トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

超合金魂 GX-56 零影&爆竜 その弐 

超合金魂 GX-56 零影&爆竜の続き紹介記事になります。
【記事リンク】 超合金魂 GX-56 零影&爆竜 その壱


gx56_Bakuryu_25.jpg



■海魔・爆竜への変形
gx56_Bakuryu_26.jpg

ショルダーキャノンを跳ね上げ。


gx56_Bakuryu_27.jpg

スネ部をカバーしている脚部アーマーパーツを太ももの位置までスライド。


gx56_Bakuryu_28.jpg

脚部のアームを引っ張り出して、かかとパーツの起こし。


gx56_Bakuryu_29.jpg

左右のかかとパーツを起こしたら、脚部のアームを再び収納。


gx56_Bakuryu_30.jpg

ハンドパーツを外し、前腕部のツメを回転。


gx56_Bakuryu_31.jpg

肩のヒレパーツを後方へスライド。


gx56_Bakuryu_32.jpg

背中に折りたたまれている尻尾パーツを起こし、引き出し。
取扱説明書に載っている尻尾パーツ先端部の向きが一部逆になってたりします。


gx56_Bakuryu_33.jpg

海魔・爆竜の頭部の引き出し。


gx56_Bakuryu_34.jpg

ボディを左右に展開。
結構、左右に押し広げるのが大変! 細いパーツ、薄いパーツが多用されているので取り扱いは要注意!!


gx56_Bakuryu_35.jpg

海魔・爆竜の頭部をフレームごと持ち上げ、爆竜(人型時)の頭部を収納。


gx56_Bakuryu_36.jpg

海魔・爆竜のフレーム先端の蝶番部を起こします。


gx56_Bakuryu_37.jpg

上の手順で起こしたパーツをボディ内部へ接続。
腹部内にあるジョイントパーツを前方へ起こします(黄色矢印)


gx56_Bakuryu_38.jpg

海魔・爆竜関連の付属品
飛影コア型のダミーパーツ、背面カバー、頭部パーツ


gx56_Bakuryu_39.jpg

腹部内の起こしたジョイントパーツに引っ掛ける形で、飛影のコアパーツを装着。
背中側に背面カバーパーツを取り付け。


gx56_Bakuryu_40.jpg

海魔・爆竜の頭部 2種比較
左が元々装着されていた頭部、右はイメージ重視の頭部。 お好みでー

以下のものは全てイメージ重視の頭部を装着して撮影してます。


gx56_Bakuryu_41.jpg

海魔・爆竜 完成!

…素敵


gx56_Bakuryu_42.jpg

こんなにカッコいいのに出番が少ないのがぁぁ!
序盤6話以降出番がなく、久方振りに合体したと思ったら零影に真一文字に切り付けられ飛影との合体が解除されてしまうという…


gx56_Bakuryu_43.jpg


gx56_Bakuryu_44.jpg

首の可動。
結構、上下するので表情はつける事ができますね。

頭部と首との接続はボールジョイントですが、左右にはあまり振れないかな。
変形の関係上、首全体がフレキシブルに可動するという訳ではないので顔だけがワキワキと横向いてもアレなんですが…


gx56_Bakuryu_45.jpg

口は開閉させる事が可能。
ノーマルの頭部と、イメージ重視の頭部どちらとも開閉は可能になっています。


gx56_Bakuryu_46.jpg

その他ギミックとしては、胸部アーマーを引き上げる事によって光波弾の発射時を再現できるようになっています。


■GX-54 コアタイプの飛影との合体
gx56_Bakuryu_47.jpg


gx56_Bakuryu_48.jpg

・海魔・爆竜のボディ内部の穴(黄色矢印)に、コアタイプに変形させた飛影の足の甲をはめ込みます。
 黒獅子との合体同様、少し取り付けが面倒かも
・飛影を収納したら、海魔・爆竜のボディ内部にあるロックパーツ(緑矢印)を左右から引き出し飛影をロック。
・海魔・爆竜の首カバーパーツを下ろします。
・背面カバーパーツを装着。


gx56_Bakuryu_49.jpg

コアタイプの飛影との合体完了!

かなり隙間ができてしまうので見た目的にはイマイチ。 とは言え、それなりに見えない事もないのでアリ!


gx56_Bakuryu_50.jpg


今回のセットも変形・合体機構を盛り込んだ爆竜、アクション性バツグンの零影と非常に満足のいくセット内容でした。
アクション性重視の零影は、先に発売された飛影と同レベルの可動を持っているので遊んでいて楽しいフィギュアになっています。
鳳雷鷹とセットとなっている飛影と併せて遊ぶ事で もうひとつの扉 が開かれる事間違いなし!

変形前と変形後での姿の違いという意味では、黒獅子や鳳雷鷹よりも若干大人しめに感じる爆竜ですが、なんのなんの変形後も、
十分に存在感を醸し出してくれる出来栄えになっています。

不満点といえば零影の体全体についた擦り傷!
あとはコアタイプ飛影の海魔・爆竜への合体にチとやりづらさを感じた所でしょうか。
変形タイプの飛影はコア状態に変形させた後に、もう少しカッチリとロックが掛かってくれたほうが遊びやすかったかなぁ...
変形タイプには是非とも、そういったカッチリ感が欲しかったですね。 …黒獅子の時に書くべき事か('ω`;)

GX-54から連続しての飛影シリーズでしたが、今回の零影&爆竜のセットをもって終了!
ともかく同一のタイトルから3種のマシンを発売するにあたって、セットの内容の組み合わせ方が実にお見事。
飛影(コア)、飛影(アクション)、零影(アクション)どれも無駄にならず、どれも決して手抜きになっておらず、
寧ろ、それぞれ単体で遊べてしまうほどのクオリティ! 飛影関連の武器の付属品も豊富ですしね。
もちろん、黒獅子、鳳雷鷹、爆竜もそれぞれ魅力溢れる作りになっています。

この飛影3商品は揃えれば、揃えた分だけ楽しさが倍率ドン!なシリーズになっているかとー


以上、超合金魂 GX-56 零影&爆竜でしたー!
【記事リンク】 超合金魂 GX-56 零影&爆竜 その壱





■超合金魂 GX-56 零影&爆竜 (あみあみ)
■超合金魂 GX-54 飛影&黒獅子 (あみあみ)
■超合金魂 GX-55 飛影&鳳雷鷹 (あみあみ)
■超合金魂 GX-59 未来ロボ ダルタニアス (あみあみ)
[ 2010/12/01 21:09 ] 超合金魂 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。