トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラ コンボ 

S.H.フィギュアーツより仮面ライダーオーズの最終形態、プトティラ コンボが発売されました!
このプトティラ コンボをもってTVシリーズ登場のオーズのコンボは終了!かな?
さすがに紫目の暴走タトバとか… ないですよね? THNさん?

では


パッケージ
KamenRider_OOO_Putotyra_01.jpg

タトバからプトティラまでTVシリーズに登場したコンボ全7形態、全て統一されたサイズで出揃いましたね。
サイズにバラツキがないというのも、なかなか気持ちがいいもんです。

裏面メッセージ(オーズに限っては歌ですね)は 「プテラ!トリケラ!ティラノ!プ ト ティラーノ ザウルース!!」
プ ト って… 気が抜けます('A`)


KamenRider_OOO_Putotyra_02.jpg

序盤から独特のフォルムをもったコンボがちょこちょこ登場していただけに別段、最終(最強)フォームという気がしませんね。
各コンボ同様、ただの一形態といった感じ。

紫メタリックとホワイトパールでの塗装が綺麗です。


KamenRider_OOO_Putotyra_03.jpg

顔はかなりの二枚目。 襟元に干渉してしまうのでアゴを引いた状態で顔の向きを変更するのは厳しいでしょうか。
最後の最後にきて足首にダイキャストが使用されています。

しかし、これはもうヒーローの足じゃないっ!


KamenRider_OOO_Putotyra_04.jpg

シリーズ通してオーラングサークルに頑張りが見られましたね。
ベルトのコアメダルは異なる色で再現。 タジャドルだけ手抜きだったのは何故?
肩アーマや、前腕アーマーは、それぞれプテラノドンとトリケラトプスを模したデザインになっているんですね。

前腕のアーマーは回転させる事ができます。
ヒジを曲げる時は前腕アーマーと上腕が干渉しないよう、アーマーの向きを変えてあげる必要があります。


KamenRider_OOO_Putotyra_05.jpg

背面の羽は軟質素材です。 やたらと簡単に取り外す事ができたのですが…
太ももの横を覆うサイドアーマーは跳ね上げる事が可能です。 かなり大胆に大股開きさせる事ができますね。


KamenRider_OOO_Putotyra_06.jpg

肩アーマーのワインドスティンガー(という名前らしい)も簡単に取り外せちゃいました。
タジャドルのエフェクトパーツセットのように、後に拡張用パーツセットの販売があるかもしれませんね。
…ないかもしれませんね。


KamenRider_OOO_Putotyra_07.jpg

付属品
メダガブリュー(バズーカモード / アックスモード)、オースキャナー
開き手×2、持ち手×2、持ち手×2、持ち手×2

パッケージの状態で握り手×2が装着されています。

…というか、何ですか?この持ち手の嵐は?
内1種がオースキャナー用というのは分かるのですが、手首の内側が四角く切り欠かれているのがアックス用?
そうでないもう1種の切り欠きなしの手首はバズーカのグリップ持ち用? ワカラン


KamenRider_OOO_Putotyra_08.jpg

メダガブリュー (アックスモード / バズーカモード)

クリアパーツが使用され、なかなか雰囲気が出ています。
メダルをガブリといく口の開閉ギミックがないのは残念ですね。

アックスモードはバズーカのグリップが付いてる側の柄を持つのが正しいらしいです。
簡単に言っちゃえば短く持て!


KamenRider_OOO_Putotyra_09.jpg

バズーカモードは印象が薄いですねぇ


KamenRider_OOO_Putotyra_10.jpg


KamenRider_OOO_Putotyra_11.jpg


KamenRider_OOO_Putotyra_12.jpg

プトティラは暴走してこそ。
悲しいかなオーズ系はどれもデザイン上、オーラングサークルが邪魔をして前屈姿勢が取れないんですよね。


KamenRider_OOO_Putotyra_13.jpg

グゴゴゴゴ と地面から取り出す。


KamenRider_OOO_Putotyra_14.jpg

振りかぶってー


KamenRider_OOO_Putotyra_15.jpg

ダイナミックチョップ!


