トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

EX合金 真ゲッターロボ 真ゲッター1 - 前編 - 

原型師・デザイナーとして活躍された 佐藤[ロボ師]拓氏がリデザインをし、森口あらん氏が原型を手がけたEX合金 真ゲッター1です。
遂に!
遂に!
遂に!
発売となりましたー! …注文をしたのが2009年の8月ですよ、随分と待たされたものです。
発売はART STORM。

EX合金第1弾であるホビージャパン誌上通販限定品のブラックゲッターを注文した際も、何回か発売延期のお知らせがあり、
ヤキモキとさせられましたが、まさか今回もそのような事態になろうとは…


長い事、待たされた分 期待もデッカイ!
飛んでいった財布の中身もデッカイ! 価格 34,800円(税込み)+1,000円(送料・代引き手数料)


輸送箱
EXgoukin_ShinGetter1_01.jpg

箱もデッカイです。


パッケージ
EXgoukin_ShinGetter1_02.jpg

大きさはブラックゲッターや、無印ゲッターらと同サイズの2階建て(1.5階建て)というイメージ。


EXgoukin_ShinGetter1_03.jpg

EX合金お馴染みの発泡スチロール詰め。 今回は上段と下段に分かれています。

上段は真ゲッター1本体と、本体に直接取り付ける類の付属品(オプションハンド・外部装甲パーツ等)が多く収められています。
また上段の発泡スチロールの底面にはディスプレイ台座などが収納。


EXgoukin_ShinGetter1_04.jpg

下段は主に武器類が収納されています。


EXgoukin_ShinGetter1_05.jpg

付属品その1 (真ゲッター1関連)
頭部、フェイスマスク(2種: 瞳なし / 瞳あり)、真ゲッター炉心、胸部装甲パーツ、腹部装甲パーツ、ヒザパーツ
開き手×2、武器持ち手×2、ビーストハンド×2、ライフル用持ち手×2、アイアンシュレッダー×6

※パッケージの状態で握り手×2は本体に装着されています。


■真ゲッター1 本体
EXgoukin_ShinGetter1_06.jpg

このような状態で収納されています。




1つずつパーツを装着していきます!

EXgoukin_ShinGetter1_07.jpg

まずは頭部。
フェイスマスクなしの髑髏フェイスはEX合金 ゲッターではお馴染み。
誰かオレの顔をみて笑ってやしないか?ギミックですね。


EXgoukin_ShinGetter1_08.jpg


EXgoukin_ShinGetter1_09.jpg

フェイスマスク (瞳なし / 瞳あり)

なかなか精悍な顔つきです。 瞳なしVer.のほうがカッコいいなぁ。
グリーンの部分はクリアパーツが使用されています。


EXgoukin_ShinGetter1_10.jpg

真ゲッター炉心にはクリアパーツが使用されていて、炉心内部にある3本の管は赤・青・黄色の3色で再現されています。
接着剤の曇りのような濁りがあってあまり綺麗に発色していないのが残念。

ガッポリと空いた胸に真ゲッター炉心を入れます。
画像右下が炉心を入れた所。 と!鳥山先生? 先行者?


EXgoukin_ShinGetter1_11.jpg

腹部装甲パーツを装着し、さらにその上に胸部装甲パーツを装着。


EXgoukin_ShinGetter1_12.jpg

前腕にアイアンシュレッダーを装着。
基部がボールジョイントになっているので、刃は個々に可動させる事が可能になっています。


EXgoukin_ShinGetter1_13.jpg

ヒザパーツも装着。
こちらも基部がボールジョイントになっています。


EXgoukin_ShinGetter1_14.jpg

真ゲッターロボ 完成!

頭部までの高さが約24cm、肩アーマーの先端まで含めると約26cmといった感じです。
うむ、実にカッコいい!

ただ、やっぱりブラックゲッターや無印の1、2、3と比べるとガツンとくるインパクトはないかも。
慣れてきてしまっている部分もあるんでしょうね。 アルテイシアもそんな事、言ってたし...


