トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 広瀬康一&エコーズACT1 

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第4部より広瀬康一&エコーズACT1が発売となりましたー。
また、同時にエコーズACT2&ACT3も発売されたので康一くん&スタンド3体がひと月で揃うという豪華な月。


パッケージ
sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_01.jpg

2体セットという事で、少し幅のあるパッケージとなっています。



■広瀬康一
sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_02.jpg

パッケージ越しに見た第一印象は小っさ!大きさは約9cmくらい

小さいサイズながらも、肩関節や股関節など仗助や億泰と同様の処理がされています。
つま先の可動はオミット。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_03.jpg

相変わらず出来の良い顔です。
学生服は仗助や億泰と比べるとシンプルですね。

仗助、億泰、吉良に続き、康一くんの靴も大流行中の杜王グリーン!(勝手に命名)


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_04.jpg

付属品(広瀬康一関連)
背負いカバン、学生カバン(手さげタイプ)
色々なタイプのハンドオプション×8、交換用頭部


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_05.jpg

付属品(広瀬康一&ACT1 共通)
小サイズのディスプレイ台座(6穴)×2
支柱×2、U字型アーム付きの支柱、L字型の支柱(長、短)1本ずつ。

カバンを背中に背負うと接続用の穴が隠れてしまいます、そんな時にはU字型アーム!そんな、メーカーの配慮がニクイ!


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_06.jpg

通常サイズの分割式ディスプレイ台座との比較。
小さいです。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_07.jpg

交換用の頭部

むむ、口のスミいれが途中で途切れてる。直しておこう


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_08.jpg

首の接続ジョイントは前後への可動はなく、固定になっています。
手首にボールジョイントは使われていません。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_09.jpg

背負いカバンは一部抜き差しできる部分が設けられてます。
先に上下共に接着されている肩掛けに腕を通して背負わせ、接着されていない箇所で固定するといった感じ。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_10.jpg

カバンのフル装備。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_11.jpg

仗助とボクらの億泰と。
もっとアンバランスになるかと思っていましたが、サイズも、バランスも良い感じです。
3人一緒に並べても違和感ありません。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_12.jpg

ついでにバッファローマンも登場!
同じシリーズとは思えないサイズの違い。

リュウタロスがキンタロスよりデカイとかね… ハッ!別メーカーの話しッ


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_13.jpg

足首の接地性はかなり渋めですね。



■エコーズACT1
sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_14.jpg

頭の先から、尻尾のジョイント部までのサイズが約3cmほど。
かなり小さなフィギュアです。

首と尻尾の付け根にジョイントを使用。
腕は上下へ可動させる事ができます、微妙ですが左右へ開く事も可能。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_15.jpg

かなり細かい所まで塗り分けられている事に感心。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_16.jpg

ヒジ関節が仕込まれていないのでポーズはイマイチ決まりきらないかな?と思いましたが結構、表情付けできて楽しい!
なんか可愛い。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_17.jpg

付属品(エコーズACT1関連)
ベンダブル方式の尻尾、握り手×2、擬音文字パーツ×2
卵の殻


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_18.jpg

左からバッファローマン、仗助、康一、ACT1

本当に小さいので紛失には要注意!


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_19.jpg

ベンダブルの尻尾を装着。
中にワイヤーが入っているので、自由なポーズをとらせる事が可能です。

取扱説明書にも記載されていますが安全性を考慮した仕様上、ワイヤーは先端部までは通っておりません(先端から2cmほど)


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_20.jpg

エコーズ誕生!

卵の殻パーツ底面に開いている穴へL字型の支柱を通し、ディスプレイ台座へ固定します。


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_21.jpg

ビシッ!


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_22.jpg

バギ!


sas19_HiroseKouichi_EchoesACT1_23.jpg


康一、ACT1共にサイズが小さいのですが不思議と割高感は感じませんねー。
私自身、こういうこまごまとしたものが好きという事もあるのかもしれませんが。

康一 + ACT 1+ 擬音 + 卵の殻 を小さな台座にまとめて飾った時の密度が良い感じ。
可動の面では通常サイズのものに比べ、若干劣ってしまう部分もありますが仕方なし。
仗助や億泰と並べても違和感がない、それだけでも満足!

2月、3月はキラークイーン、吉良吉影のセカンド版発売で小休止。
4、5、6月で超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第4部と締めとなります(予定の上では)
残りの連中が発売されるのが楽しみです。

このサイズで、これだけの出来のものが商品化できるなら間田(後期型)と玉美(後期型)もいけますね!!
他にもヌケサク、フィリップス上院議員、ペリーコロ、エンポリオ …ぎゃぁぁ、一般ウケがよく売れそうなものがない('A`)
個人的に、フィリップス上院議員とペリーコロとかは割と本気で欲しいんですが。


ワンフェス限定版の抽選販売、当たらないかなぁ。


超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 広瀬康一&エコーズACT1でした。





■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 広瀬康一&エコーズACT1 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 エコーズACT2&ACT3 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 キラークイーン・セカンド (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 吉良吉影・セカンド (あみあみ)
[ 2011/01/29 01:07 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(2)
まさか卵の殻まで付属してるとは思わなかった…どこかの会社も見習ってくださいよー

しかし7月から2部、9月からは5部とこれまたぶっ飛んだラインナップをしてくれるのはありがたいです

ジョセフにはもちろんビンコーラが付属したり、シーザーには鮮血のシャボンが付属するような気がする…
[ 2011/01/30 03:37 ] [ 編集 ]
どうもー おはようございます!

いいですよねー、こういう作品に対しての愛が感じられる付属品。
どこかの会社だったら、間違いなく初回特典という煽りに利用されちゃいますねー(笑

2部、5部楽しみですね!
色々なバージョンの服を持つジョセフをどうチョイスしてくるか凄く気になる所です。
ニューヨークVer.だったら本当にコーラとかありそうですね。
コーラが噴き出してて、他のフィギュアに向けて王冠をバチコーン!できるタイプのものを是非!
鮮血のシャボンも印象的なアイテムなので可能性大ですね!

そういえばパーマンを発売するとか、S.H.フィギュアーツでもぶっ飛んだラインナップが発表されましたね(笑

ライダーのみ購入という人の中には、財布休めに丁度良いと言ってる人も多いみたいですが、
藤子不二雄キャラ大好きっ子な私にとっては、新たなる地獄への入り口とも言えるまさかの超展開!
バンダイ恐るべし
[ 2011/01/30 07:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。