トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

S.I.C. Vol.63 仮面ライダーギルス&アナザーアギト 

いつ発売?と長きに渡って待ちぼうけを喰わされた一品 仮面ライダーギルスがとうとう発売されました!
造形、可動の見直しがされたアナザーアギトとのセットです。

ちなみにVol.19 仮面ライダーアギトの発売は2003年。 待たせすぎ!
※Vol.40 仮面ライダーアギト&マシントルネイダーのセットは2008年発売。


パッケージ
sic63_Gills_AnotherAgito_01.jpg

グリーンが基調となった渋いパッケージです。
色の組み合わせ的にレンゲルが混じっていてもおかしくないような。

原型:安藤賢司氏



■ 仮面ライダーギルス
sic63_Gills_AnotherAgito_02.jpg

ようやく登場となった葦原さん。
ボディのメインカラーであるグリーンはメタリック塗装になっています。

ボディ グリーン部にはブラウン系でスミ入れがされています。
また、腕や脚のブラックの部分には赤茶色系のスミが入れられ生物っぽさが倍増!
特に筋肉繊維(?)のような造形部に入れられたスミは、テカテカとしている事も相まってグログロしさも。


sic63_Gills_AnotherAgito_03.jpg

アゴの先端が尖って非常にシャープな顔つきになっています。
Vol.40でリニューアルされた、仮面ライダーアギトに合わせた感じですね。

額のワイズマン・オーヴ、デモンアイズ(複眼)はクリアパーツ。
ギルスアントラーはクリアパーツ上からメタリックグリーン塗装されています。


sic63_Gills_AnotherAgito_04.jpg

ボディ(グリーン)の各所はきちんとした形では造形はされておらず、傷や筋肉繊維丸出しな箇所が複数あります。
アギトの不完全な感じを表現したのでしょうか? 出来損ない感が出ていて、なかなか面白いアレンジですね。
つま先は、それぞれ指のような造形がされています。 や、野獣!

ベルトのメタファクターにはクリアパーツが使用されています。


sic63_Gills_AnotherAgito_05.jpg

付属品
ギルスフィーラー、ギルスクロウ(展開)×2、ギルスヒールクロウ(長)×2、交換用頭部(デモンズファングクラッシャー展開)
開き手×2

パッケージの状態で通常頭部、握り手×2が装着されています。
※交換用頭部(デモンズファングクラッシャー展開)にはギルスアントラー(小)が装着。

ちょっと寂しい付属品ですねー。


sic63_Gills_AnotherAgito_06.jpg

通常頭部 / 交換用頭部(デモンズファングクラッシャー展開)

ギルスアントラーは頭部から取り外す事が可能なので、自由に組み合わせる事ができます。
取り付け、取り外しの際にピンを折らないよう注意してください!


sic63_Gills_AnotherAgito_07.jpg


sic63_Gills_AnotherAgito_08.jpg

デモンズファングクラッシャー頭部はアゴが可動するので、大きく口を開く事が可能です。


sic63_Gills_AnotherAgito_09.jpg

ギルスクロウは前腕部を差し替えて交換します。


sic63_Gills_AnotherAgito_10.jpg

ギルスフィーラーもギルスクロウ同様、前腕部の差し替え式。

素材が硬く、可動箇所とかもないので決まった表情しか出せません。


sic63_Gills_AnotherAgito_11.jpg

ギルスヒールクロウ。
こちらも長、短あるかかとパーツを差し替えて伸縮状態を再現します。

気付きにくいですがギルスアントラーと同じくクリアパーツになっています。


sic63_Gills_AnotherAgito_12.jpg

可動は渋い所もなく、よく動きます。
…が!動かしていると腹部が抜けたり、前腕パーツがくるくる回転したりとイラッとする事も。

個体差だと思いますが、私のは左足首のジョイントが緩く自立がかなり厳しい状態('ω`;)
あ、上腕も抜けやすいかな? …腕切断再現ギミックが搭載されているという事でー


sic63_Gills_AnotherAgito_13.jpg


sic63_Gills_AnotherAgito_14.jpg

ギルスヒールクロウのポーズが楽々と再現できるのが凄い!
この可動域の広さは素晴らしい!


sic63_Gills_AnotherAgito_15.jpg

葦原さん咆哮!


sic63_Gills_AnotherAgito_16.jpg


sic63_Gills_AnotherAgito_17.jpg

暴れん坊モード。


sic63_Gills_AnotherAgito_18.jpg

ギルスアントラーが小さくなった、しおしおモード。
この後、水に落ちるパターン。


sic63_Gills_AnotherAgito_19.jpg

カッコいい!



