トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

魂ウェブ商店限定 S.I.C. 仮面ライダーザビー 

魂ウェブ商店より発売されたS.I.C. 仮面ライダーザビーが到着!
(受注期間:2013年9月25日~2013年11月13日、商品の発送は2014年2月21から)


パッケージ
sic_MaskedRider_Thebee_01.jpg

縦に細長い薄型パッケージ。
過去に東映ヒーローネットから発売された十面鬼ゴルゴス、G3マイルドらと同じくらいの幅、厚みですかね。
それを縦に長く伸ばしたような感じ。

原型:安藤賢司氏


sic_MaskedRider_Thebee_02.jpg

仮面ライダーキックホッパー&パンチホッパーの発売を皮切りに、久方ぶりに再開された 『仮面ライダーカブト』 シリーズより、
劇中では主役の仮面ライダーカブトに次いで登場した仮面ライダーザビーが発売となりました。

『仮面ライダーカブト』 シリーズ第1弾のVol.52 仮面ライダーカブトから4年ほどの期間を空けての発売となります。
当時の素体をベースにしているとはいえ、現行商品と比べても特別見劣りするといったことはありません。


sic_MaskedRider_Thebee_03.jpg

まんまスズメバチといった顔つき。
コンパウンドアイはクリアパーツ仕様で内部、また表面にモールド処理が施されています。
クリアパーツが濃いため内部のモールドを鮮明に確認することは、ちょっと難しいですね。


sic_MaskedRider_Thebee_04.jpg

基本カラーは黄色と黒という組み合わせ。
黄色(金色?)部は、オレンジの色味が強く出ていて個人的に凄く好みな色。
ただ、オレンジ色の強い胸部・前腕部に対して、脚部は黄色が強めなど体の部位によって色の差があるのが残念です。

胸部や背中にある溝には細かなモールドが彫られディテールアップがなされています。
肩アーマー下部の羽を模したような装飾はクリアパーツ仕様。
また肩アーマーは跳ね上げが可能で腕の可動を阻害しないよう設計されています。


sic_MaskedRider_Thebee_05.jpg

ザビーゼクターやらベルトやら。


sic_MaskedRider_Thebee_06.jpg

付属品
交換用ザビーゼクター、ライダースティングエフェクト
開き手×2、持ち手(右)、ポーズ手×2

その他、パッケージの状態で握り手×2、ザビーゼクター(展開)が装着されています。


sic_MaskedRider_Thebee_07.jpg

銃の持ち手のような形状のもの(上段右)、“何か”の持ち手(下段左)という謎チョイスなオプションハンド。
今回のセット内容に含まれる、この謎手… ワケ分からん。


sic_MaskedRider_Thebee_08.jpg

ザビーゼクター(展開)
特にこれといったギミックはありません。


sic_MaskedRider_Thebee_09.jpg

ライダースティングエフェクト
エフェクトパーツはかなり大型のクリア成型。 エフェクトパーツはザビーゼクターとの差し替え式。


sic_MaskedRider_Thebee_10.jpg

交換用ザビーゼクター
羽は可動させることができます。


sic_MaskedRider_Thebee_11.jpg

ザビーゼクター(展開 / 交換用)、ライダースティングエフェクトは左前腕の接続ピンへと取り付けます。
交換用のザビーゼクターの腹部にも取り付け穴が設けられているので、前腕へ取り付けることができるようになっています。

…いいからマスクドフォーム用のガワをよこせ!


sic_MaskedRider_Thebee_12.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_13.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_14.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_15.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_16.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_17.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_18.jpg

ライダースティング


sic_MaskedRider_Thebee_19.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_20.jpg


sic_MaskedRider_Thebee_21.jpg

エフェクトパーツのサイズが災いして肩アーマーに干渉しがち。
1本のピンのみで取り付けるので変に負荷を与えてしまうと、あっさりと接続ピンが破損してしまうかも。
エフェクトを装着した状態での取り回しには注意したほうがいいかもしれません。


sic_MaskedRider_Thebee_22.jpg


アレンジに関しては控えめですねー。
…っていうのは今後のお約束として 『仮面ライダーカブト』 シリーズが発売されるたびにつぶやくことになるんでしょうね。
シリーズの途中でアレンジの方向性を大幅に変更されても困りますが(笑

といことでアレンジはいつもの 『仮面ライダーカブト』 シリーズ同様でメカメカしいディテールアップにとどまっている感じ。
使い回されているパーツが多いので見所は、ほぼ頭部・上半身に限られてしまいますがキックホッパー&パンチホッパーと比べ、
シャープな造形で見た目的にもスマートな印象があります。
好みの問題もあるかとは思いますが、個人的にはシリーズ内では1番カッコいいと思います。

マスクドフォームへの換装仕様なら本当に言うことなかったんですけどねー
「マスクド換装パーツセット」 ってなものを発売してもいいのよ!
仮面ライダードレイク、サソードの商品化も忘れずにお願いします。



魂ウェブ商店限定 S.I.C. 仮面ライダーザビーでしたー!




[ 2014/02/24 01:48 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する