トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スタチューレジェンド ザ・ワールド 

スタチューレジェンド ザ・ワールドです!
宮本輝之輔、エニグマ、重ちー2ndのカラーバリエーション勢以外にもポルナレフ、チャリオッツと新作どころの購入も見送ったため、
山岸由花子以来のスタチュー購入です。


パッケージ
SLegend22_TheWorld_01.jpg

段ボール地が使用されているので、いつもより幾分頑丈なパッケージ。
箱の大きさによって使用される紙が変わるんでしょうか。

拳を前に突き出した殴りポーズなザ・ワールドは斜めになった状態で入っています。


SLegend22_TheWorld_02.jpg

毎度ながら味気ないプライズのような黒台座が使用されていますが、エフェクトパーツ込みなのでだいぶ印象がいいです。


SLegend22_TheWorld_03.jpg

ただの立ちポーズと違い躍動感あるポーズなのですが、勢いよく殴りかかっているようには見えないというかなんというか、
もうひとつ迫力、動きが感じられないのは何故なんだろう…


SLegend22_TheWorld_04.jpg

体を捻った際のラインの流れなどは、さすが固定モデルのスタチューならではという出来。
スタイルも良いです。


SLegend22_TheWorld_05.jpg

胸~腹筋まで黄色で塗装されていた超像可動と異なり、胸の部分だけが黄色で塗装されています。
ヒジ、ヒザなどに配置されたハートマークがメタリック調になっているのも超像可動とは異なる部分ですね。


SLegend22_TheWorld_06.jpg

背中のこんもりした筋肉と背骨に沿ってくぼんだラインは素でカッコいいです!


SLegend22_TheWorld_07.jpg


SLegend22_TheWorld_08.jpg

目の塗装がズレている…
超像可動 ザ・ワールド セカンドの通常顔もこんなだったような('ω`;)

超像可動のザ・ワールドよりも唇が薄く、細面な印象。
両胸にかかっているモコモコした装飾 中央のパーティングラインが気になる所。


SLegend22_TheWorld_09.jpg

手の甲の時計盤のような装飾は細かくシャープに作られています。
こういうのがダルダルだと一気に印象が悪くなりますからね。


SLegend22_TheWorld_10.jpg

台座のエフェクトパーツはS字状にうねった感じ(エフェクトはザ・ワールド本体にくっついています)


SLegend22_TheWorld_11.jpg

超像可動よりも細マッチョで、すらっとしたスタイルかな?


SLegend22_TheWorld_12.jpg

なんだかんだ言ってもカッコいい。


SLegend22_TheWorld_13.jpg

突然の黒背景! …が、気にしてはいけない


SLegend22_TheWorld_14.jpg


SLegend22_TheWorld_15.jpg


SLegend22_TheWorld_16.jpg


SLegend22_TheWorld_17.jpg

影DIOとのツーショットの威力は半端ないですなー


初期の頃から微妙に値段が高い、高いと言ってきましたが、いよいよもって本格的に価格高騰がキツくなってきました…
お値段が一緒のエニグマは凝った台座代がプラスされているとも取れますが、ザ・ワールドの値段設定ははて?
まぁ価格の事ばかり言うのもイヤらしいので、その辺はほどほどに(笑

躍動感あるポーズでいて、いまひとつ動きが感じられずに迫力が伝わってこないというのは上でも書きましたが、
実際に手にした時のイメージと、画像から伝わる印象はだいぶ違うという事もあわせて申してあげておきます。
画像だとイマイチ動きを感じられないのですが(私だけ?)、実物を目の前にすると全然そんな事はありません。
特に俯瞰で眺めるスタチューのザ・ワールドはエラいカッコいいです。

可動モデルの関節部や、可動箇所によって損なわれてしまう全体的な見栄えが気になる人にはもってこいかとー。
目のプリントは、もうちょいやる気を出してほしいですが…

セカンドカラー待ち(突飛なカラー希望で)するつもりだったのに買ってしまった…
やはり、このカラーリングはなじむ 実になむぞ フハハハハハ



スタチューレジェンド ザ・ワールドのご紹介でした!




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する