トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

ULTRA-ACT ウルトラマンジャック 

ULTRA-ACT より 「帰ってきたウルトラマン」 ウルトラマンジャックが発売されました!
…ジャックという呼び名に全く馴染めないので新マンでいきます!

「帰マン(帰りマン)」 でも 「ジャック」 でも 「二世」 でもなく 「新マン」! やはり、これが1番しっくりくる!
もしくはそのまんま 「帰ってきたウルトラマン」


パッケージ
Ultraman_Jack_01.jpg

ULTRA-ACTお馴染みのパッケージです。


Ultraman_Jack_02.jpg

本体


Ultraman_Jack_03.jpg

付属品
こういうのは要らないですか('ω`;)


……すいません、真面目にやります。

Ultraman_Jack_04.jpg

もう少し細いほうが新マンらしい体型になったと思いますが、アクト準拠で6兄弟を並べた時の事を考えるとこんなものかな?とも。
もともとULTRA-ACT自体、アレンジが加わっているので許容できる範囲です。
個人的には腰パーツのオムツっぽさが気になる所。 ウルトラマン(リメイクVer.)みたいなくびれがないからでしょうか?


Ultraman_Jack_05.jpg

新マンの特徴でもあるボディの細いラインですが、塗装のカスれなども見られずまぁまぁ綺麗に塗り分けされていました。
ただハズレ個体に当たってしまったようで、ラインとは全く関係のない場所で2箇所ほどリタッチされた痕がありました。
しかも、ド下手リタッチ …どうせなら、もっと綺麗に誤魔化してください。

個体によって目立つ、目立たないの差があるみたいですが頭部(目の上)にウェルドラインが発生してしまっているようで、
私のにもシワが寄ったようなライン跡があります。
ボディにできたシワならスーツっぽさが増してリアルになったのに、よりによって頭部とは…('ω`;)


Ultraman_Jack_06.jpg

ウルトラマン(リメイクVer.) / 新マン

身長はこんなものかなと。
ウルトラマンと比べると、新マンの大きな背ビレを再現しようというのがうかがえますね。


Ultraman_Jack_07.jpg

首可動を比較。
可動域確保のため大胆に頭部のヒレを刈り上げたウルトラマンより可動で見劣りしてしまうのは仕方ない所ですね。


Ultraman_Jack_08.jpg

飛行ポーズを取らせた時に正面を向かせるのはきついです。
個人的には背ビレを大きめに造形し、新マンの特徴を出してくれた今回の仕様のほうが嬉しいので問題なし!


Ultraman_Jack_09.jpg

付属品
ウルトラディフェンダー、スペシウム光線再現パーツ、ウルトラスパーク、ウルトラランス、ウルトラクロス
手刀タイプ×2、開き手×2、ウルトラスパーク持ち手(右)、武具持ち手(右)、ピースハンド(右)
ウルトラブレスレット付左手首、カラータイマー(赤)、ディスプレイ用ジョイントパーツ(魂STAGE ACT.4対応)

パッケージの状態で握り手×2、カラータイマー(青)が装着。


Ultraman_Jack_10.jpg

ハンドパーツ色々


Ultraman_Jack_11.jpg

お馴染みのカラータイマー交換ギミック。

カラータイマーは、ボディからやや張り出しすぎている印象です。
つまみやすいので交換はしやすいですが。

カラータイマー(赤)に銀の塗装がかぶっちゃってます…


Ultraman_Jack_12.jpg

画像左 : 別売り商品 「ブラザーズマント」 装着用の接続部。
画像右 : ディスプレイ用ジョイントパーツの接続部。

ブラザーズマント接続部を隠しているメクラ蓋の取り付けが物凄く緩く、いとも簡単に外れてしまいます。
遊んでいると音も立てずにポロリ、気付いたら外れているという事も多々。
マント非装着時は両面テープなどで止めておいたほうがいいかもしれません。


Ultraman_Jack_13.jpg

ブラザーズマント装着。

この台座の色は綺麗よね


Ultraman_Jack_14.jpg

スペシウム光線はウルトラマン等と同様にハンドパーツごとの交換になります。


Ultraman_Jack_15.jpg

第18話 「ウルトラセブン参上!」 にてセブンから受け取ったウルトラブレスレット。


Ultraman_Jack_16.jpg

前腕の先端部を丸ごと交換してブレスレットの装着時、非装着時をそれぞれ再現します。

ハンドパーツの交換時に手首関節パーツの軸(ボールジョイントではないほう)がスポスポ抜けてしまうのが困り者。


Ultraman_Jack_17.jpg


Ultraman_Jack_18.jpg

ウルトラランス / ウルトラクロス

特にこれといったギミックはなし。


Ultraman_Jack_19.jpg

突き刺す相手がほしい所ですなー


Ultraman_Jack_20.jpg

ウルトラディフェンダー


Ultraman_Jack_21.jpg

裏面のグリップは基部を中心に回転させる事が可能、またグリップそのものを引き起こす事もできます。
ポーズ付けの際の向き調整が楽でイイ!


Ultraman_Jack_22.jpg


Ultraman_Jack_23.jpg

帰ってきたウルトラマンといえば


Ultraman_Jack_24.jpg

夕陽


Ultraman_Jack_25.jpg

そして


Ultraman_Jack_26.jpg

数的不利な


Ultraman_Jack_27.jpg

状況。


Ultraman_Jack_28.jpg


あとちょい細身な体型だったら言う事なしというのが本音。 ああぁ、違和感の原因は細い太いではなく大胸筋の厚みかー?
まぁ、上でも書いたようにULTRA-ACTの独自アレンジが入っている事を考慮すればじゅうぶんかな?という出来です。
何というか自分でも納得がいっているような、いっていないような... そんな感じ(笑

あとは、これで絡ませられる怪獣が発売されれば遊ばせやすくもなるのですが。
個人的にベムスターが好きなんですが、さすがに可動フィギュアとして発売するには色々と厳しい部分が多いような気も。
という事で、王道なブラックキング&ナックル星人をー!


ウルトラ6兄弟まであと少し!
とりあえずウルトラの父とか母はどうでもいいので、早い所セブンのリニューアルをよろしくお願いします!
そういえば、レオやアストラはどうなるんでしょうね? あと爺さん。



ULTRA-ACT ウルトラマンジャックでした。




[ 2013/03/26 01:40 ] ULTRA-ACT | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する