トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ アポロガイスト 

魂ウェブ商店より発売の限定商品 S.H.フィギュアーツ アポロガイストです!
(受注期間:2013年4月5日~2013年6月9日)


パッケージ
SHF_Apollogeist_01.jpg

マント付きキャラはパッケージのサイズに厚みを持たせないとならなければいけない。
そんな慣わし(そんなものはありません)を無視した標準サイズのパッケージです。


SHF_Apollogeist_02.jpg

GOD秘密警察第1室長 アポロガイストがS.H.フィギュアーツに登場!
幹部という設定ですが仮面ライダーやV3で登場した幹部とは違い、ハカイダーのようなライバルキャラという印象が強いですね。
プルトンロケットの発射実験を目撃した登山家であり、妖怪と戦う超神の1人、そして四次元空間のタクシードライバー。
渋い低音ボイスの打田康比古さん(ダンディ)は今現在、何をしていらっしゃるのでしょう。

シンプルな元デザインを上手く再現できていると思います。
各関節部は上腕にロール軸を持たない昭和ライダー勢(1号、2号、V3、ショッカー戦闘員など)に近い造り。


SHF_Apollogeist_03.jpg

大きすぎず、小さすぎもせずといった絶妙なサイズの頭部が素敵!
変にスタイルよくアレンジを効かされたものよりも、劇中で見慣れた野暮ったさがあるほうが断然印象がいいです。


SHF_Apollogeist_04.jpg

全身の黒スーツはブーツ・グローブがつやあり、胸部が半光沢、その他はつや消しと部位によって光沢の度合いが異なります。
マントは軟質素材で、非可動タイプとなっています。


SHF_Apollogeist_05.jpg

マントはアポロガイスト本体の肩に取り付け穴があり、マント内側の突起を差し込む形で固定されています。

上半身をちょこちょこと動かしているだけなら、マントパーツも割と固定された状態を維持することが可能。
が!脚を大きく前後させるような動きをとらせると、ちょっとした干渉でもあっさりとマントパーツが外れてしまいます。


SHF_Apollogeist_06.jpg

マント非装着。

マントを装着時のバランスで造形された長めの首。
首が細長いことも相まってマントを外しただけで一気に弱々しい見た目へ… やはり室長はマントあってこそ。


SHF_Apollogeist_07.jpg

付属品
アポロショット、ガイストカッター、開き手×2、アポロショット持ち手(右)、ガイストカッター持ち手(左)

パッケージの状態で握り手×2が装着。
少々、物足りなさを感じるセット内容です。


SHF_Apollogeist_08.jpg

アポロショット、ガイストカッター用の持ち手のグリップ感は良好!
握りこみがしっかりしているので安定した保持力があります。


SHF_Apollogeist_09.jpg

アポロショット

特にギミックなどはありません。
銃口が開口された造りになっているのが地味に嬉しい!
銃のお尻部分(何ていうネーミングか知りません)は細い硬質パーツが使用されているので破損に注意。


SHF_Apollogeist_10.jpg

ガイストカッター(裏面)

ガイストカッターは本体パーツからグリップパーツを取り外すことができます。


SHF_Apollogeist_11.jpg

ガイストカッター本体からグリップパーツを外し、専用の持ち手で握らせ本体へ再装着させます。
専用の持ち手が隠れるほど、厚みをもった造形がされていて非常にカッコいい!


SHF_Apollogeist_12.jpg

Xライダーと...

(╬☉Д⊙) #○+△?÷☆■$ッ!

これくらいのサイズ差なら… ってのを軽く超えちゃってます。
ポーズを取らせてしまえばある程度、大きさの違いも誤魔化せるとはいえ何だかなぁ...
ショッカーのデカ戦闘員といい、こういうところに無頓着なのは勘弁してほしいです。


