トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

壊れたものを直したり 

またまたブログの更新に間が空いてしまいました。
通りすがりの働くおじさんです。

D161031_01.jpg

先日、通りすがりの遊んでるおじさんが、CCP社製ソフビフィギュア サンシャインを持って部屋の中をウロウロしていたら
サンシャインの腹部からソフビらしからぬ ペキッ♪ というレアな音が… 聞こえたなと思ったその瞬間……






D161031_02.jpg

サンちゃんの下半身がすっ飛んでいきましたー!ヽ(`Д´)ノ
真っ二つ


D161031_03.jpg

上半身と下半身の接続部 (ソフビでいうところの湯口) が綺麗に取れちゃいました。
原因は経年で可塑剤が抜け、湯口そのものが硬くなっていた + 寒さ といったところでしょうか。

赤丸で囲った湯口の接合部が薄いというのも原因かもしれません。
ノギスで測ったところ厚さは1ミリもありませんでした (ちょっと貧弱すぎでないかい?)

常に負荷のかかっている場所ではないので、普通にディスプレイ等するぶんには特に問題ないと思いますが
発売からだいぶ経つ商品でもあります。お持ちの方は経年劣化を念頭に入れたお取り扱いされたほうがいいかもしれません!
上半身を持ってブンブン振り回したりすると (私もそんな扱いはしていませんが) サンちゃんが分離してしまいますよー


ということで、直すのに何か良い方法はないものかと思案。


D161031_04.jpg

湯口を再接着しての再生は厳しそうなので、塩ビパイプを軸にして上半身と下半身とを繋げてみようかな?と思っていたところ、
ちょうど使い切った後のお手軽掃除用品 「コロコロ」 の芯を発見!ハメてみたら意外にも凄くしっくりとくる(笑
径のサイズもいい感じなので、マスキングテープで太さを微調整。


D161031_05.jpg

グォッフォッフォッ
さすがサンシャイン!将軍様から首領格として認められただけはある。 簡単に直ったぜー


D161031_06.jpg

ついでに同じくCCP社製のロビンマスク2.0のヨロイの塗装も手直し
シルバー塗装が吹き付けられていたヨロイの内側をウイノーブラックで塗装し直しただけ。

玉子とみそ汁もつけてな
さすがロビン!正義超人のリーダー格なだけはある。 簡単に直ったぜー


そもそもヨロイの内側が黒ってどうなんだろうか?メリハリが効いてるので見た目としては悪くないと思うけど。


D161031_07.jpg

キン肉マンな流れのままS.H.フィギュアーツの悪魔将軍を原作カラーにリペイント!
目のカラーリングも原作風に 黒 / 赤 にしようと思ったのですが、黒地に白目のままが結構イケてる感じ。
白目が目立ってカッコよさげなのでとりあえずこのまま。


D161031_08.jpg

色味を確認するためにスプーンでテストも。
左 : 下地にMr.カラーのウイノーブラックを塗装、その上からガイアノーツのEXシルバーを吹きつけ。
右 : 下地はスプーンの地の色 (白) にガイアカラーのEXシルバーを吹きつけ。
※右の上半分はEXシルバーを吹きつけたまま、下半分はスーパークリアIIIでコートしたもの。

結局、下地処理やらをして塗装工程が増えるのが面倒になったので下地処理などは一切せず!!!
将軍様の股間パーツとサイドアーマーにEXシルバーを吹いて終了(笑
微妙にサイドアーマーの色が明るいかなぁ?ってレベルなので、これでOKです!

ORIGINAL COLOR EDITIONとやらが出はじめているので、待っていれば原作カラーの発売もありそうですけどね。
魂ネイション2016の展示を見ても肉が盛り上がっているようだし、このまま人気が続くといいなぁ
ストロング・ザ・武道はビッグ・ザ・武道のリデコじゃなく新造形の体型で作ってほしいです。できれば白鵬っぽい体型で。


D161031_09.jpg

ついでに真骨彫の仮面ライダーWのリペイントも!
と、思ったけど今日はここまで!