EXgoukin_ShinGetter1_15.jpg

真ゲッター2は背中のラインを崩さずにイイ擬態具合をしていますね。
少々、色がはっきりしすぎで自己主張しすぎている感じが気にならないでもない。


EXgoukin_ShinGetter1_17.jpg

真ゲッター3は色の具合以前の問題! 前に前にと出すぎ。 …祭りのお面屋さん、ゲッター3売れ残りの図。
これ、真ゲッター1の白と同色だったらどんな感じになってたんだろう?
造型のみで、色なしっていうのを見てみたかったなぁ。


EXgoukin_ShinGetter1_18.jpg

メカメカしい部分とか。


EXgoukin_ShinGetter1_19.jpg

頭部と首のパーツ(?)、首パーツ(?)とボディ本体とを繋ぐ2箇所がボールジョイントで接続されています。
なかなか優秀な頭部可動。


EXgoukin_ShinGetter1_20.jpg

ショルダーパッドはラチェット式関節で独立して可動します。
4段階ほどのクリック関節でカチカチと小気味よい音が響く。


EXgoukin_ShinGetter1_21.jpg

肩の前後へのスイング。


EXgoukin_ShinGetter1_22.jpg

ヒジ関節もラチェット式になっています。
画像は目一杯伸ばした状態と、目一杯曲げた状態。 最大で10クリック分くらいかな。

左画像まで腕を伸ばしてしまうと、完全に見た目がおかしな事になってしまいますね。


EXgoukin_ShinGetter1_23.jpg

ヒジ関節上部、上腕のタービン(?)の下に横ロール軸あり。
腕を回転させる事ができます。


EXgoukin_ShinGetter1_24.jpg

腕を真横に広げるのは右画像ので精一杯かな。
肩関節の縦方向への可動もラチェット式(腕を真横へ広げた状態から、真下へ下ろした状態まで5段階)


EXgoukin_ShinGetter1_25.jpg

肩関節の縦方向への可動は360度ぐるりと回ります。
無茶をして塗装ハゲなどを作ってしまわないよう気をつけてください。


EXgoukin_ShinGetter1_26.jpg

上段 : 開き手は親指のみ独立して可動。
下段 : ビーストハンドは4本指全て可動させる事が可能です。

ビーストハンドは、接続部のボールジョイントにマイナスモールドが入っている懲りようです。 素晴らしい!
逆に開き手のほうは、手の甲側の指関節の黒塗装が省かれてしまっています。 素晴らしくない!


EXgoukin_ShinGetter1_27.jpg

腹部はボールジョイント接続で自由に取り回し可能となっていますが、さほど可動範囲は広くないです。
画像は前屈させてみた所。


EXgoukin_ShinGetter1_28.jpg

背面、真ゲッター3の両脇にあるお尻アーマーも左右それぞれが可動。
ここの可動を知らずに脚を動かしていたから、小さなガリ傷を作ってしまいました('ω`;)


EXgoukin_ShinGetter1_29.jpg

脚の可動。
股関節はラチェット式。 脚を前方へ投げ出せるほど可動します(前後に9クリックほど)
左右、横方向へは80度ほど開脚させる事が可能です。(クリック数にして4段階)

その他、太もも、スネに横ロール軸あり。


EXgoukin_ShinGetter1_30.jpg

足首は横方向(外、内)へスイングします。
足首関節はクリック関節で縦に4クリック。
つま先にも関節部が仕込まれており、縦方向へ2クリック分の可動が可能となっています。


画像が減りテキストで誤魔化している所から、段々と面倒くさくなってきているのがバレはじめている気がしないでも…
気にしない。


EXgoukin_ShinGetter1_31.jpg

とりあえず真ゲッター1本体と、可動などに関してはここまで!
続きで、その他の付属品(武器類・ゲッターウイング)と真イーグルのご紹介したいと思います。
【記事リンク】 EX合金 真ゲッターロボ 真ゲッター1 後編 -



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。