トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魂ウェブ商店限定 S.I.C. ギルスレイダー&ダークホッパー 

魂ウェブ商店限定のS.I.C. ギルスレイダー&ダークホッパーです!!
(受注期間:2012年6月25日~2012年9月10日)


パッケージ
sic_GillsRaider_DarkHoppaer_01.jpg


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_02.jpg

パーツの差し替えによるコンパチ仕様となっているので表面、裏面それぞれに2種のバイクが印刷されています。



バイクはギルスレイダーに換装された状態でパッケージされていますが、あえて丸裸な所からスタート!

sic_GillsRaider_DarkHoppaer_03.jpg

という事で、これがギルスレイダー・ダークホッパーの芯ともなるパーツ全外し状態のものです。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_04.jpg


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_05.jpg


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_06.jpg

メーター周りやエンジン部やらは普通のバイクらしいメカ造形です。
フロントフォーク辺りは機械と生物が融合したようなアレンジになっています。
ちゃんとワイヤー (ブレーキ、クラッチ) があるのが芸が細かくて好き。

リアフェンダーの裏側はもろに生物ちっくでグログロしいです。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_07.jpg


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_08.jpg

シフトペダルや、ブレーキペダルが可動式となっています。
妙な所に変なこだわりを感じます。 …が、こういうのはとても嬉しい!

その他のバイクギミック
・タイヤの転がし
・可倒式スタンド
・ハンドルと連動してフロントタイヤが左右に切れる(※ほとんど切れません)


では、まずギルスレイダーへ換装

sic_GillsRaider_DarkHoppaer_09.jpg

ギルスレイダー用の換装パーツ一式
デモンズテール×2、エンジンアンダーカバー、フロントアッパーカウル、サイドパーツ(金色のやつ)
ギルス搭乗用の握り手×2

ダークホッパーに換装した場合、まるまる余るパーツです! ウガーッ



■ギルスレイダー
sic_GillsRaider_DarkHoppaer_10.jpg

禍々しさ溢れるアレンジです。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_11.jpg


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_12.jpg

リアタイヤが小さすぎ (…だと個人的に思います) で、車高が低いのにデモンズテールがリアタイヤに被ってしまうので、
見た目の印象からも重心が下に寄りすぎて見えてしまいます。

オフロード車をベースにしたバイクのアレンジにしては、何だか納得のいかないバランス。
響鬼さんの凱火や、オーズのライドベンダーに合いそうな低重心バランスです。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_13.jpg

フロントのギルスアイはメッキ加工となっていて非常に綺麗。
奥まった所にあるので確認しにくいかもしれませんがギルス・ストーンはクリアパーツとなっています。
エンジンアンダーカバーは虫っぽい生物アレンジが強め。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_14.jpg

リアサイドにあるデモンズテールにもクリアパーツを使用。
デモンズテール内側にはマフラーが造形されています。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_15.jpg

ギルス搭乗


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_16.jpg

やっぱりこれじゃ車高が低すぎると思います ('ω`;)


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_17.jpg

ステップへの脚の収まり具合はギリギリなんとかってレベルでしょうか。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_18.jpg

格好悪くはないですけどねー。 というかカッコいいですよ!


続いて、ダークホッパーへ換装

sic_GillsRaider_DarkHoppaer_19.jpg

ダークホッパー用の換装パーツ一式
マフラーパーツ×2、エンジンアンダーカバー、フロントアッパーカウル、サイドパーツ×2
アナザーアギト搭乗用の握り手×2

ギルスホッパーに換装した場合、まるまる余るパーツたち… ガルルルル



■ダークホッパー
sic_GillsRaider_DarkHoppaer_20.jpg

こちらもギルスレイダー同様に、生物的に禍々しい雰囲気を醸したナイスアレンジとなっています。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_21.jpg


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_22.jpg

フロントアッパー、エンジンアンダーカバー、マフラーはギルスレイダーよりもスッキリ見えます。
逆にエンジンのサイドのカバーパーツが横に大きく張り出していて、どことなくデブい印象を受けます。

パーツを大きく造形し盛り盛りしちゃうので、太めでガッシリとした体型になるケースが多いS.I.C.ですが、
やたらめったらパーツの肥大化をせず、細くまとめつつ大胆なアレンジ!というのも見てみたいです。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_23.jpg

フロントカウルは精悍な顔立ちで非常にカッコいい!
ギルスレイダー状態ではサイドパーツで覆われ、隠れていたエンジン正面部にマフラーの取り付け穴があります。
バッタの脚を模したマフラー後部には、生物的な意匠を盛り込んだ排気口が造形されています。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_24.jpg

フロントのクリアパーツの下には紋章が造形。 イカス!


