トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スタチューレジェンド ペッシ 

現在 (2014年9月) 『ジョジョの奇妙な冒険 』 のテレビアニメ化に合わせたかのような勢いを見せる第3部のキャラクター勢、
それと並行するように第5部で未発売となっている敵キャラクター (暗殺チーム) の補完?が進むスタチューレジェンド。

2014年8月発売となったのは第5部 『黄金の風』 から暗殺チームの1人であり、プロシュートの弟分でもあるペッシになります。


パッケージ
SLegend48_Pesci_01.jpg

立ち姿として立体化されているので、横や奥へ大きく広がることのない割とスリムなサイズのパッケージとなっています。
箱に描かれているアイコンはペッシの服にも描かれているハートマーク。

釣り竿を持った右手は本体と外された状態で封入されているので、開封後に各自で取り付ける必要があります。
問題ないとは思いますがリールのパーツ破損や、釣り竿による本体への引っかき傷など作らないよう注意して取り付けてください!


SLegend48_Pesci_02.jpg

自身の死を前にしてもなおスタンド攻撃の手を緩めないプロシュートの兄貴の覚悟を見せられ、精神的な成長を遂げたペッシ。
エピソード序盤ではギャングとして弱々しさがありましたが、成長し凶悪そうな顔つきになった後半のペッシが立体化されました。


SLegend48_Pesci_03.jpg


SLegend48_Pesci_04.jpg

釣り竿を持たせると前後への幅が出ますが、前方へ伸びているのは釣り竿と釣り針だけなのでディスプレイに問題はなさそうです。


SLegend48_Pesci_05.jpg

ロングコートや肌にはシャドー吹きがされており、服のシワや筋肉の濃淡がきちんと表現されています。
首の周りのファーの塗装がやや単調かな、というくらいでサンプルから大きく劣化しているところはないと思います。


SLegend48_Pesci_06.jpg

いい表情ですねー
特徴的な鼻、耳、アゴから首の造形がニクイです。 縦に伸びたマツコデラックスのような首周り(笑


SLegend48_Pesci_07.jpg

釣り針 (?) の絵柄が入ったハートマークもバッチリ!


SLegend48_Pesci_08.jpg

恐竜の頭蓋骨のようなリールの上にはスタンド名でもある 「BEACH BOY」 の文字が印刷されています。
釣り竿を持たせたとき、左手がちゃんとリールのハンドルをつまんでくれる嬉しい作り。


SLegend48_Pesci_09.jpg

釣り針はテグスで結ばれています。
結び目から飛び出たテグスが長すぎるので、カットして調節したほうが見栄えがよくなりそうですね。


SLegend48_Pesci_10.jpg

ロングコートの内側に着込んでいる服にもハートマークがあります。


SLegend48_Pesci_11.jpg

動きのあるコートの裾もいい感じ。
ほぼ真下から覗き込むようにしないと確認できない場所になりますが、右脚のふくらはぎ辺りにもハートマークが描かれています。
こういうところを手を抜かずやってくれるのは嬉しいですね。 こだわりを感じます。


SLegend48_Pesci_12.jpg

プロシュートの兄貴と。
並べてみても悪くないです。


SLegend48_Pesci_13.jpg

正しくはこうあるべきかな?(笑


SLegend48_Pesci_14.jpg

曲げた左脚がいいんですよね! 実際、私も釣りにいくとこんな格好してます(笑


SLegend48_Pesci_15.jpg


SLegend48_Pesci_16.jpg


イイ! ディモールトベネだ!このヤロー
スタチューレジェンド初期のころから気になっていた大胆な分割線、パーティングラインといったのがほとんど見られないです。
分割線は造形するキャラクターによってどうしても隠し切れないこともあるでしょうから、ある程度は仕方がないとしても
顔や首の横をウネウネと、のたうっていたパーティングラインが本当に気になっていたんですよね。
それが綺麗になくなっているのが非常に嬉しい! ペッシの大根頭が綺麗なまでに再現されています!

塗装の精度も悪くなく、塗装のカスれ、はみ出しもほとんどありません。
塗り分け部のヘロヘロがないだけで完成品スタチューとしての見栄えが大きく変わることを証明していますね。
見ていて気持ちがいいくらいの小奇麗さを感じます。

価格の高騰は… ん~
最低でもペッシク並みの、さらなるクオリティアップを目指してくれるならこの価格でも!という感じですかねー
しかし、ここのところディ・モールト ベネは第3部 ハングドマンといい調子良さげですね。
デス・サーティーンの購入も検討しちゃうぞ!



スタチューレジェンド ペッシでした!




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。