トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 DIO 覚醒版 

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険シリーズも第三部キャラを一通り出し終え、無事に第四部へ移行!と思いきや、
ザ・ワールドの2NDカラー発売や、第三部キャラで商品化されずにいたジョセフ&イギーといった補完をまじえつつで、
四部キャラが中々、揃いません('ω`;)
そんな中、またしても第四部キャラ置いてけぼりで第三部キャラが発売されました。

では、DIO覚醒版のご紹介。


パッケージ
sas15_Dio2_01.jpg

パッケージ脇に書かれている DIO 覚醒版 という文字は、ほとんど解読不能な状態に!


sas15_Dio2_02.jpg

第三部のクライマックス 対承太郎戦で、窮地に追い込まれたDIOがジョセフの血を吸い復活を遂げた時の容姿です。
血を吸い 覚醒・パワーアップを遂げたはずなのに何故か弱体化したイメージが強いです('ω`;)

パンツがダボついているせいか、上半身がやや細身に見えますね。


sas15_Dio2_03.jpg

付属品
開き手×2、表情違いの開き手×2、人差し指突き出しハンド、血しぶきパーツ取り付け用の人差し指ハンド
血しぶきパーツ、別表情ヘッド

パッケージの状態で握り手×2が装着、その他、いつもの台座が付属。

道路標識、ナイフ、ナイフを持ったハンドオプション、別表情ヘッドが2種付属した通常版のDIOと比べると、
ちょっぴり内容が寂しいような気もしますが、通常版DIOの付属品が豪華すぎたんですよね。


sas15_Dio2_04.jpg

今回、付属の擬音プレート&支柱。
擬音プレート用の支柱はL字型のもので、角度の調整などはできません。


sas15_Dio2_05.jpg

首のつけ根には星型のアザも再現されています。 首から下だけ立体化される事が多いジョナサン('A`)

通常版のDIOでは黄緑色だった装飾品が水色になっています。 鮮やかで非常に綺麗です。
28巻の表紙イメージでしょうかね? 水色でも特に違和感はありません。


sas15_Dio2_06.jpg

パッケージングされた状態ではこの顔がデフォ。
若干、髪の先端がダルい気がしますが、顔の塗装はかなり立派。


sas15_Dio2_07.jpg

付属の別表情ヘッド。
デフォルトのヘッドパーツは、後ろ髪が後方へ跳ねているような感じになっていますが、
こちらの後ろ髪は下に垂れた状態になっています。

通常版 DIOのヘッドパーツを取り付けてみようと試みましたが、ボールジョイントの径が小さく変更されていました。
残念!


sas15_Dio2_08.jpg

グリグリグリグリグリ
   最高に「ハイ!」ってやつだアアアアアアハハハハハハハハハハーッ
                                        グリグリグリ


血しぶきパーツ用の人差し指ハンドは、人差し指の先端が接続軸として造形されています。
それを穴の開いた血しぶきパーツに接続。
塗料の溜まりがあったのか、いくらやっても差し込めなかったので先端の接続軸を微妙に細く削りました。


sas15_Dio2_09.jpg

ボリボリボリボリボリ
   なじむ 実になじむぞ フハハハハハ
                     ブシュブシュ


最高に「ハイ!」ってやつ~ だけではもったいないので血しぶきパーツの他の使い道を考える。


あまりナマナマしいエフェクトパーツや付属品というのもなぁ…
ジード団の内臓とか、ジェイソンの生首とかリボはやりすぎではないだろうか…


sas15_Dio2_10.jpg

「世界」 時よ止まれッ!


sas15_Dio2_11.jpg


sas15_Dio2_12.jpg


sas15_Dio2_13.jpg


人によっては顔が似ていないなど違和感を感じる方もいるかもしれませんが、
私は覚醒後のDIOにたいしては確固たるイメージがあまりないので、特に問題なく受け入れる事ができました。
…それほど思い入れがないとも( ̄□ ̄;)!!
ただ色が違うだけの2NDとは違うので、これはこれで買っておいて正解だったなと。

同メーカーから発売が予定されているロードローラーのペーパークラフトとセットで本領を発揮するアイテムかもしれませんね。
次弾はザ・ワールド SAND Ver.だそうで…('ω`;)
あのぅ、そろそろ本腰を入れて第四部の充実をはかってはいただけないでしょうかね? いやホントに。


以上、超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 DIO 覚醒版でした。
・記事リンク 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 DIO





■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 DIO 覚醒版 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 ザ・ワールド3 SAND Ver. (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 吉良吉影 (あみあみ)
[ 2010/08/28 00:06 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(6)
本日ようやく購入しました。

