トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

リボルテック No.099 ゲッターアーク 

リボルテック最新作は 『ゲッターロボアーク』 よりゲッターアークが登場!

NHKで放送された 『マイスター魂』 という番組でフィギュアの原型師として山口勝久氏が出演された時、
ゲッターアークの原型が映ったのも随分と前のような気がしますね。
話しにも出ていなかったアークがまさかのNHKでチラ見せされ、かなり色めき立ったのを思い出します。


パッケージ
Getter_Arc_01.jpg

ゲッターロボ號の続編にあたるゲッターロボアークに登場。
ゲッターロボ(G・真)でパイロットをつとめた流竜馬の息子。「ゲッターの申し子」 流拓馬がパイロット。

原作ゲッターロボ號に登場したメシア・タイールの弟、山岸獏がゲッターカーンのパイロットとして登場したり、
恐竜帝国の生き残りバット将軍なども作品内に顔見せ。他にもあんなキャラやこんなキャラも!
また隼人も登場し、前作ゲッターロボ號からの繋がりが明確になっていて読んでいて非常に燃える作品になっています。
この程度で死ぬようなら、今死んだほうが云々~ という隼人の名台詞(?)はアークでも健在。


Getter_Arc_02.jpg

早乙女博士の最後の遺産 ゲッターアーク、キリク、カーンに変形。
真ゲッターロボをベースに禍々しいアレンジを加えたようなフォルムのゲッターになっています。


Getter_Arc_03.jpg

背面のトゲトゲがゲッターウイング。


Getter_Arc_04.jpg

顔はコウモリの羽を思わせるような意匠がなされており、より凶悪な雰囲気になっています。
前腕部のバトルショットカッターは通常時は腕に巻きつく形で収納されていますが、収納タイプの交換用の腕とかは付属しません。
原作と比べると、刃の部分の面積が大き目に造形されていますね。
ゲッターウイングは9本それぞれ独立して可動させる事ができます。


Getter_Arc_05.jpg

付属品
ゲッタートマホーク×2、ゲッタートマホーク接続用グリップ、引き裂きメカエフェクト×2
表情違いの開き手×4、武器の持ち手×2、ゲッターアーク交換用ヘッド(口を開いたタイプ)

その他、パッケージの状態で握り手×2、通常ヘッドが装着。
リボコンテナにリボチップ(10P)も付属します。


Getter_Arc_06.jpg

V字型のディスプレイベースに支柱、今回はL字型(というかV字型)のスタンド延長パーツが付属。
延長パーツの付属に伴い10mmのリボルバージョイントが2個付属。
エフェクトベースも付属。

スタンド延長用のパーツは以前からデフォルトで付属するようになっていたりするのかな?
リボルテックは作品ごとに飛び飛び購入なので、ちょっと詳しい事が分かりません。


Getter_Arc_07.jpg

頭部は物凄く小さく造形されているので仕方ない部分もあるかとは思いますが、口を開いたタイプの顔はちょっとカッコ悪いです。


Getter_Arc_08.jpg

ゲッタートマホークの二刀流。


Getter_Arc_09.jpg


Getter_Arc_10.jpg

物騒な武器を持ち、野性味たっぷりに襲い掛かる!というような戦闘がゲッターにはよく似合う。


Getter_Arc_11.jpg

接続用グリップを使用して双刃型に。


Getter_Arc_12.jpg


Getter_Arc_13.jpg

付属する引き裂きメカエフェクトパーツ。
パーツの裏側に手の形に合わせた凹みがあり、そこにオプションハンドをはめ込む形で装着。

意外とポロリ発生率は少なめ。


Getter_Arc_14.jpg

グシャァッ ブチブチブチィッ


Getter_Arc_15.jpg

面白いです。


Getter_Arc_16.jpg

サンダーボンバァアー!!

ゲッターウイングを放射状に展開してサンダーボンバーの再現。


Getter_Arc_17.jpg


先にも書きましたがNHKで放送された番組 『マイスター魂』から数年。まさか本当に発売される日が来るとは。
ゲッター好きな私にとってはたまらない商品です。
不満点は手首が抜けやすく、武器の持ち手のスイング基部が緩い所くらいですかね。
トマホークを持たせていると手首がカクンと…('ω`;)
あとは頭部がボールジョイント接続になっているのですが、後頭部側から見るとジョント部分がかなり丸出しな所。

ともあれアークの商品が手に入ったという喜びが、そんな微々たる不満を吹き飛ばしてしましますね。

原作者である石川賢ちゃんがお亡くなりになってしまい、その力の真価を発揮しない内に未完となってしまったゲッターアーク。
真ゲッターと比べ、いまいちインパクトに欠け消化不良気味な活躍のまま終わってしまったアークでしたが、
ゲッター好きにとって、たまらないアイテムである事に間違いなし!非常にカッコいいです!

月間ハイパーホビー通刊150号記念通販限定品としてゲッターアーク ブラックVer.が誌上通販されるそうなので、
ご購入を検討されている人はお忘れなく。
アーク発売に合わせて各ゲッターも再販され一気にゲッター線の汚染が広がっていますね。


あああああ、地下のゲッタードラゴンどうなったの?ねぇ、どう活躍させる予定だったの?
モヤモヤするぅぅ!


以上、リボルテック No.099 ゲッターアークでした。





■リボルテックヤマグチ No.099 ゲッターアーク (あみあみ)
■リボルテックヤマグチ No.031 OVA版ゲッター1 (あみあみ)
■リボルテックヤマグチ No.035 OVA版ブラックゲッター (あみあみ)
■リボルテックヤマグチ No.089 ゲッター號 (あみあみ)
■リボルテックヤマグチ No.037 真ゲッター1 (あみあみ)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する