トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 スタープラチナ 第4部Ver. 

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第4部より スタープラチナが発売されました。


パッケージ
sas22_StarPlatinum_01.jpg

初回版、リペイント版(限定)に続き3度目の発売となるスタープラチナです。
ジョジョの商品展開としては鉄板なキャラなんでしょうね。


sas22_StarPlatinum_02.jpg

水色と紫をベースにしたカラーリング。
ジョジョの奇妙な冒険 第5部の完結記念で出版された 『JOJO A-GO!GO!』 に掲載されたイラストがネタ元なのかな。


sas22_StarPlatinum_03.jpg

塗り分けは元のイラストを忠実に再現しているのですが、イラストで見るのと立体化されたフィギュアとではだいぶ印象が異なります。
特に口周りの配色は賛否分かれそうです。

目は4部劇中の絵柄に近く、クリッとした目になっています。 これまた賛否両論ありそう。
首と頭部の可動が優れているので、アゴを引いてあげると睨みの効いたイイ表情になると思います。

以前のものとデザインが大きく異なっているのは、フリーザ様のようなブーツですかね。
何でいきなり、こんなヒーローチックなブーツに変更したんだろうか?


sas22_StarPlatinum_04.jpg

同じ超像可動でもキン肉マンのほうでメインに取り入れられていた、肩のスイング機構がジョジョシリーズでも採用。
肩を前後に動かせるようになった事で、より自然なポージングが可能になりますね。

また、肩のアーマーパーツはクロノスジョイントで本体と接続するようになっています。


sas22_StarPlatinum_05.jpg

肩アーマーは上下、前後へ自由に取り回す事ができます。 ジョイント接続の効果はかなり大きいですね。
肩アーマー自体、軟質素材なので腕と干渉しても塗装が擦れハゲてしまう心配はなさそう。


sas22_StarPlatinum_06.jpg

付属品
木片、木片用の持ち手(左)、交換用頭部(叫び)
指突き出し手×2、開き手×2、別タイプの開き手(左)

その他、超像可動 ジョジョシリーズでお馴染みの分割台座+支柱が付属。
パッケージの状態で握り手×2、頭部(通常)のものが装着されています。


sas22_StarPlatinum_07.jpg

通常 / 叫び

確かに漫画チックな目ではありますね。


sas22_StarPlatinum_08.jpg

地味な塗装ハネなどが多い超像可動ですが、ここまでの傷ものは久しぶりです('ω`;)
…テンション下がるー 検品で弾いちゃってー

サポートのお世話になるのが面倒なので修正!(画像右) 自分が納得すればそれでいいッ!


sas22_StarPlatinum_09.jpg

肩アーマーのジョント接続で、無理なく両手あげも可能。


sas22_StarPlatinum_10.jpg

下半身の可動域アップも相当なもの。
こんな準備運動的な体勢もいけるッ!

可動域が大幅に広がったのは非常に喜ばしい事なのですが、ヒザと足首のジョイントが緩くコケやすいです。
胸ジョイントが緩いのも問題! 勝手に前傾姿勢をとりやがります。 くそぅ!(個体差かもしれません)


sas22_StarPlatinum_11.jpg


sas22_StarPlatinum_12.jpg


sas22_StarPlatinum_13.jpg


sas22_StarPlatinum_14.jpg

オラッ!


sas22_StarPlatinum_15.jpg


sas22_StarPlatinum_16.jpg

摩擦熱で火を起こせッ!
今後、付属品が木片などという商品が出てくる事はあるのだろうか?


B_head_01.jpg


B_head_02.jpg

コッチヲ見ローッ! コッチヲ見ローッ!


sas22_StarPlatinum_17.jpg

『スタープラチナ ザ・ワールド』

肩のスイング機構のおかげで腕をクロスさせるのも楽になりました。


sas22_StarPlatinum_18.jpg

オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!


sas22_StarPlatinum_19.jpg


あまりにも漫画チックな顔(目)や、カラーリング(口周り)のせいで評判の芳しくない第4部のスタープラチナですが、
個人的には、そんなに悪いものでもないかなと。

今回から随分と可動域の充実が図られているようですが、今後発売されるものにも引き継がれていくのか気になる所。
可動域が増した事によって造型が見劣りするといった部分も少ないので、上手い事パワーアップしたなぁという印象です。
クリアランスが多めに取られている股関節周りは、ちょっとスカスカ気味ではありますが...

それにしても付属品が木片というチョイスがまた(笑
逆にスゲェなとも思いますが。

昔、コトブキヤから発売されたARTFX付属のペットショップやローリングストーン(ズ)のような、それ単体では商品化できないような、
小物的なキャラを付属させてくれると嬉しいんですけどね。
クレイジー・ダイヤモンドや仗助の付属品の流れでいえば、ラット、虫食い辺り。

付属品に関しては贅沢な要望だとは思いますが、ジョイントが緩いのと塗装が荒いのは何とかしてほしいなぁ。



以上、超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 スタープラチナ 第4部Ver.でした。





■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 スタープラチナ (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 空条承太郎 (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 岸辺露伴&ヘブンズ・ドアー (あみあみ)
■超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第二部 ジョセフ・ジョースター (あみあみ)
[ 2011/06/02 00:50 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(2)
ご無沙汰してます。

今回のスタープラチナは好き嫌いがはっきり出ているようですね。
私は「かっこいい!」と思ったのですが。

例によって今回も店頭にて二人がかりで選別して購入しました。
(店員さん、すみません!)

自宅で開封して塗装チェック!
よし!何も問題なし!

やれやれだぜ。

と、月に一度の大仕事(?)を終え、可動のチェックをしようとしたところ・・・
何だか右足がブラブラ・・・

あぅ!股関節の軸がパックリ割れてる!

やれやれだぜ・・・

私はサポートのお世話になりました!
スタープラチナはただいま留守にしております!
[ 2011/06/02 03:00 ] [ 編集 ]
ふみさん ちょいさしぶりでーす!

せっかく塗装のいい個体を購入なさったというのに、破損ものとは何という不運ッ('ω`;)
さすがに買って早々、軸の破損となるとサポートへラブコールですねー。
誰だってそーする、おれもそーする!どーする どーする どーする 君ならどーするー♪鳥じゃないよ、ナビィだよ!(不明

>今回のスタープラチナは好き嫌いがはっきり出ているようですね。
特に言われているのが口周りのカラーリングと目みたいですけど、言われてるほど悪くないですよね?
逆に1st、2ndのスタープラチナより、原作を最も忠実に再現できているのが4部Ver.のような気が。
可動域大幅アップなので、サポートから帰ってきて動かすのが楽しみですね!
[ 2011/06/02 18:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する