トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 エコーズACT2&エコーズACT3 

超像可動 広瀬康一&エコーズACT1と同日発売となった、エコーズACT2&エコーズACT3のご紹介です。

基本、ひと月に1体発売という販売形態をとっているメディコス 超像可動。
スタンドと本体が揃うのに月をまたがなくてはならなく、毎度モヤモヤ、ヤキモキとさせられますが、
本体キャラとスタンドが、まとめていっぺんに発売される今回のようなのもたまには良いもの!

発売を心待ちに、モヤモヤしている時もまた楽しかったりするので今まで通り月1体ペースでオッケー、オッケーなのですが。
金銭的な…フガフガ …問題もあるので。


パッケージ
sas20_EchoesACT2_ACT3_01.jpg

サイズは康一くん&ACT1と同様の幅広パッケージです。
【記事リンク】 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 広瀬康一&エコーズACT1



■エコーズACT2
sas20_EchoesACT2_ACT3_02.jpg

これまた小さいサイズで頭から足までで約3.5cm
首と尻尾の付け根にジョイントを使用。

尻尾の付け根のジョイントって左右に振る事はできないのかなぁ?
尻尾の向きを変えたくて動かそうとするんですけどびくともしなくて… 動かない仕様かしら? ご購入者の方の情報提供 求ム!

尻尾の付け根のジョイントは左右に振る事が可能!
(コメントにて情報を提供していただきました、ご協力ありがとうざいます!) - 2011年1月31日 追記 -


sas20_EchoesACT2_ACT3_03.jpg

鼻先のモールドがちょびヒゲのようです。


sas20_EchoesACT2_ACT3_04.jpg

付属品(エコーズACT2関連)
ベンダブル方式の尻尾、握り手×2、擬音パーツ×2(ベゴン文字 / ドジュウ文字)

パッケージの状態では開いた手が装着されています。


sas20_EchoesACT2_ACT3_05.jpg

付属品(エコーズACT2&ACT3共通)
小サイズのディスプレイ台座(6穴)×2
支柱×2、U字型アーム付きの支柱、L字型の支柱(長、短)1本ずつ


sas20_EchoesACT2_ACT3_06.jpg

肩の接続はボールジョイントで、ヒジ関節はありません。
※肩のボールジョイントは超像可動で使用されている共通関節パーツ クロノスジョイントではありません

横方向へ、かなり大きく広げる事ができます。


sas20_EchoesACT2_ACT3_07.jpg

脚は付け根の部分でロールさせる事が可能です。
ヒザ関節はなし。


sas20_EchoesACT2_ACT3_08.jpg

擬音パーツ
ベゴン文字のほうは球体、ドジュウ文字は円板状のもの、それぞれ異なる形状で立体化されています。
背面側に取り付け用の穴があり、付属品の支柱にさしてディスプレイする事が可能。


sas20_EchoesACT2_ACT3_09.jpg


sas20_EchoesACT2_ACT3_10.jpg

ぶん投げー


sas20_EchoesACT2_ACT3_11.jpg

こっちも、ぶん投げー


sas20_EchoesACT2_ACT3_12.jpg

ご主人様と。



■エコーズACT3
sas20_EchoesACT2_ACT3_13.jpg

首に前後(上下?)の可動部があり、肩・ヒジ・股関節・ヒザ・足首にクロノスジョイントが使用されています。
康一くんではオミットされてしまった、つま先に可動部あり。


sas20_EchoesACT2_ACT3_14.jpg

脚の可動の妨げにならないよう、腰巻きパーツ(前面部)を前方へ動かし可動域を確保する事が可能。

それにしても、腰にこんな突起があったなんてッ!…何度も、何度も、何度も、何度も読み返している漫画なのに


sas20_EchoesACT2_ACT3_15.jpg

付属品(エコーズACT3関連)
開き手×2、手刀タイプの手×2、交換用頭部(口をあけたタイプのもの)

パッケージの状態で握り手が装着されています。


sas20_EchoesACT2_ACT3_16.jpg

口をあけたタイプの頭部
この塗装のヨレヨレ具合はいくらなんでも…('A`)

アル中で禁断症状の出た中国の女工さんに当たったに違いないッ('ω`;)


sas20_EchoesACT2_ACT3_17.jpg

手首のジョイント部に ミクロマン・figma・リボルテック式 の可動が設けられています。
表情付けが豊かになるので、今後チビキャラ商品化の時は是非ともデフォで採用してもらいたいですね。


sas20_EchoesACT2_ACT3_18.jpg

ご主人様と比較


sas20_EchoesACT2_ACT3_19.jpg

脚の可動はヒザ・足首共に物凄く渋いです。
また、股関節は可動させたい方向へクロノスジョイントの向きを調整するのが凄く大変で、かなりイラが溜まります。

どちらにせよ腰巻きパーツに干渉してしまうので、脚を大きく開くような大胆なポーズをつける事はできないと思いますが、
股関節の処理は康一くんと同様の仕様にしてほしかったです。


sas20_EchoesACT2_ACT3_20.jpg

私の所にきたACT3は右肩のジョイント(胴体側の軸)がピクリとも動きませんでした S・H・I・T!ヽ(`Д´)ノ
お湯につけて温めてから徐々に動かして対処。

冬場など樹脂が冷えたりする場合によくあるそうなので、同様の症状がみられる方は、
取扱説明書の 可動部が固い場合は? の項をよく読んで対処しましょう!(自己責任でお願いします)


sas20_EchoesACT2_ACT3_21.jpg


sas20_EchoesACT2_ACT3_22.jpg


sas20_EchoesACT2_ACT3_23.jpg

ACT2&ACT3


sas20_EchoesACT2_ACT3_24.jpg


贅沢な勢揃い。
個人的には、ちょっとACT3が残念だったかな?
もう少し、下半身の可動に力を入れてもらいたかったというのが正直な感想。 …あ、あと塗装。
腰巻きパーツの関係で左右に大きく脚を開く事は無理だとしても、ヒザの可動範囲がもう少しばかり広ければ、
力強く踏ん張ったポーズがサマになるんじゃないかなぁ。