SHF_Apollogeist_13.jpg

単体で見たときの出来がいいだけに余計に悔やまれる大きすぎな体型。


SHF_Apollogeist_14.jpg


SHF_Apollogeist_15.jpg

シンプルデザイン・すっきり造形なのだけに可動範囲は優秀です。
肩の可動範囲が少し狭いかなというくらい。

個体差かどうかは分かりませんが股関節と足首が緩めな感じがします。


SHF_Apollogeist_16.jpg

なんだかんだ敵幹部、ライバルキャラと絡ませるとライダーも引き立ちます。


SHF_Apollogeist_17.jpg


SHF_Apollogeist_18.jpg

銃使いキャラは他キャラと絡ませるのが難しい><
ライドル持ちのXライダーとチャンバラさせるには再生アポロガイストのほうが相性がいいかもしれません。


SHF_Apollogeist_19.jpg

カッコいいんだけどなぁ。


いちフィギュアとしてアポロガイスト単体をみれば完成度、満足度共に高い商品だと思います。
ただ、S.H.フィギュアーツという、いちブランド内で立体化された商品と考えると…うーん。
明確にスケール表記がされていないとはいえ、他キャラと並べたときにここまで大きさに差異が出てしまうのは正直いただけません。
(もちろん、原作の設定などを考慮し、それを再現した上での大きさの違いであれば文句もありませんが)

同じブランドでも長いこと商品展開を続けていれば仕様の変更・各部の改良によりサイズにも多少の違いは出てくるとは思います。
すべてをすべて同等のスケールで統一してくれとは言いません。
…言いませんが、せめて、せーめーてパッケージにもロゴ印刷されている 『仮面ライダー○○』 というこの作品枠内!
この枠内に当てはまるキャラ同士くらいは、もう少し統一感をもたせて商品化しようという配慮があっても… というのが本音。
それ以外、悪いところが見当たらないだけに凄く勿体無い。


再生アポロガイストの受注がはじまっています。
購入をお考えの方は注文忘れのないようご注意を! 受注期間は2013年11月05日までだそうです。
うーん、東映ヒーローネット限定の再生アポロガイストはどうしようか迷うなぁ…

【外部リンク】・東映ヒーローネット



大きめなサイズを受け入れることができるのであれば間違いなくいい商品だと思います!
魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ アポロガイストでした。





受注中のハリケンブルーの体型なんとかせぃ!
スポンサーサイト

ULTRA-ACT ウルトラマンタロウ 

ULTRA-ACT よりウルトラマンタロウが発売されましたー! …だいぶ前に


パッケージ
Ultraman_Taro_01.jpg

ULTRA-ACTのデフォパッケージです。


Ultraman_Taro_02.jpg

ウルトラマン No.6! ということでテレビシリーズ同様にウルトラ6兄弟の大トリを飾ることとなったウルトラマンタロウ。
9月に発売予定のウルトラセブン(リメイクVer.)が残っているとはいえ、これでひとまず6兄弟が勢揃いです!

昭和の7人ライダー、マジンガー御三家に続きウルトラ6兄弟もコンプですよ!
今までの出し渋り病は一体なんだったのか?と。 あのバンダイが大盤振る舞いをしています。 不吉です!


Ultraman_Taro_03.jpg

顔は似ているような、似ていないような。
試作サンプル時のものと比べると微妙に精悍さが失われてしまっているような気がします。


Ultraman_Taro_04.jpg

軟質素材の胸プロテクターの金のポッチは細かく塗り分けがされています。
初期装備で腕に装着されているのはキングブレスレット。


Ultraman_Taro_05.jpg

付属品
ストリウム光線再現エフェクトパーツ、交換用 胸プロテクター、ブレスレットランサー、キングブレスレット
交換用左腕(タロウブレスレット)交換用左腕(ブレスレットなし)、カラータイマー(赤)、ディスプレイ用ジョイント
開き手(右)、ブレスレットランサー持ち手(右)、キングブレスレット持ち手(右)、平手×2、開き手×2

その他、パッケージの状態で握り手×2、カラータイマー青が装着されています。


Ultraman_Taro_06.jpg

ハンドオプションいろいろ

ブレスレットランサー、キングブレスレットの持ち手の保持力は良好! 文句なし。
光線のカラーリング再現が難しいのは分かりますが、なんぼなんでもこの色は…

ムック、ガチャピン、ムック、ガチャピン、ムック、ガチャピン、ムック! ポンポポンポポン ポンキッキー!!


Ultraman_Taro_07.jpg

ブレスレット装着、未装着時の再現をする手首パーツの付け替えは新マンと同じ方式です。

【記事リンク】・ ULTRA-ACT ウルトラマンジャック


Ultraman_Taro_08.jpg

カラータイマー交換ギミック。

私の購入したものはそうでもありませんが、カラータイマーが簡単に外れてしまうものが多いみたいです。
購入時に外から確認をしたところで外れやすいか、そうでないか判断できないので完全に運任せ?