股関節のバラし方が分からん。

ガ~リガ~リ君 

当たった!ちょっと嬉しい!

garigari.jpg

駄菓子屋でアイスを買ってた小学生のころとは違うからなぁ…
当たり棒を持ってスーパーにはいけないぜ
これ持ってレジに並ぶのかな?そんなの嫌すぎる


ガリガリ君リッチとは交換できません ('ω`;)

CCP Muscular Collection Vol.DX ロビンマスク 2.0 第20回超人オリンピック決勝戦 ハイスペックVer. (原作カラー) 

CCP Muscular Collection Vol.DX ロビンマスク 2.0 第20回超人オリンピック決勝戦 ハイスペックVer. (原作カラー)です!
商品名、長すぎっす。


パッケージ
CMCDX_RobinMask2_HighSpec_01.jpg

いつものです。 という、いつもどおりのコメント。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_02.jpg

ここ最近発売される商品のほとんどにアドベント、ハイスペック、匠仕様の3グレードが用意されていますが、
今回はいつも購入しているアドベントの1つ上のグレード、ハイスペックをチョイスしてみました。


■オプションパーツ
CMCDX_RobinMask2_HighSpec_03.jpg

■アドベントVer.
オプションパーツなし。握り手仕様のボディが付属。

■ハイスペックVer.
鎧、前腕アーマー×2、ヒサシなしの頭部が付属。 鎧持ち用ボディが付属。


■匠仕様
鎧、前腕アーマー×2、ヒサシなしの頭部が付属 (メッキ加工)、アドベントとハイスペックVer.のボディ2種が付属。

■匠仕様 (レジン製)
鎧、前腕アーマー×2、ヒサシなしの頭部が付属 (メッキ加工)、 ハイスペックVer.のボディ1種のみが付属。
肩の分割線の埋め加工。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_04.jpg

キン肉マン総選挙2013年の結果発表でも使われているイラストを元に立体化!
画集に載っているイラストが元になってるのかな? 勉強不足で申し訳ないです ('ω`;)
ま…まぁ元の元を辿ればコミックスの第20回超人オリンピック決勝戦の一コマです。 そ、そういうことで!

ちなみに今回のロビンマスクは中空のソフビ製ではなく、無垢のPVCとなっています。
なのでズッシリとした重みがあります。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_05.jpg

おぉ!! ロビンマスクがヨ…ヨロイをはじめて脱ぎましたー!!

超人オリンピック決勝で本気モードに入ったロビンマスクが鎧を脱いでから、マスクのヒサシを割る自爆劇までの
貴重な姿の立体化とも言えますね。
うぅむ、カッコイイ。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_06.jpg

ぐるっと
パンツが隠れていると一気に変態っぽく…(´・ω・`)


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_07.jpg


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_08.jpg


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_09.jpg

額の覗き穴 (?) が少々もっさりとしてシャープさに欠ける印象。
あと目の黒い部分ですが、マスク内部の影と考えるとつや消し黒で塗装したほうが説得力があるような気が…
なんで奥まった影の部分がテカってるのさ。 そんなの不自然だわ! \そうだ!/ \そうだ!/


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_10.jpg

上半身


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_11.jpg

肌は、赤味のさした血色のいい色合い。
くすんだ黄土色っぽい肌よりこっちのほうが断然、好みです!


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_12.jpg

手で挟み込むようヨロイを手に持たせます。
ヨロイはプラ製で軽量化が図られていますが、手に持たせた際の安定感は…バッチリとまではいかないかなぁ
と、いっても普通に飾っている分にはポロリポロリと落ちることもないと思いますが。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_13.jpg


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_14.jpg


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_15.jpg

付属のヒサシなし頭部を取り付け。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_16.jpg

簡単に頭部の抜き差しができるのはPVC無垢の強みですね。
ソフビ製の湯口と違い、着脱の際に温める必要がないのでパーツの交換も手間が掛かりません。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_17.jpg

ちなみに上半身と下半身の接合部。
ベルト中央の丸いパーツだけ別パーツになっているのは何かワケがあるのかな?


