トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

特撮リボルテック No.009 ジャイアントロボ 

海洋堂より発売の特撮リボルテックから ジャイアントロボです。

ブースカ、バラゴン、ガメラ、ギャオスと欲しいものが沢山ありながらも

tama.gif

という状況のため購入のタイミングを逃していたシリーズですが、いつのまにかNo.009まで発売になっていたようで。
まぁ、そんな私の懐事情は置いておいて…


パッケージ
GiantRobo_01.jpg

特撮リボおなじみの扉式パッケージ。
店頭で売れ残ってるものは大抵、扉のマジックテープ同士がくっついて片側だけパッケージから剥がれちゃったりしていますね。

それにしてもシブいナイスパッケージ!


GiantRobo_02.jpg

色々な形で作品化されているジャイアントロボですが、横山光輝 大先生の原作漫画版に1番近いのはやはり特撮のロボですね。


GiantRobo_03.jpg

付属品
掴み手×2、ミサイルロケットハンド×2
握り手×2、開き手×2
ディスプレイ台座、ネームプレート

その他、リボコンテナ、リボチップ(10P)が付属、パッケージの状態では平手×2を装着されています。
リボルテックでお馴染みのV字型の専用台座+ジョイント付きの支柱は付属しません。


GiantRobo_04.jpg

全体的につや消しで、所々ウェザリング塗装が施されています。
落ち着いた雰囲気で質感も良いです。 ウェザリングは少々、オーバー気味な気もしますが。

特撮リボとまではいかないまでも、リボルテックヤマグチはもう少し塗装をマットに押さえたほうが、
安いおもちゃっぽさが消えて、格段に印象が良くなると思うんだけどな。


GiantRobo_05.jpg

ジャイアントロボ特有の関節部の蛇腹は、腕、脚パーツとリボルバージョイントの間に挟み込むようになっています。
ヒジ関節にリボルバージョイントは使用されておりません。

ちょっと蛇腹の色が濃いですかね。


GiantRobo_06.jpg

この無表情さがたまりません。


GiantRobo_07.jpg


GiantRobo_12.jpg


GiantRobo_08.jpg

指先(ミサイルロケット)はちゃんと赤とシルバーで塗り分けられています。 細かい!
あ!この顔は原作漫画っぽい。


GiantRobo_09.jpg


GiantRobo_10.jpg


GiantRobo_11.jpg

ロケットの噴射エフェクトパーツは欲しかったですねー 凄い細い炎のやつ。
劇中に近い形での飛行ポーズを取らせるのも余裕。


GiantRobo_13.jpg

もちろんリボルテックシリーズならではのダイナミックなポーズも可能!
ジャイアントロボらしからぬポーズですね。


GiantRobo_14.jpg

付属するディスプレイ台座と。


GiantRobo_15.jpg

使いこなせない画像編集ソフトをいじっていたら、なんか雰囲気のある写真ができあがった奇跡。
後ろのはコトブキヤから発売されているメカニカル・チェーンベース。


以上! リボ全体に言える事ですが、真っ直ぐ立たせるのが非常に難しいです。 ジャイアントロボは特に脚可動の難易度 高。
まぁ、色々といじっていればその内、それらしいポーズに落ち着くと...
逆にヤケクソ気味にいじっていたら、思いもよらぬナイスなポーズになるという事も。
この辺がリボの遊んでいて楽しい所でしょうか。

V字型ディスプレイ台座+支柱の代わりに、丸い台座+ネームプレートが付属してくる辺り、
動かして遊ばずとも、ディスプレイしておくだけでじゅうぶんな満足感が得られるよという自信の現われでしょうか。
実際、直立姿勢で飾るだけでもサマになる良い出来になっていると思います。

特撮リボ初になるジャイアントロボでしたが、塗装による質感のクオリティの高さを実感しました。
発売予定にあるモスラとか綺麗そうで楽しみですね、今まで買い逃してしまっていたものも含め購入していきたいなと。
このシリーズでレッドバロンとかマッハバロン出ないかな?

特撮リボルテック No.009 ジャイアントロボでした!





■特撮リボルテック No.009 ジャイアントロボ (あみあみ)
■特撮リボルテック No.008 バットマン (あみあみ)
■特撮リボルテック No.012 モスラ (あみあみ)
■コトブキヤMSG メカニカル・チェーンベース 007 (あみあみ)
■コトブキヤMSG メカニカル・チェーンベース 008 (あみあみ)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する