楽に取り外しができ、且つ外れにくいという上手い装着方法はないものですかね。
キャラによってはカラータイマーがめり込んで取り出し困難というのもあるし… 難しいですね。


Ultraman_Taro_09.jpg

2種類の胸のプロテクター。

背面部側が分割されているおかげで、頭部を取り外すといった手間もなく楽に交換することが可能です。


Ultraman_Taro_10.jpg

プロテクターは胸に2箇所、背面部分に2箇所設けられた穴へ取り付け。
最後にカラータイマーを装着。

動かしているうちに簡単にプロテクターが浮いてきてしまいそうな造りですが、思っていた以上にしっかりと装着できます。


Ultraman_Taro_11.jpg

ブラザーズマント装着用の接続部とディスプレイ用ジョイントパーツの接続部。

ディスプレイ用ジョイントパーツ接続部を隠しているメクラ蓋のハマリが物凄く弱くポロリを連発します。
ウチのは新マンのメクラ蓋 (ブラザーズマント) のハマリも緩々…

カラータイマー同様、取り付け方法を改善していただきたい部分ですね。


Ultraman_Taro_12.jpg

教官。


Ultraman_Taro_13.jpg


Ultraman_Taro_14.jpg


Ultraman_Taro_15.jpg


Ultraman_Taro_16.jpg


Ultraman_Taro_17.jpg


Ultraman_Taro_18.jpg


Ultraman_Taro_19.jpg


Ultraman_Taro_20.jpg


Ultraman_Taro_21.jpg


Ultraman_Taro_22.jpg


Ultraman_Taro_23.jpg

ムック、ガチャピン、ムック、ガチャピン、ムック、ガチャピン、ムック!


Ultraman_Taro_24.jpg


Ultraman_Taro_25.jpg

不良とか不具合の類ではありませんが、タロウで最も痛いのがストリウム光線ハンドに付いたままになってしまうボールジョイント。
取り外しにくいんじゃー! アホー アホー!

ストリウム光線エフェクトの手首ジョイントに限っては交換式にせず、備え付けの固定ジョイントでもよかったのでは?


Ultraman_Taro_26.jpg

はやく大きくなりたーい!

記事にするのをモタモタしていたら、いつのまにやら放送が開始されていたウルトラマンギンガ。
…タロウが面白キャラになってるんですけど(笑

石丸博也さんボイスのタロウはあまり馴染めずにいましたが、コミカルなキャラとして演じられると妙に馴染み深く、
違和感なく感じてしまうのは、やはりジャッキー・チェンの日本語吹き替えの影響が大きいせいでしょうか。



腹部のシルバーに少し汚れがあったものの塗装全般は綺麗だと思います。
各関節部のテンションも悪くなく、緩々で素立ちさせることすら困難等々といった問題はまったくなし。

顔の造形やプロポーションは人それぞれ好みがあると思うので、不満に思う方もおられるかもしれませんが個人的にはOKかな。
(他のキャラもそうですが、もともとULTRA-ACT独自のムキムキマッチョ体型なアレンジが加わっちゃっていますし)

キャラ特有のプロポーション差異を前面に押し出してくれればそれに越したことはないんですが...
全体的なバランスが完全に崩壊してしまっているとか、体の部位、部位によってチグハグになっていることもありませんし、
いい出来なんじゃないかなと思います。


怪獣枠、星人枠というものが存在するのかは知りませんが、タロウと対峙させることができる敵キャラも一体くらいは欲しいですねー。
人気があるところだとタイラント、バードン、テンペラー星人辺りになるのかな?
私の予想ではウルトラマンギンガの発売にあわせて、タオルや工事現場ヘルメット付属のバルキー星人がくる!
発言に責任は持たない!(笑



ULTRA-ACT ウルトラマンタロウでした。




[ 2013/08/20 20:06 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(2)

デジカメを買いました 

いろいろと試し撮り


camera_06.jpg

紫が紫色として出てくれる!素晴らしい


camera_07.jpg


camera_08.jpg


camera_09.jpg


camera_10.jpg


camera_11.jpg


camera_12.jpg


凄く面白い。
はやく慣れないと。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。