トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スタチューレジェンド ホル・ホース 

スタチューレジェンドより ジョジョの奇妙な冒険 第3部に登場するホル・ホースです!


パッケージ
SLegend44_HolHorse_01.jpg

キャラクターごとに異なるマークが印刷されているお馴染みのパッケージ。
今回はホルホースのスタンド 皇帝(エンペラー)のかぶる王冠がイメージされています。


SLegend44_HolHorse_02.jpg

というより原作者が描いたタロットカードの王冠そのものだったり。


SLegend44_HolHorse_03.jpg

1つのエピソードで再起不能 (退場) になるケースが多い第3部の敵キャラクター内において、度々出番を与えられた敵スタンド使い。
主人公たちとの直接戦闘以外にも登場するなど、忘れたころに現れる少しとぼけた憎めないキャラクターですね。
…家出少女は忘れられたまま

プレイステーションで発売された格闘ゲームでも馴染みあるカラーリングなので変な違和感はなし。
セカンドカラーが発売されるなら、やっぱり赤系でしょうか。


SLegend44_HolHorse_04.jpg

ヒザが内に入った、いかにもジョジョキャラといった立ち姿です。


SLegend44_HolHorse_05.jpg

塗装はシャドー吹きがされていてイイ感じに濃淡が出ています。


SLegend44_HolHorse_06.jpg


SLegend44_HolHorse_07.jpg

ホル・ホースの特徴でもある割れたアゴと、こけた頬はしっかりと再現されています。
原作者に禁煙させられる前のバージョンですね。 タバコの造形はだいぶ大きめ。
※原作者がタバコ嫌いのため作中の人物であるホル・ホースも禁煙、途中から禁煙パイポを吸わせることに…

アイプリントのズレがよく指摘されるシリーズですが、それと同様に下まつ毛のズレも多いんですよね。
今回はハズレを引いてしまいました('ω`;)

もみあげの下に線のような傷もあるし… この低品質はなんとかならんのか?


SLegend44_HolHorse_08.jpg

ジョジョに登場するキャラクターとしては大人しめな衣装です。


SLegend44_HolHorse_09.jpg

ホル・ホースの拳銃型スタンド 皇帝 (エンペラー)

本体とは別にパッケージングされているので持たせる必要があります。
少しキツめですが人差し指を引き金の部分にねじ込むよう持たせると握り込みが安定します。 ポロリの心配はないかな。
エンペラーは半分クリア、半分塗装でスタンド発現中!みたいな表現でもよかったかもしれませんね。


SLegend44_HolHorse_10.jpg

風になびく腰の前垂れ
緑色のインナーとベージュパンツの境の塗装がいまいち。


SLegend44_HolHorse_11.jpg

かかとの乗馬用具スパーの造形も細かいです。 乗ってたのは象だけど...


SLegend44_HolHorse_12.jpg

スタチューレジェンド 他の3部キャラと。
個人的にヴァニラはもっとデカいイメージがありますが割といい感じの大きさでまとまっているんじゃないでしょうか。


SLegend44_HolHorse_13.jpg

超像可動 アブドゥルと。
…こちらはサイズに差がつきすぎてしまっていますね。


SLegend44_HolHorse_14.jpg

配置の仕方によっては誤魔化せないこともないッ!


SLegend44_HolHorse_15.jpg


SLegend44_HolHorse_16.jpg

やっぱり試作サンプルくらい睨みが利いてるほうがいいなぁ。


SLegend44_HolHorse_17.jpg


SLegend44_HolHorse_18.jpg


SLegend44_HolHorse_19.jpg

ホル・ホースっぽさはじゅうぶんに出ていると思うのですが、ちょっと表情が柔らかすぎる気がしますね。


SLegend44_HolHorse_20.jpg

顔が写ってないほうがカッコいい! どういうことだ!!(笑


相変わらずもったいない出来だなというのが感想。
造形は悪くないだけに塗装やアイプリントによる仕上がり具合が本当にもったいない。

特にスタンド使いである人間キャラになると塗装面での良し悪しが如実に表れてしまいますね。
顔に影を付けすぎた酔っ払いフェイス(赤ら顔)、顔に影のない二日酔いフェイス(青白い顔)などなど…
アイプリントのズレという一向にクリアされない問題に加え、顔に吹かれたのシャドーの濃さまでもが懸念材料になりつつあり、
とても手放しで賞賛できるシリーズではなくなってきているように感じます。

・シリーズ内でサイズがまちまち
・アイプリントのズレ
・塗装全般

上記3つだけは今後ぜひとも改善してほしいポイントですね。


ハングドマン、デス13と個人的に好きなキャラの発売も予定されていますがデカそうなんですよねぇ...('A`)
値段も高騰しているし。 うーん、迷うッ!



スタチューレジェンド ホル・ホースでした。





デス13は重心が前にかかりすぎて見えるけど、あの前傾姿勢は夏場の暑い時期に耐えることができるのだろうか?
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。