トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ULTRA-ACT ウルトラマン (リメイクVer.) 

ULTRA-ACT 第1弾として既に商品化されていた初代ウルトラマンですが、今回スタイル・可動を一新、
新たに生まれ変わった姿で再び登場する事となりました。


パッケージ
Ultraman_2_01.jpg

グレンファイヤー以降で使用されているV字パッケージ。


Ultraman_2_02.jpg

精悍に、そしてマッチョな姿になったウルトラマン。
カッコいいです!


Ultraman_2_03.jpg

頭部可動のため仕方がない部分とはいえ、後頭部のヒレがカリアゲになっているのが少々、残念。


Ultraman_2_04.jpg

旧版よりも丸っこさが減って、私の好みに近づいた頭部。

旧版より劣ってしまった残念な部分がヒザ関節の色でしょうか。
ヒザの関節パーツがシルバーなので、ふともも~ふくらはぎへ続く赤のラインが途切れてしまっています。


Ultraman_2_05.jpg

付属品
スペシウム光線再現パーツ、ウルトラスラッシュ再現パーツ
ディスプレイ用ジョイントパーツ(魂STAGE ACT.4対応)、カラータイマー(赤)、ダッシュエフェクト×2
開き手A×2、手刀タイプ×2、開き手B×2、ピース手(右)

パッケージの状態で握り手×2、カラータイマー(青)が装着されています。


Ultraman_2_06.jpg

ULTRA-ACTお馴染みのカラータイマー交換ギミック。


Ultraman_2_07.jpg

上部には別売り商品 「ブラザーズマント」 装着用の接続穴があります。
下部(腰)にある穴にはディスプレイ用ジョイントパーツを取り付ける事が可能となっています。

個体差か分かりませんが、ウチのはディスプレイ用ジョイントパーツと接続穴のあいが悪くスッカスカ('A`)
魂STAGEを接続しても、ディスプレイ用ジョイントパーツごとすぐに本体から外れてしまいます。 グムー


Ultraman_2_08.jpg

ダッシュエフェクトパーツ。

ウルトラマンガイア(V2)の購入特典だった光臨エフェクトの小サイズVer.みたいな感じです。
これまた光臨エフェクト同様、使い勝手の良さそうなエフェクトパーツになっています。


Ultraman_2_09.jpg

旧版と比較

ULTRA-ACTの進化のほどがうかがえますね。
カラーリングの濃さや、赤のラインに違いが見てとれます。


Ultraman_2_10.jpg

スペシウム光線再現パーツも比較 (上が旧版、下がリニューアル版)


Ultraman_2_11.jpg

ついでなので、ウルトラスラッシュ再現パーツも比較 (左が旧版、右がリニューアル版)
迫力が増しています。


Ultraman_2_12.jpg

ミラーナイトからフィードバックを受けた変態可動処理。


Ultraman_2_13.jpg

腰を落としたマン兄さんらしい構えポーズがバッチリ決まります。


Ultraman_2_14.jpg

「胸部と腹部の隙間」、「腹部と腰の隙間」 この2箇所の隙間を埋めるパーツがボディ内に仕込まれています。
前傾姿勢を取らせた時に、しっかりと隙間を埋めてくれるので凄く効果的!

まぁ、真横から見るとどうしても背中のラインが崩れてしまいますが… って、そこに文句を言うのは贅沢ですね(笑


Ultraman_2_15.jpg


Ultraman_2_16.jpg

飛行ポーズも問題ありません!


Ultraman_2_17.jpg

旧版よりも、大きくなり見た目にも迫力を増した八つ裂き光輪エフェクト。


Ultraman_2_18.jpg


Ultraman_2_19.jpg

スペシウム光線のポーズを取らせるのも楽ちんちん! 十字が組みやすくなっています。


Ultraman_2_20.jpg

今風な感じで。


Ultraman_2_21.jpg

ゾフィー兄さん付属のエフェクトパーツを使って、なんちゃってウルトラアタック光線。


Ultraman_2_22.jpg

ファイヤーダメージエフェクトを取り付ける事もできます。
マン兄さんもバーニングでファイヤー!


Ultraman_2_23.jpg

別売りの 「ブラザーズマント」 を着用。


Ultraman_2_24.jpg

ジュワッ!


発売後、色々な掲示板で目にしましたが股関節が緩く、脚を動かした際に変に跳てしまうといったものが多かったようで…
そんな私のも股関節が緩々、脚がおかしな挙動をする個体でした('ω`;)
まぁ、股関節のジョイントを中性洗剤で洗ったらあっさり直ったのですが(笑
第1弾発売のマン兄さんもそうでしたが、どうもマン兄さんは関節がだらしないようですねー

可動や造形で進化を続けるULTRA-ACTですが、それだけに製品の仕上がり具合に残念な所が残ります。
ゾフィーは関節のテンションも良好、塗装も問題なしという仕上がり具合で文句の付け所がなかったんですけどね。
常にゾフィークラスのクオリティを望みたい所です!

あぁぁ、10月発売の切り裂き兄さんが楽しみだー (サンプルの顔を見る限り、心配な部分も…)


それはそうとヒューマンタイプのウルトラマン系、ジャンボット、ジャンキラーのロボ系、怪獣系と異なる肉付けされたキャラを、
同じULTRA-ACTというブランド内で立体化してるって、何気に凄いシリーズですよね。
あとは四足歩行系の怪獣や、ウルトラセブンに登場したナース、ビラ星人辺りが出たら…
ビラ星人なんて可動化する所は限られますが(笑



以上、ULTRA-ACT ウルトラマン(リメイクVer.)でした。




[ 2012/08/04 19:51 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。