トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

ポピニカ DXビートゴウラム 

BEATCHASER 突き抜ける速さは BEATCHASER 誰も止められない
BEATCHASER 2000 Get on♪

DXビートゴウラムのご紹介です。


■ビートチェイサー2000
beatgouram_01.jpg

トライチェイサーではボディにダイキャストを使用していましたが、こちらはプラ製へと変更。
そして、見栄えのよろしくない可動式スタンド。


beatgouram_02.jpg

トライチェイサーよりも太目のタイヤへと変更されています。


beatgouram_03.jpg


beatgouram_04.jpg

ライト横のにあるパトライトが開閉可能。


beatgouram_04-2.jpg

トライアクセラーが取り外し可能と地味ながらも嬉しいギミックが追加されています。
センターにあるコントロールパネルは付属のシールで再現。


beatgouram_05.jpg

マイティフォームの場合、色合い的にはトライチェイサーよりビートチェイサーの方が合うかな。


beatgouram_06.jpg


■ゴウラム
beatgouram_07.jpg

DXビートゴウラムに付属するゴウラムはエンシェントバージョンと呼ばれるもの。
これはない…


beatgouram_08.jpg

ビートチェイサーの合体準備
・フロントフォークを前方へスライド
・マフラー、液体金属タンク周辺のパーツを下へ180度反転
・リアのサスペンションが沈んだ状態でロック (ステップがロックボタンになっています)
・パトライトを開く

…画像のパトライト開くの忘れてる


■ビートゴウラム
beatgouram_09.jpg

エンシェントゴウラムが格好悪いので、DXトライゴウラム付属のノーマルゴウラムを使用して合体。


■ライジングビートゴウラム
beatgouram_10.jpg

フロント、左右リアにライジングビートアーマーを装着してライジングビートゴウラムへ。
ライジングビートアーマー(フロント部)は、付属のグリップを取り付けてクウガのシールドとして持たせる事ができます。


beatgouram_11.jpg

かっこいい。


beatgouram_12.jpg

ゴウラムのディスプレイスタンド
古代文字で「戦士」を模している台座(画像左)がDXトライゴウラムに付属するディスプレイスタンド。
「雷」を模した台座(画像右)がDXビートゴウラムに付属のもの。

※スタンド用のディスプレイアームは外してあります。


■通信用携帯電話
beatgouram_13.jpg

赤外線を受信したビートチェイサーから一条さんの音声が再生され、携帯電話に五代雄介から連絡が返ってくるという、
DXビートゴウラム最大のウリであり、最大の失敗システム('A`)
バイクと関係ないけど折角なのでご紹介。

携帯電話の送信ボタンを押すと、ビートチェイサー本体から五代雄介へあてた一条さんのメッセージが流れだします。
数秒経つと携帯電話の返信コールが鳴りだすので、携帯のボタン(ディスプレイの下3つ)いずれかを押す。
すると、五代雄介からのメッセージが返ってると。 まぁ、流れ的にはこんな感じ。

一条さん 「五代雄介!未確認生命体がそっちへ向かっている、気をつけろ!」
五代雄介 「大丈夫です 何とかなります!」

こういう具合に、一条さんと五代雄介のやりとりがおこなわれるのですが、

一条さん 「五代雄介!未確認生命体が現われた! ただちに急行してくれ!」
五代雄介 「すいません 聞いていませんでした」

と、五代雄介が時々ポカをやらかしたりもします。

五代雄介、一条さん共にセリフのパターンは10種前後あると思います。


また、ボーナスセリフが用意されていて、携帯電話のボタンの押す順番・回数によって以下の3パターンのセリフが流れます。
五代雄介 「見ててください!俺の変身!!」
五代雄介 「オリエンタルな味と香りの店 ポレポレです」
一条さん 「五代雄介 よくやってくれた 夕日がきれいだ!」


他にビートチェイサーの車体側面にボタンがあり、それを押すと「変身!」の掛け声と共に変身サウンドが鳴り響く音声ギミックもあり。

…購入してから何年も経ちますが、はじめて携帯電話で遊びました。


■ フィギュア&バイク トライチェイサー2000(ブラックヘッドVer.)
beatgouram_14.jpg

おまけでフィギュア&バイク トライチェイサー2000(ブラックヘッドVer.)もご紹介。
同フィギュア&バイクのトライチェイサー(ゴールドヘッドVer.)と色が違うというだけですね。


beatgouram_15.jpg

せっかくなのでDXビートゴウラムに付属する五代雄介フィギュアを乗せてみました。 やはり、しっくりくる。


beatgouram_16.jpg

これにビートチェイサーのブルーラインVer.があれば、とりあえず4台揃うんですけどね。
残念ながら限定販売されたブルーラインVer.は持っておりません。


beatgouram_17.jpg

ゴウラムの色は格好悪いし、赤外線通信なんて余計なものをくっつけてDXトライゴウラムのほぼ2倍という価格...
山積みになって当然!という玩具でしたね。
ビートチェイサーのみが欲しかった私にとって、鬼のような仕様でした。

当然、投売りされた時に… なので、さほど財布は痛みませんでしたが。
バイクフィギュアとしては優秀なんですけどね。


以上、DXビートゴウラムのご紹介でした。 夕日がきれいだ!
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する