トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツEx ギルスレイダー 

魂ウェブ商店限定で発売された、復刻バイクシリーズ S.H.フィギュアーツEx ギルスレイダーです。
(受注期間 2010年4月30日~6月14日)


パッケージ
SHF_GillsRaider_01.jpg

マシントルネイダー同様、S.H.フィギュアーツの一番オーソドックスなタイプのパッケージ。


SHF_GillsRaider_02.jpg

マシントルネイダーと比べ、これといったギミックのない普通のバイクフィギュアです。
ポピニカ版からオミットされてしまったギミックなどはありません。

簡素ながらも過去にポピニカ版のものを紹介しているので、よろしければそちらもご覧になってください。
【記事リンク】 ポピニカ DXギルスレイダー


SHF_GillsRaider_03.jpg


SHF_GillsRaider_04.jpg

付属品
魂STAGE他、支柱、各種クリップ等々が一式。
デモンズテール(ショート)、デモンズテール(ロング)

パッケージの状態ではデモンズテールショートが装着されています。


SHF_GillsRaider_05.jpg

付属の魂STAGE。


SHF_GillsRaider_06.jpg

ポピニカ版との大きな変更点としてフロントフォーク以下、タイヤを左右へ振る事が可能になっています。
ハンドルはポピニカ版同様、固定のままなので連動して可動するというものではありませんが嬉しい追加ギミックです。


S.H.フィギュアーツ版とポピニカ版との変更点などの比較です。
※以下、左画像がS.H.フィギュアーツ版、右画像がポピニカ版
SHF_GillsRaider_07.jpg

S.H.フィギュアーツ版のギルスアイ(赤い球体)はメタリックレッドの塗装からクリアパーツに変更。
より劇中のギルスレイダーに近い雰囲気が出ています。


SHF_GillsRaider_08.jpg

ハンドル周りは細かく塗り分けされています。


SHF_GillsRaider_09.jpg

ガッカリポイントのシート。 テッカテカです。
ただでさえ、メタリックグリーンという訳の分からんテカテカな色をボディカラーにチョイスしてるのにシートまでもがテカテカ。
つや消しの方が、いかにもシートらしい質感が出て良かったと思うんだけどなぁ…


SHF_GillsRaider_10.jpg

S.H.フィギュアーツ版のギルス・ストーンは黄緑色、ポピニカ版はやや濃い目の緑色。
微妙な違いですが一応...


SHF_GillsRaider_11.jpg

フロントフォーク下部、ブレーキディスク、ブレーキキャリパーに使用されていたダイキャストが不採用に。


SHF_GillsRaider_12.jpg

ポピニカ版のエンジン周りはつや消しブラック一色でしたが、S.H.フィギュアーツ版はエンジンとステップ周辺のパーツで、
色分けがされています。
エンジンの色は黒鉄色っていうのかな?濃いガンメタ?
マフラー(エキパイ)に付いているパーツもシルバー一色だったものに追加塗装が施されています。


SHF_GillsRaider_13.jpg

スタンドは見た目にも大きな変更箇所ですね。
ポピニカ版のスタンド可動部を大幅にいじるでもなし、スタンドの形状のみを変更した上手い処理!


SHF_GillsRaider_14.jpg

スイングアーム、スプロケ、チェーン、チェーンガードとリアタイヤの周囲パーツが丸々、つや消しブラック一色だったポピニカ版と違い、
S.H.フィギュアーツ版はちゃんと塗り分けが施されています。
随分、すっきりとした印象になります。


SHF_GillsRaider_15.jpg

リア反対側
こちらもパーツごとにちゃんと塗り分けられています。

以上、気が付いた変更点はこんな所。


SHF_GillsRaider_16.jpg

ポピニカ版と。


SHF_GillsRaider_17.jpg


マシントルネイダー同様、これまた当時品の出来が良いので、大きな変更をするまでもなく復刻できたという感じですね。
ただ、贅沢を言わせてもらえばホイールは新規で作り起こして欲しかった所。
スポークの太さがホイールと同等の幅とか流石にかっこ悪いっす! 遠めから見ると意外と誤魔化しが効くんですけどね。
あとはポピニカ版でも不満だった、ギルス・ストーンを覆ってる金色パーツの形状の修正…
まぁ、これらは復刻という事なので修正されずとも仕方のない所ではありますが。

バイク単体の出来は綺麗なメタリックグリーンでの塗装、細かなパーツの塗り分けなど満足いく仕上がりだと思います。
タンクやデモンズテールにある装飾(模様)が濃い緑ではなく黒で塗装されていたり、かなりメリハリを効かせたカラーリングで、
じゅうぶんにカッコいい出来、カッコいいカラーリングになっていると思います。 オリジナル要素が入りまくりですが...

実際に手元に届いて、実際にギルスを乗せてみない事にはどれだけマッチするか分からないという事もあり、
メタリック仕様なのを承知で購入してみましたが、先に発売となっていたギルスの暗く渋めなボディカラーに対して、
あまりにもメタリックカラーが鮮やかすぎて、搭乗させた時の違和感が想像以上でガッカリ('A`)

先にバイクに乗せるべきキャラであるギルスが発売となっているのだから、ギルスのボディカラーに合わせ、
ポピニカ版のトーンを全体的に落としたものにシャドー吹きして、陰影をつけるというだけでも感じが出たと思うのですが。
そのほうが劇中のギルスレイダーのカラーに近いものが出来あがったような気がします。
あくまでもメタリックでいくと言うのなら、もう少し濃いめのメタリックグリーンにするとかね…

マシントルネイダーがメタリックなのはともかく、バトルホッパーやアクロバッターまでもがメタリック塗装されていますが、
S.H.フィギュアーツには  バイク = メタリック という決まりごとでもあるんでしょうかね? 
その割には、一番メタリックであってほしいハードボイルダーが残念な事になっていますが。


う~ん、このメタリック仕様のギルスレイダーは、装着変身のギルスのほうが合うんじゃないかなぁ?


以上、魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツEx ギルスレイダーでした。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーギルス (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーエクシードギルス (あみあみ)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。