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_18.jpg


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_19.jpg


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_20.jpg

VS ジャンクマン

今以上のパワーを出すには… 体を軽くするんだ―――っ!!


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_21.jpg

VS マンモスマン

超人預言書 1979年7月の項―
霧の都より鋼鉄の仮面と鎧に身を包む紳士超人 日の昇る国にて行われる世界超人競技会に現れる
紳士超人 その大会にて世界の超人たちよりその強さと人望を認められ その後結成される正義超人軍団の主将に選ばれる
地球を襲う外敵に いつも先陣を切って向かっていくその紳士超人を人々は 正義の貴公子ロビンマスクと呼ぶ――



CMCDX_RobinMask2_HighSpec_22.jpg


カッコイイです!
ただバッファローマン 2.0のときのような、うぉ?なんじゃこりゃぁ!すげぇぇ みたいな狂った感動はなかったかも。
何て言うんでしょうね?もちろんカッコイイことに間違いはないんだけれども、無難にそつなくまとまった優等生的な格好よさ?
そんな書き方をしたら、まるでバッファローマン 2.0が無難でなく、そつなくまとまっていないみたいですが(笑
うーん、難しいな。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_23.jpg

今回のロビンマスクは、ある意味ゆで先生の完成された絵が元になっているだけに、それが立体化されたのを見ても
おっ!似てる、ロビン、カッコイイ!で感想が終わってしまうと言うのかな。

もちろん造形師さんなりの解釈、2次元を立体化する際の嘘など、さまざまな技術が盛り込まれ製作されているとは思うのですが、
元が嘘の少ない絵なだけに、そこにプラスアルファで造形師さんの手を加える余地が少ないと言えばいいのか?…ぐ~む


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_24.jpg

バッファローマン 2.0だと左の絵が右の立体物として化けたワケですが、これが元画に似ているかと言われればまったく似てない。
(そもそも左の絵は誰が描いたの?という話も)
だけど右の立体化されたものは紛うことなきバッファローマン!そしてカッコイイ。
バッファローマンという素材を殺さず、ポンコツな絵 (失礼) を見事な解釈、嘘を織り交ぜ立体物へと昇華させた。
そこにはロビンマスクで感じることの少なかった、プラスアルファを多分に感じることができた。
それが、うぉ?なんじゃこりゃぁ!すげぇぇ となった部分なのかもしれない。

そう考えるとキャラのイメージを損なわず、バランスよく立体化さえしてもらえれば、
必ずしもそれが原作絵なり、画集イラストにそっくりである必要はないのかも。 と、そんなことを思いました。
今回のロビンは、似せるというコンセプトを大前提に製作されたんでしょう。…多分、きっと
ど素人が偉そうに!って話ですね。すみません \うむ/

だんだんと自分でも何を書いているのか分からなくなってきたのでロビンマスクに話を戻しますが、
ロビンは間違いなくカッコイイです!無垢のPVCなのでズッシリ感もあります!筋肉の造形も見事です!肌もくすんでなくて良好!
買って後悔するような、へなちょこフィギュアではありません。
鎧着用のロビンを発売するときには傷ありのヒサシ、ユニコーンヘッド、バラクーダヘッドあたりも付属してもらいたいですね。
今回のロビンと互換性をもたせてくれたら完璧!よろしくお願いいたします。


あ、1箇所だけ文句を言わせてください

CMCDX_RobinMask2_HighSpec_25.jpg

ヨロイの内側は全面が黒で塗装されているんですが、緑で囲ったところに注目してください。
光が反射しているだけだと思うでしょ? そうじゃないんです! なんとシルバーで塗装が吹きつけられちゃってるんですよ!
しかも、よりによってロビンに持たせたときに前方にくるほうが。
しっかりマスキングしてください!塗り直すの面倒くさいんじゃ!!!あほ~



CCP Muscular Collection Vol.DX ロビンマスク 2.0 第20回超人オリンピック決勝戦 ハイスペックVer. (原作カラー)でした。