KamenRider_OOO_Putotyra_16.jpg


最終(最強)フォームって好みのものが少ないのでスルーしてしまう事が多いのですが、プトティラはサクッといっちゃいました。
まぁ正直な所、プトティラ コンボもデザインに惹かれて購入したという訳ではなかったのですが…
手にとってみてはじめて気付くデザインとかも往々にしてあるので、実際に手にしてみないと良さは分からないものですねー
結構、気に入っちゃいました。

使い分けが微妙(というか、どう使い分けたらいいのかが分からない)な武器の持ち手を2種付属させるなら、
暴走時に敵味方関係なく襲い掛かる風のグワッと開いた手が欲しかった所。(S.I.C.によくある感じの)

あと少し気になったのが前腕アーマーのロール可動。
個体差かもしれませんが、固着でもしてるのか?というくらい動きが重く動かそうとするとヒジの関節パーツがきしむ事、きしむ事。
破損でもしたら、それこそ面倒だし股関節もギチギチと音を立てていたので、まとめてグリスを塗りこんで解決!

それはそうと、簡単に外す事ができる背中の羽、接着もされていないワインドスティンガーが気になりますね。
大きい羽、尻尾、伸ばした状態のワインドスティンガー、氷エフェクト、この辺をセットにした拡張パーツの発売とかあるんでないのー?
それらを装着しても耐えられるようダイキャストが使用されているとか。 恐竜系カンドロイドも手付かずのままだし。
さて、どうなりますやら。



以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラ コンボでした。





■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラ コンボ (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー龍騎&ドラグレッダーセット (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾン (あみあみ)
■S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカイザ (あみあみ)
いちのさんこんばんは。
記事をいつも楽しみにしています

ついに最終回を迎えましたねぇ…
僕の買ったプトティラは何故か左手首のジョイントが浅く、手首ごとスッポ抜けてしまいました。
まさかの前腕アーマーが原因で、アーマー無しだとかなり丈夫に取り付きました…

なのでジョイントを先に取り付け、アーマーの穴をジョイントが通るだけ針型ヤスリで削って広げるという至極面倒な作業をしました。

不覚にもこのプトティラ、顔がグレムリンに似ていると思ってしまいました…

ガブリューはスキャナー用の方が安定して持たせられます、いつものだと保持力が弱まりそうなので…
特に他コンボに持たせようものならジャリバーが持たせにくくなります…

10枚目タトバを再現しようとして左側が少し緩くなりました…
4日にウヴァさん届くのにorz

すみません長くなりました
ではまたウヴァさんの記事で!
[ 2011/09/01 22:08 ] [ 編集 ]
こんばんはー

オーズ終わっちゃいましたね。
コンボ登場にワクワクしてた序盤は楽しみに見ていたんですが、中盤のダラダラとした流れが…(笑
終盤で完全態になったグリードが即座に退場していくサマとかは残念すぎですよね。
キャラ使い捨てんなよ!もったいねーよヽ(`Д´)ノ
まぁ1年間きっちりと楽しませてはもらいましたが。

サポートに送り返すの面倒くさい、自分で対処できるかな?、やってみよう!という流れになる最も厄介な不良ですねー。
もっとも、私の場合は自分で対処しようとして事態を悪化させる事がままあるのですが(笑
手首修正お疲れさまでした!

>4日にウヴァさん届くのに
ウヴァさんいいですよー 頭のハサミの位置がちょっと微妙な事になってますけど実物見るとあんまり気になりませんよ!
…多分
[ 2011/09/02 00:12 ] [ 編集 ]
いまさらなんですけど、ベルトの部分を
簡単に取る方法ありますか?
[ 2011/12/05 18:16 ] [ 編集 ]
こんばんは!

ベルトそのものを外したいのか、メダルのハマってるバックル部のみ外したいのか分からないですが、
胴体パーツと腰パーツを外せばベルトは簡単に取れるのでは?バックルはポロリ仕様ですし…
と、思ったらガッチリとベルトの一部が腰パーツ前後にハマりこんでいるんですね。
しかもプトティラに限ってバックルが強固に接着されているという。 …うーん、どうしたもんでしょ。

・胴体と腰のパーツを外す。
・精密ドライバーか何かで腰とベルトの隙間をこじって、腰パーツからベルトをひきはがす。
 (腰パーツの前後にハマり込んでいる部分を引っ張り出すと言ったほうがいいでしょうか)
上手くいけば、ここまででベルトは外せますよね。

バックルを外したいというのであれば
・上の方法で外したベルトを温めて、バックル裏側から硬い棒状のもので接続ピンを押し出してみる。
・それでも外れなければ、接続ピンに沿ってデザインナイフの刃先を入れて接着部をカット。

もし私がやるとしたら、こんな感じでしょうか。
外した事がないので簡単にいくかどうか分かりませんし、ちゃんと外せるのかどうかも怪しいですが…
お役に立てず申し訳ございませんが、参考にしないほうが無難だと思います。

分解、改造は自己責任で。怪我などに注意してください。
[ 2011/12/05 23:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。