売の告知&予約が開始されましたが、
原型まで出ていたリサリサは一体どこへ? …4部のヨボヨボ ジョセフのようになかったことにされないよう祈るばかりです。



スタチューレジェンド プロシュート&ザ・グレイトフル・デッドでした。




本日の発掘品 

部屋の片付けを続行しています。
本日は押入れの中の本関係の片付け!

出てきたのが…


joe_01.jpg

こちら! アマダのシールコレクション あしたのジョーです。

駄菓子屋に売っていた袋に入ったシール(3~4枚入り)で値段は20~30円くらいだったかと。
当たりが出るとコレクションアルバム(画像のやつ)がもらえるとかそんな感じだった気がします。


joe_02.jpg

番号(1番~100番)に合わせてシールを貼っていきアルバムを完成させると。
肝心の中身はスカスカで、まったくもって完成していませんが(´・ω・)

しっかし汚いなぁ(笑


joe_03.jpg

もういっちょ出てきた、あしたのジョーの本。


joe_04.jpg

親にねだって買ってもらった記憶があります。
漢字ばかりで読めなかったらしく、親に読み仮名を振ってもらっているのがなんとも言えません!

>その少年(しょうねん)がやってきたのは、風(かぜ)のふきすさぶ昼(ひる)さがりだった。
こんな感じ(笑

ただ、親も途中で面倒くさくなったのか読み仮名サービスは9ページまでで終わり(´・ω・)

多分、それ以降のページはただ絵を見ていただけだったと思う…
スラスラと漢字の読み書きができる年齢じゃないんだもの(笑


サッカー コンフェデ2013 開幕戦まで一眠りします(`・ω・)ゞ

片付け 

先週末から部屋の模様替えをしています。
土日で大きな家具類の配置は全て終わったのですが、その後の片付けに四苦八苦しています。
今まで乱雑に散らかし放題だった部屋のあちこちからいろいろなモノが出てくるわ、出てくるわ。


例えば

D_01.jpg

ダイレンジャーのソフビ


D_02.jpg

ゼンマイでパカパカ走る上杉謙信


D_03.jpg

首つりカエルにしか見えない、おさんぽカエル


D_04.jpg

ペットボトル型のマグネットを近づけるとクルクル回りだすブタちゃん


D_05.jpg

クール星人


D_06.jpg

ロッテンマイヤーさん(笑


こういうこまごましたモノがワンサカ出てきます。

全種、揃えようという気概もなく何の気なしに回したガシャポンやペットボトルのおまけは要注意。
知らん間に溜まっていて驚きます('ω`;)

明日中には片付くかな。

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 東方定助 

メディコス・エンタテインメントより超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 東方定助です。


パッケージ
sas41_HigashikataJosuke_01.jpg

5部の残り主要メンバー、ボスキャラを出しきってから他の部へ移行しても?と思わずにはいられない、まさかの第8部突入!
ジョジョリオンから東方定助が発売されました。

先だって発売されたベネのスタチューシリーズでも同様に8部キャラが立体化されましたがメーカーの狙いは?
まだまだ連載開始から間もなく、物語もスタートしたばかりの印象が強いですがなんぼなんでも急ぎすぎな気も...
まぁ、発売されたものをアレコレ言っても仕方がないのでいきます!


sas41_HigashikataJosuke_02.jpg

メインのセーラー服のカラーはディ・モールト ベネのスタチューレジェンド 定助と同じく白。
服のラインや靴、装飾品などに使用されている色が違っているため、スタチューとはガラッと異なった印象となっています。

肌の色は、やや浅黒い褐色系。
個人的にあまり浅黒いイメージはもっていませんがジャンプコミックス 2巻の表紙だと思えば...

