トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

S.I.C.の関節をプラリペアで直してみた 

さすがS.I.C.!動かしていたワケでもないのに関節が粉々だぜ!('A`)

zabitan_01.jpg

2005年発売のものと考えれば仕方なしか。
とはいえ何と脆いのか…


zabitan_02.jpg

S.I.C.は関節パーツに、真一文字にキレ~イなクラックが入って気付いたときにはプランプランになっていることが多いんですよね。
ということで腕を全バラ。


zabitan_03.jpg

上腕内部に接着してある関節パーツを取り外し!

・上腕パーツから肩の関節パーツを引き抜きます。
・上腕パーツ上部(肩パーツのハマっていたところ)の穴からマイナスドライバーで砕けたヒジ関節を押し出しました。
(画像右 : 砕けたヒジの関節パーツ)


zabitan_04.jpg

関節パーツの割れた断面を一旦、瞬間接着剤で接着。
接着した断面に沿ってリューターをあて溝を掘り、溝とその周囲にプラリペアを流し込んで補強。
固まったらペーパーをかけ、関節パーツA(仮名)の完成!
※撮影し忘れたので、完成したパーツの画像がありません…('ω`;)

リューターで溝を掘ったのは、プラリペアの 公式HP で紹介されている「V字カット」みたいなイメージで接着面の強度が上がるかなと。


zabitan_05.jpg

続いてボールジョイント側の直し。
砕けた輪っかパーツの寸法をノギスで計測(パーツの微調整をするので、この時点ではざっくりとしたサイズで問題なし!)
白いパーツ(高さ:1mmプラ板×3枚重ね、幅:6mm)くらいまで適当に成型をして、おゆまるで型を取ります。

取った型にプラリペアを流し込み樹脂が固まったら、上で直した関節パーツA(仮名)と現物合わせをしながら調整。


zabitan_06.jpg

ボールジョイントのボール部分は、製品のものをそのまま使用。(ピンバイスで1mm径の穴を開け真鍮線を接着)
上で微調整し、成型の済んだ輪っかのパーツと連結させて接着!

連結させた箇所にプラリペアを流しガッチリと補強、ボールと輪っかを接着します。
関節パーツB(仮名)の修理完了!

本当はここから更におゆまるで型取りをし、完全なワンパーツにしようかと思い作業を進めていたのですが、
ニコイチでも十分な強度が得られたのでこのまま完成とします。


zabitan_07.jpg

画像上 : 関節パーツA(仮名)と関節パーツB(仮名)
画像下 : それぞれ関節パーツを組み付け上腕と前腕を繋げます。

関節にかかる負担軽減のためボールジョイント表面は軽くヤスってあります。
アクマイザーのボールジョイントってイボイボが付いてるのね。


zabitan_08.jpg

表面処理をしっかりおこなってあげれば、もっと綺麗な仕上がりになると思います。
ちなみに私はボールジョイントと輪っかとの接着部は何の仕上げ処理もしておりません! 手抜きカッコいい('ω`;)


zabitan_09.jpg

どこまで複雑な形状のパーツが複製できるのか? 試しに関節パーツA(仮名)の複製をしてみました。
プラリペアで補強し終えた関節パーツA(仮名)をおゆまるで型取りしたもの。

おゆまるの型にプラリペアを流し込んで複製します。


zabitan_10.jpg

左側が補修・補強した関節パーツA(仮名)、右側が複製してできあがったものです。
結構、しっかりとした形に仕上がりました! 大部分が隠れてしまうパーツなのでここまでできあがれば上出来かと。

_| ̄|○ _| ̄|○


zabitan_11.jpg

終了~!

基本的な使い方が特殊なので少々、慣れが必要な感じがします。(詳しくは 公式HP でご確認ください)
必要以上に素材を盛ってしまったり、流し込んでしまったりすることも多々…
関節パーツをバラさず、クラックに対しピンポイントで狙い撃ち補修というのは恐らく無理ではないかなと…
(下手すると流し込んだ樹脂が関節パーツ自体を固めてしまいます)
そう考えるとお手軽に補修できるという感じではないかな。

ただ、元々が黒素材(他にも色々なカラーあり)なので関節部など、擦れによる塗装ハゲを気にしなくていいのは助かりますね。
硬化時間が早い上、強度もあります。 切削性も悪くないので成型するのも楽でした。
他の関節に置き換えるのに抵抗感のある人にはいいかもしれません。(置き換えたほうが手っ取り早いかもしれませんが…)

ん~、これは使える!プラリペア、侮り難し!!



せっかくなのでS.I.C.の補修記事にしました。




[ 2012/10/11 22:58 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。