トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 白いカラス 

雷鳴に似た爆音は 死神の歌う子守唄~♪

『人造人間キカイダー』 に登場するライバルキャラ、ハカイダーの愛車である白いカラスが魂ウェブ商店より発売されました!
(受注期間:2014年8月22日~2014年11月3日迄、商品の発送は2015年2月18日からとなっています)


パッケージ
SHF_WhiteCrow_01.jpg

S.H.フィギュアーツ キカイダーシリーズでは既にお馴染みともいえる、お洒落なイラストが描かれたパッケージ。
このシリーズのパッケージデザインは本当に素朴で素晴らしいですなー。


SHF_WhiteCrow_02.jpg

装飾過多になりがちな特撮ヒーロー番組のバイクおいて、ここまでシンプルなデコレーションというのも珍しい。
白いカラスのシンプルさを超えるのはライダーマンマシンくらいでしょうか。

左右のフロントフォークに備え付けられたサタンポッドとカラーリングを除けば、本当にただのバイクフィギュア。
ベースとなっているのはカワサキの名車 「マッハIII 750-SS(マッハIV)」


SHF_WhiteCrow_03.jpg

シルバーで統一された車体がカッコいい!


SHF_WhiteCrow_04.jpg

タンク、シート、フロントフォーク、エンジン、マフラー、ホイール等々、異なる色のシルバーが使用されているので、
統一されたカラーリングながらも単調さはありません。

本体のギミックはバイクフィギュアではお馴染みのもの。
・ハンドルと連動したタイヤの左右可動
・可倒式サイドスタンド
・後輪サスペンションの上下可動


SHF_WhiteCrow_05.jpg

メーターの前部とタンクには数少ないデコレーションである 「×」 のマークがモールドにより再現されています。
「×」 マークのシルバーの色味が変えられているのも嬉しい!
メーターの文字盤はシールによる再現です。


SHF_WhiteCrow_06.jpg

フロントフォークにはサタンポッドと呼ばれるミサイルポッドが装備されています。
テールランプやウインカーはクリアパーツ仕様、実車さながらの濃い目のクリアパーツが素敵です。
エンジン1つ取ってみても部位によってカラーリングに違いが見られます、いい仕事をしていると言わざるを得ませんね。
キャブレターの細かな造形も素晴らしい。

エンジンから伸びた3本マフラーのシビれるようなカッコよさがたまらん。


SHF_WhiteCrow_07.jpg

付属品
後輪用スタンド、予備ハンドル(左右)、ハカイダー用ハンドル持ち手×2

バイクアクション用の魂STAGEジョイントは付かないのね(´・ω・`)


SHF_WhiteCrow_08.jpg

ほかに白いカラス用のシール台紙が付属。


SHF_WhiteCrow_09.jpg

シールを貼る部分はタンク(左右)、サイドカバー(左右)、ジェネレーターカバー、クラッチカバーの計6箇所。
サイドカバー用のエンブレムシールは 「MACH III 750」 となっています。 個人的に750-SSはマッハIVと呼びたい。


SHF_WhiteCrow_10.jpg

ハカイダーと。
専用マシン&持ち主という並びは善悪のキャラ問わず心躍りますなー


SHF_WhiteCrow_11.jpg

無茶な姿勢をとらせることなく搭乗させることができます。

ゲーッ!シールを貼る前の画像ダー


SHF_WhiteCrow_12.jpg

…気を取り直して

ハカイダーと。
専用マシン&持ち主という並びは善悪のキャラ問わず心躍りますなー


SHF_WhiteCrow_13.jpg


SHF_WhiteCrow_14.jpg


SHF_WhiteCrow_15.jpg


初期のS.H.フィギュアーツ バイクと比べても細部の造りが徹底されていますし、出来に関しては文句なしでー。
最近発売されているバイク類との比較だとケーブル類が再現されていなかったりもするのですが...
とにもかくにもハカイダー&白いカラスの組み合わせが痺れるほどイカすので大満足です!
もう少し安く!そしてシールの予備をもう1枚ほど欲しい!要望はそれくらい(笑

キカイダー01、ギルハカイダーが届くのを待ち遠しく思う中、S.H.フィギュアーツのキカイダーシリーズに続報がきましたね。
ギルハカイダーに続き レッド、ブルー、シルバーハカイダーの発売も決定したそうで、そちらもまた楽しみな展開です。
ハカイダー4人衆の残り3人分のバイクも期待してよろしいのかしら?


と、そんなワケで今後の発売も気になるハカイダー4人衆のバイクについてちょっと調べてみました。

まずはギルハカイダーの乗っているバイクですが、これは 「白いカラス」 からサタンポッドを外したもの。
つまり今回、S.H.フィギュアーツで発売されたバイクと同じベース車 マッハIII 750-SS (個人的にはマッハIVと呼びたい)
これは車種確定で問題なし (多分)

では残り3人が乗っているバイクは?ということなのですが3台のうちの1台はディスクブレーキ、2台はドラムブレーキのようです。
マッハシリーズでディスクブレーキが採用されているのは750-SS (マッハIV) と500-SS (マッハIII) のどちらかになるのですが、
シート、サイドカバー、マフラーの形状から察するに500-SSではないかと推測(多分)

ということで残り2台。
マッハでドラムブレーキが採用されているのは250-SS (マッハI) 、 350-SS(マッハII) になります。
残り2台のうち1台はサイドカバーに燦然と輝く350のエンブレムが付いているのが確認できたので、文句なしに350-SSでよし(多分)
残った1台が250-SSか350-SSのどちらかということになるのですが、確証を得られるような情報は見つかりませんでした。

まとめるとハカイダー4人衆のバイクは 「750-SS」 、 「500-SS」 、 「350-SS」 、「250-SS / 350-SS」 の3 or 4車種。

・ギルハカイダー (750-SS)
・レッドハカイダー (500-SS)
・ブルーハカイダー (350-SS)
・シルバーハカイダー (250-SS / 350-SS)

私が確認できたのは上記のとおりの組み合わせ。 確定とまでは言い切れませんがご参考までに。
(参考:宇宙船文庫 人造人間キカイダー キカイダー01 / 朝日ソノラマ)


S.H.フィギュアーツでハカイダー4人衆のバイクが発売されることになっても、実車ベースの細部違いは再現されないと思います。
(今回の白いカラスからサタンボッドを外したギルハカイダー用バイク、カラーリングのみ変更した3人衆用バイクとか)
いずれにせよハカイダー4人衆をバイク込みで飾りたいと考えている人は、破壊部隊貯金をしておいたほうがいいかもしれませんね。


S.H.フィギュアーツ レッドハカイダー / ブルーハカイダー / シルバーハカイダー3体セットの予約はこちらから。
受注期間は2015年2月20日~2015年4月30日までとなっておりますので、ご注文お忘れのないようにー

【外部リンク】・東映ヒーローネット


そんなこんなで少々、横道にそれてしまいましたが魂ウェブ商店限定 S.H.フィギュアーツ 白いカラスでした。




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。