【記事リンク】 ・ スタチューレジェンド 東方定助


sas41_HigashikataJosuke_03.jpg

顔は子供っぽすぎますかね? エラからあごのラインがシャープで細面な印象もあるのでなんだか全体的に微妙。
目線は下に落ちた感じです。 …が、これが仕様なのか個体差なのかは分かりません。


sas41_HigashikataJosuke_04.jpg

肩には星型のアザがあります。
コンパスモチーフのアクセサリーは 「N」 「E」 「S」 「W」 の文字入り。
金色塗装のイカリや服の裾部分に追加された塗装など、落ち着いた色合いのスタチューレジェンドよりも、
全体的に軽快で明るいイメージになっています。

襟は腕の可動の邪魔にならない軟質素材が使用されています。


sas41_HigashikataJosuke_05.jpg

こういうタイプの靴は超像可動では初ですかね?
靴底にはタモさんが描く安産のお守りマーク! のような溝があります。


sas41_HigashikataJosuke_06.jpg

付属品
ごま蜜だんご外箱、ごま蜜だんご(フィルム付き)×2、ごま蜜だんご(フィルムはがし)、ごま蜜噴き出しだんご、携帯電話
チェスの駒(ナイト、ポーン)、交換用頭部(叫び)
チェス持ち手(右)、しゃぼん玉付きの手(右)、携帯電話持ち手(右)、開き手×2、ポケット用×2

通常頭部、握り手×2はパッケージの状態で装着されています。
その他、いつもの超像可動台座も付属。


sas41_HigashikataJosuke_07.jpg

こちらも通常頭部と同じく視線は下向き。
鼻の頭の塗装欠けと、アイプリントのズレが気になります(´・ω・)


sas41_HigashikataJosuke_08.jpg

杜王町名物、創業明治36年の老舗銘菓 『ごま蜜だんご』

外箱とフィルム付きの内パッケージと、それぞれ別パーツでの構成となっています。
フィルムをはがし、だんごが1つ抜かれた状態のものまで付属。

フィルム付きの内パッケージは2つ並べて箱の中に収納することもできます。 何でしょう?この恐るべきこだわりの付属品(笑
はがしたフィルムのヘロヘロ感も素晴らしい!


sas41_HigashikataJosuke_09.jpg

東方大弥のスタンド 『カリフォルニア・キング・ベッドちゃん』 の能力によって 「記憶の一部が封じ込められたチェス」
チェス、携帯電話ともに単体でのギミックは特になし。


sas41_HigashikataJosuke_10.jpg

交換用頭部の口には、ごま蜜だんごとチェスの駒を取り付けることができます。


sas41_HigashikataJosuke_11.jpg

ハンドオプション色々
上段3種は両手分が付属、下段3種は全て右手のみとなっています。


sas41_HigashikataJosuke_12.jpg

ポケットの手首差込み口は軟質素材になっているので、手を入れるのも楽ちん。
逆に言うと簡単にポケットから手がはみ出てしまう事もあり。


sas41_HigashikataJosuke_13.jpg


sas41_HigashikataJosuke_14.jpg

なんだこれッ!? ンマイなぁぁあぁぁ―――――――――ッ


sas41_HigashikataJosuke_15.jpg

ソフト&ウェットのしゃぼん玉はトラップを仕掛けるような使い方がされていますし、派手派手ポーズ向きではありませんね。


sas41_HigashikataJosuke_16.jpg

ツルツルだあ……


sas41_HigashikataJosuke_17.jpg

『摩擦ゼロ』… ツルツル……


sas41_HigashikataJosuke_18.jpg

誰がツルツルやねん!!


sas41_HigashikataJosuke_19.jpg


sas41_HigashikataJosuke_20.jpg

『進行方向 左折シテクダサイ!』


sas41_HigashikataJosuke_21.jpg


可動範囲は大きく、付属品も(現段階では)まぁまぁ、顔が似ているか似ていないかは肌の色も含め微妙なところ。
塗装はイマイチ(鼻の頭、星のアザ、鎖骨あたりにダメージ痕あり)、アイプリントは残念。
個人的にはこんな感じです。

今後どう展開するかまだまだ先の読めない第8部 ジョジョリオンからまず主人公が登場。
まだ商品化するには早すぎだった気がしないこともありませんが、この早い段階で発売したことでよかった点が1つ!
気合の入った 『ごま蜜だんご』 が付属したこと(笑
連載終了を待っていたら他に付属すべきものも増え、初期に登場した 『ごま蜜だんご』 の存在なんかすっかり忘れていたかもしれん。
そういう意味ではナイス!(笑
とはいえ、そろそろゴールの見えてきた第5部をチャッチャと済ませ6部、7部の展開にも期待したいところですね。

