トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

MANGA REALIZATION バオー来訪者 バオー 

そいつに触れることは死を意味する!

これが!

バオーだッ!!
 バル!バル!

漫画のキャラクターにアレンジを加えたアクションフィギュア MANGA REALIZATIONの第2弾としてバオーが発売されました!


パッケージ
Baoh_01.jpg

第1弾で発売されたウイングマンのようにVer.違いのパッケージが数種用意されているという事はありません。
パッケージは扉が開くタイプ(こういうパッケージの正式名称は何て言うのかな?)
扉の内側には監修をおこなった原型師、竹谷氏デザインのイラストや原作の紹介文等々が載っています。

可動がメインのアクションフィギュアスタイルと、半固定でのディスプレイがメインとなるディスプレイスタイル、
それぞれに専用の下半身パーツが付属します。 一粒で2度美味しい仕様です。

では、まずアクションフィギュアスタイルから


アクションフィギュアスタイル
Baoh_02.jpg

造形監修:竹谷隆之氏 造形:藤岡ユキオ氏

画像だと水色、水色したカラーに見えますが、デジカメ撮影による紫成分がどっか飛んでいっちゃう現象(フェノメノン)のためです。
実物はもう少し紫っぽいカラーリングになっています。


Baoh_03.jpg

付属品
開き手(メルテッディン・バルム・フェノメノン エフェクト付)、手刀(エフェクト付)
開き手×2、手刀×2、怒り顔(咆哮)、リスキニハーデン・セイバー・フェノメノン(エフェクト付)

※取扱説明書ではエフェクト付のパーツはディスプレイスタイル用パーツとして記載されています。


Baoh_04.jpg

通常顔
初期の荒木絵というんでしょうか?ツルンと描かれたバオーと比較すると全くの別物ですね。
S.I.C.から派生したアレンジありきなシリーズなので元と違って当たり前なんですが。


Baoh_05.jpg

怒り顔(咆哮)
MANGA REALIZATIONなんだからアレンジするにしても、もっと漫画寄りなアレンジで良かったのに…
雨宮慶太監督による実写化って感じです。


Baoh_06.jpg

上着の皮、ベルトの質感が素晴らしいです。 ギャバングローブも同様。
黄色シャツは色味が明るすぎ、綺麗すぎのような気がしますね。
腰のチェーン付け根のパーツが青って… ついでに言うと、ヒザ関節パーツが後ろから見ると青丸出しなのもいただけない。


Baoh_07.jpg

首は顔をうつむかせる方向へはある程度、動くもののその他の方向への可動は厳しめ。
胴体(胸)の可動はそれなり、のけぞらせる分には優秀ですが前方への可動はほぼなし。
肩、腕はよく動きます。
残念すぎるヒザ可動… 画像のが目一杯、曲げた状態。


以下、ウォォォム バルバルバル

Baoh_08.jpg


Baoh_09.jpg


Baoh_10.jpg


Baoh_11.jpg


Baoh_12.jpg


Baoh_13.jpg


Baoh_14.jpg


ディスプレイスタイル
Baoh_15.jpg

付属品
台座、マーチン頭部、ディスプレイ用下半身、チェーン


Baoh_16.jpg

マーチン
体毛、目、舌にクリアパーツを使用。 重たいです。
S.I.C. アクマイザー3のガブラといい舌がクリアパーツとか何を意図してクリアにしているのかが分からん。


Baoh_17.jpg

異様にキモイので注意!(手遅れな注意喚起!/苦手な人すみません)
無駄に気合が入っています。 S.I.C. 変身忍者 嵐に続いてこちらでもやたらと凝ったディスプレイ台座。
竹やんは台座を作りたいだけなのではないか?という疑問が...


Baoh_18.jpg

アクションフィギュアタイプとディスプレイタイプの下半身を交換。 接続部は画像の通り。
何かを意図して作られてはいるのでしょうが、上半身と下半身がやたらとポロポロ分離する効果不明な形状をした接続軸。


Baoh_19.jpg

実際に下半身を交換してディスプレイスタイルで。
細かなポーズやら、使用するパーツなどはお好みでー


Baoh_20.jpg


バオーがウォーケンとの戦闘時(裸足)なのに台座がマーチンだったり、細かな所を挙げていけばキリがありませんがお気に入り。
難点はやたらと分離してしまう上半身と下半身の接続部、下半身の可動の弱さ、ポロリしやすいセイバー・フェノメノン、
抜けやすい手首でしょうか。
…あ、あれ?結構、難点多いな。 アクションフィギュアとしては一昔前って感じです('ω`;)
アレンジされた造形に関しては完全に好みの問題ですね。

アクションフィギュアスタイル、ディスプレイスタイルと2通り選べるという商品仕様が非常に良いと思います。
購入時に一通り遊び、そのあと飾ったら飾りっぱなしになるパターンが多いのでS.I.C.にも是非、導入していただきたいと。
台座はこのマーチンや、S.I.C. 変身忍者 嵐ほど大きくなくてもいいですけど半固定用の半身パーツは欲しいですね。

以上、MANGA REALIZATION バオー来訪者 バオーでしたー!





■MANGA REALIZATION バオー来訪者 バオー (あみあみ)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する