康一くんで使用されていた股関節の処理をACT3にも採用、逆にACT3の可動付きハンドパーツを康一くんにも採用!
と、そんな感じで2体の良い所をそれぞれに使用したら、もっと良くなったんじゃないでしょうか。
ヒザの可動は康一くん、ACT3どちらも渋いのであれですが…

康一くん&エコーズACT1と比べると、付属品に若干の物足りなさを感じるのと、製品の出来という点でマイナスな所もありますが、
ひとセット揃ったという満足感はかなり大きいです!
でも、可動やサイズにこだわりのある人からすると、やはりお高めに感じてしまうかなぁ…


超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 エコーズACT2&エコーズACT3でした。





■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 エコーズACT2&ACT3 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 広瀬康一&エコーズACT1 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 東方仗助 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 虹村億泰 (あみあみ)
[ 2011/01/30 07:35 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(4)
はじめまして、何時も楽しく拝見させて頂いております
act2の尻尾は通常の手首で使われて様なジョイントが
付いてますので私の固体では上下左右に振ることが出来て
います。
ちなみに私のact2はそこら中に金色の塗装跳ねが;;

以上ご参考になれば幸いです。
[ 2011/01/30 19:55 ] [ 編集 ]
はじめまして!こんばんはー

やっぱり尻尾ジョイントは上下左右への可動が可能なんですね!
もしかしたら接着されているのかも?と、一旦直すのを取りやめてしまったもので…
接着されているものを動かそうとして、壊しでもしたらそれこそ頭脳がマヌケですからね(笑
貴重な情報ありがとうございましたー!

>ちなみに私のact2はそこら中に金色の塗装跳ねが;;
楽しみに開封して、そういう個体に当たってしまうと本当にガッカリしてしまいますよね。
私も花京院の髪の毛に黒い塗料の飛び散りがあって、ディアボロ化していた事があったのでその気持ちはよく…

塗装のハネや塗装ハゲはもう少し厳しい目で製品チェックしてほしいですね!
陰影のついた綺麗な塗装がされている商品なだけに、塗装のハネとかでミソをつけちゃうのはもったいない!


可動するという事が分かったので早速、リベンジします!
よろしければ、これからも遊びにきてください!
[ 2011/01/30 23:00 ] [ 編集 ]
>尻尾の向きを変えたくて動かそうとするんですけどびくともしなくて… 動かない仕様かしら? 
私のACT2の尻尾も左右に動かすことが出来ました。
ただ、以前に購入したザ・ワールド3の肘関節のジョイントが接着されていて動かなかった例がありました。
もしかしたら接着されている可能性もなきにしもあらず・・・

>私の所にきたACT3は右肩のジョイント(胴体側の軸)がピクリとも動きませんでした 
私はACT1の首のジョイントがピクリともせず。
ジョイントをピンセットで挟んでギチギチとやっていたら動くようになったのですが、
作業中についつい力を込めてしまったらしく右足(右タイヤ?)の根元が折れていましたー。
皮一枚という感じでくっついていたので瞬着できれいに直りましたが、
やはり手を抜いてお湯ポチャしなかったのがいけませんでいした…。

とりあえず今回も塗装ハネやらハゲチョロやらあって文句も言いたいのですが、
一気に康一くんとエコーズ全員を並べると
「いや、もういいよ!康一くんとエコーズが出ただけで!」
と思ってしまうほど満足する出来でした。

これ2つに分けないで全部まとめて1セットでも良かったのでは…?
と思わなくもないですが。
[ 2011/01/31 03:13 ] [ 編集 ]
ふみさん こんばんは!

>もしかしたら接着されている可能性もなきにしもあらず
もう、まさに完全接着されてしまっているかのように、温めてみてもピクリともしません><
接着の可能性を疑ってかかったほうが良さそうですねー オノレー!
情報ありがとうございました!

>私はACT1の首のジョイントがピクリともせず。
癒着の問題はありませんでしたが、ACT1の首ジョイント(可動方向への分割線)が真横を向いてしまっていて、
首を上下に動かす事ができなかったのでピンセットでつまんで…というのは私もやりました!
小さい隙間部分の修正なので大変ですよねー、ジョイントが球体なだけにつまみきれないし(笑
タイヤ部は問題なく直ったようで良かったですねー!可動部位のように負荷がかかる場所でないというのも不幸中の幸い!

リボみたいにボディパーツとジョイントを簡単にバラす事ができればジョイントの向きを変えるのが楽なのに

>2つに分けないで全部まとめて1セットでも
全キャラの付属品がまとめて1つのブリスターに納まっている図を想像するとかなり豪華ですね!
開封しただけで、相当テンションが上がりそう(笑
バラにしたのは通常の価格帯で、お買い求めやすさを重視したかったというのもあったりするのかなぁ。

康一くん&愉快なエコーズたちが勢揃いすると賑やかになっていいですよね。
[ 2011/01/31 20:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。