とりあえず鬼門になっていそうなムーディーブルースは首可動なしでいいと思います!(無責任)
ムーディーブルースの首可動問題がチンタラペースになっている原因じゃないと思いますけど(笑



超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 東方定助でした。




[ 2013/06/11 22:09 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(0)

土日の過ごし方 

全力で部屋の模様替えをしていました。

Booth.jpg

…撮影ブースの設置場所はカオスと化したまま ('ω`;)
土、日を潰してようやく一段落です。

部屋の状況はまだまだ不十分ですが、寝床の確保もできたので寝ます!
パソコンの位置が変わると落ち着かないなぁ

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーX 

深海の暗闇に潜む悪鬼どもよ
穢れた神話の眷属どもよ
父の科学は俺に第二の命をくれた
大海原は俺の故郷
蒼い波を走る俺の銀と黒を見よ


仮面ライダーXが、ようやくS.H.フィギュアーツで発売されましたーッ!!
未発売のまま終了した装着変身シリーズから云年。 待ちに待ったXライダーが昭和の7人ライダー最後の1人として登場です!


パッケージ
SHF_MaskedRider_X_01.jpg

仮面ライダーXらしくメカメカしいシルバーが用いられたパッケージ。
どことなく初期の頃のS.H.フィギュアーツを思い起こさせる地味パッケージに見えなくもありません。


SHF_MaskedRider_X_02.jpg

付属品の関係でブリスターは2段重ね。
平成のメカニカルライダーであるファイズを連想させるロングポールとライドロープの配置。
これは狙ったものなのか、ただの偶然か?


SHF_MaskedRider_X_03.jpg

ライドル・ロングポールの長さの分、通常パッケージよりも幅が広めのサイズになっています。


SHF_MaskedRider_X_04.jpg

プロポーションは発売済みとなっている昭和ライダーらと概ね一緒。
体型を細くアレンジしすぎるS.H.フィギュアーツ内においてバランスが取れていると思います。

個人的にはスーツの色はもう少しグレーよりのほうが好みなのですが、まぁ細かいことは気にするな!で
今はただただXライダーが発売されたというだけで嬉しい(笑

神 VS GOD っていう図式が面白いですよね。
魅力溢れる造形の多い神話怪人からも何か発売してくれないかなぁ。
悪人怪人のちょびヒゲのヒトデでも可!


SHF_MaskedRider_X_05.jpg

額に輝くVとV はプラスチック製となっています。 破損にご注意を!


SHF_MaskedRider_X_06.jpg

ガードラングは上下で分割されています。
軟質素材が使用されているため、胸や腹部のひねり可動にもじゅうぶんに対応してくれます。

スーパー1やライダーマンと同じロール軸可動が採用されている上腕。
上腕のロール可動はポーズ付けには大いに役に立ってくれるのですが見た目の印象としてはイマイチ…

ベルトのバックル部にはクリア素材が使用されており、中の風車も確認することができます!


SHF_MaskedRider_X_07.jpg

付属品 その1
ライドルホイップ、ライドルスティック、マフラー2種、ボタン付きグリップ
ポール部の持ち手×2、グリップ部の持ち手×2、2本指指し(ポーズ手)×2
平手(指折り)×2、平手×2、開き手×2、開き手(ポーズ手)×2

その他、パッケージの状態で握り手×2が装着されています。
驚くほど種類豊富なハンドパーツが付属。


SHF_MaskedRider_X_08.jpg

付属品 その2
ライドルロングポール、ライドロープ


SHF_MaskedRider_X_09.jpg

S.H.フィギュアーツのマフラー付きライダーではお馴染みとなっているマフラーの取り付け・交換ギミック。

首後方に好みのタイプのマフラーを取り付けます。
首側がボールジョイントの受け穴、マフラー先端部がボールジョイントになっています。


SHF_MaskedRider_X_10.jpg

ベルトからライドルのグリップを引き抜くことが可能です。
また付属品のボタン付きグリップはライドルホイップ、ロングポール、スティック、ロープ、全てのグリップとの交換に対応!

