トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

S.I.C. Vol.69 仮面ライダー旧2号 

通常ナンバリング商品としては前弾 Vol.68 仮面ライダー新1号 に続いて、またも昭和ライダーから立体化!
最新作、S.I.C. Vol.69 は 仮面ライダー旧2号 となります。


パッケージ
sic69_MaskedRider2_01.jpg

Vol.68 仮面ライダー新1号から装いも新たに生まれ変わったヘッダーなしパッケージがそのまま採用。
今後の標準な形として継続していくんでしょうかね。

パッケージ中央には2号らしい太く白いラインが描かれています(新1号のパッケージには2本のラインが描かれています)
…今ごろになって気が付きましたがちゃんと考えられたデザインになっていたようです(笑

それはともかく 「力の2号」 と書いてあるアレから感じるセンスのなさ… せっかくのパッケージデザインをぶち壊していますね。
凄くかっこ悪いと思います(´・ω・`)


原型 : 安藤賢司氏


sic69_MaskedRider2_02.jpg

煌びやかで派手だった新1号と比べると大人しく、トーンが抑えられ全体的に暗めなカラーリングになっています。
元のカラーリングからして地味めではありますが...

基本となる素体は新1号と同じものが使用されていますが、体の部位ごとで新造パーツが多く使われているようです。
肩のサイズがやや大袈裟すぎな気がしないこともありませんが、上半身がマッチョ化されているのでカラーリング以外の部分でも、
新1号との違いを感じることができる造形になっています。


sic69_MaskedRider2_03.jpg

頭部は少し青みがかった濃いグレーといった色味。
全体が暗いので仕方ないのかもしれませんが細かなモールドなどは少し確認しづらい感じがします。
触角は生物的アレンジが加えられた新1号と異なり、今までのS.I.C.でもよく見かけたタイプの造形になっています。


sic69_MaskedRider2_04.jpg

コンバーターラングにクリアパーツが使われていますが、あまり目立たないですね。
マフラーは取り付け基部で回転、ジョイント部でスイングさせることが可能なので表情付けの自由度は高いです。
取り付け基部が背中側に固定されてしまっているため、マフラーを体の前側に垂らすことができないのが残念ですね。

背面のモリモリな筋肉表現がカッコいいです。


sic69_MaskedRider2_05.jpg

ベルトや脚など。 控えめですが足の裏にもモールドがきちんとあります。

足の裏のモールドが顔に見えるんですが。
うーむ、どこかで見たことがあるような





…と考え込むこと数分

sic69_MaskedRider2_06.jpg

こいつでしたー(笑


sic69_MaskedRider2_07.jpg

コンバーターラング (裏面) と本体はボールジョイントで接続されています。
腕の動きに合わせてコンバーターラングを可動させることができます。

画像では上下にスライド可動させてみました。


sic69_MaskedRider2_08.jpg

付属品 その1
交換用頭部、マフラー、ライダーパンチエフェクトパーツ、ライダーキックエフェクトパーツ
手刀タイプ手×2、開き手×2、持ち手×2、シャッター閉じ状態のバックル

その他、パッケージの状態で握り手、通常タイプの頭部が装着。


sic69_MaskedRider2_09.jpg

付属品 その2
専用台座、狼男


sic69_MaskedRider2_10.jpg

ゾル大佐の変身した狼男フィギュアは豪快に舌ベロを出したやられ造形。 一文字に思いっきりのされてしまったのでしょう。


sic69_MaskedRider2_11.jpg

専用台座には支柱取り付け用の穴が設けられています。
魂STAGE (別売り) のセットに含まれる支柱を使用することで安定した状態でディスプレイすることが可能!

だーかーら、最初っから支柱も付属させとけ!っつってんだろ(怒り
…セット内容に入れておいてください(反省


sic69_MaskedRider2_12.jpg

クラッシャーを開いた交換用の頭部。
精巧に造形されているんだか、グッチャグチャなのか分からん(笑


sic69_MaskedRider2_13.jpg

ベルトのバックルはシャッター閉じのものと交換することが可能です。


sic69_MaskedRider2_14.jpg

ハンドオプションいろいろ
握り手 / 手刀 / 開き手 / 持ち手

持ち手を活躍させることができる日を心待ちにしております。 バイクでしょ? グリップを握らせるための持ち手でしょ?ん?ん?


sic69_MaskedRider2_15.jpg

ライダーパンチ用のエフェクトは2パーツ構成。
前腕に上下から挟み込むようにして固定。

新1号のエフェクトパーツに殴ったあとの衝撃波を追加した感じの造形になっています。 造形そのものは… 微妙。


sic69_MaskedRider2_16.jpg

ライダーキック用のエフェクトパーツの2パーツ構成です。
パンチ用のエフェクトと同様、該当部位へ挟み込んでの固定となります。


sic69_MaskedRider2_17.jpg

新1号と。

こうやって並べるとやはり違いが如実に出ますね。 地味ながらコンバーターラングの違いがデカい!
平坦な表面にモールドが入っただけの新1号と、モールドに沿って筋肉が隆起した旧2号。
大きく張り出した肩との相乗効果で上半身のマッチョっぷりが際立ちます。


sic69_MaskedRider2_18.jpg

初期の固定モデルだったころのS.I.C.みたいでイイ!
やはり、やられ怪人は足元に必要だ! 支柱もなー(念押し


sic69_MaskedRider2_19.jpg


sic69_MaskedRider2_20.jpg


sic69_MaskedRider2_21.jpg


sic69_MaskedRider2_22.jpg


sic69_MaskedRider2_23.jpg


sic69_MaskedRider2_24.jpg


新1号と同素体を使用しているということもあるため感想も同じようなものになってしまいますが、やはりプロポーションには不満あり。
脚が長すぎるゆえ体型そのものがアンバランスという不満点は今回の旧2号ライダーも一緒。
ただし細身だった新1号と違い、上半身にボリュームが増した分だけ旧2号から感じる不自然さは和らいでいるように思えます。

逆にボリュームアップを図った上半身に不自然さを感じる部分が生まれてしまったよう感じたのもまた事実。
肩のサイズを大きくしすぎたのが問題か、これがまたバランスを損ねてしまう要因の1つに…
見る角度によっては問題なくも思えるのですが、まるで大きなタマを付けたような肩がどうにもこうにも不恰好。
上手くバランスを取るというのは難しいんだなと…

ほか、個人的にはカラーリングもちょびっと不満。
メタリックな新1号と並べるには自然なカラーチョイスなのかもしれませんが、そのメタリックカラーが旧2号で採用されたのが地味に嫌。
いっそのことメタリックは新2号に任せると割り切り、今回の旧2号はもっとすすけた色でいってほしかったのが本音ですね。

不満だらけになってしまったような気もしますが、単純に新1号を使い回したという感じを受けなかったのは好印象。
今後、1号や2号では多くのバリエーション展開がお目見えすると思いますが、それぞれに違いを持たせた造形を望みたいものです。
ということで新サイクロンの発売を早く! V3とライダーマンも!!



S.I.C. Vol.69 仮面ライダー旧2号でした。





魂ウェブ商店で予約が開始された S.I.C. 仮面ライダーシン に物申したい!
何ですか、あのつまらない造形は? アレンジも何もあったものじゃないです。

全然スーパーじゃない、どこら辺がイマジネイティブなのかさっぱり分からない、超合金の使用も少ない(たぶん)
つまり、あれはS.I.C.と呼べるものではない! とっとと受注ページを引っ込めてやり直してくれー
S.I.C. HERO SAGA Vol.4 の表紙のやつがほしいです。
[ 2014/04/30 01:50 ] S.I.C. | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。