トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

S.I.C. Vol.60 スカイライダー 

レッツゴー!飛べ飛べ高く 空をゆけー!

仮面ライダーストロンガーにて一旦シリーズを終了した仮面ライダーが原点回帰を掲げ再びテレビに復活。
そんなスカイライダーがS.I.C.シリーズにてようやくの発売! 散々、待たせやがって ンナローめ!


パッケージ
sic60_SkyRider_01.jpg

オーソドックスな昭和ライダーが単品で発売されると、ここまでこじんまりとしてしまうのか?というほど小さなパッケージ。
S.I.C.シリーズの一般販売商品としては珍しいサイズです。


sic60_SkyRider_02.jpg

原型:藤岡ユキオ氏
監修という名の人任せ:竹谷隆之氏 という事でいいのかな?

色の濃い前期カラーは 「初登場時のイメージを大事にしたい」 という竹谷氏チョイスによるもの。
ガッシリとした体型といい全体的な造りといい、同シリーズの仮面ライダーXに近いですね。
Xライダーを手掛けたのも竹谷氏&藤岡氏コンビだから当たり前なんですが。


sic60_SkyRider_03.jpg

アゴへ向かうにつれ極端に窪んでいるクラッシャーのアレンジはあまり好みではありませんが、横顔を見ると異様にカッコいい。
アゴが引けない首パーツとの兼ね合いなのかクラッシャーの窪みが気になったり、全く気にならなかったり。
角度によってはエラい格好良くも見えるし、どエラい不細工にも見えます。

劇中ではツルンと平らな腹部に腹筋のような意匠を取り入れてありますが個人的にはアリですね。
筋肉ムキだしな腕の造型もお気に入り。


sic60_SkyRider_04.jpg

これがなくては話しにならないという重力低減装置はもちろん可動式。
ベルト(トルネード)の中央はクリアパーツで、中に3枚羽の風車もきちんと造型されています。


sic60_SkyRider_05.jpg

残念なマフラーの取り付け軸とつま先。
首元の穴にただ差すだけなので、可動に関しては仮面ライダーWやストロンガーのような可動軸付きマフラーとは天と地ほどの差。
安藤氏の可動軸付きマフラーも可動ジョイント部の色がマフラーと同色でなかったり不満はありますが…

つま先可動を確保するためのクリアランス確保とはいえ、なんじゃこりゃ?な気持ち悪い隙間。
こんな造型になるなら、つま先の可動を潰してもらっても構わないっす。


sic60_SkyRider_06.jpg

付属のオプションハンドは開き手×2、セイリング・ジャンプ用の手×2、パッケージの状態で装着されている握り手×2の計6種。

寂しいです。


sic60_SkyRider_07.jpg

専用台座
ベース自体は魂STAGE ACT.5と一緒です。


sic60_SkyRider_08.jpg

支柱先端に取り付ける、3点支持のアームが付属。
矢印部のクリップはクリック式になっています。


sic60_SkyRider_09.jpg

実際に取り付けるとこんな感じ。
スカイライダーのベルト脇を左右から挟みこみ、後方からアッー!

左右から挟み込むクリップの長さが短い(小さい)のでガッチリ固定というほどの安定性はありません。
余裕を持って挟めるよう、もっと長めに造型されてればよかったんですけどね...
これでは挟み込むというより、つまんでる感じ。


sic60_SkyRider_10.jpg

変身!


sic60_SkyRider_11.jpg


sic60_SkyRider_12.jpg


sic60_SkyRider_13.jpg

可動は悪くないと思います。 ・・・もっと動かないものかと思っていたので。


sic60_SkyRider_14.jpg

なんだよー、この足('A`)


sic60_SkyRider_15.jpg

これで首の可動がもう少しなんとかなっていれば。


sic60_SkyRider_16.jpg

筑波 「博士、元気を出してください。 前の私には無かった力が今はあります!それも素晴らしい力だ。」
博士 「素晴らしい力?」
筑波 「いいですか博士、私は大空を飛べるのです。見てください・・・ セイリーング!ジャンプッ!
博士 「筑波君、君こそ仮面ライダーだっ!」

…博士は、何基準でライダー認定してるんだ?


sic60_SkyRider_17.jpg

トゥ!


sic60_SkyRider_18.jpg

仮面ライダーWのエフェクトセットとの組み合わせが気に入ったので、このままディスプレイする事に決定!


sic60_SkyRider_19.jpg


sic60_SkyRider_20.jpg

ちゃんと飛行姿勢が取れます。


sic60_SkyRider_21.jpg

私は悪を憎みます。バ○ダイと戦います!博士、元気を出して一緒に戦いましょう!


いかにも昭和といったシンプルなお姿のスカイライダーを過不足なく上手くS.I.C.アレンジしていると思います。
薄暗い前期カラーというのも個人的にはヒット!(竹谷氏曰く後で強化タイプの後期版カラーの発売もあるかも?との事)
アレンジや造型自体悪くないので、かなりお気に入りです。

マフラーの取り付けが差し込み式で表情を出しにくい点などは、せめて別バージョンのマフラーの付属させるとかして、
解消してほしかったですね。 特にセイリング・ジャンプ時の長めのマフラーとか必需!

細かな所ではアゴ引きが若干、弱い点。
最悪な所ではつま先可動のための、足真っ二つな点('A`)
台座のクリップが挟みにくい所や、個体差的な所では左手首がすっぽ抜けやすい点も…
個人的にはこの辺がちょっと気になった所ですね。

付属品少なめな昭和ライダーなので、手首やマフラー関連の種類は豊富にしてもらいたかったですね。
本当はスカイターボとセットで出して欲しかったんですけど。

このあともスーパー1、ゼクロスとおっさん歓喜な流れの昭和ラインナップが続くので非常に楽しみ!



以上、S.I.C. Vol.60 スカイライダーでした!





■S.I.C. スカイライダー (あみあみ)
■S.I.C. 仮面ライダースーパー1 (あみあみ)
[ 2011/11/15 00:41 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(3)
横から見ると・・・人間のために闘う。俺は・・・それだけでもいいな哀愁が・・・いいですね^^

顎引けそうな感じがしませんでしたけど・・やっぱりでしたかorz
[ 2011/11/15 18:50 ] [ 編集 ]
ついでにがんがんじいとのセットだったら嬉しかったかもですですw

無理か(´A`)…
[ 2011/11/15 18:51 ] [ 編集 ]
こんばんはー

後頭部の伸びた感じもよく分かる横顔はいいですよねー
正面顔は輪郭が丸っこすぎるというのか、輪郭線の楕円が綺麗すぎるというかなんというか、
クラッシャー上部辺りからアゴにかけて逆三角形気味に角度を付け頬がほっそりした感じでも良かったかなと。

>顎引けそうな感じがしませんでしたけど・・やっぱりでしたかorz
残念ながら…('ω`;)
Xライダーのように常時上向きでないだけマシですが、アゴが引けないと蹴り足方向へ目線を向けれないので、
キックポーズがサマにならないんですよね。 何とか改善してほしい点です!

>がんがんじいとのセット
可愛らしい目をしたガブラですら凶悪な面構えになったS.I.C.ですからねー
どういうアレンジが加わるのかは非常に興味深いです!(笑
[ 2011/11/16 01:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する