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_25.jpg

アナザーアギト搭乗


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_26.jpg

ギルスよりは乗せやすいかな。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_27.jpg



sic_GillsRaider_DarkHoppaer_28.jpg

はぁぁぁぁ、木野さんカッコいい。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_29.jpg

ダークホッパーおしまい。


sic_GillsRaider_DarkHoppaer_30.jpg

最後に2台で。


ギリギリで許容できる範囲かなという感じではありますが、個人的にバイクの車高が低すぎなのが気になりました。
S.I.C.では車高がベッタベタなバイクが多いですが、ベースマシンがオフロードなバイクに限ってはもう少し全高は高めでいいかと。

ギルスレイダーはフロントパーツがスポスポと抜けやすく、デモンズテール(右側)のポロリが尋常じゃありませんいです。
一方のダークホッパーはフロントのパーツは抜けやすいものの、マフラーの取り付けは全く問題なくポロリの心配はゼロ!

※ 追記 ※
デモンズテールですが、本体の取り付け箇所をよく確認してみた所、3つある取り付け穴のうちの1つにバリのようなものが残っており、
綺麗な円形に穴が抜けきれていないのを発見いたしました。
そのバリを削り取ってデモンズテールを押し込んだ所、購入時よりもしっかりハマるようになりました。 めでたし!
デモンズテールを取り付けても車体から押し戻されるような感じがする人は確認してみてくださいませ!

改造・改修・補強等は自己責任でお願いします。


存在感あるギルスレイダー、シャープな印象のダークホッパー
ポロリが異常なギルスレイダー、ポロリの心配がないダークホッパー
当該キャラを乗せにくいギルスレイダー、乗せやすいダークホッパー

乗せにくい、乗せやすいに関しては本体であるギルス(脚の機構)側の問題もあるので一概には言えませんが、
大体こんな感じでしょうか。 2種の比較なら個人的にはダークホッパーに軍配を上げたいです。


今回は車高に違和感を覚えたもののギリギリ許容できる範囲ですみました。
ただ、コンパチ仕様という事を踏まえて考えるとちょっと恐ろしくもあります。
芯(素体)ともなるバイク自体に問題があるとなると、一気に2台ものバイクがポンコツ化するという事ですからね。 ((((;゚Д゚))))

今後もコンパチ仕様での販売が続くとなると、そのたびに戦々恐々としそうです。
っていうか、余剰パーツがもったいないからコンパチ仕様なんてもんはヤメレー。



魂ウェブ商店限定 S.I.C. ギルスレイダー&ダークホッパーでした。 おしまい!






[ 2012/11/27 23:59 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(2)
やはりバイクは良い…!

ギルスレイダーは確かに車高が低いですね。
元のバイクがバイクなだけに、これは残念。
なんだか、サスペンション(?)がきいた時に地面にザリッて行きそうで怖いですw

ダークホッパーは車高の低さとかはあまり気になりませんね。
タイヤはやはり小さい気がしますがw
それ以前になにより、ダークホッパーが立体化されたことが嬉しい…!(初立体化じゃないですかね?)
こんなにカッコいいのに、なんでイマイチ話題に上がらないんでしょう…?
個人的にはこのまま、アーツ版の方も出してもらいたいところです!w
[ 2012/12/03 00:06 ] [ 編集 ]
ギルスレイダーとダークホッパーでは確かに高さが違って見えますよね。
車体の下側にパーツが集中するだけでこんなにも見た目の印象が変るのか?と。
多少、違和感はありましたが、同じ芯を使っていて別々の印象を持たせてくれるアレンジ具合に今は満足です。
リアタイヤはもう少し大きめ、そして同一アレンジなら尚、理想に近づいたんですが… ほ、本当に満足してるのか?

>それ以前になにより、ダークホッパーが立体化されたことが嬉しい…!(初立体化じゃないですかね?)
食玩、ガシャポン、キャラウィールの小物での立体化はありますが、可動フィギュアを乗せるのが前提なバイクとしては初ですね。
ガシャポンのは集めていましたが途中からどんどんヘボくなって結局、中途半端に終わってしまいました(笑

アーツでも欲しいですね! でもギンギラメタリック仕様は勘弁!(笑
[ 2012/12/03 20:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。