雰囲気アイテムっぽいけどボタン付きのグリップは非常にナイスな付属品だと思います! こういうのは嬉しい!


SHF_MaskedRider_X_11.jpg

ハンドオプション色々。


SHF_MaskedRider_X_12.jpg

長さは以下、参照。

・ライドルスティック 約7cm
・ライドルホイップ 約11cm
・ロングポール 約22cm
・ライドロープ 約42cm


SHF_MaskedRider_X_13.jpg

昭和ライダーは高いところがよく似合う!


SHF_MaskedRider_X_14.jpg


SHF_MaskedRider_X_15.jpg


SHF_MaskedRider_X_16.jpg


SHF_MaskedRider_X_17.jpg


SHF_MaskedRider_X_18.jpg


SHF_MaskedRider_X_19.jpg

エックス ケーーーッ! (訳 : エックス キーーーック!)

個人的にXライダーは大大大大好きなのですがジャンプ → 鉄棒 → X字ポーズ → キックの流れの格好悪さは擁護できません!(笑
あと敬介のパーマも。


SHF_MaskedRider_X_20.jpg

私もライダー生け花に挑戦! …む、難しい('ω`;)


胸部のガードラングに軟質素材を使用、上下でパーツを2分割したことで上半身の可動を殺さなかったのはお見事!
見た目を損なうことなく上手くまとめられた処理だと思います。
ライドルを使ったアクションポーズを取らせる際に、じゅうぶんすぎるほど役立ってくれる上腕のロール軸ですが、
どうも上腕ロールのついたスーパー1、ライダーマンを見ると、そのしわ寄せが体型全体に及んでしまっているような…
それでもXライダーはまだマシには見えるのですが。

Xライダーの武器であるライドルも全種付属!圧巻ともいえる充実したハンドパーツ類!
おまけにボタン付きのグリップが付属と至れりつくせり。
これで握手ハンドとアーム爆弾が付属していようものなら、まさにバンダイくるい虫地獄 (意味は分かりません / 笑)


それにしても7人ライダーが揃って本当に嬉しいな。
戦隊の5人ないし6人(もしくは7人)が勢揃いするのとはまた別格な嬉しさです(もちろん戦隊も揃えば嬉しいです)
あとはこの勢いのままゼクロスの発売をもって10人ライダー集結!といきたいところですね。
シリーズ違いではありますがULTRA-ACTでウルトラ6兄弟の勢揃いというのも実現しますし。
まさにバンダイくるい虫地獄 (意味は分かりません / 笑)
今までのバンダイとは一味違う!一体、何が?



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーXでした。






SHF_MaskedRider_X_21.jpg

ぬぅおぉぉぉぉい!ちょっと待てぃ!
ちょっと強めに指のお腹でさわっただけで、凄く簡単に塗装がはがれた!
なんだこの食い付きの弱すぎる塗料は?

…駄目だ、いつものバンダイだった(´・ω・`)

figma コブラ (COBRA THE SPACE PIRATE) 

寺沢武一原作の漫画 左手にサイコガンを持つ宇宙海賊が Max Factory figma シリーズに登場!!

それは まぎれもなく ヤツさ~


Number179_Cobra_01.jpg

コブラ~♪ ふふふふーん♪


Number179_Cobra_02.jpg

非常にシンプルなたたずまいの全身、赤のスーツ姿。
単色ではありますが、筋肉の造形部に自然と影が落ちるなど部位ごとで明暗がくっきりと分かれるので単調さは感じません。

画像では赤が明るく出すぎてしまいましたが、実際はもっとトーンの落ちた色になっています。
…慣れていない黒バックで撮影に挑んだら自滅した(´・ω・`)


Number179_Cobra_03.jpg

交換用フェイスパーツは付属しません!
口には葉巻取り付け用の穴が開けられてしまっているので、葉巻をくわえさせていないと取り付け用の穴が丸出しになります。
常時、葉巻をくわえている不健康なコブラ...

それにしても横から見た時に確認できる団子っ鼻がgood!