また店頭で選別したのですが、
塗装は例の如く良し悪しが混在しており、良し:3、悪し:7ぐらいの割合という感じで・・・

塗装もさることながら、今回は顔の出来にかなりムラがありました。

一緒に行った友人が気付いたのですが、
アイプリントのズレや目のラインが太かったり細かったり、唇の塗装や眉間のシワの違いで、
モノによって威嚇しているように見えたり、悔しがっているように見えたり、無表情に見えたりと・・・
製品によって全然表情が違って見えました。

「人形は顔が命!」

ということで、友人と一緒に店頭にある全部をチェックしました。40個ちょっと!(かなり無茶・・・)

その中で「一番迫力がある顔だ!」と友人に勧められたのを買って来ました。

まったくもー。
製品の出来が安定していれば、こんなことしなくて済むのになあ・・・。
頼みますよメディコスさん・・・
[ 2010/09/03 19:51 ] [ 編集 ]
こんばんは どうもです。

>モノによって威嚇しているように見えたり、悔しがっているように見えたり、無表情に見えたりと・・・
>製品によって全然表情が違って見えました。
毎度、通販にお任せしている私は店頭で見比べた事がないのでいまいちピンと来なかったのですが、
同じ覚醒版DIOを複数購入、ほぼ同じ角度で撮影した比較画像を見てオォ!と思いました。
物凄い三白眼で上目使いなおっかない顔だったり、柔らかな目をした、ただのオカマ顔だったりというのが、
確かに存在していますね。
モノによって全然、違う表情っていうのが理解できました。 頭でなく心で!

出来の良し悪しというのも、100点に近いのものと2、30点くらいの酷いものが混在しているという訳ではないんですよね。
限りなく100点に近いようなものもあれば、70点くらいのものもあるって感じで。
全部が全部、同じレベルでの出来なら探しにもいかずに納得せざるを得ないんですけど、探せば出来の良い顔が出てくるというのが何とも。

全部が満点な出来なら気兼ねなく通販が利用できて楽なんですけどね。
しかし、店頭在庫を全部チェックって… 由花子の目を探すコーイチッ!(笑
[ 2010/09/03 22:23 ] [ 編集 ]
>同じ覚醒版DIOを複数購入
何てブルジョアなんだろう!
うちのは「物凄い三白眼で上目使いなおっかない顔」かな?

>限りなく100点に近いようなものもあれば、70点くらいのものもあるって感じで。
せめて平均90点ぐらいで安定させて欲しいですね。
帰宅して開封したら別表情ヘッドの右ほっぺに紫色の大きなホクロが…ちくしょう!
と思ったのですが、指で撫でたら取れた。
塗料片が乗っかってただけでした・・・おどかしやがってー。

>しかし、店頭在庫を全部チェックって…
さすがに二度とやりたくないです…

ちなみに前回の骨折ジョセフの交換品ががメディコスから送られてきましたが、
店頭で購入したものよりも塗装の良いものでした!(ほー)
っていうか、ハゲ、汚れ、はみ出しも全く無く、グラデもきれい。
文句をつけるところのない100点満点の塗装でした。
…ちゃんとできるじゃん…
[ 2010/09/04 02:01 ] [ 編集 ]
どもです。
>せめて平均90点ぐらいで安定させて欲しいですね。
っ!!ハードル高っ!
購入者のほとんどの人が受け入れているであろう現状のレベルで、
製品としてはじゅうぶんな出来という事じゃないでしょうかね。

多少、難があろうが、たまたま手にした一体を何かの縁だと思って購入しちゃうくらいの
ゆとりを持って集めた方が楽しいですよ。
[ 2010/09/07 00:54 ] [ 編集 ]
>製品としてはじゅうぶんな出来という事じゃないでしょうかね。
確かにそうですね。
値段を考えたら充分以上の出来ですよね。

ジョジョの大ファン故に、ついつい厳しい目で見てしまった…
反省、反省。

>たまたま手にした一体を何かの縁だと思って
すてきな考え方だ!(風花ちゃんっぽく)
うぅ…さらに反省、反省。

第1弾のスタープラチナ以来、息切れせずに続けてくれてること自体嬉しいことですからね。
ジョジョのキャラクターがずらりと並べられるって幸せー。

基本を忘れず楽しみます。
[ 2010/09/07 02:13 ] [ 編集 ]
>第1弾のスタープラチナ以来、息切れせずに続けてくれてること自体嬉しいことですからね。
まったりと超像革命を展開してるメーカーか?って感じがしますよね。

一番、気になる顔の造形にほとんど不満をもった声が出てないのも凄いですよね。
(それだけにアイプリのズレが惜しいとも…)
特に『誰?太郎』の2ND発売時には、しっかりと『ハンサム太郎』に!
しかも『青太郎』に『黒太郎』の分も付属させる『初期太郎』購入済みの人への配慮。
これはメーカーの超像ジョジョにかける、本気度がうかがえましたね。

不満が積もり積もって時々、フンガーッとなるのは仕方ないですよね。
[ 2010/09/07 23:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する