トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

ULTRA-ACT ウルトラマンベリアル 足首の可動改修  

先日発売のウルトラマンゼロと絡ませていて、ベリアル様の足首可動の渋さからくる接地性の悪さというのを改めて思い知りました。
という事で、今更ではありますがディスプレイケースから引っ張り出したついでにいじってみました。

では


Ultraman_Belial_Kai_01.jpg

使用したのはHOBBY BASE(イエローサブマリン)から発売されている関節技 球体ジョイント(ダークグレイ)

・12mm径のジョイント×1
・10mm径のジョイント×4
・ 8mm径のジョイント×3
・ 6mm径のジョイント×3

というセット内容で500円ほど。

今回は8mm径ジョイントを使用。


Ultraman_Belial_Kai_02.jpg

ベリアルの脚からジョイントを引っこ抜いて、ピンバイスで足に穴(3mm径)を開けるだけ。
画像左側のは、元々ベリアルで使用されていたジョイントです。 形状だけでも参考にしてください。

※球体ジョイントが奥まで差し込めるよう、開口した穴の入り口周辺部だけデザインナイフで少し広めに削ってあります。


Ultraman_Belial_Kai_03.jpg

ジョイントの軸を真っ直ぐにした状態で穴に突っ込んでみました。
大体、開口した穴の角度は右画像のような感じです。

※ピンバイスでの開口作業でパーツを貫通してしまわないよう注意してください!


Ultraman_Belial_Kai_04.jpg

元のジョイントと比較。
球体ジョイントに変更すると数mm身長が高くなってしまいます。 …が気にしない。

ベリアル本体の脚のほうの加工はなし。 組み直せば完成!
ですが、元から脚に開いていた穴とのテンションを調整するために球体ジョイントの軸の部分を瞬間接着剤で太らせてあります。


Ultraman_Belial_Kai_05.jpg

実際に取り付けた状態です。


Ultraman_Belial_Kai_06.jpg

接地性が格段に向上しました。


Ultraman_Belial_Kai_07.jpg

M78私立ウルトラ学園、創立以来のワル というような事も可能に。


簡単な改修方法で済むので、足首の可動に難ありと思っている方はぜひ挑戦を!
足に穴を開けるという、本体に手を加えなきゃならない改修に抵抗がある方もおられるかもしれませんが効果は大きいと思います。

注意!)分解、改造をおこなう方は自己責任でお願い致します。
     既に改修された方のやり方を参考に、自分なりに注意した方が良い箇所等をまとめました。


以上、ULTRA-ACT ウルトラマンベリアル 足首の可動改修でしたー。
ホント、小ネタですが。




[ 2010/10/07 02:13 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する