トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 J・P・ポルナレフ 

第三部のスタンド使いよりJ・P・ポルナレフが発売になりました。
では、早速。


パッケージ
sas04_J_P_Polnareff_01.jpg


sas04_J_P_Polnareff_02.jpg

ジョジョフィギュアの素立ちってあまり、さまにならないですね。


sas04_J_P_Polnareff_03.jpg

こちらは各種オプションハンド
パン・ツー・マル・ミエの再現ハンドが推しらしい。
再現できますよ!っていうオマケ的なもんなんでしょうかね。
パンの状態、ツーの状態、マルの状態、ミエの状態。 個々の状態じゃ飾らないよね?

アヌビス神を持たせられる手首が付いているのがぬかりない。


sas04_J_P_Polnareff_04.jpg

こちらは各種ヘッド
通常顔と、よく分からない顔、叫び顔の3種
アヌビス神用の手首が付いてるんだから、アヌビス神に憑依された怖い顔バージョンのものを付けてくれればよかったのに。










では、本体の紹介!






sas04_J_P_Polnareff_05.jpg

…といきたい所ですが

パッケージから出したらポロッと落ちました。
何もいじってません つま先なんて触ってもいません 普通にポルナレフ本体を取り出したらポロッと落ちました。

再起不能というほどではないのでいいですが...
ただ単にハズレを引いたんでしょうが、なんか凄い脆そう。



開き直って遊びます。


VS ヴァニラ・アイス
sas04_J_P_Polnareff_06.jpg

なにィ――――――ッ
あっ 足の下のミゾ…… にッ!


sas04_J_P_Polnareff_07.jpg

チャリオ……ッ!


sas04_J_P_Polnareff_08.jpg



sas04_J_P_Polnareff_09.jpg

うわああああああああああああっ


sas04_J_P_Polnareff_10.jpg

「あああ 足が!あああ――ッ!!」

いちいちイギーが宙に浮いてるのが素敵!


sas04_J_P_Polnareff_11.jpg

「痛みはあるが気にしたり、ヘコたれてるヒマはね――――」
なかなかいいカーテン生地で応急処置。

全然VSじゃねー ちいっとも戦ってねー ヴァニラ・アイスがいねー


VS J・ガイル
sas04_J_P_Polnareff_12.jpg

「おい花京院…… この場合!そういうセリフをいうんじゃねぇ」

ダブルサムズアップじゃないのが悔やまれる。


sas04_J_P_Polnareff_13.jpg

「我が名はJ・P・ポルナレフ 『我が妹の魂の名誉のために!』 『我が友アブドゥルの心のやすらぎのために』………」
「 『この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる』J・ガイル……… こう言って決めるんだぜ」

先月ご紹介したシルバー・チャリオッツの時に引き続き2度目のJ・ガイルの死刑執行。


VSイギー
sas04_J_P_Polnareff_14.jpg

前期の不細工顔イギー欲しいなぁ


sas04_J_P_Polnareff_15.jpg

腕の可動は、肩の筋肉の造形が干渉してしまうのでイマイチですね。
顔は承太郎と比べると全然マトモ。 承太郎はちょっと酷すぎましたね。
再販である程度直ってたりするのかしら?


sas04_J_P_Polnareff_16.jpg

やっぱりスタンドと並べるといいです。
スタンドと絡ませた写真はほとんどありませんが…

出して、いきなりポロッと逝ったつま先と、胸の辺りの塗装ハゲ以外は特に問題ないかな。
メーカーHPとかで試作を見た時はピアスの紐の太さとかヤバイ感じがしたんですけどね。
見た目もあまり気になりませんでした。

次回は好きなスタンド、ハイエロファントグリーンが発売になるので今から楽しみです。


以上、超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 J・P・ポルナレフでした。

to be continued
[ 2009/04/30 00:38 ] 超像可動 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。