Number179_Cobra_04.jpg

いい具合のマッチョさです。
顔や腕の塗装がややベタ塗りっぽくも感じるので、肌の露出している所はタミヤのウェザリングマスターなどで、
陰影やハイライトを付けてみるのもいいかもしれません。

提案した本人がまずやってみせろ!と?(笑


Number179_Cobra_05.jpg

付属品

リボルバー式拳銃、ケース状義腕、交換用左腕、眼球可動用工具
ハンドパーツ(右手首 8種、左手首 4種)、ライター、葉巻×2

その他、台座+アーム、収納袋が付属します。
パッケージの状態ではサイコガン、握り手(右)が装着されています。


Number179_Cobra_06.jpg

眼球可動ギミック

頭部前面(フェイスパーツ)を外し、裏面の眼球可動用ピンを動かすことで目線を好みの位置へと調整することが可能となっています。
画像からも確認できると思いますが、眼球は左右独立して可動させることができます。
調整が意外と難しい...


Number179_Cobra_07.jpg

左腕(通常)とサイコガンは上腕のスーツ部で差し替えが可能になっています。
抜き差しに関しては硬すぎず、柔らかすぎずでちょうどいいテンション!
過度な負担をかけることなく楽に交換できる上、パチンと音を立ててハマってくれるのが非常に気持ちいいです!


Number179_Cobra_08.jpg

サイコガンの先端を外し、ケース状の義腕をかぶせることでサイコガンの抜きシーンの再現が可能となります。


Number179_Cobra_09.jpg

ハンドパーツ色々(右手首 8種)
左手首用のハンドパーツ 4種は、最上段の3種 + 中央の段、左画像と同じ形状のものが付属しています。


Number179_Cobra_10.jpg

メタリック塗装が渋いサイコガン。
先端、銃口部の穴は再現されていません! ピンバイスで開口してあげると見栄えがよくなるかもしれませんね。

提案した本人がまずやってみせろ!と?(笑


Number179_Cobra_11.jpg


Number179_Cobra_12.jpg


Number179_Cobra_13.jpg


Number179_Cobra_14.jpg

抜き


Number179_Cobra_15.jpg

投げ捨て


Number179_Cobra_16.jpg

構え


Number179_Cobra_17.jpg

どーん


Number179_Cobra_18.jpg

一服


Number179_Cobra_19.jpg


Number179_Cobra_20.jpg

いるさっ ここにひとりな!!


凄くカッコいいです!
なんだか、こんなに出来のいいコブラが手に入ったってだけで満足!

個体差なのかは分かりませんが、交換用手首パーツの差し込み穴がキツキツだったというくらいしか文句はありません。
以前、仮面ライダーインサイザー(シザース)を購入したときには付属パーツの軸穴収縮を防止するためとのことで、
透明のジョイントパーツが付属してきましたが、その軸穴収縮というのが起きてしまったのでしょうか? うーん、分からん。
※とりあえずキツキツだった手首の差し込み穴はピンバイスを使って調整・対処しました。

『COBRA』シリーズの第2弾としてレディの発売も決定済み!
原作でも印象的だったしゃがみポーズ再現用のボディパーツや、コブラ用のウインク顔&サイコガンエフェクトなど
付属品も盛りだくさんなのでそちらの発売も楽しみです。
あとはイベントでの展示があったクリスタルボーイの続報待ち!! 出さないとは言わさない! …出してください …出したほうがいいと思う
出せ!(笑


ああああああああああああああああ、メガハウスのエアバイク買っておくんだったーーーー!
…って、過去の記事を確認したら9,800円くらいにしてくれ(定価 15,800円)って図々しい事を書いていました(笑

買おうか、やめよか音頭はとっていたんですけどねー
私のウルトラエクセレンス第六感コンピューターの分析に狂いが生じたようです。 …無念



最近、週刊少年ジャンプ系がやたらと熱い! figma コブラでした!




おまとめキター 

5月に発売された玩具類がまとめて通販ショップから届きましたー!


Cobra.jpg

まだコブラしか開封していないのに遊んでいたらこんな時間に!!
やべー、楽しい!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。