■アナザーアギト
sic63_Gills_AnotherAgito_20.jpg

S.I.C.では2度目の発売となるアナザーアギト。
テラテラしたボディのギルスと比べ、アナザーアギトはマットで落ち着いた色味、質感になっています。

背中のマフラーは、羽ともマフラーとも受け取れるような造形になっています。
「変形して滑空する翼にもなる」という設定からも、羽を意識した造形になっているんでしょうかね。
大きなアレンジはマフラーくらいで、全体的なアレンジは大人し目な感じになっています。

ん~、劇中で空を飛ばなくて本当によかったと。


sic63_Gills_AnotherAgito_21.jpg

やばい!カッコよすぎる!
2003年に発売された Vol.20 アナザーアギト&アギト バーニングフォーム・シャイニングフォーム のアナザーアギトは、
ち○こ頭など散々な言われようでしたが、さすがにこれに文句を言う人はいないでしょう。

もう少し、大胆アレンジの加わった頭部も見てみたかった気もしますが。


sic63_Gills_AnotherAgito_22.jpg

胸部 ワイズマンモノリス、ベルト中央部はクリアパーツになっています。
かかとから生えているツメには、ギザギザした歯のようなものが造形されています。 禍々しさアップです!


sic63_Gills_AnotherAgito_23.jpg

左肩に浮き出ているアギトマークの再現もバッチリ!


sic63_Gills_AnotherAgito_24.jpg

付属品
マフラー×2、開き手×2、交換用頭部(クラッシャーオープン)

パッケージされている状態で握り手×2、通常用頭部が装着されています。
マフラーは本体みたいなもんですからねー。 そう考えると物凄く寂しいセット内容…


sic63_Gills_AnotherAgito_25.jpg

クラッシャーオープン。


sic63_Gills_AnotherAgito_33.jpg

マフラーは背中の穴へ取り付け。
取り付け軸は、最近よく使われている可動式のものになっています。
ほとんど気にならないレベルですが、アンノウン特有の背中の羽(手羽先)に干渉するかな。


sic63_Gills_AnotherAgito_26.jpg

以前、発売となったアナザーアギトとは比較にならないほど優秀になった可動域。


sic63_Gills_AnotherAgito_27.jpg


sic63_Gills_AnotherAgito_28.jpg


sic63_Gills_AnotherAgito_29.jpg

ちゃんと腰を落として構えポーズが取れるー うほほー
以前発売されたものから約10年が経ちますが、フィギュアってここまで進化するものなんですねー。


sic63_Gills_AnotherAgito_30.jpg

アサルトキック!

キックポーズを取らせたら股関節のテンションが緩くなってプラプラにぃぃぃ。 ひぎぃ
しばらく遊んでいると自立すら困難になってしまうのが何ともS.I.C.らしい… この辺も進化してくれないかなぁ('ω`;)


sic63_Gills_AnotherAgito_31.jpg


sic63_Gills_AnotherAgito_32.jpg

ギルス&アナザーアギト


発売を心待ちにしていたギルスと、新規に作り直されたアナザーアギト、どちらもカッコいいです!
テカテカのギルスと、マットな色味のアナザーアギトをあらためて並べると2体の対比が面白いですね。
メタリックなギルスが嫌という人もいるようですが、そんなに悪くないと思うんだけどなぁ。
カミキリムシ(甲虫)モチーフなギルス、仮面ライダー1号(バッタ)モチーフなアナザーアギトとして見れば、
テカテカ&マットの組み合わせで違和感はないと思うし!

どちらも武器の類を使用するキャラではないので、付属品が少なくなるのは仕方ないとしてもやっぱり寂しいセット内容。
価格を考えるとボリュームが寂しくも感じますが、2体の出来が素晴らしいので個人的にはあまり気になりません!
セット内容が充実していて、価格抑え目な事に越した事はありませんけどねー(笑


ギルス&アナザーアギト発売に合わせるかのように発表された「ギルスレイダー」「ダークホッパー」商品化の報。
換装式という話しですがどうなんでしょ?一般販売?魂ウェブ商店の限定?ガードチェイサーは?
詳細はまだ分かっておりませんが、どういう形にしろ買います!2台買います!喜んで買います!
それにしても、アギト玩具はバイクの商品化に恵まれてますな。

トライチェイサーとか、バダー&バギブソンとか欲しいんですけどー


S.I.C. Vol.63 仮面ライダーギルス&アナザーアギトでした。




[ 2012/05/30 01:03 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(7)
色の組み合わせ的にレンゲルが混じっていてもおかしくないような。
>確かに…ジャック&レンゲルのパケにソックリですねw

レイダー&シャドーチェイサーも発売が決まって嬉しいのですけど・・・

SHFではシャドーチェイサー・・・SICではガードチェイサーがはぶられ・・・

バンダイの発売の基準がもうわかりません・・(笑)
[ 2012/05/30 15:01 ] [ 編集 ]
こんばんはー!

