トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スタチューレジェンド プロシュート&ザ・グレイトフル・デッド 

スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険よりプロシュートの兄貴が発売されましたー!


パッケージ
SLegend31_Prosciutto_01.jpg

プロシュートのスタンドであるグレイトフル・デッドとセットとなっているため、横に長く大きなパッケージとなっています。
また通常の厚さが薄めの紙パッケージと違い、ダンボール地が使われた頑丈仕様!
やっぱり兄貴はスゲェーやッ! …値段もなー!

パッケージには兄貴が首からさげているアクセサリーとグレイトフル・デッドの目玉のマークが描かれています。



■ プロシュート
SLegend31_Prosciutto_02.jpg

ポーズはジャンプコミックス53巻 『偉大なる死 その⑥』の扉が元になっているんですかね?

黄色ヘア&黒スーツという地味めなカラーリング。
兄貴から連想するカラーとして多くの方がイメージするであろう無難なカラーチョイスになっているのではないかなと。


SLegend31_Prosciutto_03.jpg

独特なスーツの模様も塗装はバッチリ!
塗料が大きくはみ出していたり、飛び散っていたりということはありませんでした。
所々、擦ったようなところはありましたが…

あと下半身がちょっとペタペタ (ベタベタとまではいかない) してる ('ω`;)


SLegend31_Prosciutto_04.jpg

上半身のスーツと下半身のスーツで色の濃さにかなりの差があるよう感じます。
上半身の黒々とした色と比べて下半身の黒はかなり薄め。
※画像だと確認しにくいかもしれません。


SLegend31_Prosciutto_05.jpg


SLegend31_Prosciutto_06.jpg

肉眼で見る分にはさほど気にならないレベルかもしれませんが (実際、気になりません)、アイプリントの精度はうーん…
見る角度によっては目線の定まり具合が酷く、ペリーコロさん似になってしまいます。

後ろ髪を結んでいる紐は芸が細かくて素晴らしいですね。
アイプリントの精度、パーツの分割線、パーティングラインは諦めないと駄目なのだろうか…(´・ω・)


SLegend31_Prosciutto_07.jpg

首から下げているアクセサリーは軟質素材です。


SLegend31_Prosciutto_08.jpg

この画像だとスーツの上下で色の濃さが違うというのが確認できるかな?


SLegend31_Prosciutto_09.jpg

両足つま先立ちなプロシュートの兄貴。


SLegend31_Prosciutto_10.jpg

超像可動 ブチャラティと。

違和感を覚えるほどのサイズ違いではないと思いますがプロシュートのほうが一回り大きいです。



■ ザ・グレイトフル・デッド
SLegend31_Prosciutto_11.jpg

上手く関節を仕込んだらそのまま可動フィギュアとしていけちゃいそうな造形をしているグレイトフル・デッド。
全身にある目玉がいい感じに不気味さを演出しています。
欲を言えば頭部の目玉はもう少し目を細く、眼光鋭くといった感じがよかったです。

カラーリングはパールホワイト。
公式HPなどで使用されているサンプル画像だと紫がかったカラーリングになっています。
個人的にはそちらのほうが好み。


SLegend31_Prosciutto_12.jpg

3本の大きな指があるので安定して飾れそうな印象を受けますが、少しバランスを崩すだけで簡単に後ろへ倒れてしまいます。


SLegend31_Prosciutto_13.jpg

黄緑色の目玉というのは不気味さが増していいです!


SLegend31_Prosciutto_14.jpg

胴体から垂れた触手のようなパーツは軟質素材。


SLegend31_Prosciutto_15.jpg


SLegend31_Prosciutto_16.jpg

兄貴と。


SLegend31_Prosciutto_17.jpg

列車内での熱いバトル。


SLegend31_Prosciutto_18.jpg


SLegend31_Prosciutto_19.jpg


SLegend31_Prosciutto_20.jpg

グレイトフル・デッドッ!


SLegend31_Prosciutto_21.jpg

グレイトフル・デッドは濃い目の色で塗装されているほうが禍々しさが増していいかもしれない。


SLegend31_Prosciutto_22.jpg


兄貴好きなら買わずにはいられない!
睨みを利かせたプロシュートの兄貴の顔の迫力がいいです!

店頭購入ではないので同製品内でアイプリズレなどの個体差がどれだけあるのかは分かりませんが、
通販での購入にはちょいと勇気がいるところかもしれません。
これは毎度、毎度のことでスタチュー全般 (超像可動でも同じ) に言えることかもしれませんが…
実物を手に取ってみて、それでも尚アイプリントのズレが気になるというほどヒドイものはないとは思いますが、
微妙なズレも気になるという方は店頭での購入をお勧めします。

出来に関してこれといった不満もない2体ですが、グレイトフル・デッドが少しばかり倒れやすいところが残念でした。

もしセカンドカラーが発売されるなら
・緑ヘアー&紫スーツ(兄貴)
・濃い紫(グレイトフル・デッド) という組み合わせが見てみたいな。


暗殺チームの1人である、ホワイトアルバム(ギアッチョ)が何の前触れもなく突如として販売の告知&予約が開始されましたが、
原型まで出ていたリサリサは一体どこへ? …4部のヨボヨボ ジョセフのようになかったことにされないよう祈るばかりです。



スタチューレジェンド プロシュート&ザ・グレイトフル・デッドでした。




やっぱりセットは値段がスゲェーやッ! スゲェ・・・や・・・(瀕死)


首のパーティングラインは・・・血管ぽくして誤魔化そうとしてるつもりなのかそうなのか
まぁ・・・コスト削減で工程省いているんでしょうけど・・・目立つッ!

>グレイトフル・デッドは濃い目の色で塗装されているほうが禍々しさが増していいかもしれない。
ですね 濃い紫とかそんなイメージでした その方が黄色い目も映えたと思うけどなー

しかし、やっぱりプロシュートの立体化は素直に嬉しいです
グレイトフルデッドも妖怪みたいでキモカッコよいですし


ギアッチョは唐突でしたね たしかに暗殺チーム予告してたけども・・・
リサリサは原型できたしたぶん大丈夫でしょう大丈夫ですよね?
ちなみにワタクシいまだに 四部ジョセフ&静待ってたりします
ダセヨッチキショー



[ 2013/06/22 11:14 ] [ 編集 ]
こんばんはー!

さらっと予約をしてしまいましたが、あらためて考えると本当にスゲェーお値段なんですよねー。
そのぶん出来は? …というといつも通りというか、細部まではまだまだ手がいき届いていないというか ('ω`;)

とはいえ、動きの少ないキャラは表情で魅せたり、動きのあるキャラからは躍動感も感じられるようになってきましたし、
棒立ちキャラ1つとっても4部の脇キャラがメインだった頃と比べると固定ならではの面白さが出てきたように感じますね。

>濃い紫とかそんなイメージでした その方が黄色い目も映えたと思うけどなー
ボディが白だとなんとなく全体がボヤけたようにも感じますもんね。
黄色や緑系は紫と相性がいいといわれていますが、個人的には最低の組み合わせだと思っているので(特に黄緑 / 笑)
セカンドカラーではぜひとも相性の悪さゆえの気色悪さ抜群な濃い紫×黄緑に期待したいです!
買えるかどうかは不明!(笑

>四部ジョセフ&静
売れないと分かるやキン肉マンですらあっさりと切るシビアなメーカーなのが怖いところですね。
私もヨボヨボは欲しいです。 待ちましょう!
[ 2013/06/23 20:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する