トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スーパーロボット超合金 超電導 カンタム・ロボ 

高いビルでもひとっ飛び
きみの呼ぶ声、聞こえたら
弾より速いスピードで
6時ちょうどにレビューする♪


クレヨンしんちゃんの劇中劇アニメ 『超電導 カンタム・ロボ』 の主人公メカ カンタム・ロボがスーパーロボット超合金にて発売!

決してスタイリッシュで洗練されたデザインとはいえないカンタム・ロボですが、私はこういう系統のロボが大好き。
シンプルなデザイン、シンプルなカラー、そしてやっつけな顔(笑
これが劇中のアニメで物凄くカッコよく描かれているギャップがたまらないです。

では


パッケージ
SRC_Kantamrobo_01.jpg

サイズは小ぶりで縦19.5cm、横14.5cm、厚み4.5cmといったところ。
一般的なS.H.フィギュアーツのパッケージを少しばかり縦に伸ばした感じです。
パッケージの裏には 「すまない、みんな…ボクはカンタム・ロボとして生きたいんだ!」 という台詞が印刷されています。

バンダイは 「パワーアップしていくだけの殺し合いはもうたくさんだ!」 の台詞をチョイスするくらいのユーモアがあってもいい。
見た人、全員が愛あるツッコミを入れてくれるぞっ!(きっと


SRC_Kantamrobo_02.jpg

※本商品に 「山田ジョン少年」 は付属しません。
昔のガンプラか?(笑


SRC_Kantamrobo_03.jpg

見た目のチープさ (失礼) とは裏腹に超合金の名にふさわしくズッシリした重みがあります。
全高は約14cm。


SRC_Kantamrobo_04.jpg

合金が使用されている箇所 (胸・スネ)とそれ以外の箇所で色の違いがくっきり出てしまっています…
が!実物を肉眼で見る限りはデジカメの画像ほどの色の差は感じません。
デジカメで撮影してみて色の差にビックリしたくらいです。


SRC_Kantamrobo_05.jpg

どう見てもやっつけなデザイン(笑
頭頂部には操縦席への入り口モールドがあります。

首がロール軸接続となっているので、頭部の可動は横方向への回転のみ。
上を向かせたり、アゴを引いたりさせることはできません。


SRC_Kantamrobo_06.jpg


SRC_Kantamrobo_07.jpg

腕の可動とか。
前腕と上腕とを繋ぐのはクロスオーバージョイント。
同超合金シリーズの他商品と同一規格ジョイントなので、別のキャラの前腕を丸ごと付け替えて遊ぶこともできます。
手首関節はボールジョイント。


SRC_Kantamrobo_08.jpg

肩関節基部はスイング式。


SRC_Kantamrobo_09.jpg

胸と腰の2箇所は引き出し式の関節になっています。


SRC_Kantamrobo_10.jpg

関節股の可動。
足の接地を優先させるなら画像上くらいが限界、足の接地を無視すれば画像下くらいまで開くことができます。


SRC_Kantamrobo_11.jpg

股関節の前後への可動域は狭いかな。
ヒザの可動域は良好!


SRC_Kantamrobo_12.jpg

付属品
バックパック、魂STAGE用補助パーツ、開き手×2、持ち手×2

その他、パッケージの状態で握り手×2が装着。


SRC_Kantamrobo_13.jpg

交換用の手首いろいろ
握り手 / 持ち手 / 開き手(右) / 開き手(左)

開き手は左右で異なる表情のものが付属します。 開き手(右)の指先にはカンタムビームの発射口あり。


SRC_Kantamrobo_14.jpg

バックパックのウイングは展開可動が可能です。


SRC_Kantamrobo_15.jpg

お尻にあるT字の穴は魂STAGE (別売り) の補助用パーツを取り付けるためのもの。
魂STAGE用の補助パーツ (黄色矢印) を取り付ければ安定したディスプレイ、空中でのディスプレイも可能に。


SRC_Kantamrobo_16.jpg

永井豪&ダイナミックプロカスタム超宇宙の王者グレートカンタム・ロボZ

上でも少し触れましたが前腕と上腕を繋ぐジョイント、背中の中央のジョイントはクロスオーバージョイントとなっています。
同シリーズの他商品 対応パーツと本商品のパーツを付け替えて遊ぶことができます。

前腕を取り替えたり、背面に別キャラのパーツを取り付けても大抵は気味の悪い“何か”にしかなりませんが…(笑


SRC_Kantamrobo_17.jpg

立て~ (立て~) カンタムロボ~ 正義の戦士~


SRC_Kantamrobo_18.jpg

かなり以前に数回、観たっきりなのでもう1回ちゃんと観たい...


SRC_Kantamrobo_19.jpg


SRC_Kantamrobo_20.jpg


SRC_Kantamrobo_21.jpg

カンタムキィィィィック!


SRC_Kantamrobo_22.jpg

カンタムパァァァァァァァァンチッ!


SRC_Kantamrobo_23.jpg


SRC_Kantamrobo_24.jpg


SRC_Kantamrobo_25.jpg


SRC_Kantamrobo_26.jpg

ダサい… ダサいのにカッコいい!


デザインがシンプルなだけに当然、全体の造りも非常にシンプルなものになっています。
装飾過多で可動箇所が多めな玩具と比べ、動かしやすくポーズが決まりやすいので遊んでいて楽しいです。
1番のストロングポイントはこのシンプルさなのかもしれません。

クレヨンしんちゃん劇中での描かれ方も割と適当 (失礼) なので似てる、似てない、あぁじゃない、こうじゃない、
違う違う、そうじゃ、そうじゃない♪ (鈴木雅之) という毎度、毎度の間違い探しからも上手く逃れているような気がします。
変なアレンジを加えず、カンタム・ロボが持っている微妙な緩さを残しつつの造形になっているのがとてもイイ!
欲を言えば上腕、腹部、太ももの色はアニメと同じ白が良かったかなと。


今回のカンタム・ロボも新規顧客獲得(?)のためのヘンテコ路線 (注1) の内の1つなのでしょうか? 単に劇場版との絡みかな。
(注1 : S.H.フィギュアーツのカメラ男、パトランプ男、貞子、超合金の太陽の塔ロボなど)
メーカーが血迷った果てのラインナップのような気もしますが、嫌な狂いっぷりではなく寧ろどんどんやってくれという感じ(笑
後続として超カンタム・ロボ (交換用の超超ヘッド付き) 、究極カンタムが出たら嬉しいんですけどねー。 特に超カンタム!!
ん?仮に究極カンタム・ロボが発売されるとなると …上腕、腹部、太ももの色は何色になるんだろうか?



スーパーロボット超合金 超電導 カンタム・ロボでした!


SRC_Kantamrobo_27.jpg

みさえ




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する