パッケージカラーはもろレンゲル(S.I.C.的には関節バキバキ)っぽいですよねー(笑

>レイダー&シャドーチェイサーも発売が決まって嬉しいのですけど・・・
このシャドーチェイサー発売というのは…!!ダークホッパーの打ち間違えかな? ゴクリ
どちらにせよ、バイクはジャンジャン出してよこせとー(笑

>SHFではシャドーチェイサー・・・SICではガードチェイサーがはぶられ・・・
揃えさせる気はないよ!フフンという感じですかねー(笑
バンダイの最近の販売攻勢を見る限り、以前のような出し惜しみ引っ張り作戦はやめて、
売れるもんは売れるうちにどんどんイケ!な、戦法に切り替えてきているような感じもするんですけどねー。
実際、発売にいたるかどうかは謎ですね。

それ以前に、過去作リニューアルのアギトバイク勢と並べて遜色ないものがアーツの新規で作れるかどうかが…(笑
発売の基準もさる事ながら、一般と限定の分け方も謎な部分が多いですね(笑
[ 2012/05/31 01:47 ] [ 編集 ]
SICでカリスのバイクだとぅ・・・

すいません(Д`;)打ち間違えましたと言うか完全にボケがきてました・・・ヒィィ

売れるもんは売れるうちにどんどんイケ
>バイクドンドンイケェェ!!!

そいえば・・・いちのさんのガレキの新サイクロン楽しみにしているおいらがいます←ゴクリ
[ 2012/05/31 02:05 ] [ 編集 ]
いちのさんおはようございます。
偶然にも最近S.I.Cではないものの、アーツのギルスをいじってました。
ちなみにこれ、何気に現存しないお二方なんですね。
水没が原因とか諸説ありますが、実際は単に素材の都合でスーツが腐ったそうで。
ディケイドの際、ギルスがエクシードなのは、そういうことです。
[ 2012/05/31 08:35 ] [ 編集 ]
◎奉行さん

>サイクロン
・ホイールの合いが悪く、変な隙間ができてしまう。 どうしよう…
・リアサスの見た目が蛇腹っぽいのがイマイチ。どうしよう…
主にこの二点をどうするか頭を悩ませ、放置状態になってます(笑

ホイール&タイヤは丸々、別キットから移植するのが手っ取り早そうなので、
移植元となる良い素材がないかネットで検索はするのですが、
気付くとgooバイクでリアル中古バイクの検索に走っていると(笑
玩具バイクもさる事ながら、リアルバイクが欲しいです!

バイクのローンを組む → お金がありません → 生活保ゴゴゴゴゴ…(アウトー


◎こじx2さん

「何でエクシードギルス?」、「ギルスのスーツは水没が原因で腐ったらしい」というやり取りは、
ディケイド放送時にネット上のあちらこちらで目にしましたねー。
登場回数の違いからでしょうが、クウガのスーツは作り直したって話しですけどね。 言うほど出番も…?
ハカイダー四人衆も、アトラクション用のハカイダースーツを目にしたプロデューサーが、
勿体無いから改良しよう!って思いつきで誕生したものらしいですし。
キカイダー01当時と今では状況も違うでしょうけど、結構スーツや小道具類の扱いって雑?
[ 2012/05/31 19:25 ] [ 編集 ]
すみません、こちらのブログのアナザーアギトの写真を、オリジナルのなりきりに使いたいのですがよろしいでしょうか?
変なコメントでごめんなさい…
[ 2016/08/06 00:15 ] [ 編集 ]
こんばんは!

『オリジナルのなりきり』というものが何なのかよく分かりませんが(汗、目的が不特定多数の方に不快な思いをさせるとかではなく、
純粋に楽しんで使うという類のものであれば使っていただいて構いませんよ!
ご連絡ありがとうございます。

[ 2016/08/06 00:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する